技術・体配編 [301〜350]


■弓道座談会[技術・体配編]とは?

【デビ】弓を引く上での技術・体配関する話、射癖の相談、審査対策など。


■スレッド一覧

過去ログ


■[301] 矢どころ (投稿1件)

1:1年生さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 5_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3
最近直心Uの14.5kgの弓に変えてから当たる時は前で当たりますが外す時は後ろに飛んでしまいます。もともと直心Tの13kgの弓でしたが先輩曰くだめな練心かいい実技の反動だと言われ弓を変えました。弦は直心U弦です。


■[302] 反る胴 (投稿6件)

1:発汗少女さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
中2女子です。
昨年弓道を始めました。

最近、反る胴で悩んでおります…。
打起こしではきちんと意識が行き、反ることは無いのですが、引分け〜会でどれだけ「真っ直ぐ…‼」と意識しても背中が反ってしまいます。
背中が反ってしまうと肩のラインも揃いにくいと先輩や先生に言われ、直そうと思うのですがなかなか上手くいきません…
先輩に手を加えて貰いながら反らないように引いてくると胸弦が付かず安定しません。
逆に胸弦を付けようとすると体が反ってしまい…
永遠ループです^^;

また、「弓と体を一体化させる様に、弓の中に体を入れる様に引いてくる」とよく言いますが、それを意識した時も反ってしまいます。

体が反らないようにしながら、尚且つ胸弦を付ける方法やコツがあれば教えて頂きたいです。
よろしくお願いしますm(__)m

3:発汗少女さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
大変ですねさん

返信ありがとうございます。
確かに、上半身(特に妻手)のみで引いてきていると指導されたことがあります。
原因はこれだったんですね…。
明日から実践してみます!

ご丁寧にありがとうございましたm(__)m

4:大変ですねさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
発汗少女さん


 頑張って下さい。できれば、呼吸を丹田にいれてシッカリ上に伸びるように実践してください。
 それでもダメなら斜め方向(前傾側)へ伸びるようにしてください。
あくまで参考ですが・・・

5:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0
足を踏み終える瞬間の腰の位置と縦線の伸びの問題が大きい。
片足で全体重を支える瞬間に、かかとにべったり体重が乗っかっていると引き分けで反ります。

脚力を鍛えるってのが解決法の一つ。当座の対処法としては、足を踏み終えた後に少し踵を浮かす(軽く背伸びする)ようにしながら、腰の位置を1cm程度つま先側にずらす(猫背にならないように気をつけながら)。

6:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D257 Safari/9537.53
物見が後ろに倒れていませんか?
倒れていると反りやすいです。
矯正法として背筋が反らない程度に背筋を伸ばしながら天井から頭が引っ張られている感じを意識するだけで治ると思います。
また、第三者から腰を抑えてもらうと反り、屈み胴を改善できます。
胸弦がつかないのは恐らく反り胴で弓が照ってしまっているからだと思います。
だから、さきほど書いた矯正法と一緒に弓を垂直にすることを意識すると良いかと思います。
胸弦をつけることより、まず反り胴を治すと良いかもしれません。反り胴のまま胸弦を無理につけると胸を払うことになりますから...
あくまでも自分の意見ですので、参考までに....
長々と失礼しました。


■[303] 顔を払ったことで残った後遺症 (投稿2件)

1:星さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SonySOL23 Build/14.1.C.3.95) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
こんにちは。

私は大学で弓道をしているものですが、少し前に顔(右頬)を弦で払う癖がついてしまいました。それは先輩の指導もあって一日で何とか治ったのですが、それ以来悪い癖が色々出るようになってしまいました。

先輩のアドバイスで
・押手の天紋の筋がずれていないか確かめる
・会で押手が身体側に寄りすぎているため少し身体の前側で押す
・離れで勝手を勢いよく出す
ことを意識したところ払わなくなりました。しかし、それ以来
・離れのとき押手の手首で弓を返している
・離れで勝手が真横に出て見映えが悪い
・矢所が前に集中する
という事態に陥ってしまっています。ちなみに狙いの不正はなく、矢はまっすぐ的を狙っています。前まであまり目立った癖もなくいい感じだっただけに悔しいです。これらの射癖はいずれは治るものでしょうか?治すためにはどのような意識を持てば良いでしょうか?教えていただけたらと思います。

2:大変ですねさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
星さん

 射癖は直りますよ。先輩に言われたことを意識しながら続けるしかないですよ。

 1、離れの時に押手の手首で弓を返している。この矯正は、正しい弓返りを覚えなくてはいけません。最初は無理に弓返りさせずに、角見の働きとはどういうことなのかを学ばなくてはいけません。

 2、離れで勝手に真横に出て見映えが悪い。この矯正は矢筋に沿って妻手を抜くイメージするとマシになると思います。

 3、矢所が前に集中する。おそらく、現在意識されている妻手を勢いよくだすようにされてることが原因と思います。妻手が勢いよくだす反動で、上体の軸が的の3時方向へずれている可能性が考えられます。いわゆる妻手離れですね。
 矢筋に沿って、体全体のバネで押手と妻手を開くようにするといいと思います。
あくまで参考ですが・・・


■[304] 射癖の優先順位 (投稿5件)

1:ガリレオガリレイさん
Opera/9.80 (Android; Opera Mini/7.5.35613/35.3226; U; ja) Presto/2.8.119 Version/11.10
私は今高2です

最近弓が腕に当たって辛いのですが、それでもともと早気だったのが更に早くなりました

この場合どちらを優先的に直そうとしたら良いでしょうか?

2:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.4.2; ja-jp; SonySO-02F Build/14.3.B.0.288) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
早気を直そうと思うなら、それ意外を捨てて早気だけに必死にならないと直りません。
勿論、的中への気持ちもです。
貴方の一年を消費しても直るか分かりません。
腕を払うのを直すのは先生や他の部員に射形をみてもらいながら射癖を本気で潰せば割とすぐに直ります。
これも一時的に的中は忘れないといけませんよ。
払うのは痛いですし、気持ちも落ちるので払うのを先に直した方がいいかと思います。
直ったら早気に必死に抵抗してくださいね。

3:ガリレオガリレイさん
Opera/9.80 (Android; Opera Mini/7.5.35613/35.3226; U; ja) Presto/2.8.119 Version/11.10
>ごっぽんさん

返信ありがとうございます

教えて下さった通りまずすぐに腕を払うのを直して、早気の矯正に取りかかろうと思います
関東個人までには絶対に早気を直したいので頑張りたいです

4:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.153 Safari/537.36 OPR/22.0.1471.70
ひねり不足で手の甲が横向いたまんまなのにその状態で手首でグイグイ引っ張りこんじゃってて、手の甲横向いたまま勝手が右肩の前で止まってるって印象があります。
もしかして頬付け胸弦が付きにくいんじゃありませんか?この引き方だと会に収まる前に引き尺いっぱいになってしまうので、引きながら体を反らせないと胸弦付かないんです。

しかしこの引きながら反らせるっていうのがクセ者で、最悪の場合引き分け途中で暴発します。意思に反して離れると言う点では早気と同じです。

上記の引き方の他に、猫背の状態から体を起こしながら引くっていう動作でも同じことが起こります。

まずは、弓手のひじ入れを強くする、
その上で、引きながら体を起こすなんてせずに済むように胴造りを真っ直ぐにする、
引き分けでは手の甲上向かせながら勝手を右肩上に乗せるような意識でひねり強くする(こうすれば手首でグイグイ引っ張らずとも張り合い作れます)、

この辺からはじめてはどうでしょうか。

5:ガリレオガリレイさん
Opera/9.80 (Android; Opera Mini/7.5.35613/35.3226; U; ja) Presto/2.8.119 Version/11.10
>Y.K.さん

詳しく書いていただきありがとうございます

確かに最近胸弦が付いていなく、ひねりも意識していませんでした
まずここら辺の意識の改善から始めていこうと思います


■[305] 弓道競技規則変更と審査の間合い (投稿3件)

1:煩悩の弓引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; MALC; rv:11.0) like Gecko
今年度、弓道競技規則が改訂され、いくつか間合いが変更されているのですが、
特に以下の点が特に気になっています。

座射の注意点で、

 2.本座に進み跪坐し、揃って揖(三息)を行い射位に進む。
   *前立がいる場合は、2番の乙矢の弦音で入場し、本座で跪坐して待つ。
   *最後の弦音で揃って揖を行い、弓倒しで立ち、
    選手が後退し右に1歩踏み出すとき、射位に進む。

これは、あくまでも競技の間合いの要領変更であり、審査の要領は従来通り
今までの間合い(揖(二息)、最後の弦音で前に出る・・)でいいのかって
ことで道場で話題になっています。

このあたりご存知の方はいらっしゃいませんか?

2:大さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0
審査における行射の要領は「5番の弦音で立ち、最後の射手が後退するとき射位に進む」です。
また本坐における揖は従前より三息だったかと。入退場の揖は、弓礼、弓法問答集にあるとおり二息ですが。

3:煩悩の弓引さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.153 Safari/537.36
大さん回答ありがとうございます。
礼は三息、揖は全て二息と思っていました。

現在の審査の行射の要領「最後の射手が後退するとき射位に進む」では、五番はまだ前立五番の弓が邪魔し前に出れないため、今回の競技規則と同時に改定してもらえたらすっきりしたのですが・・・と思います。


■[306] 力を抜いても馬手の安心感がほしい(現在の状況) (投稿8件)

1:あらきさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
・ぎりこがかけになじまない。少量をこまめにつけたが皮がうすくなって穴が開く一方ぎり粉はなじまずすべる。白くならない
・弓構えとりかけの時点で安心感がない。人差し指は矢に沿えて中指で親指を止めておくようにしたいが必要以上に中指を深くとりかけないと不安
・かけの中の親指がかけの中で自由でない
・かけの腰がすこし折れている(新しいかけけは親指を多少折るようにしないととりかけられず不安)
・かけをさすときはひかえをつけているがとりかけのときはつかない
・とりかけで人差し指根元に弦の当たる感じがでない
・矢つがえ位置、とりかけ位置〈親指から筈一個分上)はあっている
・うちおこしから弓が照る
・受け渡しでかけが引かれる感じがない。外れそうで直前に握りなおすときがある
・下筋を終始まったく感じない
・受け渡しで肩がずれやすい。押し肩前勝手肩後ろ
・かなり意識をしないとかけの中の親指が上につかない
・大三で人差し指の根元に弦の当たる感じがない
・大三で馬手の人差し指の第2関節より先が中指より曲がって握るような形になっている。(こうならないと矢の押さえが利かない)
・大三以降のひきわけで弓がぐらぐらする
馬手をひねろうとすると弓が照る。また、ひねりがきく感じはあまりない
・ひきわけ最後に(張り続けると暴発のように離れが出てしまうので)下げておきにいくようなことをしやすい
・手先の力を抜いていると会を保てない。抜いた状態で無理にもとうとすると暴発のようになる
・こうの手の内が完成しない
・会で馬手はひねりをかけているようにみえるが感覚は上弦をとっているようなかんじで効いていない
・会でひっぱり続けられない
・(おそらく)はやけではない。しっかり握りこめば試合でも5,6秒もってはなれる。
・ほとんどの場合びくが出る。ひじが戻るようなことはなく、ひじから先がもどるようなびくをする
・暴発するか離れが出ないかというかんじ
・胸弦がつかない、前収まり。右ひじがうしろにまわってこない
・弓をよせようとおもっても顔などに当たって矢をこぼすためよらない
・パー離れによくなる
・親指をそらせる意識をしっかりしないとおやゆびをはじくような離れにならない。しかしそのくらい意識すると手首まで固くなってしまう
・顔を払う
・馬手の手の内やひねりがうまい人は中指をかぶせなくても弦に親指だけひっかけて引くことができるが、自分はできない

5:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0
違ってたらゴメンだけど、読んで感じたイメージを

親指の腹と弦の十文字ができていない
それでちょっと握り気味
大三でちょっと勝手を送り気味
もしかして大三が大きいか手前すぎるかで、背中を使って引けてない
と言うより背中を使うという意識がない
でも背中が痛くなる?
ギリ粉付け過ぎ
押し手と弓の十文字もできてない
弓構えで弓懐が斜めな斜面のような正面

普通にそこら中にいる弓引きさんですね
五重十文字は知ってても
五重十文字が会で出来ると思いがちな

ホント、違ってたらごめんね

6:あらきさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
ご回答いただいた皆様ありがとうございます。今日の練習では引き分けで前腕のひねりと横に矢筋にひいて途中胸を開くことを意識してやってみました。多少手先が締まる感じが出ましたがしかし安心感は生まれず、離れもうまくいきませんでした。周りからの印象は体や弓がそりすぎているということでした。自分の感覚も前収まりで、胸で割っても割り切れない感じでした。ただ自分は馬手がひねりすぎの可能性が大いにあることがわかりました。

引き続きアドバイスをいただきたく思います。
個人的には弓がぐらぐらすることや押し手との関連、弓構え時点での不安感が気になります。

7:筋肉フェチさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0; YTB730) like Gecko
弓がグラつくのは左手の手の内が原因です。腕の動きに手首が影響され、一緒に回っていっているから弓が照ります。しっかりの手首を起こして天文線から弓が離れないようにすることです。
どうしてとりかけが不安なら、とりかけしたあとに弦を引張てみ見てください。この時にちゃんとかけ溝に負荷が来ていたら、しっかりとしたとりかけができています。

8:あらきさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
お世話になっております。皆さんのご指導を念頭に置きつつしばらく練習してみました。

安心感のなさの要因はひとつはどうやらひねり方にあったようです。弓構えから前腕を軸にしてひねる意識をもつと勝手の一体感ができ、受け渡しでは肩がずれる感じがかなり改善されました。すると引き分けでも軌道を近くすることができ、会もひねりがとけにくく、だいぶ楽におさまることが増えました。かけの親指が的を向くかんじも出てきて、終始安心感が増したように感じています。的中も上がりました。ありがとうございます。

しかしまだ力む感じもあり、より安定して安心感が出て、力が抜けるようにしたいと思っています。実際会ではまだ自由に引っ張り続けることができず、ゆるむ前に離れを出す感じで、びくや暴発のような離れ(このとき弓返りしない)が多々出ます。

押し手のほうですが手の内は大三までは弓の照りを緩和するため力まず手首に角度をつけるようにすると的中が出ますが、引き分けで弓がぐらついたり、自然に回内がかかり天文筋が逃げる感じがあります。また弓は依然終始照り気味です。

会で自由に張り続けていられる安心感がほしいので引き続きアドバイスいただけますと幸いです。


■[307] 「骨で引く」を習得したい (投稿7件)

1:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
こんばんは
突然弓を引くのが辛くなってしまい投稿しました
テスト期間で2週間程部禁になり
そして今日ようやく、テストも終わって弓を引けるようになったのですが、しっかり押せなかったり、引き尺分引けなかったりして引き分けるので精一杯でした。
そこでこれを良い機会とし「骨で引く」ということをしっかり習得したいのですが
どのようにすれば「骨で引く」を習得できるのでしょうか?
いつも長文ですみません。

4:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.153 Safari/537.36
背筋群に大きな力を任せている内は、まだ横引きの段階です。

矢筋引きになってくると、脇の下から腰の辺りに力を任せる筋肉群が移り、より小さな力に変わってきます。

両肘で引く意識と云っても、引くのではなく、弓懐が潰れて行くことで引き尺が大きくなるんです。
特に、右肘は引っ張るのではなく、押し出されるものです。

それが矢筋引き・・・骨の連結での引き分けです。

20キロを大きく上回る強弓で、この骨の詰め合いをやってみると、好く判ります。

5:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
わかりました
ありがとうございます

6:筋肉フェチさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0; YTB730) like Gecko
骨で引くとは言いますが実際は体を動かすには筋肉を使います。だから骨で引くというのはより大きい筋肉を使い楽に引くことです。広背筋で肩と上腕部引っ張るように引いてきます。そしてできるだけ胸を割ることにより、肩甲骨が肋骨の横に来ます、そうすると肘、肩、肩甲骨の主要関節が並びますので、真っ直ぐに伸び合うことが楽にできます。
会に入ったあとは広背筋より上腕三頭筋、三角筋後部をメインに使って伸び合うと弓がより安定します。

7:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
返信が遅くなり、すみません
ありがとうございます


■[308] 力を抜いても馬手の安心感がほしい (投稿3件)

1:あらきさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
こんにちは。高校から弓をはじめ現在大学で弓を引いている者です。

僕は弓道を始めてからずっと勝手の手先のきもちわるさに悩んでいます。先日大会があったのですが改めてこの問題を克服しなければ進歩はないと確信しましたので、できるだけ詳細に説明をし、議論もさせていただきたいと思っておりますのでご了承ください。


勝手の気持ち悪さとは、手先の力を抜くと、かけがすべって終始安心感がまったくないことです。そのため勝手は終始力みがある状態です。また張り続けることができないため会は保てません。ひねりをかけたり馬手の手のうち(こうの手の内)の研究も過去なんどかやりなおしましたが効果を発揮しません。
勝手が自由で安心感があり力も抜けるようになりたいです。どなたか有効なアドバイスをいただけましたら幸いです。

また、現在の状況を別のスレに乗せますのでどうかご覧いただきたく思います。

2:tomochinさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_5_8) AppleWebKit/534.50.2 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.6 Safari/533.22.3
試しに四ツガケ引いてみられてはいかがですか。
深い理由はないですけど試しに。

3:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SonySO-02F Build/14.1.H.2.119) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
逆にこう考えてみませんか?
手首の力は抜いても指は力を入れて鉤爪のようにし弦をガッチリ掴む。
僕は本来は指先に力を入れないのですが、そうすると会で指先がどんどん伸びてしまい刈手がぺっちゃんこになってしまうのでわざと鉤爪のようにガッチリ掴んでます。


■[309] 肘の使い方 (投稿2件)

1:うひゃーさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
会の時に、よく顧問に言われるのが右肘が使えていないということなのですが、肘で引くというのはどういう感覚ですか?また肘で引くコツを教えてください

2:筋肉フェチさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0; YTB730) like Gecko
引き分けはざっくり分けると弓を寄せてくるのに広背筋、弓を開くのに僧帽筋下部と三角筋後部、そして肘を押すのが上腕三頭筋です。だから肘で引くには右手の場合上腕三頭筋で肘を押し上げることです。
これをすることにより会で弓の負荷を肘で感じることができるのと、固定できるので離れのさいに肘がブレにくく緩みがなくなります。ちなみに左手の上腕三頭筋は肘入れに使います。


■[310] 引き分けがしんどい (投稿4件)

1:正面さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SH-01F Build/SB290) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
こんにちは。
弓道をはじめて7年目の正面打起し学生です。
大学も四年目に入り就職活動もおわりましたので2ヶ月程前から弓道を再開したのですが引分けがいぜんよりも大変しんどく感じ、2ヶ月たった今でもスムーズな引分けが出来ずにいます。
以前に比べると大三が遠くまた力みがあり、体に割り込めていないのが自分でも分かるのですが直そうと思うと、どうしても力で割り込ませてしまい余計しんどくなってしまいます。
7年目にして今が一番自分の射を見失っている状態で落ち込む毎日を送っております。
誰かアドバイスをお願いします。
ちなみに現役時代は19キロ、現在は15キロの弓を使っています。
今は19キロ使ってたときよりも引分けがしんどいです

2:きゅうきゅうさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
弓構えは力みなく形も整ってとれているでしょうか。

弓構えは動き出す直前の動作です。最初がうまくいっていなければそれをあとから力で修正することになると思います。

高段者のかたの射や図解と見比べてみてはいかがでしょうか。

弓構えが不自由なく手先の力もしっかりぬけるようなら、それ以降の動作に問題があるのかもしれません。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
 こんにちわ。
「大三が遠くまた力みがあり、体に割り込めていない」のを「力で割り込ませよう」とすれば当然しんどくなるでしょうね。つまり、大三が形だけの捌きですと引き分けて来るにつれて増す力に肩が支点として働かず宙受けのままで対抗していくからだと思います。捌きは形だけでなく、左肩を沈めて肩根を前に入れることができてこそ「大三」です。正面さんの弓歴から推してそのようなウッカリはないと思いますがいかがでしょうか?【弓手肩を沈めて入れ、右手肘を陽に当てる】ようにしていけば大三が遠くなるようなことはなくなると思いますがね。

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0
普段の姿勢が「顔がつま先側に飛び出す姿勢」、別の言い方だと「背骨から首にかけて、くの字に曲がった姿勢」となっているのに気が付いてない可能性が大きい。


■[311] 大三についての悩み (投稿4件)

1:シュワルツネット3世さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
中学2年生、12kgの弓を引いている女子です。

先日、先生に型を見て頂いた時に大三が広過ぎると指導されました。
実際に先生に修正してもらいながら大三をしてみると、自分では全然引き足りない感じがして驚きました。
現在その部分を修正しようと思っているのですが、大三を狭くすると弓手が上手く開けず、前の方を狙ってしまいます。
狙いを真っ直ぐつけるとどうしても大三が広くなってしまいます。
大三が狭いまま真っ直ぐ狙いをつけると、上半身が全体的に後ろに向いてしまいます。


どうしたら上手く大三を狭くする事が出来るでしょうか?
コツの様なものがあれば教えて頂きたいです…。
よろしくお願いします。

2:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:29.0) Gecko/20100101 Firefox/29.0
各自の体形が違うんですから、射形なんて人それぞれですよ。
大三が広いほうがいいなら、そのままでいいです。

と、ぼくなんかは思っちゃいますけどね。
とりあえず、広背筋で引くイメージを意識して、大三を低くしてみるとかかなー。
重心はちゃんと足の母指球においてます?
https://note.mu/smm/n/n167544adbcc6

3:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
中学二年生はまだ筋肉の地力がついていません。その時に中てっこに走ると修復困難な癖がついて、いざ高校で勝負をかけようという際に、中学経験者という利点が逆にマイナスになってしまいます。
大三をがばっと大きく取る癖も早めに治しておいた方が良いと思います。
勘違いしていると思うのですが、大三で狙うという件、的がどこに見えるかということを気にする必要はありません。
指導者が示した大三の位置を体で憶えればいいのです。その上で、水平平行の矢を気持ち頭上にかぶる方向に位置させて、肩を沈めたまま審査員方向に押し出すように力を入れます。その肩を支点にして引き分けるのが基本です。
大三は引き分けの方向性を確認するのが目的で、全引き尺の半分ほどしか引きません。

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:30.0) Gecko/20100101 Firefox/30.0
大雑把な話をすると、体を側面から見たとして・・・。
足を基準とした腰の位置がかかと側にずれていると、大三は広いところで安定し、腰の位置がつま先側にずれていると、狭い大三で安定します。

ですので、可能性としては足を踏み開くときに腰が抜けている可能性が高い。ただし、腰の位置に意識を向けすぎると猫背になって引き分けできなくなりますので、ぼちぼち調整してみてはいかが?


■[312] 離れで弓手が緩む… (投稿3件)

1:アントワネットさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
初投稿です。
説明不足な所があったりするかもしれませんが、お答え頂けると嬉しいですm(_ _)m

中2女子で弓道をしています。
始めたのは中1からで、同じ学年の女子の中では1番進歩も速いとされていて、弓を引き始めたのも1番最初でした。
射ち始めたばかりの頃はビギナーズラックの様な感じでよく中っていたのですが、最近的中がガクンと下がってしまい、先日あった試合では8射1中と残念な結果でした。

矢が的の上にばかりに飛んでしまうのです。
同じ学年の的中の良い男子に聞いたところ「離れで緩み過ぎ。弓手が切り下がっている。」
と言われました。
切り下がりは的の上に飛ぶ元と先輩に教えて頂いたので直そうと頑張っているのですが、なかなか直らず先生にも緩んでいると言われます。
また猿腕の為、引分け~会で肘を伸ばし切る事が出来ません。
離れで弓手が切り下がらない様にする、緩まない様にする克服法や、矢が的の上に飛ぶ原因にはどのようなものがあるかも教えて頂ければ嬉しいです。
また、猿腕でも的中を伸ばせる方法があるなら教えて頂きたいです。
よろしくお願いしますm(_ _)m

2:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SonySO-02F Build/14.1.H.2.119) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
猿腕についてのアドバイスは申し上げられませんが、何かしらお役に立てたら幸いです。
離れでの弓手の切り下げですが、弓手は離れで矢を飛ばす方向を決める最後の部位です。
つまり、切り下げでなくとも弓手が動けば何かしら矢は影響を受けて飛ぶのです。
押すことは必要なことですが、余計な力はいれず何もせず弓手をただ的に向けるなんてどうでしょうか。
最初から最後まで的に向けたままです。
的の上に飛ぶ原因は多々ありますが、縦線が退いていないか、口割りが低くないか、妻(馬)手が離れで下に切ってないか、弓手がベタ押しではないか、私にはこれぐらいしか思いつきません。
裏技という程ではありませんが、口割りを上唇から上唇より気持ち上にしておくと矢は下に向きます。又は、中仕掛けの位置を平行より数mm上にすると矢は必然的に下を向きます。

3:アントワネットさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
ごっぽんさん返信ありがとうございます!!!

確かに、離れで弓手が何かしらブレてしまってはいくら狙いを定めてもあまり意味が無いですよね…。
最初から最後まで弓手を的に向けておく事、意識して頑張ろうと思います。
あと、縦線が退いている事がよくあるので
それも原因かもしれません…。
裏技も実践してみようと思います。

本当にありがとうございました!


■[313] 離れの指導法 (投稿11件)

1:きださん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64) AppleWebKit/534.57.2 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.7 Safari/534.57.2
こんにちは。きだといいます。

早速ですが、現在指導の仕方について悩んでいます・・・
指導してる子は前離れに悩んでおり、なかなか改善できないでいます。その子は馬手が会で前についており、口割りもついておらず、離れで前に切ってしまっています。
大三、引き分けの軌道を変えるように指導しても、馬手が途中で平付けに近いような形になってしまっています。そして馬手に力が入っているからか離れて激しく振ってしまっています。
一生懸命練習する子なのでなんとか治るように指導してあげたいのですが、何か良い対策等あるでしょうか?

前離れは私も昔悩んでいて、色々意識するうちにいつの間にか治っていた印象があるのですが、このように意識するうちに自然に治るものなんでしょうか?

長々とすみません。よろしくお願いします。

8:巻藁三年的八年さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
あっ、そうそう。全弓連競技規則の改定で、「柔らか帽子の使用を全面禁止」しているとは読めません。「上達にしたがって・・」と解釈できますし、競技規則が、上達を妨げる内容のものではないと心得ます。「時、所、位」が弓具にもいえると思います。鷹司カオルさん、柔らか帽子の方がいても大丈夫ですよ。

9:巻藁三年的八年さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
無論、生徒さんの中にですよ。

10:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
 巻藁三年的八年さん、いつも分かり易く的確なアドバイスには敬服いたしております。他レスでのことですが枕は一応復旧させておきました。高校生部活での事故が少し続いたりした関係からの改正だったように思いますので9:はもちろんです。
 「逆手」でやってみますと肘の主導性がよく感じ取れますよね。仰るとおりだと思います。引くではなく「押し広げる」のことも然りですね。この辺のことは「〇〇師弟〇問答」の中で著者もしきりに触れて勧めておられますよね。どうも弓には引くという一般的なレベルの観念が定着してしまっているように思いますが弓士たる者は早くこれから脱却しなければなりませんよね。

11:きださん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SonySOL23 Build/14.1.C.3.95) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
たくさんの方に返信頂けて感激です!
返信が遅くなって申し訳ない限りです…

私は先生ではなく大学の後輩を指導している先輩という立場なので指導の仕方がよく分からず相談しました。柔帽子のかけは私も引いたことがなく初心者の頃からいきなり堅帽子だったので、柔帽子での指導もできないんですよね…

それでもたくさんのアドバイスを頂けたので、一つ一つ試してみます!また何か相談事が見付かったらこの掲示板に書き込みますね!


■[314] 縦引きと横引きの具体的な引き方 (投稿29件)

1:がらこさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.137 Safari/537.36
縦引きと横引きの具体的な引き方を教えてください。
今いちどういう引き方が縦なのか横なのかわかりません。
youtube等の動画のURLを貼って頂けるとよりわかり易いです。

縦引き
縦引きのURL

横引き
横引きのURL

を貼って頂くとありがたいです。

文章のみの説明でも助かります。
出来たら動画でお願いします。

26:元学生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET4.0C; .NET4.0E; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
17>
私は枕をとってしまいましたがとても調子はいいですよ。

よくよく考えてみたら、新しい競技規則20条(4)(ウ)控、帽子および弦枕がある。の条件を満たさない違法な道具でしょうか。

調子が良いからと言って規則を守れない道具を使うのは疑問を感じます。自分に不条理な規則でもみんな同じ条件で引いてますから、弦枕がある道具で上を目指してほしいものです。

27:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
 26:元学生さん、いゃ〜これは失礼しました。尤もなことです。4月1日からでしたね。
 さっそく修理し弦が掛かるようにします。特に大会へ出るような予定もありませんが規則に則っていなければいけませんからね。

28:がらこさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.153 Safari/537.36
皆さん色々な意見ありがとうございます。

それぞれの引き方の動画を知ってあったら貼って欲しいです。


縦引きのURL


横引きのURL

を貼って頂くとありがたいです。


宜しくお願いします。

29:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
26:元学生さん、其の前便の枕のことですが昨晩復旧修理をして枕を再現しました。これで捻りの度合いもやや軽くて済みそうですw。ご指摘ありがとうございました。


■[315] 肘の使い方 (投稿3件)

1:うひゃーさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
会の時に、よく顧問に言われるのが右肘が使えていないということなのですが、肘で引くというのはどういう感覚ですか?また肘で引くコツを教えてください

2:巻藁三年的八年さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
学生さんでしょうか?まずは、顧問の先生によく診てもらう事をお勧めします。の、上で、手っ取り早いのは、少しひょうきんですが、手首を中仕掛けの辺りに縛ってもらい、幽霊の手先の様にダランと手首の力を抜き、その状態で素引きでもしてみてください。イメージは、両腕の二の腕(肩から肘)が算数で使うコンパスの足、それを背中と胸の筋肉で開いて来る感じ。弦を拳で掴んで引くのとは違います。弓構えの時の円相を作った腕の形を崩さない様に。

3:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SonySO-02F Build/14.1.H.2.119) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
誰かに肘に手のひらをあててもらい手のひらを会の形で肘だけで押してみてください。その時に手のひら役の人は押し返す様にしてもらいます。そうすると会で肘で押す感覚がわかります


■[316] 妻手肘辺りが痛い (投稿7件)

1:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
最近妻手の上腕三頭筋〜妻手肘にかけて締め付けられるような痛みがあります。
徒手でも、ゴム弓でも痛みが出るのですが
何が原因で痛むのでしょうか?

4:防人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:29.0) Gecko/20100101 Firefox/29.0
肘用のサポーターを二折りにし、上腕三頭筋の一番太い部分に着ける事をお奨めします。

肘の炎症の原因は上腕三頭筋(力こぶの裏側の筋肉)の酷使により、その付け根の肘に負荷がかかって炎症を起たすものです。

つまり上腕三頭筋の伸縮を抑制すれば炎症を抑える事ができるのです。

肘に着けるサポーターのサイズを奨めるのは上腕に着けるサポーターのサイズでは緩すぎて効果が弱くなるからです。バンテリンの肘用のサポーター等はいいですよ。

5:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
サポーターですか
わかりました今度買ってみたいと思います
それと引き方とかには問題あるのでしょうか?

6:防人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:29.0) Gecko/20100101 Firefox/29.0
引き方は、カケを弦に預けるような、つまり中指の力を抜き切らないようにすることです。

使っているのは三ツガケだと思いますが、三つガケで中指の力を抜いて引くと親指だけで引くことになり、これだと肘だけで弓を引くことになり上腕三頭筋を酷使するわけです。

四つガケだと薬指の力を抜こうにもカケと骨格の構造的に指に力が懸かった状態のままになるため肘を痛めることはありません。

7:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
わかりました。ありがとうございます。


■[317] 矢所 上 (投稿2件)

1:8810さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; SBM200SH Build/S1004) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
弓道歴4年の男子高校生です。

現在、直心Vバンブー14kg(伸び弓) で弦は茜を使って練習しているのですが、矢所は的の上がほとんどで的中が続きませんorz

6段の指導者に射型を見てもらいましたが、
目立った射癖はなかったらしいです。

2:福島の某射手さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.114 Safari/537.36
バンブー使用者としての意見ですが、反動がマイルドな分返しが甘いのでその弓の特性に従った結果、角見が開いてしまい上押しが弱くなると言った癖が出てしまったのを覚えています。
矢所が上に集中すると言った具合だそうですのでまずは上押しを意識してみては如何でしょうか。


■[318] 切り下げ、弓が倒れる (投稿4件)

1:弓道部さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
私は、中学で弓道をしている者です。
最近、押手の切り下げと弓が離れの後に的方向に倒れてしまいます。
上押しのかけすぎなのは分かっているのですが、顧問の先生に教えてもらったアドバイスを実践してみてもどうしても上記の癖がでてしまいます。その他の癖としては猿腕や手の内を作る際に天文筋をつけているのですが、打ち起こしから引き分けの際に離れてしまうことです。
ちなみに斜面打ち起こしです。
長くなってしまいましたが、アドバイスの方をよろしくお願いします。

2:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.114 Safari/537.36 OPR/22.0.1471.50
まず天文筋から弓離れちゃうのを直しましょう。

打起しで天文筋離れちゃうってことは、
弓を上げる時にそれにつられて物見が照ったり、必要以上に胸が前に張り出る等で胴体が反り返っちゃうのかもしれません。もしかして腰が肩よりも前に出ていませんか?

胴体の角度と手の平の角度は連動しますので、そのままだと小指の締めをもっと強くしたりもしくは手首が折れるまで角見・虎口を弓に押し当てないと弓を支えきれないのではないでしょうか。
(上押し強すぎと同じ状態)

試しに、その物見や胴体の角度に合わせてわざと弓を照らしながら引くと、手の平と弓の角度もピタッと合ってますから天文筋安定すると思います。胴の角度と弓の角度は一緒にするといいんです。

そこで、弓を真っ直ぐ立てやすくなるまで胴体の角度を前傾気味に調整してはどうでしょうか。むしろ斜面打起しって弓伏せてもOKだったと思います。
ただ、棒立ちのままでは猫背になってしまいます。
足踏み時に足の指で床をつかめるくらいに重心を足親指付け根において、その状態で少々胸を下に落としこむような意識で構えれば、ちょうど良い胴体の角度になりそうです。
そこから打起しで胸が張り出ても、物見照ったり腰抜けたり背骨が反ったりしなければセーフ。
ネットの動画で法政大学が引いてるのをまねすると良いかもしれません(特に2008年全日とか)。

これで、胴の角度→手の平の角度→弓の角度が合うので手の内締まりやすくなって、天文筋離れずに済むと思いますよ。
これでも弓が前に倒れるのなら、勝手のひねりが甘いのかちゃんと矢線方向に引けてないせいで張り合い弱く、上押し強くしないと離れない状態になっているのかもしれません。

3:防人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:29.0) Gecko/20100101 Firefox/29.0
>斜面打起しって弓伏せてもOKだったと思います。

何を聞き違えているか知りませんが、浦上栄先生の射を見ても離れの後にそんな事はしていません
https://www.youtube.com/watch?v=nzBcl9wglfA

4:Y.K.さん
DoCoMo/2.0 SH903i(c100;TB;W24H16)
これは失礼しました。
よそ様と混同したようです。

しかし、何も返信ないところからすると、
フォーム悪くて手の平が照ってるのに無理やり弓を立てようとしているという仮説はハズレだったようです。
だとすると、弓の太さが合ってないのかもしれませんね。


■[319] 射流しの飛距離 (投稿9件)

1:的はりさん
KDDI-CA3H UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.5.214 (GUI) MMP/2.0
こんにちは
最近の大会の射流しの最高飛距離はどのぐらいでしょうか?
また 射流し専用の弓矢を使用しなければ距離は短くなるでしょうか?
よろしくお願いします

6:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:29.0) Gecko/20100101 Firefox/29.0
離す時に折れたら、折れた矢が自分に突き刺さることは十分にあり得ますよ。

7:まと貼りさん
KDDI-KC4A UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.1.104 (GUI) MMP/2.0
離れで矢が折れて怪我をするのは射手の責任ではないでしょうか?
弓道の試合で保険に入ってる方が珍しくないでしょうか?
イベント保険で範囲を広げた場合は射手も周りも保険の対象に出来ますが保険料が変わります
飛距離の計測中に怪我するかもしれないから追加した方が良さそうですね

8:っぺさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:29.0) Gecko/20100101 Firefox/29.0
飛距離の計測は全員が引き終わった後に
一気にやるんだよ
飛んでる矢は見えないし、音も聞こえない

9:まと貼りさん
KDDI-KC4A UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.1.104 (GUI) MMP/2.0
計測は引き終わってからですよ
計測中に転んだりして怪我するかもしれませんからね
平坦な所ではやれませんからね
田んぼみたいに畦で転んだりしてしますからね


■[320] 大三 矢が前を向く (投稿12件)

1:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
タイトル通りです
大三で矢が前を向いてしまいます。かなり前からこの射癖に悩んでおり、意識しても治る気配がなかったので投稿しました。
大三では
弓手肘の左上に的がきて、引分けの際に的が腕を沿っていくようにする(的転がし)
妻手の位置は頭より拳一個分くらい空いたところ
と教わっているのでそのようにするのですが、矢が前を向いてしまいます。
妻手の位置を遠めにして矢を身体と平行にしても引分け〜会にかけての疲れが酷くなり
また、弓手肘の中に的がくるようにして矢を平行にしても引分けの時、的転がしが定まらずに会に入るので一射一射狙いがズレてしまいます
どうすれば大三の時に矢が前を向かずに済むのでしょうか?
長々と失礼しました。

9:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
肩を前に入れませんと・・・という時の「入れる」とは普通に言えば前に押しやる事です。前に入れませんといわゆる三角肩となってしまい押しの線が的芯線と交差するようになるので前矢が出易くなってしまいます。また、普通は前に入れると同時に肩根は沈めて伸びのある押し肩とします。前肩下巻と言っています。しかし注意すべきことは、肩線は三重十文字に従う・守るということです。その理由は自明のことですが、会では馬手肩も前に入れて(教本二p.141参照)肩の支点を構築するので入れてこそこの三重の十文字は成るというものです。尚、ここでの「入れる」という表現は会を構成している弓と射手の中心に近くすることを言うと理解しています。

10:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
>>8ありがとうございます
羽引きは知っており、弓を引く時にもしっかりと行っています
>>9わかりました。ありがとうございます。
明日から意識してみたいと思います。

11:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.114 Safari/537.36 OPR/22.0.1471.50
>>10
羽引きがわかるなら、矢線方向の力・張り合いの感触をつかむっていうこともその時にできているはずですから、その感触を大事にして引けば、大三の弓手肘と的の位置関係は必ずしもみんな同じじゃないんだってこともわかると思います。
半月の狙いで矢が前を向く人がいるのと一緒ですから、この辺もう一度考え直した方が良いと思いますよ。

12:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
ありがとうございます。
しっかりと見直して改善していきたいと思います。


■[321] 体軸が的側に寄る (投稿3件)

1:パワポケさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.114 Safari/537.36
練習の時では体軸(体の中心を通るライン)が動いてないと言われるのですが、試合中だと中てようとする意識が強すぎるのか、会の途中で体軸が(上半身が)的側に寄ってしまうと言われます。
そうすると伸びあいや離れが安定しなくなり、下に飛んだり、左右にぶれてしまったりして中らなくなってしまいます。

体軸が動かないようにどんな注意を払えばいいですか。
また、僕は落で使われることが多く、特に5人立の20本目ではどうしても中てようとする意識が強くなってしまうのですが、どのような心構えをするべきでしょうか。
教えてください。

2:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.132 Safari/537.36 OPR/21.0.1432.67
用心深くなってひねり戻り弦をつまみこんでしまうのかなって印象があります。

単純にもっと大きく引いてみるか、
もしくは裏的方向への伸びを意識してはどうでしょうか。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
そうですね、Y.K.さんの仰る通りに裏的をも意識し、自分を真ん中に置き両腕を左右対称にして引き収めることを意識してみたらよろしいかと思います。これを「射法訓」では【心を総体の中心に置き・・・】と言っていますからね。両肘に主導権を置く如くにして弓を開いてきます。と、同時に弓の中へ我が身を入れていく感覚、と言ったらいいでしょうかね。


■[322] 弓道における精神統一とは? (投稿15件)

1:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
 武道ではよく「精神統一」ということが重要視されますね。これを皆様どのようなこととして捉えていますか?これは弓士にとって一大事の課題だと思うんですが皆様の御紹介・カキコをお願いします。

12:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.114 Safari/537.36
鷹司さんは弓界に一石でも投じようと、精神統一のスレッドを立て、起承転結の転をご自身でレスしたのでしょう。

しかし、その後の私の様な反論は容易く予想出来たと思うのですが、その後が続かないというのは底が浅過ぎます。

スレを立てての放置はないでしょうね。

13:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
 お早う御座います。座談会で言い合うつもりはありません。私はお互いの経験から良きと思うところを紹介し合いながら取り入れたり直したりしていきたいと思っています。
 

14:優之介さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/35.0.1916.114 Safari/537.36
弓道始めてまだ2年な自分は難しく考えずこれから弓道をやるぞ!と気持ちを一つにして集中するを精神統一と思っています。なのであれやこれやと弓の事を考えながらは有かなと。
理想は無心なのかもしれないけど無明でいるからこそやりがいがあるんじゃないかと個人的には思います。
一緒に弓道という道を彷徨いましょう(笑

15:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
一言で「精神統一」と言ってもその人その人で違ってくるだろうと思いますし、段階で様々、一つ山越せば次の山が見えてくるようなものでしょうね。今日の迷いは昨日のそれよりは高度になっていると思います。座談会にお寄せ下さる皆さんの投稿にも自分の来た道を準えて反省したりこれからを予想し覚悟も新たになりますね。


■[323] タイトル無し:本スレッドは削除対象です (投稿2件)

1:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
 当サイトで検索しました。二件ほど出ていますよ。参考までに貼っておきますね。

 http://ecoecoman.com/kyudo/bbsoth/0-50.html%8e%cb%97%ac%82%b5#1
          http://ecoecoman.com/kyudo/bbsitm/2010080221594415.html

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
間違えました。
 射流しのスレ主さんへ返信するつもりがスレ立てになってしまいました。 
 申し訳ございません。


■[324] 矢が後ろを向いて刺さる (投稿8件)

1:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
タイトル通りです。
的前で矢が後ろを向いて刺さります。
特に中ってる時の矢に多いと思います。
何が原因で後ろを向くのでしょうか?
教えていただけませんか?

5:tomochinさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
矢が後ろを向いてというのは安土や的に対して真っ直ぐに刺さっていないということではないのでしょうか?

6:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
>>ドン引きさん
私の説明不足です。申し訳ないです。
板付より筈が先にとんで行くというのではないです。安土に刺さった時にやや後ろを向いている
要するに真っ直ぐに刺さらないということです
>>tomochinさん
はい。その通りです。
私の説明不足です。すみません。

7:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
6:おきさん 、ハィ、状況は良くわかりますよ。的面に対して矢が前後に垂直ではないということですよね。いずれにせよ慣性の法則によりどなたの射でも矢色は出るのですけれども目に見えて振れていたり的面上でそうなるのでしたら気になるのも自然なことでしょう。次のことは大丈夫でしょうね。

 @弓の強さと使用する矢が合っていない。(例えば15kgの強さの弓に1913の矢)
 A弓を捻り過ぎて矢色を出やすくしている。
 B離れが前離れである為に矢を振ってしまっている。

 何れにせよ、本来より無駄な力がかかっているには間違いありませんからよく考えて原因を探っていくことですね。

8:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
ありがとうございます。ある程度原因も見えてきたので、もっと原因を探って自力で解決しようと思います。


■[325] 会 妻手肘の位置 (投稿5件)

1:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
最近妻手の良い状態を研究している内に、会での妻手肘の位置について気になるところがあったので投稿しました。
本によって、前後上下両肩の延長線上に置くのが正しいと書いていたり
肩より拳一個分後ろまたは後ろ下に置くのが正しいと書いていたりと
どれが正しいのかよくわかりません。
よろしければ教えていただけないでしょうか?
自分の部活の顧問は弓道の知識がゼロなのでこのサイトや教本、先輩方に頼る他ないです
ちなみに自分は正面打ちお越しの大離れ射法を教わっています。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
「本によって」の本とは一般参考書のことですか? どういう流派かによって微妙な違いがあるかもしれません。
 いずれにしろ、肘はカケ・弦枕の移動たるの動的な円運動の中心点を司っていることに眼目をおかなければなりません。弦は離れの瞬間に枕を離れますが「瞬間」という間があり間がある以上は矢向きが生まれ射に関係してきますからね。
 ですから矢筋通りに枕が抜けていくためには肘をどう引き取っていくかを考えなければなりませんね。私は後者の袴腰(右下)方向へ
向かわせていますね。  

3:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
返信ありがとうございます。
本によってというのは一般参考書と教本両方です。すみません。
ちなみに部活では拳一個分後ろと教えられたのですが、これに合わせた方が良いでしょうか
それとも参考書の両肩の線に収めた方が良いでしょうか
自分の部活ではなに流かがはっきりしてないのでなんとも言えないのですが、おそらく本多流だと思います。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
 カケが矢線上を通りつつ離れていくためには、実際にやってみれば(後述⇒)分かりますが肘は右下に移動しながらでないと矢筋の離れは不可能です。肘が固定されたままでは弽(懸・カケ)は上とか前に出てしまいます。このことを前便で私は「動的な円運動の中心点」と表現したわけです。会での弽(懸・カケ)と肘の位置は、弽(懸・カケ)は肩より拳一つ分上で肘は肩より拳一つ分下が無理のない目安でしょう。尚、この時肘は背面側に行っているべきです。第二巻p.141の写真参照。
 ⇒実際にやってみるとは、離れの際での矢筋と弽(懸・カケ)・肘の軌跡を確かめる模擬実験?です。弓の張り顔に矢を水平・弦には十文字の状態にして顔の前に弦が来るように持ち、箆をカケの虎口に接するようにしてそのまま右手を残身の位置まで抜いていきます。この動作で右肘がどのように軌跡を描いていくかを見極めれば、実際の射での望ましい肘の位置関係を掴むことができるでしょう。肘が止まったままで動かないでは「前離れ」や「上放れ」となってしまうでしょう。

5:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
ありがとうございます。
実験してみて離れの動きを見てみたいと思います


■[326] 矢が下に飛んで行ってしまいます…助けて下さい;; (投稿8件)

1:真茶さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
矢所が悪くなり、直らないので、相談したい。

5:Y.K.さん
DoCoMo/2.0 SH903i(c100;TB;W24H16)
なんてことはない、押し強くて引き負けてるって意味です。これでは張り合い弱くて矢が飛びません。

まずは右手が耳の後ろを通るくらいにもっと強く引いて、それでも下に飛ぶなら、引く方向を下にずらして矢が上にかっ飛ぶように誘い込めば良いのです。

もしかして頬付け知らない内に上がってませんか?でなきゃ引き不足で肩つまってるとか。

6:真茶さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
返信ありがとうございます!!
ご意見の通りに意識してみたところ、馬手の動きがよくなった、と仲間にも言ってもらう事ができました!
しかし、今度は弓手にも癖が出てきた、とも言われてしまいました…どうやら離れと同時に肩を中心に弓手を前に振り込んでいるようなのです…意識をしてもなかなかうまく行かず、調べても有力な情報は得られませんでした。何かいい直し方があればご指南いただけないでしょうか。
聞いてばかりですみません…

7:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.132 Safari/537.36 OPR/21.0.1432.67
それもごく単純なこと、引きが強くなった分押す方が追いついていないってだけです。

馬手はそのままで良いです。
大三とったら、弓を押し開く意識で引き分けのときから思いっきり弓を押してしまうんです。
体が前にのめり込むかもしれませんが、むしろそのくらいやらないと、せっかく直した馬手とのバランスが取れないかと思います。

8:真茶さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
なるほど、釣り合いが取れるようになれば良いのですね!!ありがとうございます!


■[327] 矢がたわむ 押手が動く (投稿3件)

1:アールさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; SonySO-03E Build/10.1.E.0.244) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Safari/534.30
中学校で弓道をしています。
最近、引くときに矢がたわんでしまいます。
原因は、握るように弦を引いているということでした。自分では腕から引くことをイメージしているのですが、猫の手のようになってしまいます。
それに、離したときに押手がガンッと前に出てしまいます。以前、顔をはらったときの恐怖を忘れられず、クセになってしまいました。
大会や段級審査も近く、本当に困っています。
アドバイスをよろしくお願いします。
長文失礼しました。

2:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.132 Safari/537.36 OPR/21.0.1432.57
まずは胴造り・姿勢の見直しが必要だと思います。
体重がかかと寄りになっていて、背中が丸まり、首も矢を覗き込むように傾いているかもしれません。
重心を土踏まずまたは足親指付け根に置くようにしながら背筋首筋まっすぐに直すだけでも、かなり改善されるのではないでしょうか。
実際にこれだけで直った例を知っています。

3:アールさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; SonySO-03E Build/10.1.E.0.244) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Safari/534.30
ありがとうございます。たくさん練習して、美しい型を目指します!


■[328] 緩んで弓返りしてしまう (投稿3件)

1:Gakuさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
半年ほど前から弓返りができるようにと、無理やり弓を回す「弓返し」をしていたところ、離れと同時に弓手を緩めて回しているため手首が少し左上に向いてしまいます。
効果的な直し方があったら、是非とも教えてください。

2:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.132 Safari/537.36 OPR/21.0.1432.57
弓手がゆるんで手首がそっちに吹っ飛ぶ引き方といえば…
身体の重心右足寄りになって退き胴になっているのか、
もしくは棒立ちのまま踏ん張れず引き尺短くなって的に届かないのを補おうとして矢を上向きにさせて引いているのか、
猫背のまま馬手ひねり不足の平付けで引いているのか、
ベタ押しのまま身体反らせて引いているのか、
もう本当に腰が肩よりも前に出るくらいに身体反り返っているのか、

そんなフォームが思い当たります。
このような引き方では弓押しづらくって、弓返しを覚えなくってもどうせ弓手がそっち方向にゆるんでしまうと思います。心当たりないでしょうか?

まずは足踏み広めにとって足の指で地面につかみかかるくらいの前重心にし、
大三以後は右手が耳の後ろを通るくらいに引き尺かせぎながら弓を押し開くイメージでどんどん身体を弓の中に割り込ませていって、
矢線どおりに弓を真っ直ぐ押し返せるように張力作るのが良いかと思います。
必要に応じて上押しを効かせてもいいんじゃないでしょうか。

3:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.132 Safari/537.36 OPR/21.0.1432.57
すみません、
両手ともつまみこみ握りこみのままムリヤリがんばって引いていて緩めないと離せない状態になっている

って書くのを忘れていました。
併せてご確認ください。


■[329] 胴造りとはどの段階か (投稿8件)

1:k さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)
申し訳ありませんが、教えてください。

八節における胴造りというのは、
通常の行射でいうとどの段階なんでしょうか。
矢番え直後に右手を腰にとった段階が胴造りなんでしょうか。
それとも取り矢をして右手を腰にとった段階が胴造りなんでしょうか。

よくわからなくて困っています。

審査の間合いの
「胴造りの完成したころに立つ」
とも関連すると思います。

よろしくお願いいたします。

5:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
なるほど、何となくわかります。
ただ、八節というのは「射法八節」ですね。k さんが言う細かい動作の列挙は体配と呼ばれる所作の決め事であり、射法とは別物です。射法と体配を混同して考えるから、どの所作が胴造りなのかという疑問に至るのだと思います。
矢つがえ、膝に置く、取り矢、弦調べこれらは体配の説明になります。それらを別に考えることにすれば、残るのは「脊柱とうなじを真っ直ぐに伸ばし、総体の重心を腰の中央におき、心気を丹田におさめる動作」だけになります。
まさにそれが胴造りであり、終始行射の根幹をなすわけで、「どこからどこまでが胴造り?」という質問自体が成り立たなくなります。

6:k さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
天龍さま
お返事ありがとうございます。


>「脊柱とうなじを真っ直ぐに伸ばし、総体の重心を腰の中央におき、心気を丹田におさめる動作」

が胴造りの根幹だ、ということは理解できます。
ただそう言ってしまうと、天龍さまのおっしゃるとおり、

>終始行射の根幹をなす

わけで、極端なことを言えばずーっと胴造りということになってしまいます。
行射の際の体の使い方という意味で、そのこと自体は間違ってないと思いますが、
そうすると「胴造りの終わる頃」が理解できなくなってしまいます。


あとは、八節と体配の違い、ですね。
この二つは別物なので、ごっちゃにしてはいけない、ということはわかります。
すると、両者をどう理解すればいいのでしょうか。

自分は、
八節は根本的な体の動き、体配は細かな所作、
と理解しています。

なので、八段の階段(八節)の上に、いろいろなボール(体配)が載っている、というイメージでいます。
だから各ボールは何段目にあるのか、と考えてしまうのですが、そこから間違っているのでしょうか。

八節そのものに対する理解・イメージの仕方が違うのかな、という気がしてきましだ。
お手数ですが、お返事をいただければ幸いです。

7:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
ご指名ですので所感を述べますが、くどい話になりますのでこれでお許しください。
体配は入場から退場までの決められた所作。射法とは別に全日本弓道連盟が制定しています。試合なのか審査なのか礼射なのか、または立射なのか坐射なのかで違います。
射法はいずれの場合も全く同じで、八節に区切って理解されます。極端にいえば、矢を一本ひっつかんで射位にズカズカ入って行っていきなり引き始めても、射法に関する限りはやることは射礼と全く同じということです。
さて、「胴造りが終わる頃」とは「胴造りをし終えた頃」と読み替えれば、胴造りは最後まで続くことと矛盾はないと思います。

蛇足になりますが、「2番は1番の胴造りが終わる頃立つ。」と、体配の説明を射法の用語を使って表現したのが、少し残念だったのかもしれません。

8:k  さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
天竜さま

お答えいただきありがとうございます。

>「胴造りが終わる頃」とは「胴造りをし終えた頃」と読み替えれば、

あ、ちょっとわかったかもしれません。
足踏みの後、体勢を整える(脊柱とうなじを真っ直ぐに伸ばし、総体の重心を腰の中央におき、心気を丹田におさめる)ことが動作としての胴造りであり、その状態としての胴造りはその後もずっと続く、ということでしょうか。

そして、動作としての胴造りが終了し、状態としての胴造りが完成した瞬間を「胴造りの終わる頃」と呼んでいる。そんな理解でよろしいでしょうか。

だとすると、
徒手八節の胴造りは「左手を前に出すという動作」
という自分の理解が間違っていたことになります。
左手を前に出すことは胴造りにおいて一番大事なことではなく、
最も大切なのは体勢を整えることだ、と。

徒手八節での胴造りの指導の際には、
腕の位置や肘を活かすことについ注意がいくため、
大事なところを取り違えていたようです。

正しく理解できたか自分ではまだよくわかりませんが、
少し自分で考えて整理してみたいと思います。

天龍さま、ありがとうございました。


■[330] 大三〜引き分けの仕方について (投稿6件)

1:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
質問多くてすみません
引き分けでは横に引く、矢筋に引くなどよく耳にします。以前自分もそれを意識して引いてみたところ伸びの方向がすぐわかるので的中も高かったのですが
最近うまく真横に引けず、引き不足になっています。また、妻手が潰れてしまい口割が異様に低くなる(口より下)ようになってしまいました。
自分でも、もしかしたら大三に原因があるのでは?と思ったのですが良い大三がうまくとれずに困っております。
先輩や友達に見てもらったところ大三の時に矢が前を向くらしく、会の時肩線が前を向いてしまうそうです。
良い大三のとり方と矢筋に引き分けるためにはどうすれば良いのか具体的に教えていただければ幸いです。
長々とすみません

3:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
返信ありがとうございます
親指が下を向くことについてですが、友達や先輩に見てもらってもそのような事はないそうです。
羽引きについてですが、これはやっていませんでした。明日からやってみたいと思います。ありがとうございます。
追加ですが、弓構えの時の取懸けについて質問したいです。
取懸けが悪いらしく、離れで引っかかってしまい困っています。
また、大三で矢が前を向いてしまうそうなので真っ直ぐしようと意識してもなかなか直りません
どのようにすれば良いのでしょうか?
良い取懸けの仕方、良い大三の仕方を教えていただければ幸いです。
ずうずうしくてすみません。長文失礼しました。

4:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
書き足しです
妻手が潰れるというのは妻手肘の三角(妻手肘の角度)が狭くなる、潰れる感じです。

5:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.132 Safari/537.36 OPR/21.0.1432.57
つまみ引きでしょうか。
電車バスのつり革にぶら下がってるときの指の形にして、そのまま中指を親指先端にひっかけちゃえばいいんです。
あとは、指先・手首・ひじにかけてなだらかなアーチを作ってそれを崩さないで引ければ完璧です。弓構えの時から妻手ひねっておくのがコツです。

あと、大三取る前に打起しをちゃんとしなきゃいけません。
足踏みの広さ正しく背筋も真っ直ぐにしたら、弓を遠くにすくい上げるように打起しするんです。すると、これ以上腕上がらないってポイントがありますから、その高さのまま大三取れば肩の位置安定します。胴を弓構えの状態から反らせないのがコツです。
上手くやってください。

6:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
ありがとうございます
今度やってみます


■[331] 妻手を離れですくってしまう&自然な離れとは? (投稿3件)

1:ズミさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
僕は弓歴4年目の高1なんですが、離れの瞬間妻手が1度肩より下に下がってから正しい位置に上がって来るのです。なので先輩には「残身はきれいなのになぁ」と言われます。

2:ズミさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
また、月に数回部活に教えに来てくださる先生には、「矢筋にまっすぐに自然に離しなさい」と言われるのですがなかなかうまくいきません。
どうすればこの射癖は治るのでしょうか?
自然な離れとはどのような物のことを言うのでしょうか?
教本には「風船が割れるように離す」と書いてありますが、いまいちこの離れの感覚がわかりません。
もうすぐインターハイの予選があるのでこの射癖を早く治したいです。

3:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.132 Safari/537.36 OPR/21.0.1432.57
弦と妻手親指は直角が基本なのですが、それが崩れて親指先が下向いちゃってる可能性があります。その原因はつまみ引きとか妻手ひねり不足の平付けとか足踏み狭くて猫背のまま引いてるとかが思い当たります。

もうひとつの可能性としては、離れで妻手指を開いてしまっている。
会で伸び合いしながら、妻手親指腹で弦を払うように離れる練習をすればだんだん良くなってきます。自分も学生のときはこうやって真っ直ぐな離れの練習をしていました。効果ありますよ。


■[332] 右手たたんじゃう (投稿2件)

1:エイス ワンダーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; F-03D Build/V22R30A) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
会にはいる少し前ぐらいから右手を折りたたんでしまいます。
ひきはじめは横へ手先でひき、その後、肘、肩と意識しながらひいてきています。
最後のところでは、肘を後ろへもっていくようにひいています。
でも、やっぱし右手をちんでしまいます。何かいい方法ありませんか?意識して直すようにしてみてから最近、肘もいたくなってしまいました

2:Y.K.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.132 Safari/537.36 OPR/21.0.1432.57
つまみ引きだったら、最初にそれを直すと良いと思います。

姿勢が悪くなっているなら、猫背とか首が傾いているなどの理由で胸弦付きにくいフォームになっていて、そのまま胸弦付けようとして無意識に右腕をたたんでしまうのかと感じました。

右手のひねりが甘くて手の甲が不自然に横を向いてしまってもそのような引き方になりそうです。
ひねりに注意しながら大三のときに右ひじを上に張り上げて、指先からひじまでなめらかなアーチを作ったらそれを崩さないように引けばOKです。


■[333] 離れの時、弓手が上下に動いてしまうのを治してあげたい (投稿2件)

1:指導者の端くれさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
私は会社勤めをする傍ら、地元高校のコーチをしているものです。
タイトルにあるように、離れの瞬間に弓手が上下に動く生徒がおりますが、教え方が悪いのかなかなか動きを小さくすることが出来ません。
巻藁では動きは小さいのですが、射場では大きく上下してしまいます。
手の内も綺麗なつくりをしている生徒です。
指導者の端くれとして恥ずかしい限りですが、生徒にどのようなアドバイス(指導)をしたら良いものか皆様にご助言を賜りたくスレ立ちさせて頂きました。
是非ともご助言をお願い致します。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:28.0) Gecko/20100101 Firefox/28.0
上下に動くのは、上下に力をかけているから。

1.腕の力で引き分けをコントロールするように指導してしまうと、腕の力のかけ方で離れが強く影響されてしまう。
2.腕の力のかけ方のみで何とかなると考える射手は、胴体や足の位置決め及び力のかけ方がずさんになりやすい。

弓を引くのに適さない姿勢を保ちながら、腕の力で会っぽい形を作るように引き分けている射手が、離れがわやになりやすい。


■[334] 早気の直し方を教えてください! (投稿3件)

1:弓花さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
またまた投稿させていただきます。
高2の弓花です。
私は6月に審査を受けたいと思っています。しかし、早気で困っています。早気は半年も前ぐらいからなってて直そうと思ってもなおりません。
短期間で早気が直る方法を教えてください!

2:弓道好きな中学生さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
こんばんは!弓道好きな中学生ですが高校生です。
 では、早速キツイことを申し上げますが早気を短期間で直すのは難しいと思います。
 自分も早気を経験しましたが直すのには苦労しました。今は早いときはありますが大体4秒くらいです。
 方法の一例として、会のときに肩、口割り、肘の位置と張りを確認してから離すのはどうでしょうか?あとは、呼吸を意識して二回か三回くらいしてから離すのも有効だと思います。
拙い文章ですが参考になればと思います。
がんばってください!

3:弓花さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
ありがとうございます!
会を持つのは難しいです。
でも審査までには直したいです。
会の時の呼吸は意識したことなかったのでどんどん取り入れていきたいです。


■[335] 妻手の肩について (投稿2件)

1:飛車さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
大三から引き分けへ向かう時に、右肩が前に出てしまいます。どうしたら良いでしょうか。大会が近いのでやや焦っています。改善の仕方を知っている方は教えてください。

2:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:28.0) Gecko/20100101 Firefox/28.0
改善の仕方はわかりませんが、、、

ぼくは弓手肩から馬手肘までが、
矢と並行で一直線になるように意識してますけど、、、


■[336] 腕を打つ (投稿2件)

1:弓さん
Mozilla/5.0 (iPod touch; CPU iPhone OS 7_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D167 Safari/9537.53
私は弓道を始めて一年の者です。
私は最近腕を打つ様になってしまいました。
私の悪い癖としては、上半身が反っている、顔斜めに倒れている、弓返しをしてしまう、切り下げなどです。
悪い癖ばかりですが、アドバイスをお願いします


2:にっしーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
わたしも何カ月か、腕をうっている時期がありました。
その時の原因は
弓手の角見が引き分けの最中にもどってきてしまっていたり、
離れの際に、弓手がうごいてしまったりしていました。
→大三に入る時に角見をいつもよりも利かす、引き分け、離れできを付ける。などで直りました。

そして、他にも腕にあたる原因はいくつかあります。
1、手の内が変(私は親指がひとさし指よりも下がってしまうと腕に当たります)
2、握りが手汗などで、いつもよりスベル
3、サル腕で弓手の肘が内側に入ってしまう
ここら辺で心あたりはありませんか?


あと顔が斜めにたおれてしまうのは、顔向けをいれる時に、少し覗くようにしてみる。と良いと思います。わたしはそうやるようにしてなおしました。
上半身が反るのは、引きわけを前へ割り込むようにやるのがいいと思いますよ


■[337] 引分け中親指が上を向く (投稿5件)

1:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
タイトル通りです
最近引き分け中に親指が上を向いてしまい、会に入った時には矢尻が手の内から浮いていたり
矢飛びが悪かったりしています。(手先に力が入っている自覚あり)
手先の力を抜こうとすると暴発しそうで不安になります。
どのようにすればこの射癖は矯正されるのでしょうか
大会近いので早急に改善したいです

2:弓友皆師さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
文脈から弓手である前提で、「親指が上を向く」とは?
親指と中指とが離れてしまう、ということですか?

3:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
>>弓友皆師さん
記入ミスです。すみません
親指が上を向くというのは妻手の方です
妻手の親指が上を向いてしまい、それにつられ矢が手の内から浮いてしまうということです
手の内から矢が浮いてしまうのは会に入った直後のみです。
それと今日、会で矢がたわんでいる(箆押しがかかる)と言われました。
どうすれば良いでしょう?

4:弓友皆師さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
手首を外側(手の甲の側)に折ってまで強く捻っている、ということですかね。
弓構えの時点で手首を折らないように注意してください。ここで必要以上にねじったり握ったりしてしまうと、より大きな負荷のかかる後の動作でのリカバリーは困難です。
次に、正面打起しならば、大三の際に下弦をとるように意識することではないでしょうか。教本1巻の巻末に口絵が出ていますのでご参照ください。
あとは、肘で引くようにし、カケ(手)は握ったりねじったりせず、「カケに引かせる」意識を持つことだと思います。
簡単ですが、すいません。

5:おきさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
ありがとうございます
今日からやってみます。


■[338] 的付けがわからない! (投稿3件)

1:弓花さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
巻き藁で射を直していたので、的付けがわかりません。
おまけに早気で頬付けがつきません。

どうしたらいいか教えてください!

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
弓花さん投稿は初めてのようですね。弓歴も分かりませんので一応中学一年生くらいとして話を進めましょう。
 的付は、今の狙い(的を弓のどこに見ているか)の状態で離れその時の矢所はどこになっているのかを自分で感得することです。もちろん、何回かやってみないといろいろな要因で安定しませんから分かりません。「弓のこの辺に的を見て行射すると的中が出やすい」ようだということを自分で感得していくのです。
 この時大事なことは、この的付け(弓のこの辺に的が見える時に)の時の状態で矢が的のどの辺を向いているかという「矢乗り」を友達に後ろから見てもらってください。和弓では自分では分かりませんからね。矢が的を向いている時の的の見え方を覚えておいてこれからはそのように狙う・的付けするようにするのです。

3:弓花さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
お返事ありがとうございました!
ちなみに高校2年生です。弓道歴2年目です。
今日の練習で大三について注意されたりしたので頑張ります!


■[339] 妻手を離れですくってしまう&自然な離れとは? (投稿1件)

1:ズミさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
僕は弓歴4年目の高1なんですが、離れの瞬間妻手が1度肩より下に下がってから正しい位置に上がって来るのです。なので先輩には「残身はきれいなのになぁ」と言われます。


■[340] 妻手を離れですくってしまう&自然な離れとは? (投稿1件)

1:ズミさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
僕は弓歴4年目の高1なんですが、離れの瞬間妻手が1度肩より下に下がってから正しい位置に上がって来るのです。なので先輩には「残身はきれいなのになぁ」と言われます。


■[341] 中押しについて (投稿3件)

1:高校弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
先日、学校で教えてくださっている先生に「中押しにしなさい」と言われました。
しかし、自分がどれだけ中押しをしているつもりでも、できてないようなのです。

中押しのコツや意識すると良いこと等がもしあれば教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

2:伊弓さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; L-04E Build/JZO54K) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
結局のところ、弓と手が垂直に交わればそれが
中押しとなります。
だから、大三や引き分けで意識していれば
少しは変わります。
また、若干ベタ押しくらいで引く癖を
つけてみるのもありです。

3:高校弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
ありがとうございます!

ベタ押し意識で練習してみます!


■[342] 引き分け・会で矢こぼれ (投稿6件)

1:らふぁさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; GTB7.1; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C; .NET4.0E; Media Center PC 6.0)

中学1年です。夏休みくらいから的前に上げさせてもらい、初めは4射3中したり自分でもビックリするくらい中ってたんです。

でも最近(9月終わり頃から)、矢こぼれが気になってしまい大きく引けません。

初めは矢口が開いていたのですが1度直りました。しかし今度は矢口が開くどころではなく矢こぼれしてしまいます。


先輩に原因を聞いてもわからず。今日、先輩が3人ついて射を見てもらったのですが「結構捻っている」といわれるので捻りが甘いわけでは無いと思うんですが…



1人の先輩は「手が小さいからだ!」などと言い出しました。手が小さいのは関係あるでしょうか?

⇒確かに私の弓は握り皮部分に何かが入っていて握りにくいんです。でもコーチに頼んで取ってもらうには、お金がかかるそうで取れません。



中るよりも射を意識して引いてるとは思うのですが…



先輩にも「原因不明の矢こぼれ」とまで言われてしまい、もうダメです。



原因を教えてもらうと嬉しいです><
(近々県大会があります)

3:らふぁさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; GTB7.1; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C; .NET4.0E; Media Center PC 6.0)
今日、さっそく確認してみたところ、
親指が平行じゃなくなっており、手首が丸くなかったようです。


そこを意識してやった所、今までの半分ほどしか矢こぼれしなくなりました!

ありがとうございました!

4:あいりさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; FJL21 Build/V41R50K) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
最近、会で保っていると矢こぼれしてしまいます。
前はあまりしていませんでした。
そこで馬手に力が入っていると言われ、とりかけの方法を変えたのですがあまり改善されません。
どうすればいいですか?

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
>とりかけの方法を変えたのですが・・・
って、言うだけでは読み手としてはどのように替えて今どうなっているのかが全然わかりません。そのエキスとも言うべき内容を詳しく書いてくださらねば・・・。

6:あいりさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; FJL21 Build/V41R50K) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
わかりにくくてすみませんでした。
今までは、人差し指と中指を親指の上に2本おいてとりかけていました。
それを中指の上に人差し指おいて1本でとりかけをするようにしました。
でも会で矢こぼれしてしまいます。


■[343] 師範に教えてもらった引き方が分からないです… (投稿11件)

1:大学生弐弾さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.2.2; SOL23 Build/14.1.C.0.467) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/33.0.1750.170 Mobile Safari/537.36
以前高校生弐弾という名で質問させてもらっていた者です。半年ほどブランクがありますが大学でも弓道部に入りました。
先週、師範から「君の体格だとこちらの方が良い射になるかもしれないよ」と言われ、[引き分けでは頭の上を馬手が通るようなイメージで引く・会では馬手肘が右足つま先を向くイメージで引く]ということを教えてもらった。古い流派でそういうのがある、というようなことも言っていた気がします(滑舌が悪くよく聞き取れなかったので不確かですが…)
師範に支えてもらいながら引いた時には上手くでき、馬手も弓手も会でピクリとも動かずとても引きやすかったです。しかし、一人でやろうとしても引き方が今ひとつ分からずできません…その時師範も用事のためすぐ帰ってしまい、次来るのは3週間後ということなので待ちきれず質問させていただきます。
このような引き方や流派はあるのでしょうか?
下手な文章で申し訳ないです…

8:大学生弐弾さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.2.2; SOL23 Build/14.1.C.0.467) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/33.0.1750.170 Mobile Safari/537.36
>名前はまだ無いさん
>Qちゃんさん
たしかにご指摘のとおりだとは思います。ただ、支えてもらいながら引いたといっても一回だけで、説明も1番最初に書かれたことしか言われませんでしたので正直引き方が分からないのです。 また、決してこのような流派があるのか疑っているのではなく、このように引く流派があるなら調べたいから教えて欲しいと思って投稿したつもりです。
これから試合がたくさんあるのでいったん元の射型に戻して、後日細かいところなどをよく聞こうかなと思いました。
たしかに頭で覚えても体で覚えなければ意味はないと思います。しかし体でやってもらったことを正確に覚えていない以上文章で読んで理解してから射をすることも必要ではないでしょうか?

9:Qちゃんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
頭じゃなくて体で反応しなさいと言ってるのに・・・・・・

そんな調子じゃ幹部になったときに苦労するよ

10:ドン引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.131 Safari/537.36
もしかすると、指導者講習会みたいな所で、弓の縦引きの話でも出て、それを聞き覚えた称号者が地元に帰って、聞きかじりの指導を広めているのではないでしょうか。

ネット上でも、言葉は違っても内容が弓の縦引きな話が各地に出てきていますね。

一般の射手が弓を引く方法は横引きです。
離れでは胸を開くように、両肘が斜め後ろに動きますね。

縦引きが出来ていれば、会での矢筋通りに矢が射出されます。
基本的に、矢所に縦の散らばりは有っても、横の散らばりは中白の幅の中に納まります。

指導されたら、必ず見本を見せてもらうことにした方が好いですよ。

11:大学生弐弾さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.2.2; SOL23 Build/14.1.C.0.467) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/33.0.1750.170 Mobile Safari/537.36
>ドン引きさん
縦引きというのがあるのですね。知らなかっです。
見本を見せてもらうのはいいですね!今度みせてもらおうと思います!ありがとうございます!


■[344] 会でひねりおこし (投稿2件)

1:パワポケさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.116 Safari/537.36
僕は以前から前離れが中々治りませんでした。
酷い時は緩みながら前に離れてました。
先輩に見てもらったところ、会でも馬手を起こし、そうしながら離れてみたらどうだ、と言われました。
先輩に言われた通りやってみると、離れが緩まなくなり、前離れも治ったとは言い切れませんが緩和し、見た目がよくなりました。
しかし、それでもまだ矢所が安定せず、離れも一定にでません。
この、会と離れで馬手を起こそうとするやり方は間違っているのでしょうか? 教えてください。

2:みゃーさんさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
ネットのスレッドのため名前が公開されてない場だとしても、アドバイスをくれた先輩に対し失礼だと感じます。

弓道とは仁の道、相手を思いやる気持ちが大切です。先輩はあなたを思いやってアドバイスをして下さったのでしょう。
部活の仲間を信じてあげてください。


自分なりの改善法を紹介します。
私も以前前離れで悩んでいました。その時にやった改善法は、会で馬手の前に紙などをかざしてもらって、そのまま離れをする方法です。
前離れならそのまま紙に馬手がぶつかります。
当たらないように何度もやって矢筋に離す感覚を身に付けるのが良いでしょう。


長文失礼しました。


■[345] 離れの瞬間に頬付けが離れる… (投稿2件)

1:kyudoluvさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11A466 Safari/9537.53
こんにちは!

今離れる瞬間に頬付けが離れちゃうんです…
原因と直し方ってか何を意識すればいいのかみたいのを知ってたら教えてください‼︎
原因は別にいいです‼︎

2:清く正しいみゃーさんさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
ぱっと思いつく原因は、緩みと、顔をはらう事に対する恐れ、前離れの3つですがまず…

緩みについて…残心の瞬間まで伸び合い詰め合いができているか
離れの瞬間でピタリと伸び合い詰め合いを止めてしまうと弓に腕が負けて緩みの原因となってしまいます。
矢所が下にはけてないか、バラバラではないかみてください。


はらう事に対する恐れ…以前に勢いよく顔をはらったことや、はらっている人を見た事はありませんか?
見たり、経験してしまうと反射的に弦をよけてしまう場合があります。
万が一これの場合、治すのは大変難しい可能性があります。
ただただ恐怖に打ち勝つ以外方法はないでしょう。巻き藁やゴム弓などの基礎練習を増やした方がいいかもしれません。


前離れについて…これは単純に離れが矢筋ではなく、それより前に向かって離れをしているかです。
無理矢理大きい離れを作ろうとしている方や、弓に力が負けている人によく見られます。
矯正方は、会に入った時に馬手から3cm程度離れた位置に、腕のから肘にかけてくらいのちょい大きめの紙やクリアファイルなどをかざしてもらって、そのまま離れをします。
前離れの場合、かざしてもらった紙にめ馬手が当たります。何度もやって当たらないようにするしかありません。


このような三つが挙げられます。
参考になったら幸いです。

長文失礼しました。


■[346] このごにおよんで… (投稿3件)

1:すずきんぼさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.56 Safari/535.11 CoolNovo/2.0.2.26
あと3日で大会があります。
…というところで、全然中らなくなってしまいました。

中らない→あせる→中らない

の悪循環もとまりません。
一体どうしたらいいのでしょうか。

引いている感覚もまったく変化はありません。

2:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB730; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
高校生の大半は、練習でいくら中っていても、本番で本当に中るのか自分自身の中りに確信が今ひとつ持てないのだと思いますがいかがでしょうか。
すずきんぼさんも「引いている感覚は変わりない」と書いている通り、全て感覚に頼っていて、論理的ではないのですね。
自分の射を論理的に確認できる項目を確立することは、今後の課題とすることにして、とりあえず、今の状態です。
当然ですが、私には一般論しかいえません。
まず、中てたくて焦っているので矢束一杯引けず、射が小さくなっていると思います。弓は引いてなんぼです。悠々と十分引いてみよう。
的中の理屈は、ピタリ的に付けて、緩まず離れれば狙った所に飛ぶ、と思いがちですが、違います。
矢は速度0から百何十kmまで強烈な加速をします。その急加速する間は弦と矢はつながったままです。僅かなその時間は弓手にブレがあってはいけません。矢筋にきっちり乗っている必要があります。弓手だけそんな意識をするとバランスを保てないので、左右とも矢筋に粘るように乗せて離す、ということになります。
それと、的に目を付けていますが、離れと同時に視線の意識を飛び出した矢に移しがちです。最後まで的から意識を切らないこと。これはけっこう大事です。
私の思いついたことですが、注意してみて無駄にはならないと思います。

3:ひよさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySO-04D Build/7.0.D.1.137) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30

私も前に馬手に力が入ってた時がありました。
その時、先輩に言われたのは
馬手は親指で引け
ということです。
 
あまり、力を抜きすぎても危険ですが親指で引くくらいが丁度いいといわれました。


■[347] 矢がたわむ (投稿3件)

1:アールさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; SonySO-03E Build/10.1.E.0.244) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Safari/534.30
中学校で弓道をしています。
最近、引くときに矢がたわんでしまいます。
原因は、握るように弦を引いているということでした。自分では、腕から引くことをイメージしているのですが、猫の手のようになってしまいます。
それに、離したときに押手がガンッと前に出てしまいます。以前、顔をはらったときの恐怖を忘れられず、クセになってしまいました。
大会や段級審査も近く、本当に困っています。
アドバイスをよろしくお願いします。
長文失礼しました。

2:さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 こんにちは、地域の連盟で弓を引いている大学生の市と申します。

 まず、矢がたわんでしまうのは、妻手の手首が内側に曲がっているために起こると考えられます。
要するに、妻手の手先が矢に沿う形でなく、体の側に向いている形です。
もちろん、握るように弦を引いている事でも、矢がたわむのは起こり得ると思います。

解決策としては、手先や手首の力を極力抜く事を体に覚え込ませる。
そのために、腕ではなく体で動作し、大三から先は体で開いていく…というのはどうでしょうか。まずは、ゴム弓で感覚をつかむと良いかもしれません。

また「猫の手のようになってしまいます」、「離したときに押手がガンッと前に出てしまいます」という文章から、顔をはらった時の恐怖感がかなり残っていると推察します。
多くの場合、顔をはらうのは手の内の不正から起こります。
手の内の入りすぎ(弓の力を手首で受けて手首が曲がり、左腕が矢の側に近づいている)
や、天紋筋が弓からズレて角見が効いていない時に起こりやすいです。
ですので、一度手の内を見直して、どの動作の段階でどんな不正が起こっているのかを洗い出してみると良いと思います。

〇妻手の不正の確認
〇体から引く感覚の習得
〇手の内の確認

…という事でどうでしょう。「急がば回れ」で、焦りすぎずにコツコツやっていくことが大切です。
長文、失礼しました。

3:アールさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; SonySO-03E Build/10.1.E.0.244) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Safari/534.30
ありがとうございます!
でも、天文筋や全体を意識しても、前に出てしまいます。巻藁だと全くうごかないのですが...
弓返りは、意識してするものではないと聞いたのですが、以前してみたことがあります。すると、矢が右上にいってしまいました。
矢所は大体右上です。最近は全く的に中りません。利き目が左目なので、他の部員とはねらいが異なります。ねらいも教えていただければうれしいです。


■[348] そくわん症 (投稿6件)

1:あおいさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 7_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D167 Safari/9537.53
高校一年生の妹が弓道部に入りたいと言い出しました。
妹はそくわん症です。

ネットで少し調べましたが
姿勢が良くなるからいいとか効果はないとか
賛否両論のようで…

治療として弓道を始めるわけではないです。
私はそくわん症ではないので弓道をこのまま勧めても良いのか悩み中です。

弓道をやっていらしてそくわん症の方、
もしくはそのような方が近くにいらっしゃる方、
そくわん症の人が弓道を始めるにあたって注意すべきことなど
教えて頂きたく思います。

3:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:28.0) Gecko/20100101 Firefox/28.0
ごちゃごちゃ考える前に、やりたきゃやりゃえーやん。
特に弓道の場合は、弱い弓もあるしね。

4:ASUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.116 Safari/537.36
こんにちは

僕は側彎を持っていますが、高校の時から弓道をしております。特に側彎のためにいろいろほかの人や先生方にご指摘を受けるというようなことも今までにはありませんでした。

治療効果につきましては個人的にはあまり認めないとは思いますが、側彎だから弓道に向いてないということはないと思います。

いろんな方が気楽にできるのが弓道の良いところだと思うので、妹さんに勧めてみてもよいとは思いますよ

5:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
 弓道が(側)にとって治療効果があるかどうか私には推し量ることはできませんがいろんな面でプラス、いいんじゃないでしょうか。
 なぜマイナス面の心配要素があるんでしょうか?左右の押し引きが心配というならそれは間違った分析でしょうね。だって、弓は射手の体の真ん中から均等に押て張り切っているんですからね。「左に押して右に引く」からと言うのは正しくありません。遺訓にも【心を相対の中央に置き・・・】とあり【胸の中筋より・・・】と言っています。
 人によりいろいろな障害を抱えつつ弓を楽しんでおられます。こちらのプラス面の方がはるかに多いと私は思っています。大いに薦めてやってください。

6:医療系弓引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/34.0.1847.116 Safari/537.36
高校生であれば、骨格の成長がほぼ終わっているかどうかくらいでしょうから、弓道は矯正という意味では効果は無いと思います。(尤も、そのくらいで矯正できてしまうならば側弯症は治癒しているかもしれませんが…)
むしろ、趣味を楽しむくらいのつもりでやっていただければいいでしょう。

側弯がどのくらいの程度かわからないので、なんとも言えないところでは有りますが、剛弓を引くとなると、かなりつらいと思います。
しかし、通常の強さの弓であればあまり問題はないのではないでしょうか。主治医の先生のご意見も伺っていただければと思います。


■[349] 馬手の肩が上がる (投稿2件)

1:SNOOPY& ◆R3XSYjuUさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySO-04D Build/7.0.D.1.137) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30

こんにちはm(*_ _)m

とつぜんですが…。
今、私の癖というと、、
まず、うちおこしから離れにかけて
馬手の肩が上がる。
次に、引き分けから会にくるまで
が遅い。
会のとき、馬手が内側に
入ってしまう。
会が短い。
離れで馬手が肩から落ちる。
離れで今まで入っていた力が抜ける。
離れで馬手が開ききらない。

という癖があります(+_+)
毎日、部活の時同級生や先輩に見てもらっているのですがなかなか治りません。ひとつでも改善策があればよろしくおねがいします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
 先ず、いくつかあるようですのでわかりやすいように番号をつけましょう。
@馬手の肩が上がる。
A引き分けから会にくるまでが遅い。
B会のとき、馬手が内側に入ってしまう。
C会が短い。
D離れで・・・肩から落ちる。力が抜ける。開ききらない。

@打起しで肩が上がるのはいただけませんね。「腕を差し出して体の遠くを掬うようにして」打起してください。
Aここで必要以上に時間をとってしまう為に
疲労を生じるのもCの原因の一つかもしれません。
B「馬手が内側に入る」とはどんなことかイメージがわきません・・・。
C両肩が前に入っていない為に支点が形成されず無駄な力を使ってしまい十分な会が構成されていないのではないでしょうか。特に弓手肩を沈めて巻く(肩甲骨下部を前にする)ことが絶対条件です。前肩下巻と言います。
D右手に力が入っていますね。右手前腕(肘から手首)には力を入れないでください。Dの症状は総じて「残身でダランとしてしまう」ということだと思います。会で手に力が入っていると負荷が無くなった時そこで動きが止まりDのようになります。右手前腕は力を伝えているに過ぎないのが理想です。広背筋で引き伸び合っていればピシッとした大の字の残身になるでしょう。


■[350] 取りかけ 中指の位置 (投稿12件)

1:ハインラインさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.21.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.5 Safari/533.21.1
今まで、親指の爪と第一関節の間に中指を置いていたのですが、それでは深すぎると言われました。そこで、親指の先端、爪の上あたりに中指を置いて引いてみたのですが、中指に力が入って握ってしまいます。中指をどのくらいの位置に置けばいいかわかりません。どなたか教えてください

9:紫弓さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
>>鷹司カオルさん
ご返信ありがとうございます。

>>紋所の向きについて
その答えだと全然暴発とは隣り合わせでもないです。その時点で握っていると認識しないと、そうでない人を分類できなくなります。控えの意味はなくなってしまいますからね。出来る限り、最初の時点で「私は控えを無視する引き方ですが」と断りを入れていただければと思います。

>>無争と和帽子
この例を挙げている以上。やはり、最初に腰が折れた・柔らかい懸けを前提としているといった方が良いと思います。大体は手持ちの物を使うしかないのが現状ですから、どの様な物を使っていてどの方針を立てるかを聞かないと、折れていない懸けを知らないうちに折らせることに成ります。無争と和帽子の決定的な違いが分かってますか?それらを例に出し紋所の位置をその様に答えた以上、理解に苦しみます。

>>特に技巧は有りません
>>捻り切って拇指を返す
これが明らかな矛盾だと思います。その時点で懸け解きの意味もしっかり技術分けして説明することになるでしょう。こういう点がでてくるので指の前に聞くべきかと思います。今後の指導の際の指針になればと思います。


しっかり、相手の状態を聞いてから書かないと、癖や不用意な射術を得るきっかけになります。それ故に道具が壊れたり、師弟関係を崩すきっかけにも成りえます。特殊な物を使っているという認識がおありですから、何故防止の長さや弦枕の位置を聞かないのかと疑問でした。しっかり順序を踏んでいただきたいと思います。


この先はスレ主さんが選択していくべき点になると思います。

10:イリシャムさん
KDDI-CA3F UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.306 (GUI) MMP/2.0
Q.帽子の向きは?(゜д゜)
A.極力的に向くようにしています(^ω^)

クソワロタ

11:むてはさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0_6 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11B651 Safari/9537.53
取りがけの時の親指(かけの親指を入ている場所)の方向はどこに向ければいいですか?
下手な質問ですいません.....

12:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
 取懸けの時、弦はホボ垂直でしょうから五重十文字の一つ(懸けの拇指と弦)で直交するようにしますから帽子の頭は的を指すようになるでしょうね。的を向いたまま会で伸合って離れるのが宜しいかと思います。




→新規スレッドを作成
タイトル:
※必須※
内容が一目で分かるようなタイトルをおねがいします。
また、投稿前に同じ内容が過去ログに無かったかもご確認ください。
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 2444件中 301〜350件目

(c)デビール田中 : 問い合わせ