技術・体配編 [2051〜2100]


■弓道座談会[技術・体配編]とは?

【デビ】弓を引く上での技術・体配関する話、射癖の相談、審査対策など。


■スレッド一覧

過去ログ


■[2051] 馬手 (投稿12件)

1:朧さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.4)
みなさんおはようございます。

最近の部活ですが先生に馬手の力を抜けといわれました。

ギリ粉? を付けると力を抜いてひけるのですが、ギリ粉が無いと力が入ってしまいます。

みなさんはギリ粉が無くても力が入らず引いてこれるのでしょうか?

9:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.1.249.1042 Safari/532.5
龍さん それは良かったですね。頑張ってください。

におちさん こんばんわ どうもです。スレ主さんこの場をお借りしますね。
 『鉤の手の内』というのを私は先端関節だけ帽子に懸けることと理解しています。前便に上げた記事の他に、どの本かでも見た記憶があるんですよね。その本と先の記事の内容が合っているんです。私も前々からにおちさんのレスを拝見しておりましてその辺のことと自分が合わずちょっと気にはなっておったんですがね。

 私のはちょうど『もっとうまくなる弓道』(松尾牧則著)の巻頭の部分に見開きで載っている女性の馬手と同じです。中指先端関節だけを懸けて二番目の関節は真っ直ぐで、やや反っています。(におちさんの仰られているのはその次のページの方の馬手の有り様と理解すればよいでしょうか。)
 ですので、離れではこの中指の先端を、会で押さえているままの向きに滑らせて薬指に並び(半分重なる)、切り結んでグーの形で残身の位置へ弾くようになります。(帽子は人差し指を越して上になり裏的へ向く)
 帽子はなるべく的に向けるように気をつけています。(気持ち的には向いていると思っていますが実際には中々難しいです)

私の弓はにおちさんより大分弱いですからこうできるのかもしれません。強かったらもっと懸けなければ引けないかもしれませんね。いゃ〜、気になっていたことを思い切って言ってしまいました。どうぞお気を悪くなさらず今後ともよろしくお願いします。

10:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
>9:鷹司カオルさん
鉤の手の内については、小笠原清信先生の「詳説 弓道」に記述があるのですが、(関節の呼び方が上記と逆なので読み替えますが)「第一・第二関節は曲げ、大三関節(指の根元の関節)を伸ばして母指にかける方法」とあり、唐沢光太郎先生の弓道誌の引用も掲載されており、「熊手の先のように物を引っ掛ける形」ともあり、写真のでは第一・第二関節を折り曲げて親指に載せてあります。

また、自分のカケは岡崎先生のカケで四つなのですが、薬指の第一・第二関節の間の部分が皮が厚くなって凹みが作ってあり、岡崎先生の解説ではここを親指に合わせるようにあります。このカケで鉤の手の内を作ると否応無しに第一・第二関節の間が帽子の先に載るようになります。同じカケの三つもあるのですが、これも中指が同様になっています。

ですが、取り懸けはおっしゃるとおり、深くなりすぎると取れが悪くなるので、注意が必要です。
また親指の向きですが、カケの中で親指が的を向いていれば良いので、無理に帽子を的方向へ向けることは無いと思います。いくら三つで浅く取り懸けても、完全に帽子が的を向くことは不可能です。

11:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.1.249.1042 Safari/532.5
 いゃ〜におちさんこんにちわ。ちょっと所用で離れていたものですからすみません。
 ご紹介の両書はお恥ずかしいながらまだ見てないのですがそういうこととは知りませんでした。一口に鈎と言ってもいろいろあるものですね。私先に触れましたように何という本で見たのかいまだに思い出せず自分でもやきもきしておる次第ですが、私はこれで行くことにします。
 突き詰めますと人それぞれの手と言いますか引き方骨格に合ったものがあるかもしれませんね。弓を弄くっていて嫌と言うほど思い知らされます(と言うほどはやっていませんが)。私の言うのはこんな感じでもあります。http://blogs.yahoo.co.jp/kuroken3147/57885044.html
『親指の頭が覗く程度』とコメントされていますが丁度ピッタリの表現です。
 でもこの下のほうの記事を読みますと(私には難しくてまだ良くは分かりかねますが)、満点合格のようではありませんね。どうも私のはマイナーのような気もしますので、これからはよく思い図ってUPするようにしていきます。

>親指の向き
のことはお教えいただいて安心しました。私は先のような懸け方ですのでいっぱいに反っていますが、固形としての帽子はお世辞にも的を向いているとはいえませんものね。
 
 ありがとうございました。返信遅れまして済みませんでした。

12:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
>11:鷹司カオルさん
唐沢光太郎先生の記述は、上記「詳説 弓道」の中に紹介されており、写真も載っています。この書籍はかなり勉強になりますので、機会があればお求めになるとよろしいかと思います。

おっしゃるとおり、取り懸けはリンク先のブログの解説の通り帽子がわずかに見える程度が良いと思います。帽子の長さなどにより、懸ける関節は射手の一番力を入れずにしっかり取り懸けられる位置で良いのではないでしょうか?

ただ、高校生などは、昨日も数名指導しましたが、浅い取り懸けだと却って手先に力が入るらしく、慣れも必要ですが現状では前述のような取り懸け方をさせています。

手先から第二関節よりも指の根元方向へ懸けなければ良いと思います。

自分の師も、基本を押さえた上で、それぞれの骨格にあった引き方を覚える必要があるとおっしゃいます。一つの引き方を万人に当てはめるのではなく、やはりそこは臨機応変さが必要だと思います。





■[2052] 足の回内 (投稿2件)

1:みくさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB720; GTB6.4; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
こんにちは。みくです。

足の回内は内側に向かって行うとよく本などに載っていますが、外側に向かって行うと聞いた事があります。実際に外側でやってみて、しっくりきました。内側と外側、どちらが適切なのでしょうか?また、足の回内に関することが詳しく記載されている文献などはあるでしょうか?あれば、教えていただきたいです。ちなみに、私は斜面をやっています。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
自分も学生時代は膝を回内しろと言われ、事実そのようにしていましたが、今は回内・回外ともするものでは無いと思います。
弓道教本第4巻には6人の範士が射法について記していますが、胴造りにおいて、膝の回内・回外に関しては一切触れられておりません。
自分も師からは、ひかがみを張り、足の裏を床面に密着させるとしか教えられません。
尤も、正面での話ですので、日置の伝書には胴造りに関しての記載があるかも知れませんので、その辺は明るい方に解説をお願いできればと思います。

中途半端なお答えですが、正面(全弓連流)での胴造りの教え方は以上の通りであり、不動の胴造りは必要以上の力を入れないということになります。


■[2053] 暴発は離れの一種? (投稿6件)

1:まりも園さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
暴発というのは、離れの一種としてとらえるものですか?
それとも、事故や失敗の部類に入るのでしょうか?

3:まりも園さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
暴発を克服出来たら自然の離れにつながるというのは、とても画期的で新しい考えですね。

4:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
暴発とは、例えば下弦の不完全などにより、意図しない離れの出方をすることによって起こります。

仮に平付けであったとしても、握って意識的に出す離れでは暴発にはなりにくいと思います。

そういった点では、正しい取り懸けを身につければ、自然な離れに近づくことが出来ると思います。

5:まりも園さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
指先の力を抜いて弦にからむようにした方が捻りを戻すよりも自然に離れそうですね。
参考になります。

暴発は捻りの状態が不自然なんでしょうね。

6:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
射法として、捻りを戻す離れの誘い方も確かにありますが、自分の概念としては、平付け四つカケで斜面で肘が横に入るような姿の場合に有効であって、現在主流の正面で下弦を取って肘をきっちり入れて大きめの離れを出す射法では不向きだと思います。それこそ暴発すると思います。

おっしゃるとおり、暴発は捻り不足(下弦が不十分)により起こります。


■[2054] 筋肉の限界? (投稿14件)

1:たぁさん
SoftBank/1.0/830P/PJP10/SN353711024306354 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1

高校で弓道やって3年目になる者です。


1年の時からそぉなんですが僕は中る時も外れる時も矢所はほとんど固まり先生にも同じ様に引けてると言われます。
ですが、その様に引けるのも3年目の今も20本前後が限界なんです。

それまでは的中が良かったのに毎回20本前後になると引けてないと先生に言われたり、妻手が潰れてきたと言われたり…
本当に限界な時は全身が悲鳴をあげるかの様に引き分けの辺りからプルプルと震え出し会にならない時もあります。
あとよくなるのが弓手で、震えるだけでなく、これ以上押したら(力を入れたら)吊ってしまうのではないかとゆぅか本当に吊る寸前みたいに左腕全体がなります

先生にはずっと、筋肉の限界だろう。全国には、凄い上手い人でも8本とか12本で限界の人もいるからそれと同じだろ、と言われます。
もう一人の先生にはそうゆう引き方とゆうかそうゆう会の形だから仕方ない、と言われました。


これは、本当に筋肉の限界だけなんですかね?他に原因が考えられるのであれば教えてください。


あと、会の形なんですが
疲れやすい形だし大離れしにくい形だといわれました。
まぁ、射法八節が正しければ疲れやすくはならないし離れも出やすくなるのは勿論分かるのですが、逆に何がどぉなると疲れやすいのか、離れが出にくくなるんですかね?

うちの先生はヒントは出すけど答えは自分で解き明かせって感じで、はっきりとした答えはどんなに聞いても教えてはくれないので…
しかも今、国体の合宿に指導しに行ってるもので(汗

11:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>だからこそうちの学校は基礎を徹底してやり、毎日8射皆中出来る様に一本一本に全てをかけるんです。
>とゆうより無駄な矢は一本も出してはいけないんです。

>まぁ休日練は20射出来るんですが(1日練でも34射)
>日頃矢数を全くかけれないんです。

読み返してみて、これ矛盾してるとお感じになりませんか?

何のために日々八射に限定して、しかも皆中出来るまでに集中した稽古を為さっているのでしょうか。
その意図を十分に組んで稽古なさっていれば、的前で二十射〜三十四射を同じ気持で稽古なされば、ずいぶんと体力(加えて気力精神力も)が付くと思われます。

>全国でも通用するくらい体力をつけるのは基礎練で一回一回の質を上げるしかないんですかね?
重ねて出て参ります「基礎練」と言うのが、先ずどのような練習を為さっているのかが読者には不明です。

あと、「全国」と仰いますが、「県内」レベルでも、十射程度でヘロヘロになるようでは丸一日持たないと思うのですが…?
三年生ですから、試合で一日的前で何射するのか、加えて巻藁をどれぐらいするのかはお解りだと思います。

>元々体が細く筋肉もあまりある方ではない
うーん、言い訳としか聞こえないかなぁ。
弓道って、老若男女問わず出来るものと言われますよね。
それは、筋力体力が劣れば、それに見合う強さの弓を選ぶことが出来るからですね。

>放課後練習は長くて1時間30分
私の母校も公立進学校ですから、同じようなものです。

最後に、最初のお話に戻りますが、疲れるのは「筋肉」なのです。
(当り前だ!って言われるでしょうが。)
だから、筋肉だけを使って、筋肉だけに頼って弓を引くと…当然ですが直ぐに疲れるし、強い弓を引くことも出来ない訳ですよ。
従ってそれをカバーすべき、筋肉だけに頼らない引き方や身体の使い方、即ち基本体や胴造りや射法八節が在る訳なのです。

12:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
一日8射、土日でも20射そこそこしか引いていないのだから、20射引いてくたくたなのは当たり前でしょう?

基礎練がどんなものか分かりませんが、普段8射しかさせないでおいて、筋肉の限界とか射形の問題と言い放つ指導者に疑問を持ちます。

今日も地元の公営道場で練習してきましたが、高校生が何人も教わりに来ていて、指導しながら自分の練習をしていたので、時間も1時間半ほどで大して引けませんでしたが、それでも16射程度してきました。来ていた高校生はそれぞれ20射以上していたかと思います。四ツ矢ごと矢取りをしながら交代で引いてでも、このくらいの矢数は短時間でかけることができます。

練習方法や内容の見直しが必要ではないですか?

13:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>指導者に疑問を持ちます。
>練習方法や内容の見直しが必要
お気持ちはよく解りますが、敢えてそこに突っ込むんで、指導者や練習法について異論を唱えるのはどうかなと思いました。

部活と言うのは、一つの限られた(閉ざされた?)空間社会であり、そこに所属している限りは、良くも悪くもそこの指導者を信じて頑張るしかないと思うのです。

外部から口を挟んで、わざわざ指導者の先生の信頼を失わせるのはどうなんでしょうねぇ。
ここでの書き込みは、たとえそれが正論であったとしても、我々には事後に対する責任を持つことは出来ない訳ですから。

14:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
>13:弦禰さん
最初のスレ立ての時の説明と、その後の発言に矛盾を感じたのでこのように書きました。顧問の先生に対しての異論のような書き方になりましたが、たぁさんの説明に矛盾を感じたので、ご自分の練習内容と問題点に対してもう一度整理をしていただけたらという趣旨です。

部活動は顧問の管理の下に行われますが、普段活動している部員も日頃自分たちの練習方針について考えることが必要だと思います。

確かに外部の見ず知らずの人間が無責任な発言をしているとは思いますが、こういった立場の発言を普段はあまり聞くこともないと思います。
弓道に限らず、何事においても現状分析と改善は必要です。進歩する為には、与えられた現状に満足することなく、射を高めること、高める為の手段を常に考えて行くことが大事だと思います。



■[2055] カケの引っ掛かり (投稿21件)

1:繚桜さん
DoCoMo/2.0 N03A(c100;TB;W24H16)
初めまして。今年の春から弓道を始めた高校1年生です。
今本当に悩んでいることがあるのですが…聞いて頂ければ幸いです

先週の火曜日のことです。
いつも通り練習時に立ちがあって、普通にやってました。
ところが、何かがおかしいのです。大三でカケが手首に食い込むような、気持ち悪い感じがしたんです。
そのせいでいつものように大きく引き分けをすることが出来ず、「え?何これ気持ち悪い…!」ってその日初めて思いました。
それで、引っ掛かるのが怖くて勢い良く離したところ、やはりカケに引っ掛かったような気持ち悪さが残り、矢も的前で下に落ちてずりました。
2射目も同じで、本当にビビったまま3射目をしたところ、それは起こりました。
空筈です…明らかに1、2射目より酷かったけど、中仕掛けもしっかりしてるのにまさか空筈とは思いませんでした。
しかも4射目も空筈をしてしまい、もう悲しすぎて泣きそうでした。。。月曜日には何ともなかったし、その日だって立ちまでは全然平気だったのになんで、って…
先輩も立ちを見てたので、アドバイスをもらえるかと思いきや「中仕掛けちゃんと出来てる?」としか言われず…他のことは何も言われませんでした><
原因不明なのでしょうか…?

私は別に的中率が高いわけではありませんが、先輩や先生から「会が綺麗」とよく誉めてもらっていたので、一体空筈ばっかりするような崩れた部分がどこにあるのか分かりませんでした。

しかも最悪なことに、それは今まで続いてます………
その翌日は怖くて射場に入れず、手の内を黙々とやっていたのですが引っ掛かって一切離れられませんでした。
中仕掛けが悪かったのかもしれないと思ってその翌日作り直したのに、ダメでした。
出来るときは出来るのですが、出来ないときとの差が分かりません。友人に取り掛けが深いと言われて浅くしてみたらすんなり離れられたのですが、私は深くしないと射てない(なんとなくフィットしない)ので対策にはなりません………また、ある友人と一緒に本を見たところ、若干つまみ引きかもしれないと分かりました。
確かに手首に力が入っていると昔はよく言われていましたが、今は全然言われなくなったし…

………一体、突然どうしてこうなってしまったのか分かりません。明日先生に指導をして頂くつもりですが、新人戦と審査が再来週辺りにはあるし本当に焦っています。
アドバイスがあれば、どうか教えてください!お願いします!

長文失礼しました。。

18:繚桜さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.2; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
白夜 様>>ありがとうございます!

ただ、私の学校にそんなことを言ってくれる先輩はいません・・・

ある怖い先輩がいて、空筈があったりすると睨んできたり、全く問題無いのに「中仕掛けちゃんとできてる?」とか軽くキレたような口ぶりで言ってくるもので・・・

気にしないで引いて、失敗ばっかり出来ないんです(T_T)
だから確実に射てると思った時しか離せなくて、そのせいでビビる癖もついてしまいました。。。

それもありますが、やはり弓や矢に負担が掛かるのではと思うと離しづらいんです・・・

あと、私の空筈は本当におかしくて、ただ外れて真下に落ちるものではないのです・・・
射つと矢摺籐にぶつかりまくって背後に(後ろの人の射居のあたりに)落ちます。

そのため、大会で失をしたときも拾いに行けず、審査員(?)の方が拾いに行ったりする始末で、迷惑ばかりかけてしまうので射場に立つことが出来ません><

とにかくいろいろ原因がありそうですが、ひとまずリラックスして明日はやってみます

19:繚桜さん
DoCoMo/2.0 N03A(c100;TB;W24H16)
最高の報告です(^^)v

昨日のことですが、友人の勧めで、いろいろ詳しいと言われている先輩に聞いてみました。

すると、なんと先生にも分からなかった原因をいともあっさり解決してしまいました・・・!

どうやら原因は、姿勢にあったようです!(おい
真横から体の縦のラインを見てもらったところ、左が前に出て右が後ろに行くような・・・恐ろしい姿勢をしていました・・・

たぶん原因は、ちまちま練習したための筋肉の衰えや、弓が怖くなって体に着けたくないという思いがあったせいだと自分では思います。
そんな姿勢だと明らかに手首を捻るのは不可能だし、弦が滑ってくるのも当然でした。(自分で試してみてすぐ分かりました)

そして今日、その先輩ともう1人の先輩が見てくださり、取り掛けや引き分け、肘の入れ方など様々な指導をして頂きました。
そして、手の内→離れの練習をした後矢番え素引き、最後はついに普通の離れが出来るところまで復活しました!
かっちりとフィットした、自分の射を取り戻したんです・・・!
もう、感謝してもしきれません・・・ここで皆様がくれたアドバイスなどがあったからこそ、先輩にも説明しやすかったし、参考にも出来ました・・・

まさか3週間にも渡る絶不調が2日で治るとは・・・やはり相談は大切です(^v^)

皆様、本当にありがとうございました!明日からもっと頑張って射場に復帰出来るようにします!

今回の教訓・・・
☆基本は三重十文字!
☆しっかり弓に割り込む
☆妻手の捻りは大切!
☆取り掛けが肝心!
☆引き分けは大きく、耳の後ろを通るように。

20:もやしさん
DoCoMo/2.0 P02A(c100;TB;W30H19)
私も今高1で弓道部に所属しています。最近、かけが離れの際に引っ掛かるようになってしまったのですが原因は何ですか?その解決法を教えて下さい。お願いします。

21:あいさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
離れで弦が引っかかるのは、馬手の拇指が出ているからだと思います。
帽子がスムーズな離れを邪魔してしまっているのですね。

なので、あくまでも馬手は弦に取らせてやり
弦枕で弦に引っ張られていくのを感じてやる程度にしてあげれば
拇指は自然とうちっかわを向きやすくなるはずです!

頑張ってくださいね★


■[2056] 妻手の引き幅・空間 (投稿3件)

1:ペンペンさん
DoCoMo/2.0 SH906i(c100;TB;W24H16)

こんにちは。


現在学生で、弓道を始めてまだ二年程の初心者です。


私の学校では、妻手の手首を丸くするようなイメージで、妻手首と腕との間の所に空間をとるように、矢の糸巻きがモミアゲの所に来るまで引き幅をとるように教えられてきました。




しかし、この間市で行われた講習会にて、

「その引き方では肘が下がってしまい、離れが安定しない」

と言われました。




そこで質問なのですが、正しい引き幅・手首の形・空間等について、教えては頂けないでしょうか?


拙い文章で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
自分が理想とする馬手の形です。
1.肘の収まりは肩根の線よりも肘の位置が背中方向45度斜め下に拳一つ分の位置である。
2.馬手前腕は釣竿の先のようにしなり、拳と肩の間には拳2個ほどの幅の空間が出来ること。
3.下弦が取れ、馬手甲から肘までの前腕の部分が一体で一本の橋のようになっている。

といった感じです。
文字だけですと、現在の馬手の形が良く分かりませんが、「肘が下がる」というのは逆に安定した離れを出す為の条件だと思います。(ただし、平付け+小離れで引く場合は違いますが)
ただ、収まる角度が問題で、肩線より前に収まった場合はもちろん緩みの原因になりますし、下がる幅も程度というものがあります。

書籍や動画で沢山の射手の馬手の形を見てみたらどうでしょうか?
射法にもよりますが、中る人はほとんど肘が斜め下方向に収まっています。

3:ペンペンさん
DoCoMo/2.0 SH906i(c100;TB;W24H16)

におち様

ありがとうございます!

返信遅くなって申し訳ございません。


妻手の形に注意しながら、これからも練習に励みたいと思います。


動画も探してみます。


■[2057] 弓手肘とブレ (投稿8件)

1:弓タロウさん
SoftBank/1.0/820P/PJP10/SN357006011066897 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
自分は弓手肘が肩、拳よりも若干前にでてしまう傾向にあります。
さほどひどくはないのですが、そのせいか引き分けから回内しすぎになり、離れでその肘が返り、肘から先と手首が振れます。
それを防ごうと腕を一直線にし会に入ると肘にくる負担が大きく押し負けます。
手の内も控えてしまい、肘が曲がっている気がして離れでのブレが大きくなります。

自分としては肘が返らず手首が振れないようにしたいのですが、
手首が振れない手の内と、上記のような時の肘の在り方、アドバイスを頂けたらありがたいです。
お願いします。

5:弓タロウさん
SoftBank/1.0/820P/PJP10/SN357006011066897 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
返信ありがとうございます。
なかなか、一直線にすることと、回内を90゜に保つということが同時にできないことを実感しました。大三・引き分けで回内が入り過ぎないようにしつつ弓手を一直線上にもっていこうとすると、回内が入ってしまいます。手の内に関しては指の付け根の高さは同じなのですが、それでもひねってしまっているかもしれません。
自分はそのせいもあってか、回内は意識しなければ入り過ぎてしまうパターンで、大三で回内を入れすぎになってしまうところで、回外?しなければなりません。これがかなり無駄な動きで、肩が上がってしまいます。
自分としては、打起こしで円相の張りをそのまま大三に繋げたいのですが、回外すると、円相の意味もなく張りを一度そこで完全に遮断してしまいます。
上に挙げた二点、これが解決すれば大分違うと思うので、何度もすみませんがお願いします。

6:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
弓構えの円相を維持するのは良いことなので、是非意識していただきたいです。

次の点にも注意してみてください。
1.三重十文字にズレが無いか。特に縦線方向、うなじは伸びているか。
2.押しは下筋を使っているか。

縦線が伸びていないと、背中が使えず回内のし過ぎを防いだ時に一緒に肩が上がってしまうと思います。
また、押手の下筋を使う事も回内のし過ぎを防いでくれるのではないかと思います。
自分は弓手肘の下側をまっすぐ的に押し込むように押します。手の内では小指を少し締めてあげると下筋を意識しやすいと思います。

ゴム弓でも同じように回内しすぎてしまいますか?的前で調整するばかりでなく、素引きやゴム弓あるいは徒手で感覚を掴むことも必要です。

少しでも改善の一助になればと思います。

7:弓タロウさん
SoftBank/1.0/820P/PJP10/SN357006011066897 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
におちさん、こんばんは。

それからというもの、色々意識して稽古に取り組んでいました。
ゴム弓では何も意識しなくても回内のし過ぎはありません。
しかし弓になると入るので単純に負けているのかなと思い、教えて頂いたこと(特に下筋で押すこと)をやってみると、その程度が小さくなりました。

しかし離れになると回内が戻り、自然な腕の状態に戻りその分のブレ幅があります。
しかも以前は回内が戻るだけであったのですが、今は肘の位置が上に少し動き妻手が低く弓手が高い残身となっています。

やはり自分の理想は回内が戻らず会と残身の肘が変わらない(手の内は一拳以内の変位)弓手の押しにしたいです。
今までのアドバイスで、会までの意識はわかったのですが、離れで回内を変えないようにする意識はどのようにすればいいのでしょうか?それとも自分のような猿腕の者には会と残身があまり変わらない射は不可能なのでしょうか?

度々本当に申し訳ありませんがお願いします。

8:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
猿腕の人を見ていると、やはり多くの人が離れの瞬間に回内が戻っています。それでも的中を上げている人も大勢いますが、やはりブレ幅がある為に、欠点と言えると思います。
自分の場合も回内が戻らないようにしておりが実際には多少戻ります。

さて、この離れの際に回内が戻らずに、肘位置を固定すると言うことですが、言い方は悪いですが、弓手を固定してみたらどうでしょうか?
自分もかつてはそのように意識していました。今では意識しませんが、弓手はブレません。

下筋の使い方はマスターできているようですので、そのまま離れの際に弓手を動かさないように意識してみてください。背中の力の働きで離れの際には普通45度後方に馬手も弓手も収まりますので、上腕三頭筋の張りを意識して弓手を固定すると、肘を軸に前腕だけが開くと思います。
その際に、手の内は絶対に緩めないことです。肘が固定され、回内が緩まない離れは、角見の働きが正しく出来ないと、矢が前飛びになり中りません。

あと、弓手を意識すると左肩が前に出やすいので、あくまでも両肩を揃えるように意識してみてください。


■[2058] もたれの再発 (投稿9件)

1:朧さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.4)
突然ですが、”もたれ”の記事からすぐにもたれがなくなりました。
しかし2週間ほどたった最近では、また再発の兆しが見えようとしています。


自分が思うにですが、馬手をほぼ固定して押しだけで離していたので、その状態に慣れてしまった。と考えています。

僕の考えは合っているのでしょうか? 
 誰か教えてください>;

6:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
結果的にそう離しているかもしれませんし、意識してやってるかもしれません。離れは個性かと。

自分がどうやってるかは僕のHNで探してください。どっかにあると思います。

7:朧さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.4)
巻藁では3秒で離せるのですが、的前だと10秒以上はもってしまいます。

みなさんは会に入ったとき「3秒で離そう」とか思ってますか?

離れの誘いに任せて離してますか?

それとも意識してないですかね・・・?

8:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.1.249.1042 Safari/532.5
龍さんどうも。
>10秒以上はもってしまいます。
何秒だから「もたれ」と言うことは無いと思います。何秒でも『伸び』『詰め』に向かって気を向けて立ち向かっている以上はもたれとは言わないと思います。その働きかけが無くなってタダ開いているだけの状態を言うのではないでしょうか。
 私は『会を楽しもう』と努力しています。
会においては、手の内の伏せや押し・絞り・角見・三指等のあり方を確認していきます。これはそう意識しただけでも射は向上してきます。また、そうして会を深めていく内に矢筋以外に残っている雑力を消していくのです。押す以外に自由が利かなくなる位になるまで矢を伸ばす感覚です。自由が利くから的線から外れてしまうのです。と、これは私の目指すところですがね。
 
>離れの誘いに任せて離してますか? 
これも目指すところですが、だれも離れの予感はしてきますよね。でも、だからと言って弓手や馬手で切っていってはいけません。だから『自分から弓の真ん中に入っていって弓を開き切る』事に専念します。その結果として離れが起きるようにできたらいいなぁと思って、時々気を引き締めて頑張ります。

 『は』・・・「張って」:左右の腕を伸び、詰め、張って
 『な』・・・「中から」:弓の中に入って開きを利かせ
 『れ』・・・「連動させる」:噴水の分かれる水の如く左右を胸の割り込みに連動させる。
  自分流の離れの極意・めあてです。 

9:朧さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.4)
返信ありがとうございます。
参考になりました。

伸びあいですが、これは個人的に思っているのですが僕の場合、伸び合いが速く会に入って3秒くらいで伸びの限界?がきてしまうのです。
なのでそこで離せないとのこりの7秒以上はほど伸び合いのない状態=もたれになってしまうのです。
今日も午後から部活なので伸び合いをゆっくりとし、”弓を開き切る”イメージで離す練習をしたいと思います。

 そこで弓を開き切る とはどういう感じ(イメージ)でしょうか?


■[2059] 口割り (投稿2件)

1:メールさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB0.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; InfoPath.1; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; OfficeLiveConnector.1.4; OfficeLivePatch.1.3)
私の高校では矢は口割りまで引き分け
なのですが
どうしても
口割りまで降りません
どうすれば口割りまで降りるようになるでしょうか?><

2:狭山人さん
KDDI-CA3D UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.349 (GUI) MMP/2.0
はじめまして。
頬付けの位置を下げるには肩を下げ、馬手を肘から、右耳の後ろを通す感覚で引き分けるのが有効かと思います。
自分の周りに球のイメージを持ち、立体的に引き分けるのが重要です。
実は、これらはみんな顧問からの受け売りなんですがね。
最後に、骨格の関係などで、自然に引き収めた時に頬付けがどうしても高めの人はいるそうなので、(正面打ち起こしではあまり聞きませんが)もしどうしてもできないときは顧問の先生や他の指導者等にご相談なさっては?
長文失礼しました。


■[2060] ケガのため… (投稿6件)

1:そらさん
KDDI-TS3I UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.120 (GUI) MMP/2.0

こんにちは。

私は今左手の小指をケガしていて弓を1ヵ月以上引いていません…

ケガする前までは毎日部活で引いていました。

そして、まだ指も治りそうにありません。。


そこでなのですが、復帰した時に少しでも早く感覚を取り戻せるよう、今できることをやっておきたいのです!!

自分だけじゃゴム弓くらいしか思いつかなくて…汗
何かいい練習(トレーニング?)はありませんか!?

復帰した時への不安がいっぱいです(T_T)
どなたか教えていただけたら光栄です。


長文、乱文失礼いたしました。。

3:そらさん
KDDI-TS3I UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.120 (GUI) MMP/2.0

遅くなってしまい、
申し訳ございません。

やっとケガが治ってきました!!
4月初めには引けるかと…

ですが、私はまだ弓道歴が1年に満たない初心者です。汗

これで約1ヵ月半ほど弓を引いていません。。

体力的心配もありますが、技術的心配の方が大きいです。

どこに飛ぶか分からない恐怖と言いますか…
とにかく怖いです。
どうしたらこの不安を少しでも取り除けますかね?泣

それと、同級生は着実に実力をつけてます。
向上心を持って人一倍努力すれば、このキャリアは関係なくなりますかね?

どなたか教えてください…。

長文、乱文失礼いたしました。

4:素人Tさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W30H20)

こんにちは!
私も弓歴1年です。

私も練習禁止まではいかなかったですけど、趣味のバスケで馬手の手首を捻挫してしまい、しばらく練習量を半分以下にする様に制限されてしまいました…

ちょうど、周りの子達も上手くなりはじめた頃で、練習量に差があっては、どんどん置いていかれるのではないかと不安で、練習がしたくてたまりませんでしたが、怪我を治す方に重点をおいて練習を我慢しました。

今はもうほぼ完治で普通に引いていますが、周りとの差も努力次第でなんとかなりました!
今では、部活内の学年別対抗戦の学年代表にも選ばれる様になりました!

怪我で引けない間に目で他の人の技術をぬすんで、復帰後、基本の射法八節に盗んだ技術を融合させたイメージで引くとよかったです!

ポジティブに練習に取り組めば、少しの差ならすぐ埋まりました!

5:そらさん
KDDI-TS3I UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.120 (GUI) MMP/2.0

素人Tさん、
ありがとうございます。


久しぶりに引いてみました!!
でも、射形くちゃくちゃだし中らないし筋力落ちてるしで最悪でした…
結構心折れました。。汗

まずは射形からですよね。
もう何から直せばいいか分からないくらい崩れてます、多分…。

辛いけど、事実を受け止めて稽古するしかないんですよね。

次の大会にむけて頑張りたいと思います!!

6:素人Tさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W30H20)

怪我よくなったんですね!
よかったですね!!


練習しばらくしないと射形グダグダになりますよね…でも、そういう時こそ先生や先輩から話を聞き回って射形を変えちゃうんです!怪我する前より綺麗な射を作り直すチャンスなんです!

…と、顧問に言われました 笑
でも確かに今まで頑固についていた癖とかが練習しない間に緩くなるんで癖を直すチャンスでした!

練習頑張って下さい!


私も今、最近あった強化練習会で教士6段の先生の指導を受け、頂いたアドバイスから射形をガラっと変えることにしたんですが、これまた大変で…汗

お互い頑張りましょう!


■[2061] 矢の飛び方が・・・ (投稿5件)

1:wx、yさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)

本日になって急に、矢の軌道がまっすぐにとばなくなり、変にしなりながら飛びます。

暴発も2回、してしまったし・・・。

とりあえず、これからはまきわら中心でいこうと思うのですが、どうしたらいいでしょう?

2:wx、yさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)

だれか、返信お願いします・・・泣

3:矢流れさん
DoCoMo/2.0 SH01A(c100;TB;W30H20)
私は最低、一週間以上同じ症状が出たら直します。その日のたまたまもあります。

やはり「教わった事は覚えられない」。自分で考えて見つけた方が得策だと思います。

4:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
何故返信が無いのか、御自身の過去の投稿内容をもう一度見返してみては如何ですか?

5:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>本日になって急に
事象は突発的であったり急であったりするかも知れませんが、練習と言うものは流れであり、必ず原因や予兆と言うものが存在します。

過去の投稿のように、ただただ結果に対するその場の対処法を問うたり考えたりすることは止めませんか。

まずは日々の練習で、射法八節の基本に沿った引き方を考えながら引くと言う大きな流れの中で練習することを考えてみましょう。

そうすれば、問題が起こった場合には、現在の射と基本とのチェックと、今までの引き方との違いのチェックを行うことで、問題点を見出せる可能性が在ります。

当然自分自身の射は自分では見えないので、第三者に見て戴いたり確認する作業も大事です。

「何故返信が無いのか」とパパンプさまが問われていますが、>>1 >>2 の書き込みには、単なる起こった事象しか書かれていませんよね。

昨日までどう言ったことを考えて引いていたとか、何を課題に持って引いていたとか、他人に見てもらってどうだったかとか…まるで触れられてませんね。
(原因を探る手掛りがまるで無いと思いませんか。)

>一応、その場で疑問を感じたときにはすぐに質問をして対応しています。
>稽古の時には指導もちゃんとしてもらっているし、納得もしてます。
以前に、上記のようなお答えを戴いているのですが、今回の件に関してはどのように対処なさっているのでしょうね?


■[2062] 矢飛びが横にぶれる (投稿2件)

1:カズさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
高1男子です。
最近になって急になりだしたことですが、1射目はいつも真っ直ぐきれいに飛ぶのですが、10射目ぐらいから少しずつ矢飛びが横にぶれだします。ひどいときは、くるくる回りながら(射場から見て筈が円を描くような)飛ぶこともあります。
ひとつ考えられる原因が、弓の重さを変えたことです。今までは12kgを使っていましたが、軽くなり、先輩にも勧められたこともあって15kgに変えました。
20射目ぐらいになると次第に疲れも生じます。もしかしたら、筋肉の疲れが原因なのでしょうか。どうすればいつでも真っ直ぐ飛ぶようになりますか。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.1.249.1042 Safari/532.5
カズさん 初めまして、鷹司です。さて
>くるくる回りながら・・筈が円を描くような
ということですが、射の方は変わりないとすれば、考えられることは
>弓の重さを・・12kgを・・15kgに変え
たことです。(この表記、正しくは『弓の強さ』でしょうけれど・・・)
弓が矢を押し出す力に合った矢を使う必要があります。アルミ矢で話を進めますと、今までの12kgの時は『1913』辺りだったと思いますが、15kgになりますともっと篦(の)ばりの強い『2014』辺りにする必要があります。
 私も弓力を3kg上げてやった時カズさんと同じことがおきました。そこで若い時使っていた『2015』の矢を引っ張り出してきて事なきを得ています。
 詳しくは市販の弓道参考書に出ていますから、立ち読み程度でいいですから(?)目を通されるといいでしょう。(著者の方ごめんなさい。)


■[2063] 引きが小さい (投稿4件)

1:名前さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB0.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; InfoPath.1; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; OfficeLiveConnector.1.4; OfficeLivePatch.1.3)
最近引き幅が小さくて
矢の勢いもありません;;

ただ純粋に引きを大きくできるように
するのがやはり
いいのでしょうか

2:飛鳥さん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
こんにちは。

力も大切ですが、大三をしっかりして真っ直ぐ平行に開くのが大切です。
あと、会では肩甲骨を開くような感じが良いです。

私も引きが小さいですがこれでだいぶ改善しました。

弓道頑張ってください!!

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
引きが小さいと言うのは何に対してでしょうか?
自分の矢束分だけは引かないと理論上正しい押し手、馬手の形にはなりません。
一般的に矢束分より小さい引きですと、馬手がつぶれ前収まりになり勝ちで、逆に大きいと手繰り、押し負けになり勝ちです。
適正矢束を認識して練習してください。

一時的であれば、矢先に矢束の位置をテープ又は修正液などで印を付け、その位置まで引くようにすると良いと思います。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.1.249.1042 Safari/532.5
みなさんどうも。名前さん、私流の「引き尺を一定にする法」を紹介します。こんなのいかがでしょうかね。
 遊んでいる人差し指の活用です。それは、引き分ける時人差し指の先を矢に触れさせて引いてくるのです。そして板付に触れるまでまで引いてくるだけです。それが感じられたらそっと指を離し、詰め・伸び合いに入ればよいのです。人差し指に『洋弓のピン』の役をさせるのです。
 こうする為には矢尺をしっかり決めてこうできる長さにしておかなければなりませんがね。尤も、強く触れさせすぎると理屈から言って矢こぼれを起こしかねませんが、そうなったことはありません。いちど試みるのもよろしいかと思います。


■[2064] 早気 (投稿3件)

1:前谷さん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)
こんにちは。
最近、早気になってしまいました。
的前ではもちろん、巻藁でも口割まで降ろせなくなってしまっています。
どのようにすれば口割まで降ろせるでしょうか?
教えて下さい。
引退も近いので…

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
この手の回答は色んな方があれこれお答えしています。「早気」で検索してみて、ご自分にあった解決策を探してみてください。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.1.249.1036 Safari/532.5
前谷さん はじめまして。
におちさん こんにちわ。ほんとですよね。

 前谷さん初めてかもしれませんがにおちさんの仰るとおりです。今試しに検索をかけて見ましたが『早気』だけで40件ありましたよ。どうぞ検索してみてください。そうすれば前谷さんの今回の文面では伺えないぴったりのケースもあるかもしれません。

 今回に限ったケースではありませんが、投稿され(私もそうですが)、教えを請う時にはご自分なりにも状況を良く観察されて思いをめぐらせて見ると良いと思います。そうした努力が無い限り、『分からないから教えて』式の繰り返しでは前進はありません。弓道は弓を引きながら自問自答の繰り返しの中にこそ光が自ずと見えてくるものです。それでも灯りが差し込まなければご相談されることがいいでしょうし、そうされてこそ頂くヒントも活かすことができ実を結ぶものと思っています。
 
 私もにおちさんと全く同じように感じましたので敢て一言申し上げたしだいです。


■[2065] 離れが… (投稿23件)

1:柚さん
DoCoMo/2.0 P08A3(c500;TB;W24H15)


はじめまして!!
あたしはかなり遅くに途中入部した高一の女です。

入部して1ヶ月ちょっとです。


きのう初めて的前に立ちました。
ですが離れがまだうまく出来なくて矢がまっすぐ飛ばない状況で的前に立ったので、矢はまっすぐに飛ばないし、安土にも届きません。



同じぐらいに入部した子は安土に届いているので、とても悔しいです……。



ちなみに今あたしは7キロの弓を使っています。
身長は150あるかないかぐらいです。



どうしたらよい離れができ、安土まで届くようになるんでしょうか…

おしえてください!!!!

20:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
>17:柚さん
>そこで質問なのですが、弓手が弱く馬手が強いとは具体的にどういうことなのでしょうか?

初心のうちは引く意識が強く、よって弓手を押す力より引く力が強いので、前矢が飛んだり腕を打ったり髪を払ったりします。が、これは誰でも通る道なので、ひたすら練習して押し方を覚えてください。
というのが、>18での弦禰さんのアドバイスです。

自分も、あまり細かいことには気にしないで、ひたすら大きく引いて大きく離すという気持ちで矢数をかけるのをお勧めします。
矢所が定まってきたら、細かいところを見直していけば良いと思います。
弓手を意識したら押せていないことに気が付いたというのは、それも進歩だと思います。まずは最低限必要な筋肉を練習を通じて養っていくのが良いと思います。

概ね2〜3ヶ月くらいは今のまま練習されてはいかがでしょうか?結果はすぐには出ませんし、結果を急いでも良い方向へは行きません。




21:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>におちさま
ご解説戴きありがとうございます。

>柚さん
まあ、そう言うことです。
教わって直ぐに解ること、直ぐに出来ることと…出来ないこととがある訳です。

筋力もそうだし、離でのバランスやタイミングなども、ある程度時間を掛けた練習の中で身に付けて行くべきものだと考えます。

馬手の「引く」と言う動作は、ある程度力を入れれば出来る訳ですよ。(正しいかどうかを置けばね。)
弓手の「押す」と言う動作は、普段は殆ど使わない動作であり筋力な訳です。
従って「押せ!」と言われても、その動作をイメージし難いし、実際に身体を動かすことも困難な訳ですね。
(現実腕が伸びる訳でもないし。)

当面考えるべきことは、
・足踏みを始めとする三重十文字を崩さずに引くこと
・前矢が出ても、正しい狙いを維持すること(出来るだけ同じ所に矢が行くようにしたいです。)
・会をしっかり持って、胸を割るように大きく離すこと
・解らないことはご指導の先生に伺うこと(言葉の説明だけでなく、出来るだけ身体への指導を、解るまで納得できるまで‥お願いすること。)
…ぐらいでしょうか。

周りを見回せば…焦る気持ちも解るのですが、今の基本練習こそが先での成長の要だと考えて頑張ってください。

22:柚亜さん
DoCoMo/2.0 P08A3(c500;TB;W24H15)

おひさしぶりです!
みなさん、返信ありがとうございました(^ω^)
だんだん的の近くに飛ぶようになり、的中率もまだみんなよりだいぶ低いですが中るようになりました。

そこで新たな問題が…
最近、馬手がつぶれてしまいます;;
肩に力が入っているのでしょうか…。
どうやって引き分けてくれば馬手がつぶれなくなるんでしょうか?

23:狭山人さん
KDDI-CA3D UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.349 (GUI) MMP/2.0
お久しぶりです。
>弦禰様。わずか一ヶ月少し前のこととはいえ、当時の私は認識不足なくせにでしゃばりで、失礼いたしました。馬手弓手の強弱はそういうことだったんですね。
>馬手のつぶし過ぎは私も時々言われますので気になります。


■[2066] 立と射込み (投稿7件)

1:現役部長さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2) Gecko/20100115 Firefox/3.6 GTB6 (.NET CLR 3.5.30729)
射込みのときは10本中6本くらい中るのですが立になると10本中3本くらいしか中りません。
ほかの部員に見てもらったところ立のときは射込みのときに比べて射に力が入り射型が変わっているといわれました。
立のときでも射込みのときみたいにふつうに引けるようになるにはどうすればよいですかね。

4:星凱さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP) AppleWebKit/531.21.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.4 Safari/531.21.10
「正射必中」という言葉がありますが、それは、まさに順立で、ある程度の間隔を置いて立に入らなければならない、射を人にまじまじと見られる、記録をとる、その記録を人に見られる、などといった緊張した場面では自分の欠点がいつもより大きく出てしまい、バランスが崩れてしまい的中が悪くなってしまうのではないでしょうか?(自分では緊張していないとは思っていても普段とは違う場面ではやっぱりミスが大きく出てしまいます)
学生の場合は欠点と欠点のバランスがとれて的に中る生徒が半数くらいでしょうから、そのバランスが崩れてしまうのです。
逆に射込みでは記録はつけるかもしれませんが、立でやるよりは人の目もないでしょうし、なによりも流れの中で、数をかけていく中で、感覚で的に中てることが出来ます。

差が出ないためには、やはりいついかなるときでも同じ射型で、同じ矢飛びで、同じ矢所、ということが必要です。そのためには、癖の無い、無難な射を目指すことが必要かと思います。
特に高校生ならインターハイ、大学生なら王座では緊張をしない、ということはよっぽどの人で無い限り、ほぼ不可能です。緊張した状況の中でいつもの射をできるような稽古が必要だと思います。

参考になれば嬉しいです。

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
みんなが見ているところで引くという場面を多く作り、それに慣れることで過度の緊張を克服できるようになります。
自分はかつて試合の前の付矢の時、持矢の号令がかかってから一番最後に的前に立つようにして、自校や相手校の選手が控えている前で引いて、それを中てることで自信を付けました。
結果、射込みや付矢よりも緊張感のある立ちのほうが中るようになりましたので、効果があると思います。

ただ、普段の練習で的中が8割くらいは行くようにしたほうが良いと思います。自分はやれば出来るという暗示も必要ですので。
緊張感を伴った練習で失敗が連続すると更に臆病になるので、普段から中てて、自信を持つことが大事です。

6:梅太郎さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20030208 Netscape/7.02
緊張は自分の実力以上の力をだそうとしたり、気持ちが負けてしまうと出てきます。普段から緊張感を持った弓をひいているのならいいのですが、試合や審査等を練習とは別と考えてしまうと、間違いなく普段とは違ってしまいます。試合と練習用の矢を別けていたり、袴をつけないで練習している人は、自分から別な事をしているようなものなので、自ずと緊張感を大きくしているのだと思います。大事な事は特別をつくらない事。弓道は単調な動作の繰り返しです。初心者も熟練者も、的に向かって真直ぐ弓を引いてくるだけなので、現役部長さんが的中のバラツキをなくしたいのならば、常に同じ射、同じ離れの反復練習を数こなすのみ。そこから自信にもつながり、緊張もいい方向へ働くと思いますよ。

7:元学生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
立で3本しか当たらないことを考えるより、射込みで4本外した理由を突き詰めれば、当たるようになります。

現役部長さんにとって精神的に落ち着いて実力がだせやすい状態ですら外すなら、それが現在の実力です。立ではそれがより多く出ただけで、射込みのときはそれが出にくいだけです。

立と射込みの差を無くす最も単純な方法は立しか練習しないことです。射込みは所詮練習でしかなく、当たって当然なのです。
みんなに協力してもらって立ばかり練習すれば、精神的な差異は無くせますから、技術面も忘れず、なぜ外したのかもっと見てもらって、考えて当たるときとの違いを見つけてください。


■[2067] 離れで引っかかります (投稿5件)

1:りょうさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
こんばんは。
高校生の弓道を始めて1年足らずの者です。

最近、離れで引っかかってしまい、矢が大きく左に逸れる(隣の的くらいまで)ことが多いです(-_-;)
色々試した結果、引き分けで肩をしっかり下ろすように意識したところ伸びあいやすくなって頻度が減ったかなと思うのですが・・・
実際関係はあるのでしょうか?

また、大きく引こうとすると矢零れしてしまうのですが、それは最初から体に引き付けすぎと言うことでしょうか?

どうかご意見をお願い致します<m(__)m>
長文失礼しました。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
引っ掛かり、後ろに矢が飛ぶ場合はほとんどが緩み離れが原因です。
その緩みの原因は、
1.下弦が取れていない(馬手の甲が上を向いていない)
2.肘が前収まり
3.矢束分引けていない
4.会で伸び合いが出来ていない。(逆に縮む)
といったものが多いと思います。確認してみてください。

肩をおろすということは良いことです。背中が使いやすくなり、引き分けの課程で体の割り込みを入れやすくなります。

矢こぼれするということは、下弦が十分取れていないと思います。
大三を高く近く取ってからは、弦道が体の近くを通るように引き分けてくると下弦を取ったまま大きく引きやすくなります。引き付けすぎということですが、程度が分からないのでコメントが難しいですが、引きおろすだけにならないように背中が使えていれば、体から遠いよりは近い方が良いと思います。

3:りょうさん
SoftBank/1.0/831SH/SHJ001/SN359401021064925 Browser/NetFront/3.5 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
におちさん、ありがとうございます。

最近はしっかり引けていないことが多く、そのせいで伸び合いが上手く出来ていなかったようです。大三からしっかり改善していきたいと思います!

4:たくさん
DoCoMo/2.0 D903iTV(c100;TB;W28H20)
離れで引っかかる原因は、引き分けで自分の体が弓に近づいている事が考えられます。引き分けでは弓を自分の体に引きつけるようにして引いてみてください。
また、単純に取り懸けの方法が悪く、懸けの帽子の方向が悪かったり、中仕懸けが弦溝に比べ細すぎることも考えられます。


引き分けで矢こぼれするのは、大きく引こうとして妻手の力を入れすぎていないでしょうか?弓手主体でなく、妻手主体で引きすぎると矢こぼれを起こします。また、しっかり捻りながら引いているかも注意してみてください。

5:りょうさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
たくさん、ありがとうございます(^^)

取り懸けは最近注意しているので、おそらく引き分けから会に問題があるのだと思います。

弓手を中心に引こうとすると逆に妻手の引き不足になってしまったりして、どうも私は左右均等に引くことが苦手なようですが、頑張って克服したいと思います!!


■[2068] 離れ (投稿3件)

1:弓道熱中さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB0.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; InfoPath.1; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; OfficeLiveConnector.1.4; OfficeLivePatch.1.3)
うまく言い表せないのですが
離れに伸びがないせいか
離れの爆発力みたいなものが
まったくありません><

いろいろ試してみたりしたのですが
どうしても直りません><
どうすれば離れも伸び
爆発力もでるでしょうか?

2:星凱さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP) AppleWebKit/531.21.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.4 Safari/531.21.10
「大離れ」というのがありますが、あれはただ単純に腕を振り回しているのではなく、「鋭さ」を求めた結果、あのような力強い離れが出るのです。

会での伸びがある、という前提ですが、離れは「丹田」に力を込めることで誘われます。離れのきっかけを丹田でつくるのです。丹田に力を込めるということは、離れは吐く息で行います。

「美しい残心」を目指すのではなく、「鋭い離れ」を目指した結果が「美しい残心」という方が良いと思います。

参考になれば幸いです。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
具体的な射が分からないので全くの憶測ですが、手先に力が入っていませんか?
往々にして手先の射ですと、手で離れを出す為にどうしても鋭い離れにはなりません。
弓構えの状態から両手肘より先には力をいれず、大三以降弓に体を割りいれるようにすると違ってくると思います。
大離れ前提で言いますと、馬手の飛びは肘で引くことにより、肘を基点に前腕が飛びます。馬手拳で弦にしがみついていると、馬手を開いてから出ないと離れが出ない為、離れも鋭さを欠き、またブレが大きい為に的中も安定しません。
堅控えのカケなら爪起しが出来ているかも肝心です。爪起しが出来ていないとカケの帽子が起きませんので、手でぶっちぎるような離れになってしまいます。

以上雑駁ですが参考になればと思います。


■[2069] もたれ(遅気) (投稿6件)

1:素人Tさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W30H20)
こんにちは素人Tです。
高校で弓道をやっています。
弓歴は1年です。

私は今もたれに悩んでいます。
先輩や先生には
伸びは比較的よくできていると
言われているので
伸びきれていないのは
原因ではないようです…
カケも異常はありません…
先輩からも精神面からの
もたれだと言われました。
自分でも自覚はあります。
会に入ると中らないのが
怖いのか、もっと伸びないと
中らない!とか今離して
中るのか…とか考えてしまい
なかなか離せずにいます…
そのせいか、最近は
射詰めや皆中まであと1本!
という時に離せず15秒以上
もってしまって、結局
緩んだり、ひっぱったりして
大事な所で中りません…

どなたか心因性のもたれに
なったことのある人が
いらっしゃれば治し方など
教えて下さい!

3:星凱さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP) AppleWebKit/531.21.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.4 Safari/531.21.10
わたしは「もたれ」の絶対的な治し方を知りませんが、「もたれ」を治すのは大変ですが、前向きに考えると射癖を治すチャンスがやってきた、と考えることも出来ます。せっかくな外界があるのだから、大三のとり方、引分けの軌道、会での伸び方、角見の働かせ方などを習得することをお薦めします。
「もたれ」の選手を数多く見てきましたが、それを克服した射手は名選手になる可能性が高いように思えます。今は辛いでしょうが、地道に稽古を重ねていってください。

4:朧さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.4)
僕も精神面のもたれになりました。
猿腕のせいで腕を払うのが怖く、伸びあいもままならない状態でした。
また、短い会で離そうとするので握りを浅くしたりしましたが効果がなかったです。

しかし、握りを少し深くして馬手の力を抜く事によって伸びあいもできて離れの感覚が掴めて来ました。
離れでは馬手から離すのではなく、押しで離す事をオススメします。

いまでも腕を払うことはありますが、普通に離れますよ^^

5:素人Tさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W30H20)
皆さん返事ありがとうございます。試合を土曜に控えています…

今の状態では試合本番で離れられなくなってしまうのではないかととても不安なんです…
そのうえ今京都では雨が続いていて矢を離す練習ができていない状況です…今自分がどのような状態かすら曖昧です

とにかく今は試合でなるべくもたれにならないようにしたいので、何か心構え等あれば教えて下さい!

6:朧さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.4)
自分で軽い目標を持って望んでみてはいかがでしょうか?

”10秒までに離そう”など・・・


■[2070] 妻手肩の筋 (投稿17件)

1:弓道部さん
DoCoMo/2.0 F01A(c100;TB;W24H17)
高校で弓道をしている者です。

私は現在
大三から引き分けに移るさいに妻手肩の後ろの辺りの筋が入れ替わるようなことがおきてしまいます。kg数をあげると、肩をあげてからでないと引けません。
もし入れ替わらないように、妻手肩を上げないように無理やり引こうとすると妻手腕が突っ張ってそれ以上引くことができなくなり、仕方なく肩をあげて引くようになってしまいます。

大三の高さや作り方を変えたり、引く方向を変えても全て同じようになってしまい、仰向けに寝て弓を素引きしたらなにもおこらず普通に引けました。



この原因、もしくは解決策をどなたかご存知の方アドバイスお願いします

長文失礼しました。

14:雪の目付さん
DoCoMo/2.0 F03B(c500;TB;W24H17)
ボールを遠くに投げようとするとカクッてなって、遠くに飛ばせない肩なんじゃないですか?

手の甲を上に向けて、肩の真横に上げるとロックする肩だと思います。

弓構えの時に両肘を円相にして横にはってうち起こすとロックするので、円相にせず、肘を伸ばしたまま打ち起こし、その位置から両肘を曲げずに折るだけの大三にしたら、後は、肩がロックせずに引き分けられると思います。

大三でも両肘を背中側や上に張るとロックしやすいので、しやすいので、自然に肘から折るだけにしてみて下さい。

15:弓道部さん
DoCoMo/2.0 F01A(c100;TB;W24H17)
いさん
雪の目付さん
アドバイスありがとうございました。


体のねじれは自分も周りも見た感じなく、射で肩甲骨が出っ張ることもありませんでした。
むしろ症状が起きた後の肩は前に出ていると言われました。
ねじれに関しては今度整体に行ってみようと思います。


肩のロックのロックとはどういったことが起きるのでしょうか?
一応、ボールを遠くに投げてもカックンとはならなかったです。
で大三でただ折るだけを意識しやってみましたが症状は起きてしまいました。

16:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.17) Gecko/2009122116 Firefox/3.0.17 (.NET CLR 3.5.30729)
>ねじれに関しては今度整体に行ってみようと思います。

体のバランスが崩れて自然にねじれてしまうのであれば、整体へ。

力のかけ方のバランスが崩れているのであれば、意識して修正を。
例えば、足の指を右は握った状態に、左は反らした状態にして引いて見てください。引き分けで思いっきり体がねじれてきますから。

17:レプリカさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
自分も同じ症状でした.

肩が.カクッ,ってなるんですかね?


おそらく大三で肩が詰まっているんだと思います.
やはり,大三で妻手を流されないように,少しだけ妻手を引いておくように意識するのが良いんじゃないでしょうか?


骨格だからと言って諦めずに頑張ってください.


■[2071] 離れのときの弓手 (投稿6件)

1:東北人さん
KDDI-SH37 UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
こんばんは
早速ですが、質問です

自分は、離れ〜残心で、弓手の手首が少し曲がってしまいます
角度にすると、おそらく1,20度ほどだと思います
これだと、やはり弓返しなのでしょうか?
ちなみに、手の内の緩み、弓手全体の振りはおそらくありません
ご返答お願いします

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
弓返りとは手の内を柔らかくしているために、離れの瞬間に手の内の中で弓が回ることを言います。弓は離れの瞬間にまず下鉾が的方向へ揺れ、それが揺り戻され、再度的方向へ揺れた時に手の内の「遊び」の部分で弓が揺れながら弦が返って行きます。
弓返しは、会の時は手の内がしっかり握り締めていながら、人為的に離れの瞬間に手を緩め弓を回します。
弓返りと弓返しの違いは残心の時の弓の落ち具合で一目瞭然です。
東北人さんは手の内の緩みが無いとの事なので、弓返しでは無いと思います。
手首が折れるのは、振込みをしていないという事だと、角見の働きを勘違いして手首を折っているのではないでしょうか?

手首を折っている場合は、弓が虎口で押せずに親指の付け根または親指の横で弓を押しているのではないかと思います。大三を虎口で回すように取り、以降引き分け・会では虎口でまっすぐ的方向へ押してください。角見は虎口に内竹がすっぽり入りながらも、内竹右角が親指付け根にしっかり当たり、離れの瞬間にここが内竹右角を押すことにより働きます。

再度手の内の状態を確認してみてください。

4:東北人さん
KDDI-SH37 UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
星凱様・におち様>>
ご回答ありがとうございます(^o^)
もうすぐ合宿もあるので、頑張って克服したいと思います
お二方とも詳しくご回答していただいて、とても参考になりました
お恥ずかしい話、におち様の言う通り角見の働きを勘違いしておりました(^^;)
質問しておいてよかったです 笑

ところで、におち様に質問なのですが、「大三を虎口で回す」というところがわかりません
知識不足で申し訳ないのですが、どうかご回答お願いしますm(_)m

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
弓構えの時、左の側木を虎口に押し当てて円相を取っていると思います。この時、親指を斜め下に外し、しっかり側木に虎口を押し当てたまま打ち起こします。
大三を取る時に、外した親指を起こしながら弓を回すと虎口で巻き込みながら、大三完了時に虎口に内竹が入り、手の内が八割方完成します。
この打ち起しの時に親指を外しておき、大三の過程で親指を起こすと言うのがミソなのですが、手の内の悪い人は、最初から親指を弓に押し当ててしまっているので、大三時に親指の横で弓を受けてしまって、虎口にすっぽりと弓が入りません。
恐らく東北人さんも大三時に親指で弓を受けてしまっているがために、会の時にしっかり虎口に弓が入らず、角見の働きが悪いのだと推測します。
表現が悪くて理解していただけるかどうか分かりませんが、過去にも手の内の整え方はアドバイスしていますので、あわせて参考にしてみてください。

6:東北人さん
KDDI-SH37 UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
におち様>>
早速のご回答ありがとうございます
過去のスレも早速読ませていただきました
どれも素晴らしい内容で、少々感動しました 笑
今度、実際に試してみたいと思います
友人や、来年度入ってくる後輩にも教えてやりたいほどです
本当にありがとうございました(^o^)


■[2072] 離れで弓手が動く (投稿2件)

1:muscatさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; YTB720; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
後輩のことで相談があります。離れで弓手の手首が上がってしまうのです。虎口で真っ直ぐに押し切るようにとか、離れで下に下げる気持ちでなどと教えてきましたが、上手くいかないようです。どのように指導したらいいのでしょうか?よろしくお願いします。

2:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
ご卒業なさって、ご進学が決まっているのであれば、指導は学校に残った方々にお任せした方が宜しいのではないでしょうか。

さらに原因も指導法も解らないのであれば、余計にいま無理する必要は感じられないのです。


■[2073] 助けて下さい (投稿3件)

1:1級様さん
DoCoMo/2.0 SO704i(c100;TB;W24H18)



私は重度の早気です、
今までは3〜5秒は
保てたのに今は
巻藁でも射場でも
目の辺りか鼻の付け根で
離してしまいます。


原因として分かるのは
合宿で100本引いた事
だと思いますモ


会は保てなくてもいいので
口まで下ろす方法を
教えてくださいっ!
こんな姿で引退は嫌です


長文失礼しました

2:星凱さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP) AppleWebKit/531.21.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.4 Safari/531.21.10
素引きをしてみることをお薦めします。
理想は「かけ素引き」ですが、暴発をしないようにするために勝手の形がおかしくなり、弦溝が深くなってしまうので、弓道常識としては絶対にやってはいけないことですが、もし部につかっていないユガケがある場合にはお薦めします。
もしそれが不可能であればユガケをつけないで普通に素引きをして10〜20秒程度保てるようにしましょう。目の辺りで話してしまうほど重症であれば、会では息合いなどを考えずに普通に呼吸をしても構わないと思います。やはり、せめて鼻先〜口割の間で離さないと的中は望めないと思います。会での伸びなどはその後で良いので、しっかり引いて、3秒は保てるようにしましょう。
また、大三の形を工夫してみることをお薦めします。理想は教本の射法八節図解です。

話は変わりますが、100射程度でばててしまう様では、大会の高いレベルで戦うことは出来ません。どこの支部でも、県大会に出場するためには20射近くかけないといけません。大会での1射は普段の練習の1射とは疲れが違います。それは大会という緊張する場面・中てなければならない場面で弓を引くこと、入退場が存在すること、他の選手の応援があること、普段引きなれていない道場であることなどの理由からです。最近はどこの高校でも16時くらいまでは授業があり、その後講習もある、という学校までありますから、なかなか数をかけるのが難しいのかもしれませんが、144射くらいを軽く引くくらいの体力は欲しいものです。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
巻藁でも目通りで離してしまうとなると、相当の重度の早気になりますので、ちょっとやそっとの事では治りません。
相当な覚悟と努力が必要だと思います。
再度徒手、ゴム弓から初めて、きちんと口割りまで下ろして会の形を作り、一歩づつ巻藁まで進みましょう。
巻藁で5秒以上持てるようになるまで的前は無理だと思います。他の人に会の秒数を数えてもらい、常に5秒以上持てるようになってから、安土に的をかけない状態で引き、そこでも5秒以上持てるようになったら的を立ててください。
的前で5秒以上持てないようだったら、巻藁に戻ってやり直しです。
また、弓を部活の備品の一番弱い弓に替えてください。強い弓だと持ちたくても持てません。
それと、早気の矯正の時に射癖の改善は出来ませんので、あくまでも持つことだけを意識してください。
イメージトレーニングも大事です。口割りまで降りた状態が会ですので、自分がしっかり口割りまで下ろして5秒持っているところを常に想像してください。
努力をすればいずれ口割まで降り、会ももてるようになります。妥協せずに頑張ってください。


■[2074] 甲矢の取り矢 (投稿6件)

1:某高校二年生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; YTB730)
甲矢の時の取り矢が最近気になりだしました(汗)
おそらく感覚の問題だと思いますが・・・

乙矢の時は素直に離れてくれるんですが、どうしても取り矢をするとまったく違う射になってしまいます・・



なにか解消法はありませんか?
よろしくお願いします(>_<)

3:某高校二年生さん
KDDI-KC3R UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.303 (GUI) MMP/2.0
自分の県ではそういうの残念ながら見たことがありません

でもありがとうございます

4:一見さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
やはり取り矢をしない方向で解決するのは難しそうですから、取り矢の有無に関係なく弓が引けるよう練習するのが良いのではないのでしょうか。

取り矢をした方が射が悪くなると言うことですので取り矢に慣れる必要があると思います。
取り矢に慣れる方法としては私自身していたものですが
「普段の練習は常に取り矢をして行う」というのはどうですか。

巻藁練習は的前矢を取って行う。
的前練習でも3本もしくは5本矢を持って入り常に取り矢をして行射を行う。

こんな方法で私は取り矢の有無で射が変わらないように練習しました。


取り矢の有無で射(離れ)が大きく変わってしまうのにはやはり小指の締めが変化しているのが考えられます。
甲矢では乙矢を握るために手に力が入ってしまったり
逆に乙矢では矢がないので馬手の締りが足りなかったり
そのあたりの感覚にも気を配って練習してみてはどうでしょうか。

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
自分は四つなので小指に乙矢を挟むだけですが、むしろ取り矢をしたほうが離れがうまく出ます。

三つでも四つでも取り矢をしていてもしていなくても、馬手の小指の締めは大事です。小指を締めることにより馬手の手の内が決まり、同時に弓手の小指も締まり弓手の手の内も決まります。

小指の使い方、締め方をもう一度検証してみてはどうでしょうか。

6:某高校二年生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; YTB730)
色々なご意見ありがとうございました。
明日からの練習で試してみたいと思います!


■[2075] 勝手の肘が高い (投稿3件)

1:りっきーさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
後輩の射についての相談です。
後輩の何人かが、
・勝手の肘が高い
・勝手と肩の間隔がつぶれている
(肩がつまっている)
という癖がついてしまっています。

見ただけでも、力がはいってるなあ、と思うような射なのです。

私は、「手首で引くのではなく、肘で大きく引く」と言う風に指導しています。
手で肘を低く固定してあげても、やはり肩の間隔がつぶれてしまいます…。

最近は、どう説明してあげたらいいのか、ものすごく悩んでいます。
↑の癖を直すには、どういうことが必要でしょうか?

皆様ご協力お願いします。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
大三以降、ただ引き下ろしてくるだけになっていませんか?
大三のあとは、矢筋方向へ横へ横へと引きます。馬手拳が耳の後ろを通るように、特に目通り以降、馬手をたたまないように見てあげてください。
また、下弦が取れていない引き方は横に引き勝ちで馬手が潰れますので、打ち起しは高く遠く、大三を高く近くとるようにし、弦道が体の近くを通るようにして馬手を担ぐようにすると良いと思います。
馬手は肘で引くものと指導されているようですが、さらに釣竿の先をイメージさせてあげると良いと思います。

どうしても改善されない場合は弓が強いかも知れません。弱い弓に替えたほうが上手くいくこともありますので、その点も見てあげてください。

3:りっきーさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
やはり打ち起こしなどの時点で、
どういう引き分けになるかが決まってきますよね…。

本人達に、もう少し詳しく聞いてみて、
調整してあげたいと思います。

ありがとうございました^^


■[2076] 矢色 (投稿3件)

1:弓道二年目さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; YTB720; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
今、矢色で悩んでいます。
矢が暴れて回転しながら飛んでいってしまいます。
対策としては、弓手から離す意識と、妻手の力が強いから、引き分けで、肘をはり押し引き分けるなど、いろいろやってみているのですが、中々治りません。

本などを参考にしたのですが、矢色の事に関しては少ししかでていないようなきがするのですが・・・・

矢色を治すにはどうすればいいでしょうか??

因みに会は4秒です。

2:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
・会で矢を押さえ付けている
・馬手離れ
・弦枕の深さ
・弓具の不備


会〜離れに問題があるとして考えられる原因を挙げてみました。もちろんこれ以外にも原因があると思いますが、文面からはここまで推測しました。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
パパンプさんにのご回答を少し解説しますと、矢色が出る時は、会で矢がしなっていると思います。他の人に見てもらって、矢がしならなくなるまで馬手の力を抜くことを努力してみてください。
また、弓具の不備と言う中には矢羽の手入れのことが含まれています。羽が浮いていたり、羽が減っている、欠けているという場合は矢色がつきます。また当然ながら矢が曲がっていればまっすぐ飛びません。あわせて確認してみてください。


■[2077] 肩について (投稿4件)

1:大 ◆hxhE85gcさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
こんにちは


だいぶ前からなのですが、会の状態のときに

正面から見ると、左肩が上がり、右肩が下がっていてそのまま離れてしまいます。

右肩が入っていないのか、それとも左肩が入り過ぎているのかわかりません。

どうしたら、両肩が平行になりますか?

2:悠★さん
KDDI-TS3H UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.116 (GUI) MMP/2.0
こんにちは。
肩線がずれているのは
大三の時にキチンとまっすぐかどうかを見てもらって下さい。
肩線がずれてしまうのはだいたい大三がキチンと出来てないからと聞いたことがあります。
まっすぐまっすぐと言う意識を持って引いてみて下さい。
私はまっすぐという意識を持って引く練習を何度もしました。すると、自然に射もきれいになりましたし何より背中を使う感覚が分かるようになりました。
私のような未熟者がそんなこと言っていいのか分かりませんが
参考にして頂けたら良いなと思ってます。

頑張って下さい

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
上下については左が上がり、右が下がり、
前後については分からないということでしょうか?
両肩が平行というのは、床面に対して平行という事でよいですか?

左肩が上がるというのは、肩で受けている場合が多いです。下筋を使って押すという働きが無く、弓手がつっかえ棒になっている感じではないでしょうか?
右肩が下がるということですが、恐らく右肩が正常な位置だと思います。
大三移行時になるべく肩が動かないように注意し、引き分けの時に腕を突っ張らないように引き分けてきて、会のときに下筋を使って押してみてください。
弓手の使い方は壁に手をつき、肘を動かしながら、どの形が一番押しやすいか確かめると良いです。

もし前後にも出入りがあるようでしたら、大三移行時に左肩を入れてしまうケースが多いです。大三は矢筋に沿って左手の内の虎口で弓を回すように心がけてください。

他の人に両肩に手を乗せてもらって引くとどの時点でどのように肩が動くか分かります。

4:大 ◆hxhE85gcさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
返信ありがとうございます。

自分では、どうしたらいいかわからなかったのでとても助かりました。

常に、肩線がまっすぐになるように意識し、なるべく肩を動かさないように注意してこれからの練習に励みます。


本当にありがとうございました。


■[2078] 引き分けについて・・・ (投稿3件)

1:wx、yさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)

ここ、2・3日大三から引き分けにかけてたまに矢が外れてしまうようになりました。

あと、引き分けたときに肘が降りすぎて
しまっています。

2つのことについて、返事お願いします。

2:まなかなさん
DoCoMo/2.0 N09A3(c500;TB;W30H20)
wx、yさん、こんばんは。

大三で矢こぼれするのも、会で肘が下がるのも、おそらく勝手引きが原因だと思います。
次のことをチェックしてみて下さい。
@引き分けるときに、肘が極端に前に残っていませんか?
A捻りはきいていますか?
B手首が弦が導くのと違う方向に向いて曲がっていませんか?
C引き分け後も更に引こうとしてませんか
大まかに誰でも見て分かるチェックポイントを思い付くままに書きました。まだまだあるのですが、とりあえず以上のことを調べてみてください。

3:wx、yさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)

返信、ありがとうございました。

おかげで最近はあまり、矢こぼれしなくなりました。引き分けの件はまだ完全ではないので稽古に励みたいと思います。


■[2079] 引き分けが・・・A (投稿2件)

1:wx、yさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)

今日、引き分けのときに体が張れてない
と、感じました。

どうすれば直りますか?

2:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
http://ecoecoman.com/kyudo/bbstec/2010031621482169.html
いや、その前に前立てたスレはどうなったの!?


■[2080] 後ろ狙い前飛び (投稿3件)

1:あずさん
DoCoMo/2.0 SH01B(c500;TB;W30H20)


タイトルの通りなんですが…


狙いが後ろなのに
矢は前に飛びます。


体はねじれてないのですが


どこか気をつけるとこ
はありますか??

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
初級者のほとんどは後ろ狙い前飛ばしです。
原因は一重に手の内の角見が効いていないということでしょう。
手の内以外の原因としては緩み離れが考えられます。

3:あずさん
DoCoMo/2.0 SH01B(c500;TB;W30H20)

ありがとうございます。


気をつけてみます。


■[2081] 残心 (投稿4件)

1:ZZZさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
最近、気になっているので質問させていただきます。

少し前から春に向けて形を見直していたんですが・・・

どうしても残心で押し手が前で残ってしまいます。

いろいろ試行錯誤してみたんですがどうしても前で残ってしまいます。

みんなに形を見てもらうと前離れになっていると言われます。

やはり前離れが原因ですか?

こんな私にアドバイスをお願いします。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
残心で弓手が前に残るというのは、会で押し切れていないのだと思います。

これは、手の内の改善も必要なのではないかと思います。
会の時に親指の根元が弓の内竹右角にしっかり当たっていますか?
離れの瞬間に親指の根元が内竹右角を押すことにより角見が効き、力の働きの延長で弓手拳は拳一つ〜二つ分程度左45度方向へ飛びます。
あまり意識しすぎると振込みになってしまうので注意が必要ですが、引き分け・会において引き付けの働き、特にもう少し横方向への働きを意識してみたらどうでしょうか?

前離れという事だと馬手にも問題がありそうですが、大きく引いて大きく離すという意識で改善を試みてください。

3:ZZZさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322)
アドバイスありがとうございます!

早速今日の練習でアドバイスして頂いた事を試してみます。

4:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
すみません、左45度というのは、左斜め45度下方向という意味で解釈してください。
頑張ってください!


■[2082] 会での骨 (投稿5件)

1:凛として弓道さん
KDDI-CA3C UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
以前、教士七段の先生に会では何をしているのですか?と質問したことがあります。

ちなみにその先生は会が15秒以上あります。

先生は「会では池に波紋が広がるように澄ます」と言っていました。

私はなんとなく意味はわかりますが、具体的に言うとなると難しいです。

この意味を具体的に何を表しているか教えて下さい。

2:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
お応えとして適当かどうかわ解りませんが、人それぞれの受け止め方、夫々の考え方があって好いのでは?

人により、射や課題により、実際に考えることや遣ろうとすることも異なると思います。


>会では何をしているのですか?
先生との間柄にもよりますが、ある意味「失礼」な質問だと言えるし、またある意味では「恥ずかしい」質問かも知れません。

>具体的に…
それも人それぞれだし、それを求めて行くことこそが「稽古」ではないのでしょうかね。

でも、それは何故先生に問わないのでしょうか。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
会は「保ち」とも言いますが、より洗練されると「澄まし」と言います。
その教七の先生はこの澄ましの境地に至っておられるのです。

これはより心理的な問題でもあり、具体的にどう会得するのかといった説明は難しいことだと思います。
弓歴を重ね、称号を拝受できるあたりから分かってくるのでは無いでしょうか。

行射の時にあれこれ考えているうちは、「澄まし」の会は分からないと思います。

4:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>行射の時にあれこれ考えているうち…
勿論、「澄まし」の境地に至ることは素晴らしいことだろうし、大いなる目標の一つだろうと思います。

ただ、何も考えずに引いていたらその境地に‥と言うことも可能性は低い訳で、それに至る稽古の行程に於いては、色々考えることも必要だろうし、考えながら稽古しなければ身に付かないこともあろうたと思うのです。

特に、今回は「会では」となっていますから「詰合」まで含まれるので、尚更悟りの境地に到るまでは、色々考えることも多そうです。

まだまだ未熟者の独言ですが…。

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
>4:弦禰さん
自分が言おうとしていることは、自分も含め未熟者は会のみならず行射であれこれ考えているので、「澄まし」の境地が分からないが、その教七の先生はその境地に至っている。
なので、その境地に至っていない物が「澄まし」について具体的に語ることは出来ないし、同じ立場の人が聞いたところで具体的に理解は出来ないであろうという事です。

もちろんその境地に至るまでの途上では、行射においてあれこれ考えなくてはなりません。精進を重ねた結果、あれこれ考えることもなくなり、「澄まし」の境地が分かるようになるのだと思います。


■[2083] 肩の痛み (投稿6件)

1:安土さん
DoCoMo/2.0 F01A(c100;TB;W24H17)
練習中もたまにありますが、なにより気になるのは弓道をしていない時でも妻手肩(盛り上がるぐらい肩についてる筋肉のあたり)が痛いです。

引き方に問題があると思うのですが、肘を意識したり誰かに肘を触ってもらって引いても、すごく妻手肩の筋肉が硬くなってます。

どうすればよいでしょうか?
分かりにくい文章ですみませんでした。

3:医療系弓引きさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.8) Gecko/20100202 Firefox/3.5.8 GTB6
これだけではなんとも言えませんが、何もしていなくても痛む、と言うことであれば何らかの炎症はありそうです。
その場合は肩関節の適度な休息が必要でしょう。
また、いわゆるインナーマッスル(この場合肩関節周囲の小筋群)を鍛えてあげるのも肩の痛みを抑えるのに役立つかもしれません。
http://www.i-muscle.net/
ご参考までに。

4:安土さん
DoCoMo/2.0 F01A(c100;TB;W24H17)
天龍さん、医療系弓引きさんありがとうございました。


私は平日60〜70本。休日は多くて100本ぐらいしか引いていません。炎症になるほど練習していないと思います。
ですがひどいときでは大三から引き分けに移るときに勝手肩を上げないと引けないぐらい肩にきています。二の腕の筋トレはしていて筋力不足はないと思うのですが…



インナーマッスルを鍛えるとはどうすることでしょうか?(せっかくのサイトですがファイルが大きすぎて私の携帯では映りませんでした)

5:春うららさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; YTB730)
整骨院に行くのをお勧めします。
先生に弓道の動きを見てもらって、時々通った方がいいと思います。

肩のインナーマッスルを鍛えるには、ミズノエアーフリッパーがいいですよ。
私も仕事で痛めた時にこれでリハビリしましたから。

http://www.mizunoshop.net/f/dsg-10070

6:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.18) Gecko/2010020220 Firefox/3.0.18 (.NET CLR 3.5.30729)
無理のない方向に体を動かしていて、練習量もほどほどなら関節痛くなりません。

んが、なかなかそううまくはいきません。私の場合は、物見を返した時の顎の位置が数mm浮いただけで右肩が痛みますし。

痛んだら休んだほうが賢明だと思います。


■[2084] 大三の形 (投稿5件)

1:たぁさん
SoftBank/1.0/830P/PJP10/SN353711024306354 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1

お世話になってます。
たぁです。

自分の射と他の人の射を見てて気になったので投稿しました。



大三の妻手について何ですが、肘は打起しの状態のままで肘から先は捻りを加えるだけで力を入れないと先生に教わったんですけど

的中が良い人で、拳が顔より右側にあり身体からもかなり離れている人がいます。
僕は以前、会で妻手が潰れていた頃、肘から先が一直線で身体と近く角度がないから潰れるんじゃないの?と言われた事もあります。

でも正直全く関係なく潰れも直ったのですが、未だに疑問です。

右拳が顔の右側にある事
しかも身体から2〜3拳くらい離れている事
これは正しい大三の形なのですか?

それに妻手の潰れと少なからず関係はあったのでしょうか?

過去に投稿があったみたいですが、潰れとの関係があるのかと、僕も頑張ってもぉ少し大きな大三をとった方が良いのか
気になったので回答よろしくお願いします。

僕自身は肘から先は捻りを加えているだけで一直線で身体からは一拳程あいている状態です。

2:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>大三の妻手について何ですが、肘は打起しの状態のままで肘から先は捻りを加えるだけで力を入れないと先生に教わったんです
先生に教わったことを、まずは最優先なさるべきです。

>僕も頑張ってもぉ少し大きな大三をとった方が良いのか気になった
疑問点は、ご指導の先生に射を見て戴いて、そして質問を致しましょう。


>的中が良い人で、拳が顔より右側にあり身体からもかなり離れている人がいます。
>右拳が顔の右側にある事しかも身体から2〜3拳くらい離れている事これは正しい大三の形なのですか?
基本的には、ひとはひと!と考えなければなりません。
もし貴方が、その高的中を目指して、その人の引き方や射型を真似ることは否定しませんが、あくまでもそれは自己責任となりますよね。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
射法は八節の図解が理想の形です。
例に挙げた大三は所謂さばき過ぎの部類を遥かに越えていて、その射手が正しい大三を取るように指導されると的中は必ず下がるでしょう。
今は学生で射形より的中重視かも知れませんが、本来の射は正射必中です。
矢数のかかっている学生なら変形射法でも中るかも知れませんが、矢数の少ない一般では安定した的中は望めません。という事は理に適った引き方では無いということです。

打ち起しは高く遠く、大三は高く近くが原則で、右拳は額より拳一つ分的方向というのが教本の解説です。教本に書かれている引き方は、一番理に適っているものです。

ご自分が正しく理想とする射を常に頭に思い浮かべながら練習すると良いと思います。一部の高的中の人の射では無く、本当に中る射です。そして、その射に近づくように努力すれば、おのずと射形も整い的中も上がると思います。

4:元学生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
理想とされる大三は、先生に教わった形です。なぜその位置が理想かといえば、もっとも力みが少なく、かつ引き分けの拳の動く距離が短いため、効率的に次の会を構成することができるからです。

高的中な人の大三を見て、疑問にもたれてますが、会はどうですか?彼は大三でその形を保つため余分な力がかかっており、矢数を重ねることで安定させていると思われます。今は当たっても力のバランスが崩れたらとたんに的中はさがりますから、矢数練習を欠くことができないと思います。

もし、高的中の彼を参考にするなら大三でなく会や離れを見るべきでしょう。当たるコツはむしろそこに答えがあると思います。

5:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.18) Gecko/2010020220 Firefox/3.0.18 (.NET CLR 3.5.30729)
例えば、胴造りがいまいちで大三に移行する際に胴体がねじれてしまう人の場合、右腕で軽く引いて左の張りと釣り合わせると的中がよくなります。

ただ、右が力みますし、弓構えで決めたかけと弦の位置関係が変化します。

無理な方向に右腕を動かし強引に左右のバランスをとる癖が付くと、右肩や肘がねじれて関節炎になったり。

理想は、ちゃんと8節やって、右は軽く張る程度ではないかと考えます。


■[2085] 離れ時の逃げ (投稿3件)

1:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
後輩に離れの時に弦が顔に当たらないように手が前に逃げて離れています
どのような対処方法があるでしょうか?
教えて下さい

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
顔を弦で打つという事は、原因は手の内の不良か緩み離れですね。
原因を取り除いてあげないといつまでも恐怖心があって却って体が逃げるために余計に打つという事があります。
腕を打つならサポーターや長袖で引いて痛みを和らげることが出来ますが、顔ですとそうもいきません。
まずはゴム弓で離れの練習をして、大きく引いて大きく離す感覚をもう一度思い出させて、巻藁で調整して手の内や離れを見てあげたらどうでしょうか?

3:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
ありがとうございます

さっそく教えてあげます


■[2086] 前離れ (投稿10件)

1:ケイさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
重度の前離れに悩んでいて、
先生には弦がらみをかけて会で肘から伸び、
肘から離すようにしろと言われてるのですが、上手くできません。

でも無理やり後ろに切ろうとすると
力が入って小離れ状態になります。
(大離れを教わってるので)

なにか良い方法ありませんか?涙

7:天平の弓引きさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30)
におちさん様
ご返信ありがとうございます。
肘がまわるという表現は伝わりずらかったですね。失礼いたしました。
おそらく、小離れ・中離れ・大離れの考え方はわたくしも同じだと思います。
私の頭にある小離れは本多利実先生(正面打ち起し改組)です。中離れと大離れの違いはなかなか微妙ではないでしょうか。

ケイさん様
ご返信ありがとうございます。
弦がらみのご説明ありがとうございます。私の頭の認識では「下弦を引く」とよく言われました。それと同等のこととお察しします。
体の内側に寄せるとなると、弓の中に体を割り込ませるという表現で通じますでしょうか?
弓の中に体が入ってしまえば、離れの方向は自ずと定まってくるのではないでしょうか。会で、前離れがでない状態をつくってしまうのです。
会で弓が体の前にあると、前離れも出やすくなる気がいたします。

8:ケイさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
ご返信ありがとうございます。

今日確認してみたところ天平の弓引きさん・におちさんのおっしゃるとおり
肘が体よりも前に収まっていて、
前離れになるということがわかりました!

でいま調整中ですがなかなか癖になっていたものですぐには治らないようです(涙)

やはり一回癖がついてしまうと治しにくいものですかね??

9:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
>8:ケイさん
人間の筋肉は覚えは悪いですが、一度覚えたことは忘れません。
間違って覚えたことは中々直りませんが、逆に正しく覚えればそれを忘れないものです。

一度間違って覚えたものはやはり、すぐには直らないでしょうが、正しく引く努力を怠らなければ必ず正しい射になります。
日々の努力は将来の成功を必ず約束してくれるものです。

>7:天平の弓引きさん
そうですね。小離れというと本多利実流祖と稲垣源四郎範士をすぐに連想します。
小離れ・中離れと大離れの違いは、背中の使い方にあると思います。小離れ・中離れは肩甲骨を締め、大離れは開きます。岡崎範士もそのように指導されています。
一昔前は平付けの四つカケの使用者が多く、故に小離れが多かったと思います。
現在主流の三つ四つの四つカケや弦枕が一文字の三つカケですと自然と中離れ、控えが柔らかいものでしたら大離れとなるのだと思います。

10:天平の弓引きさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)
ケイさん様
少しでもお役に立てたようで、幸いです。私の師は、ひとつのことが自分に合っているかどうか分かるには2000射ほど稽古をしなければ分からないと言っています。そうすると、一つの癖を直すにはそれ同等あるいはそれ以上の稽古が必要かもしれませんね。
弓に、これで満足、これが自身の最高の射というものは、稽古していく過程の中では無いと私は思っています。
ケイさん様のこれからのますますのご活躍をご祈念いたします。

におちさん様
会に至る際に両肩甲骨を寄せて締める。私の高校入学当初、部活での弓を引き始めの際の指導はそうだったと記憶しております。その後、両肩甲骨は左右に開くのだということに修正に苦労した記憶があります。
弓にも流行り廃りがあるとどちらかの先生が言っていたような気がしますし、弓道教本にも、時代背景によって射が変化していくことは当然のことと書かれています。
決して小離れ・中離れが悪いものではないのですがね。その道具・射法に最も適した射を演出することが良い事なのではないでしょうか。
そうなれば、全弓連会長がおっしゃっています個性のある弓。決して悪い癖のある個性ではなく、いい意味での個性ある弓ができて、弓界をもっとより良いものにしていけるのではないでしょうか。
若干話が脱線し、また乱文を失礼いたしましたm(_ _)m


■[2087] 治るのでしょうか? (投稿6件)

1:はるさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)

私は中学2年生です。
1年生の後半から会が3秒になり
2年になってからどんどん悪化して
今は口割りまで下りずに目で
離してしまいます。
自主練などを利用して下ろそうと
意識してるのですが・・・
なかなか下りなくて、
やりすぎて右腕が痛くなってしまいました。
今日の部活で顧問の先生に
「次の立ち入らなくていい」
と言われてどうしてかと聞いたら
「早気だから」
と言われてしまいました。
先生は気を使ってそう言ってくれたと
思うのですが私には嫌味っぽくしか
聞こえませんでした・・

話がそれましたが、
引退まであと残りわずかです
それまでになんとか口割りまで
下ろせるようにしたいので
なにかいい方法あるかた!
ぜひ教えてください★


本当にこまってます
長文失礼しました

3:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
全くパパンプさん のおっしゃるとおりです。
今の子供たちは、パチンコ(ゴムで石ころを撃つおもちゃ)や手作りの弓矢で遊ぶこともないので、弓の単純な原理が身体に染み付いていません。弓は、弦に矢を番えて一杯に引き、引いたほうを離せば飛んでゆく。これだけの原理です。日本の弓は大型なので、精度を高く効率良く引くために射技があるのです。
指導が最初から細かい決め事に終始するため、どこかボタンの掛け違いがあると肝心の目一杯引くという大目的に到達しないという、本末転倒の結果に至ることがあるのです。何のための射技かということになります。
八節の決め事を無視して、単純に目一杯引くだけということをやってみてください。出来ないはずがありません。それに教わった射技を上乗せすればよいのです。

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.18) Gecko/2010020220 Firefox/3.0.18 (.NET CLR 3.5.30729)
大三から両拳を矢の延長線方向に動かし続けようとすると、矢が下に下りなくなります。

手先の軌道は、弓構えまでで大体決まっていて、引き分けは両肘をかぱっと左右に開く運動です。

「大きく引く」をどのように解釈するかがひとつ、引き分けに至るまでどのような姿勢をとっているかがもうひとつ。

首から背骨にかけてつま先方向に頭が垂れる方向に曲がりすぎていると、引き分けの際に首を反らし胸を突き出すように姿勢を変化させないと引きにくくなります。

この姿勢の変化を達成するために、腰も反り、下半身が突っ張り、つれて足の指も反り返ります。

全身に反る方向に力がかかってしまうと、手の平にも反る方向に力がかかりやすくなりますので、右拳がほぐれて離れてしまう。これでも会をがんばるとすれば、指先でつまんどくしかないんですが、「手先に力を入れるな」と指導されるとか・・・。

大体は(「大きく引く=引き分けの初期に両拳をなるべく離す」の意識+姿勢の不備=目まで降りると離してしまう)のパターンです。

首から背中にかけてをすっと伸ばした姿勢で、「右手親指が弦と直交+左手中指の延長線上の骨と握りが直交」の条件が弓構えで成立し、その後縦線が崩れなければそんなに変な引き方にはならんはずですが?

5:とおりすがりの素人さん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W30H20)
私は高校から弓道を始め、
もうすぐ高校2年になる者です。
私は会が部内でもかなり長い方で基本10秒以上もちます。
そんな私も一時期早気に
陥りそうになったことが
あったのですが、その時に
早気は必ず中らなくなるから…
と、ただ単純に本当に単純に
それだけ考えて、早気に
なりたくない!と強く想い
気が付けばいつの間にか
直っていました。

熟練者の方々なら射形云々
おっしゃるでしょうが
素人の私にはそういうのは
わからないのでとりあえずは
気合いと根性。
ようは気持ちの持ちようだと
思っています。

長文、駄文失礼しました。

6:はるさん
DoCoMo/2.0 SO704i(c100;TB;W24H18)


みなさんありがとです!
最近では目だったのが
鼻の下まで下りるように
なりました(*^0^*)/
皆様に感謝ですっ
本当にありがとうございます


■[2088] 弓手の癖について (投稿3件)

1:達磨。さん
SoftBank/1.0/815T/TJ001/SN356359016054306 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1

会で弓手肩が抜けてしまいます。
自分では大三で肩をしっかり入れ、
それを抜かないように会まで
持っていくように引いているのですが
大三で肩を入れるように引くと
手の内が入りすぎてしまい
つのみが効かなくなります。
また、会で肩が上手く入っても
保っている間に肩の付け根が
上がってきてしまいます。
どのようにすれば直るでしょうか?
解答お願いします。


追伸
弓手の親指をするのは
この射癖も関係するのでしょうか?

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
猿腕ですか?
肩を入れると手の内が入りすぎるというのは、弓手を突っ張っているように思います。自分では押しているつもりでも、ただつっかえ棒になっていませんか?
弓手の押し方は骨格により様々です。一番押しやすく、かつ肩が入ったり抜けたり、手の内が入り過ぎない押し方を自分で見つけるしか無いと思います。
会で肩の付根が段々上がるというのも、突っ張っているだけで押せていないのが原因のように思います。

弓手の押しは下筋の使い方です。肩根より肘、脈所を通じて的方向までまっすぐ押せるようにしてみてください。

また、弓手の親指をするというのは、親指の付根を矢が擦るということですか?
単純に矢番えの位置が低いと思います。
矢と弦は直角もしくは直角より箆一本分高くする必要があります。

3:達磨さん
SoftBank/1.0/815T/TJ001/SN356359016054306 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1

解答ありがとうございます。

猿腕ではありません。
確かに肩をつっかえ棒のように
引いてしまっている部分は
あるかもしれません。

弓手を擦る件については
矢番えの位置ではなく
弓手がブレているという事が
今日引いて分かりました。

明日からは下筋を意識しながら
引いてみたいと思います。


■[2089] 4の3病 (投稿5件)

1:GMIIさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6.4; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
小生は今4の3病にかかっています。4の3病というのは、4射3中レベルの的中率でストップしてしまって、これ以上的中率が上がらない、壁にぶつかっている状態のことです。いろいろな先生方に、「どこか緩んでいるところは無いか?」と射を見てもらってまわっているのですが、どの先生方も「どこも安定していて、離れに緩みは無い。」とおっしゃいます。でも現に、4の3病です。自分としてはこの壁を乗り越えるべく、フォームの大改造をしている最中なのですが、なかなか答えが見つかりません。このサイトの方で、同じような悩み、そして解決法をご存知の方、ぜひご指導いただけると幸いです。宜しくお願い致します。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
称号の先生から指導をお受けになっておられるようですので、射形は射法にのっとっておられると拝察しますので、的中する射としない射では、非常に微妙な違いが有るのだと思います。
しかしながら、その違いをご自分で認識されない限りにはこれ以上の的中は望めないと思います。
常に正しく行射を行い、心気も同じく安定していてご自分に射ごとの違いが感じられなければ、必ず的中は安定するはずです。それが7割台で安定してしまうということは、どこか詰めが甘いところがあると思います。しかも外見的には分からない程のです。
ただ、射形の改善の最中とのことですので、その過程の中で的中を安定させることは不可能だと思います。ある程度射を固めてから矢数をかけて体に覚えこませ、そこから的中が安定すると思います。

また、射形も重要なのですが、道具の手入れがきちんと行き届いているかというのも重要な要素です。矢のスパイン・重量が弓力と合っているか、釣合はどうなっているか。特に竹矢ですと1本ごとのバラつきは無いか。既にご確認されているかも知れませんが、もう一度検証されてみてはいかがでしょうか。

3:アバウトさん
DoCoMo/2.0 P905i(c100;TB;W30H19)
弓の力を矢に全て乗せている実感はありますか?
弱い(12、3キロ)かつ鈍い弓、柔らかい弦で中てる練習をおすすめします
このような道具を使う際、ある部分を変えないと中りません(フォームなど射の写真を撮ってそれを見て違いが分かるような部分ではないです)

強弓を使っていると矢に力を乗せるのが少し苦手な人でも矢勢がそこそこ出てしまうので、矢に力が乗せる方法を覚えるのに時間がかかる場合があります
上に書いた道具で中てられるような方法を強い弓でできるようになればより中ります

質問ですが4の3は何本引いた時の話ですか?
あと4の3がでる期間はどのくらい続いていますか?

4:GMIIさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6.4; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
におちさん、アバウトさん、ご質問にお答え下さり、ありがとうございます。4の3は一日平均40射ぐらいした時の平均的中率です。4の3病と言われるようになり、だいたい2カ月ぐらいになります。

ところが、問題が突然解消されました。ある先生の一言、「君、勝手の捻りが足りないよ。」。ああ、そう言えば私の最初の弓の師範が言っていた「手の甲が天井を向くように引きなさい。」を思い出しました。それを行うようにしたら、突然当りが出るようになり、現在平均8射7中で4の3病を脱却いたしました。

いろいろ皆様方からお教えを頂きありがとうございます。さらなる的中率の向上を目指し、におちさん、アバウトさんのご提案の、道具の見直し、弱弓での練習など、してみたいと思います。いろいろアドバイスありがとうございます。

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
解消されたようで何よりです。
現在の三つおよび四つのカケは下弦を取らないと中りません。ところが平付け気味で7割台の的中があったという事が逆に驚きです。
射の基本が出来ておられるなと思います。

ほんの些細なことが的中に大きく影響してしまうので、本当に弓道とは難しいものですね。お互い頑張りましょう。


■[2090] 「チーム」をより強くするために… (投稿9件)

1:さささん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Sleipnir/2.9.3)
私は最後の高総体まであと約3ヶ月ということもあり、より強いチームを作るために一つ考えた練習法があるのですが、よければご意見などお願いします。

まず私たちの弓道部は男子15人女子20人で構成されています。

練習法についてですが、普段の的中、調子、射型などを考慮して自分たちで仮Aチームを作り、そのチームの5人は常に試合のように順立ちで立ちをとったりします。
とにかく普段の練習よりも試合に近い形で立ちをとっていきます。
そしてメンバーは一週間ごとにもう一度考慮して随時変えていこうと思っています。これをずっと総体まで続けます。

この練習をすることでチームの実力が把握でき、さらにメンバーを変えることにより部員同士に競争を作ることになって個人の力も上がっていくと思います。

試合を意識した練習にすることで部活中に緊張感も生まれて今までよりも引き締まった練習になる…と思っているのですが、、、

…どう思いますか?

6:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>4
簡単に入れ替えるのであれば、同条件や同じ形式下で比較をしないで大丈夫かな…と言う意味での質問でした。


目指すものや客観的な実力によって変わるものではあるでしょうが、最早今の時期ならば、メンバー(七人?)+αは絞られているか固定されていて、より高い的中を目指したり、チームワークの向上等を考えていなければ、本戦出場(県一位)を狙えない気も致します。

部内の競争は勿論ですが、強豪校と練習試合をこなして、上位校の的中や立ち見ること、そして実際に試合形式で競いあうことも重要で、得ることが多いだろうと思います。

7:さささん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Sleipnir/2.9.3)
>>5
なんと言うかうちとは気合の入り方が違いすぎて敬服します。。。
朝練ならなんとかなるので呼びかけてみます。
部活後はすぐに学校がしまってしまうので…

>>5
>同条件や同じ形式下での比較
言われてみれば確かにその通りですね。
男子であればBチームやCチームまで作ってみたほうがいいかもしれませんね。

実際私がチームをもっと強くしたい、と考えだした理由と言うのが先日あった強豪校との練習試合によるものなんですよね。
女子のチームは新人戦とかの大きな大会でも準優勝をしてたりしていてその練習試合でも13、14中あたりを出していたのですが、
男子、つまり私たちのチームは8中あたりを前後する結果だったのでこのままではまずいなと思ったんですよね。

先生は「試合の時に練習通り引けていないものがいるからチームの的中が伸びない。普段からもっと試合の空気を作っていって試合と練習の差をなくすことが必要だ」と仰っていました。
今の男子Aチームは普段通りなら11、12中は最低出せるチームであるだけに、試合との差を埋める方法はなにかないかと考えた結果がこれでした。

8:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
大学時代の練習の方法なのですが、参考になればと思います。

1.平日の練習
射込み形式で規定射数は60射/日。全ての射は全員記録を付ける。抜いた場合も何時方向に抜けたかを記録。
2.土曜日の練習
試合形式での練習。
一週間の的中及び当日の付矢の成績を参考にレギュラー及び控えの選手を決める。レギュラーは4人立×2立。
レギュラーと控えの選手で(12人×3立)立を組み、試合と同じ20射行う。
試合と同じように立毎反省させ、成績の悪い者はレギュラーの立と控の立で交代させる。
試合形式の練習は当然応援、看的を付けて試合と同じ条件で行う。

部員はまず控えの選手からも漏れてしまうと土曜日はただ応援をしているだけになってしまうので、結構必死に練習していました。

試合に練習どおり引かせるというより、練習時にいかに試合の緊張感を作るかということだと思います。土曜日の試合形式の練習はかなり真剣にやっていたので緊張感があるものでした。普段から緊張感のある中で練習していれば、試合でもアガるという事は無いと思います。

9:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>うちとは気合の入り方が違いすぎて
先にも申しましたが、目指す所や的中レベルが違えば、当然ながら部員の意識レベルも違うので、強豪校の練習内容やレベルを聞いて、いきなりそれを真似ようとしても、的中的にも気持ちの上でも無理なことは言うまでもありません。

部員や選手の目的意識をより明確にしたり、的中に対するより高い意識やこだわり、練習中のモチベーションの向上等から先ず考え直して行く必要があるはずです。

>普段通りなら11、12中は最低出せるチーム
>8中あたりを前後する結果
試合に望むにあたっては、練習時の約八割程度の的中にり得ることを見込みながら、練習時の的中を参考に考えるといいと思います。
(半矢前後の的中だと尚更誤差が大きくなると考えられます。)

>試合と練習の差をなくすこと
このことは、先に指摘したAチームと他立ちとの「差」にも繋がる訳で、試合形式でのAチームと普通の練習下の他の部員の的中を、単純に比較してよいものかどうか?と言うことになる訳ですね。


■[2091] 足の裏の使い方 (投稿11件)

1:パパンプさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4)
些細な疑問ですが、ちょっと皆さんに伺ってみたい事が出来たのでスレ立てしました。

自論になりますが、足踏みを行う際に一生懸命両足を床に押さえつけ床を踏みしめるのは何か違うと思っています。足の裏は体重を掛けるだけであって、不必要に床を踏みしめたりするのは自ら胴造りを崩しに行く行為だと考えています。

何故こんな事を言っているのかというと、たまに話題に挙がる「足踏みが滑りやすい床で崩れる」と言う事の一つの原因の可能性であるかも知れないと考えた次第です。

自分は両膝から下は極力無駄な力は省くようにして、足の裏で重心・力の広がりを感じながら弓を引くようにしていました。意識的に足の裏を押さえつけるような事はしていませんでした。

皆さんはどのように足の裏を使われていますか?色々な意見を頂けると有難いです。

8:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
>7:パパンプさん
自分も今回問題提起していただいたおかげで改めて足踏み・胴造りついて考えて見ました。
自分は一週間弓を引けなかった後に20射程度の矢数をかけると、翌日足全体が筋肉痛になります。突っ張っているだけならこのようにはならないと思います。
ただ、力むのとは違うのでいさんがおっしゃるとおり、力の加減というのが大事で、手の内になぞらえていますが、全く同感です。

胴造りがきちんと出来ていれば、野立の時の草履や靴、特設道場の滑る床など状況が変化しても特に射に影響が出ない筈です。

自分は射で尤も大事なものは三重十文字だと思っています。その根幹は足踏み・胴造りにあるので、基本中の基本で常に一定した足踏み、安定した胴造りを作ることが射の安定の第一歩だと思います。

9:春うららさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; YTB730)
自分は、足の裏を足踏みするときに、ぐっと踏みつけるような感じではなく、足袋が親指から吸盤になったようにペタ・ペタと道場にすいつけます。

あとは、吸い付けた足袋のかわの感覚を逃さないように、ひかがみも張らずに、肩・胴・腰・足の線を上から見て真っ直ぐ、自然に力を抜いて行射しています。

最初の足踏みの時のペタを逃さない事と、足に力をいれずに、ペタで自在に重心を操ってる感じです。

10:雪の目付さん
DoCoMo/2.0 F03B(c500;TB;W24H17)
バランスディスクっていう、空気の入った円盤があるのですが、それを2つ用意して、足踏みの広さに広げてその上に乗って、徒手で八節を繰り返します。
バランスとるの難しいですが、足裏の感覚と、どうづくりのバランスを鍛えるには、これが一番良かったです。

11:パパンプさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4)
>>におちさん

自分は久しぶりに引くと下半身が上手く使えなくて縦線が安定しなくなります。定期的に引ければいいんですけどね…。

十文字の構成は射に大きく関わってきますからね。高校時代の師は三重十文字が出来ていれば分は切らないとおっしゃってましたが、正しくその通りだと思っています。

>>春うららさん

自分は直ぐ馬手が自己主張をしたがるので、なかなか上半身に無駄な力を入れて引くという事について苦労している状態であります。春うららさんの実践されているイメージも参考にさせて頂きます。

>>雪の目付けさん

あれって普通に立つだけでも難しそうですね。バランスディスクではないですがそれと似たような物を使ってみた事はあります。

引き続き返信して下さった方々、ありがとうございました。生憎、実生活が忙しくまとまった時間を取り難いのでレスを頂いた方々への個別のレスはこのレスを以って休止させていただきます。個別に思うことがあればレスさせて頂くかもしれません。

ありがとうございました!


■[2092] なぜ? (投稿5件)

1:はやとぅーさん
KDDI-HI3E UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
こんばんは。
見ていただき
ありがとうございます。

私は、卒業して
弓道はしていないのですが
後輩に指導を頼まれ
指導をしています。

ある後輩に
会は長いのですが
口割りより少し上までしか
いかない子がいます。


肩に力が入っているのかもしれませんが
後輩は、半年以上
悩んでいます。


なぜ、このような事に
なるのでしょうか?

また、対処方法は
あるのでしょうか?


アドバイスを
お願いします。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
会の頬付けの位置は、肩および肘の収まり具合との関係があり、射を見ておらず、またその情報も無い状態では何とも言えません。
たとえば会の状態で馬手が担ぐ感じですと肘が収まっていなければ口割りが高くなるでしょう。
そのような情報があればアドバイスも出来るかと思います。

はやとぅーさんも高校においては指導者の立場です。その立場を自覚し、後輩をよく観察され、ご自身も知識を蓄え精進されて的確な指導が出来るように頑張ってください。

3:矢流れさん
DoCoMo/2.0 SH01A(c100;TB;W30H20)
口割(頬付け)は、「口より矢が下に下りてはいけない」という基準ですから、鼻下から口の範囲に矢があるならば十分許容範囲です。
首の長さや肩には個体差があって、一様ではないので「本人が一番伸合易い場所」に収まるのが一番だと思います。

4:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
矢流れさんがおっしゃることは尤もなのですが、基本的に会の構成要件は「口割・頬付け・胸弦」で、原則的には口割の位置まで下がる必要があります。高齢になると鼻の下くらいまでしか収まらない場合もありますが、一般的に許されるのは上唇程度までで、それより高い位置ですとたとえば審査や講習会では、口割に降りていないという判断がされると思います。

極端な例かも知れませんが、口割が高いほうが肘の収まりが悪くても張りがあるように感じて、段々その位置が高くなり、果てには早気になった人も知っています。
肘を収めてなおかつ張れる位置がどこにくるのかということを研究されるのが良いと思います。標準的な体型ですと、その位置はおおむね上唇〜唇の合わせ目になるかと思います。

5:はやとぅーさん
KDDI-HI3E UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
におちさん.矢流れさん
ありがとうございます。

もう少し自覚して
指導したいと
思います\^^/~


■[2093] 勝手肩 (投稿3件)

1:カメニさん
DoCoMo/2.0 P705imyu(c100;TB;W30H19)
はじめまして。

うちの部の後輩が、大三で勝手肩が後ろかつ下に抜けて悩んでいます。

試しに肩がつまる引き方をさせてみましたが、抜けてしまいました(-_-メ)

意識的に前に残すことができないらしいです。

射を見ないで答えていただくのは難しいと思いますが、どうか宜しくお願いしますm(__)m

因みに、肩がつまる引き方ってのは、自分が体験したものなので、一般的にどうなのかは知りません(._.)
後輩は15kgの伸寸を使用してます。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
弓構えの時に両肩がそろっているにも関わらず、右肩が抜ける場合は多くは次の理由によるものだと思います。
1.大三時に弓手肩ごと入れてしまって突っ張っている。
2.引く意識が強く、引き分けにおいて引くに従い右肩が抜ける。

このような場合は、引き分けはあくまでも矢筋方向へ引くものという事を意識させる必要があると思います。
大三の取りかたにも問題がありそうです。弓手肘を突っ張らないように、弓手虎口で弓を回すようにし、馬手肘を斜め上方向に張り、右肩を少し前に出して見ると良いと思います。
そして、引き分けの時は矢筋方向に引くようにし、馬手を肩に担ぐようにすると右肩が抜けにくくなるかと思います。

後輩に指導するという事は責任あることなので、しっかり見てあげてください。指導で悩むこともご自分にとっては射法の復習になり勉強になると思います。

3:カメニさん
DoCoMo/2.0 P705imyu(c100;TB;W30H19)
わざわざありがとうございますm(__)m

今日は練習がないので、明日試してみます(._.)


■[2094] 離れから残身 (投稿3件)

1:悠★さん
KDDI-TS3H UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.116 (GUI) MMP/2.0
こんばんは。また質問させて下さい。

私は会の時まではきれいと言われるのですが離すと両腕が肩線より後ろに入りすぎます。離れは早い方なので矢速も早いのですが、あたっても後ろです。見てもらったとき、手の内が悪く角見を使いすぎて後ろについていると言われました。ですが、どうやったら直るというのは教えて貰えませんでした。自分で考えろと言われ、大変困っております。

もうすぐ大きな大会があります。
今の私は団体の足を引っ張ってしまうだけです。どんなアドバイスでも構いません。また、大会では落ちとして出るので良ければ落ち着いて引く方法も教えて下さい。

2:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
若干厳しい物言いになるかも知れませんが御容赦下さい。

その看て貰った人はスレ主さんに自分で考えて成長して欲しいから「自分で考えろ」とおっしゃったのだと思います。

従って今まで<@言われる→A聞く→Bその通り実践→Cそれに基づいてその人にアドバイスを貰いながら試行錯誤→D解決?>だった一連の流れが、<@言われる→A自分で考える→B試す・結果を考察する→C適当にA・Bの繰り返し→Dそれでも直らないならそれらの情報を踏まえて(実生活で会う)他人に看て貰う→Eそれでも駄目なら先に挙げた内容全てを踏まえてこういった場所でアドバイスを求める→F解決?>になったという事です。

つまり何を言いたいのかと言うとここで聞く以前にこの問題に対して何かしら解決策を考えて実践し、それについて考察を自分自身でしましたか?という事を言いたいのです。全く訳が分からずにいきなり他人に質問するといった流れでは、その人がおっしゃった「自分で考えろ」という意味があまり意味が無くなってしまいます。

自己分析能力のスレでも載せましたが、只の結果論だけでなくそれについて自分が実践した解決策・それについての考察をしっかりと他人に伝えれるレベルにまで<理解する事>が「自分で考えろ」と言う言葉の本質だと自分は考えてます。

自分自身大学の体育会弓道部の主将を務めさせて頂いていたので、後輩を看る時、まだ射技が未熟な(人の事言えた立場じゃありませんが)人には教本やそれに準じた指導書などぬ書いてある内容を上手く理解出来る様に必要あらば噛み砕いて指導していましたが、ある程度上達した人には徐々に先に挙げた「自分で考える」と言う流れをさせる様に放任する様にしていました(あまりにもとんちんかんな事をやってると口を出しちゃう事もありましたが)。道場に行って「先輩、ここをこうしてみたんですけど看て頂けますか?」と言われるのが密かに嬉しかったりしたのです。

大会で落ち着く方法はルーティンを作って自分の世界に入る事を自分は実践してました。

長文・乱文失礼致しました。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
パパンプさんが叱咤激励されておられるので、あまり具体的なことは憚られるかと思いますが、大会も近いという事(選抜かな?)ですので、ヒントだけ差し上げます。

悠★さんもレギュラーで大後に選ばれたという事は、普段は中りがあるのだと思いますが、矢数あったればこその射ではないかと思います。
すでに見てもらった方から十分な答えが出ています。角見だと思っているのは手の内を握って過度に捻っているだけです。ここの過去レスにも手の内の方法についてはいくつもありますので、ご自分で研究してみてください。
また、弓手が必要以上に肩腺より後ろに行くのは所謂振込みだと思います。伸び合いというものを意識し、矢筋方向へ離れを出すようにしてみたらどうかと思います。

大後というものは、立の大将です。自分も学生時代は長いこと大落を引いてきました。当時は中りへの自信があったので、とにかく目立とうと、射形を整え会を長く持ちました。大後は目立つので、重厚感のある射手ですと立が締まります。それだけ責任が大きいことを自覚すると覚悟が定まるかと思います。
これを過度にプレッシャーに感じるようであれば、今まで頑張ってきた甲斐が無いというものですし、練習が足りないという事でもあり、反省しなければなりません。
大後としての自覚と責任感で、何が何でも中てるという覚悟を決めれば、過度な緊張やアガリというものは無いと思います。

余談ですが、自分は常に後輩にかっこいいところを見せようと思って引いていました。ある程度自分の世界に入ってしまうことも過度な緊張をほぐす効果があると思います。


■[2095] 中仕掛けと矢所 (投稿4件)

1:レミオさん
DoCoMo/2.0 SH905i(c100;TB;W30H20)
弓具のところとどっちに投稿するか迷ったのですがこちらに投稿させていただきます。

今疑問に思っていることがあるのですが中仕掛けの太さと矢所とは関係があると思いますか?
ここで言う中仕掛けは矢を番える部分ということでお願いします。

私はゆるゆるで矢を番えているのですがそうすると矢がぶれやすいのかなと思った次第です。

2:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
中仕掛けがゆるくても、きつくてもその抵抗は、矢が出てゆく強力なGに比べれば微々たるものでしょうから、的中の精度には関係ないと思います。ただゆるゆるだと、矢こぼれの心配をしながら引くので神経を使いませんか。何か理由があってゆるく作るのでしょうか。
先生方は、矢番えの時音が出ることを嫌うと言う理由でゆるくしているので、実際矢こぼれを頻繁にする方が見受けられます。
私は、普段はキッチリはまる太さにしていますが、礼射や審査のときは仕方なく音がでない程度に細くすることはあります。

3:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
すみません訂正です。
矢こぼれ→筈こぼれ

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.0.249.89 Safari/532.5
レミオさん はじめまして。
天龍さんいつも拝見させていただいております。そうですよね、ゆるゆるでは気を使いすぎてそれで失敗しそうですよね。
 そういう事情のことは知りませんが私は太くしております。これは、例えば机上の消しゴムを押すのに尖った鉛筆の先で押すのと指先で押すのとでは後者の方が真っ直ぐに押し易いのと同じことだと思います。それで私は番える所の太さはこれ用のスケールを作って2.8mm〜2.9mmくらいにしています。磨り減ってきたらボンドを塗って調整します。
 山形の岡〇先生が『弓道』誌で以前に発表しておられましたね。(1986.6月号p30〜)例えは違いますがね。どうも私は岡崎先生の影響を受けているようです。カケも枕なしですからね。とてもスムーズに離れますよ。やゃ、また横道に入りそうなのでこの辺で失礼します。・・・


■[2096] 離せない (投稿8件)

1:レミオさん
DoCoMo/2.0 SH905i(c100;TB;W30H20)
こんばんは。
私は今離れについて困っています。

会のときにこのまま離れを出したら絶対引っ掛かるって感じ上手く離れることができません。
無理矢理出すと必ずと言っていいほど引っ掛かってしまいます。

最近弓力を上げたので手先に力が入っているのもあるかもしれません。
しかし上げる前からこんな状態が続いています。

どうしたら離れが出せるようになるでしょうか?

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
離れの時の馬手の親指の動きについては、よく爪弾きなどと称して指導される方も折られるのですが、爪起しが出来ていれば特に作為的なことをする必要はないと思います。
尤もカケの構造にもよることなのですが、少なくとも自分は堅控えのカケでも特に意識してどうこうしません。

爪起しが出来ていれば、あとは弦に引かれるのに任せ、伸び合った後に矢筋方向へ馬手が飛びます。抽象的で分かりづらいと思いますが、離そうと思って離すとこのような感覚は得にくいと思いますので、大きく引いて大きく離す。離れは作為的にせずに引き抜くといったイメージで良いかと思います。

6:レミオさん
DoCoMo/2.0 SH905i(c100;TB;W30H20)
におちさんありがとうございます。
爪起しをしていれば変に意識しなくていいんですね。
大きく引いて大きく離すイメージでやっていきたいと思います。

また引き抜くとは会での妻手の形を変えないように離すという解釈でよろしいのですか?

7:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
はい。離れの時に馬手を作為的に動かすとそれがブレになり的中に悪影響を及ぼしますし、力加減によって離れの出方が毎回違ってしまいます。
自分は爪起しだけを意識していますが、残心では親指が上を向いて人差し指の上に乗っています。爪起しが出来ていれば自然とこのような形になると思いますよ。

8:レミオさん
DoCoMo/2.0 SH905i(c100;TB;W30H20)
わかりやすくご説明ありがとうございます。
今日意識して引いてみたところいい感じに離れをだすことができました。

また質問ばかりになって申し訳ないのですが私は弓が強いこともあり会で矢がしたを向いています。
その場合も矢筋の伸びを意識するべきなのでしょうか?


■[2097] 弓手の中指がはずれていきます。。 (投稿4件)

1:うなさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1)
大三から会にかけて、弓手の中指が握り皮から離れて(はずれて)しまいます。
的に向かって弓手を押すにしたがって、指の付け根の膨らんだ部分が中指を
押し出しているような感じです。
中指を元の位置に戻そうと、弓手を押している最中も力を入れてみていますが、
中指に力が入らない状態です。
当然そのような感じなので、的にまっすぐ押せず、六時の位置に矢がおちてしまいます。

ご指導いただいている先生に見てもらえばよいのでしょうが、最近練習時間が合わず、
なかなか原因がわからない状態です。。。
このような状態になられた方は、いらっしゃいますでしょうか?
(過去ログも探してみましたが、同じような悩みのものがみつかりませんでした。
見逃していたら、すみません)

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
確認なのですが、握りが細すぎやしませんか?

会の時に中指は親指の腹側と接していますが、付根の部分に中指の先が当たってはいけません。
また、会の時に外竹と指の間に上から下が見えるくらいの空間が必要です。
また、中指を始めとする三指には余計な力を入れません。
そのためには、握にりは細すぎず太すぎずの大きさが要求されます。

また、親指と中指は接触していなければいけませんが、力を入れすぎ必要以上にくっつけることはありません。
全体的に力が入りすぎなような気がします。
手の内の整え方は過去何度も書きましたので、参考にされてみてご自分の手の内を確認してみてください。

また、手の内は指導するには難しい部分なので指導者の先生に見てもらうのが一番ですが、それが無理なようですので、練習で一緒になったご自分より上位の方に見てもらうと良いのではないかと思います。

3:うなさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.1)
におちさま

早速の回答、ありがとうございました!
確かに「握りが細いかな?」と思う時もあったのですが、
常にやりにくさを感じている、ということでもなかったので、
そのまま使っていました。。。
こんな「適当さ」では、中りませんよね。。反省です。
近々握り皮を変えようかと思っていたので、握りの調節も一緒にしてみようかなと思います。
この調節も、ハガキなどよりは、やはり専用のゴムなどのほうが、ベストなのでしょうか。

>全体的に力が入りすぎなような気がします。
力入れすぎ。もよく指摘される欠点でした。。
しかもとんでもない力の入れ方で、手の内を調整していたようです。
書き込んでくださった指摘点を見直しながら、明日のお稽古がんばってみます。

4:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
自分も握りは細身が合っているとずっと思って引いていましたが、ためしにと思って少し太くしてみたら、これが大変具合良く、以降その太さで握りを作っています。

中にいれる「あんこ」ですが、市販の当てゴムは便利なのですが、規格なので思うように自在な太さには出来ません。気に入った太さにできるゴムがあれば良いですが。
実は自分は従来の握り皮を巻いたままその上にもう一枚巻いたところ、たまたまフィットする握りになりました。もし握り皮を替えるなら、試しにやってみたらどうでしょうか?
また握りがフィットすると、案外余計な力を入れなくても手の内を整えやすくなるかも知れません。

ここの過去レスを「手の内」で検索すると色々出てくると思いますので、そちらも参考にしてみてくださいね。


■[2098] 恐れ (投稿2件)

1:DAZEさん
KDDI-TS3H UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.116 (GUI) MMP/2.0
早気です。ですが調子がいいと3秒は保てるのですが悪いと口割にくる直前で離してしまいます。教士の先生に言われたのですが、「弓を怖がっている」と言われます。何をすれば良いでしょうか。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
調子の良い悪いの具体的なことが分からないので何とも言えないのですが、「弓を怖がっている」というのは一理あるのではないかと思います。
もし意識の中に「中てたい」とか「中てなければならない」という脅迫観念めいたものがあるなら、それを捨てない限り早気は治らないと思います。
具体的な早気の治療法は過去レスにいくつもあるので、自分に合うものを試してみてください。どれも合わないようなら改めてここで質問を投げかけてみたらどうでしょうか。

早気は相当な覚悟がないと治りません。自分の知っている人で十数年早気で引いていて、俺は持てば持てるんだと言っていて、ちっとも持っているところを見たことの無い人がいます。それは何も特別なことではなく、早気を克服する覚悟のない射手に有り勝ちな言い訳で、同じような人はたくさんいます。
早気で引いた倍の時間が克服に必要だと言われます。
早気の克服は一度に出来るものではなく一進一退を繰り返すかも知れませんが、根気強く頑張ってください。


■[2099] 力の運用 (投稿7件)

1:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.0.249.89 Safari/532.5
 皆様にお教えいただきたくスレッドを立てさせていただいた次第です。
 過去レスに拠りますと4〜5年前にあるOMさん(この道に精通された方)が『力の運用』ということを仰っておられました。具体的にどういうことかといろいろ探ってみましたがそれ以上の表記は見当たりませんでした。とても気になり興味深いのです。
 「運用」と言うからには、射(八節)の進行につれて力のおき方が変化していくものかと思います。(例えば『大三』の名が示すようにここでは押しを引きより強くすると言った具合に) それぞれの段階での力の効率的な配分を考えて無理・むら・無駄を無くしていくべき事かなと思うのですが具体的なことは暗中模索の域を出ません。
最終的には人それぞれの精進・会得に尽きることであろうとは思いますが、どうか皆様の手中の一端をお披露目いただけませんでしょうか。よろしくおねがいします。

4:かつさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
自分のHNに「チャン」を付するのも如何なものかと思い、「かつ」に致しておりました。
いずれにしても、初心者である私の射の案内ですから、ご要請のように、その一端に留めおきました。

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
鷹司さんこんばんは。
八節に従って射の運行をしていけば、当然箇所箇所で働く筋肉も違うので、当然「力の運用」というものがあると思いますが、残念ながら自分はそのようなことを考えたことはありません。
射に大切なのは体の根幹にあたる胴造りと肘の働きだと思っていますので、足踏みが完成した時の胴造りとおよび弓構えの時の両肘の張りだけは常に確認をしております。あとは弦道だけを注意しているのみです。
肘については、手先の射になるとまさしく無駄・無理のある射になると思います。力は木の幹にのみ。枝葉は軽やかにと考えています。
胴造りにおいて大切なのは丹田だと思います。丹田で腹式呼吸をすることにより、体に余裕が生まれ、淀みの無い射となると思います。
息合いは細かくは人によってそれぞれですが、丹田を意識し腹式で主たる動作の時は吸いながら射の運行を行えば、体の筋肉の働きに無駄が無く、余計な部分に力の入らない柔らかい射になると思います。

よって、力の運用とおっしゃいますが、実際には筋肉の働きによって弓を引いていても、意識のうちでは力を感じず、息合いにのっとって射を行うのが最も無駄・無理の無い射になるのだと思います。その無駄なく淀みない運行で会に至り伸び合いののち、気合の発動によって得られる離れが「自然な離れ」につながると思います。

上のかつさんと重なる部分もあるかと思いますが、力の働きというか、日頃射において注意しているところです。

6:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/4.0.249.89 Safari/532.5
 におちさん、ありがとうございます。におちさんからもご教示いただけるなんてこのスレを立ててほんとに良かったです。射における力のあり方と息合いの関連の大切さがおぼろげながら見えてきたように思います。
 スレの通り『力の運用』の字句に目が釘付けされてしまったということは、自身、枝葉そのものへの思惑に捉われていたかもしれません。
 木の幹、更には育ちの根幹を為す空気と水といったもの、射で言えば息合いの大切さを今更ながら悟されたような気がして、新たな弓道愛好者の産声にも似た自身の声を聞いた思いでいっぱいです。
 丹田呼吸による胴造りそして弦道を主に考えた無理ない体捌きといったものを再検討して精進してまいりたいと感じ入りました。
 今回思い切ってスレ立てしましたが、こうして皆さんからの貴重なご意見をいただけましたことはほんとに感謝に堪えません。 
 今後とも宜しくお願いします。・・・合掌

7:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
鷹司さん、自分のような若輩者が偉そうに申し上げました。僭越だと思いましたが、興味深いスレでしたので書き込みさせていただきました。

これは自分の身の回りだけに過ぎないのかも知れないのですが、常々指導において手先の事に終始している方が多く感じられ、受け手の方が困惑する場面が見受けられます。確かに手の内の働きや馬手の取り懸けなどは大変重要なことなのですが、やはり弓射にとって重要なことは安定した胴造りだと思います。
例えば肩が開いているのにそこは無視して弦道を教えているのは、土台の崩れている家の二階に更に増築をしようとしているようなもので、やがて家は傾き崩れてきてしまうと思います。
手先のこと力の働かせ方は、完成された胴造りの上に初めて有効であり、体の根幹と射の運行をつなげているのが息合いだと思います。

自分の地連にはかなり高齢の範士の先生がおられますが、射は見事という他無いもので、遠めに見ても迫力を感じ圧倒されます。他の射手とどう違うか考えてみると、やはり不動の胴造り、そして呼吸を感じさせない息合い、更に穏やかな中にも気迫のある目遣いだと感じます。

しかしながらこういったものは意識しているから出来ているのではなく、無意識のうちに作り出されているのだと感じます。ですので、細かいことを意識しているうちはまだまだ本物ではないのだと思います。
意識しながら稽古を続けていくうち、何年、何十年という時間の経過とともに次第に身につき本物になっていくのだと考えます。
そう考えると、弓道とは何と奥深いものだと感じさせられます。

こちらこそこれからも色々とご教示下さい。


■[2100] 3本指が・・・・・ (投稿2件)

1:初心者さん
KDDI-SH37 UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0

え〜と、押し手のことで質問します。
打ち起こしから大三に移行する時、手の内の3本の指が最初は、教本に従ってコンパクトに整っているんですが移行する時、親指を反らす動作で3本指が最初よりかなり広がってしまってしっかり押せてないという現状です。

3本指の握力がないせいですか?

ご返信をお待ちしてます。

2:Aチーム 中さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
おそらく、手の内を細く作る意識が足りないのではないでしょうか??

もしくは、手の内が入りすぎてる、
弓構えのときの弓を握る位置が悪い、
握りが自分の手の大きさに合っていない。
などではないですかね?




→新規スレッドを作成
タイトル:
※必須※
内容が一目で分かるようなタイトルをおねがいします。
また、投稿前に同じ内容が過去ログに無かったかもご確認ください。
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 2485件中 2051〜2100件目

(c)デビール田中 : 問い合わせ