技術・体配編 [401〜450]


■弓道座談会[技術・体配編]とは?

【デビ】弓を引く上での技術・体配関する話、射癖の相談、審査対策など。


■スレッド一覧

過去ログ


■[401] 鉤の手の内と纒がけの違い (投稿2件)

1:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
私のいる部活では鉤の手の内をやたら先生が勧めてきます
鉤の手の内が正しい事はわかってます
しかし、形だけで言ったら纒がけと大差がないように思えます
みなさんの意見を伺いたいです

2:紫弓さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.102 Safari/537.36
 まといがけ自体余り使われてない言葉なので、意味が変わりそうなので一言。
「かけほどきは角見を阻害する。」
この意味がわかるなら。方法論だと思います。
 かけほどきをすると弦の位置が弓の内側に入っていきます。帽子の向きが前離れの方向から正規の方向にと言ったほうがわかりやすいですかね。
 基本的にかけほどきをしたら、矢が前に飛びます。それを角見のバランスとあわせるわけです。しかし、ほどけばほどくほど、弓の性能に比例してきます。
 それを何を持って補填するかです。離れで弦を弦枕に当てさせるのか当たらせるのかそうでないのか。帽子の向きの固定をどう考えるかです。

 ここら辺が分水嶺ですので、ただ水に薄めて平準化させて迷走しないように、目標とする射術に準拠する「弦と帽子の一文字」とは何かを考えたほうがいいでしょう。


■[402] 審査 (投稿2件)

1:わからないさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.1; ja-jp; SC-03E Build/JRO03C) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
審査にいって入場したときに審査員にため息をつかれたんですけど、どうすればいいですか?

先輩には嫌われてると言われたのですが何とかしたいです。

2:ちゅんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 学生の方でしょうか、一般の方でしょうか?

 学生であれば、弓や矢の色が派手だとか、道着の着かたが乱れていたとか、多分主観的なことだと思います。
 一般であれば体配や射技があまりに稚拙だったとかではないでしょうか。

 審査の場でため息をつくというのはよほどのことだと思いますが、今となっては理由の探しようがありません。理由の分からないことをいちいち気にしていても仕方がありません。

 たとえ審査員の気に障るようなことがあるにせよ、嫌われているにせよ、審査員に有無を言わせないほどビシッと体配、射技を決めて、どうだ!って感じで受ければよろしいのではないでしょうか。


■[403] 平付け (投稿1件)

1:弓道人さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SHL21 Build/S2140) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
よく平付けという言葉をききますが、いまいち意味が分かりません。調べてはみたんですけど、やっぱりどーいういみか分かりません。
解説をしてもらえますでしょうか(ノ_・,)


■[404] 前離れ (投稿3件)

1:パワポケさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.76 Safari/537.36
前離れが治りません
個人的には馬手のひねりが足りないせいで馬手が寝てしまってるのが原因だと思うのですが、意識しても中々ひねりがかかりません。大三でひねりをかけても、引き分けるときにひねりが戻ってしまいます。

どのような意識を持てばひねりはかかるようになりますか。
かけは悪くないはずなんですが……

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:26.0) Gecko/20100101 Firefox/26.0
猫背気味の姿勢で弓を引いていると前離れになります。寒いときは意識してないと背中が丸くなりますし(特に執り弓の姿勢)。

3:パワポケさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.76 Safari/537.36
アドバイスありがとうございます


■[405] 前離れ 意識 (投稿4件)

1:ふでさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0_4 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11B554a Safari/9537.53
はじめまして
私は高2女子で部活で弓道をしています。

私は1年の頃から前離れです
最近は離れのせいで矢が真っ直ぐ飛びません

前離れを治したいのですが、何をどう意識すれば良いのか分からないので、どなたか教えて頂けると嬉しいです。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.76 Safari/537.36
 こんにちちわ。
部活で前はなれというのは案外多いのではないでしょうか。それも綺麗に引いている、真面目にやっているという方によくあるケースです。馬手肘が肩の真横でまた肩の高さでよく止まっているといった場合には本人も気づかないでいることが多いのです。
 よく考えてみると肘は右手が弾く場合の円の中心になりますから弽(懸・カケ)手は前または上に円運動を描くしかないのです。つまりは前離れか上離れとなってしまうのです。(円の半径と接線の関係です。接戦を的に向けたまま離れるには中心点を移動させるしか手はありません。) つまり、会に入っている時に右手肘は右斜め下(袴腰(右下)の方向へのベクトルが聴いていなければなりません。
 

3:どん引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.76 Safari/537.36
まずは、最近まで矢が真っ直ぐに飛んでいたのですから、そのやり方に戻すのが好いと思います。

前離れということが解っていらっしゃいますか。
会で伸び合っている馬手拳の位置から、馬手拳が前に膨らんでいく途中(離れの動作の中)で弦離れが起こっている状態です。

もし、伸び合っている馬手拳の位置を変えないで、そこで指パッチンなどをして弦離れし、その後馬手拳が前に膨らんで動いていっても前離れではないんですよ。

だから、会の状態のまま、弦がかけに引っ掛からないように指パッチンなどしてつる離れをし、その後で馬手拳を残身の位置まで飛ばせば良いでしょう。

4:ふでさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0_4 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11B554a Safari/9537.53
前離れになるのは割と必然なのですね…

明日の練習から、肘の位置と離れる位置を意識しながら頑張ろうと思います


お二人とも、丁寧に教えて頂きありがとうございました


■[406] 弓力を上げた際に出る大三・会での癖がなかなか治らない。 (投稿4件)

1:まおさん
KDDI-KC4A UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.1.104 (GUI) MMP/2.0
私は、高校に入学してから弓道を始めた高校1年生です。
元々男子並の筋力がある私は、とある事情により何度も弓力を上げざるを得ませんでした。
そのため、今までに上げた弓力は6キロ、使ってきた弓は9本にまでなりました。
弓の種類はずっと変えていません。

さすがにもう弓を替える予定はありませんが、今まで弓力を上げる度に出てきていた射癖
・勝手肩が上がる
・勝手肘が上がる
・大三が低くて広く、身体に寄りすぎてしまう
が、治らなくなりました。
今までなら2週間程度で治せていたのですが、今回は1ヶ月以上経っても治りません。
今回ばかりは筋力がついて来なかったのかもしれません。

皆様は弓力を上げた際に出る射癖を、どのような練習で治して来られましたか??
また、これらの射癖を治す方法、勝手の筋力を上げる為のトレーニングなども教えていただけないでしょうか??

部の先輩もお手上げ状態で、指導者もいません。皆様の意見を参考にさせてください!!

長文失礼いたしました。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.76 Safari/537.36
 お早う御座います。どういう事情か知りませんが個人的なことでなくおそらく部活の訳ありとは思いますが、まだ実質は一年も立っていないうちにその弓力UPはいささか無理もあろうかと思います。尤も、だからといってそれならば誰もがそうなるかと言ってしまっては前進がありませんよね。実際に拝見したわけではありませんが私は次の点に問題がありはしないかと思います。
 それは、「筋力の選択・運用」と言いますか元々弓道で(殆ど)使うことのない筋肉を使おうとしている、また使っている。ということです。平たく言えば素人の引き方です。上腕二頭筋(力こぶ)や前腕の筋肉で引こうとしているんじゃありませんか?これらの筋肉ははっきり言って殆ど要りません。補助的に、
引くのではなくて弓の保持を担当するくらいです。これらより大きくて頼りにすべきなのは丹田を中心とした全身とりわけ背筋群の筋力です。・・・馬手は弽(懸・カケ)枕に受けた弓力を背筋群に伝えているに過ぎないと言っても過言ではないでしょう。かの阿波範士はヘリゲルに「腕の力を使わないで弓を引け」と言っていますしこれこそ極意だと思います。・・・そうしてこなくても今までやってこられてのは、それなりの欠点はあっても弓力が少なかったからだとしか言いようがありません。今回の弓力アップを良い機会として本当の「力の運用・筋肉の選択」に向かわれることがこれからのあなたにとって画期的なものになると思います。
 では、そういう筋力をどのようにして補助的に鍛えていくかということですが、それは「肘を曲げ内でする腕立て伏せ」も良いと思ってます。この運動は下に肘を着いたままやった方が効果は上がると思います。こうすると使われる筋肉は肩甲骨周りの筋肉つまりは背筋軍の筋肉ということになりますからね。だって、体を上げる時の運動は「引き分け」時の運動とよく似ていると思いませんか?

 「今まで二週間ぐらいで治せた」というのは治せたではなくて単に「対応していった」というに他なりません。その対応の過程で他の二つの現象が出てきたのだと思います。

 また、これからの練習で一番大事なことは「心を総体の中心に置いて」行射するということでこれこそあなた、いや弓人すべての課題かと思っております。

 頑張ってください。

3:まおさん
KDDI-KC4A UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.1.104 (GUI) MMP/2.0
>>鷹司カオルさん

お返事ありがとうございます。

今日は部活が休みのため、ゴム弓で射型を確認してみました。
すると確かに鷹司カオルさんが仰るとおり、無駄な力を使っていたようです。
腕と肩だけに力がかかっており、大三で勝手肩が少し力むようになっていました。
前の弓を使っていた頃はゴム弓でここまで肩は力まなかったのですが、弓力を上げて、癖が強くなったのだと思います。

鷹司カオルさんの仰ったトレーニングも早速試させて頂きました。
割とまともだった頃の引き分けの時に使っていた力に近い感じがします。

入部当初に読み漁った書籍からの知識で、頭で理解してはいたものの、実際に注意してみると中々うまくいっていなかったようです。
的中を競うようになったため、中てることに執着すぎていたのかもしれません。
「心を総体の中心に置いて行射する」ということを意識し、日々の練習に励んでいきたいと思います。

ご意見、参考にさせていただきます。
本当にありがとうございました。

4:まおさん
KDDI-KC4A UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.1.104 (GUI) MMP/2.0
>>鷹司カオル様

お返事ありがとうございます。

今日は部活が休みのため、ゴム弓で射型を確認してみたました。
するとご指摘の通り、無駄な力を使い、正しい筋肉が使えていなかったようです。
ゴム弓で勝手肩が上がることはありませんが、大三で勝手肩が力む癖があることがわかりました。

また、鷹司カオル様が仰っていたトレーニングも試してみました。
すると確かに、割とまともな射型だった頃の力の使い方に近いと感じました。

入部当初に読み漁った書籍などで得た知識から、頭では理解していたつもりなのですが、的中を競うようになり、的中に執着しすぎてしまっていたのかもしれません。

「心を総体の中心に置いて行射する」ということを意識して、他のスレや書籍も参考にしつつ、日々の練習を頑張っていこうと思います。


■[407] 失の時の介添えの立つタイミングについて (投稿4件)

1:気ままな射人さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
弦が切れた時の第一介添えの立つタイミングですが、切れた時に直ぐに立って替弓を取りに行くのでしょうか。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.76 Safari/537.36
 15分もしないうちになぜHNを換えてまで同じようなことでスレ立てするのですか? そのような根性では何事も大成しませんよ。
 仲間内でよく協議して意思統一しておけばいいじゃないですか?

3:織部さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
1977年10月号の弓道誌に
介添ー替弓の渡し方が載っております。
お探しください。

4:気ままな射人さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
織部さん、有難うございます。
急遽、範士の矢渡しの介添えをする事になりましたが、替え弓を取りにいくタイミングがはっきりしませんでした。
早速、弓道誌を確認してみます。


■[408] 持的射礼での失処理 (投稿5件)

1:緑的さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MASPJS; rv:11.0) like Gecko
射礼での失処理について不安がありましたので質問させていただきます。

持ち的射礼で失をしたときは射位で矢や弦を渡すので合ってますか?本座に戻ってから渡すということはありますか?

揖をした後に立ち上がって本座に戻る時はまた足踏みするのですか?

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MALNJS)
ある式典で、年配の先生たちに持ち的射礼をお願いしたことがあります。
一人の先生が、甲矢を筈こぼれしました。介添えが付いていないので、自己完結が原則であり誰も手を出しません。本座に下がり失をした矢を右脇に置いたところで、主催者の進行担当が後方から近づき、その矢をそっと片づけました。後の運行に差し支えるからです。射位で失の処理をした後は、立ってそのまま的上面に向きを変えて後退します。
何があっても堂々とした所作で臨機応変に振る舞うということですね。
なお、乙矢で同じことが起こったら、失をした矢を自分で持ったまま肌入れ、定めの座の礼もして退場するわけです。

3:緑的さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; N-03E Build/A7002001) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
天龍さん分かりやすい解説ありがとうございます。

おかげで自信を持って射礼に挑めます。

4:生意気さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
天龍さんの処理の仕方で一点違うのではないかと思います。
射位で矢を処理してから、開き足で的正面に向きを変えてから立ち上がり、本座へ後退するのではないかと思います。

5:天龍さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MALNJS)
その通りですね。
間違いました。
すみませんでした。


■[409] 押手下がり馬手上がる (投稿3件)

1:バグダッドさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.3; ja-jp; F-05D Build/V11R40A) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30

高2男子です。

タイトルの通り、離れをしたとき押手が下がり馬手が上がってしまいます。

会での力の流れを的→裏的というように横の動きにしてみようとしても意識しすぎてうまくいかないです。


あと、弓返りをしようときて離れの時手の内がゆるんでしまい弓が落ちてしまうときがあります。


アドバイスがありましたらお願いします

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.72 Safari/537.36
 >離れをしたとき押手が下が・・・
こういう離れを「切り下げ」といいます。この原因としては次のことが考えられます。

@引き分けが手首手動で摘み引きなこと。
A引き分けを「両手を下ろす」事としている。
B引き収めに臨んで気・引きの対応を「横」に切り替えていない。
C伸び合いを「引き束」を伸ばすことだと思っている。
D押手が突っ張ってしまっていること。

 私はそう思います。心当たりのある項目について自己研修してみてください。

3:ちゅんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 いろいろな原因がありますので一概には言えませんが、この様な離れは割とよく見かけます。
 見ている限りでは一番多い原因は、離れの際に弓手を脱力していることでしょうか。馬手で握っている人に多く見受けられますが、離そうとして指を開いたり、離すことに意識が行ってしまい、離れの瞬間に伸びを忘れてしまって脱力するケースです。あるいは、中押しではなく上押しで弓手を押しているケースも、大抵離れで弓手手首の力が抜けてしまい、切り下げになる場合があります。この場合は弓手が下がると同時に、弓手手首が上に折れるのですぐ分かります。
 せっかく会で矢筋に伸びていても、離れの瞬間に脱力して帳消しになる場合が結構あります。また馬手を伸びるとき馬手肘に力が入ってしまい、肘を固定したまま離れが出ているときは、肘を中心にした単純な円運動で腕が動くため、手繰っていたり、馬手を肩に乗せるような感覚で担いで引いている人は馬手が上に離れます。
 矢筋に伸びて、伸びの延長で矢筋に抜く(離すのではなく)感覚で、離そうとせずに自然に離れが出ると直せる場合が多いです。
 参考になれば幸いです。


■[410] 離れでの馬手肘の動き (投稿7件)

1:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

会での状態で右肘が若干斜め後ろ下が正しいと思って引いています
そこでその状態から伸び合いをし、離れを出すと肘は背中側に下がりつつ馬手は肩より少し低いか、ほぼ同じ高さになる残心になります
伸び合いをしたまま離すとこの軌道を描くしか考えられないと思うのですがどうなのでしょうか?

長文・乱文失礼しました

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:26.0) Gecko/20100101 Firefox/26.0
反る力と屈む力がうまく拮抗すると、肘があまり動かなくなります。また、手の平が離れで高速に締まるよういになれば、拳が大きく動かなくなる(小離れ気味)。

5:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
いさん返信ありがとうございます
反る力と屈む力というのは上半身のことでしょうか?
このことは初耳なので詳しく教えてほしいです

6:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:26.0) Gecko/20100101 Firefox/26.0
あけましておめでとうございます。

反る、屈むは全身の話になります。手のひらを開く力と閉じる力とか、肘を伸ばす力と曲げる力等々。胴体で言えば、腹筋と背筋になりますか。やっかいなのは人間の筋肉って連動しますので、反る力を過剰にかける部分があると、その他の部分も反りやすくなりますが。

通常、やや猫背気味の姿勢で引いている人が多いので(屈む力が強く働きやすい状態で、特に訓練していないと人間はこの姿勢を執ります)、8節の後半では反る力を強めにしてバランスをとる引き方が多い。なので離れで腕が開く方向に動きます。

反る力が過剰に働けば、最終的には会が保てなくなりますが、この力が働かないと離れが出なくなる。姿勢(骨の組み合わせ方)と筋力の発達具合とを考慮しながら、どのように引くかを工夫し続けると、うまくバランスがとれるようになります(長いスパンでの話)。

7:rashaさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
http://www.fedv.bu.edu.eg/

http://www.fedv.bu.edu.eg/fedv/index.php/about-college

http://www.fedv.bu.edu.eg/fedv/index.php/dean

http://www.fedv.bu.edu.eg/fedv/index.php/bylaws

http://www.fedv.bu.edu.eg/fedv/index.php/tel

www.ared.fedv.bu.edu.eg

www.dsis.fedv.bu.edu.eg

www.edmu.fedv.bu.edu.eg

www.home.fedv.bu.edu.eg

www.kind.fedv.bu.edu.eg

www.tech.fedv.bu.edu.eg

http://www.fedv.bu.edu.eg/fedv/index.php/college-board

http://www.fedv.bu.edu.eg/fedv/index.php/stud


■[411] 縦線の維持。 (投稿3件)

1:たかうのさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; F-03D Build/V22R30A) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
引き分け、離れで縦線を崩さないためにはどのようにすればいいのか教えていただきたいです

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:26.0) Gecko/20100101 Firefox/26.0
1. 引き分け・離れで崩れない縦線をあらかじめ構築しておく。
2. 各関節に負担がかからない引き方をする。

あっさり書けばこの2点です。

1の目安の一つとしては3重十文字で、執り弓の姿勢からなるべくこの十文字を意識すると後が楽。
2は、握りの太さと手の平の広さ形、腕の長短と理想とする会の形とのバランスをとらないといけないので、安定させるには長い時間がかかります。

これに加えて脚力や背筋・腹筋などの筋力が弓を引くのに十分な量ないとどもなりません。

3:ちゅんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 左右への崩れか前後への崩れか分かりませんが、左右への崩れなら大半が押し引きの射か、意識の置き所の問題かのいずれかではないでしょうか。
 弓は弓手で押して、馬手で引いて、と言う様な引き方では押し引きの射になってしまいます。これでは左右のバランスが崩れやすい欠点があります。弓は押し引きするのではなく、肩を中心に両腕を旋回させるように肩甲骨を締めながら、肘を後ろに回すように引くことが大切です。ちょうど平泳ぎのような感覚でしょうか。こうしないと腕引きになったり、左右のバランスが崩れたりします。

 引き方に問題がなければ、意識の置き所の問題かもしれません。前矢が出たりすると弓手を利かそうとして必要以上に弓手を意識したり、弓手の押しをかけようとしたりして懸る場合がありますし、大きく引こうとするあまり馬手引きになって退く場合もあります。どちらかの手に意識が行っている場合、たいていそちらの側に傾きます。離れの瞬間に崩れるのもどちらかに意識が偏っているケースがほとんどです。

 たかうのさんの引き分けかた、意識の置き所をもう一度見直してみたらいかがでしょうか。


■[412] 会で手の内が潰れる (投稿3件)

1:夏目さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0_4 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11B554a Safari/9537.53
会で伸びているとだんだん弓の力に負けて手の内が潰れ、ベタ押しになります。
普段は普通に引けるのですが、時たま潰れるようになります。
潰れ始めると、とりあえず伸びようとしているので手の内の疲労がとてつもなく、中押しができません。

手の内の回し方を教えてください。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:26.0) Gecko/20100101 Firefox/26.0
縦線の不正の線が濃厚。前半三節の再現性が悪い可能性が高い。

3:ちゅんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 実際の射を見ないと何とも言えない部分もありますが、手の内や弓返りで苦労している人は弓構えに問題があることが多いです。
 夏目さんは正面射法だと思いますが、弓構えのとき手の内を作ってしまっていませんか?手の内が入らない人の多くは、弓構えのときに虎口の皮を弓に密着させてしまい、大三に持っていく際に皮を弓に巻き込むタイミングが早すぎて、会の状態で角見がきちんと弓の内角に当たっていないケースが多く見受けられます。うまくいかない時は多分角見が当たっている場所が一定していないからだと思います。

 斜面でない限り弓構えで手の内を完成させるのは無理なので、大三に移行する際の手首の返しを計算に入れて、弓構えでは虎口の皮と弓の間に少しの隙間を作っておかないと上手く手の内が入りません。大三への移行の途中で虎口の皮を弓に巻き込み始める訳ですが、早すぎると手の内が入らず、遅すぎると捻じりが利きません。手の大きさ、弓の太さで個人差がありますので、どのタイミングで巻き込み始めればいいのかは試行錯誤するしかありません。適正な位置で角見が弓に当たれば気持ちよく弓を押せるし、自然に捻じりも利くはずです。
 一定した位置で角見が当たっているか、そのための弓構えが雑になっていないか、検討してみたらいかがでしょうか。


■[413] 気迫 (投稿4件)

1:紫蘭さん
KDDI-CA3K UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.115 (GUI) MMP/2.0

こんばんは

指導者の方に、気迫がないと言われました。
自分自身、確かに他から見て、あまり強そうには見えないと思ってます。

でも、気迫を出すということがいまいちよく分かりません。

力むのも違うし、怖い顔つきでやるのでもないような気がします。

どうすれば気迫のある状態になれるか教えてください。
気迫のある状態が何か、とかでも良いです

よろしくお願いします

2:どん引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
気迫をはげしい意気込みなどと解するより、強い精神力と捉えた方が弓道らしいと思います。

では、弓道に於ける強い精神力とはどのようなことでしょうか。
体配でも、射法八節でも、それらの一つ一つを大切に思い、正確にやっていこうとする精神力の様に思われます。

指導者の方から見て、足踏み一つとっても、毎回開きの角度や幅が一定ではなく、正確に踏んでやろうとする意志が見えないとか、視線が定まらず、頭やからだが無駄に動くとか、物見返しや弓倒しもテキトーで残身をとらないとか、沢山考えられます。

どうですか。
雑に射を行っているという自覚は有りますか。
もし、無いなら、それより上のレベルの会を深めて離れに行く過程の緊張感・詰め合いと伸び合いの必死さだと思います。
しっかり会を持っていますか。
早気に気迫は感じませんし、ただの矢束でも気迫は感じませんね

3:ASUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
僕も、師範から同じようなことを言われたことがあります。その時に言われたのは、猫背で頭持ちが悪いということ、目が泳いでいるということ、息合いができていないという三点でした。

流れの中に動作あり、流れの源は眼使いである。
流れと間の中から射品、射格が生まれる。
そうです。
自分の実体験で申し訳ありませんが、参考までに。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
 お早う御座います。久しぶりに新年とともに良い見るべきスレッドを立てていただいたと興味津々です。
 「気迫」とは気が迫ること・迫り来ること。それを見る人の気に迫り来て自然の共鳴が生まれることと解釈しております。わかり易く言えば「観衆をして見入っしまう」状態を」生む所作だと思いますが形だけではありませんし、そうしようと思ってもできるものではありません。真面目な稽古より生まれ出てくるものでしょうね。それには皆様の仰るように息合いに則った射行・節々の間・残心は必要にして最低限でしょうね。
 +アルファーたる何かが身についてきてこそです。しかしそれは本人の気持ちには上がってこないのが常でしょうね。意識したら壊れてしまうでしょう。


■[414] 矢束で引く・引かない (投稿6件)

1:赤い人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
正しい矢束の意味を知りつつも守っていない方々にお尋ねしたいのですが、矢束の意味を知っていながら引きすぎるのは何故ですか?
矢の羽はなくなる、身体を痛める、弱い弓しか引けない等、百害あって一利なしだと私は思っています。メリットは何一つないのに矢束を無視する方々の理屈を後学の為に教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

3:赤い人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
流星様
返信有難うございます。
私の言葉足らずで誤解があるかも知れません。
推測ですが流星様は『引き過ぎは良くないから修正した方がいい』と思われていると推測いたします。
少々異なっており、引きすぎ肯定派の理屈に興味が有るのです。
自分の身体には合わないけれど人に教えるのには日弓連流を教える必要があるので。
身近の『矢束よりも引きすぎることは良いことだ』と思っている方に聞いても『今の引き方はこうだ』『段位を取るため』『わからないけど教わったとおりに引いている』と技術的な話は聞いたことがないのです。

4:流星さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0_4 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11B554a Safari/9537.53
すいません肝心なところを忘れてました
自分の場合は会の伸び合い、詰め合いの意味がわからない時期で、できない分を引尺で補ってました。それで矢勢もでて的中もあがったので
直そうとする前、それでいいと決めつけてしまっていました

今は友達の射形も見て、おしえたりしますが、やはり、最初の頃につけてしまった癖や、自分に適正でない弱い弓で力があまり引き過ぎてしまう
などでした。
的中するからいいじゃないか、と引き過ぎで的中があがり、そのままの人もいます

また身長が小さい人でもともと引尺が短いぶんをおぎなおうとしている人もいます

高校で段位をとるよりも大会で活躍したそうな感じの人たちです

5:ちゅんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 どのような立場の方なのか、文面からは読み取れませんでしたけれど、流星さんが理解しておられる矢束はどのようなものでしょうか。
 身長の半分、喉から指先まで等、いろいろな物差しはありますが、絶対のものではありません。流派や体格などで微妙に個人差が出ます。基本的には、馬手に無駄な力を入れずに引き取った位置での引き尺がその人の自然な引き尺だと私は理解しています。

 しばしば問題になることは、詰め合いにおける馬手肘の位置や、会相に関する解釈が教える人によって異なることです。さらに本矧がもみあげの位置に引き収まるのがよい等、一応の目安を絶対視する傾向が根強く残っていることでしょうか。
 さらに、最近の審査の傾向として、大きな射(大きく見える引き分け等)をよしとしている点や、最近流行の高い位置での大三なども引きすぎの原因になることがあります。

 要するに、人によって適切な引き尺の基準がまちまちなのが現状ではないでしょうか。

 適切な引き尺を超えた引き方になるのは、必要以上に馬手肘を下げたり、手首で手繰ったりが大抵の原因だと思います。
 高い位置で大三を取ろうとするあまり、大三が体に近い位置になって縦引きになる。その上大きく引こうとして手繰ったり、馬手肘を落としたりという引き方は私の周りでも結構目にします。でも大きく引くのは審査のうえで有利と言う先生がいるのも事実です。
 また技術的には、弓手を固めて馬手で離す、逆に馬手を固めて弓手で離すなどの離し方も学生では結構目にします。ブレが少ない分的中は高くなります。手繰って馬手に力が入っていても、馬手を固定して(馬手の伸びを考えずに)弓手で押し切れば、弓手の働きで8割9割の的中は簡単に出せます。私自身はこの離れはよしとしていませんが。

 手繰り引きでもこれでいいと思っている方は審査のため、的中のため、と言うことなのではないでしょうか。

6:赤い人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
流星様、ちゅん様
重ね重ねありがとうございます。

>弓手を固めて馬手で離す、逆に馬手を固めて弓手で離すなどの離し方も学生では結構目にします。

一般でもそういった引き方をなさる方は多く見かけます。
予備知識なく射を見て、『弐、参段位か?』と思った人が七、八段の称号持ちだったことがあります。

話が逸れてしまいました。
>審査のため、的中のため

結局、行き着くところはそこなのですね。
日弓連とは考え方が全く異なるので、私はもう昇段審査を受けるつもりはありませんが、昇段を目的とする方には目的に沿う指導をしたいと思います。


■[415] 他人の射の見方 (投稿6件)

1:魚介系さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_8_2) AppleWebKit/536.26.14 (KHTML, like Gecko) Version/6.0.1 Safari/536.26.14
こんにちは。自分は大学の部活で弓道をやっている者です。
高校からの経験者なのですが、人の射をどう見れば良いのか分かりません。
例えば、試合で見る他校の選手の射や、YouTubeにある映像を見て、「○○大学の大前うまいなあ」などと見ていると、先輩や同学年から、「この人は弓手がどうこうだから下手だよ」「この人の引分けはどうのこうのであまり参考にしない方が良い」というようなことをしばしば言われます。
また、「ちょっと一本見て」といわれても、良くない部分が分からないので何も助言できないことが多いです。
上手い射、下手な射を見分けられなきゃ見取り稽古をする意味がないと思いますし、指導もろくにできないので、それができるようになるヒントなどを教えてください。

3:トモさん
DoCoMo/2.0 P05C(c500;TB;W24H16)
大学も高校もそうですけど、中るところはみんな学校単位で同じ引き方ですからね。他大学の弓見てると少し違和感を感じるかもしれませんね。それは東西の選手の矢付を見てもそう感じます。
人に教える時はどのように引いたらどこに飛ぶかを理解するといいですよね。引き分けから会の間でどこに飛ぶか分かれば、どこを治したらいいかは分かるようになるかと思います。

4:どん引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
大学の部活で、試合ではチームで9割台後半を狙い勝利至上主義に挑むのなら、勝つ射術を探求して全員に徹底すべきでしょう。

その基本的な射術が連盟の射法八節で満足するのかも、その部活の伝統の中で検証されるべきです。
そうした情報を蓄積し、常勝の射術を完成しくいくのが、その大学の伝統の強さだと、思います。

そのした伝統の射術が、実戦・試合で常勝するための一流派だという自覚さえ、必要ではないでしょうか。

部活生個人の感覚や印象で他者の射を評価するのではなく、常勝の射術に当てはめて、個々の射手の射術を評価する必要が有ると思います。

そのためには、常勝の射術の具体的項目とその達成度、日・週間・月間の各目標とその達成度、日々の弓道具の調整チェックや体調チェック、的中率と的心(中)率と矢所の傾向、問題点とその解決法の考案、研究課題とその成果など、こうしたものを1ページにまとめ、毎日練習前と練習後に記録していきます。

尚、十分に身に付いた常勝の射術項目については、更に精密な射術を実現するための項目と入れ替えて行けば好いです。
出来れば、各項目の達成度などは数値化し、例えば-3、-2・・・+2、+3で評価し、グループ毎の合計点、全体の合計点も得られれば、より上達の様子が明らかになります。

こうした個々人の射術カルテによって、自己管理・自己評価・自己研鑽が可能になります。
こうした方法論は、常勝を必然とする一つの根拠に成り得ると思います。

私は若い頃、実際に自分の職業に当てはめて自発的にやりました。
これが出来れば既に管理職や経営者の意識の高さです。

さて、実際に後輩の方から射を見て欲しいという申し出が有れば、そのカルテを見て、その方の自己評価と実射から受ける印象の差異程度を助言すれば好いと思われます。

また、監督の先生や幹部の学生たちがチェックやアドバイスなどが出来、部活の全体像を把握できるように、カルテブックの棚を用意するのも、活用法の一つです。

もっと突っ込めば、少人数のグループに分けてカルテブックの再チェックをし合ったり、グループ間に競争原理を入れるのも有効でしょう。

ただし、勝つ為に、ガチガチの部活です。
どこまで、やるかという問題が有ります。
でも、ガチガチでも、成果が出るとみんな喜んで着いてくるのも事実です。

5:イリシャムさん
KDDI-CA3F UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.314 (GUI) MMP/2.0
「どう見ればいいか」だけを抽出するなら八節の中間を主観的に感じ取る技量とそれを客観的に見る眼が必要です
八節はチェックポイントでしかない、動画ではコマが飛んでいる、これらの事実が分かれば見えてきます
感じない、見えない人とは決定的に異なる部分です

どうすれば身につくか?まず自分で感じれるようになってください
点という重要な部分を繋ぐのは線であり流れです、簡単には手に入りませんよ

6:魚介系さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SH-10D Build/S4180) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
携帯から失礼します。お礼のお返事が遅れてしまい大変申し訳ございません。

皆様のご意見を見て、今後どういった方針で他人の射を見ていくべきか、わかりました。

皆様の貴重なご意見ありがとうございました。


■[416] 早気について (投稿5件)

1:white Cherry さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.3; ja-jp; F-08D Build/V07R13A) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30

弓道部中二女子です

一年前から早気が直りません…

口割りまでいかず
ひいている途中ではなれてしまったりしてしまいます

ゴム弓では会がちゃんと保てます

最近、全然大会に出れず
毎日悩み続けています

次の大会には絶対出たいです!

良いアドバイスまってます!

2:あおいさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 7_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11A501 Safari/9537.53
大会に出たい!!
という気持ちが逆効果になってはいませんか?

焦る気持ちはあると思いますが
それを乗り越えてこそ、うまくなれる道が開けるのだと思います。

今はたぶん忍耐の時期です。
長くてもきっと努力が実る日がくると思います。

それまでは決して諦めず頑張ってください。

3:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
ゴム弓だとできる!
…ということは、


1.弓が強すぎる可能性
体力に合ったものを選びましょう。

2.つまみ引きの可能性
つまみ引きで会を持つには、すっごい握力が必要です。普通の人は素直に取りかけ直しましょう。

3.体を反らせながら引いている可能性
足踏み狭すぎなどで引いてる最中に体がフラフラしやすい、
または猫背とか大三で弓遠すぎるといった理由で頬付けや胸弦が付きにくい引き方をしている場合、
無意識に体が反ってきたりねじれたりします。
そうなると、弓を開こうとする力が強くなりすぎて「ひいている途中で離れる」って現象が起きます。
体の重心がかかとに乗っていませんか?その重心をちょっと足の親指付け根側にずらして足踏み広めにするだけでも結構引きやすくなります。

「引いてる途中で離れる」っていうのは、たいてい射形不良のせいで弓力に体が耐えられなくなっちゃっているのです。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
 10分もしないうちにHNを替えて出てくるようなアンフェアな人に早気が治るはずがありません。その根性から叩き直さなければ何事も大成しませんよ。弓だけではありません。
どうです? 心当たりありません?

5:めしさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
私も1年前はやけになり
気がついたたら、口割りにつかなくなり
矢は的に届かず、顔をはらい、
本当に辛く、弓道をやめようと何度もおもいました。
ですが、1年かけてはやけを治しました。
今では、6秒くらいはたもてます。
まず、口割りにつける練習から始めました。
立ちに入り、稽古の中で離さず、会の状態で6から8秒たもって戻す練習を2ヶ月ほど毎日やりました。
たもったので離そうかなという邪念が
生まれますが、そこで離してはいけません。必ず戻します。
そうすると、口割りまではつくようになります。
次は、そこからたもつ練習です。
会に入ったら、何も考えず、ひたすらビクを待ちます。
ビクとは、離そうとしてでる震えのような
もので、大きいと大三の位置まで戻ってしまうことも・・・
離したくなります、でもビクが来るの待ち
ひたすら待って、ビクがきたら1度戦ってください。
なんとしても、耐えてください。
これをやった結果4から5秒の会を得られました。
はやけで、1度1級審査に落ちました。
しかし、今年は1級・初段共に合格しました!
この方法を実施するには中りを捨てることです。
本当にことごとく中りません。
でもはやけが治れば自然と中りもでます
少しでもお力になれたらうれしいです!


■[417] 平常心 (投稿5件)

1:えーパンダさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
平常心を保つにはどうすればいいのでしょうか?
中てなければいけないときや、
きんちょうしているとき、どうしても焦ったり、不安になったり、パニックになってしまいます。

2:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SonySO-02F Build/14.1.H.1.281) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
試合などでは中てたいという気持ちが前に出過ぎて空回りするのはよくわかります。
平常心というのは個人的にプレッシャーを感じないとかそういうことではないと思っています。どんな人であれ緊張はします。私は緊張を受け入れ、その上で自分のやるべきことに徹しています。大会で優勝を決める場面では足が震え、直ぐにでも弦から手を離したいと思うこともありましたが、今離したら絶対に中ることはないと思いひたすら緊張と向かい合い結果としては優勝することは出来ました。
緊張と向き合う度胸と自分の信念を強く持てば自ずと強くなります。

3:トモさん
DoCoMo/2.0 P05C(c500;TB;W24H16)
普段の練習でどれぐらい緊張して練習しているかによるんでしょうね。普段から厳しく張り詰めた中で練習が出来てれば、試合の緊張なんて全然ないですよ。自分の弓を魅せてやるという気で引いてました。後は練習より上を目指さないつもりで引きましょう。そんなことができる人はまれですので!

4:流星さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_0_4 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11B554a Safari/9537.53
自分は
体配をきっちり完璧にすることを意識します
弓を引く前に入場などで気持ちを作ります
歩き方、礼の仕方、目線、執弓の姿勢
特に大前なので焦った動きを後ろの仲間にあまり見せないようにしていますが、それがかえって自分を落ち着かせます

そのかいあってか、大会で1本目をはずすことは滅多にありません。4本目が弱いですが

5:えーパンダさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
たくさんのアドバイス、ありがとうございます。普段の練習のなかで行う、本番を想定した練習ですら、一本外すと、焦ったり、小さな不安がうまれてしまって、うまくいきません。そのため大会だともっとできません


■[418] 矢渡しで筈こぼれ時の第二介添の対応 (投稿3件)

1:緑川青海さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; BTRS102281; GTB7.5; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET CLR 1.1.4322; msn OptimizedIE8;JAJP)
こんにちは
初めて第二介添を行うことになり、介添の本を読んだりしましたが、射手が筈こぼれした場合の対応がわからないのでご存じの方教え下さい。
1.甲矢で筈こぼれの場合
第二介添は乙矢が立つまで継続して右片手指建の姿で待つのでしょうか?乙矢が立ってから乙矢だけをもって第一介添に渡すのでしょうか?
2.乙矢を筈こぼれした場合
甲矢だけをもって第一介添に渡して良いのでしょうか?
3.甲矢も乙矢も筈こぼれした場合
矢を持たないで射場に戻るのでしょうか?それとも乙矢を射なおすのでしょうか?
宜しくお願い致します。

2:大中黒さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
全日弓連の「統一見解集」P10並びに、「弓礼・弓法問答集」P15に第一介添の対処方法について記載がありますが、第二介添については直接の記載はありません。しかしながら、第一介添の対処方法の記載から甲矢が筈こぼれした場合は乙矢が立つまで継続して右片手指建の姿で待つことになります。また、乙矢を筈こぼれした場合は甲矢だけをもって第一介添に渡すこととなります。甲矢も乙矢も筈こぼれした場合は矢渡しを行ったことにはならないので、私見ですが、乙矢を引き直すことになると思います。 

3:緑川青海さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; BTRS102281; GTB7.5; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET CLR 1.1.4322; msn OptimizedIE8;JAJP)
大中黒さん
早々に教えて頂きありがとうございました。
筈こぼれした場合の対処がわかったので何とか心の準備ができました。
万一に備えて右片手指建の姿が長めにできるように練習します。


■[419] 強くきれのある離れ (投稿3件)

1:にっしーさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
どうやったら強くてきれのある離れができるのかわかりません。
どうやったら、いいのか教えていただきたいです

2:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
矢筋に押し引きしながら馬手親指の腹で弦をなで払うように離れを出す練習。
自分は高校の頃こうやって離れのキレを覚えました。
最初は馬手ばっかり強くなりますが、慣れれば押す力も段々追いついてきます。
三重・五重十文字崩れてたりつまみ引きだったらできませんけどね。

3:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
すみません忘れてました。

弦を親指で払うことをあんまり意識しすぎるとアゴ浮いたり身体反り返るので気をつけてください。そうなると早気になっちゃいますので。


■[420] 胸弦のつけ方 (投稿5件)

1:武中さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0; YTB730)
私は中2の男子です。
今会に来ても胸弦が全然つきません
先輩に聞いたら体がななめってると言われて直したのですが全くつかないのです。
どうすればいいですか?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
武中さんお早うさんです。
 身体的に「首猫背」ではありませんか?いわゆる屈の姿勢のようですね。そうならば頭が前に出ているわけですからそういう射癖が出るのは致し方ないところでしょうね。頭のてっぺんから吊り下げられている人形さんのように首を垂直に立てるように努力すれば治っていくと思います。体はまっすぐでも倒れ掛かった電柱のような人もいますが、これもいけません。腰は前に送りつつ上半身は垂直、これがよろしいと思います。
 

3:武中さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0; YTB730)
ありがとうございます
ですが首猫背の人は絶対につかない
のでしょうか?

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.57 Safari/537.36
首猫背ならば当然首が前に出ているわけですから、弓が垂直に引けてるとしたら当然胸弦はつかないでしょうね。首から上が出ているということは弦は胸より前に行くことですから。首猫背で胸弦をつけようとすると弓を伏せてしまいますね。残身での弓の伏さるのはいいですが会で伏さっていては射に影響します。

5:武中さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0; YTB730)
ありがとうございました
参考にしてこれから頑張ります!!


■[421] 的が二重になってぼやける (投稿6件)

1:え―パンダさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
引き分けの最後から会にかけての間で的が二重になってぼやけてしまいます。 
(二重に見えてしまいます)
そのため狙いをどこにつければいいのかわかりません
とても困っています

3:林英さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0; MALCJS)
眼は問題ないですか?

乱視とかはありませんか?

私の知り合いに同じ事を言っていた人がおり、眼科で検査したところ軽い乱視だったことが判明しました。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.63 Safari/537.36
 乱視で多少輪郭がまとまらなくとも的が二重に見えることはありません。光軸が合っていない双眼鏡で見たときのように見えてしまうのでしょう。それは焦点を弓に持ってきてしまっているからだと思います。
 物見からの目の表情が落ち着いていないことが考えられます。物見以後は的から視線をそらさないことです。
 ↑どん引きさんの言うとおりです。
 

5:えーパンダさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; F-03D Build/V23R32C) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
ありがとうございます
自分は乱視と遠視なので、輪郭がいつもぼやけてしまいます
でも的が二重になり始めたのはついこのあいだ
からです皆さんが教えてくださったように、的だけに集中してみます、
明日の練習からやってみます
ありがとうございました

6:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; ISW11K Build/145.0.0002) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
自分に合った眼鏡を買ってきましょう。乱視はどうにもなりません。


■[422] 襷捌き中邪魔でない髪型と胸当て (投稿2件)

1:東西南北さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; InfoPath.3)
初めまして。
次の段取得に向けて、襷捌きを行うようになりました一般人、東西南北と申します。

早速ですが、襷捌きを行う方(女性)に質問なのですが、頭髪はどうされていますか?
襷捌きをするには邪魔だから短髪にしましたか?

襷捌きをしている最中、髪を一つ縛りで垂らしているなど言語道断(というか、巻き込まれて痛い)だけど、後頭部でお団子を作ると後ろ手に回した襷が引っ掛かる・・・!じゃあ左横に垂らすと「みっともない」と言われ…

私の周りだけかもしれませんが、高段位の方たちはあまり長髪の方は見ないような気がします。

襷捌きを行う皆さん、髪型はどうされていますか?

また、襷をかけている最中にどうしても妻手か襷自体が胸当てに引っ掛かり見苦しい恰好になってしまいます。
使用しているものは、一番初めに購入した皮製(?)の物です。
どうしたら収まりの良い胸当てになるのでしょうか?ゴムを紐に変更するだけでも違うものなのでしょうか?

2:名無しさん
DoCoMo/2.0 N06B(c100;TB;W24H16)
胸当ての紐はゴムではなく、着物の色に合わせた綿等の紐をお薦めします。

髪型は髪が長い方は後頭部の中心、襟足に近い低い位置に纏め、お団子すれば襷に引っ掛かる事はありません。
その際前髪やサイドの髪も、目や耳に掛からないようにすれば清潔感のある印象になります。

それぞれの方法にはそれなりの理由があります。
和服の着用では、その人なりの拘りや裏技があるようですが、総てが正しいとは限りません。
間違った裏技は顰蹙の元となります。
親切からのアドバイスでも鵜呑みにせず、和装の心得等の本を読んで、自分の知識を増やすのもよいでしょう。
弓道に適した着付とは少々異なりますが、美しい着装の基本になります。


■[423] 妻手肩が前に出る (投稿9件)

1:吟さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; INFOBAR C01 Build/S2270) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

高2、弐段の吟と申します。

2週間前からなのですが、引き分けのときに妻手肩が前に出てしまいます。上下は大丈夫なんですが前後でずれます。妻手が上手くおさまらず、離れもだめになります。的中も、6〜7割から0〜4割まで落ちました。それに肩の負担も大きく、20射すると肩が重くなり、うまく引けません。

自分の対策として弓手肩を張るのと弓手下げるのはやりましたが、やはり妻手肩が出てしまいました。

弓力は16キロですが、長く使っていてなれているので強すぎでないと思っています。

2週間前に、何か変えたと言えば
弓構えを自然体で伸ばす感じからちょっと小さくして楕円形風にしました。
打起しを45度にするために少し下げました。

なにか直す手段はありませんでしょうか?
何でもいいので、いろんなアドバイス頂けたら嬉しいです(>_<)
よろしくお願いします!

6:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
円相の弓構えと打起し45度っていうのは、「羽引き」の併用と「弓を遠くにすくいあげるように打起す動作」が必要です。
これら無しでやるとどうしても引きづらくって、引き尺不足のまま胸弦つけるために胴体がねじれてしまうんです。
もしかしたらつまみ引きの可能性もありますが…

こんな状態のまま2週間も我慢してたので、適正引き尺いっぱいに引くための筋肉が弱ってるはずです。周りの人に聞いて2週間前より引き尺が短くなっていないか確認してもらってください。

7:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
連投失礼します。
余計な心配かもしれませんが急に思いついたので、

弓構えと打起しを変えたときにそのつじつま合わせをしようとして、
身体の重心がかかと寄り。猫背気味になって顔が矢をのぞきこむように倒れている。妻手ひねりが弱くて平付け。
こんなことも無意識に起こり得ますからご注意くださいね。

8:吟さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; INFOBAR C01 Build/S2270) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

Y.K.さん、ありがとうございます。

羽引きはやっていますが、弓を遠くにすくいあげることは心がけていないです。

確かにはじめは矢尺が余っていて、今では普通の矢尺になっていました!その過程の中で胴体が左にねじれたって感じですかね…

つまみ、胴の反りと猫背は大丈夫だと思います

離れが悪かったりするときはだいたい捻り不足か握りすぎでした。

打起し45度というのは、そこまで気にしなくてもよいのでしょうか?

9:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
>>8
>打起し45度というのは、そこまで気にしなくてもよいのでしょうか?
私も勉強不足ゆえ個人的な意見しか言えませんが、あんまり意識しなくてもよいと思います。
打起しで体の遠くに弓をすくい上げたらこれ以上腕上がんないってポイントがありますから、その高さで大三作ればいいんです。
わざわざ角度を意識しなくても、大体それで45度になっちゃいますよ。


あと、もちろん先生の言うことを優先して聞き入れてください。現場指導が一番でございます。


■[424] 突然平付けで引けと言われました。 (投稿7件)

1:りんさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
先週、コーチから「堅帽子の弦枕のつける位置が違うじゃん。だから、矢がのじなるんだよ。平付けでこれからは引きな。」と言われました。なので、試しに平付けで引いてみたら、のじならず、真っ直ぐに飛んでいきました。
しかし、今度は窓が思いっきりつぶれて、暴発を怖がってか馬手の力が意識しても抜けないようになってしまいました。改善策と平付けで引くコツを教えてください。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
 「平付け」で良いはずがありません。あなたが箆じないをおこしているからは先生は「捻り過ぎないように」という意図で「平付け」を勧めたのだと思います。あなた自身としては平付けに引いていくくらいが(それでも捻りは適当にかかるので)ちょうど良いとご判断されたのだと思います。ですから誰でも平付が良いというわけではないと思ってください。正に人を見て法を説けという諺にかなっていると思います。

 ここから先はオマケです。まだ気にしなくて結構です。
 会において捻りがかかっていないのを平付と言いますが、捻りはかけようと思って実行するものではないと思います。無意識のうちに引き収めた結果として少しかかっているくらいでいいと思います。なぜなら、大三で捌いた時前腕の内側を陽に当てる位に振りかぶっている訳ですから、その時の前腕の傾きのまま弦道に引き収めれば無駄な力を入れず自然に適切な捻りが完成します。打ち起こし時の角度より大三の完成で45度が自然に捻られるわけで、この時捻り革が良く効き弦が枕に収まるようにカケは作られています。

5:メガネたろうさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
時に気になったのですが…

そのカケって腰が一直線ですかそれともバナナ型ですか?


どのタイプのカケでも同じなのですが…
カケを指したときに
親指の真ん中の線と
帽子の真ん中の線を一致させた状態にしていますか?

もし、その状態で親指と人差し指の間の手の甲部分がブカブカしているのなら(とりかけていても)、
そもそもカケのサイズがあっていないです。

よく手のサイズに合わせると言いますが、
大事なのは親指のサイズと股のサイズです。
大抵、平付になるのはこの股のサイズが
合っていないことが非常に多いです。

6:りんさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
皆さん、返信ありがとうございました!
問題だった&#24381;を変え、無事解決しました(^ ^)
今では窓もでき、握ってしまうのも解消し、的中率も高くなってきました!!

本当に今までありがとうございました!

7:りんさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
すみません。肝心のところがよくわからなくなってしまいましたね(^^;;
本当はかけを漢字で書いていたんです。


■[425] 円相 (投稿2件)

1:ふくもとさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
こんにちは。円相についてなのですが、馬手は丸みを帯びるのですが、弓手が打ち起こすと伸びきってしまい棒のようになってしまいます。弓手を伸ばしきらないコツとかあったら教えてください。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:25.0) Gecko/20100101 Firefox/25.0
1.弓を手の平で支えるのではなく、指で握っている。
2.打ち起こしで体を反らせる力をかけすぎ。(弓構えまでが猫背気味)
3.打ち起こしで伸びるとの意識が強すぎ。
4.「押す」を腕を突っ張らせることだと考えている?

の複合ではないかと予測します。理想とする会から縦線の曲げないように気を付けて、逆回転で八節をしてたどり着いた執り弓の姿勢が、弓を引く動作を支える力の基本となります(姿勢や各部の力の入れ方は互いに呼応します)。

すっと伸びて自然に引き分けられる体のポジションはどこなのか?それを支える力の入れ方はどんなものなのか?てのを少しずつ把握していくしかないと思います。姿勢がわやで、手順も無茶しているのに、腕の形だけ整えると、体の他の部分が邪魔して引けなくなっちゃうでしょうし。


■[426] 早気のゴム弓での克服 (投稿6件)

1:ほのかさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; L-05D Build/IMM76I) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30 YJApp-ANDROID jp.co.yahoo.android.yjtop/1.7.5
たびたび早気の質問をしてすみません(><)

わたしは的を見ると離したくなるタイプの早気なのですが、それならば的を克服しようと思い、家でゴム弓を引くときに壁に小さい的のコピーを貼って的に慣れようと思ったのですが、この方法は逆効果になったりはしませんか?ォ

3:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:25.0) Gecko/20100101 Firefox/25.0
>的を見ると離したくなる

それなら、的を設置していない安土に向かって引いてみてください。

4:ほのかさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; L-05D Build/IMM76I) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30 YJApp-ANDROID jp.co.yahoo.android.yjtop/1.7.5
返信ありがとうございます。今日気づいたのですが、的は関係ないのかなーと思いました。今離したら中る!!と思い込み、一番中る3秒くらいでぱっと離してしまいます。このようなリズム?を崩すにはどうしたらいいですか?

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.57 Safari/537.36
>的を見ると離したくなる
と言っておいてアドバイスを頂いたのに
>的は関係ないのかなーと思いました。
ですか。これって自己矛盾じゃないですか?素直さがないですね。これでは性格的にいって早気は治りません。会は外見上止まっています。何もしていないように見えますが己との勝負をしています。それは単なる時間では推し量れません。今までの弓の修行のすべてが問われるのです。何秒あっても機は熟し切らないと言って過言ではありません。そのへんの事が分かるまで早気は治らないでしょう。ここでみんなに聞いて安易に治そうと思ってもダメです。あなたの言葉が物語っています。

6:天龍さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MALNJS)
>ほのかさん
普段どんな練習をしているのか、大体想像できます。
「早気で困る」と言いながら、相変わらずポンポン離して、中った外れたと言っているのでしょう。私も大学2、3年の時そうでした。
それを続けている限り治りません。
握りしめてでも何でもよいので、ただひたすら持って、その後離すという練習をするしかありません。
反射反応に逆らうのですから、中るどころかまともな離れは出せません。ガタガタの離れで恥ずかしくて人前で披露できる代物ではなくなります。
タイミングというものをすべて無くした後で、全く別の離れを自分で構築しなければなりません。誰も教えてくれません。
皆、苦悩しながらそれをやっているのですが、早気の人はその苦労を省略して、タイミングのみで楽してポンポン中てているわけです。弓道の本旨とは外れた弓というわけです。
本気で取り組む気があるか?その一点です。


■[427] 手の内 薬指と中指がつかない (投稿3件)

1:おっちゃんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; INFOBAR A01 Build/S8020) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
斜面ですが、手の内は正面でつくっている者です。(←その流派の師範に教えて頂いています)
最近、弓手の手の内の薬指と中指が軽く浮いてきます(>_<)
引いてる自分の方からみて浮く感じです
うちおこしの途中から浮いてきてしまいます
むりやりその二本をつけて引くこともできますが
ベタ押しになってしまいます

どうしたらよいでしょうか(>_<)

2:元学生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET4.0C; .NET4.0E; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
最も重要な手の内ですからそれこそ師範に教えていただくのが筋ですが・・。
べた押しになるのは角見で弓が押せていない事ですから、角見で弓を正しく押せる手の内を作ればいいだけです。
角見で正しく押すことは、大変重要なことでこの文面でご理解できにくいなら、師範に角見とは何か教えを請うてみてはいかがでしょうか。

3:おっちゃんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; INFOBAR A01 Build/S8020) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
返答ありがとうございますm(__)m

師範が最近、病気がちで練習に来られない状況です(>_<)
角見で押そうとするとどうしても二本浮いてきます(>_<)
二本つけると角見が上手くきかない感じです
あと、中指と薬指は、親指と小指に押し出されて浮いてきてしまうかんじです
手の内を小さく作りすぎているのかもしれないのですが、大きくつくってもいつのまにか小さくなってしまっています…


■[428] 取り掛けと射形について (投稿3件)

1:なで氏さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
弓道歴1年半の中学生です。
最近矢がはいて困っていたのですが、
先生に取り掛けの握りが深すぎる、と注意され
直してみました。妻手の親指に中指の腹がくるように握って試したのですが、会が保てないし、肘が潰れた射形になってしまいました…
やはりこれは慣れるまで練習を繰り返さなければいけないのでしょうか…
練習についてですが、時間は朝と午後で1時間程度しかできません…
1月の大会までに団体に入りたいので、どなたかアドバイスお願いします!

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MALNJS)
先生の指摘の通りの取り懸けにして、慣れるしかないと思います。
今までは、弦を手の力で握って、肘から先の力を総動員して引っ張ってきていました。
そうすると、離れを出すにはそれらの力を一旦解いてからでないと離れません。それは脱力するということで、当然ゆるんだ離れになります。矢はイメージ通りの勢いでは飛んでくれず、失速するでしょう。
今までより浅く取り懸けることで、手先の力を半分以下にします。
カケのギリ粉の摩擦で弦は十分保持できます。弦を握りしめないように気を付けて、大三で取った妻手の形を変えずに引き取る練習に専念してください。

3:なで氏さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
>>天龍さん

ありがとうございます!
大三から妻手の形を変えないようにして引き分けをするように心がけてみます!


■[429] 会での呼吸 (投稿4件)

1:ほのかさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; L-05D Build/IMM76I) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30 YJApp-ANDROID jp.co.yahoo.android.yjtop/1.7.5
会で深呼吸をしようと思っても、なぜかとても苦しくてできません。なにがわるいのでしょうか?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
ほのかさんお早うさんです。
 何が悪いってだいたい会で深呼吸するなんて非常識ですよ。しなければならないっていうのはやはりそれまでの息合いが悪いということでしょう。節々ごとに吸う息で起こし、終わったら吐く(吐くことで残身を執る)ように進むのが基本と思います。会では息が漏れる漏らす位になると思うしそれくらいが苦しくならず顔の表情も変わらず落ち着いて伸び合えると思いますがね。
 いろいろ書物やお友達と相談してみてください。

3:一見さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:25.0) Gecko/20100101 Firefox/25.0
呼吸の仕組みについてすこしお話します。
呼吸は肺によるガス交換ですが、肺は自分で膨らんだりしぼんだり出来ません。
横隔膜や肋骨から伸びている筋肉の働きにより胸郭(肋骨で仕切られた部屋)が広がることで肺が膨らみ、空気が入ります(吸気できる)。

おそらく、会において肩や胸といった上体が力み、この働きを邪魔しているのではないでしょうか。
力を抜くように意識したり、逆におなかに力を込めながら引いてみたりしては如何でしょうか。


私は会で呼吸することについて肯定的です。
私自身は、上記のように胸で力が淀んでしまわないよう気を付けて、3呼吸してから離れに繋げるようにしています。
大きな息でなく小さな息でやってみてはいかがでしょうか。

4:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:25.0) Gecko/20100101 Firefox/25.0
弓が重すぎるんとちゃいます?

ちなみに、ぼくも会では呼吸しませんねー。
少しずつ息を吐きながら離します。
他の人に聞いてみたことがありますが、たいていの人ははいてる人が多くて止める人もいてるようです。
たまに吸う人もいるみたいですが、呼吸するってのは聞いたことないでする
ましてや深呼吸となると、、、
初めて聞きました。

なぜ深呼吸するのか、理由を聞いてもいいですか?


■[430] 早気 (投稿2件)

1:弓道男児さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0; YTB730)
最近早気気味になり、今会は4秒です。しかし緊張するともっと短くなってしまいます。
大会も終わり、次の大会は1月だし11月下旬には審査もあるので的中を捨てて早気を
直すことに専念したいのですが、具体的に何をしたらいいのかわかりません。
今までは会の最中に胸弦をつける、弓のなかに入、肘は左右に伸ばす、など伸びることを考えていて5秒だったのですが、慣れてしまったのか3秒たつと勝手に離れてしまいます。どうしたらいいですか?

2:テツさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0; MALCJS)
ここで同じ「早気」でスレ立てておられますが、そこで助言して頂いた皆様の意見は参考にならないということですか?

IDが同じですので、同一の方だと思いますが、前スレに続けて良かったのでは?

前スレで助言して頂いた方に失礼だと思いませんか?

http://ecoecoman.com/kyudo/bbstec/2013102012381255.html


■[431] 肘の張りと弓手肩の沈み (投稿7件)

1:poiさん
Mozilla/5.0 (iPod; CPU iPhone OS 5_1 like Mac OS X) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B176 Safari/7534.48.3
皆さんこんばんは
高校で2年間弓道をやっているpoiです。

今、うち起こしでぶち当たっている壁があり、その原因や治し方が分からず悩んでいます。

自分は取りかけで肘を張り、その張りと下筋を意識しつつ引いています。しかし、数ヶ月前から弓手肩が負ける様になりました。
その原因を探っていたところ、うち起こしで弓手肩が沈んできていて、そのまま引いているからだということがわかりました。

これまで様々な事を試してきましたが一向に良くならず、新たな射癖を生み出しつつあります。非常に情報が少なく、自分もどうすれば良いのかわからない状態です。
些細な事でも結構ですのでよろしくお願いします。

4:poiさん
Mozilla/5.0 (iPod; CPU iPhone OS 5_1 like Mac OS X) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B176 Safari/7534.48.3
3日ぶりになりますpoiです。

この3日間頂いた指導を実践してみましたところ、以前よりも打ち起こしで肘が張りやすくて負けているという感覚は弱くなりました。

しかし、まだ大三を取る時に弓手肩が負けてしまいます。今の打ち起こしで気になるのは、
@馬手肩が弓手肩より上がること
弓手肩が沈み,余裕がない様に感じます
A弓が照る
手の内の親指と小指の根本で挟み込む意識をしています
度々で申し訳ありませんがよろしくお願いします。


5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.83 Safari/535.11
>>大三を取る時に弓手肩が負けてしまいます。
 何に負けてしまうのですか?マァ、弓力にでしょうけれど大三ではまだ殆ど弓力は効いてこないはずですよ。引き過ぎていませんか?
 弓手肩が上がってしまっては押せないでしょう。ただ堪えているだけですよ。だって腕の根っこが空間に位置しているのですもの。肩を沈める(腕の根っこを体幹に当てて固めること)により、腕を押し出すことが可能になります。地面をけるからジャンプできるのですが空中でけってもダメなことと同じでしょう。

@大三に捌くと自然に馬手肩は沈めている弓手肩より上がります。(自然にです。ことさらに肩を上げてはなりません。十文字が崩れます)
弓手肩は沈めて肩甲骨から前に入れるようにしなければ捻りが出来ませんから手の内で弓矢弦の抵抗を受け止めることができません。

A弓が照る
 弓の垂直に気を付けて打起しますが三点がないとしっかり保持できません。もう一つは掌根です。つまり天文筋(手のひらの折れ目)に弓を沿わせ拇指根と小指根そして掌根この三つを効かせ且つ外竹と三指の間の空間を潰さずに打起します。 

6:紫弓さん
SoftBank/1.0/911SH/SHJ001 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
スレ違いとは言え削除まであったのに一言も謝罪はなし?
この人おかしいでしょ。どうせ無視して何事も無かったようにしておしまいて、虫がよすぎるよね。

7:匿名さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; F-02E Build/V17R48A) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
今年から弓道部に入りました。最近までは上手く引けていたものの、ここ最近、顔を打つようになってしまい、さらに怖がってしまい目を瞑ったり、弓手が離れの時に緩んでしまい隣の的に言ってしまいます。先生に相談したところ、手の内と妻手が、たぐっているそうです。教えていただけないでしょうか?


■[432] 引き分けについて (投稿5件)

1:国体強化選手を目指す者さん
Mozilla/5.0 (iPod; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
こんにちわ。
引き分けの際、馬手の捻りがあまくなって
しまいます。
どうすれば、捻ったまま引き分けられんのでしょうか?
あと、引き分けの際、馬手の肘を後ろに
引き過ぎてしまいます。
どうすればいいのでしょうか?

長文失礼しました。

2:進興さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0; MALCJS)
お名前が「国体強化を目指す者」さんですので、支部に属されて日頃から弓道場に通われている方だと推察いたします。

所属されている道場で上段者に直接見て頂き、可能であれば手添えをして頂くことで、体に「感覚」として覚え込ませることが一番の近道です。

国体ではライバルになるかも知れませんね・・・

3:国体強化選手を目指す者さん
Mozilla/5.0 (iPod; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
返信ありがとうございます。
ちなみに高校生です。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
お早うございます。
 捻りが効いていないということは大三が疎かになっていることを意味します。つまり捌いているだけで右手が対応していない、もっと端的に言えば振りかぶっていない、肘の裏を陽に当てるようにしていないということがイメージ化されてきますが如何でしょうか?
 このようにすれば殊更に捻り意識をしなくても懸け手は捻られてきます。と言うのは、打ち起こしで45度上げた時には垂直になっている手の甲も大三に捌く時額から拳一つ分のところに来るとき自然に手の甲は上を向きます。つまり意識しなくても捻りが完成するのです。ですから「馬手の捻りがあまくなって
しまう」と言うのは大三が甘いということに起因すると思われます。

>引き分けの際、馬手の肘を後ろに引き過ぎてしまいます。・・・
 引き分けの際の「下げる」意識の結果だと思います。ここは下げてはいけません。あくまでも横に「引く」のです。左と右に「引きを分ける」これが引き分けです。その結果として引き納めに応じて下がってくるのです。下げるという意識が強いと会でもそのまま働いてしまい離れで切り下げてしまいますから注意が必要です。矢が目通りを過ぎたあたりからは特に、水平に引いてくるようにすることがかんようです。

5:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:25.0) Gecko/20100101 Firefox/25.0
よく手先で引くなっていう人いるけど、
手先で引いたほうがいいこともあるよ。
五重十文字の親指の腹と弦の十字を意識していれば、平付になることはないし、
それに加えて大三から手先の角度が変化しないようにすれば
肘を引き込みすぎることもないです。

手先で引く人には、手先で引くなと注意されますが
肘の意識が強すぎて手先が疎かになってる人には
手先で引けと言っていいでしょう。


■[433] 引分けについて (投稿3件)

1:らくださん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
こんにちは。高校で弓道をやっています。

私は今まで引分けは押手を意識して引くように教えられてきました。押手先行にと。
少し前にあった審査の講習会に参加したときも射技指導で教士の先生が同じことをおっしゃっていました。

私は最近教本の二巻を買い少し読んでいるのですが、左手の七病というところに「押手が無性に突っ張るのは押手をおろしてくるのが早いから」というような文章がありました。

これらの二つのことは全然違うことなのですか??真逆のことを言われているようでわからないのです。教本を買うのはまだ早かったのかもしれないです(**)

押手先行と左手の七病の違いを教えてほしいです。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
「人を見て法を説け」と申します。まずは押手先行のこと、結構かと思います。押してが先行しませんと打ち起こしから大三・引き分けと進む内に弓力に負けて矢先が上に行く所謂「鳥打ち」とか「鳥刺し」、あるいは左手が遅れて審査員席の方を向いてしまったり(これが一番の失礼・減点とも聞く)します。また、親指根が遅れて起きてしまいベタ押しになってしまったりします。押して先行で行きますとこういうことは無く矢先がやや下がるくらいに引き収めることができます。
 押手先行が身についてきた段階の次の指導としては「バランス」、つまり「心を総体の中心に置き左右均等に引き分ける」ことですかね。まぁ、いろいろ指導される方のお考えもありましょうから私が口出すべきことではないですがね。
 教本二は一と違って大事なことがいっぱい出ています。「射技と病癖」「射技の要点」p.114〜p.142辺りには神永先生の貴重な写真ものっていますので良く読んでご自分のものとしていってください。

3:らくださん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

押手先行でないとベタ押しにもなってしまうんですね!知らなかったです。
できるようになるまでは押手先行でよいということですよね?

もっと読みこんでできるだけ吸収していけるようにします!!


■[434] 締まるかけほどき (投稿2件)

1:ぶりさん
DoCoMo/2.0 F03B(c500;TB;W24H17)
締まるかけほどきは、どうやったら出来るのでしょうか。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
こんばんわ。
 失礼ながら、ぶりさんの弓歴は如何程でしょうか。と言うのは、かけほどきはどちらかといえば緩める部類なのに対して締まるとは逆の作用ですから(私もスレタイのようなことは知りません故に)、無闇に難しいことに頭を突っ込むよりはもっと基本的なとで身につけるべきことはたくさんありはしませんでしょうか?たとえどなたかからアドバイスを頂いたとしてもそれを十分に理解していくだけの基礎・準備は出来ているでしょうかということです。
 因みに、「懸ほどき」は「現代弓道小辞典」にはこのように出ております。

 懸ほどき・・・狙い定まり、弦を放し出す時、手首を動かす気分と、帽子の内の拇指を弾き起す呼吸とが一致して、今將に矢が弦を離れんとする寸前に、ギリギリと、勝手の拇指頭をほどきながら矢を発すること。


■[435] 伸び合いと詰め合い (投稿2件)

1:ズミさんさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 7_0_3 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.1 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11B511 Safari/9537.53
僕は弓歴3年目の中3なのですが、練習をしていて上手くできないところがあります。伸び合いと詰め合いです。教本を読んでもイマイチ分かりません。
上手く出来るコツのようなものはないものでしょうか?

2:chivuさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
ズミさん
別スレ「伸び合い」にて、
”伸び合い”について書かせていただきました。
申し訳ないのですが、そちらをご参考いただけますか?(横着してすみません。)

詰め合いに関しては 上記スレで述べました「背割り」のことか、”伸び合い”の結果起きる弓と体の距離が詰まること(口割りや、胸弦がきちんとくっつくこと)だと解釈しています。 


■[436] 「的と自分を一つする」ってどういうこと? (投稿11件)

1:chivuさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
技術的な解釈が知りたかったので、こちらに登校しました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、
阿波研造の言葉で、
「的と私が一体になるならば、矢は有と非有の不動の中心にある。」
というのがあります。

この表現自体、理解に苦しんでます

私は
「的に押手がくっつく様に押せば、
矢はまっすぐ的に向かう。」
見たいに解釈していたのですが、どうやら違うようでした。

どうやら、「見の目」と「観の目」の違いだとか・・・・・・。
余計 意味不明です。

結局 どうすれば、どうなれば、「的と自分を一つする」のか、
なにかアイデアか アドバイスをお持ちの方おられましたらご教授ください。

8:かぼちゃさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
差を考えれば的と私は一体ではなく別物です。
差を考えなければ、的も私も一体もすべての認識さえ有りません。
そうした対立し相容れない考え方が混在しています。
まあ、命題と捉えたとき、主語のなかで既に矛盾しています。

この表現は文学的にはそれなりに理解できますが、哲学的な奥行のない素人の文です。

阿波さんには、印西派浦上系も同様ですが、宗教から言葉を拾って自流のイメージアップを図るような姑息なところが見られます。

神秘性、神がかり、名人、弓聖などということに振り回されずに、人間の出来ることをやっていくほうが懸命だと思います。

9:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
 こんばんわ。今野球を見ていたものですから・・・どうも今日は優勝の決着が着きそうもないのでこちらへ来ました。う〜む、難しくなってきました。でも射の真髄に迫っているようなのでこういうの好きですw。でもすぐには考えがまとまらないのでしばらく時間をくださいね。必ず出てきますから。

10:かぼちゃさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
>的と私が一体
より射術的に理解しようとしたら、2つ解釈した内の後の方です。

<自他を知り、その相互作用を知り尽くして覚者となれば、意志はその行動を通して、そのままの事態を生む。

例えば、水の入った紙コップを知らない人は、上手に水を飲めるでしょうか。
人によって色々でしょうが、水のこぼれるケースがかなり有りそうです。
でも、紙コップで水を飲み慣れている人たちは、ほぼ失敗することなく水を飲めるでしょう。

紙コップの重さや質感、入っている水の重さなどを、過去の経験から即座に情報処理して、小脳が中心となって動作の微調整などを適切に行います。
とりわけ、コップをつかむ指の力の程度や腕全体の持ち上げる力などは、意識には上りませんが小脳の自動調整機能によって行われます。

紙コップの重さや質感、それに入っている水の重さなど、これが他を知るという内容です。
その紙コップ全体を口まで運んで水を飲むことが可能か、そういう能力があるのかということが、この場合の自を知るという内容です。

そして、コップが指につかまれ、コップを指でつかんで、口まで運ばれ、運ぶというのが相互作用です。
こうして、初めの意志の通りに水をこぼすこともなく、水が飲めました。
つまり、意思の通りに行動して、そのままの事態が生じたという事です。

阿波さんの文はこれを指しているのだと、思います。
ただ、的は不動でも弓射は複雑ですから、紙コップのようには行きません。
しかし、中る射を得るには、練習で射術の理を知り、感覚を研ぎ澄まして射術を身に染み込ませることが必要です。
そして、まるで的が身近にでも在る様な思いで、的を射る様になると、言っているのだと思います。

弓道の技術的には、不動の的より、弓や矢やかけなどが他で、その理解を深めなければいけないと思います。
また、自については、筋骨の使い方など中々難しいです。
そして、その相互作用、つまり、例えば、会での体と道具の在り様、離れでの弓や矢の挙動、その時の体の変化など、しっかりと知り尽くした上で、最良の状態を作らなければなりませんね。

11:chivuさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
かぼちゃさん.
さらに噛み砕いた解釈 ありがとうございます!

「他を知る」
なるほど。例に出していただいたように、的の高さや距離感も過去の経験(練習)から得るもが大きいでしょう。
それを「極める」と的を見えなくてもどこにあるか感覚的に判りますね。

たぶん空手等でいう所の「見ただけで、相対した相手のリーチや動き、強弱のポイントが判る」のようなものなのでしょうか。

「己を知る」
なるほど、なるほど!「他を知る」で知り終えた情報に対し自分がどのように動けるのか、またどう動けば紙コップまで届くのか。それを理解すること。
そして、その考察の結果が一致したとき「的と自分がひとつに」なるわけですね!(結果、手(矢)は紙コップ(的)を迷いなくつかむ(中る。)のでしょう。)

「練習で射術の理を知り、感覚を研ぎ澄まして射術を身に染み込ませることが必要です。」
「会での体と道具の在り様、離れでの弓や矢の挙動、その時の体の変化など、しっかりと知り尽くした上で、最良の状態を作らなければなりません」
まさに、おっしゃるっとおりです。 耳が痛い言葉でもありますが(笑)

多方面からのアドバイスもあり、
いままさに筋骨の使い方に注目して練習をしているところです。ちなみに、今集目しているのは
1)呼吸と筋肉の動きの関連性(息を吸う時は、”伸びる”動き、または”引き寄せる”動きどちらかのほうかが”力が増す”。)
2)呼吸の深度と「足踏み」の開き加減の関連性(一番”楽に”呼吸しやすい、足踏みの幅がある)
3)足踏みにおける、左右の足の踏込み加減と筋肉の動きとの関連性。
(「会」のときのどちら足を強めに踏み込めば、弓手、馬手側どちらかの筋肉の”伸び量”に影響する等。)
の3点です。端的に言う「足踏みがとっても大事!」ということを再認識しているところです。

そして、
「この辺のバランス(生まれついた自身の芯と各動きで生まれた芯(ベクトル?)が合致する所)を探ることが「己を知る」事であり、合致する所が「自分の芯線」ではないか?」
というのが、お二方からいただいたアドバイスより ない頭でひねり出した私なりの現状の解釈です。

ちなみに、その辺りを意識して練習したところ、矢所がかなり安定しました!!ありがとうございます!


■[437] 大会 早気 (投稿2件)

1:ほのかさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; L-05D Build/IMM76I) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30 YJApp-ANDROID jp.co.yahoo.android.yjtop/1.7.5
私は普段の練習では会は5秒以上あるのですが、大会になると2秒弱で離してしまいます。
地区大会の結果がよく、今度県大会に出場するのですが、正直しばらく会を延ばすのに専念したいです(大会後はしばらく会が短いため)
しかし、せっかく出れるのだから……と的中と会どちらをとればいいかわかりません。
でも絶対に早気にはなりたくないです!
どうしたらいいと思いますか?

2:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
早気とは本来、会に入る前に放ってしまうことを言いますですよ。
ですから、1秒未満でも会ができていれば問題ないです。
会が2秒だろうが十秒だろうが大した違いはないですよ。

会の時間を伸ばしたいなら、的を設置せずに安土に向かって射てみてください。


■[438] 弓手手首の捻れ (投稿3件)

1:くろさん
KDDI-TS3Y UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.7.113 (GUI) MMP/2.0

はじめまして、高校二年のくろと申します
私は大三ないし引き分けの段階で必ず弓手の手首が捻れ、極端にいえば親指が床を向くような形で会に達します
そのため回内がききすぎた状態となり、離れの際に真っ直ぐ押す意識をもっても弓手がブレてしまいます
小指を締め、手首の角度に気をつけながら大三をとるようにしても会の時には捻れてしまっています
手首で大三をとっているのだろうと友人に指摘された為極力手先の力を抜くように意識し肘でとるイメージを重ね稽古を積んではおりますが、捻れずに会に達することが出来ません
猿腕ではありませんし骨格も問題無い筈なので克服を試みたいのですが、何か良い練習方法や指摘はありませんか?
また、皆さんの大三〜会までの弓手に対する意識の持ち様を是非ご教授下さい

2:九州弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.69 Safari/537.36
上腕が回内し過ぎて、親指が床を向いてしまう??
どうも今ひとつ会の形が想像できません。

上押しのかけすぎ…では回内が過ぎるということはないでしょうし…
回内させすぎるということは弓が伏せてしまうのでしょうか?

1つだけ。きちんと下筋(したすじ)を張って伸びあっているのかな?と思いましたが…

3:九州弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.69 Safari/537.36
すみません、よく外の書き込みみたら他の方が別のスレッドに書込されていましたね。
どうやら多重投稿だったようです。
聞き流してください。


■[439] 合格できるでしょうか (投稿6件)

1:かっさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E; .NET CLR 1.1.4322)
私は押しを固定する射形にして、馬手の離れを小離れにしました。
この射で参段に合格出来るものなのでしょうか?

3:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; ISW11K Build/145.0.0002) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
肩を固める鉄砲弓ということでしょうか?
高段位の先生の話ですが、その先生は鉄砲弓の時はよく中っていたとのことですが、五段の審査で審査員の先生から鉄砲弓に五段はやらんと言われたそうです。
自分もそうでしたが、鉄砲弓のような固い射型はオススメしません。
通用して四段が限度ではないでしょうか。

4:ゴマさん
DoCoMo/2.0 F03B(c500;TB;W24H17)
小離れした後に開く二段離れは、さらに嫌われるらしいですね。

5:楸瑛さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0; MALCJS)
>押しを固定する

弓手を的付けに固定して、伸びあいも離れの押しもないことでしょうか・・・
弓返りはするのでしょうか・・・


>小離れ
勝手を「ぱっ」と離すだけのことでしょうか・・・



俗にいう「中て射」ってヤツですか・・・
もし、そうなら「参段」は難しいでしょうな・・・

6:九州弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.69 Safari/537.36
昔は、鎧などを着て引いた時などは特にそのような射型が当たり前であったようですね。

他の方も指摘されているように、そのような射型は「当て射」とみえます。現代弓道では評価されないと思います。
余程のことがないと参・四段以上は厳しいでしょうねぇ。


■[440] 間合いのとりかた (投稿2件)

1:弓道の人さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SHL21 Build/S2140) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
一週間後の大会で落を努めることになったのですが、立の流れが悪い場合(的中しない連鎖が続いた場合)は、どこで何秒くらい間合いをとればいいですか?教えてください!お願いしますm(._.)m

2:九州弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.69 Safari/537.36
そういった間のとり方ですか。
文面から察するに結構プレッシャーに感じていらっしゃいますね。
競技には制限時間もあることが多いでしょうから、あまりそうそう間をとることはできないと思います。
むしろ「外したらどうしよう」といった、気持ちの問題が大きいかと思います。
「どうしよう!」「必ず止める!」などと思い始めると、余計に外してしまうものです。


鼻でお腹をふくらませながら息を吸い、口からゆっくりと息を吐く。この時に「気」を下腹部に収めていきます。いわゆる丹田に気を収めるんんですが、数回やっていると不思議に丹田のあたりが熱く感じてきます。
すると、これまた不思議と気持ちが落ち着くものです。
落ち着いてやれば、きっと大丈夫です。普段の練習の通りに出来ますよ。


■[441] 離れで妻手が寝てしまう (投稿2件)

1:戎者さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; IS13SH Build/S3060) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
今晩は。弓道を初めて一年と少しの高2です。
現在弓は直心Uのカーボン16kgを使用しています。
理解しずらいタイトルですみませんが最近的中が上がらず先生に聞いた所によると、会は確りひねり、起きているが離れの瞬間に妻手が寝てしまうそうです。この説明で理解できた方は良かったら改善方法を教えてください。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
こんにちわ。状況がさっぱりわかりません。会では普通の方のように出来ているのですね。
>離れの瞬間に妻手が寝てしまう
というのはどういうことですか?それまで弓力と釣り合っていたものが離れで弓力がなくなるのですから妻手は右手水平にとぶのではありませんか?
 あっ、そうか。会の位置そのままで離れて、「寝てしまう」つまりカケ手が下がるわけですか?
 状況をはっきりさせなければ前に進みませんのでこのイメージで良いかどうか送ってください。


■[442] 押手について (投稿3件)

1:えりさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; ISW11K Build/143.2.0001) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

最近、押手に違和感があり 押しているつもりなのですが、ぶれてしまいます…
また、狙いも定まらず 矢所はバラバラです。

大会が近いので出来るだけ早く治したいのですが、どうしたらよいですか?

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
縦線が曲がってないかをチェック。特に立った時の姿勢が猫背気味になっていないかを。

左右の腕を効率よく動かすためには、腕のコントロールだけではだめです。例えば左腕を伸ばす動作は、左足の張からくる左わき腹から左肩までの張(左腕を伸ばす基準の確保)と、右足の張からくる左腕の伸び。体を反らせる力に呼応して生じる親指の伸び、体を伏せる力に呼応した小指側の締め。

特に左側に不安定さを強く感じる場合は、左足の張が失せている(右肩つま先側に、左肩踵側にずれた姿勢により、胴体に張がなくなり押せば体が的に突っ込むような姿勢になっている)可能性が高い。

・執り弓の姿勢から猫背で、猫背の姿勢で弓構えしてその後体を伸ばす時にねじれが生じるパターンとか
・本座から射位に入る際に、変なところに視線を置いて、首がねじれた状態で足を踏み開く癖がついて左右のバランスが崩れていたり。
・手の内を工夫すると称して、腕や手首をねじって弓構えをとってみたり。
・物見を入れる際に適当な入れ方をして、首の左右対称性が確保されず、このねじれが全身に波及して、胴体までねじれているとか。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
えりさんこんにちわ。
 一週間でできるようになるか否かはあなた次第ですが、無駄話とでも思って聞いて(読んで)ください。

 和弓の特異性は矢を弓の右に沿わせるという点ですね。そこから、「弓の中に入りなさい」となります。少しでも的芯線と引筋を平行に持っていく為です。このことは形としての矢の向きばかりでなく会で内在する架かっている力のベクトルから考えなくてはなりません。「内在する」とは分かりやすく例を挙げると、会の手の内は止まっていて押しているだけのように見えますが実は反時計回りに絞りに架かっている如くです。
 左腕の押しの根元は肩甲骨に関節でつながっていますが、肩甲骨自体をつなぎ止めるだけの大きな関節はありません。言ってみればこの肩甲骨は、肋骨という卵型のかごの表面に位置しているだけで固定されていません。だからこそ自由に動かせることができるわけですがこの点は弓道の押手としては工夫しなければならないのです。えりさんが「違和感がある。ぶれてしまう。」というのも肩根が固定されていなく、いわゆる「入っていない・宙受け」の状態だからなのです。
 つまり、肩甲骨の位置が動く範囲内のどこかに固定する工夫が必要です。肩を上げて肩甲骨を上の方に固定すると引き尺が最短となってしまい上手くありません。試しに肩を上げておいて手の内の位置を遠ざけること(伸び合うこと)ができますか?全然できないと思います。
ところが、肩根(肩甲骨)を沈めて(肩を不自然に落として十文字をに崩す訳ではない)、押し伸ばすと5cmは伸びますよ。つまりガッチリと押しを効かせ伸び合うことが出来るのです。
 ただし、肩根は沈めるだけでなく前に巻くのです。わかりやすく言えば、押しの原点を前に入れ(普通の感覚で言うと「出す」)ということになります。このようにすることを「前肩下巻」と言います。


■[443] 高的中率をだすには (投稿6件)

1:白馬の馬小屋さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0; YJTH3)
高校二年生です。
ここの所的中率があまり伸びず春ごろから50%前後を右往左往しています。そこで高的中率(70%以上)を出している方に質問ですが、
・どんな練習をしているのか
・どんなことを考えながら引いているのか
・かけている矢数
など教えていただけたらと思います。

よろしくお願い致します

3:AE86さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; IS14SH Build/S3060) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
しばらく引かなくても、1本目が中たるような練習をされてみてはいかがですか

4:通りすがりさん
KDDI-TS3R UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.1.203 (GUI) MMP/2.0
自分も高校二年です。

特に特別な練習をしているわけではなく、的中に大きく関わる弓手を離れるときに「ぶれさせない」と言うことをいつも気にして練習しています。

5:通りすがりさん
KDDI-TS3R UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.1.203 (GUI) MMP/2.0
あと1日にかける本数ですが80本前後です。

6:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
・どんな練習をしているのか

うーん、、、
最近は好きに引いてるだけですね。

・どんなことを考えながら引いているのか

基本的に何も考えてませんねー。
外れた場合は左手の位置や形を気にすようにはしてます。
気持ち的には、矢を的の中に置いてくる感じで射てますね。

・かけている矢数

その日の気分で、多い時には500前後行くこともありますが、大抵は100前後かなー。
時間がないときは自宅で巻藁(段ボールと新聞などで自作してます)を20射前後やってますねー。

ちなみに的中率は悪い時だと一割以下です。
的は大きくても8寸的
矢は重さも太さも長さもバラバラのもの使っていてたりします。
ちゃんと規格が整った矢で、一尺二寸的使えばそこそこ当たりますが、それだとあまり面白くないもので、、、
今は、このバラバラの矢で、三寸的に十射連続的中が目標ですねー♪


■[444] 早気について (投稿5件)

1:弓道男児さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0; YTB730)
最近早気気味です。本格的に早気になってしまう前に絶対直したいのですがどうしたらよいのでしょうか?

2:高校生さん
KDDI-TS3R UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.1.203 (GUI) MMP/2.0
早気気味と言うことはまだ完全には早気にはなっていないという事ですか?
意識をすれば会を長くもてるのであればすぐに直ります。
常に会を7〜8秒保つことを忘れずに練習すると自然と直ります。


自己体験談なのですが、完全に早気になると直すのに半年近くかかるので気をつけて下さい。

3:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
的なしで、安土に向かって引いてみてください。

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
立った時の姿勢をチェック。頭がつま先側に飛び出た姿勢になっていないか?腰が抜けていないか?

疲労から姿勢が崩れて射が不安定になっているだけであれば、休養をとって体力を回復させ、執り弓の姿勢で背筋から頭までをすっと伸ばすだけで射が安定します。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
過去ログを検索してみました?早気は一生ものの射癖ですから必ずありますよ。

 私からはこの再掲です。
・・・弓を始めた頃は動作・要点を体で覚えていかなければならず弓射がぎこちないので早気はありません。しかし練習を積み八節を飲み込んできますとスムースに進行していきます。そのあまり、省力化が進んでこれを抑制する作用が少なくなって早気に至ると言われています。このように、早気は大脳皮質の前頭葉等における思考の不足が遠因であり、ここの発達・完成は17〜19歳であると言われますので心して自から持つ思考を確かにして行かなければなりません。
 従ってアドバイスもこれといったものも少なくなかなか難しいのが現状かと思います。
ある意味では『時』が解決する類いかもしれませんね。私どもの年になりますと会の意味を理解し、あるべき姿・理想を描き早気をコントロールしていきますがね。


■[445] 跪坐が辛い (投稿5件)

1:カーズ子さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
跪坐をすると爪先の曲げたところと膝や脛がとても痛いです。
特に爪先の痛みが辛く、一週間前に坐射をしたのが今でもズキズキしています。
靭帯を伸ばしたときや突き指をしたときの痛みに似ています。
何もしなくても痛くて、歩くときも痛いです。

過去ログも読んだのですが、痛みに耐えて練習するしかないのでしょうか。

練習をすればするほど痛くて泣きそうになります。

何処か身体が悪いというわけではありませんが、逆に跪坐で足が悪くなったりしないでしょうか。

坐射のときは痛みで震えてフラフラしてしまうのでなんとかしたいです。
もっと練習すればできるようになりますか?

2:通りすがりさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
あまりに痛いのなら無理にしない方が良いと思います。

病院に行きましたか?

何かしら診断されるような症例なら、試合でも審査でも立射でオッケーです。

3:カーズ子さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
病院に行くという発想はなかったです。
ちょっと炎症起きてるくらいだと思うので何もしなければそのうち治ると思います。

おそらく診断されるようなものじゃないと思いますが、診断されたとしてもちゃんと跪坐ができるようになりたいのです。

同じように痛い人はどのようにしているのかと思って投稿しました。
できないのは悔しいです…

4:天龍さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MALNJS)
入浴時に浴槽の中で練習します。
毎日、徐々に時間を延ばし、10分間できたら、次は徐々にお湯の量を減らしてゆきます。
関節の柔軟性ですから、必ず成果は出てきますよ。

5:医療系弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.69 Safari/537.36
趾が痛いというのはともかく…。(これは原因が他にもあるかもしれないので)
すねの(筋肉の)痛みが出るというのは、跪坐の仕方そのものに問題があると思います。

文章にするのはとても難しいのですが、跪坐をするときにベッタリと体重を足にかけてはいませんか?
これをすると、前脛骨筋(すねの前の部分の筋肉)の痛みが徐々に出てきます。特に私は肥満体型なので、もろに前脛骨筋に痛みが出て、ズリズリと膝が滑りだして、正座になってしまったものでした。

いろいろと試行錯誤をしていったところ、大腿部(大腿四頭筋)に力を入れて若干腰を浮かしたままにしておくと、前脛骨筋の痛みも趾の痛みも出なくなり、10分程度の連続した跪坐はできるようになってきました。
ポイントは正座のようにペタンと座らないこと。
ある講習会でも講師の先生が同様の跪坐の仕方を教えていらしたので、自分なりに考えたやり方は間違っていないのだと思います。
ただ、文章で書くのはなかなか伝わらないので、表現が難しいですね。


■[446] 追求する理想的な矢飛びの姿とは? (投稿6件)

1:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
皆さんいつもお世話になっております。
師事した先生(故人)の例会での忘れえない言葉に(自己の矢に対して)「今のは外れてくれりゃ良かった」と言ったのを覚えています。思えば同じ的中でも「後味の良くない的中もありますし、外れこそはしたが「よし」と内心思うような時もあると思います。そこで皆さんに教えた頂きたいのは、例え的中こそは逃したが射手として及第点をご自分につけたい矢飛びとはどういうものが考えられましょうか、ということです。
 私としてもおぼろ気ながら無い訳ではありませんが、皆様の忌憚のないご発想を尊重申し上げ、後ほどということにさせていただきます。よろしくご教授のほどお願いします。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/29.0.1547.66 Safari/537.36
そうですね。やはり的がありますからね。あの的中の音がしないとニンマリとも行きませんからね。そう、吸い込まれそうに飛ぶ矢も掃いたりしますね。顔の表情にも出てしまったりしますよ。
 ありがとうございました。
続けて頂戴したいと思います。お願いします。

4:イリシャムさん
KDDI-CA3F UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.314 (GUI) MMP/2.0
的真まで延長したパイプの中を通っていくような弾道ですね
シャフトの経が8ミリなら8ミリ、6ミリなら6ミリの矢を捉えれるコンディションでないと難しいです

5:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
 ご返信をお寄せくださった皆様ありがとうございました。どちら様のご意見にもなるほどと我が身を反省させられるものがあり恐縮しております。お声はこれから頂戴致すこととして、私としての愚見ですが、こんなものはいかがでしょうか。
 射手として放った矢は草多き矢道の草を背景として飛ぶうちは目立たずによく見えませんが、的に近づきますと背景が的紙になりますので急によく見えるようになることがあります。当然的の幅の範囲内になければ安土の砂が背景となりますからよくは見えません。
こうして飛ぶ矢は低く翔ぶけれども伸びが感じられます。ピィっチャーの投げる「伸びのある球」のようなイメージを感じます。例え的枠を蹴ったり入らなかったとしても練習・稽古としてゼロではないと思います。
 皆様にもそういう矢飛びの経験はあると思いますが、忌憚のないお話を聞けると嬉しいです。

6:MLさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; BRI/2; OfficeLiveConnector.1.5; OfficeLivePatch.1.3; .NET4.0C)
まず、ぶれずに飛ぶことですね。
お尻フリフリで飛んでいくと凹みます(笑
矢勢がなくても、スーッと的に吸い込まれるうに飛んでいく様を見ると気持ちいいです。
さらに欲張ると、山形より、的の範囲内で飛んでいくと
心の中で、ガッポーズでたりしますね。


■[447] 堅帽子の親指 (投稿4件)

1:パワポケさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/29.0.1547.76 Safari/537.36
前も似たようなことを質問したのですが、また質問させてください。

引き分けの途中でかけが弦に引っ張らせるせいなのか、帽子から親指が抜け、からになった状態になります。
別にそれでも引けるのですが、会で弦を感じることができず、また、暴発が怖くなりついついにぎってしまいます。

原因は帽子が大きいのか、またはひねり起こしが足りず下弦で引けてないと思ったのですが、どうなんでしょうか?

2:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:23.0) Gecko/20100101 Firefox/23.0
かけがでかいんちゃいます?
いろんなタイプのやつを使ってみたらいいです。

3:パワポケさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/29.0.1547.76 Safari/537.36
やっぱりですか?
帽子がでかい気がしてたんです

4:巻藁三年的八年さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.5; InfoPath.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
拇指の大きさもそうですが、納まり位置を決める、カケ紐の付け根の位置、手首回りを合わす、乳(紐の通る輪)位置もかなり影響してきます。手首のくびれているところに紐の位置がきていれば、拇指が弦に引かれた状態でも、親指から抜けることはないでしょう。
ひどく違っていたり、紐を締めた状態で、手首回りよりゆるいじょうたいですと、拇指がもっていかれる感じになります。
ここは、カケ師さんなら簡単に合わせてくれます。私は、両方で三千円位でした。


■[448] 肩根とは (投稿18件)

1:弓執るこゝろさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_4 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B350 Safari/8536.25
こんばんは
いつもこちらの掲示板を読ませていただいてますが、今回初めて投稿させていただきます。

私は大学生で弓道をやっている者ですが、最近一つ気になったところがあります。
それは「肩根」についてです。

最近まで私は二年間、大三以降の引分けから、押手肩が抜けやすくなることに悩んでいました。
頑張って下筋を張って、肩から押すイメージを作ろうとしてきましたが、中々治りませんでした。
ある日、百射を引き終わったときに、下筋が疲れてるなあ、つまり下筋は使えてるなあという感じはあったのですが、肩周りや背中が疲れてる感じがないなあと思いました。
これはもしかして肩を支点にして本当に肩から押せてないのではと思い、先輩からご指導頂いたところ、確かにそうでした。
肩が抜けてるというよりかは肩を支点にする準備ができていないのではないかと考えました。

この後、本やインターネットで色々と調べたところ、「肩根」を前に出すことの重要性にたどり着きました。

しかし、肩根とは具体的に肩のどの部分なのかがあいまいな感じになっています。

あるホームページでは、鎖骨の中央骨の下辺りの逆三角形の窪みが出ていれば肩根が前に出ているという考え方がありました。
つまり私的には、漠然と鎖骨あたり具体的に言えば、上記の窪みなのかなと解釈しています。
よく「肩」は後ろに逃げているとは聞くけれども、「肩根」が後ろに逃げていると言わないのは、「肩根」が肩の前方にあるからなのかと考えたりもしました。
逆に「肩根」を前に出せども、「肩」全体を前に出すというのはあまり耳にしないような感じがあります。「肩」と「肩根」は区別すべきなのか、同じようなものだと考えていいのか。

今更何を当たり前のことをと思うかもしれませんが、今一度初心に戻って確認させていただきたく質問させていただきます。
皆さんにとって「肩根」とはどこでしょうか。そしてそれが射に及ぼす影響はどういったことが考えられるのでしょうか。
「肩根」について改めて理解すると、執り弓の重要性などについて更に理解が深まるのではないかと思っています。

長くなりましたが、ご回答お待ちしております。

15:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/29.0.1547.76 Safari/537.36
逆猿の腕は肘関節が180度まで伸展しないのですよ。ちょうど何かで骨折して手術を受けそれが官治しても真っすぐにはならないと同じような腕です。私は生まれつき両方がそうで、小四の時の朝礼で担任に「気を付けができていないぞ」と叱られました。列の前から先生が見ていてすぐわかるんですよね。横へ肘尻が出っ張ってしまっているのでね。・・・弓での押し手では、自分から見ると「く」の字に曲がっていて伸びないんですよ。でもこれでは的心線通りに押せませんので「回外して肘尻をできる限り下げて、肘の位置を的心線に近づけようとするのです。肘の皿は仰るように普通は前を向くものですが私は45度上を向きます。前肩下巻で確かに肩甲骨は回外(反時計回り)しますよね。それにつれて何もしないと手首もそうなってしまいますから逆に回内して弓を垂直にします。だから肩が回外で手の内が回内としています。上腕と前腕は肘に連れて動くだけです。手首を境にして、弓の照りを直すように手を回内します。うでの両端の肩と手を逆に捻ることにより「濡れ手ぬぐいの原理?」で逆猿なりのですが少しはがっちりした押手を作っています。

 真っ直ぐな腕の方の回内・回外についてはどうすべきかは私には経験できませんのでわからないのです。すみません。

16:弓執るこゝろさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.6; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
久しぶりに投稿させていただきます
まずは鷹司カオル様、先日は難しい事をお聞きしてしまい申し訳ありませんでした。

あれから肩のことばかり考えて参りました。
弓手肘の回内・回外と肩の回外の関係につきましては、しばらく悩んでおりましたがあまり難しいことは考えるなと自分に言い聞かせて今はしばらく放置しています。
でも練習を積み重ねていくうちに、どうやら私は大三までは弓手肩は抜けていないということは分かりました。

そして大三以降の引分けに着目しました。
今まで私は、肩から先の腕だけの力を利用して引き分けてきたのではと考えました。
つまり肩や背中つまり身体を使って引いてきていないのではと考えました。

そして私は過去のスレッドを漁っていく中、背中を使って引くとは?という疑問から、ある一つのことにたどり着きました。それは肩甲骨の下部を寄せるということです。これができていないのではないかと思いました。

このことについてもう少し漁っていくと、いくつかの仮説が生まれました。
@まず大三の時点で背中の力を使ってとっていないのではないか
A身体の重心が踵寄り、つまり腰が抜けているのではないか

Aはおそらく弓構えで背中を丸くする(肩根を前に出す)時に、やや猫背の姿勢をとってしまっているのではないか、それか大三で背中を丸くしたままになっていてというか、腰が抜けているから@が起こるのではないか。(身体が反る力が弱い?)よく弓の中に身体が割って入ってきていないと言われるのは、ここから来ているのかなと考えました。

多少身体が反る力は必要なのかなと考えもうしばらく練習を続けてみますが、どうも肩が後ろに逃げそうで不安なのです。そもそも、身体が反る=肩根が後ろに逃げる?ととらえてよいものなのか。いや身体が反る力は言い過ぎで、背筋を伸ばす力と言った方が良いのか。この辺りをもう少し練習を通して研究して参りたいと思います。

少し日記みたいな感覚になりましたが、鷹司カオル様に近況をご報告したく投稿させていただきました。

17:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.69 Safari/537.36
こんにちわ。
 どうも話題が各論に入ってきておりますので、早くに4:で申し上げましたように以後はメールにてお願いします。ここは公共の掲示板と心得おりますのでその方がよろしいかと思いますが、如何でしょうか?

18:弓執るこゝろさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.6; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
失礼しました(汗)
そうですね、本題から少し逸れてしまうため、こちらのスレッドはここまでとします。
鷹司カオル様には、後ほどメールのほうを送らせていただきます。


■[449] 審査対策について・・・(山形 (投稿4件)

1:シルダさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/29.0.1547.76 Safari/537.36
山形で弓道をやっている高校生です。
次の秋の審査会で初段の審査を受けるのですが、学科の対策をどのようにやってよいのかわかりません。

このサイトの、事前公開問題にも山形県はなくどのような問題が出るかもわからず、不安で頭を抱えています。

漠然とした質問ですが、学科の対策はなにをするべきでしょうか?
ご教授下さいm(_ _)m

2:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
出ていないのは山形県だけではないでしょうし、何も特別視する必要はないでしょう。部活残っている「弓道」誌の模範解答を読んだり自分でも書いてみて先生に見てもらっておけばいいですよ。そのものスバリのお題でなくてもそこは小学生じゃないんだからいくらでも実力で応用は効かせられるでしょ。出題する方にしてもどうせ以前のテーマを参考にしているでしょうし、合格させたいんですよ。登録料収入にもなることだしね。
 要は普段や今までの弓道に対するあなたの至誠が問われているのですから付け刃みたいな小細工は却ってボロが出るようなものです。巧言令色ではいけません。あなたらしさ、あなたの取り組みからの感動を観ているんですよ。
 只、鉛筆なら2B以上の濃いもので字は大きめ、癖字無く。つまりお年寄りにも読み易くという気持ちは忘れずにね。全体的には文末表現に注意することですね。

3:天龍さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MALNJS)
多くの場合は、2問出題で、一つは弓道に対する感想や危険対策のような、何を書いても点がもらえる問題で、片方は教本からの出題ですね。
教本からの出題は初段に要求すること、すなわち射法の基本です。これは憶えておかないと絶対に書けません。持論を聞いているのではないので。
八節を漢字で正確に書けること。
それぞれについて、1〜2行の文で説明できること。
この程度は、少しの努力で準備できるでしょう。
去年、私の県で、同じ高校の部員が二人学科で初段を落ちたそうで、審査員の間で問題になっていました。0点だったそうです。白紙だったので。真面目に取り組みさえすれば、そんなことはありえないはずです。

4:シルダさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.69 Safari/537.36
>鷹司カオルさん
>天龍さん

アドバイスありがとうございます、弓道教本を読み返しつつなんとか解答を書ききれるよう見直したいと思います。


■[450] 会での肩の線がズレるんです… (投稿3件)

1:わっちさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; L-01E Build/JZO54K) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30

高校で弓道をしています。

僕は引き分けから会にかけて妻手の肩が体の線より後に下がり、肘を思うように後に出来ません。

肩を平行に保とうとしても、引き分けの3分の2辺りから肩が後に下がるんです。
肘がハマってるって感覚もなくなり、困っています。

肩を後に出さないようにして、肘を体の線より後に持ってこれるようにするにはどうすればいいでしょうか?
教えてくださいm(_ _)m

2:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
1.つまみ引きのせいで妻手手首がガチガチに固まっている、妻手親指先が上を向いている
→右手手首をなだらかなアーチ状にしなきゃいけません。取りかけの指の形は吊り革にぶら下がっているときの形。妻手の力の使い方は猫が手招きするイメージ。あんまり無理してたぐり引きにならないようにしましょう。

2.猫背とか腰抜けてるとか物見のぞき込んでるとか妻手ひねり不足の平付けとか大三で弓が身体から遠すぎるとか大三で右肘張れてなくて矢が変な方を向いてるとか、そんな理由で右こぶしが肩の上に乗らない。
→身体反ったり両肩が背中に逃げない程度に、胴造りの仕方と大三の弓の位置、右肘の張り方を見直す。そして引くときは右こぶしを肩の前に寄せるのではなく、引っ張りながら肩の上に乗せるイメージで引く。


私が思いついたのはこんな感じですが何か原因に心当たりありませんか?
慣れるまでは足腰背中などの姿勢を維持するための筋肉が痛くなるかもしれませんね。

3:わっちさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; L-01E Build/JZO54K) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
ありがとうございます!

次の練習で試してみます!




→新規スレッドを作成
タイトル:
※必須※
内容が一目で分かるようなタイトルをおねがいします。
また、投稿前に同じ内容が過去ログに無かったかもご確認ください。
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 2453件中 401〜450件目

(c)デビール田中 : 問い合わせ