技術・体配編 [2401〜2450]


■弓道座談会[技術・体配編]とは?

【デビ】弓を引く上での技術・体配関する話、射癖の相談、審査対策など。


■スレッド一覧

過去ログ


■[2401] 質問です。 (投稿7件)

1:アンセルムさん
DoCoMo/2.0 SH903i(c100;TB;W24H16)
8、9`で普通に引けるのですが、10`になるとどうしても小さく引いてしまいます。なぜでしょうか?

4:弦枕いじりさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
弓を強くすれば、握りも大きくなります。
握りが大きくなったために握ってしまい余分な力を使うことで引ききれなくなったのではないでしょうか?
10キロの弓で、8キロぐらいの握りの大きさ形状にして引いてみて下さい。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
弦枕いじりさん、いいこと仰いますね。再度登場させていただいて弦枕いじりさんに付け足させて下さい。
 「手の内は小さく作れ」と言いますよね。思うに『ハイヒール』の原理ですよ。ハイヒールのかかとは細いので踏まれるとすごく痛い何てもんじゃないソウデス。力がとんでもなくかかる訳ですね。あの小さい面積で一点を押すから力を強くできるの理屈ですね。
 私事で恐縮ですが、手の平の幅は10cmあります。でも握りの長さは9cm、その内角見所(あんこを工夫し、角見を収める所)から下が6.5cmとしてあります。小さくした手の内の方が親指根の肉球の張りが全然違いますからね。小指に近づけただけでも強いですよ。

6:弦枕いじりさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
表現が悪くてすいません。
違う受け取り方をされたようで!
私が言いたかったのは、長さではなく、太さの方です。
握りが少し太くなっただけで、手の内の天文筋がずれたり、天文筋を合わせれば、べた押しぎみになったりし、控えすぎとなり今までより余分な力が入ってしまうからと、言いたかったのですが、わかっていただけたでしょうか?

7:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
弦枕いじりさん、どうもどうも。
>太さのこと< ですね、分かりました。
私も太さのことはいろいろやってみました。
その結果、『中指との輪を作り易い太さ』に落ち着きました。輪を作り易いとは、お分かりでしょうが、親指の第一関節を中指の第一関節の横(通称 勉強だこ)に掛けたときの輪(中に六角形ができますね)です。この輪を確保できる太さが最適です。三指で右側木を引っかくように働きかけますから、(私のはグラスの実技ですが)あんこやゴム板・皮などで竹弓のように蒲鉾型にしてあります。
 これでも三指を的のほうに押しやりますと外竹との間に十分隙間ができますよ。


■[2402] 離れについて (投稿3件)

1:なりさん
KDDI-TS3H UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.116 (GUI) MMP/2.0
高2女子のなりです。

最近、練心12sから直心13sにかえました。

離れについてなのですが、

私は離れる時に勝手の肘を下げて離れてしまいます。

だから残身がかっこ悪いです。
矢は失速して滑走します。

どうしたら綺麗に矢筋どうりに離れられますか?

アドバイスお願いします。

あと離れるときに勝手の中指が弦にあたります。

なぜあたるのかも教えてください。

2:ヒビキさん
DoCoMo/2.0 SH903i(c100;TB;W24H16)
力が入っていたりしませんか?

力んでると勝手の返りが遅くなって中指が弦にあたりますし、矢が滑走しますよ。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
>肘を下げてしまいます。だから残身がかっこ悪くて< ではなくて肘は袴腰の方へ引き下げないと矢筋通りに弾きませんからこれは良いと思います。(なぜなら肘(円の中心)が不動で止まっていては離れでカケが上方扇形運動を起こしてしまい筈が上がって矢が下へ行き易いですからね。)
 問題は馬手の止まった位置が下がりすぎているからでしょう。これが肩の高さより下がっては見た目によくありませんよね。
 矢筋通りに離れるにはタダ1つしか方法はありません。離れるための新たな力を加えるのではなく、少し引きながら離れの気合に至ることです。 
>離れるときに中指が弦にあたる< ことですが、コレは当てているのです。弦にしてみれば『進路妨害!』ですよ。つまり、弦の戻り道へ中指を入れてしまっているのです。なぜそうなるかと言えば、離れでカケを戻しすぎて手首を回しすぎているのです。本来は徐々に捻りを戻していき、離れの時点ではもうこれ以上戻す必要がない位の『平付け』にして、中指を親指の下までや(るから弦にあたる)らず、薬指に重ねるように引き取ればいいのです。これで絶対に緩まずに離れます。
  あまり言いたくない私の極意です。 どうぞ、お試しあれ!


■[2403] 馬手肩について (投稿3件)

1:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
こんばんは

私は右肩抜け左肩入りの射形になっています 
理想は両肩が入った射形なので治したいとかんがえています
抜けているのが原因なのか引きすぎの所もあります
どんな事でもいいので対処方法などを教えて下さい
お願いします

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.13) Gecko/2009073022 Firefox/3.0.13
「肩が抜ける」との状態は、それが安定な状態であるからこそ再現性良く現れます。原因は、

1.顔がつま先側に飛び出した姿勢をしている。
2.最初から胴体がねじれている。
3.8節の途中で妙な操作を行って、ねじれを大きくしている。

であることが多いです。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
さすがご自分での分析は明快なようですね。

>>2 申し上げにくいですが、肩は前に入ってこそ安定すると思いますがね。

 さてヒント位にはなるかと思って投稿しますが、次の場面をイメージしてください。よく時代劇などでありますが、『襖が同時に両脇に開かれて次の間へ入って行く場面です。あるいは季節柄水泳シーンですが、あの平泳ぎの泳法を思って下さい。両脇へ掻き分けて前へ進んでいくでしょう。ですから右だけ引くというのではなく同じように掻き分ける・引き分けるのですつもりが大事ですね。
 また、技術的に診ますと、弓手が先導のまま会に入っているのではないでしょうか。大三までは弓手先導ですが会へは馬手から入るべきです。そうでないと弓手が先に定まって突っ張ってしまい後で馬手が来る(左手の七病の1つ『張(はる)』)ものですから引きすぎてしまい易いのです。押し手(弓手)の方は
後から定まってどこまでも押す気持ちでよいのですが、馬手をどこまでも引っ張ると矢筋が狂いますからそういう訳にはいきません。
 いかがですか。拝見しないまま気ままに申し上げましたがヒントになりますかね。どうぞますますご精進下さい。


■[2404] 弓返り (投稿3件)

1:Hana さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
弓返りが手を少し開ける事によっておこなってしまうのです。先生から最後は握らないといわれたのですが、無意識に握ってしまっているようなんです。そういう形が正しい弓返りで、どの様な練習をすればよいのかお教え下さい

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
弓返りをさせるとき手を開いてしまっているというのですね。開いてはズレ落ち落下してしまうので無意識のうちに掴んでいるという訳でしょうね。手を一旦広げてしまうので余計に握り直すよう見えるのでしょう。(本来『握る』は弓道では禁句で私もなるべく使いたくないのです。)
 望ましい弓返りには、会で握ってはいけません。握ってはいないのです。弓を押しているのです。角見で押し、三指の指先で弓の右側木を引っかきにかかっているのです。そして、離れのショックと同時に(ここの時間差が上手い人ほど少ない)、ひっかいていた三指を指先の方向に締めて弓を保持するのです。『握る』というのは手の平が内側に寄り
ますが、『締める』とは寄らせないことです。伸びる・掌を前面に向けて手首(脈所)を
張ることです。
  以上、私の目指す弓返り・離れです。

3:百夜 ◆WR1hQljoさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.13) Gecko/2009073022 Firefox/3.0.13 (.NET CLR 3.5.30729)
Hanaさんは、先生に「弓返りをさせなさい」とご指導を受けたのでしょうか。
私は、角見がよく働いた結果として自然と弓返りが起こるのは良いが、角見が働いてないのに弓返りした風に装うのは、緩み離れや振込みなどの射癖を伴う恐れがあるので良くないと思っています。しかし、人(流派)により考え方はそれぞれで、どれが正しいとは言えないと思います。
力不足で申し訳ないのですが、Hanaさんの投稿内容からは、Hanaさんの射の熟練度や先生のご指導の内容、考え方を推測することができないので、どのような練習方法がいいとかいう提案はできません。


■[2405] 弓道学科問題の特異性 (投稿3件)

1:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
学科問題の既出課題について傾向などの対策のために募集をなさっておられるようですね。これはこれでないよりはましでしょうけれども、心つもりの1つとしてお含みおいた方がよろしいかと思いスレを立てました。
 弓道審査は弓道に対する己の精進の度合いを観ていただくものですから、同じ問題文であっても審査基準は違ってきます。例を挙げますと
 『足踏みについて述べなさい』とします。
初段ならば、的を観て・的線・一足二足・角度・扇形・踏み幅について などでいいでしょう。
二段なら、上にプラスすることが的線不一致に拠る得失・土台作りの心構えなど。
三段なら、上にプラスすることが体形による踏み幅の違い。広い狭いに拠る矢飛びへの影響や気息での運行例など。
四段なら、上にプラスして、初心者への指導上の留意点などの記述の有無も求められるかと思います。
 
 要するに、精進しているならば当然こういうことを心得ているであろうという段階が求められるのです。半年もすれば次の段位を受けることができる訳ですが、また同じ課題が出たからといって前回の記憶のままの記述では認許は下りないでしょう。
       念のため、念のため。

2:てるてるぼうずさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; YTB720; .NET CLR 2.0.50727)
そうですね。術科も同じ事がいえます。初段の審査も、4段の審査もやることは一緒です。道場に入り、歩き、座って矢をつがえ、2本矢を飛ばす。これだけです。

7段、8段でもそこに着物で引く、ぐらいが入ってくるだけで、初段の審査とやることはあまり変わりません。学科で言えば同じ問題が出てるのと変わりません。

そこで何を見られているかと考えると、受信者の習熟度だと思います。学科に模範解答があるかもしれませんが、それはあくまでも解答者本人だけの答えであって、他の者にとっては決して良い答えでは無いと言う事ですね。

3:デビ ◆5h7.ceJYさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.6 Safari/532.0
>>1
>同じ問題文であっても審査基準は違ってきます。

ご指摘の通りであり、その様に全国共通で審査されるべきだと思います。配慮ある投稿ありがとうございます。

ただ、大変分かりやすいのですが、その審査基準は地域により異なり、また"分かりやすさ"は現在の地域審査レベルには持ち合わせていないが実情では無いでしょうか。そもそもの審査規定自身が非常に曖昧であり、それ以外は地域に根ざした独自の審査基準であると言えます。

提示いただいた例も実は、ある地域では3段であっても初段レベルの記載でも可とされたり、初段であっても3段レベルの記載を求められる可能性があります。

となると、回答者はどう対応するかというと、教本丸暗記なわけなんですね。「必要以上かもしれないが教本どおり丸暗記であれば、審査者も言葉の吟味も無く通るであろう」と。
今回のまとめの件で、色々と回答例も探ってみたのですが、その様なものばかりでした。むしろ地連発行の事前公開の問題に教本のページ数まで記載のモノも多数散見されています。
しかし、審査基準が不透明な以上、その対応は責められる訳ではなく、むしろ短期的な審査対策としては非常に効果があると思われます。もちろん、自身の習熟度を確認するという昇段審査の目的には沿いませんが。

そこら辺、地域による審査レベルの是正は弓道連盟の課題だと思われます。弓道誌を読む限り、昨年の理事会では話題になり昨年度に地方審査の視察まで行うようでしたが、本年度に入り半年たっても報告はありませんね。

個人的には、全国一律問題範囲を統一、各問題の採点基準を統一あたりまで進んでくれるとベストだと思っています。もし、ベストな状態まで行けば、このサイトの地域ごとの問題まとめはまったくの不要な物になるでしょう。

このサイトでの問題募集・審査対策は実は弓連の動きにもコソッと呼応しつつ、自分の勉強のためにまとめてます。(「地域によって、こんなに差分があるんだぞ」と問題意識が芽生えることも期待しています)

参考資料
------------------------------
段・級位の資格基準(すごく曖昧)
http://ecoecoman.com/kyudo/kisoku/shinsa01.html#kisoku_07

弓連として審査基準を是正する動きが見える弓道誌
http://ecoecoman.com/kyudo/book/kyudoshi_2008_10.html
http://ecoecoman.com/kyudo/book/kyudoshi_2008_11.html


■[2406] 引分けでの押し先導が重要理由 (投稿12件)

1:Zzzzzzzzzさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; InfoPath.2)
引分けを押し先導でしないと何か影響は出てくるのでしょうか?

9:元祖かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
今後、荒らしと判断される方には対応しません。
返信が無い場合は、ご自身を省みて下さい。

10:理解できない人さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
>元祖かっチャンさん
ご気分を害された表現でしたらすみません。
>今、私が記した内容は貴方が私に求めようとしていることです。
言葉足らずだったということでご勘弁ください。
>左手から左肘、体、右肘から右手、矢、そして左手に戻る連結に於いて、力に淀みの無いループの状態が円相です。
これは、なにかの文献に書いてあるものだったら、その文献を教えていただければと思った次第です。文献の引用でなく、元祖かっちゃんさんがお考えになって得られた結論でしたら、「文献を引用したものではありません」というお答えで結構だったのですが、「充分な整合性を証明」とそこまで厳しく受け止められたのに驚いております。

円相の文献をご存知なら、教えて欲しいなって軽い気持ちだったのですが。

荒らしと判断されましたら残念ですが、参考になれば程度の文献が返事いただけたらうれしいです。

11:元祖かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
弓の習い始めに於いては、指導者の言葉がそのまま射の基本であり、達成すべき目標です。
その後、しばらくしてくると、疑問が沸き起こり、自分なりに工夫を始めるのでしょう。
貴方に師匠がいらっしゃるのか、またそうである場合師匠をどのように捉えているかが疑問です。
もし、師匠がいらっしゃるのなら、師の教えを達成されてから自分の射を目指すべきだ、と考えているのが私の立場です。

さて、回答です。円相については、直接の出所が禅であって、道教に遡る事が出来ます。
そこでの解釈は、悟りの境地・普遍性・永遠性・何一つも過不足の無い様子・宇宙の在り方など、様々です。そういったものが弓道に取り入れられています。弓道教本にもこの言葉が在ったと思います。私の場合、この円相という一つの言葉の意味が、特定な著作から得られたということはありません。教本を含む弓関係の文献や禅・道教に関する文献、また他者からの教え等、多数の資料や多くの方々のお話を元に、自らの射でそうした認識に至ったのです。・・・以上

12:理解できない人さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
>元祖かっチャンさん
ご丁寧な回答ありがとうございます。

私の師匠は遠くにおられめったに会うことができないため、これまでいただけた数少ない指導を自分のものにできるよう的に向かっております。
まだまだ未熟なため、円相などの高度なことは教えていただけていませんが、教本や弓道誌でよく見かける言葉であったのでつい質問してしまいましたが、自分にはまだ身に余るものだと思いました。

元祖かっチャンさんがまたどこかのスレに投稿されるのを期待しております。若年の私たちにその経験の一部でも開示いただけたらうれしいですね。それでは。


■[2407] 下りないし、寄らない (投稿2件)

1:ゆぅさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
大学生です。
ここ1か月くらい引きおさめきれていません。

今まで通り引分けているつもりですが、
目通り過ぎから急にきつくなって、鼻わりより下にあまりいかず、なおかつ頬づけができないまま離れてしまって…
しかも、引分けで疲れてしまって会も持ててない状態です。
頬づけできないのは、頻繁に顔を払ったりしていて高校時代から引きずっているんですが、時々克服できていました。

どんな指導をいただいても消化しきれず、正直身体的にも精神的にもきついです。

こんな症状に原因としてどんなことがありますかね?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
拝見しまして『馬手方が前に入っていないのではないか』と診ました。(おそらく左肩もと思います。)  肩が入っていないと腕力で開くことになりますし、馬手拳が右肩の前面に位置するために矢が体に近寄りません。つまり頬付けができませんし胸弦も着きません。入っていれば、矢が目通りを過ぎるあたりからは肩甲骨を中心とした背筋によって引き収めることができますから安定してまいります。腕力で受けていたのでは疲れてしまうのは当然です。
 両肩を前に射れ弓に体をはめ込んでしまうことです。そして両腕の(全身的にも言えますが)外側の伸筋群を使って伸び合い、詰め合う(圧を感じる)ことです。(射の土台)
弓手手の内の三指も握るのではなく、甲側の指伸筋を使って外(的側)へ伸びる詰め合いを心がけてください。指先で右側木をひっかく要領です。


■[2408] 妻手の肘 (投稿5件)

1:ばちさん
DoCoMo/2.0 SH905i(c100;TB;W30H20)
初めまして。
弓道始めて一年の高校生です。

今日の練習で先生に
「妻手の肘が全然入っていない」と言われました。
そしてその原因は、妻手の肘から指先の部分に余分な力が入っているからだそうです。
自分ではイマイチわからないのですが、このアドバイスは正しいのでしょうか?
またそうだとしたらどのように力を抜けばいいのでしょうか?
「妻手の上腕三頭筋に力を感じるようにすれば良い」というのもよく耳にしますが……
そこらのことも合わせて教えていただければ嬉しいです。




一応過去レスも見ましたが、既出だったらすみません。


よろしくお願いします。


長文失礼しました。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
>今日の練習で先生に「妻手の肘が全然入っていない」と言われました。<
とここで仰られても誰もばちさんの射を拝見してないのでアドバイスの是非の云々については何とも言えませんがね・・・。
「妻手の肘から指先の部分に余分な力が入っている」というのは初心者ならずともよくあることです。そういう方は拇指にしがみついていることが多いですがその辺は大丈夫ですか。『力まない』引き分けというのは背筋を使って引き収めて参ります。『手首なく』と言っていますが肘も感じません。両肩を前に入れて馬手は肘尻を袴腰の方へただただ回して詰め合い『圧』を感じてきます。
>妻手の上腕三頭筋に力を感じるように<
上腕三頭筋は伸ばす筋肉ですので、先ほど申し上げたように背筋で伸び・詰めあうときには必要ですが、引き収めるときには関係ないと心得ております。弓手の上腕三頭筋でしたら伸び・詰め合いにはなくてはならないものです。しかしこれには肩根を十分に沈めておらねば効き目はありません。
 長くなりましたので、詳しくは他のスレへの私の投稿記事をご覧下さい。

3:百夜 ◆WR1hQljoさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.13) Gecko/2009073022 Firefox/3.0.13 (.NET CLR 3.5.30729)
>自分ではイマイチわからないのですが、このアドバイスは正しいのでしょうか?
物事に対して疑問を抱き本質を追究する姿勢は大事ですが、
弓道を始めて一年も経たない方が、先生のご指導を取り上げて見ず知らずの他人に「これは正しいのか」と質問を投げかける行為がどれほど礼を欠いた行為なのかを知るべきだと思います。はじめの頃は、右も左も分からない状態で、指導の内容を飲み込むのにも苦労しますが、何も分からないからこそ先生との信頼関係を大事にしないと先に進むことはできません。

>「妻手の上腕三頭筋に力を感じるようにすれば良い」
基本的に、妻手に限らず弓手も上腕三頭筋を主に使って押し引きします。それこそ始めたばかりのころは全く感覚がつかめませんが、慣れてくると自然と使えるようになります。慣れるまではとにかく上腕三頭筋で引く意識を持つ必要があります。

一番確実な方法は、上腕三頭筋を触ってもらって、なおかつ「ここで引くんだよ」と言ってもらいながら引分けてくることです。

蛇足ですが、上腕三頭筋は下筋(したすじ)とも言い、肘関節を伸ばす役割を持ち、物を押すときに重要な働きをする筋肉であり、弓を引くのに最も使われる筋肉の一つです。引分けはもちろん、弓構えから張りを持たせ積極的に使うべき部位です。

4:ばちさん
DoCoMo/2.0 SH905i(c100;TB;W30H20)
丁寧なご回答ありがとうございます。


具体的な内容で、とても分かりやすかったです。
明日から即実践してみたいと思います。

5:ばちさん
DoCoMo/2.0 SH905i(c100;TB;W30H20)
白夜様

たしかにそうですね。
失礼いたしました。
これからもっと素直に先生のご指導を聞いて弓道に励みたいと思います。


また三頭筋のことを詳しく教えていただきありがとうございます。
他の人にも協力してもらい、三頭筋をしっかり意識できるよう練習したいと思います。


■[2409] 効き目 (投稿5件)

1:拿乎さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
弓道をはじめてまだ四ヶ月程度なんですが・・・
最近私は効き目が左だということに気づきました。

的に入って練習するときねらいをつけるとき左目をつぶらないといけないのですが私はどうも左目ばかりきにしてしまいいつも離れのときに矢が変な方向に飛んでいってしまいます・・・

効き目を右に治すいい方法を誰か知りませんか??それかなにかいい方法がありませんか?
教えてください。お願いします!

2:名無しさん
KDDI-SH34 UP.Browser/6.2.0.13.4 (GUI) MMP/2.0
左目に眼帯をして引く。これを続ければ直るとか直らないとか。

3:飛翔さん
KDDI-CA3B UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.231 (GUI) MMP/2.0
ひとつは
右目で狙いを付けて何度か後ろ(勝手側)から矢筋を人に見てもらって狙いが決まったら両目を開けて感覚で覚える。

もう一つは
的に弓をかざして両目でぼんやり見てると弓が二本みえると思います。
二本見えたら左側の弓が右目で見てる弓なんでそちらを的と重ねると狙いがつくと思います。

参考になれば幸いです。

4:ぬふぬふさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/85.8.5 (KHTML, like Gecko) Safari/85.8
効き目は多少不利かもしれませんが効き目の左右はほとんど問題ないですよ。 
飛翔さんが書き込んでいるように『感覚で覚える』が一番です。 的に心と目を捕われず自分の射をしましょう。 

5:拿乎さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; InfoPath.1; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0; .NET CLR 3.0.30729)
>みなさま
わかりやすい意見皆様ありがとうございました!
これらのことを参考にこれからがんばっていきたいと思います!
ありがとうございました!!


■[2410] 三指 (投稿2件)

1:太郎さん
SoftBank/1.0/820P/PJP10/SN357006011066897 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
離れで手の内の三指が崩れます。
角見だけ意識しているとなるのですが、自分なりには締めが足りないのでは?と考え締めを意識してみました。
三指と中筋で弓を締めるのは意識できたつもりですが、親指と小指を近づける方向の締めが意識ができません。
最初なるべく小さく作る努力はしていれのですが、大三以降全く締められません。
締め方や他の崩れる原因があれば、教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
弓手の三指(中薬小指)は、会において弓を的側に引き締めて伸びあい、弓返りを助け、離れた後弓がグラつかないように保持するのが大きな役目です。
 >三指と中筋で弓を締める<
というのはどういうことなんでしょうか? 中筋といえば胸の中筋のことと受け取りますがね??
ふつう、この三指は大三からもしっかり伸び合いに寄与していると思います。離れのときこれがバラバラになることがよくあり皆さん苦労していますよね。
 まあ、なぜ崩れるかといえば会で握ってしまっているからですよね。三指は握るというよりはむしろ逆の開く方向で離れに至ると良いのです。つまり、開かせて働かせていたものを離れでグーの形に最後に握るのです。
 体に覚えさせる為に当然練習は必要です。
(開くと言っても指先二つの関節は曲げますがね。ここも伸ばしては弓が保持できませんからね。)


■[2411] 的中理論。皆さんの意見 (投稿9件)

1:凛として弓道さん
KDDI-CA37 UP.Browser/6.2.0.12.1.3 (GUI) MMP/2.0
私は学生として弓道をしています。学生弓道はどうしても的中が求められる世界でもあります。

もちろん的中がすべてでない事はわかっていまが今回は的中理論について皆さんと語り合いたいと思います。

的中を安定させるためにはなにを重要視しますか?

また的中に関して皆さんの的中理論を語っていただければと思います。

6:あさん
KDDI-SH34 UP.Browser/6.2.0.13.4 (GUI) MMP/2.0
昔先生に
「どんなに悪い射でも狙いが一致し、妻手と弓手が同時に離れることが出来ると中る。ただ人間なのでそれを維持するのは不可能」

と言われました。確かに早気の人などは中る時は中りますが長続きしません。

的中だけなら離れが全てなのでは?

7:凛として弓道さん
KDDI-CA37 UP.Browser/6.2.0.12.1.3 (GUI) MMP/2.0
意見ありがとうございます。

的中するかどうかは矢が弦から離れた瞬間に決まるということですね!

中て続けるにはひとつひとつの基礎がしっかりする必要がありますがね。

どのような離れをすると良い的中が出るのでしょうか?

8:弦枕いじりさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
離さない離れでしょうか!
私も先生によく言われるのですが、手先を使わないことです。
手先を使って離すとその時点で余分な力が働くため、せっかく矢筋に伸びあった力のバランスが崩れてしまうと思います。
会の状態で体と道具全体のバランスが合っていれば胸を開く事で帽子に絡めた中指が解れ帽子が弦により起こされた後はそのまま出て行くと思います。

9:ぬふぬふさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/85.8.5 (KHTML, like Gecko) Safari/85.8
当たりだけ考えると道具2割、離れ1割、弓手7割+負けない気持ち∞だと私は思います。
私の少ない経験では当たる弓手さえ作れれば離れは緩んだり引っかかったりしない限りどんな離れでも的を捉えました。 ただ道具、特に弓と弦がしっかりしてないとこれが再現できません。
負けない気持ち・・・これは道具・弓手・離れ以外のすべてが入ってきます。 
“当て射だろ?”ってたまにバカにしたりされたりしている人もいますが当て射って結構大変努力が必要なんですよね。周りの声にも負けない強い心もいざとなったら射場でやくに立ちますよ。優勝を決める一本ってあるいみプレッシャーですから(笑)


■[2412] 両腕について (投稿4件)

1:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
こんばんは
重複が多いのはわかっていますが携帯で表示数が少ないので勘弁してください

私は少し猿腕のような感じです
前からつっぱり棒になっていると言われていたので引退を機に治したいと思っています
最近では大三から肩から肘でもってくるようにしています
この他注意するような事はありますでしょうか?…

また右肘が会で落ちてしまうので注意する事を教えていただきたいです

乱文すいませんでした

2:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
お願いします

3:元学生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
中央公論社の弓道読本を読む事をお勧めします。
見た目の突っ張り棒とかでなく、筋肉の使い方から説明があり、弓手含め引退後に射を見直すにはいいヒントがあると思いますよ。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
人の骨格は各人で様々というのが弓界の常識であり(?)、一様では有りません。猿腕・逆猿などが良く知られています。私も実は逆猿で(足のO脚のようなもの)、初めは不利だと思っていましたが、今ではかえって良かったとさえ思うようになりました。
 その対処法は、回内(時計回り)・回外(反時計回り)といって腕を返す方法です。
 要は弓を引き収め得る力に対抗できる強い腕を構築する仕方ですね。私は上腕を回外させ残身もそのままです。もちろん肘だけ回外させると弓が照りますから手首は回内させて弓を伏せます。ちょうどこれは角見を利かせ上押すのに都合がいいのです。
 こうして弓道人生を楽しんでおります。参考までに。詳しいことは近くにいらっしゃる先輩諸兄にご相談ください。


■[2413] 内切り射法 (投稿3件)

1:弓道部長さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.0.12) Gecko/2009070611 Firefox/3.0.12 (.NET CLR 3.5.30729)
ぼくの押手はタイトル通りなのですが手の内を強く握ってしまうため弓がねじれてぶっ壊れてしまいます。試合のための弓と練習のための弓とでわけていてぼくが使ってるのは練習用ですが一年生が多いため練習用の弓まで壊すわけにはいけません。内切りで手の内を強く握らない方法ってありませんか?

2:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
えっと…
まず弓は多少強くにぎったくらいでは壊れないと思います
それに弓はある程度ねじる物です
あと練習と試合2つの射形を持っているのもおかしいと思われます
本題ですが握るのであれば手の内をやり直してみたり弓の当てゴムを調整したりなどやり方はあります


あくまで私個人の見解なので他の人のを参考にした方が確かかもしれません

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
>手の内を強く握ってしまうため弓がねじれてぶっ壊れてしまいます<
とはどういうことでしょうかね。そんなに握力が強いか、捻りが強いんですか? あるいは弱弓を使っているんですか? ならば弓力をUPした方が・・・。あっ、壊れるって裏返りすることですか? 返っても壊れるまでは行かないと思うんですがね。把が低すぎて捻りに負けてしまうのですかね。自分に弱すぎる弓ですといろいろな弓癖が出て来やすいですから合ったものに代え変えた方がいいですね。
 それから
>打ち切り射方<
ですが、これは弓返りをさせない射方でしょうか。今では弓返りしない初心者への指導段階の1つと心得ていますがね。


■[2414] 人のねらいの見方? (投稿27件)

1:海のこさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
人のねらいを見てあげる方法がよくわかりません。
射手の頭の真後ろに立って背伸びして見ると、みんな的の右を狙っているように見えるので、私の見方がおかしいのかなぁと疑問をもちました。
みなさんはどのようにしてねらいを見てあげているのでしょうか??
変な質問で申し訳ないのですが、教えていただけると嬉しいです。

24:黒紫さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0; .NET CLR 3.0.30618)
どうやら、本題とは大分ズレてしまいましたが、本題の解決策として下記の様にまとめてみました。おそらく、無難な回答だと思います。若輩のまとめ故、ご了承ください。


1,矢がしなっていない場合
 →矢の延長線上(矢先)が的の中心。
 →

2-a,箆撓い有り
  →弦と籐の交わる点が的の中心

2-b(本題では無いが記載),箆撓い有り
  →先ず、治す

の三つになります。

どの選択肢を選ぶかは見解によって様々だと思います。


様々な見解がある中で一番重要なのは、上記三つのどの状態である事を希望するかを狙いを見てもらう人に予め告げる事でしょう。


本スレッドで、「箆撓いの是非について」という不要な話題が満ちてしまった事をお詫びします。
これ以上は誰かが別項目でスレッドを建てるという事にして・・狙いの見方に関しては、上記三つが今出ている意見の全てです。

25:環 ◆1HBuO8jIさん
DoCoMo/2.0 P703imyu(c100;TB;W24H12)
私もスレの内容とずれたことを長々と言ってしまい、大変申し訳ありませんでした。

26:海のこさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
最初の黒紫さんのご回答で満足して、掲示板をチェックしていなくてごめんなさい・・・。今、全て読ませていただきました。

まず、私がねらいを見る時に「右を狙っているように見える」というのはただ単に私の見方がおかしかっただけだと思います。二種類の見方のどちらもやっていなかったので。。

で、また質問なのですが
箆撓いがある場合に弦と籐の交わる点でねらいを見るのであれば、箆撓いがない場合もその見方で良いのではないですか?
それとも、本当は矢の延長線で合わせるべきだけれど、箆撓いしている場合は仕方なく弦と籐で合わせる・・・ということなのでしょうか??

27:黒紫さん
DoCoMo/2.0 SH01A(c100;TB;W30H20)
>海の子さん

「矢がしなってない場合、どちらの方法で狙っても大差はない」という内容がスレッド中にあったので、それで構わないと思います。


■[2415] 離れのタイミング (投稿5件)

1:ゆうかさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE; JP; msn Optimized IE; JP)
こんばんわ!

今、高2なのですが、最近、馬手の弦道に弦が引っかかって馬手で離してしまい弓手が上にとられてしまうんです。
引っかかることで離れが馬手が先、弓手が遅いんです。
自分でも同時に離すタイミングがよくわかりません。
どうすればいいんでしょうか?
教えてください!!

2:弦枕いじりさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
かけの弦がかかる部分が深くなっていませんか?
私も以前この部分がフックの様に深くなり、
離れで馬手が顔の前までついて出たことがあります。
こんなったら古い先生か、弓具店に相談した方が良いと思います。

3:ゆうかさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE; JP; msn Optimized IE; JP)
返事送れてすいません!
丁寧なアドバイス、
ありがとうございます☆

4:K.Tさん
KDDI-SN38 UP.Browser/6.2.0.11.2.1e (GUI) MMP/2.0
顧問の先生から教わったのですが、握り皮の切れはしを溝を覆うくらいの大きさに切って、溝にすきまなくはりつけるといいみたいですよ^^

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
>馬手の弦道に弦が引っかかって<
というのがどういうことか良く分かりません。
離しても枕にかかると言うのでしたら空筈の虞れもあって気になりますね。確かに深いからかもしれません。一般的に高校生のは深いですよね。枕の溝、私のは弦の1/4もありませんよ。親指は的側に向けて反らしてひねりをかけると絶対飛び出しません。それがカケの価値です。
>同時に離すタイミング<
ですが、離れようとしてはどちらかに力が入ってしまい偏ります。正しくは一箇所からの『気合』という指令であって、これこそ二つ(それ以上も)を同時に起こさせ得る唯一のものです。
 『離す』というのは溝に入っている弦を出してやろうとして枕を動かすイメージがありますが、そうではなくて、矢筋のままにカケの捻りを戻せば溝の端より外れて出てきます。試しに、カケを持って(指したままでも良い)、弦を掛けたらひねりを戻して御覧なさい。少しの戻しで外れてくるでしょう。
 先ずは、気合によって両手が動くよう訓練することから始めてみると良いですね。


■[2416] 弓手の肩 (投稿2件)

1:nono*さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506; IEMB3)

こんばんは。宮崎で
弓道をしている高校2年生です。

最近、弓手の肩が抜けていて
右肘がおさまりません。

ゆるみ離れも
してしまいます。

何か良い練習法は
ありませんか。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
>右ひじが収まらない<
ということは『右肩も入っていない』ということが考えられますし、
>左肩も抜けていて<
ということは両肩が入っていないということですね。これでは正しい会に入ることはできません。 (猫背の肩の様に)『両肩を前に入れる』ことから初めなければ安定した会・射はできません。
 弓道における肩の正しい位置を掴めるようにと主で少しやってみましょう。まず打起しの姿勢をとってください。両腕を45度に上げます。このとき両腕でそれぞれの上腕を引き上げてください。(肩を上げるのではありません) 次に両肩はそのままにして両肘を後ろ斜め下へ引き下ろします。これで、右側から見ると上腕が/の様に斜めになっていますね。/記号の上部が肩で下部が肘だと思ってください。(左側も同様に感がえる)
今ある肩の場所が正しく入っている肩の位置です。この位置を保って引き収めてくれば
緩みも(ビクも)起きることはないでしょう。


■[2417] アドバイス下さい!! (投稿7件)

1:秋芳さん
DoCoMo/2.0 N905i(c100;TB;W30H20)
最近、手先の弓道になってしまい困ってます……。

大三まではまぁ良いんですが、会まで持っていくときに手先で引いてると顧問に言われました!

弓手はブレる←散る
引き弱が少し弱い
頬付けが低いと言われて……

後自分なりに詰め合い伸び合いが不十分だと考えて、やったが上手くにいきません。


どうしたらよくなるかアドバイスをお願いします。

4:にぃさん
SoftBank/1.0/821P/PJP10/SN357007010151847 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
引き分けを胸を開きながらやってみてはいかがでしょう?
結局は腕だけで力が足りてない?と私は考えるので、体の力を使って引いてみてはどうかと思います。

5:茜丸さん
DoCoMo/2.0 SH906i(c100;TB;W24H16)
そんなこと言ってたら、誰も応えてくれない…と思うけど。

6:G・Gさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6)
弦を取ってもらうといって、高段者に引くのを手伝ってもらい弦道を導いてもらうのが近道です。
「タノモー」と声を懸けて、一般の道場を訪ねる勇気を持って下さい。
すぐ直りますよ!

7:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
どうも皆さんこのところのスレを拝見していると『骨を射る』ことを忘れているというかこれに意識が向いていない方が多く見られます。手先でつまんで引いてくるケースが多くなっていますね。秋芳さんはこのことに気がついて模索していらっしゃる点は大変結構だと思います。
 さて、弓は手先の力だけで引けるものではなりませんね。昔の人も『骨を射る』と言って骨格の関節をうまく使うことが大切であると教えています。カケを信頼して手首の力を抜き、肩甲骨を中心とした背中の筋を使って引き分けてくることが大切です。あえて力がほんの少し必要なのは中指で、これは反らせている親指を留めようとしている位なもので
大きな力ではありません。従って離れではこの指を引き外せばよいのです。
 それから、いきなり的前に立とうというのではなく、以上のような練習を安土の前で繰り返しやってみて要領をつかみ慣れてからにしてください。弓手はただ的に伸ばすだけです。手の甲側の指を伸ばす筋を使い、三指で弓を的側へ捻って下さい。伸び合うとはそういうことが基本です。


■[2418] 空筈が・・・ (投稿5件)

1:リュウさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
最近いきなり空筈を連発し始めたのですが、原因と考えられることは何でしょうか?  どうしたらいいでしょうか?
    

2:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
以前自分が投稿したレスがあったので貼っときます。

http://ecoecoman.com/kyudo/bbs200906tec/2006121822430569.html

「空筈」でスレ検索を一度してみてください。

3:タローさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
弦から筈が外れたまま,離れを出すと空筈になります。中仕掛けが細すぎたり,大三で筈を押し出してしまうことがあるので確認してみて下さい。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
カケを深く指してしまい、それはそれでよい(?)のですが、その後で親指を反らせて的に向けてやれば引き分けでは本来の弦枕に収まりますから。問題は帽子を曲げて中指(おそらく人差し指も)で親指にしがみついているからなのではないでしょうか。弦は弦枕より奥の所にかかっていて、帽子が曲げられて入るので引き収めてもそのまま奥にあるのですよ。そして、ついに弓力に負けて奥から出て来るのですが(このとき矢は出ますが小さい力ですので近くに落ちます)、出てきた所にほんらいの枕があるのでここに引っかかります。でも離れの勢いがあるので一瞬遅れて外れて弦が空を切るのです。
 このとき、角見のタイミングが合いませんので弓返りせずに腕を打つことが多いのです。
 思い切り良くパッと離れることができれば、あるいは途中で引っかからずに出て空筈にならないかもしれませんが、親指にしがむ
緩み離れの原因になるでしょう。帽子は的を向けて引き収めることが鉄則です。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
前便の書き出しの部分で、
>カケを深く指してしまい<とは
『カケに弦を深く取り懸けてしまい』の間違いです。お読みくださった方にお詫びして訂正させていただきます。


■[2419] 弓道初心者ですが・・・ (投稿4件)

1:wx、yさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
現在中3で、1週間前ぐらいに
弓道部に入りました。

今は、徒手練習をしているのですが
どうしても左肩が上がっているらしいです。

どうやって、改善したらいいのでしょうか?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
徒手での練習で行きましょう。先ず姿勢ですが、両肩を前側にして(入れると言う)、肩だけ猫背の格好にして下さい。・・・弓道は肩を前に入れるのです。「気をつけ!」ではありません。左肩を1で上げ2で下げて(沈めるという)下さい。  
 1・2・1・2 2 2 2 2 下げるのです。
左腕を真下から45度上げて2 2 2 2 2
真横に上げて肩を1・2・1・2 2 2 2 2
もう一度真下から救い上げるようにして真横まで上げていきましょう。繰り返して下さい。
 ここで、沈めていることを確認するため一旦肩を上げてみましょう。どうですか、10cm以上違いが出れば合格です。
 つまり、肩を沈めて手の内を下から掬い上げる気持ちで的へ伸ばしていくのです。
 肩根が上がっていると肩から手の内までの線が下がっていくでしょう。つまり下向きの力が矢にかかっていくので的まで矢が届かないことになるのです。
  今の所はこれが理解できて先の徒手が身につけば良いでしょう。がんばって下さい。
これから進んでいけば、私の他のスレッドが分かるようになると思います。

3:茜丸さん
DoCoMo/2.0 SH906i(c100;TB;W24H16)
始めてすぐは、身体が崩れて当然だと考えましょう。
あまり神経質にならずに、回数をこなして力をつけることを考えましょう。

また、中学の部活ならば、指導者の方がついているはずですから、教わることを中心に考えた方がいいと思います。

4:wx、yさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
鷹司カオルさん、茜丸さんありがとうございました。

とりあえず、顧問の先生にも聞いてみたいと思います。



■[2420] 離れの妻手 (投稿3件)

1:ガッキーさん
SoftBank/1.0/822T/TJ001/SN357915010156337 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
離れの時に妻手が耳の近くでパッと離してしまいます。それはなんというものなのでしょう?克服法を教えてください!

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
緩み離れではないでしょうか? 伸びながら離せば緩みません

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
『パッと離れてしまう』のでしょうね。この状況として○の面とXの面があります。○としては、カケの帽子にしがみつくことなく親指を握りこんでいない点は良いと思います。握りこんでいればいくら他に悪い点があっても離れませんからね。
 では何がXかと言えば捻りが利いていないと言うことですね。カケは弦が枕にかかっている以上、捻りを利かせることにより外れることはありません。離れません。
 矢を番えないでカケだけでちょっとやってみればわかります。捻ったときと捻らない場合で外れ具合を試してみると良いでしょう。10cmくらい引いてみれば分かることです。


■[2421] 離れの時 (投稿6件)

1:いちごさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
はじめまして、いちごといいます。よろしくお願いします。早速ですが、離れの時、矢を真っ直ぐ飛ばすこと、それとも自分が真っ直ぐに離れること、どちらに意識を持ったらいいのでしょうか?

3:いちごさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
ありがとうございました。仰るとおりですね、矢を真っ直ぐ飛ばそうと意識すると小手先で離してしまいそうです。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
離れを意識してはなりません。まっすぐに飛ばすことやまっすぐに離れることは『意識的』と言うことで同じことです。会にあっては伸びること。横に的に一直線に押しかけるのです。そして回内・回外等自分にあった方法で腕を詰め合います。弓手馬手両肩に『圧』を感じてきて自由が利かなくなります。ただ沈めた肩根から押し伸びること、手の内の甲側の伸筋を詰めて三指を的側に引き締めるのです。ずうっとずうっと詰めあってもうこれ以上いったら手の内が壊れると感じる一歩手前が離れの時期だと思って、丹田に『うん!』と気合を入れるだけです。力をことさらに入れるのではありません。何時離れようか何時離そうかまっすぐはどっちかなどと考えてはなりません。          離れは気合で完成します。完成させうるのはこの『気合』でしかありません。          

5:いちごさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
ご指導ありがとうございます。何度も読み返し言葉を理解するのに時間がかかりお礼が遅くなりました。
それでも、わからないところがあります。

「手の内の甲側の伸筋を詰めて三指を的側に引き締めるのです。」

宜しければ、もう少し私にもわかるように教えていただけませんか?
甲側の伸筋?三指?的側?どの言葉も解りません。

6:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
ありがとうございます。うまく分かって貰えるかどうかわかりませんが・・・。
 手の内の甲側の伸筋・・・弓を保持した弓手の甲側にある指伸筋です。つまり各指についていて指を真っ直ぐに伸ばしたり反らせたりする時に使う筋です。(この逆、握る・曲げるための筋は屈筋です。)
三指とは・・・中指・薬指・小指です。伸筋でこの三指を伸ばすようにして指先だけは弓の右側木に掛けてひっかくように働きかけるのです。(これを握ってしまう人がとても多いですがね。)指先まで伸ばしてしまっては弓を保持できませんから指先と続く第二関節は曲げます。
 的側とは・・的のほうへという意味です。前と言えば審査員席の方になりますので的側と表現しました。「安土の方」です。
 弓道は、全身の骨格と伸筋をうまく使う方が文字通り伸びのある射が可能となります。
例えば、「馬手で弦を引く」とは屈筋に意識をおいた動作であり、同じことを、馬手は弦に引かせて背筋を使って開く意識を持てば背中の伸筋を活用していることになります。どちらが理想に近いでしょうかね。
 ごめんなさいね。くどい言い回しも合ったりまだ分かりにくいかもしれませんがね。


■[2422] 弓手の謎? (投稿2件)

1:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
こんにちは
さっそくなのですが弓手は伸ばしきった方がいいのでしょうか?
それとも少し曲げた方がいいのでしょうか?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
人それぞれの骨格にはある程度の違いが有るので、同じように見えても伸ばしきっているか余裕を持たせているかは断定できませんが、一般には少し曲がっていても余裕を持って会に入った方が良いとされています。ある流派の書にもこれを『骨を残す』と言って余裕を持って会に入ることを教えています。
 もちろん伸ばしきっていても離れの「ウン!」の気合で伸びて的につきこむことはできるでしょうが、会で物理的に動きが止まってしまってからの動きは射を乱します。ですから離れの前に、残した骨をもって堅く詰めたまま更に伸び合っていくことが大切です。
 前から見てれば弓から右へ出ている矢先の長さがジリジリと短くなっていく中で離れることが大事です。
 伸ばし切るのは離れてからの残身と考え、それまでは沈めた肩根から下筋を利かせて押し伸びていくべきでしょうね。


■[2423] これって不利?? (投稿4件)

1:まあかさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
3年ぐらい前に体育のバレーボールで、指をねんざか何かしたのを、ほうっておいてしまったんです。そしたら、左手の小指が普通の半分くらいまでしか曲がらなくなってしまいました。そして、高校生になって、弓道部に入り、弓を握ってみると、やはり弓手の小指だけしっかり握れず、浮いてしまいます。

これって、弓道をする上でかなり不利ですか?

よろしくお願いしますm(__)m

2:パパンプさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
小指は握る必要はありませんが、浮いてしまうようでしたら病院に行くことをお勧めします。

3:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
有利か不利かを論じるのはやめましょう。均整がとれて大柄な体を持った人のほうが弓を引いて見栄えがするとか、筋力がある人が強い弓を引いたほうが的中には有利だとか、言い出したら切りがありません。
弓手の指を事故で切断した人が国体選手になった例もあります。
十人いれば十人の肉体的事情があります。最後は自分で工夫しアイデアをひねり出し自分独自の技を身に付けるのです。

4:まあかさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
>2さん
小指は握る必要ないんですね。なるほど…ありがとうございます!!
>3さん
そうですね!!
なんか勇気がわきました!
これからも頑張ります。
ありがとうございました。


■[2424] 妻手の窓について (投稿7件)

1:I.Mさん
SoftBank/1.0/920SH/SHJ001/SN358027014264544 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
私は会で妻手の窓が潰れます。色々試して、会に入った瞬間は窓が開くようにはなりました。しかし、会を持っていると、潰れないように意識をしていても潰れてしまいます。肘はしっかり後ろにあります。肘から先だけが潰れます。射型を見てもらった結果、力が入り過ぎている事、窓が開いている時の口割は鼻と口の間にある事、すくい離れである事があります。潰れてしまう原因は何でしょうか?分かる範囲で教えてください。お願いします。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
お手数かけました。・・・いつも私は馬手と書いていますのでメテと読んで馬の方を使ってしまったようですね。ある流派では小指を肩に着けて射るという記事を読んだことがあります。ずいぶん関節の柔らかいことだなとは思っていました。(私にはとてもできないことです。)
さて、<原因>はともかくとして、その射型で心配されることを挙げてみます。杞憂の類でしたらどうぞお読み流し下さい。
 肩についているということはカケの弾く距離が長いと言うか余程肘尻を袴腰の方へ引かない限り、カケ (矢筈)が会の位置から一度上に行きやすくなりますね。それに引き収める矢束が少し短くなるので矢が下へ着きやすくなると思います。また、<すくう>というのは手先(カケ)に独自の運動を起こさせまう手先で切る離れですので緩みやすいと思います。
 矢通りに伸び合って、肘尻より拳1つ分カケ寄りの所で弓力を受け<窓を開けて>詰め合い(圧を感じる)、大きく弾けば大丈夫ではないでしょうか。

5:I.Mさん
SoftBank/1.0/920SH/SHJ001/SN358027014264544 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
ありがとうございます。
ですが、肘はかなり後ろに引いてしまっています。
そして、その<窓を開ける>という動作が出来ないのです。出来ても会で潰れるのです。

6:ジャスミンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
「肘がしっかり後ろにあって、窓が開かない」と聞くと、前腕が寝ている(床方向へ押さえている)ように聞こえます。

大三で作った妻手の肘から先の形は、会まで平行に持って来る物ですが、途中で上腕で引くことを緩めて前腕を下に押さえる力を加えていませんか?

7:I.Mさん
SoftBank/1.0/920SH/SHJ001/SN358027014264544 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
ありがとうございました。参考になりました。


■[2425] 引き分けで… (投稿3件)

1:くまごろさん
DoCoMo/2.0 SH906i(c100;TB;W30H20)
引き分けの際にひじで引くことができず、手先だけで引いてしまいます。

おかげで手先に力が入っているためか矢飛びは悪いです


それはゆがけのとりかけが関係あるのでしょうか?

2:輝さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
おおよその回答になっています。
ご容赦ください。

「手先だけ」と言うのは、手首で引いているのとは違いますか?

手首に力が入っているのなら、ゆがけの紐の部分に、割り箸など、細長い棒状のものを差し込むと良いようです。あ、もちろん手の甲にですからね。
あとは、右肘を意識できるように、誰かに右肘を触ってもらいながら弓を引くなどがありますよ。

がんばってください。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
仰る通り手先に力が入っているから矢飛びは悪くなるでしょう。それは、入っている力を一旦抜かなければ離れられませんからね。その抜く時に時間がかかりますから緩みとなるのです。
 手首の力を抜き(これを『手首なく』と私は言っています)、馬手のことはカケに任せてやや内側に捻り、親指を反らせて後は背筋で伸び合い骨格を固めて詰め合えばよいのです。
 馬手で力を入れるのは切り指(三つガケなら中指)だけです。それも反らせている親指を引き止めているだけで、離れでこれを引き取(引き外しさえす)ればよいのです。
その外した方向が残身の馬手の方向です。
 掌は前に向けて張ってください。


■[2426] 離れができない (投稿6件)

1:椎名さん
SoftBank/1.0/816SH/SHJ001/SN353696011931019 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
今年から弓道を始めた者です

離れをしようとして、妻手が引っ掛かったような感じで離れられずに元に戻ってしまいます
妻手のつくりかたを直したり、会を数えたりしているのですができません
なぜでしょうか?
どうしたら離れができますか?

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
弓道は見よう見まねで簡単なようでとても難しいのです。椎名さんのようにその難しさに気づく人はそれだけで続ける資格があろうかと思います。いい加減にやっている人が多いんですがね。さて、離れの件ですが原因を前へ前へとたどっていく必要があります。
 よく、早気対策だと言って秒数を数えたりしますがあれは何にもなりません。害にこそなります。それは肝心の原因、なすべきことの追求をしていないからです。
 では離れられないのはなぜかと言えば、離れないようにしているからです。カケの親指に中指人差指でしがみついていませんか。私も中・高生のコーチをしていてよく見かけますね。では大三以後の引き
収めから参ります。
 引き収めてくるときはカケを内側に捻ってきます。手の甲を上にするように、また、馬手全体を手前に覆いかぶせる気持ちで捻りをかけます。弦枕と捻り皮を利かせれば中指は掛けなくても外れずに引き分けてこられます。よくこれを部員の前でやって見せたりします。
 親指は反らせていますから跳ね上がろうとしています。(これが離れの力学上の原動力になります。) その親指の動きをとどめているのが中指です。中指は押さえてはいけません。ただ親指に掛けて手首の方へ引いていればよいのです。この引きを気合で外すのが離れです。つまり、離れは『ウン!』の気合でこの中指を引き取りさえすればよく、この中指の動きの延長が一文字の大の字=残身を作るのです。掌は前に向けましょう。

4:百夜 ◆WR1hQljoさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.12) Gecko/2009070611 Firefox/3.0.12 (.NET CLR 3.5.30729)
>離れをしようとして、妻手が引っ掛かったような感じで離れられずに元に戻って
ここ何日か同じような悩みを抱えられている方が相談に来られていますが、原因は遠からず「硬くて手に馴染んでいないカケ」にあるかと。何年もよく使い込んだカケと比べると、手ごろな値段の新品のカケは驚くほど使い勝手が良くないです。最初はとにかく硬いですが、使っているうちに皮が手の形に合わせるように伸びて柔らかくなってきます。

手に馴染んでくると段々と自由に動くようになってきますが、それまでの間はカケの腰を折ってしまわないように、また親指を握りこむ癖が付かないように十分に気をつけたほうがいいです。
・帽子と矢がより平行に近い角度になるように取り掛ける
・親指は曲げず、可能であれば反らせる

引分けでは、弓の力を肘で受けて、勝手の拳はただ肩の上に乗せてくるようにすることで力みを軽減することができます。
最も大事なのは、体全体をバランスよく使って引くのを心がけることです。離れられないことを気にしすぎるあまり、勝手のことばかりを意識していても勝手引きの癖がつくだけです。

>弦枕と捻り皮を利かせれば中指は掛けなくても外れずに引き分けてこられます
本題とはずれますが、離れが出ないという初心者の方に、中指を掛けずに捻りだけで引分けてくるという方法を示されるのはあまりふさわしくないのではないかと思います。初心者でこの方法を試してみようという方はあまりいらっしゃらないと思いますが、もしそのような方がいらっしゃれば、即事故の危険につながります。帽子を押さえる指を掛けない状態で引分けてきて、矢こぼれが起きたらどうなるでしょう。冷静に引き戻せればいいですが、初心者なら驚いてそのまま暴発させてしまうかもしれません。道場の床に穴をうがつ程度で済めばいいですが、誰かの足に矢が刺さるかもしれません。跳ね返った矢が人に刺されないとも限りません。
そもそもこの方法では引分けができたとしても離れは出せません。もし無理に離れを出そうとするならば、捻りを戻して三味線離れをするしかありません。

捻りを掛けること自体に異論はありませんが、手首の状態によっては、上腕の回内によって帽子が外(脇正面)を向いてしまう場合も考えられますので、他の技術との兼ね合いを考慮に入れた上でお話をされたほうがいいように思いました。

5:ゆうきさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 4.0; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0)
私もこのような状況がこの頃は改善されつつありますが、たまにあります。

私の場合ですが、馬手の親指が矢と平行ではなく、縦方向に取り掛けていたことと、馬手に力が入りすぎていたことが原因でした。

先輩や指導者の方に射を見て頂き、自分の射を見直していけば改善されていくと思います。
私も始めたばかりの初心者で偉そうなことは言えませんが、少しでも役に立つことができれば光栄です。

6:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
百夜さん 私の説明不足なことで申し訳ございませんでした。
<弦枕と捻り皮を利かせれば・・・>というのは、親指にしがみついている人を時には見ますので、『そんなにしがまなくても外れないんだよ』と言うことを分かって貰うよう説明してやっている訳なのです。しがむと離れで必ず緩みますしチョキ離れになりやすいですからね。
 はい、仰るとおり『平行』が一番です。失礼しました。


■[2427] 前離れ (投稿2件)

1:紅さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
こんにちはー。
最近前離れがひどいです。
ただの前離れでなく、肘から前に行く前離れです・・・。

いい矯正法はありませんかね?

2:なーさん
DoCoMo/2.0 P03A(c100;TB;W24H15)
私もゆるみ&前離れで悩んでいます。

少々荒療治かも?しれませんが、前に先輩に肘にハチマキをひっかけて引っ張ってもらいました。

伸びや離れの方向が分かりやすいのでけっこう良いかもしれません。


■[2428] 矢が浮きます (投稿8件)

1:弓道部員さん
DoCoMo/2.0 F01A(c100;TB;W24H17)

タイトルにあるように
会にきたら矢先が上に浮いてしまうのです。
とりかけを浅くしたりしてみましたがやっぱり浮いてしまいます。

どうしたらいいでしょうか、どなたかお願いします。

5:弓道部員さん
DoCoMo/2.0 F01A(c100;TB;W24H17)

勝手の力を抜くと
指が親指からはずれて
しまいます…

6:百夜 ◆WR1hQljoさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.12) Gecko/2009070611 Firefox/3.0.12 (.NET CLR 3.5.30729)
会で矢が浮くということは、引き収めるときに、それまで引分けてきたのと違う方向に力がかかっているように思います。引分けの最後会に入るときに、勝手で手繰り気味にグッと引っ張って無理に収めているのかも知れません。引分けの最後は手先の張りで収めるのではなくて、押し引きしてきた方向はそのままに、胸の中筋を矢に近づけるイメージで会に入るといいと思います。

あるいはただ単にカケが硬く手に馴染んでないだけかもしれません。勝手引きになっている可能性もあります。

7:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
会で引き収めるとき矢が浮くというのは取りかけの位置とは関係有りません。一言で言うと皆さんの仰るとおり勝手に力が入るからです。<勝手の力を抜くと・・・>と言うのは捻りが利いていなく所謂「平付け」であるからです。捻りが利いていれば、親指と捻り皮だけで引くことができるのです。カケとはそういう物です では具体的に申します。親指は反らせて捻り皮を弦に当てて捻ってください。手の甲が上になるようにするのです。親指は反らせたままなるべく的に向けて弦に引っ張られるままにして曲げないことです。(私のカケの枕の溝の深さは弦の1/3もありませんが捻りを利かせれば外れません。)
弦に引かれるまま手首には力を入れず肘、
『正しくは拳1つ分カケに寄った辺り』で応えて下さい。親指に力を入れると引き収めるにつれて親指の向きが上がってくるために矢を上に押しやってしまうのです。私は、手首の力を抜くことを『手首無く』と指導しています。

8:弓道部員さん
DoCoMo/2.0 F01A(c100;TB;W24H17)

みなさま
とても詳しく親切にお答えいただきありがとうございました。


■[2429] 手の病? (投稿3件)

1:一騎当千さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
あるブログに記載されていたのですが、
教本に「弓手の七病」「妻手の五病」というものが記述されているようです。
自身の弓道鍛錬のためにも是非知っておきたいです。
詳しくご存知の方、宜しくお願いします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
私は入力が遅いのでコード時間に間に合わなくなるかもしれません。右と左で分けて送りますね。難しいのでかいつまんで中略しますよ。
左手
1 張(はる):押してが勝手より先にすわり、おしてがいつきて無性に突っ張ることになる。放つとき手先ではねだす事になるから矢は荒く矢行きは返って弱い。コレは、押手は勝手より後につくることを知らぬから起こる病気である。
2 手偏に兆(かかぐ):押手の手首が浮き上がって・・虎口が空虚になり離れて後も弓が納まらぬのである。
3 卓(たかし):弓を打ち起こすとき何の注意も払わず、無造作で左右の肘がつりあわず・・後ろ肘上がりすぎ、矢の出が低くなり矢勢は弱い。
4 よわし: 左肩下がらず手先ばかりで取り扱うから気力通ぜず、離れのとき必ず緩む。
5 老(つかる): 押し手弱気ことは4と同じく、しかも心が少しも働かないことである。
6 かがむ:左肩の詰め弱くぬける故に体躯も前に屈み・・前手伸びず手の内固まらず・・心気通ぜず安定しない。射の大病。
7 剰(あまる): 心気萎縮して矢を引き足らぬゆえ勝手のおさまり悪く心気も落ち着かぬ。いたずらに空射するのみである。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
パソコンにない漢字もあってひらがなにしたりしました。誤字脱字もあるかもしれません。
右手
1 突(つく): カケでしがむのである。徒に食指・中指ばかり力を固めて引くことになるからカケで突っ放す離れとなる。
2 副(せまる): カケ手はむやみに弦ばかり引く故物見で矢をせり出す。これは押し手の伸びを知らぬためである。
3 手偏に秋(しほる): 放しかねる勝手である。押し手のきかぬ病である。
4 みだる: 精神の信念乏しくタダ単に弓をとりて矢を放つことのみをもつて能事としている人たちのこと。
5 吐(はく) :体躯のゆるみから前手・後ろ手共に緊張せず、ただ己が力に任せて引っ込むだけであるから・・自然の離れができず、わざと勝手で吐き出すごとく突っ放すことになる。

 以上ですが大変難しいことと思います。
一応参考までに。あまり省略はせずに打てたこと良かったです。


■[2430] 離れのとき (投稿3件)

1:北の学生さん
KDDI-SN3G UP.Browser/6.2.0.14.1.2 (GUI) MMP/2.0
こんにちは。
北海道で弓を引いている学生です。

始めてから4年目になりますが、最近突然離れの前に胸弦と頬付けが浮いてしまいます。
びびっているわけではないと思うのですが、定まった離れが出ません。
上を切る離れになったり、前を大きく通る離れになったり、と様々です。
矢所は主に左右にぶれます。

会は保てているのですが、伸び合いが足りないのでしょうか?
きれいな一文字の離れを起こすためには、どのようにしたらいいでしょうか?
よろしくお願いします。

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
会でちぢんできていないでしょうか? あるいは引き分けが小さくなっている可能性も考えられます

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
引き収めてくるとき親指を曲げてしがみついていませんか? 離れるのにどうしてよいか迷ってしまいいろいろになってしまうので定まった離れではないと言うことは考えられませんか?
 カケを捻って引き収めてくれば離れではそれを戻すことになり定まってくると思います。
 会では捻りを利かせ、反らせた親指はハネ起きようとしていますが、中指を引くことでそれを引き止めています。この中指を力のかかっている方向のままに引き外ずしてしまえば親指は手前に跳ね上がってきて、グーの形の一番上に行きます。中指と人差し指はそのままグーの形に収まります。(切り結び)
肘尻は後方下45度に収まりますから、拳は逆の右上45度を通って<一文字>の残身の位置に弾かれます。そして掌を前面に張ります。
 親指のハネ起きようとしている力が一文字の形への原動力となっています。いかがでしょうか?


■[2431] 矢所について (投稿3件)

1:H・Iさん
KDDI-KC3D UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0

高校2年の弓道部ですが
矢が後ろに飛ぶ原因を
教えて下さい。

2:菊oさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
私は以前、あなたと同じ原因で悩んでいました(今は、違う原因で悩んでいます)。

私が考える主な原因は下記の通りです。当て嵌まらなかったらごめんなさい。
・押しでが離れの際、左にぶれる
・狙いが的に対して左側である
・上半身が曲がっている
です。
少なくて申し訳ないです。
参考になれば幸いです^^

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
まず足踏みはOKとしてですが以下の点に注意してみましょう。
1 三重十文字ができているつもりでも引き収めてくる途中で力が入って体を左にひねってしま
ってはいませんか?
2 狙いが正しいか見てもらいましたか?
3 離れで弓手を左に振っていませんか? 射開きはその時の力の釣り合いで自然に生じますから離れでは振ろうとはせず的をめがけて伸び合い詰め合えばよいのです。
4 物見が深すぎても狙いが後ろになります。いつも顎を肩の上に位置させることです。
5 正しく頬付けをしていますか? 付いていないと矢筈が前に出るので矢は後ろに着きます。
6 離れが弓手主導であると3のように振りやすくなり矢が後ろに着きます。胸の中筋から
離れるためには体の中から『ウン!』の気合で離れることが一番です。
7 馬手肘を斜め後方に引き収めていますか?
肘の位置を変えずにそのまま前離れをしていませんか? これでは5の矢筈と同じで結果として矢が後ろに着くことになります。
 まだあるかもしれませんが私の考える範囲ではこんな所です。


■[2432] はなれのタイミング (投稿3件)

1:ぴゅーりさん
DoCoMo/2.0 SH704i(c100;TB;W30H20)
離れのタイミングがあわなくて、後ろに矢が飛んでいってしまいます。どうやってタイミングあわせたらいいですか?

2:黒紫さん
DoCoMo/2.0 SH01A(c100;TB;W30H20)
タイミングを変えたら如何ですか?

書き込みが安易かつ説明不足過ぎます。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
そうですね、<説明不足>の感は否めませんね。何事も自分を客観的に診て問題点を洗い出すことが大事です。離れのタイミングと矢飛びの関係をどう捉えて『後ろへ行く』原因と考えているのか自己分析すれば、自ずと道が開けてくることでしょう。それはそれとして、同じ『離れ』の問題として前頁の『離れの時』に持論を載せて置きましたのでよかったら参考になさってください。


■[2433] 会での勝手の台形について (投稿5件)

1:ゆみさん
Opera/9.64 (Macintosh; PPC Mac OS X; U; ja) Presto/2.1.1
会で勝手のきれいな台形がつくれません。
肩甲骨を使って、引いても
肘が一直線にならず少し前に出てしまいます。
それが原因で、会で勝手が戻り、
台形も作れずといった感じです。
どうしたら台形を作り、その形を
保持することが出来るでしょうか?
アドバイスお願いします。

2:yueさん
DoCoMo/2.0 N905imyu(c100;TB;W30H20)
程度は分かりませんが、少し前に出ているくらいなら勝手を少し捻るだけでまっすぐになると思います。
他にあるとすれば、大三が遠いのではないでしょうか?
私自身未熟者ですので参考程度にどうぞ。

3:ゆみさん
Opera/9.64 (Macintosh; PPC Mac OS X; U; ja) Presto/2.1.1
ありがとうございます!
参考にさせて頂きます。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
つまりは勝手肘が後ろへ回っていない為に台形の斜辺が寝すぎてしまうということですね。この原因は、勝手肩が前に入っていないことが考えられます。肩を前に入れて肘を後ろに回せばよいのです。徒手体操してみまし
ょう。両腕を45度前方に上げて(打起しの姿勢)、その角度を保ったまま肘を斜め後ろまで下げてきます。その時の勝手肘は45度後方に収まっていると思います。これが会での肘の位置であって「斜辺」もきちんとできていると思います。
 これは両方の肩を前に入れることができたからであって、これが会での必要条件であると思います。肩が入っていれば勝手が戻る(ビクる)こともなくなり会が安定することでしょう。
 ちなみに、左肩もこの姿勢のように入れることで肩根を沈めることができ、深い伸び合いで沈めた肩から押し伸びることができるようになり、詰め合うことも可能になります。

5:ゆみさん
Opera/9.64 (Macintosh; PPC Mac OS X; U; ja) Presto/2.1.1
詳しくありがとうございます。
肩が入ったら、台形も作れました。
戻りも減ってきたと思います。
これから鷹司さんの教えてくれた
肩の働きを体にしみ込ませて行きたいと思います。
ありがとうございました。


■[2434] 弦がかけから外れる (投稿6件)

1:まあかさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
今、素引きをやっているのですが、引き分けをしていると、必ず弦が、かけの引っかけるところ(へこんでるところ)から外れるんです…。

何でなのでしょうか?

教えて下さい!!!

3:ぬふぬふさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/85.8.5 (KHTML, like Gecko) Safari/85.8
素引で弦溝(かけの引っかけるところ(へこんでるところ))にかけて引くのはあまりいい事ではありません。 可能であれば事故防止のために引く事をやめて下さい。

4:茜丸さん
DoCoMo/2.0 SH906i(c100;TB;W24H16)
同様に、ゆがけをさしての素引きは、危険なので止めるべきだと思います。

でも、そうやって指導する先生も相当数いらっしゃるようですね。
(従わざるを得ませんよね。)


一概に「捻り不足」の一言で解決する問題ではないと思います。
指導してくださる方に、見ていただくのが先ずは一番だと思います。

5:G・Gさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6)
私の出会った高校生は、弦枕よりもさらに深い位置(縫い目がある)に取り掛けていました。本人が外れたと思った時は、枕に弦がかかった時でした。
実際に弦枕から外れるのなら、弦と親指の十文字が崩れているのでしょう。たまには弦枕の形状が悪いこともあります。
斜面繰法で取り掛け、肘で弓構えまで引いてみると、ユガケの親指と弦の十文字はマスターできます。その際、お二人の方の助言「ヒネリ」を忘れてはなりません。

6:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
「かけの引っかける所」という表現に誤った気持ちが見て取れますね。弦枕は『掛ける所』ではありません。『かかる所』なのです。引き分けるのに懸けて引いてくることに気持がいっているために、手繰るように手首を手前に曲げて来るからではないでしょうか。本当は全く逆であって、親指の関節を反らして(そうすることで自動的に、皆さんの言うとおり、捻りが掛けられる)、手の甲を上に向けて引き収めます。それを、かけを捻らずに甲を前に向けたまま引いているのですね。これを『平付け』と言いますが、これでは外れて当たり前です。
 捻りを利かせれば、親指を反らせて他の指は使わずとも捻り皮を当てるだけで引き収めることができます。ちなみに、溝の深さは弦の1/3あれば十分です。
 なお、枕より更に深い所へ掛けてやっていると空筈を起こす危険が出てきますのでやめた方が良いと思います。


■[2435] 押し出の手の内 (投稿3件)

1:風の子さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
押し出の親指と人差し指の

間の皮が 引くたびにとても痛いです、、


押し出の上押しが強いんでしょうか??

そのせいで

最近は矢が的まで届きません、、

押し出の意識を変えた方がいいのでしょうかか?

2:ゆみさん
Opera/9.64 (Macintosh; PPC Mac OS X; U; ja) Presto/2.1.1
風の子さんが痛いとおっしゃっているのは
押しをきちんとしているからだと思います。
段々やっているうちに、そこの皮が
厚くなって痛みも感じなくなると思います。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
<間の皮>つまり虎口ですね。痛いと言うのが虎口であるというのは虎口で弓力を受けているからだと思います。虎口には弓把を受けるべき骨が無くて弓が手に食い込んできてしまい、勢い握り締めてべた押しになりやすいのです。
 弓は親指の根(角見)にしっかり当てて押しますので、そこが痛いと言うのなら分かりますが
・・・。ちなみに受けているようでは負けてしまいます。角見で弓に押し架けていくように積極的にいかなければなりません。初めは痛いかもしれませんが、弓手親指だけの押し手カケもあります。


■[2436] 矢が下に飛ぶ (投稿4件)

1:ズサさん
DoCoMo/2.0 F904i(c100;TB;W24H17)

初めまして。


弓道歴一年の初心者なのですが、最近矢が下に飛んで行くんです・・・

狙いを上に上げてみてもどうしても下に行ってしまって・・・


こういう場合何が問題なのでしょうか?

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
離れで緩んでるか会で縮んでいるか,離れを上にきっているかなどが原因として考えられます。

3:ズサさん
DoCoMo/2.0 F904i(c100;TB;W24H17)

ありがとうございます!

早速明日から誰かに見てもらいます!!

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
実際に射を拝見してないので断定は難しいのですが、<最近>と言うのでは五重十文字などはよろしいかと思います。知らず知らずの内に左の肩が上がってきてはいないでしょうか?
肩根が上がりますと同じ狙いであっても相対的に全体として矢先が下がります。素手で弓手を伸ばし肩を上げ下げしてみれば、手の内と肩を結ぶ線の傾きの違いが分かると思います。それが矢の受ける弓力の向きであると思って差し支えないでしょう。ですから、片根を沈めて上向きの力で押し架けるようにやってみることをお勧めします。


■[2437] 猿腕指導のポイント (投稿5件)

1:ひらどらさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
猿腕の指導で困っています。いろいろな本も見てみましたが、それが写真であってもいまひとつわかりません。猿腕のタイプもいろいろありますよね。一口で(言えないことなのかもしれませんが)猿腕の人は、会でどのようなことができていればいいのでしょうか?
(肘の高さ前後が左右同じとか??)高校生の指導で困っています。どなたか教えてください。

2:ワイン弓さん
DoCoMo/2.0 F906i(c100;TB;W24H17)
ご覧になっているかもしれませんが確実に上達する弓道に猿腕の矯正方法が載っています。ポイントは回内、回外のバランスのようです。参考までに。

3:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
弓手だけに囚われずに、馬手にも注目して見て下さい。

人によって、馬手の形や位置なんかも弓手の具合やその人の骨格によってかわって来ます。ある方が馬手の猿腕といったような表現をされていた記憶があります。

4:ひらどらさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
ありがとうございます。猿腕にもいろいろなタイプがありますよね。直し方も、大三で力をかけて、まっすぐにしなさいとおっしゃる先生もいますが、確実・・・の本には「会での直し方」と書いてあったので、会で直せばいいのかと思ったり。とにかく何を重視すればいいのか全くわからないんです。馬手とのバランスというのは何となくわかる気がします。ただ、バランスというのが、私の感覚で捉えていいのか、?なのですが。まだまだ勉強不足ですね。出直します。ありがとうございました。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.39 Safari/530.5
私自身が逆の猿腕というか脱臼した形で還暦まで過ぎてしまいましたが、今では弓道で少しも不便とは思っていません。その対処法(私流?)ですが、肩を前に入れ、肘を反時計、手首を時計回りに捻りますと弓手が強く固定してまいりますし、肘が肩より下がって下から押し伸びるのにこの上なく調子がようございます。この伸びと弓の重心位(角見の七八寸位上)に押し架ける上押しとで合成中押し(?)を作ってやっております。離れでの伸びも出ているつもりです。


■[2438] 矢が前に… (投稿6件)

1:弓人さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
高校で弓道をやっている者ですが
タイトルどうりどうしても矢が前に飛んでしまいます、先輩に相談したところ「弓返りができていなくてつばみがきいていないにではないか」とのことでしたそれから何度かやっているのですがどうしても弓返りができません
うまくやるコツを知っている方がいたら教えていただきたいです、また矢が前に飛ぶ他の原因を知っている方がいたら教えてください

3:弓人さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
ご指摘ありがとうございます
まったくもってその通りでまだ的前に立って二週間程度です
まだまだなのでまずは三重十文字を意識して大きく引くことを心がけるようにしたいと思います。

4:名無しさん
KDDI-HI3B UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0
矢が前に飛ぶ原因はたくさんあります。肩線のずれ、力のかけ方、離れの方向、弓の形、弦溝の形など原因は沢山あるので書くときりがありませんので実際に見てみないとわからないです。
まだ的前にたって浅いので的中よりも矢数を引いて自分の射を作った方がいいと思いますよ。

5:悠★さん
KDDI-TS3H UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.116 (GUI) MMP/2.0
初めて的前にたつと中てようとする欲が出るんで初めはどうやったらキレイに引けるかなどを考えながら引くと結構 キレイな射型になりますよ★
私の高校の指導者は先輩しかいないです。だからこそ、基本的なことを徹底的にして今の射があるんで基本的なことを中心にして欲を出さずに中てようではなく中る射を目指して下さいね!!

参考になれば幸いです

では長文失礼致しました

6:百夜 ◆WR1hQljoさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.12) Gecko/2009070611 Firefox/3.0.12 (.NET CLR 3.5.30729)
的中に対する貪欲さは向上心に繋がりますので大切だと思います。三ヶ月間頑張って地道な練習を続けてきて、やっと的前で一人で弓を引けるようになって「一日も早く中るようになりたい」という気持ちが沸いてくるのは自然なことです。
しかし、焦りは禁物です。今後、射技の枝葉を研ぎ澄ませる必要性は必ず出てきますが、今は根幹部分を太くしっかりと培うことが重要だと思います。


■[2439] 弓手の手のひらがヤバいことに・・・ (投稿3件)

1:あさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
最近キロあげをしたのですが、弓に振り回され、小指の真ん中らへんの皮膚が大きくえぐれてしまいました。

弓を引くたびに皮がえぐれてしまい、今かなり痛いです。。。
どうすればいいでしょうか?治療法と皮がむけないようにする方法をよろしくお願いします。。。

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
強く握りすぎているのが原因ではないでしょうか?
今の弓に慣れるまで以前使用していた弓と交互に使ってみてはいかがでしょう? テーピングで多少は痛みが軽減されるかもしれません。

3:医療系弓引きさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.12) Gecko/2009070611 Firefox/3.0.12
読んだ限りでは弓を握りこんでいるのではないでしょうか?何キロくらいアップしたのですか?


■[2440] 体のメンテナンス (投稿4件)

1:マーライオンさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.33 Safari/530.5
怪我についてはここでいいでしょうか・・・?

私が弓を引かなくなって約一年が経ちました。

ふと復帰がしたいな、と思うのですがいろいろ気がかりがあります。

特に気になるのは自分の体のことなのです。

現役の頃(高校の頃です)にがむしゃらに練習をしてしまい、関節を痛めました。

それに加え筋力不足のせいか右肩が左肩に比べ下がってしまいました(目で見て明らかです)。

当時関節痛は針治療に通いました。

肩のずれは今も治っていません・・・。(こういう場合はどこに診てもらうのでしょうか・・・)

皆さんは何か体のためにしていることや、通っているところはありますか?
復帰に向けて皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

長文駄文失礼しました

2:悠★さん
KDDI-TS3H UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.116 (GUI) MMP/2.0
私は毎日ストレッチをしてます。
小学生から中学生の間は
ずっとサッカーをしていたため
骨がずれやすくなっていました。
それが分かったんで
整体師の人に聞いて
今は毎日ストレッチをしてます。
ストレッチをすると
体のずれがマシになってきたので
良かったら参考にしていただけたらと思います。

長文失礼致しました。

3:マーライオンさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.37 Safari/530.5
悠★さんはじめまして。コメントありがとうございます。

私も整骨院に通い始めました。先生も驚きの体だったようで、肩どころではなく全身のケアを始めました。

ストレッチですか。ご意見ありがとうございます。入浴後にやってみたいと思います。

4:医療系弓引きさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.12) Gecko/2009070611 Firefox/3.0.12
なかなかたいへんですね。
整骨院などでみてもらうのもいいかと思いますし、ストレッチもある程度有効と思いますが、スポーツ医学をされている整形外科の先生にもいちど相談されてみてはいかがでしょうか。

整形外科は専門外なので、参考までに。

成長期の過度な運動では、しばしば関節や骨に障害をきたしやすいので、注意が必要なのです…。


■[2441] 離れられない (投稿3件)

1:ゆうきさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 4.0; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0)
私は今年弓道を始めたばかりの初心者なのですが、このタイトル通り「離れ」が離れられません。今日は離れられなくて無理やり離れてしまったところ、1メートルぐらい飛んだところでささりました。

会で、馬手の空間がつぶれているのや馬手が手首に力が入ってることが原因なのでしょうか?やはりひねりがたりないのでしょうか?

2:百夜 ◆WR1hQljoさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.12) Gecko/2009070611 Firefox/3.0.12 (.NET CLR 3.5.30729)
今年から始められたということは、的前に立ってからほとんど日がないのでしょうか。空筈か、矢こぼれした瞬間に離れている感じですね。最初はだいたいそんなもんです。不慣れというのもありますが、カケがまだ硬くて手に馴染んでないということも、射に大きく影響していると思います。

スポーツで言ういわゆるフォーム、弓道では射形と呼んでますが、これを自分のものにするためには、他のスポーツと同様で反復練習をするしかありません。力任せに引くのではなくて、力を使うべきところと力を入れてはいけないところがあり、それらの力の使い方を反復練習の中で徐々に掴んでいくのです。最初は手探り状態ですが、あまり細部にこだわりすぎず、体全体を使うイメージで自分の矢束まで引き切り、思い切って離れを出すことを目標にするといいと思います。

離れに関しては、実際にゆうきさんの射を拝見せずに細かいアドバイスを差し上げることはできません。取り掛けの形や弓構えでの勝手の形を工夫すると力みが軽減されるかもしれませんが、文面だけで伝えるには限界もありますし、先生や先輩に直接指導をいただくのが最善策です。

3:ゆうきさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 4.0; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0)
なるほどー!!
ありがとうございます。


■[2442] 離れの瞬間に… (投稿2件)

1:ゆうすけさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)

はじめまして。
弓道して2年たつのですが、
最近、離れの時に押手の手首を
返してしまいます。
ペンを挟んだり、意識しているのですが、
どうしても治りません。

良い改善方法はありますか?
アドバイスお願いします。

2:にぃさん
SoftBank/1.0/821P/PJP10/SN357007010151847 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
親指で押す意識、手の内を捻る意識が強すぎるのではないでしょうか?
親指で押す(手の内を効かせようとする)ことは大事ですが、他の力が0だと後ろに返ってしまいます。
手、腕、全体で押すということを試してみて下さい。


■[2443] 弓道にあった筋トレの仕方 (投稿5件)

1:SHOさん
KDDI-ST34 UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0
弓道の筋トレの仕方がわかりません…
良い方法を教えてくれないでしょうか?

2:Flatさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0)
弓道はインナーマッスルを多用するので、下手に筋トレしないで、矢数をかけることが一番だと聞いたことがあります

3:弓道馬鹿さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; YTB720; .NET CLR 1.1.4322)
弓道で一番良いのは素引きをすることのようです。

4:素人 ◆ulhccrlkさん
DoCoMo/2.0 P904i(c100;TB;W30H19)
弓道に関する筋トレを聞くと、必ず素引きや実射といった答えがきますが、これは実際のところどうなのでしょうか。

いかに「骨で引く」とは言っても、実際に体を動かすにあたっては筋肉が不可欠です。

持久力をつけるには低負荷を繰り返し掛けることが効果的であり、射技以外の反復(筋力)トレーニングによって矢数(引ける数)を増やすというのも一つの手ではないでしょうか。

また、多くのアスリートは種目に沿った運動だけでなく、各所の筋力トレーニングを行っています。
むしろ、そうやって体力(いわゆる持久力に限りません)そのものを高めないと種目特有の運動だけでは疲労骨折などの故障に繋がるそうです。

戦国時代の武士や数千と矢数を掛けた江戸・明治の偉人たちは、刀を振ったり鎧を着込んで動き回ったり、生活の中での重労働で体を総合的に鍛えていたのではないでしょうか。
そういった体作りの上での逸話ではないでしょうか。

本当にただ弓だけ引いて、局部的に筋肉がついているような姿が良いとは思えません。

5:パパンプさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; MEGAUPLOAD 1.0; .NET CLR 2.0.50727)
以前、ランニングについて色々書き込んだスレがあったので載せておきます。

http://ecoecoman.com/kyudo/bbs200906oth/2009013013383898.html


■[2444] 四つ&#24381;の指導 (投稿3件)

1:救弓さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
大学で弓道をしている者です。

今年、四つを使っている後輩が入ってきました。
しかし、同輩・先輩(現役)の中に使っている人がいなくて…
指導しようにも三つと少し要領も違うので、どう指導すればいいのか分からず 泣)
三つの感覚で教えて、崩したら大変ですし…

どのような点が違うんですかね?
また、どのような点に気をつければいいですか?

2:kurichaさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
もともと四つなら「生兵法大怪我のもと」ですから本人に任せた方が良いのでは?

少なくとも本人が あなたの部内で一番 四つを知ってるわけですから

聞きかじったことをそのまま伝えるだけでは誰が責任取るのかな?

3:救弓さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
kurichaさん、ありがとうございました。
確かに根拠を分からぬまま教えてしまっては彼のためになりませんね…
しかし基本的な部分(十文字など)は指導できるかなと思いまして…

因みに後輩は、最初から四つではなく、途中迄は三つで、先生から四つをいただいてから使い始めたそうです


■[2445] 胸を打つ (投稿3件)

1:ペングィンさん
DoCoMo/2.0 SH906i(c100;TB;W24H16)
弓道二年目の初心者です。

最近離れの際に、顔を打つ時と、顔は打たないのに胸を打つ時があります。

顔は、打つというより時々かする程度なのでまだいいのですが、胸の場合打って矢が後ろに飛ぶという感じで困っております。


先程も、顔は打たずに胸を打つ離ればかり出てしまいました。


ちなみに、男です。



どうしたら胸を打たなくなるでしょうか?是非、助言をお願いします。

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
妻手の捻りが足りないと払います。あと大きく引いてみて下さい

3:ペングィンさん
DoCoMo/2.0 SH906i(c100;TB;W24H16)
ありがとうございます。
確かに私は引き幅が小さめなので、大きめに引けるようにしてみます。


■[2446] 会で押手の肩が入り込んでしまいます。 (投稿3件)

1:弓凪さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
私は、中学校に入学してから弓道を始めた初心者です。今、中学2年生です。

引分けから、会にいき、会を保つ段階で、
押手の肩が、自分から見て右側のほうに捻じれてしまい、腕を毎回擦ってしまいます。
力を抜いて、戻そうとはするのですが、
あまり上手くいきません。
腕の痣が、日々酷くなってゆきます。
そろそろ離れることが怖くなってきてしまいました。
大会が、1週間後に迫っていて、
正直焦っています。

どなたか、どうすれば良いのか
教えて頂けませんか?

2:G・Gさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6)
腕を打って辛いでしょうね。
会で体が捻れるのは勝手を引き回しているからだと思います。直すには弦道(弦を引いてくるコース)を変えて体が捻れない方向に引き納めると良いのですが・・・「弦を取る」といって、高段者の方が補助しながらコースを教えて下さると簡単に理解できるのですが・・・。
自力でマスターするには、残心の形から右肘を曲げ(会)→残心、残心→会→残心 これを繰り返すとこれまでの自分の会の肘位置が間違っていたことを発見できると思います。
腕を打つのは弓手肩を巻き、前腕の前面を垂直に立てると良いのですが、これは直接指導でないと伝えるのは難しいです。
 

3:弦枕いじりさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
会で体が捻れないように誰かに後ろから両肩を支えてもらって練習してみて下さい。


■[2447] これっておかしいですか? (投稿2件)

1:HIMEさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
おととい弓を9キロから11,5キロにしました。
ところが弓を変えたとたん弦音が
ガシャン
としかいわなくなってしまいました。
これはキロ数に関係するのですか?
それともどこか私の射形に問題があるのでしょうか?
今私は
1 早気(巻きわらでは保てる)
2 下に矢が行く
という問題があります。
アドバイスお願いします。 

2:有川弓弦さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; AGC; .NET CLR 1.1.4322)
強い弓に替えたばかりの時は、今までと同じように引いているつもりでも、実際は弓力に負けて、十分伸び合っていなかったり、離れが微妙にずれたりして弦音がおかしくなることはあると思います。
私も15キロから18キロに替えた時は弓に翻弄され十分な射ができませんでした。
新しい弓の強さに耐えうる筋力がつくまでは射形が崩れないよう注意をした方がいいと思います。


■[2448] 12射 (投稿3件)

1:HIMEさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
昨日大会がありました。その大会は12射です。なので3回に分けて4本うちます。
自分もほかの人も最後の三回目は調子が落ちます。(調子があがる人もいますが)
どうしてだと思いますか?
対処法はありますか?教えてください。

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
試合だと一本にかける集中力は相当なものなので,体力の消費も早いです。的中率も下がりやすいのではないでしょうか。
逆に的中率が上がるようなチームは普段から緊張感のある練習をしていて,また矢数もかなりかけているように思います。

3:HIMEさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
ありがとうございます。
もっと集中できる練習法を考えたいと思います。


■[2449] 矢番え動作に関して論議が繰り広げられたので・・・ (投稿2件)

1:やっさんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
こんばんは
大学で弓を引いているものです
さっそくですが矢番え動作において質問があります
弦に筈を合わせるときなのですが
この場合矢を回す方向は決まっているのでしょうか
去年卒業した先輩が言うには右回転させるのですが
その真意がつかめていません
師範に聞こうにも5月に逝去されてしまい・・・
この掲示板を頼りました
お願いします

2:紫弓さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
 これは人によって意見の分かれる所だと思います。特に言われそうなのを並べると

・羽の保護の為に甲乙で羽を逆立てない様に回すので、両方回す向きが違う。

・矢を持つ時、羽を揃えた時点で走り羽が天地に向く様にするので、そもそも回す必要がない。(この場合は甲矢が捻り革側に来る)

・射付け節に帽子を合わせている為、そのまま組んで番える事になるので回す必要がない。

 と言う具合に分かれると思います。私は3番目をやっています。基本的に最短・最小動作を考えて体配は作られていますから、余計な動作をしないと言うのが正解ではないかと私は思います。両方回す向きが同じと言うのはちょっと覚えがないのですみません。


 矢を回す事で思い出しましたが、武射系と礼射系が混ざる時の話を補足します。矢を送る動作が矢越しして2度で送るか、十文字orそのまま1度で送るかが混ざります。その時、礼射系が矢を送る前に回転させると、調息がずれますので出来れば矢を送ってから筈を合わせるのがいいかと思います。

 一応こんな事を考えてます。


■[2450] 腕・顔・耳打つ (投稿3件)

1:ガッキーさん
SoftBank/1.0/822T/TJ001/SN357915010156337 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
私は腕・顔・耳をよく打ちます。どうしたら打たなくなるでしょう?教えてください!

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
顔向けが浅いと払います。腕が前に出てると腕を払います。

3:キキさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
腕…回内してないと肘をはらいやすく、手首が入りすぎてると手首付近をはらいやすい。


顔、耳…極端に顔向けを入れ過ぎると耳をはらいやすい。顔向けがふせるとはらいやすい。弓が照っているとはらいやすい。妻手のひねりがあまいと弦が離れたときに外側を通らないためはらいやすい。

などですかね…。




→新規スレッドを作成
タイトル:
※必須※
内容が一目で分かるようなタイトルをおねがいします。
また、投稿前に同じ内容が過去ログに無かったかもご確認ください。
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 2479件中 2401〜2450件目

(c)デビール田中 : 問い合わせ