失:筈こぼれした時の処理



■動作の説明

筈こぼれした位置から両拳を戻し、顔の前で両腕を交差させて弦を返し、そのまま直ぐに両拳を腰に戻します。筈こぼれの矢の近い方の足に1足で閉じ、跪坐して取ります。乙矢を一旦左手に持ち替え(弓に併せて持つ)、甲矢を取り、乙矢に添えて持ち直し、その後射位に戻り恐縮の意を表して揖(ゆう)をします。

【デビ】上のアニメでは最後に、「甲矢を置いてから揖をしている」のですが、間延びすることを嫌うため、「揖をしてから甲矢を置く」方が良い様です。おいおい直します。


ホーム > 弓道活劇 with Flash > 失:筈こぼれした時の処理

(c)デビール田中 : 問い合わせ