技術・体配編 [1〜50]


■弓道座談会[技術・体配編]とは?

【デビ】弓を引く上での技術・体配関する話、射癖の相談、審査対策など。


■スレッド一覧

過去ログ


■[1] 弓道審査対策その1:各地の事前公開問題 (投稿40件)

1:デビ ◆5h7.ceJYさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.4) Gecko/2008102920 Firefox/3.0.4
弓道審査対策について長いこと暖めていたのですが、弓道連盟も地域別審査の不公平感を認識し改める方向で動いている様ですので、「全国の審査問題のまとめページ」を作成します。(別スレッドで過去問も募集します)

WEB公開済みの情報を基に、各地の情報をまとめましたがまだまだ足りません。
ホーム > 弓道審査対策
http://ecoecoman.com/kyudo/shinsa/

これだけ見ても、ある地域では問題が非常に限定されているなど、難易度の差があることは否めません。各地の情報をお教えください。

記載いただきたい情報は以下です。
1.地域名(都道府県):
2.学科問題の事前公開有無:
3.公開済み学科問題:

※地域で公開済みファイルがあれば、記載いただくか、tanaka@ecoecoman.comまでメールでお送りください(掲示板で投稿したくない方もどうぞメールで)。
非公開の地域は、非公開でまとめます。(非公開の内部資料などはご遠慮ください)

37:教えてくださいさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:37.0) Gecko/20100101 Firefox/37.0
いままで事前公開されてた県は近年でも
事前公開されてあるんでしょうか?
2012年頃までまでしかないので

38:てるてるぼうずさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
平成27年度より全国統一問題になります。周知徹底のため4月以降行う地連も有るし少し遅れて行うところもあるようです。

学科問題は
http://jp.bloguru.com/files/0985d38d3178ddfc58b95676fc3148d1

審査基準として
http://jp.bloguru.com/files/1a660c1ca1cebb5dc6d1c64b6784a0c1

39:未熟者さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 9_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13D15 Safari/601.1
いつもお世話になっております。

全国統一問題になってから、段位が違っても問題が同じものがいくつかあります。

もちろん上位の方がより高度(?)な解答を求められるのだとは思いますが、他方で重複させる意味がよくわかりません。かぶらせるくらいなら問題数を少なくした方が、とも思います。

それと、例えば、四段の「詰合い・伸合いについて」と、五段の「会における詰合い・伸合いについて」では、求められている答えは違うのでしょうか?
「会における」の有無がどうしても気になります。

40:初心者6号さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/52.0.2743.116 Safari/537.36
2016年8月11日 無指定の審査を受験しましたので、その情報を列記します。
(学科試験問題を公表していますが、一応投稿させて頂きます。)

1.地域名(都道府県):東京都
2.学科問題の事前公開有無:無指定
3.公開済み学科問題:問1:射法八節を順に列記し、簡単に説明しなさい。
          問2:弓道を通じてどのようなことを学びたいと思いますか。


以上です。


■[2] 矢に沿って引く (投稿7件)

1:名無しさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 10_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.2.14 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14B100 Safari/602.1
高段の方やよく当たる方を見ていると矢に沿って弓を開いているような気がします。
やっぱり、よく当たったりするのはそれと関係あるのでしょうか?

4:名無しさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 10_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.2.14 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14B100 Safari/602.1
洛さん
回答ありがとうございます。これを目指して矢に沿わせる力のかけ方を工夫してみます。

ドン引きさん
回答ありがとうございます。
私の身の回りの方に多いので質問させていただきました。

5:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Safari/537.36
どうも、矢に沿って引くと云うのが判っていない様ですね。

6:名無しさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 10_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.2.14 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14B100 Safari/602.1
ドン引きさん
どう言うことかご教授願います。

7:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Safari/537.36
上方から見て、左端の弓手から矢軸を挟んで右端の馬手肘まで、真っ直ぐな会って出来るんです。

もっと正確に云えば、弓手・手の内の角見と馬手はかけ帽子の弦枕、そして右肘の突起までが上から見て直線な会相が出来ます。

頭が体の前に垂れない様に、ギリギリまで縦伸びをします。
そうすると、弓手と馬手との間に首や頭が有っても、ギリギリ的の向かって真っすぐに押し引きが出来ます。

ここまでやった事の無い人は、皆そんな事出来ないと言います。
ご自身が第1の判断の基準だからです。

和弓は適度な入木のせいで、矢の直進を邪魔せずに矢を発射できます。
また、離れに於ける下鉾が先行する形状復元の助けもあって手の内・母指球などへの弦の強打を防ぐ事が出来ます。

これが正射の一つの側面ですが、ただ時を待って雨露利の離れをすればいいのです。


■[3] 右肩がひき肩になる。勝手の肘が肩後ろにいく。 (投稿4件)

1:弓道loverさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.4.6 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14D27 Safari/602.1
ひき肩になり、勝手の肘が肩より後ろにいってしまいます。
どうしたらいいか悩んでいます。教えていただければ幸いです。
的中は100本引いて75〜80あたりです。さらに的中伸ばすにはひき肩と勝手の肘の位置を治すしかないと指導者に言われて、治すために試行錯誤しています。今日練習したら、どうしたらいいかわからなくなりました。アドバイスください。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
弓道loverさん お早うさんです。
 私は弓道loverさんのカキコを拝見いたしまして愕然とし又そんな指導者もいるのか?と驚きました。と言うのは、『正しい会ー右肘が入っているー』という文言入りの神永範士の写真が「教本U」のP141にちゃんと載っているのです。P142の『正しくない会ー右肘が入っていないー』と見比べるのがよろしいかと思います。このような会では色々な射癖が出てきますがここでは立ち入らないこととします。.75〜.80の的中率ならばそういう指導者の言には左右されないのがいいですよ。ぜひ「教本U p141〜142」を一目でもご覧下さってご自分の射に自信を持ってください。

3:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Safari/537.36
矢筋と肩線との距離が空き過ぎる会では、右肘を後ろまで回してこないと、会を保持出来ないのだと、思います。
右手首で弦を引く感覚ですが、帽子の腹で弦を払う可能性が高いですね。

一方、弓手は入れ過ぎず、右肘も肩線の延長上くらいにして、出来るだけ矢筋と肩線を近付ければ、弓と体が一体化する様になるので、会も楽に保てます。

また、弦・矢筈が右肘にある感覚で矢筋に伸び合えるので弦抜けも良く、矢飛びも狂い難いです。

解決策ですが、まず三角引きの方は猫背気味ですから、徹底的に背筋や頭を縦に伸ばすことです。
次に、大三から弓手・肩を押し込み過ぎない様に意識し、右腕の前腕を立てる方法を変えます。

大三で、馬手の甲を上に向けるよう手首で捻るのがいけません。
これで引き分けると、右肘が後ろに回ります。
右の手の平は常に腕の内側を向くものと思って下さい。
その関係のままに、肩線の延長上に右肘が来るようにすると、理想の会相になります。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 ドン引きさんが素晴らしい提案をなさっています。「弓手は入れ過ぎず、右肘も肩線の延長上くらいにして、出来るだけ矢筋と肩線を近付ければ、弓と体が一体化する様になるので、会も楽に保てます。」という部分の中でこの中の、「入れ過ぎず、  くらいにして、  出来るだけ近付ければ、  一体化する様に   楽に保てます。」というところですね。無理して頑張って強く・・・という表現はありませね。つまりは自然な働きかけの延長線上こそ大切だということかと思います。
このコツを体得するためには徒手で大三からまで引き込んでみてください。会までとは肘?が背中側に来るまでです(教本U・p138・141)参照。ドン引きさんもこの辺のことをおっしゃられていると思います。


■[4] まっすぐ引く、まっすぐ離す為には (投稿4件)

1:男子学生さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 10_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.2.14 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14B100 Safari/602.1
的中率がここ数ヶ月0%で、外部指導の先生に『まっすぐ引け、まっすぐ離せ』と言われるのですが、試行錯誤してもまっすぐ引いて離す事が出来ません。
どうしたらいいのでしょうか?

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
中りの要諦は離れです。
毎回違う離れになっているので中りません。どんなクセ射でも繰り返していればある程度中りますが、それもないということは試行錯誤があだになっています。
離れは一瞬のことなので思うようにならないと思っていますね。私たちは、離れはその一瞬に高速で体を動作させないといけないと思いがちですが、その発想を転換します。
徒手で離れの型をスローモーションで繰り返します。同じ型を的前でもスローモーションで再現しようとして見てください。できますよ。実際には十数キロの負荷が解放されるので高速で勝手が飛びます。しかしこれは自分の意志でゆっくり型通りに動作しようとしているので、今までの試行錯誤とは質が違うでしょう。違う世界が見えてくると思います。
いずれにしても課題をころころ変えていては時間がいたずらに過ぎるだけです。

3:男子学生さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 10_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.2.14 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14B100 Safari/602.1
天龍様ありがとうございます。今日から実践させていただきます。

4:加門さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
どんな状態が、真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ離れるということなのか。さらに、どうすれば、真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ離れるのか、ということを、今一度、指導者に訊いてみることが大事なのではないでしょうか。これは誤解を受けやすい教えで、学生でこの教えを正しく理解している方は少ないと思います。


■[5] 妻手が潰れてしまう (投稿7件)

1:てちつさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; M02 Build/V01R028A) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/39.0.0.0 Mobile Safari/537.36
妻手がどうしても潰れてしまいます。

高校で弓道部に所属しております。
私は引きが小さく、大きく引こうとしても目通りを過ぎた辺りで妻手の手首を張ることができず、潰してきてしまいます。先輩や先生、同期に相談したのですが、妻手が潰れているということの判断基準が人によって違うので、イマイチ治さなきゃ!と思えず……ですが先生には大きく引いて弓の中に入らないと良い離れが出ないよ、と言われ、妻手を正しい位置に引っ張ってもらうと縮みはしますがうまく弓に入り込め、矢飛びも格段に違いました。(ひとりではできませんでした)最近は矢所が下だったり前だったり、今までも潰していたのに的中が今より良かったのは疑問ですが…。妻手を今までそこまで気にして張っていなかったので、手首を張る筋肉が足りないとは思います。

考えが上手くまとまりませんが、引く前は大きく引こう!と意気込み、できる気がしているのですが、巻藁でも的前でも目通りを過ぎると下に潰すしかなく、感覚がないのでどう動かせばいいのかわかりません。先生に感覚がないことを相談すると感覚を作り出しなさいと言われました。的前に立ったばかりの頃は、射型が安定しないながらも潰れてはいなかったので、引けない骨格などではないのですが……。今現在的中も伸びず、矢も真っ直ぐ飛んでくれず、試合が近いのでこのままだと選手になれないのでとても焦っているので、妻手のことを考えずに引きたいです。治すには時間がかかる。早く妻手の重要さに気づかなかった自分が悪いのですが、もう時間がありません。妻手が潰れていても問題がないということはないのでしょうか。自分に都合の良い情報を集めても先生に妻手のことばかり言われてしまい、また妻手を気にしたり、しなかったりと、効率の悪い練習をしてしまうと思います。自分がどうしたいのかよくわかりません。最近は焦るばかりなので、今巻藁を引いてなんの意味があるんだろう、と考えてしまいます。まずは引かないと上達は望めないと分かっているつもりなのですが、どうしてもできない気がして集中できません。

ひとまず、疑問としては
@妻手が潰れるのは手首を張り、大きく引き分け、妻手が寝ないようにする以外に方法はないのか
A妻手が潰れていても弓の中に体が入り込め、正しい伸び合いができるのか

ということです。前置きが長くてすみません。自分の考えを整理するのが下手なのも、上達の遅さに影響があったと思います…。部分的で構いませんので是非回答宜しくお願いします。

4:てちつさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; M02 Build/V01R028A) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/39.0.0.0 Mobile Safari/537.36
>tomochinさん

ご回答ありがとうございます。矢を番えてできないのなら徒手やゴム弓で感覚を掴むべきですよね。はっきりと妻手が潰れない引き方を、時間がかかっても見つけたいと思います。


>天龍さん

ご回答ありがとうございます。
課題がはっきりしているのに、人に頼ってしまう。本当にその通りです。妻手が潰れていても、的中を上げたい。結果を出したい。今まで、優柔不断で何か一つに絞れなかったのがいけなかったと思います。妻手は中期的計画として、まずは的中を出せるように、選手選抜まで死に物狂いで努力したいと思います。考えを整理させて頂いて、本当にありがとうございました。

5:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:52.0) Gecko/20100101 Firefox/52.0
肩が詰まってるからだね。
力不足なのか、力不足になるような大三の形をとってるのかはわかりませんが。

6:てちつさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; M02 Build/V01R028A) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/39.0.0.0 Mobile Safari/537.36
>麸さん

ご回答ありがとうございます。
肩が詰まっているのはあるようです。あまり自覚が無かったので、気を付けてみます。

7:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:52.0) Gecko/20100101 Firefox/52.0
1.親指が弓構えから上を向いている。
円相を意識するとか手先をいじりすぎて手のひらと弦の位置関係がおかしくなっている。
執り弓の姿勢の不具合を手先でごまかそうとするとこうなります。

2.縦線が負ける
これも執り弓の姿勢の不具合や足の踏み損ねが遠因となりますが、打ち起こし以降から縦線を伸ばそうとすると、下半身が伸びに適した状態になっていないために、力負けしている。

3.左手を意識しすぎ
胴体の状態が不十分なままで、左手側を強く意識しすぎると、左肩つま先側、右肩がかかと側にずれるように、胴体がねじれて右手が負ける。

縦線の構築をさぼっている初心者の場合、1,2,3が複合します。


■[6] なで肩の人は会の時に肩根が水平になるのか? (投稿5件)

1:弓道歴一年の人さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.4.6 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14D27 Safari/602.1
自分はなで肩なんですが、会の形で肩根が馬手肩と首そして弓手肩を結んだ線が山のようになり盛り上がってしまい、地面と水平になりません。
骨格の問題なのでしょうか?

2:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:52.0) Gecko/20100101 Firefox/52.0
肩を前に突き出して腕を回内してるような気がするんですが。
だとすれば、回内させず、大三〜会に於いて弓手肘を少し曲げて引けるようにすれば、それなりの会相に近づくような気がしますね。
当然ですが馬手肘の位置感覚は違ってきますよ。肩を前よりも左右方向へ開く感覚で。
もしこの方向であってるなら、自分の感覚よりも、人にそれなりの形になってるか見てもらいながらがいいでしょうね。

3:弓道歴一年の人さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.4.6 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14D27 Safari/602.1
返信ありがとうございます。

弓手肘は曲がっています。確かに、回内のイメージで引いています。ですが、そうした方が、絞りがでてはなれが良くなる気がするんですが、そこらへんはどうなんでしょうか。

4:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:52.0) Gecko/20100101 Firefox/52.0
弓道歴一年の人さんの実際は知らないが、過ぎたるは及ばざるが如しとかゆう・・・やつ?
私もなで肩だけど、肩を左右に開いて、それに従えばW字にはならないんですけどね。
極端なこと言えば、アーチェリーのように肘が上がった状態に近くなってると思ったんですよ。

5:弓道歴一年の人さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.4.6 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14D27 Safari/602.1
ありがとうございます。

肩を左右に…ですか、もう少し意識してみます。あとは下筋を感じながら、伸び合うって感じでしょうか?
新参者ながら、美しい射へと近づけるよう、精進していきます。
ありがとうございます。


■[7] 親指と人差し指の付け根の高さ (投稿5件)

1:双さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0.2; ASUS_Z00ED Build/LRX22G) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Mobile Safari/537.36
高校生の男子です。
自分は、離れのときに親指と人差し指の付け根を結ぶ線が右肩下がりになってしまいます。その結果、手の内の押しがうまく決まらずに、弓は180°ぐらいしか回りません。親指と人差し指の付け根の高さを同じ高さに維持するにはどのようにすればよいのでしょうか?

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:51.0) Gecko/20100101 Firefox/51.0
体を右側面から観察したとして、頭から腰にかけて緩いS字を描く姿勢をしているのだと予測します。

腕を軽く伸ばした状態で上半身を傾けてみるとわかると思うのですが、胴体の角度を変化させると、手のひらと地面のなす角度も変わる。

弓を引くのには軽く左腕に伸ばす力をかけてないといけないので、胴体の状態を

>親指と人差し指の付け根の高さを同じ高さに維持する

のに適したものにコントロールする必要があります。執弓の姿勢で猫背だったり、肘が垂れてたりしてませんか?

3:tomochinさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.59.10 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.9 Safari/534.59.10
弓手の肘を立てることを意識しすぎると手のひらが下を向きやすいですね。天文筋を弓にきちんと付けることを考えてみたらいかがでしょうか。

4:双さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0.2; ASUS_Z00ED Build/LRX22G) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Mobile Safari/537.36
回答ありがとうございます。
自分は上半身が整っておらずS字を描く姿勢になっていると思います。
また、最近弓手を立てることを意識しすぎで、弓手が使えてない気がします。
今日も練習があるので早速実践してみます!

5:双さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0.2; ASUS_Z00ED Build/LRX22G) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Mobile Safari/537.36
実践してみました。
会のときの弓手はそれなりにできるようになった気がしますが、離れではどうしても保つことはできません。また、小指の締めが離れで緩んでしまいます。
そこで、思ったのですが会のとき、弓手の親指と人差し指で弓を挟む力は入れたほうがよいのでしょうか?


■[8] 口割り、会 、弓手について (投稿5件)

1:ぽぷりんさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.4.6 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14D27 Safari/602.1
たくさん質問したいことがあります。
高校一年の女子で初心者です。
@ 口割りについてなのですが 他の人の口割りの位置は 上唇なのですが、自分はどうしても口割りの位置が上唇と下唇の間になってしまいます(友達に見てもらってます。
口割りはどこに合わせればいいのでしょうか?
A 会についてなのですが、友達に10.9.8と10からカウントダウンしてもらうと、7秒弱までは待つのですが、立ちになるとか頑張っても4から5秒で離してしまいます。ひどいと1秒くらい。
それでも当たってしまいます、 いつも、引き分けで会の位置に来るよりも先に狙いがあってしまい、自分では会に入ってると思っていても、他の人から見るとまだ引き分けで 結局会がないです。
早気をどうすれば直せますか?
B 弓手の手の内のことなのですが
弓返りすると必ず弓が落ちて、とうをもってしまい、弓手が動いてしまいます。
小指をしめると今度は90度から180度しか回らないのですが、弓は落ちていません。
でも弓は回った方がいいのでしょうか?
矢のスピードとか 狙いも変わってしまうのでしょうか?

初心者でわからないことがいっぱいなので教えてくださると嬉しいです。
長文失礼しました。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:51.0) Gecko/20100101 Firefox/51.0
>@ 口割りについてなのですが
ほとんどの人は、鼻の下から下唇の間のどこか。引き方で変わりますし、骨格で変わります。首が長いと下唇よりも下にすると安定したり。

>A 会についてなのですが
猫背気味の姿勢で引いている感じを受けます。胸がひきつけを邪魔しているのであれば、引き方の工夫については過去ログを探してみてください。


>B 弓手の手の内のことなのですが
弓を引き絞った状態を一定に保って、そこに自分の体をはめ込むイメージで考えてみるとわかると思いますが、姿勢が変わると関節の角度とかが全部変わります。各関節の角度が変われば、どの筋肉に力を入れやすく、どの筋肉に力を入れにくいのかが変化してしまう。

さらに各筋肉は相互に作用してますので、正しい手の内の働きを求めるのであれば、姿勢が適切なものであり、全身の筋肉の働きが適当なものでないといけません。

なので初心者の内からあまりに精度を求めてもしょうがない。

3:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
口割りは「口の線より下がらないように」と教本に書かれていますので、今やっている上下唇の間で丁度良いのではないでしょうか。

早気にはならないように気をつけたいです。引き分け動作の続きで離してポンポン中ててよいならこれほど楽なことはありません。しかしこれでは弓道にならないので、誰でも気合の発動で離れを出すという難しいことに挑まざるを得ないのです。
息を詰めてピターと停止した状態からいきなり離れを出すことは出来ません。必ず呼吸はしています。呼吸という限りは一度は息を吐き出さなければなりません。その時縮まないように堪え切れるのが会の形です。何回呼吸をするかは人それぞれですが、決めたところで躊躇なく離れにもってゆきます。
何秒持てたから良かったという考えではありません。

手の内は、初心者の時形をうるさく言われたので、大事な掌根(小指の付け根)が弓にビターと付いていないことが多いのです。大三で弓を照らす方向に手の平の角度を決めて、手の内の皮を全て巻き込むようなソフトな手の内を心掛けると良いと思います。
すぐにできる必要はありません。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 @口割り:「口の線より下がらないように」とありますので私は「口の線〜鼻までの間」としております。
 A会では数を数えても何ら会として有益にはなりません。ですから次のBのことを心がけてその充実に励んでおります。
 B会の充実
 ⑴胸を開くこと・・・イメージとしては、時代劇によくあるような左右のふすまを両方へ胸で開けて入っていくような気持ちです。ですから離れで上体が少し前に出ます。その分は弓倒しで元に戻ります。   
 ⑵弓手の感じとしては、三指は弓に反時計(開く方向)回りの捻りをかけます。それと同時に、意識としては「握る意識を」育てます。実際は力としては開きにかかっているのですが意識的には次の「離れに備えて握り」を用意しているのですし、離れの気合いで弓を握ります。・・・このへんのことは弓の素引きや徒手でその要領を掴んでください。
会の段階で実際に弓に働いている三指の力は水平方向ですから、離れで弓や手の内が下がってしまうことはありません。離れではその気合とともに弓の力を感じてその力に対抗している「開こうとしていいる力がまずもって働き」、その動き・振動に連れて三指が弓を握りますから弓は全く落ちません。
 
 初めは難しいかもしれませんが是非要領を得るよう頑張ってください。 

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
すみません、前便での化け文字の&#9332はカッコ1、&#9333はカッコ2でした。


■[9] 引いている時だけの身体の痛み (投稿3件)

1:まさおさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; SO-01G Build/23.5.B.0.303) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/46.0.2490.76 Mobile Safari/537.36
こんにちは。直心IIのカーボン15キロを使っている高校生です。
弓を引いている時だけに馬手の上腕二頭筋と上腕三頭筋と肩が痛く、(というか辛い?)引き分けが辛くなってしまい、会もそれに伴って辛くなるせいで、早く離したいという気持ちが先行して会がまったくない状態で離してしまいます。的中も全く出せません。
今ままで2年弓道を続けていますが、こんなこと始めてです。今の15キロにしたばかりの当時はこんな痛みもありませんでした。因みに矢所は後に集中します。
先生方や友達に見てもらいましたが、見かけ上これと言って無理な引き方をしているようには見えないし会の形も綺麗だと言われました。まったく原因がわかりません。どうしたらよいでしょうか。

2:ふみふみさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; F-01H Build/V16R071A) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/39.0.0.0 Mobile Safari/537.36
即 病院に行ってください。高校生…面倒くさがって行かないんだろうなぁ…
見てもらっても原因不明なんですから方法はそれだけしかありません。射形が綺麗とかこの際 関係ありませんから。

3:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:51.0) Gecko/20100101 Firefox/51.0
会の形は引き分けなどで作るものではなく、8節の集大成として出てくるもの。

なので、8節のどこかがずれると、会もずれてくるのが自然。

これを鏡で見ながら、腕の力などを使い、見かけ上の形のみ整えるとねじれが多重化してパッと見たぐらいでは原因がわからなくなります。

右側に負担が来てるのなら、右が弱くなるずれが、8節中のどこかに(たぶん前半3節のどこか)に内在してます。

例えば、足を踏み開くときに首を右に傾ける癖があったりとか、弓構えで右ひじがわずかに垂れてるとか。一番ありそうなのは、軽めの猫背ですが。


■[10] 引き分けの途中で暴発します。 (投稿4件)

1:羽。さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; 601SO Build/39.0.D.0.327) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/55.0.2883.91 Mobile Safari/537.36
最近引く度に暴発するようになりました。引き分けの途中(頭の高さくらい)で暴発します。(かけに引っ掛けている所が取れて弦が抜ける感じです。)
引き分けていく内に かけの中の親指がずれ、親指のかけの所自体が曲がって外側を向く?感覚があるのですが暴発の原因ですかね? 取りかけも捻りも悪くないはずだから原因が分からないと言われました。そして今まで暴発が続くことが無かったため恐怖心で引けなくなってしまいました...。射型も崩れ治る気配がなく泣きそうです。

去年部活ではじめた弓道初心者なので暴発の治し方や良い射の練習の仕方があれば教えてほしいです。

2:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/55.0.2883.87 Safari/537.36
取りかけと捻りが悪くないという条件で考えると…ほんの参考です。

使い古されたかけで、控えなどの腰が弱く、またサイズが手に比べて大き目なのが考えられます。
そのかけを指した時、手首の手先側に紐を巻かないと弦にかけが引かれで、帽子から親指が抜けそうになります。

この様な場合が考えられます。

他に、弦枕の状態も確認してください。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 捻り革が効いていますか?いわゆる平付けが心配されますがね。

4:羽。さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; 601SO Build/39.0.D.0.327) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/55.0.2883.91 Mobile Safari/537.36
返信ありがとうございました。暴発の回数も減ってきました!

かけのつけかたを気にするようにしました。
また、引き分けのときに手首が曲がるせいで勝手がだんだん寝ながら引いてしまう癖があるので治せるようにしたいです。


■[11] 早気 (投稿5件)

1:パンさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_2 like Mac OS X) AppleWebKit/602.3.12 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14C92 Safari/602.1
今までは会は短かったものも、
2.3秒はありました ですが
今日、急に早気になってしまい、1秒あるかないかです。
会を保ち戻す動作をやろうとしたところ
戻そうと思った時に無意識に離れてしまいました。
数えてもらうと3秒は保ちます。
たちなど 数えてもらえる人がいないと、1秒あるかないかになってしまいます。
正直もう嫌になってしまいました。
巻藁は以前 巻藁に当たらずに、台である、鉄パイプに当たったのがトラウマで、引けません。
何とかして治したいのですがどうすれば治りますか?

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:50.0) Gecko/20100101 Firefox/50.0
会が保てなくなる前後で姿勢の変化がありませんでしたか?ここ数日えらく寒いので、猫背になってませんか?

3:パンさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_2 like Mac OS X) AppleWebKit/602.3.12 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14C92 Safari/602.1
いさん
確かに
うちの学校の道場は とても寒くて、少し猫背になってしまったのかもしれないです。
やはり 姿勢と早気は関係あるのですか?

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:50.0) Gecko/20100101 Firefox/50.0
弓を垂直にたてて引くの出れば、猫背では背中がうまく動かなくなるので、これを解消するために、引き分けで胴体をねじりながら引いてしまいます。

左肩をつま先側に押し出すようにねじれば、右肩がかかと側にずれて、右手がねじれて暴発しやすくなる。

弓の垂直を保ちつつ、左右のバランスをとれば、腰をそらしつつ、首を曲げて頭の垂直を保とうとしますので、この反る力に誘発されて手の平が開いてしまう。

5:巻藁三年的八年さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
バンさんは、セッカチ、早食い、早口ってことはないですか?
私も「早気」は苦労しました。巻藁でも大三で離れが来てましたから。「早気」の殆どの場合は、精神的なものではないでしょうか。日常生活の習慣や、意識できないストレスから来るような気がします。こんなことやってみてはどうでしょう。食事の時、時間をかける。一つ一つ「これは卵焼き、鶏の卵を溶いて焼いたおかず、いただきます」みたいに動作に意識を付ける。話し方、言いたいことを、分かり易く短いセリフにし、ワザとゆっくり話す。行動、セッカチな人は先読みしすぎてしまうんですネ。三つ以上のことを一度にやらないようにしましょう。(料理はOKです。すべてに気配りしないといいもの出来ませんので)お役に立てれば幸いです。
結婚を機に、治った人もいましたヨ。


■[12] 後ろ狙い (投稿4件)

1:みかんさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_2 like Mac OS X) AppleWebKit/602.3.12 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14C92 Safari/602.1
狙いがいつも後ろです。
自分では 自分の的を半月で狙ってます。
友達に後ろで狙いを見てもらうと、的に1個か1個半くらい後ろを狙ってるそうです。
離れるとやはり狙ったところに飛びます。(後ろ

そこで的に1個半くらい前を狙ったところ当たったのですが
それでは狙いがとても不安定です。
前まではきちんとその狙いで当たってました。
どうにかして後ろ狙いを治したいのですが
どのようにすれば治りますか?まだ原因はなんでしょうか?

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:50.0) Gecko/20100101 Firefox/50.0
一番ありそうなのは、右肩踵側、左肩つま先側にずれるように胴体がねじれている状態で引いている。

顎が浮いているとか指摘されませんか?

3:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
狙いが同じでも、例えば頬付けが離れていれば、矢は後ろに向くし後ろに飛びます。
また、以前より顔向けを深くしたり頭が後ろに傾いたりすれば目の位置がずれるので、やはり後ろに向きます。
1cmほどの誤差でも的では30cm以上違ってしまいます。

4:巻藁三年的八年さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
効き目は右目を想定してのことになりますが、もともと半月狙いで、矢が後ろ付きだったとすると、弓歴、及び、実際に射を拝見していないので一般的なアドバイスになりますが、やはり皆さんのおっしゃる通り、どこか基本がおろそかになっていりのでしょう。会での縦線、横線の張りを意識しましょう。引き分けの時、腕の筋肉の使い方が収縮運動になってませんか?(重いものを持ち上げる時と同じような筋肉の運動)そうですと、離れの意識と、体の動作が一致せず真の狙いが得られません。引き分けの意識としては両腕が限りなく的と、的の反対方向へ伸びていくように「柔らかく、しっかり」引き分けるよう試してみてください。あと、両親指への意識は、常に的を捉えて矢と一体になるように伸びていることが大切です。特に妻手の親指が握られてる(曲がっている)と離れの瞬間に伸び、ブレが生じますので注意しましょう。物理的にはカケの弦溝が深くなってきたり、中仕掛けが痩せてきたなども原因としてはありますが。基本は「大きく引いて、大きく離す」です。※いつも長文で失礼いたします。


■[13] 矢渡し動作について (投稿19件)

1:しょうきさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.1.13) Gecko/20100917 Firefox/3.5.13 Lunascape/6.3.3.22929 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
初めまして。弓道部に所属している,高校2年生です。

長文で,質問が多くてすみません。

僕が所属している高校の弓道部が,次の大会を運営し,『矢渡し』をすることになりました。
僕以外の人が大会当日におこない,なぜか僕が指導することになりました。
(教えに来てくださる先生から資料を渡され,「指導してあげて」と言われました。矢渡し動作については,全く知識がありません)

次の日から,渡された矢渡し動作の資料(『介添』という本の一部?)をもとに教えていますが,わからないことが多数あります。
教えに来てくださる先生は,なかなか予定が合わず,矢渡しの指導を直接受けていません。
また,顧問の先生は弓道経験者ですが,矢渡し動作は分からないそうです。
インターネットで調べても,なかなか出てこないので質問させていただきます。


1. はじめに第二介添が安土に向かい,蹲踞をしますが,蹲踞のタイミングは射手・第一介添とそろえるのでしょうか。
2. 射手の放った矢が,第二介添から見て的の奥に立った場合,的を超えた場所で(または的の正面で)蹲踞をし,矢を抜いてもよいのでしょうか。
3. 射手が矢を放ち,弓倒しの後,どのように本座に戻るのでしょうか。
4. 矢を受け取った後,射手は揖をしてから立ち上がるのでしょうか。
もらった資料には“揖をする”とは書かれていませんが,YouTubeなどで見る動画では,揖をしています。


もらった資料のをみると,結構ページ数が飛んでいて,射手に関する資料が全くなく,困っています…。

よろしくお願いいたします。

16:1さん
削除されました。

17:1さん
削除されました。

18:石田晶一さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MAFSJS; rv:11.0) like Gecko
矢渡しで万一に備え第二介添えの助けを
する第三介添えを置く場合、どのような役割を勤めますか。この役は通常の矢渡しでは正規に執らなければなりませんか?
控える場所は?

19:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
第三介添えは必ず置いた方が良いと思います。射場の様子を見ていてもらうためです。
乙矢で筈こぼれがあったとすると、いつまで待っても矢は来ません。そのようなことを小声で知らせてあげるのが役目ですね。
看的小屋に、始まる前から待機してもらいます。隠れる場所がない特設会場などでも、観覧者が見ていてもおかしくない位置に立っていてもらえば、いざという時には助かると思います。


■[14] 押さない射の仕方とは (投稿4件)

1:しょうたさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/602.1.50 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14A456 Safari/602.1
弓道部です
押さない射とは、どうすればできるのでしょうか
また、押さない射の練習法を教えてください
お願いします

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
引き分けは押し引きで運行するということが教本にも明記されています。
ただし、会において「弓手を押せ押せ」という指導は疑問だと思います。会で、弓手手の内の働きで弓にトルクがかけられてゆくと弓力以上の反発力が発生します。十分に入った肘、肩の関節を支点にしてそれに耐えます。
その力の方向は直線的な「押す」という概念より円運動様になります。「胸を開く」という表現はこれを指していると思います。この際「弓手を押す」という考えは、離れに臨んであまり意味はないように思うし、教本にも会の項に押すという記述は見当たりません。

「押さない射」とは、どこで聞いた言葉か分かりませんが、そのような意味合いであって、特別な射法を言うのではないと思います。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
天龍さんの
>「力の方向は直線的な「押す」という概念より円運動様になります。」

 これこそ真に的を射たフレーズだと思い感服しております。私も良い勉強をさせていただきました。
 
 私が付け加えるのもおこがましいですが、弓手の三指は「押すというよりむしろ的側へ引っ張り様といった感じ」かと思います。

 スレ主さんは、ここでの場合、「押さない射」というのをどのように捉えているのか(思っているのか)を書いていただくとレスもし易いといつも思いますよ。


 

4:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/55.0.2883.87 Safari/537.36
三指が右側木を引っ掻く様な力の使い方は不要に思われます。

弓を弓返り方向に回転させる様な力を用いるのは角見が思うほど利かずに弦で腕などを打つことを心配されているのだろうと思われます。
或は弓返りなども完全ではないからでしょう。

適度に入木の状態で、弓を握り込まず、角見を働かせてやれば、手の内で3指をその様に使う必要はありません。


■[15] 離れの時の悩みです (投稿3件)

1:MOMOさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_0_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.1.50 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14A403 Safari/602.1
弓道を始めて7ヶ月の高1です。
弓は10キロを引いています。

最近は的中も上がって来ているのですが…

最近先輩方に、
「あんまり弓返りしないね」とか
「離れで勝手が引っかかってる」など
よく言われるようになりました。

弓返りしないのは角見がかかっていないからだと言われたのですが、角見が未だに自分の中で掴めていません。
角見のかけかたを教えて下さい!

それから、勝手が引っかかる原因としてあげられるものは何でしょうか?
教えて下さい!
この前は焦げたような匂いがしましたそれも引っかかるのが原因ですか?

長文失礼しました。
回答よろしくお願いします!

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
高校生なら女子でも13kg程度の弓を引くようになるので、今の問題は解決すると思います。
やわらかい手の内ができていれば、弓のパワーが指をこじ開けて回ります。
勝手も同様に、かけの弦枕を押し開けて弦が飛び出て行きます。
今は、弓が弱いのでその効果が得られていないだけだと思います。
基本通りに引いて離す練習をしながら、出来れば少しずつ強い弓に移行する努力をして下さい。

3:MOMOさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_0_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.1.50 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14A403 Safari/602.1
天龍さん
ありがとうございます!
少しずつ、キロ上げ出来る様に、正しい射になれるようにします!


■[16] 強弓について (投稿41件)

1:雷電さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; Sleipnir/2.9.8)
強弓(20kg以上?)を目指すのはどう思いますか?
技術や的中の向上と両立できるものなのでしょうか?

強い弓の方が中り易いというのは分かりますが、技術はきちんと付けていけるものなのでしょうか?

このままどんどん弓力を上げて良いのか疑問に思ったので投稿した次第です

以下、自分の情報を分かる限り書いておきます
19歳、男、大学生
弓歴1年半、二段(2011年11月審査)
現在練習は週に1〜3回くらいしています(1日30〜40射程度)
弓力の移行状況(並寸使用):楓12kg→粋16kg(15kgで買ったのですが実測16kgでしたorz)→直心USC17kg(現在)

38:公職の候補者さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
Yumihikiさんへ
 私は弓道歴34年半で、的前で50キロまで経験しましたが、あなたは私に「素人」といえるのですか。言動を慎まれるとよいでしょう。
 また、「よく判らない伝聞」とのことですが、京都の弓師本人と、同人から直接聞いた人の話で、「いい加減なこと」ではないので、あなたこそ最低限度の常識をわきまえるべきでしょう。

39:ふみふみさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; F-01H Build/V16R071A) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/39.0.0.0 Mobile Safari/537.36
50kg、聞いたことありますね(笑)。南の方かな?
私は何とか体重の半分は引けるようになりました。
幸い体はどこも痛めておりません。

40:公職の候補者さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
体重と同じにしたいのですが、程遠いです。

41:公職の候補者さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET4.0C; YTB730; YJSG3)
 引けない弓を引けるようになるためには、引けない弓を引こうとしなければなりません。それも、一期に何十キロも上げられるわけでなく、私の場合は5キロ刻みでした。それでも男性であれば、35キロ、40キロはわけなく達成できるでしょう。また、筋トレなしでも50キロまでは可能です。要は、慣れの問題に過ぎません。少々費用はかかりますが。ちなみに、骨法で引けるのは、30キロ台までのようです。


■[17] 弓手手の内のはたらき (投稿1件)

1:かひろさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; SC-04F Build/MMB29M) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/53.0.2785.124 Mobile Safari/537.36
弓歴一年半の高校2年で斜面系統を習っているものです。
会に至った時の押しかたについて手の内を照らすように力を加えながら、親指を低く押すというのは間違いでしょうか?


■[18] 押手が疲れて引けない、、 (投稿3件)

1:ぴーさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/602.1.50 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14A456 Safari/602.1
今日練習をしていて、いつも通りに弓を引いていたんですが、10本も引いてないのに押しが効かなくなってきて、終いに引分けられなくなりました…
修学旅行とテスト期間が重なり2週間くらい引けてなくてそれが原因なのでしょうか??
押手側の肩甲骨辺りが痺れているような気がしてこれが関係しているのでしょうか?
よかったら回答お願いします(;;)

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:49.0) Gecko/20100101 Firefox/49.0
姿勢のチェックを。たぶん猫背気味の姿勢になっています。

3:ぴーさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/602.1.50 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14A456 Safari/602.1
普段から猫背気味なのでそうかもしれません^^;
お答え頂きありがとうございます。
これから気をつけたいと思います!


■[19] 押手 親指 側面 (投稿1件)

1:弓山さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0.2; ASUS_Z00ED Build/LRX22G) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/54.0.2840.68 Mobile Safari/537.36
学生で弓道をしています。最近、弓手が控えすぎと言われたので深く入れるようにしたのですが親指の側面をよく擦るようになってしまい痛くなってきました。
質問なのですが、親指の側面は弓に接するのでしょうか?その場合、手の内の作り方や押し方を教えてほしいです。


■[20] 離れる時の口割りについてる矢について (投稿7件)

1:kai( & ◆7wootj7cさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_5 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13G36 Safari/601.1
会で口割についた矢は
離れで離れるものですか?
自分の射は、会から離れで何故か
口割りについていた矢が離れて
離れます。。

馬手も同じく離れで少し前に行くのですが、
これはやはり悪い癖でしょうか?

普通の人って
矢がくっついたまま離れよね???

4:通りすがりさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/53.0.2785.116 Safari/537.36
この場合撮影の角度やコマ数などによってはっきりとは言えませんが、

@手から弦が離れる前に馬手が前に動くのであれば、頬付が離れています。

A離した後に矢が頬付から離れている場合は問題ありません。弦が筈を一瞬前に押し出すため、矢が少ししなり、顔を打たずに発射できるからです。

@の場合であれば頬付を付けたまま離せるように修正する必要がありますが、その方法については人によって違いますので、指導者や信頼できる方にお尋ねするのが良いかと思います。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
>口割りについていた矢が頬から離れて
離れます。。

ということは、「馬手で矢を頬から離している」のですから、馬手に力が入っているということです。馬手には、手首・前膊・上腕の全てに引く力をかけてはなりません。馬手は弓手に引かれていることが絶対条件です。馬手の感覚は切り指(人差し指)と後方斜め下へ引く肱だけですから、矢を前に離す働きかけは一切ないはずですし、引き込んでとてもリラックスしているのが正解です。。
 ですから、kaiさんの離れは「前離れ」になっているのではないでしょうか?馬手腕は「力の伝達期間」と心得てください。

6:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/53.0.2785.143 Safari/537.36
切り指が人差し指と記されていますが、その指に感覚が有るとすれば、堅帽子を押さえているのは一般的な中指ではなく人差し指と云う事でしょうか。

もしそうなら、さり気なく破格の指導をされている様に思いますが、如何でしょうか。

勿論、私は長らく人差し指と堅帽子だけで指を結んでいますが・・・。

7:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
いゃー! 6:ドン引きさん 、申し訳ありません。言われて気がつきました。切り指は「中指」の間違いです。私としたことがお恥ずかしいです。
以後気をつけます。


■[21] 練習方法 (投稿5件)

1:るさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 10_0_1 like Mac OS X) AppleWebKit/602.1.50 (KHTML, like Gecko) Version/10.0 Mobile/14A403 Safari/602.1
こんにちは高校生2年の現役弓道部員です
私は自分で言うのものではないのかもしれませんが、真面目に全力で練習に取り組んでいるつもりなのですが、全く的中が伸びず、やっと(当たりはしないが)的の周りをかする矢どころになってきて、安心していたのですが、今日引いたら全く的の近くにとばず、前的の左下らへんに飛んでしまい、弓手肩が入っていなかったのかなとおもい、いれてみたのですが、変わらず、肩甲骨を寄せられていないのかなと思い寄せると滑走し、馬手を意識して引くと安土からはみ出るほど上に飛んでしまい、もうかれこれ1年くらいスランプから抜け出せていません。一時期部活を辞めようかと考えた程です。
なにがいけないのでしょうか。

2:novuさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
るさん
大変困っているようですね。かれこれ1年間ですか・・・
その間に、顧問の先生や、師範の先生、先輩方に見て頂いたり、教えて頂いたりはしていないのですか?
ご自分で思いつく限りのことを試して、改善が成されないのであれば、他のところに原因があると考えるべきで、るさんの射を見ることのできない、人達に“なにがいけないのか?”と問われても回答はできません。
先ずは、ご自身の周りの方にご指南いただくのが良いのではないですか?
ひとつアドバイスができるとするなら、基本に立ち返っては如何ですか?
足踏みひとつ変える(キッチリする)だけで、射は断然変わりますよ。

3:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/53.0.2785.122 Safari/537.36 Vivaldi/1.4.589.29
真面目に全力で練習に取り組んでいる人は、カケの弦枕が奥に食い込んでカギ爪状になっていることがあります。

そうなると離れがひっかかるせいで矢所がどうしてもバラついてしまい、馬手が強いときには離れで不自然に引っ張ることになるので、大きく上に飛ぶこともありえます。

本来はカケ修理ですが、その他にわざと弦の中仕掛けを太くして、離れ時スムーズに弦枕から滑り出ていけるように調整する方法もあります。


弓手肩が入っていない・肩甲骨を寄せられていない
つまり猫背でしょうか?そのようなフォームのせいで十分な引き尺が取れなくて、
馬手親指先が下を向いちゃってるとか、ひねり弱くて平付けになっているような気がします。

そうなると会の張り合いが弱くなるに伴って角見も効かなくなりますので、大きく前に飛んだり、滑走してしまうと思います。

まずは足踏み広めにとって引き尺取りやすくし、会での左右の張り合いの作り方を考え直してみるのが良いと思います。

4:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/53.0.2785.116 Safari/537.36
的に中らないから、その原因を知り、そして直し中る様にしたいのでしょう。

原因を知りたいなら、巻藁で射出されたばかりの矢の様子を観察するのが一番です。
気に掛る部分を変更した場合に、好くなったのか、そうでないのか、そうした事をよく見て好い方向へ進んで行くことですね。

5:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
どこがいけないのでしょうか。私は考え方がいけないのではないかと思います。
練習に取り組むテーマが決まっていない。これに尽きます。こうしてみたらだめ。ああしてみてもだめ。だめとはだれが判定するのか?どのくらい突き詰めたところで判定するのか?
これまでもいい矢が出ることはあったと思います。その時その射をとことん繰り返そうとしたでしょうか。すぐに別のことに気持ちが移っていませんでしたか?教えてくれる人を本当にに信用していたでしょうか?
そう考えるとこの1年間同じ所を行ったり来たりしていただけではないでしょうか。高校生の射が少しばかり危なっかしいのは当たり前、その中であたりを見つけて最後の勝負に臨むのです。
弓手を的につけて、頬付けと胸弦で安定させて、いつも同じ離れを緩まずに出す。射形はそのための方法論にすぎません。
頭を整理して一つのことを突き詰めてみたらどうでしょうか。


■[22] 弦で腕をうつ時の対処方法 (投稿7件)

1:紫蘭さん
KDDI-CA3K UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.112 (GUI) MMP/2.0

こんばんは
そろそろ高校2年生になる紫蘭です

今の僕の悩みは、弦で腕をうつことです。ここに載っている物で関係しそうな記事を見てやりましたが、どれもイマイチ上手くいきません。

先輩に教えてもらったのは、
・大三で小指を締める
・最後の一押しを全力で
・引き分けの時から口割れに合わせるように、体に近づけながら引く

親指で角見を回す感じ、とも言われましたが、そうすると今度は手首が折れてしまいます。

今挙げた方法・アドバイスの他に、こうすると良いとか、実際に体験したことでも、何でも構いません。

できるだけたくさんアイデアをください。

ちなみに今うっているのは、肘の関節すぐ近くから手首までの長さの半分くらいと、割と広範囲です。

よろしくお願いします。

4:MLさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.4; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; BRI/2; OfficeLiveConnector.1.5; OfficeLivePatch.1.3; .NET4.0C)
腕を打つのは、弦が腕に向かって弓が復元しているわけです。
これは、弓を強く握っていることが原因だと思われます。

手の内は「握る」のでなく「開く」ものとして押してみてください。
手の中で握られている弓に少しの余裕が出来ると思います。
そうすれば、体から離れるように弦の軌道が出来ると思います。

文字で表現するのは難しいです。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.22 (KHTML, like Gecko) Chrome/25.0.1364.172 Safari/537.22
4:MLさんが良いことを仰いました。手の内は握ってはなりません。開くようにするのです。開いては弓を落としてしまうのではないかとよく反論を受けることがありますが、開き方が違うのです。
 素手で握り拳を作り甲を上、掌を下にして机の上に置いてみてください。この状態から握りを解くには二つの方法がありますね。
@甲を高くして指の関節を伸展していく
A甲を上げずに指の基関節から指先関節の順に進展させていく
この@では手を広げることになりますからいけませんね。Aの方が正解です。もちろんこのままいつまでもこうしていてはゆみの落下を招きますから離れでは人差し指以外は握るようになります。この辺の極意を「締め戻し」と言っている本もありますしはっきり「離れでは握る」という流儀もありますね。

 総じて言えば、離れる前から握っていてはうまくありませんね。

6:チャッピーさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; SC-01H Build/LMY47X; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/51.0.2704.81 Mobile Safari/537.36 YJApp-ANDROID jp.co.yahoo.android.yjtop/3.2.4
僕も最近うでをはちます。
今年入って高校1年です。当たることは当たるんですがたまに腕をはつんです。多分僕の場合押しての小指にちからが入ってないと思うんです。
だから小指じゃないですか?

7:通りすがりさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/53.0.2785.116 Safari/537.36
素朴な疑問なんですが、物理的にトルクを大きくするためには物をしっかり固定して、回転を加える。というのが一般的だと思うのですが、この場合、握ってはいけないと仮定すると、どのような原理で手の内が利くのでしょうか?


■[23] 18kg以上の弓は弓道ではない。 (投稿7件)

1:kanzukasaさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; LCJB; rv:11.0) like Gecko
 いつからこんな事になってしまったのでしょう。
都内の友人から、とある道場の告知で書いてあったとのことで、とても興味がある内容です。
この答えを導き出した方の弓道の定義や考え方を是非とも知りたくて、書き込みさせて頂きました。
 私の弓歴は20年近くなりましたが、家の都合で田舎暮らしをしていますので、気が向いたら静かに弓を引く生活を営んでいます。
 土日祝日が特に忙しい職なので、射会や審査とも疎遠となり、弓道の為に走り回る事も無くなりました。
しかし、弓だけは手放せず部屋に立てかけてある弓が、「引いて」と語りかけて居るように感じる時もあります。
私の弓道は、己に潜む思い込みを無くす事を主眼とした弓道を目標にして修練して来ました。
その一番が弓力であり、弓の強さを意識せずに、射法に任せて合理的に弓を引くことの実践でした。
 無理に力に相対すれば是を意識して力を受ける守りの姿勢となり進まなくなる。 即ち「強い」とか「引けない?」とか思う段階で弓力に負け、自分自身で諦めている事があります。
 たしかに、自分の身体に適さない弓力の弓は体に害であり、頑張ったところで自分に適した弓には勝てない、また自己顕示の方法としての強弓自慢でしかないように思います。
 弓を始めた頃は我が師の勧めもあり、半年くらいで22kgの直心を引き始めました。
もちろんまともに引けませんが、我が師は「力射と言って、力を出す事を覚えなさい、それが必要な時期もある」扉を引く前に、藻掻きながら押してみることも大事と受け取りました。
それ以来、6分5厘を主体として、7分2厘、7分5厘(大体45kg位)の弓まで手に入れて、引いていました。
それが不思議なことに、引けるばらつきが大きくなるんです。
ほんの些細な違いや、無駄な思念・雑念が射を大きく左右し、たちまち引けなくなり、勿論突然引けたりすることも。
これは、弓が教えてくれている「それじゃだめだ、最初からやり直せ」と、思うようになりました。
 射法は当てる為の方法では無い、何のための方法だろう?
弓を合理的に無理なく引くための方法であり、これに答えがある。
私は射法の意味とその役割に、自分に甘えの出ない強さ、又成功と失敗を教えてくれる強さの弓が必要であり、それを引くための方法として捉えて、今日に至っています。

 私は、舗装された道路を道だと言って人が見た得た情報を楽しんでいるより、登山や山道を歩き様々を自ら発見しながら進み、人に踏み荒らされていない景色を見つけるのも道であると思います。
 最後に、我が師の言葉に「あんたは偉いよ、そんな強い弓を引いているように見えない」とよく言われました。
師や先生に当たる立場の人間が、自分の経験の範囲内を出ない中で押しつけながら人を育てる。
その師や先生を越える人材は出にくく、そして目標を見つけにくいと思います。
師は人の可能性を潰さず、ご自分の思い込みを極力無くして、その人の弓道を支えていたのだと思います。

 強弓で有名な阿波研造さんや、肉と骨の限界と言い50kg近い弓を引いた梅路見鸞さん、30kg程の弓で鉄兜を貫いた吉田能安さん、彼らは生涯を捧げて弓、弓道に身を投じ、現代弓道の礎ともなりました。彼らの行為をなんと表現すればいいのでしょうか。
 近代の競技化した的当て弓道の中にしか弓道が無いのか? しばし疑問が残ります。

4:YUMIHIKIさん
DoCoMo/2.0 P01G(c500;TB;W30H20)
その告知というものの全容が知りたいですね。それを知り得ない限り、一方的な批判はできません。

5:kanzukasaさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; LCJB; rv:11.0) like Gecko
麸さん ご意見ありがとう御座います。
”18kg”と締めくくっている段階で、話の全てが終わっているなと感じます。
 無理をして強い弓を引いて体を壊した経験をお持ちなのかもしれませんが、それを他人に押しつけてもいけないと思います。
 多分、道場の誰かに対しての当てつけでしょうか? ほんと、自分達の世界の正当化を押しつけで終わらしてはならないと感じます。

ふみふみさん ご意見ありがとう御座います。

 >>まぁ、別になんと言われても構いませんよ(笑)

 言われても、私も自分の弓道を貫くだけですから。
 しかし、今回は指導を受ける下々の方が影響を受ける内容なので、敢えて書き込み致しました。 私の我が強いのか、この人の弓道を習得したい、また学びたい、この先生のようになりたいと思うような方も希少というのが残念です。

YUMIHIKIさん。 ご意見ありがとう御座います。

 詳しい話がわかりましたら、また書き込みしたいと思いますが、既に告知が消されているかもしれませんね。

6:YUMIHIKIさん
DoCoMo/2.0 P01G(c500;TB;W30H20)
結局続報は無かったですね。個人的な想いを述べるだけでしたか。

7:チバさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
五分八の話を大袈裟に言ってるだけでは。


■[24] 二息の揖の読み方 (投稿3件)

1:スナフキンさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_4 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12H143 Safari/600.1.4
三息の礼は「みいきのれい」
二息の揖は何と読むのでしょうか?
本座においての揖は「三息の揖」と明記されて
いるので二息の揖は何て読むのかと最近考える
ようになりました。今まで「にそくのゆう」と
読んでいました。自信のある方宜しくお願いいたします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 スナフキンさんお早うございます。その後「二息の揖」の読み方が分かりましたか?私にもわかりませんのでもし何か入電でもあったらと思いお漏らし頂きたいと思いましてのお声がけでございます。
 思いますに、揖は二息「ゆう」を普通の読み方で三息は特別の場合ですから、その特別な場合の読み方には名前が付けられていても普通の場合の方には呼称など付けないのが国語的に一般ではないかと思います。圧倒的 に頻度に差がありますからね。これがそれほどではなくてどちらもよく使われる位ならそれを区別する呼称も必要かもしれませんがね。 てなところで如何がでしょう?

3:巻藁三年的八年さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
そうですね、「三息」と言っても吸う、吐く、吸うの三拍の息遣いですから、息や呼吸の数え方の表現ではなく、「二息」の吸う、吐くも一呼吸ではなく二拍の息遣いということを表現しているのですね。ちなみに、座禅の時、住職さんは「吸って〜吐いて〜」を「ひと〜いき〜」「ふた〜いき〜」「みい〜き〜」「よい〜き〜」あとは「ご〜お〜」「ろ〜く〜」でしたが、そう数えてました。
「みいき」に対して「にそく」はどうでしょう? 二息歩行という歌や小説はあるようですが。


■[25] 離れが怖い (投稿4件)

1:MOMOさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_4 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13G35 Safari/601.1
以前も手の内の相談をさせていただきました。
私は高校1年生で、この前やっと巻藁の離れに昇格したのですが。。
先日矢口が開いたまま離れてしまい、巻藁にあたらないどころか怪我をしてしまいました。
大した怪我では無く、原因も分かり直ったのですが、離れをするのが怖くなってしまい、うまく離れが出来なくなりました。
来月には初めての大会もあるし、早く射場に上がりたいです。
先輩からは、「会まではすごくきれいだから、あとは離れを頑張って」と言われました。
離れの際の恐怖心を克服するには、どうしたら良いでしょうか。

2:未だ新人さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13D15 Safari/601.1
まずはゴム弓を引いて、離れの動きに慣れること。
そして取り掛けに気をつけること。取り掛け次第で離れにくくなってしまいます。
あとは、集中と鍛錬です。最後の最後にアバウトなのは申しわけないんですが、離れの瞬間については各々が自然にできるまで練習するしかないと思うので。前離れや妻手が少し戻ってから離してしまうこ現象には気をつけて。

3:未だ新人さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_2_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13D15 Safari/601.1
追記として、これはまだ難しいかも知れませんが、無心になることができれば、自ずと自然で無理のない離れが出ます。恐怖心はトラウマや緊張、そして考えすぎることによって起こる感情なので、巻藁を見て、会に集中して、スッと離れるといいでしょう。

4:MOMOさん
Mozilla/5.0 (Nintendo 3DS; U; ; ja) Version/1.7625.JP
未だ新人さん

ありがとうございました!
ゴム弓の回数を増やして、特に離れを意識してみることにしました。
以前より恐怖心が減り、段々離れにも慣れてきました。
まだ初心者で早気になってしまうかもしれないので、ゆっくりでも自然な離れを出来るようになりたいです!


■[26] 弓の「反動」「振動」などについて (投稿4件)

1:新人弓引きさんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/52.0.2743.116 Safari/537.36
初めまして。
私は現在高校1年生で、高校に入ってから弓道を始めました。なので全く弓道の知識がなく、毎日先輩方からたくさんのことを教わっています。

先日先輩に弓の種類などの特徴を伺ったところ、「反動」や「振動」について教えて下さりました。

しかし、私はその「反動」等といった言葉の意味がいまいちよく分かりません。


どなたか
「反動」
「振動」
「復元力(?)」
について詳しく教えて頂けると嬉しいです。
また、それらが強い、弱いことによりどのような影響が出るのかも教えて頂けると幸いです。

どうぞよろしくお願いします!

2:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/52.0.2743.116 Safari/537.36
反動・・・水平な床の上に人が乗れるほどの台車が有って、A君がその上に乗っています。
そして、B君はA君のすぐ側の床に立っています。
この時、A君がB君を両腕で力一杯押しました。
そうしたら、A君は台車ごと勢いよくB君から遠ざかり、B君はA君に押された方へ2・3歩後ずさりしました。

A君はB君から遠ざかる為に、A君が進むのと反対の方向にB君を押しました。
その為に、B君まで反対方向に動いてしまいました。

この場合、A君が進む為に、その反対方向にB君が受けた力を反動と云います。

弓の場合、通常、離れると弓力に1から6キロの反動が加わって弓手の手の内を押してきます。
過ぎたるはいけませんが、上押しがしっかりしていれば反動は大きく、その分矢勢は乗るでしょう。

復元力・・・弓を会の状態まで引くと、弓には反り返りの中立なところまで戻ろうとする力が生じます。
それが復元力で、通常定めの長さまで引いた時の弓力と同じです。

振動・・・弓の振動、弦の振動、矢の振動など、色々でしょう。
ただ、狂いや乱れなどが無くなれば、振動もほぼ無くなるものと考えています。

ただ、今の様なネットの時代なら、出来る限り他人に聞かずに自分で調べる姿勢が大事だと思う。
そして、後は自分で問いを立てて、とことん考えていくこと。
そうでない者が、こんなことを知っても、豚に真珠だよ。

3:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
高校生たちは、「反動」を感覚的な意味合いで使っているのかもしれません。
学校の道場には色々な銘柄の弓があって、引き比べることができます。
弓は約90cm引いて離すと、復元するエネルギーのほとんどを使って矢を押し出し、弦は元の位置で止まります。その時の衝撃を「反動」と呼んでいるようです。その反動が弓の銘柄によって違うということを言いたいのでしょう。
合成弓は、グラスやカーボンのファイバー、合成樹脂、化学糊で木材を挟んで作るので、硬質な反発性能を出し、それが強い反動を発生するのでしょう。同じ弓力でも加速度が高く、トップスピードに速く達して早い位置で矢と弦が分離すると思います。そうすると、狙いと矢の飛び出す方向の誤差が小さく的中に有利だということになります。従って、反動が強いことは必ずしも悪いのではなく、使いこなしさえすれば良く中るといわれる所以です。今や国体選手のほとんどは合成弓を使っています。
竹弓は、天然素材を天然由来の接着剤で貼り合わせて作るので、明らかに深みのあるパワーを発生し、反動といわれるような肘や手首を襲う衝撃はないように感じます。矢が弦から分離するのが遅れるので、離れでのわずかな失敗が矢の飛び出す方向に反映しやすく、的中率が落ちるといわれるのだと思います。

4:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/52.0.2743.116 Safari/537.36
相変わらず、天龍さんのお話はためになります。

竹弓で奥深く離れると、矢離れの時に入木が顔を出し両の弭が右に出てしまいます。
その結果、弦が筈を右に引いて矢の向きを変えてしいます。

合成弓では、そうした心配はないですね。


■[27] 体力をつける練習 (投稿2件)

1:光芒さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.1; ja-jp; SGPT12 Build/TJS0166) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Safari/534.30
今月の下旬に50射大会があります。
しかし僕は30射程引くと、太ももの辺りが痺れたようになり、腕もだるくなってきます。
日頃、矢数をかける練習ができない上に、中3のため、勉強もしないといけません。
大会までにあと3日しか練習日が無く、まともに引けるかとても不安です。
このような場合どんなトレーニングが必要ですか?
あと、高校でも続けたいのですが、志望校が県内でも屈指の強豪校で、1日10立以上引くそうなので、その基礎体力作りにもしたいと思っています。
どなたか御教授ください。

2:チャッピーさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; SC-01H Build/LMY47X; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/51.0.2704.81 Mobile Safari/537.36 YJApp-ANDROID jp.co.yahoo.android.yjtop/3.2.4
体力をつけるにはやっぱり筋力をつけることだと思います。
だからペットボトルを体の後ろで上げ下げして二の腕の筋肉をつけたらいいとおもいます


■[28] 体力をつける練習 (投稿2件)

1:光芒さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.1; ja-jp; SGPT12 Build/TJS0166) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Safari/534.30
今月の下旬に50射大会があります。
しかし僕は30射程引くと、太ももの辺りが痺れたようになり、腕もだるくなってきます。
日頃、矢数をかける練習ができない上に、中3のため、勉強もしないといけません。
大会までにあと3日しか練習日が無く、まともに引けるかとても不安です。
このような場合どんなトレーニングが必要ですか?
あと、高校でも続けたいのですが、志望校が県内でも屈指の強豪校で、1日10立以上引くそうなので、その基礎体力作りにもしたいと思っています。
どなたか御教授ください。

2:チャッピーさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; SC-01H Build/LMY47X; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/51.0.2704.81 Mobile Safari/537.36 YJApp-ANDROID jp.co.yahoo.android.yjtop/3.2.4
二の腕の筋肉をつけたいならペットボトルに水をいれて体の後ろで上げ下げしたらいいと思います。
あとは気合いです(笑)。


■[29] 的中率を上げるには? (投稿9件)

1:ひよこさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
はじめまして私は現在高校2年です。
最近仲間が大会で表彰されることが多くなりました。私だけ表彰されたことがありません。私も的中率を上げて仲間と同じように表彰されてみたいです。
どうしたら的中率はあげられますか?
またそのための練習方法などおしえてください。

ちなみに現在8射2中くらいです…。

6:壌治さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/29.0.1547.62 Safari/537.36
表彰のことばかり考えても意味がありません。
弓道というのは練習を必死にしたぶんだけ結果がついてきます。

1つだけ教えます。友達か後輩を使ってケータイなどについてるビデオ録画機能を使い、自分の射を録画してもらいます。
そして、何が悪いのかなどをいろんな人に見てもらいます。
次、射をするときに悪いところを意識して少しずつ直していけばいいと思います。

7:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:23.0) Gecko/20100101 Firefox/23.0
ぼくも自分の射を動画に撮って、見てみるのが一番だと思いますよ。

で、お手本はネットで動画検索するといっぱい落ちてますから、上手な人の射と比べてみるのがいいです。

他では、、、
指導者がいないのいうことなので、基礎の基礎ですが。
まず弦の張り方。
射る前に、弦が15cm前後になっていることを確認します。
緩かったら、弦をねじればいいです。
出来ればミリ単位で調整したいですね。
次に中仕掛けが太すぎたり細すぎたりしないか確認。
あとは、矢の重さがすべて同じ重さになっているかの確認。
出来れば0.1g単位でそろえたいです。
矢の太さなどは、弓力と合っているかの確認。
以上が射に入る前の確認事項です。

で、型は動画で確認するとして、うまく当たらない場合は、、、
弓は掌ではなく、
親指と人差し指の間の叉で押す感じにするとか。
矢がいつも顔の横の同じ位置にあることを確認するとかかなー。
当然ですが、狙いが同じでも矢が顔から離れれば左に外れますし、頬骨のあたりで離すより、下の口元で離すと矢は上に外れまする。
的中で大事なのは、狙いより右手の位置ですよ。
まぁ、ここら辺は意識しながら数をこなすのが一番ですけどね。
型を固めるなら、100本単位で練習したいところです。
でも、肘など、身体に異常を感じたら、すぐに練習をやめて、必要ならお医者様に行かなきゃダメですよ。

ちなみに、弓力は強すぎるより弱いほうが中りますよ。
強い弓で少しだけ練習するより、弱い弓で体に負担をかけずにいっぱい練習しましょう。

8:堕天射さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 9_3_3 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13G34 Safari/601.1
僕はアーチェリーの教本とかも読んで、
弓道の基本の的づけであるウィンドエイム法〔弓の左右で的づけ〕ではなくポイントオブエイム法〔矢をある一点に定める的づけ〕をしてます。
あとは会と離れさえ一定にできるようにしてしまえば的中は稼げますよ。面白いぐらい。
ただし自制をきかせず会までの射を疎かにすれば中的〔あてき〕と指摘されることになりかねません。

それと審査では正射ができなければ受かりませんよ。

僕の堕天射はそこからきてるんですけどね。

9:tomochinさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.59.10 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.9 Safari/534.59.10
会と離れが一定に出来ずに苦労しております。


■[30] 離れについて質問です (投稿2件)

1:サンシャインさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/46.0.2486.0 Safari/537.36 Edge/13.10586
自分は今年の春から弓道を始めた高校1年生です。今、離れの際に顔がよける、前離れになる、弓が離れる時に前に出る等の問題に直面しています。
どんなに頑張っても、顔が逃げてしまい、先輩にあきれられています。
どうすれば、顔が逃げなくなりますか。

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
顔が逃げる、目をつぶる、などは反射反応なので、慣れれば徐々に治ってゆきます。ただ何か月かかかると思いますので、同級生に大きな差をつけられてしまいます。
ではどうするか。顔の逃げ癖はこの際気にしないで放置したまま、他の技術を磨き中りをおぼえた方がいいと思います。顔だけなら、いつも同じように逃げれば同じ離れが出るようになります。そのまま逃げ癖が小さくなり治った時には、同級生と同等の弓が引けるのです。
実例を見たことがあります。


■[31] 矢所が下 (投稿78件)

1:そらさん
KDDI-TS3I UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.1.5.1.120 (GUI) MMP/2.0

こんにちは。
高2の女子のそらです!


最近矢所が下になってしまい、全然中りません
左右のブレはほとんどなく(あるとしたら前に飛びます)、すべて的の下に飛びます

矢所が下の原因って何が考えられるのでしょうか?


それと、最近弦音がおかしいんです
前とは違う激しい音がします
何か関係があるのでしょうか


もうすぐ大会で真剣に悩んでます(汗)
お願いします!

75:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 おはようございます。
>弓があってないのでは?
ではなくて、あなたが弓にあっていないのです。そんな無理なことを・・・とお思いかもしれませんが、大事なことは「稽古で己を高めていく」気持ちです。

 当然ですが美射さんの射を拝見している訳ではありませんので、文面からだけになるのですが、
 >引き幅は小さい方
から考えられることは、弓力は11kgでも引き幅が弓力を保証するだけの引き幅に達していないのではないかと思います。ですから、当面の選択としては前便の通りですが、これからのことを考えますと(お奨めは)、(心を総体の中央に置き)精一杯弓を開いて伸びながら気合を発動する事です。自由が利かなくなるほどに、肩幅を広げにかかることです。離れで動かしたりしてはいけませんよ。自由が利いてしまっては射癖がでてしまいますものね。「離れようとはせずにも気合で離れに至る」ことが大事です。体・心をそのように訓練していくのが稽古だと思います。「気合で離れが出てしまう」ようになるといいと思います。

76:美射さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; F-06E Build/V25R51C) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30 YJApp-ANDROID jp.co.yahoo.android.yjtop/2.4.14
なるほど!
弓を上げたばかりなので、そういうことが起きてしまうのかもしれないのですね(;´Д`)
素引きや巻き藁などで弓にあわせられるよう努力してみます!
ありがとうございます(*'-'*)

77:からすさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12F70 Safari/600.1.4
高2女子です。
私は近頃会が2秒ほどしかなかったため、早気を治すために的前で離れを出さずにのび続ける練習を1週間続けていました。
そしてようやく5秒もてるようになり、いつも通り的に向かって離れる練習に戻ったのですが、矢が前のように飛ばず、全て6時の方向にはいてしまいます。
上押しのかけ過ぎかと思い中押しを意識すると、押し負けてしまいます。離れも鈍く、なにより伸びている感じかしないのです。
早気を意識しすぎている面もあるかもしれないのですが、どうすれば上に飛ぶようになるでしょうか…

78:宮田さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_3 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13G34 Safari/601.1
体に変に力が入ってしまってうまく引けている感じがしません!
あと馬手に力が入りすぎて力んでしまい、矢がしがんでしまいます(泣)
狙いもよくわからなくていつも下に落ちてしまいます。
どうすればよいでしょうか?


■[32] 離れについて質問です (投稿1件)

1:サンシャインさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/46.0.2486.0 Safari/537.36 Edge/13.10586
自分は今年の春から弓道を始めた高校1年生です。今、離れの際に顔がよける、前離れになる、弓が離れる時に前に出る等の問題に直面しています。
どんなに頑張っても、顔が逃げてしまい、先輩にあきれられています。
どうすれば、顔が逃げなくなりますか。


■[33] 離れについて質問です (投稿1件)

1:サンシャインさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/46.0.2486.0 Safari/537.36 Edge/13.10586
自分は今年の春から弓道を始めた高校1年生です。今、離れの際に顔がよける、前離れになる、弓が離れる時に前に出る等の問題に直面しています。
どんなに頑張っても、顔が逃げてしまい、先輩にあきれられています。
どうすれば、顔が逃げなくなりますか。


■[34] 大三で手の内が崩れます (投稿1件)

1:高校1 初心者さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_3 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13G34 Safari/601.1
先日、巻藁にあがってそれをきっかけにかけをつけるようになりました。
かけなしで素引きするときは大丈夫だったんですが掛けをつけて素引きすると大三の時に弓手の手の内が崩れます。
また、他には巻藁のときに矢が弓から落ちることでも悩んでいます。

なにかアドバイス等ありましたら伺いたいです。
お願いします。


■[35] 手の内について (投稿16件)

1:ゆうきさん
KDDI-KC42 UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.6.210 (GUI) MMP/2.0
はじめまして。弓道を始めて、まだ3月ほどしかたっていません。昨日から、たちに入り出しました。手の内が上手くできないのでアドバイスもらいたいです。
僕は人より手が小さく、指が短いです。なので手の内をつくる時、小指に薬指、中指を合わせると弓が不安定になります。しかもベタ押しにならないように上押しをかけると小指が絞まらなくなり毎回、腕を打ちます。
色々と気にしていると手がつりそうです。今は的に少しずつあたってきていますが、このままだと無駄な力があっちこっちに入って体に負担が来そうです。いい解決方法はありますか?

13:通りすがりさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0; BOIE9;ENUSMSE)
>例えば医療ではセカンドオピニオンという方法があります。

引用:Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%94%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3
>セカンド・オピニオンを求める場合、まずは主治医に話して他医への診療情報提供書を作成してもらう必要がある。意見を求められた医師は、これまでの治療経過や病状の推移を把握しないことには適切な助言をすることが難しいからである。

14:MOMOさん
Mozilla/5.0 (Nintendo 3DS; U; ; ja) Version/1.7625.JP
“確実に上達する弓道”のコラム欄から、このサイトを見つけたので早速ですが、私には悩みがあります。
私は小指が短く、手の内が汚いとよく言われます。私の小指は、先が薬指の第二関節より1cmほど短く、太さは薬指と同じぐらい太いす。
手の内を無理矢理作って指にマメができたり、大三〜引き分けにかけて形が崩れてきます。
どうすればベタ押しにならずに手の内を安定させられますか?
あと、引き終わったあとに手の内を見たらいつも薬指が飛び出ています。その原因と直し方がわかる方がいたら教えていただきたいです。よろしくお願いします!

15:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 カメラで手の内をアップで動画撮影して見るとなにか気がつきますよ。客観的に見られると思います。おためしあれ!

16:MOMOさん
Mozilla/5.0 (Nintendo 3DS; U; ; ja) Version/1.7625.JP
鷹司さん

なるほど!
思えば、鏡を見ながら練習したことはあっても、見えにくいということもあり、あまり手の内を中心に見ることが無かったと思います。
手の内中心の動画を録る。実践してみます。アドバイス誠にありがとうございます!


■[36] 耳を払うのと暴発を繰り返してしまいます…… (投稿6件)

1:黒香さん
KDDI-KC4A UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.1.104 (GUI) MMP/2.0
4月から始めた高校1年生です。
先週巻き藁にあがりました。

言われたことは直せているらしいのですが、なぜか昨日から耳を払ってしまいます。さらに、3回も暴発してしまいました。
射形が怖がっているかんじになるのが嫌だったので、ゴム弓で練習しています。でも、射形はキレイだって言われます……

掛引きまでは順調だったので、多分原因は離れだと思うのいます。離れでの暴発や耳を払うことの原因には、どんなことが挙げられますか??

長文すみませんでした

3:さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; MALC)
初めまして、市と申します。

私も、今でも疲れてくると時々頬を払ってしまう事があります。
もちろん、高校生の時にもありました。
気分も落ち込むし、痛いし、出来るなら早く直したいですよね。とても分かります。
もし酷いようなら、ヘアバンドなどを使ってみるのも良いと思います。

まず、耳や頬を払う原因は、
@手の内
A妻手
B物見
の三つが挙げられると思います。

@の「手の内」では、特に掌根(天紋筋のちょっと後ろあたり)がしっかりと弓に付いてないと、手の内のバランスが崩れ、顔や耳を払う事があります。
これは、ゴム弓でも研究可能です。

Aの「妻手(馬手)」では、これは手の内に比べてマレですが、捻りすぎ・捻らなすぎ、どちらでも、払う場合があります。
これは、巻藁をこなしながら、良い塩梅を見つけると良いと思います。

Bの「物見」では、弓が垂直であるのに対して、顔が前に倒れていると、耳を払いやすいです。
これは、自分で感覚を覚えるのと同時に、友達や先輩にも見てもらいましょう。

長文失礼しました。私もまだまだ道の途中なので、お互いに研究と実践で頑張りましょう!!!

4:あおいさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
私もはじめはうまくいかないことばかりでした。

だいたいの原因は市さんにあげて頂いたので
私は少し補足を…

巻き藁にあがりたてということもあり、
慣れていないからということは考えられませんか?
最初からうまくいく人はなかなかいないです。

あと、無意識でも怖いと思ってしまうと
はらう癖がついてしまうので気をつけてください

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
まだ実質二ヶ月たったかどうかでしょ?
巻き藁で引いていること自体が信じられませんよ。まだまだ見取り稽古なりゴム弓で参考本とにらめっこの時じゃありませんかね。射芸も傍で見るより奥は深く、目に見えぬ極意の塊みたいなものです。ここで色々教えてもらっても中々わからんでしょう。迷うだけですよ。
 この掲示板を自分のペースでず〜と遡って見ていくこともいいですよ。タイトルだけでもいいや。中身を見たくなったら立ち寄って見たり、まぁ、字面だけでもいいからね。
 

6:ニコニコさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 9_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13E238 Safari/601.1
私も耳を払ってしまいます
そのせいで離れが緩むようになりもっと払いやすくなるという悪循環の真っ最中です
私の場合、ヘアバンドをつけてまずは離れからなおすようにしています
怖がって私のように緩むようになると矢飛びも悪いし全然当たらなくなります
私はつのみが押せていないということをよく言われます
もしくは肘が前にあり、潰れてしまっているということもありえます
肩甲骨を寄せるイメージで引き分けをし、
横に横にと伸びる感じに会持ってみたらどうでしょうか?


■[37] 足踏みを狭くすると… (投稿2件)

1:学生さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0.2; SOL26 Build/23.1.G.2.244) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/51.0.2704.81 Mobile Safari/537.36
強豪倉吉西高校の射を見ていますと、足踏みが狭い方が多いよう思えます。足踏みを狭くするメリットはなんなのでしょうか。
回答よろしくお願い致します。
参考動画
https://youtu.be/YQsveAO37bI

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:47.0) Gecko/20100101 Firefox/47.0
応分に踏む。矢束は目安です。
狭く踏みすぎると矢が下に行きやすいので限度はありますが。


■[38] 大三で馬手の肩が上がってしまう (投稿4件)

1:弓道男子さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13F69 Safari/601.1
大三を行う時に馬手の肩が押手につられて上がってしまいます。
馬手の肩を上げないように意識すると手先が押手についていかず馬手に力が入ってしまいます。
馬手の肩を上げずに手先だけを押手についていかせる方法があれば教えて下さいm(_ _)m

過去に同じ質問があった場合は申し訳ありません

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:47.0) Gecko/20100101 Firefox/47.0
おそらく、猫背気味の姿勢が原因。

 3重十文字がうまく構成されていないと、左手を伸ばす動作につられて、左肩がつま先側に、右肩がかかと側にずれる方向に胴体がねじれてしまいます。

 このねじれた胴体でふんばると、「右肩が上がる」と指摘されやすい状態になります。
 胴造りが崩れた状態では、腕を動かすたびに胴体がくるくると回転してしまうので、安定しませんので、姿勢をチェックしてみてはいかがでしょうか。

特に首がつま先側に倒れた状態では、肩近辺が不安定すぎて、手の力を抜くと、弓の力に負けて引いた分が戻ってしまいます。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 確かに似ているレスが続いているようですね。
 さて、大三はまだ引き分けてくる前ですからこの左へ捌いている時点では左肩は下で右肩は上になっているのは至極当然ですよ。それでなくても弓手肩(前肩)は沈めるのが理に叶います(前肩下巻)というものですよ。
 これで引き収めた時には(外見的に見える)肩の高さが揃ってきます。

4:弓道男子さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13F69 Safari/601.1
お早い返信ありがとうござます!
いろいろと参考にさせてもらいます!


■[39] 大三で左肩が上がり、押手が負けてしまいます (投稿5件)

1:海さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13F69 Safari/601.1
はじめまして。高校生です。
現在、打起しから大三をとるときに左肩が上がってしまいます。手の内が大三から引分けてくる間に少しべた押しになってしまいます。会では押手が負けてしまいます。先生や先輩からは肩が上がったり詰まったりしていることを指摘されることが多いのですが、なかなか克服できません。手の内を改善しようとすると肩がつまり、肩が上がらないようにすると手の内が崩れます。どうすればいいですか?

2:洛さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
肩が上がる件については、地道ですが、徒手からやり直したほうがいいと思います。
恐らく徒手では肩は上がらないでしょうから、次は弱い弓(8キロ程度)を使って、徒手と同じ射形に近づけていきます。さらに、弱い弓でできるようになれば、ご自分の弓で一度引いてみてください。

地道ですが、基本的な力の使い方は全て徒手の中にあります。ですから、とにかく徒手で自分がかけるべき力、かけるべきでない力をはっきりさせておくことが必要です。

手の内は、肩が上がらないようになってから取り掛かるほうがよいと思います。

何かありましたら返信をお願いいたします。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
>打起しから大三をとるときに左肩が上がってしまいます
肩根は押されると上がるのは自然です。つまり何もしなければ上がるのです。だから上がらないように頑張って下げるのです。これを前肩下巻(げかん)と言います。「現代弓道小事典」p235参照。(但し説明の一部に活字のミスと思われる箇所有り)
左肩を極力沈めて押し肩の支点を作らない限り弓手は緩み、正しく働かせて矢を射ることはできません。この本については弓具店で見せてもらうなりして一度ご覧になると良いと思います。

4:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:47.0) Gecko/20100101 Firefox/47.0
弓手の肘が伸びきってない?
大三でも会でも肘が伸びきると、普通は肩があがりますよ
無理やり下げると胴が歪みます

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 スレ主の海さんいらっしゃいますか?
 情報の少ない中でレス申し上げた者としての不安もございますので、その後のご様子について一言でも頂けますれば今後への参考になりますのでよろしくお願いします。


■[40] 肘に負担をかけない射 (投稿4件)

1:ゆいさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 9_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13E238 Safari/601.1
私は高校で弓道をしています。半年くらい前に肘を痛めてしまい病院に通っていて、お医者さんには使いすぎだと言われ湿布と電気治療をしてもらっています。練習量を少なくすることによって痛みは随分と良くなりましたが後輩も入ってきて少々焦りも感じています。私は、顧問の先生から「肘で引け」と入部した頃から教えられていたのでかなり肘に頼った引き方をしています。
私の射形は大三で先手を下げ、勝手を上に高く上げる感じでそこから肘を使って引いていき方の線より後ろに勝手肘がくるような感じです。
肘に負担をかけず上手く分散できるような射を教えていただきたいです。

2:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:47.0) Gecko/20100101 Firefox/47.0
肘で引かなければいいんじゃないの?
ちょっと考えてみれば25キロや30キロを引く人達が肘で引いたら、多分一射で肘をこわしますよね。

背中でしっかり肩を開き、拳で位置を調整するように引けば、肘は無視して引けますよ。

3:加門さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
「肘で引く」というのは、二の腕で押し開いていくもので肘から先は弦に引かれたままの状態をいうと思うのですが・・・
これこそ肘に負担はかかりません。
大三では、勝手の肘は肩から張り上げて高く(上重ね)、一の腕の角度がほぼ水平にとようにすれば、肘(二の腕)で引くことができるでしょう。(ただし、大三は低くなります。)
肘で引くといって、肘に力を入れて引いたり、無理に締め付けたりすれば故障する確率は高いでしょう。
先生に「肘で引く」ことの実相を尋ねてみてはいかがでしょうか。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 よく「肘で引く」とかの言い回しを目にしますが、よく考えてみますと肘自体に筋肉はないと言ってよく、「肘を(移動の)先頭にして引いてくる」ことだと思います。この辺のことを八節図でも「矢の筈がここまである気持ちにて・・・」と表現しているのだと思います。ですから3:加門さんの仰る

>弦に引かれたままの状態をいう・・・
これこそ肘に負担はかかりません。

というのがとても理に叶っていると思います。引かれたままでないと矢筋は真っ直ぐなになりませんものね。「弦に引かれた状態に入ると馬手がとてもリラックスしてくる」と思います。この状態を経験してこそ弓の稽古は成り立つものだと私は思っています。


■[41] 押手が上手く使えません (投稿3件)

1:ピクニックさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13E238 Safari/601.1
押手が上手く使えません
高校三年生です
一年生の時から押手がくの字のように曲がって居ると言われていました
そのせいか残心で押手が下がってしまいます

どうしたら押手が生かせるのでしょうか?

2:洛さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
押手というのは、もちろん左手のことをいいますが、押手の使い方を考えるあまり、左腕の働きについて考えられているでしょうか。

「押手の力」というと、押手⇒弓という力の流れで力が伝わっていくと思われるかもしれませんが、本来は体の中心⇒左腕⇒押手⇒弓という、少し広い視野で力の流れを見る必要があります。

押手がくの字に曲がるということは、力がちゃんと的の方向にかけられていないということです。

大三から会へともっていくときに、押手の動きは、的の方向に左肩甲骨から押していくイメージで力をかけていくような感じです。

このことを言葉にして説明するのは難しいですが、要するに、「押手の力」というのは「押手」のみで帰結するものではなく、「体の中心から的に向かって力をかけていく」という感覚を伴うものであることを理解する必要があります。

分からない箇所がありましたら返信していただければ幸いです。
応援しています。頑張ってください。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
>「押手がくの字のように曲がって居る」
これは猿腕(>)とか逆猿腕(<)のことでしょうか? 私は後者の方ですが、伸び合う為には2:洛さんの仰るように、
>「体の中心から的に向かって力をかけていく」ということです。

 押手の肩根を十分に沈め(下巻・げかん)て弓力をその肩根(ここが支点になります)で受け、「肩幅を拡げる如く張り合って伸び合う」のです。しっかりと十分に伸び合っていれば⇔のように水平に慣性が育ってきますから離れで押手を切り下げてしまうことは無いでしょう。


■[42] 立射の時の矢番えの高さ (投稿13件)

1:スナフキンさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_4 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12H143 Safari/600.1.4
私が弓道を始めた頃は目の高さで習い、その後肩の高さで矢を番えるように習いました。それから時が経ち、周りの意見は様々な状態です。私自身や周りの人も講習会等に参加する機会もなかなかなく、どれが正しいか確認したいと思っています。今のところ3通りの意見があり
@肩の高さ
A目の高さ
B目通り→4m先をみる目線上
私自身は@だと思っていましたが、@では低すぎるとおっしゃる人もいてBだという意見があります。個人的に大差はないのではと感じていますが。流石にAだと明らかに@と比べると位置が高く思われます。しかしAだと言う自信満々の人もいます。私の中でBは坐射で立ち上がる時の矢を捧げ持つときの感覚というかそのように指導を受けた気がするのですが昔のことで記憶が…
ということで
立射時の矢番えの高さは@〜Bのどれなのか、またはその他があるのか、最近の講習会等に参加された方のご意見をお願いします。
もし分かれば私のBの認識は合っているかも教えて頂ければありがたいです。

10:ふみふみさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; SH-01F Build/SA130) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/30.0.0.0 Mobile Safari/537.36
苦笑いされながら、「以前、目の高さだとやり辛いし、いずれ一般になった時に変えるのも癖がついてる、統一したらどうだい?」と言われたそうです。
その時の返事は「嫌です!」

「いや〜、嫌ですと言われちまったら俺もどうしようも…」といったお話でした。

11:YUMIHIKIさん
DoCoMo/2.0 P01G(c500;TB;W30H20)
目の高さってどういう理由があって定められたものでしょうか?弓手で弓を持つのはともかく、両矢を手ばさむ馬手で弓を抱え込むように矢番えするのは至難の技では?大体、自身の身長ほどもある武器を扱うにあたり、目の高さは不安定です。

12:ふみふみさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; SH-01F Build/SA130) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/30.0.0.0 Mobile Safari/537.36
私も以前はそう思いましたけど、
まぁ、「定義」は「定義」、やれば良いだけ
の話って事でしょう。

13:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
古いことを言いだすと切りがありませんが、やはり元々は神前にて弓を捧げ持って所作を行うので、位置は目の高さとされました。当初の体配は、射技に付随するものという位置づけで、現在ほど細やかな神経が配られませんでした。
それから時代と共に、全員が動作を連動させて優雅に運行することに重きが置かれるようになって来ました。そのための申し合わせとして、動作しやすい肩の高さに統一され、その代り矢つがえの後一旦目の高さに弓を捧持してから膝に置くという、現在の姿に進化してきたように思います。
このように、高校の先生の中には一般の道場と無縁になっている方も多く、昔教わった所作を生徒に教え続けているケースがあります。
退場の時、足を閉じて右前方に一旦踏み出してから前進するといまだに教え続けている先生がいます。その生徒たちは一般の道場で直されても、顧問にフィードバックしないので、毎年同じことの繰り返しになります。
まあ、そんなに目くじらを立てることもないのですが。


■[43] 矢所が下なんです… (投稿3件)

1:葵さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13E238 Safari/601.1
最近、タイトルの通り矢所が下に行ってしまうことで悩んでいます。元々私には上押し気味な所があるのですが、ついこの間まではそんなことも無く高さは良い感じでした。
矢所が下になる原因には何がありますか?押し手の切り上げや切り下げは?無いのですが…

2:よさくさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13E238 Safari/601.1
自分の場合は
○会の時点で肘が後ろに張り切れていない
○弓のキロ数に耐えきれず引き尺が足りていない
○同様に耐えきれず離れで戻っている或いは張りが緩んでいる
○離れの軌道が上離れになっている
○矢を番える位置が高すぎる
○狙いが純粋に下
○胴が反って、前重心を維持できず張り切れていない
といったことがありました。

3:葵さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13E238 Safari/601.1
>>よさくさん
ありがとうございます!部活でほかの子に見てもらう時などに参考にさせていただきます!


■[44] 矢引指導、ゴム弓指導で大切なポイントとは? (投稿3件)

1:よさくさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_1 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13E238 Safari/601.1
高校2年です
私の高校では1年生は的前に立つ前に矢引指導、ゴム弓指導、素引き指導、ショート指導、巻藁指導の5行程を経ます。
それぞれ次の行程には部長副部長による試験に合格することで進めます。昨年までは経験者がいたため試験で見るポイント、合格基準ははっきりしていましたが、今年は1人もおらず合格基準が甘すぎる厳しすぎると2年内でも混乱が起きています。
矢引、ゴム弓は一体どのような所を重点的にみて、治させれば良いのか、或いは矢引やゴム弓ではここはまだ気にしなくて良いといったことを教えていただきたいです。
よろしくお願いします

2:八節君さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
各フェーズで、自分で八節を唱えられ、それに従い、諸動作が出ることではないですか?
この時の合格ポイントは、八節君が物語っているかと

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 よさくさんこんにちわ。
 矢引指導以下の各行程のことはよくは知りませんがいろいろ工夫をなさっておられるように拝読いたしました。今になって私が一番大切だったなと自分ながら反省の意味も込めて感じていることは、八節で言えば@「引分け」とA離れの項にある「気合の発動」かなと思います。
 @は腕で引き分けることではなくて「腕は単なる力の伝達器官」に徹するということが大事です。つまり腕に力を入れて引っ張ってしまっては矢筋はバラバラ。これは初心段階でなくとも永く犯し易い弓癖です。
 Aは離れの段階で改めて発を出そうとするものですからそれまでの矢筋と違った力向きを矢に掛けてしまい易いことです。これは@が出来ていてもそれをダメにしてしまいますし上放れ・前離れ等となりやすいのです。

 ですから、馬手の「引かれ状態」と「気合の発動で離れが出る己の反応」を磨くことを大事にしたいですね。


■[45] 右肘が会の間で前に来てしまう (投稿4件)

1:がすさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13F69 Safari/601.1
会に入ったあと、だんだん右肘が肩より前にきてしまいます。弓力は12kgです。
これまでの引き分けは矢がメガネに少し触れた後、矢が頬をするように口割りに入ってくるような形だったのですが先生から指摘を受け、大三から右手を自分から遠ざけるように少し前に持って行きながら引き分け、"矢が最初に顔に触れる場所は口割り"と言われました。
どちらが正しいのかわからないまま、今は後者の方で引いています。
これが何か関係しているのでしょうか。

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
引き分けのコース、「弦道」といいますがこれは顔から拳一つか二つ以内の所を通ると指導されます。人によって、首の傾きや長さ、上腕前腕の長短、肩の位置など条件によって、どこを通って引き分けると一番合理的に会に入りやすいかが違います。
今回先生が弦道を変えるように指導したのは、想像ですが、弦がいつも眼鏡に当たって見た目が悪かったからではないでしょうか。女子がいつも胸当てに引っかかってスムーズに引き分けられないケースもよく見かけます。
そんなにいつも眼鏡に当たるなら少し離し気味に引けばいいだろう、という程度の意味ではないでしょうか。どの弦道が正しいということではないので、出来れば眼鏡に触れず、なおかつ引きにくくない程度の弦道を自分で探せばいいと思います。

3:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:46.0) Gecko/20100101 Firefox/46.0
絶対的に正しい射形なんてないですよ。
射形を変えたら型が崩れタンならそのやり方はあなたに合っていないと個人的には判断しますが、まぁ、習っている先生のやり方に従うしかないです。

右肘の位置に関しては、馬手は矢筋を意識してみてください。

4:がすさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 9_3_2 like Mac OS X) AppleWebKit/601.1.46 (KHTML, like Gecko) Version/9.0 Mobile/13F69 Safari/601.1
ご回答ありがとうございます。
とても参考になりました。本当にありがとうございました。


■[46] 審査途中でのトラブル (投稿5件)

1:優之介さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; SO-03H Build/32.0.B.0.478) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/50.0.2661.89 Mobile Safari/537.36
実際に審査の途中に起こったことではないのですが、私は足や臀部等がつりやすく、ストレッチなどしっかりしていますが練習中、主に離れの瞬間つることがあります。万が一審査途中でつって耐えきれず続行不可になった場合どう対処したらいいのか。私の場合は足等がつるですが、他にも例えば急激な体調不良等に続行不可になった場合も含めてどうしたらよいのかアドバイスいただけると助かります。なお普段練習している道場の指導者の方たちもいまいちどうしたらいいのかわからないと言うことで、所属連盟の講習会の時に聞いてくれると言うことで先日聞いてきたそうなのですが、出てきた回答が「そんなことは私に聞くまでもない!!そんな事を言うそいつは頭がおかしいからまずは病院で脳の検査をしてもらえ!!」だそうでさらには道場の指導者からも恥ずかしい思いをしたと軽くではありますが責められました。

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
足がつるのは命にかかわりませんが、脳卒中や心筋梗塞などの急病でも続行不可能ということでは同じでしょう。続行不可能ということは、審査どころではないということで、進行係に合図をして場合によっては肩を借りるなどして速やかに退場するしかありません。余裕があれば、同じ立ちの射手になるべく迷惑がかからないように配慮したいものです。
講習会の先生も随分品のない言い方ですが、言わんとするところは同じだと思います。公の講習会で訊くことじゃないだろう、と言いたかったのでしょう。

3:優之介さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.1.1; SO-03H Build/32.0.B.0.478) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/50.0.2661.89 Mobile Safari/537.36
天龍様お忙しいなか回答有難うございます。
私自身もそういう流れなのではと思ってはいたのですが、確実な行動、対処が知りたかったので質問したところであります。事が起こってからそういう対処じゃないだろうなどと怒られてはただでさえ恥ずかしい状況なのに恥の上塗りになってしまいますし、なによりもなにもわからず止まってしまっては回りの方にただでさえ迷惑をかけるのにさらなる遅延にも繋がってしまいますので…ただ道場の指導者もどうすべきかの回答を出せないのであればさらに上の指導者に聞いてもらうしか私のような下位の競技者には知るすべがないのも事実な訳で…なお道場の指導者は講習会中に聞くのは中々聞きにくい事なので講習終了後に雑談の流れで聞いて見たそうです。
長々と愚痴っぽい事も言ってしまいすみません…
天龍様のおかげで悩みが解決できました。本当に有難うございます。

4:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:46.0) Gecko/20100101 Firefox/46.0
足等がつるメカニズムはまだ解明されていませんが、ミネラルの不足も一因ではないかとされています。

ですから、運動前などに梅干なめるとつりにくくなりますよ。
アイアマンなどのアスリートの間では、走りながら練り梅をなめる人もいてますねー。
疲労回復にも効果あるそうです。

5:医療系弓引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/51.0.2704.79 Safari/537.36
普段から足がつったりしやすい、とのことですが医学的には「筋クランプ」や「有痛性筋痙攣」といいます。
脱水や電解質異常で起こりやすいことが知られているのは先にも書かれているとおりなのですが、他に重大な疾患が隠れていることもありますので、いちど医療機関で診ていただくのが良いかと思います。また、疲労などで起こることもあります。休息は取れていますか?

内科で比較的よく見かけるのは肝硬変に合併することや糖尿病の神経障害に依るものでしょうか。
治療にはしばしば漢方薬や抗けいれん薬が用いられます。
筋クランプが起こってしまった場合は、臨機応変に対応するしか仕方ありませんが、できるだけ起こらないような対策をとっておくことが大切ですね。


■[47] 審査の難易度について (投稿5件)

1:YKさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.108 Safari/537.36 Sleipnir/4.4.9
東京都の一般の審査の難易度についての質問なのですが、無指定で初段をとる人の割合や、的中はどの程度なのでしょうか。

自分は地方出身で、地元の審査では無指定の初段候補は束らなければまず無理でしたが、昨年全国の審査基準統一が行われらときき、また地域によっても審査の難易度にばらつきがあるようなので、受けた方などいらっしゃったら参考にさせていただきたいです。

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
東京の一般無指定は、射と体配の基本がきちんと指導されていれば初段合格になると思います。的中の必要はなく、中ったとしても偶然とみるのではないでしょうか。

全国の地連によっては、初段に到達するまで三級から一つずつ4回受けなければならない所もあるそうです。その辺りは地連の方針に任されているので、そういうものだと思うしかなく、会員皆が同じ条件なら不公平とも言えません。
級位は、審査料、登録料、地連付加金で地連には一人当たり2〜3千円の収入になります。財政的には大きな資金源ですので、それに頼らざるを得ない地連もあるのでしょう。弓を引いてゆく以上、所属連盟はなくてはならない組織ですので、会員が少なくて財政的余裕がないならそんな形ででも協力せざるを得ないのかもしれません。

3:あーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36
地連の方針次第ですよね。

地連の収入と言うことだけれ見れば、実際にはさっさと三段にしてしまって四段で相応の状態になるまで足止めした方が、「収入」と言う意味では審査料も高くなりますし、ずっと収入になります。
※級位の審査料+登録料=初段の審査料
 初段の審査料+登録料=四段の審査料

3級から一つずつしか上げないと言うのは、やっぱり真剣に考えている地連なのかな、と思います。

関東では中らなくても二段あたりまでは取れるところが珍しくないと思います。
そんな感じなので、社会人で始めた人はだいたい三段か四段あたりでかなり苦労されています。中り度外視で上がってきてますからね。

私も昔、「無指定の初段候補は束らなければ」って地連にいたことがありますけど、それは高校生の話だったような。。。
社会人の審査でそこまで厳しいところは珍しい気がします。

いずれにしても、射を見るポイントは全国統一見解は出ていますが、最終的な合否基準は地連に任されているのが実情だと思います。

4:YKさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.108 Safari/537.36 Sleipnir/4.4.9
遅くなって申し訳ありません。お二人ともありがとうございます。

やはり、社会人だと緩くもなるんですね。地方+高校生のきつさで頑張ってた身としては、簡単に弐段とって並ばれるのは少し腑に落ちないところもありますが、、、

確かに周り見てても参段くらいから合格率ガクッと落ちますよね。自分は今度四段審査なんですけどさすがに難しいみたいで、ちょっと頑張らないといけないな、と感じてるとこです。

5:弓友さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:17.0) Gecko/20100101 Firefox/17.0
肆段ですと、東京圏ではだいたい一割弱の合格率です。
逆に地方は受審者が少ない分、審査員と顔なじみの可能性が高く甘くなる傾向。
肆段は他県の先生に見られても恥ずかしくないか、県を代表する射であるかどうかという判断基準。
各地連幹部でそれをどこまで維持しているかが問われます。


■[48] 離れが出ない(もたれ) (投稿2件)

1:鎌倉さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.1.1; HTL21 Build/JRO03C) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/50.0.2661.89 Mobile Safari/537.36
弓道を始めて3年の高1です。
最近「もたれ」が本当にひどく、いつまでたっても離れられないでいます。去年発症し、ひと月前に治ったのですが、また再発してしまいました。
ひと月前に治せたときは弓のキロ数を12`から12.5`にしたところ、自分が離したいときに離せるようになりました。だから今回も`数上げればなんとかなるかなと思い、今日1`高くして引きました。ですが、さすがに筋力と釣り合わず`数を上げるのは断念しました。
妻手の形は以前治せたときと全然変わっていません。握り込んでしまっているというような力もかけていないのに中指が親指から全く離れません。
でも、もしかしたら力強く握り込んでしまっているのかもしれません。外部指導の6段の先生にも見ていただきましたが、「とにかく最後まで伸び合い、あとは指を離せ。」とだけしか言われませんでした。何度も同じことを申しますが、単に指を離すことさえ無理なのです。

どうすればもたれが治るでしょうか??どうすれば妻手をすんなりと離せるようになるでしょうか??どなかか予想がつく方、なんでも構いませんので力をお貸しください!
再来週にはインターハイ予選も始まり、メンバー入りしてるのでこんなことで足を引っ張るわけにはいきません。改めてなんでもよろしいのでアドバイスを下さい!!

よろしく御願い致します。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:46.0) Gecko/20100101 Firefox/46.0
関節を伸ばしたり、胴体を反らせる筋肉の働きと比較して、腹筋などの曲げる側の力が強く働いた状態では、指が曲がりやすく、離れが出にくくなります。

原因は様々で、
1.執り弓の姿勢から猫背気味の姿勢をとる癖がついている
2.弓構えで手先をこねくり回していて、手元を覗き込み首が曲がった状態が固定化されたり
3.縦線の伸びを、打ち起こしから急に働かせる手抜きをしているために、伸びの意識を緩めないと会が失せる引き方になっているのを防ぐために、途中で脱力する癖がついていたり
4.腹への意識が過剰で(腹が力んでいる)、体が伏せる方向に曲がりながら引き分ける癖がついていたり


■[49] 胸の大きさで悩んでます。 (投稿6件)

1:あしょろさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
初めまして。
弓道を始めて2年目になる女子高生のあしょろです。
私は他の人よりも胸が大きくて顧問の女の先生にも胸の大きさを認められる程になりました。(現在Eカップです。)
そんな私が弓を引くと引分けの途中で胸弦はしっかりつくのですが右胸が邪魔して大きく引いても引きにくくて馬手の肘が中々後ろにいきません。
先生に指導して貰ってる時に引分けの途中で馬手を後ろの方にもっていって下さるのですが両肩がキリキリときつく痛くて会が無くなります。(1〜2秒)
自分で引く時はなるべく大きく引分けるように心がけていますが周りから見るとやはり会での肘や押し手の位置がが若干前でおさまってるそうです。
その時は一応会もありますし、(4〜7秒)肩なども痛くありません。
的中もそこそこあります。
このまま自分が出来る範囲の肘の位置でやっていくべきか、先生のご指導の通りにやって、肩が痛くても我慢して何とかして慣れるべきか悩んでます。
後、さらし?と言うのでしょうか。
よく分からないのですが胸が潰せる。
とお聞きしました。
でも、実際弓道をしている女の方でさらしを巻いている方を身近で見た事も聞いた事もなくどうすれば良いのか分かりません。
もし、さらしを巻いたことのある女の方がいらっしゃいましたらさらしを巻いた感想や胸の感覚などを是非お聞きしたいです。
もちろん男性の方でもアドバイスなどがありましたら遠慮なくお願いします・・・!(書きにくいかもしれませんが;)真剣に悩んでいて夏休み中に射形を向上させたいのでよろしくお願いします!
長文失礼しました。

3:ワイン弓さん
DoCoMo/2.0 F906i(c100;TB;W24H17)
僕も基本的に元学生さんと同じ意見です。後は余り勝手肘を後ろに引き回すと負担が大きくなると思います。いずれにせよこういう体格の問題は個人によって案配があるねでいい頃合いの射形を指導者の先生に見てもらいながら調整していくと思います。
また胸の大きい方だと普通の下着では打起しの時などに痛くなることがあるそうなのでそういった時はスポーツ用の下着を着用するのがいいと思います。
僕は男ですがこういう繊細な問題はなかなかオープンには語りづらいと思いますがこういったスレが一つあると同じ様な問題を抱える方たちの助けになりますね。。

4:デビ ◆5h7.ceJYさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/530.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/2.0.172.37 Safari/530.5
胸の話題は扱いが難しいので以下過去ログも参考にしてください。(後半2つ見れば何で私が扱いに難儀しているか分かると思いますが…)

胸を打つ (投稿4件)
http://ecoecoman.com/kyudo/bbs200906tec/2006071122404415.html

胸当てについて (投稿15件)
http://ecoecoman.com/kyudo/bbs200906oth/2007062715042364.html

胸が……(できれば女性の方お願いします) (投稿46件)
http://ecoecoman.com/kyudo/bbs200906tec/2008081503514916.html

胸が…… (投稿35件)
http://ecoecoman.com/kyudo/bbs200906tec/2008081521540523.html

5:あしょろさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)

返答を下さったのに書き込みが遅れて
大変申し訳ありませんでした・・・。

後、過去にこういう事があったのは承知で書き込みをしました。
デビールさんから直々過去ログを貼っていただいたのですが
私が聞きたい事と少し違っていたので、どうしても聞きたかったんです…(;_;)
今後は胸の事で質問はしません。
すみませんでした。

元学生さん
ワイン弓さん
の仰った事を参考にして、
今は下着を工夫したり、重心を気にしたりして
少しでも負担のかからない上に出来るだけ教本に近い形で出来るよう毎日精進しております。
おかげ様で大会で入賞したり、的中もついてきました。

これからも頑張りたいと思います^^
ありがとうございました!!
本当にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

失礼します。

6:はるさん
DoCoMo/2.0 SH07F(c500;TB;W24H16)
もしよかったらメールしたいです


■[50] 【至急】馬手ひじが低いのに 口割りがたかい! (投稿2件)

1:むむさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SHL24 Build/S8190) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30

会で、馬手ひじは低くおさまるのに、口割りは鼻くらいでおさまりが悪いです。

というのも、早気になって口割りまでおりてくるかこないか、というところをさまよっていたため、とにかく口割りまでおろさなきゃ! とおもっているところがあります。
口割りに降りてきたとしても一瞬で、それなら胸を開いてはれとも言われますが、それほどの余裕もありません。

顧問の先生(一応経験者)には、馬手拳にちからがはいってるから、大きくひこうとすると肘が下がりすぎるんだ といわれましたが、やはり原因は拳に力がはいっているからなのですか?
右手ひじがひくいのに、口割りはたかい その理由と解決するための練習などがあればお願いします!

2:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:46.0) Gecko/20100101 Firefox/46.0
たぐり、引きすぎ、弓が弱い
大きく引くってのは、こじんまりひいてはダメってことで、やたら大きく引けばいいわけでもないです。
手足を大の字にして、そこから肩や背中を動かさずに右肘を折り曲げ、右拳を口割り方向に向けたところが、だいたい引くべきところです。




→新規スレッドを作成
タイトル:
※必須※
内容が一目で分かるようなタイトルをおねがいします。
また、投稿前に同じ内容が過去ログに無かったかもご確認ください。
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 2429件中 1〜50件目

(c)デビール田中 : 問い合わせ