技術・体配編 [201〜250]


■弓道座談会[技術・体配編]とは?

【デビ】弓を引く上での技術・体配関する話、射癖の相談、審査対策など。


■スレッド一覧

過去ログ


■[201] 口割りまで降ろせないのは? (投稿10件)

1:高校生弐段#さん
Mozilla/5.0 (iPod touch; CPU iPhone OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
高校弓道部の者です。
高校から弓道を始めて今年で3年になりますが、口割りまで降ろすことができません。
1年ほど早気と戦っている内に段々と下ろせなくなり、最近では目まですら降りません。

ゴム弓や素引きは出来ます。弓力を軽くしても変わりません。
矢を持つと急に力が入り、開くことが出来なくなるのです。
本人は怖いらしいのですが何が怖いのかがわからないため対処にも困っています。
見ている限り、手首に力が入り“つまんでいる”状態で肘が前に出ています。
知恵足らずで行き詰まっています。助けてください。

7:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:36.0) Gecko/20100101 Firefox/36.0
思い込みの問題が一つ。「引く」という言葉をどうとらえているか。多分引っ張るイメージで突っ走ってきた人でしょうから、これを変えないといけない。時間がかかりますし、教える側も引っ張るイメージで引いてて、どこかでバランスをとっていて何とかなっている場合、下手に手のこと教えるとぐちゃぐちゃになる。

両腕を軽く伸ばし、体の前で手のひらを合わせる。この状態から45度程度腕を上に上げて、その後両腕を左右に開く。この時の肘の軌道と、上級者の引き分けにおける会の軌道を比較するとわかるんですが、引き分けは腕を開く運動です。これを教える側も教わる側も納得できるかが第一条件。

両拳を左右離れ離れにする運動ととらえていると、目の高さで引き分けが止まってしまう。

さらにこの腕の運動は、首から背骨までの伸び方に強く影響を受けます。直立した状態で床を見ながら、両腕を伸ばした状態で腕を肩の高さまで上げる。同様に天井を見ながら同様の動作を行う。この時手の平がどの方向を向いているかを確認すれば、姿勢と腕の伸び方の相関が理解できると思います。

腕の力を使って首の状態を変化させることもできますが、足腰の強さ等クリアするべき条件がシビアですので、通常は執り弓の姿勢から伸ばしとくもんです。

これが楽に引くために射手がわきまえておくべき知識なんですが、知ってましたか?

8:高校生弐段#さん
Mozilla/5.0 (iPod touch; CPU iPhone OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
私も見ていて「引く」ことを意識し過ぎているように思えたのでこんなイメージだよ〜と腕を上に伸ばしてそのまま左右に下ろして来るだけの運動をして見せたのですが、本人にもやってもらったほうが良かったんですね!

実践してみます。ありがとうございます。

9:高校生弐段#さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.90 Safari/537.36
悩んでいた彼女は口割りまで何とか降ろせるようになりました!
ここから会を徐々に伸ばしていくことで離れまで持って行けるような雰囲気が出ています。


沢山の回答ありがとうございました。

10:田中太郎さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.135 Safari/537.36
 今どき経過報告にいらっしゃるとはとても素晴らしいことですね。質問者様がきちんとした指導者の下で日々修練を積まれている事を感じさせてくれます。

 話題の彼女ですが、ここからきっちりと会での詰め合いと伸び合いの理解をしてもらえるように頑張ってください。
私は会の中身が詰まっていればそれでいいと思っています。中身が詰まれば自然と3,4秒の会が生まれていると思います。
決して、先に会の秒数を求めるような酷なことはなさらないでください。


■[202] 打ち切り射法と弓返り (投稿10件)

1:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
私は高校で弓道をしている2年です

身の回りではちらほら弓返りする人が出てきました
私は打ち切り射法を肯定なのですが回りはそうでもないみたいです

質問なのですが
角見が両者効いているとして打ち切りと弓返りどちらが矢飛びいいですか?

7:ガオさん
DoCoMo/2.0 F01B(c500;TB;W24H16)
弓がえりと打ち切りは弓の強さと手の内のうまい下手の2つの関係が大きいと思います。

弓の強さについて、例えば13キロの弓では手の内が完璧な人は弓がえりするのかもしれません。
しかし、不完全な手の内で弓が回ったならばただ手の内が緩んでいるだけといえます。残身で弓が1センチも手の内から滑って落ちているなら、私の指導は弓を90度くらいで止めて、まずは角見の意識と手の内を制御するための方法を学習させると思います。

手の内の制御ができる(弓を止めることができる)様になったら、それは緩みのない状態だといえるので、15、17キロと強さを上げていきます。

角見をきかせるためには緩みはNGです。

まとめると、緩んでいるなら、まずは打ち切りを行います。そして弓の強さを上げていったときに離れた時のエネルギーを制御できない段階がきます。そのとき弓が90度以上回転することを弓がえりといいます。

長文と乱文失礼しました。

8:流星さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
ガオさんに質問ですが

弓が落ちないようになったら、だと
弓を握る手の内になったまま弓を強くしてくことにはなりませんか?一部かもしれませんが

ちなみに自分は弓返りした方がいいと思います
理由は教本には弓返りすることを前提とされていて
弓返りせずに弓倒しすると弦を返す(?)という、無駄な動作が発生するからです
主さんの質問の矢飛びは弓返りしちゃうような角見のきかせかたのほうがいいと思います。(ただ単に打ち切りに慣れてないからかもしれませんが)弓返りしちゃう=少なからず捻じりの力が働いていて、押す力が増す
打ち切りでは弓返りができないではなく、しないようにする、だと思うので前述の捻じりの力が働かないと思います

9:ナスさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12F70 Safari/600.1.4
私も打ち切りにしようか迷っています
角見を効かせようとすると回内が戻って矢が散るってことがありました
骨格も私の場合かなり歪なので回内戻ってしまいますが、普通の人であれば弓手の親指の付け根を意識して押せば角見と言えるのではないでしょうか

10:TOMさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.90 Safari/537.36
 会で蓄えられた弓の弾性エネルギーは、「矢の発射」と「弓の復元」に使われます。「弓の復元」に使われるエネルギーの一部は、最終的に「弓返り」や「弦音」に使われます。打切りの場合、「弓返り」に使われるべきエネルギーを弓と弦で吸収することになるので、弦が切れやすく、弓の損傷の危険性も高くなります。弦音も悪いです。
 しかし、皆様御指摘のように、「弓返り」は矢が発射された後の出来事なので、矢飛びや的中には直接関係ないと思います。ただし、「矢が弦から放出されるまでの手の内の働きが同じであれば」という前提です。
 拝見していると、「弓返り」しない人の多くは、会で弓を固く握りしめ、弓の復元時の本来の回転方向とは逆のトルクが働いています。これでは、手の内の働きがなく、矢飛びも的中も悪いの当然です。さらに離れで手の内を緩める形だけの弓返り(弓回し)という悪癖の人も見受けられます。
 生死がかかった戦場では、いかに矢飛び鋭く正確かつ高速に射るかに心血が注がれたことでしょう。そこで、会から離れに至るまでは手の内を存分に効かせつつ、矢が弦から離れたところで握って「弓返り」を制する(直ちに次の矢を番えるため。)という射法であっただろうと思われます。これは、上述の「弓回し」とは全く逆です。
 現代の弓道では、戦場の弓ではなく、高速に射ることは求められません。したがって、弓や弦への負担が少なく、弦音も良く、弓倒し後に弦を返す必要がない(美しい)「弓返り」する射法が合理的と考えます。
 長文失礼いたしました。


■[203] 大三での張りについて (投稿11件)

1:ひろぴんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6.5; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
初めての投稿で言葉の不足、表現の不明瞭さをお許しください。
中学二年生で広島で弓道をやっているものです。
さて、タイトルにもあるように大三の張りについての質問です。
打起こしの時、私は肩甲骨をまよこにひらくようにして肩根から脇から張りをもつようにしています。
脇からの伸びを生かして大三をとればいいのですが、マキ肩で猿腕であるためかその張りの方向のまま大三に移行しようとすると、肩が前に出てしまいます。張りは持続してはいるのですが、肩が前に出てしまい引き分けで肩が詰まってしまいます。
逆に、肩を開いて大三に移行すると勝手の張りが曖昧になってしまいます。
皆様に質問したいのが、大三に移行する時どこを意識して大三をとるかということです。
私はこのように意識しているというだけでも良いのでよろしくお願いします。

8:さんおちさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.6; ja-jp; N-05D Build/A1001901) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
やぁやぁ

9:名無しさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SH-03F Build/S3060) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
初めまして。私は弓道で肩が出ないと教えてくださる方に言われます どうすれば肩が出ますか?

10:大変ですねさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
ゴム弓使って肩を前に出す意識する練習が良いですよ。家でも練習できるし、鏡見ながらもできます。
説明としてはマズイかもしれませんが、引き分け時に両肩と矢が近づけるように意識すると良いでしょう。

11:いぶさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; BTRS122146; GTB7.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
手の甲がウエ、大三難しい


■[204] 勝手がわからない!! (投稿2件)

1:みーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySOL21 Build/9.0.F.2.128) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
大三で体がねじれてる言われました。肩を入れようとするあまりねじれてしまっているそうです。しかし、どうすればいいのかわかりません。
あと、引き分けで勝手の空間がどう頑張ってもできないし肘でひこうと頑張ってもそれをするとどうしても引き足りなくなります。どうすればよいでしょうか。悩んでいます。

2:田中太郎さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.118 Safari/537.36
弓力を落として基礎からやり直しましょう。


■[205] 審査学科試験における大三について、斜面の場合 (投稿6件)

1:スカイブルーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SHL22 Build/S2141) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
こんにちは。

現在四段審査の受審検討しているものです。
四段の学科試験において今年から大三において留意していることと出題されております。

私は現在日置の浦上系統の先生についており、
正面系での大三という概念はありません。
肘力という観点では三分の二があてはまる?との書籍もありますが…

留意していることとの出題ですので正面の大三の話を書くのも出題意図に反すると思っております。
斜面打ち起こしのかたは大三の学科試験対策はどのようにされているのかご教授願えないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
(斜面打ち起こしに転向してまだ浅いため解釈等間違いがあればご指摘いただければとおもいます。)

3:地域で基準が違うことに不満の人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
日置流4段の審査ではなく、日弓連4段の審査ですから、斜面だろうと正面のことを知っていて当然のことです。
なにも自分が留意することだけでなく、正面の後輩を指導するときに留意するこことはありませんか。無いなら4段の資格が無いだけです。ご自信の信念を貫くなら、斜面である自分には、正面系の大三の概念は無い、と書いてください。斜面にこだわりすぎ。

4:スカイブルーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SHL22 Build/S2141) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
なるほど。
知識として、でしたら問題なくできそうです。

というかよく問題文読めば知識を問うてる問題でした。

日置だから書けない…とかじゃなく、勝手に「実践していることを書く」と思い違いしてました。
私も当然射法の知識としては双方とも持っておくべきだと思ってますので、こだわってるなんてことはありません。

5:スカイブルーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SHL22 Build/S2141) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
途中で投稿してしまいました。
ご回答いただき、ありがとうございました。

6:中仕掛け人さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; F-09E Build/V11R32E) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
4:の回答を読ませて頂くと、まだまだ解釈不足があるようですね。スカイブルーさんは、あくまでも大三を『正面に打ち起こし、引き分けの始動位置まで移動する行為』と解釈されているみたいですね。
大三はあくまでも、引き分けに入るまさにその直前の最終確認の状況では?
斜面打ち起こしであれば打ち起こしが完了し、引き分けに入る直前の最終確認の状況では?
2:のみていさんが言われているように正面・斜面は関係ないと思います。
知識としては無論、実践としても書けるはずでは?
スカイブルーさんのように『概念がない』と一言で言ってしまえば印西派浦上系で弓を引かれている方は、『会』についての問題が出たとき『概念がない』と
答えられなくなります。
あくまでも流派弓道でその言葉を使うか否かの問題でしょう。
浦上系の大変素晴らしい射をされる先生の射を見ましたが、打ち起こし完了後
引き分けに入る際に何も確認されていないようには見えません。


■[206] 掃け矢が多いです (投稿2件)

1:ぴーすけさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SHL24 Build/S3310) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
今弓道部の高校2年生です。女です
13キロの弓を使っています

最近、掃け矢がとても多いです。1立ちに2本は掃けます。
射型も目立って変なところはないと言われました。

掃け矢の主な原因とはなんでしょうか?教えてください!

2:あーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.118 Safari/537.36
射を見てないので何とも言えないのですが、理由は色々とあると思います。


離れが緩んでるとか。
そもそも引きが小さいとか。
上押しが強すぎるとか。


■[207] 矢口が横に開く (投稿4件)

1:わったさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
矢口が会に収まると、横にひらいていきます、勝手が開いているのかと思い、ひねりを強くしても治りません。矢口が横に開く原因を教えてください。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:37.0) Gecko/20100101 Firefox/37.0
顎が浮いた姿勢(猫背気味の姿勢+首に特別な力をかけず自然に物見を入れる)の可能性有

3:田中太郎さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.118 Safari/537.36
普通に引くと矢は妻手人差し指で横を支えられていますので矢口は横に開きません。妻手人差し指が矢に触れていない、触れている点が筈に近すぎて十分な支えになっていないかのどちらかです。
決して手先の操作で解決しようとしないこと。おそらく肘と手首の位置の問題です。

4:tomochinさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
カケが横向いてるからじゃないですか。


■[208] 勝手について (投稿2件)

1:月さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; ja-jp; SC-01F Build/KOT49H) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/1.5 Chrome/28.0.1500.94 Mobile Safari/537.36
こんばんは
高校に入ってから弓道を初めた者で今高2です。

今日指導者に大三で勝手がガッチガチに力が入っていると指摘されて力を抜いてみたら、矢が滑走して前にいくようになりました。因みに角見はだいぶきかせました。

改善索を教えてください。

2:田中太郎さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.118 Safari/537.36
質問が漠然としすぎておりアドバイスのしようがありません。
また知識不足も考えられますのでここでアドバイスしてもあなたが意図を理解できるとは思いません。
指導者に基礎から学ぶことをオススメします。


■[209] 離れのキレと伸び (投稿7件)

1:光芒さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
この前から先生に離れにキレと伸びがない、と注意されます。
僕は、大三で妻手肘を張るようにしています。それでもダメみたいで…
キレと伸びのある離れはどのようにすれば出しやすいですか?

4:あーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.101 Safari/537.36
実際に見れば一目瞭然なのかもしれませんが。

肘は肘で大事なのですが、横線全体に詰め合いが十分にできてないと、キレは出てこないと思います。

ハリがあっても詰めあいが不十分だと、見えない程度ではありますが、実際にはゆるんだりしていると思います。

5:光芒さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
お礼遅くなってすみません。皆さんのアドバイスをもとに引いてみたのですが、まだまだです。
伸びはどうにかして直すことはできたのですが、キレがどうにもなりません。おかげで、十二射中八射滑射しました・・・
キレを出すコツのようなものがあれば、教えていただくと嬉しいです。

6:田中太郎さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 8_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B440 Safari/600.1.4
あーさんが仰っているように、会には伸び合いと詰め合いの働きがあります。
どちらが重要ということはなく、お互いに支え合って成り立つものということを理解してください。キレのある射には詰め合いと伸び合いの両方を完成する必要があります。

また伸びを意識したら掃矢が出るということは伸び合いを勘違いしている恐れがあります。
引く矢束 引かぬ矢束に ただ矢束
手先の力で引き伸ばすのではなく、伸び合いのできた射は引かぬ矢束になります。

7:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:37.0) Gecko/20100101 Firefox/37.0
>十二射中八射滑射しました

多分足を踏み開く直前の姿勢が猫背気味


■[210] 肩が入る?上がる? (投稿4件)

1:海さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12D508 Safari/600.1.4
肩が上がるというのと肩が入るということの違いを教えてください!
違いがわからず困っています…

2:みていさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0)
肩が入る、上がる、詰まるは外見上の違いは難しいですね

肩が入る
 気を付けの姿勢から腕を伸ばしたまま後ろへあげていくと肩の前へ回転してくる状態

肩があがる
 気を付けに姿勢から肩だけを上げた状態

肩が詰まる
 首を竦める、又は、両肩を縮み込ませるように力むと肩がせり上がった状態

肩だけを見ると一見同じような動きに見えますが力の方向が皆違うと思うのですがどうでしょうか?

3:海さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12D508 Safari/600.1.4
みていさん!返信ありがとうございますm(__)m
かつて無いような究極なまでに分かりやすい説明ありがとうございます!!鼻づまりが治った時のようなスッキリ感です!

4:モーリンさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)
私も言われますが、私の場合の意味はこうです。

肩が上がる
 肩と首の間にある空間が狭くなって、肩あたりの力で引いている状態の時こういわれます。
重心を下に下ろせ
もっと下筋で押し返せ、押し負けている
などと指導していただきます。
肩が詰まっているとも言われます。

肩が入る
 これはむしろいい時に言われます。肩が収まるとか弓に体が入り込めた状態の時、肩が入っていると言われます。


■[211] 「三番の乙矢」とは (投稿5件)

1:k  さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.101 Safari/537.36
試合についてです。

「三番の乙矢の弦音で入場」とありますが、
四つ矢の場合には
1甲矢 2乙矢 3甲矢 4乙矢
と乙矢が2回ありますよね。

どちらのことを指しているんでしょうか。

2:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
これは、「三番の4本目の離れで入場」という意味です。それを風情ある表現をしたのですね。
遅すぎず、早すぎず適当な頃合いということで、目安にしているのだと思います。
もし2本目だとすると、4分も5分も本座で待たねばならず疲れてしまいます。また、本座に選手が入っていると、弦切れなど失があった時、処理の介助のために介添えや進行係が射位に行き来する妨げになります。
従って、この「乙矢」を2本目と考えることは普通はないだろうという判断と、最後の矢という意味で「乙矢の弦音」としたのでしょう。

3:みていさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0)
やや脱線しますが、三番の乙矢弦音入場と覚えるよりも大落ち乙矢の弦音も数えて後ろから3番目の乙矢弦音入場と覚えるのが良いですね

4人立ちなら二番、3人立ちなら1番の乙矢弦音になりますので

4:k  さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.101 Safari/537.36
ありがとうございます。
あちこち調べたんですが、
見つかりませんでした。

2本目の乙矢はありえない、
ということですね。

みていさんもありがとうございます。
そうですよね。必ず5人とは限りませんよね。

5:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
「ありえない」というか。
そもそも、弓射は礼射であろうと競射であろうと、甲矢乙矢2本を引いて退くものだと考えれば、2本でひと手という意味も理解できます。ふた手という言い方はあまり聞きません。
四つ矢引くのは、あくまでも試合の盛り上がりと大会運営の効率のために後付した略式の方法ではないでしょうか。室内なのに立射で運行するのも同様だと思います。
便宜上一度にひと手を2回引くが、元々は甲矢乙矢の2本だけなんだと考えれば、最後の矢のことを「乙矢の弦音」として表現されているのも納得できると思います。


■[212] 離れでひっかかる (投稿3件)

1:あかねさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.4.2; ja-jp; LGL22 Build/KOT49I.LGL2220d) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/30.0.1599.103 Mobile Safari/537.36
離れでひっかかるというのは、馬手の親指が外に出て離れて、弦がひっかかってしまうということです。

私はそれが射癖で、悩んでいます。

何かアドバイスあれば教えて下さい。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:36.0) Gecko/20100101 Firefox/36.0
肘を伸ばす曲げるの意味で「伸びる」「曲げる」を使えば

「曲げる」力が「伸びる」力に比べて強めに出てると離れが引っかかります。ひどくなると離れが出なくなる。
「曲げる」力が全体的に強めに出る理由でよくあるのは

1.猫背の姿勢で足を踏み開いている
2.腹に息をためるとの言葉を意識しすぎて、腹筋が力んでる
3.弓の握りや弦を握っている(手の平に指を曲げる力だけかけている)

3:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; SO-02F Build/14.3.B.0.310) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.96 Mobile Safari/537.36
かけの弦枕もしくは中仕掛けはどうでしょうか
弦枕が弦に対して深すぎではないでしょうか
中仕掛けが弦枕に対して細すぎではないでしょうか

たぐり過ぎ、握り過ぎ、親指が外向き過ぎ、離れに怖れありなど初歩的な部分に帰って考えるのも良いですよ


■[213] 的中率9割への練習方法 (投稿18件)

1:ビギナーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/536.5 (KHTML, like Gecko) Chrome/19.0.1084.52 Safari/536.5
こんにちわ。

去年から大学弓道を始めた者です。

練習はほぼ毎日やり、射型も大体整ってき、月間的中率は七割五分から八割弱を良い意味でも悪い意味でも安定に保っています。

ただ、自分もこれで満足できず、八割でも10本のうち2本も抜いていることを意味していてとても悔しい思いです。

今までの練習としては、三重十文字を崩さないことだけを意識して練習していましたが、それだけでは駄目なようです。

これからは五重十文字を完璧にすることで八割を超えて行こうと思うのですが、実際に八割から九割を超えた人はどのような練習をなさったのでしょうか…

聞いた話でも何でも良いので話しましょう

15:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:25.0) Gecko/20100101 Firefox/25.0
>危険です。

あ、やつぱり、、、
ぼくも書いてて、人に勧めるようなもんじゃないかもと思い始めてました。
というわけで、誠に勝手で無責任ですが、やるなら自己責任でお願いします。

自宅室内での練習なら、一時期スリングショットでも練習してましたよ。
こーゆーやつ
http://www.body-guard.jp/item-370.html
かなりはまって、最後のほうではペットボトルの口を的にしてましたが、妻手がぐちゃクチャになって、弓の練習になったかは疑問でしたねー。
あとは、エアガン使ってライフルでの射撃も試してみたことがあります。
トレーニングや理論など、考え方は参考になるかも、、、、
http://www.riflesports.jp/nraj/archives/food/index5.html
http://www.kusu.kyoto-u.ac.jp/~rifle/members/physical.pdf

16:kokoさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 5_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3
やはり危険を伴ってしまいますか…

皆さんご回答ありがとうございます!!
やはり、ゴム弓中心に練習していきたいと思います!!

他に何か家で出来ることありますか??

17:どん引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/31.0.1650.57 Safari/537.36
8・9割台の的中のお二方に、弓手拳から右肘までの張りを大きな意味での矢筋と捉えて狙いを付け、離れるようにアドバイスしたことがあります。

その時は、お二方とも器用な方のようで、1割くらいは的中率が上がったと聞いています。

高的中をお望みでしたら、的の周辺部ではなく、一の黒の内側に中る正射を志すと好いと思います。

その為には、志や信念や忍耐を持って、希望に向かわなければいけません。
このような掲示板に、安易に助けを求めるようでは、叶えられませんよ。

18:インターハイ覇者さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:36.0) Gecko/20100101 Firefox/36.0
私は高校生の時に9割を越える的中率でした。
千葉県の出身ですが、余裕でインターハイに出場しました。
的中率を上げるこつですが・・・数ではないです。国体にも出場しましたが、他校の選手とも話ししましたが、他校の選手は80射/日くらい練習していたそうですが、私は20射/日くらいです。当時は弓道部員も多かったのでそれほど練習は出来なかった。こつは・・・同じリズム。
4射(1射*4)の八節タイムを計って、皆中したときのリズムを毎回繰り返すこと。数多く射ると疲れて同じ動きが出来なく成ります。20射皆中は2ヶ月位で出来るようになりますよ。
7割くらい的中率がある人なら可能です。


■[214] 段級審査が変わるようです。 (投稿13件)

1:てるてるぼうずさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
平成27年度から段級審査が少し変わるようです。各地連で独自に行っていた学科問題が日弓連が統一問題を決めて発表するとか、原則四段は即中とか いろんな細かい項目が発表されました。

まだ日弓連のホームページには出ていませんが、熊本県のホームページに出ています。

http://jp.bloguru.com/kumamotoken/233506

【改定・整備の概要】
従来の審査規程 を
@審査規程、 審査規程、 審査規程、
A推薦規程、 推薦規程、
B称号・段位審議会規程 の 3つの規程 に分割し、併せて関連 規定 等の 整備を行った 。

このようなことがありましたので、関係者はダウンロードして準備をして下さい。

10:未熟者さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
四段の合否の対象にしないのは変更してからなんでしょうから、来月の審査では対象になるということですね…。失をしないよう頑張ります…。

11:てるてるぼうずさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
私の県では、4月上旬の段級試験は、旧来通りの試験問題、実技基準に載って行われるようで、それ以降は新基準で行われます。

12:地域で基準が違うことに不満の人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
当県でも今年から採用するそうな。
しかし、審査統一基準の書き方が不明確なのか、当県では、訳のわからない解釈が生まれてる。
学科の扱いで初段、弐段だけ「高得点については、総合評価で考慮することができる。」と書いてあるが、主語(学科)がないことから、これは、射技が高得点(そもそも射技で得点つけているのか?)なら学科が落第点でも考慮できるとも解釈できる!なんて言い出してる。頑固だから言い出したら人の話は聞かない・・。情けないね。人間完成からあまりに遠すぎる・・。

明らかに学科の扱いの欄に書いてあるが、素直に読めない先生が多いこと、そもそも学科で例外扱いする県があったことに驚き。
これこそ口だけ先生を生む原因では?

13:てるてるぼうずさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
>>学科の扱いで初段、弐段だけ「高得点については、総合評価で考慮することができる

学科で高得点を採るような初、2段は案外術科でも合格をしています。その反対 術科が満票の合格であっても学科がだめで不合格が多くいてると思います。


■[215] 手の内(弓返りなど) (投稿2件)

1:永久初心者さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_10_2) AppleWebKit/600.3.18 (KHTML, like Gecko) Version/8.0.3 Safari/600.3.18
弓返りについて質問させていただきます。
私ははっきり言って手の内がどのつく程に下手です。
締めが甘いのでしょうか、よく下の天門筋を外れたりします。加えてべた気味でもあります。
直そうと試行錯誤するのですが、一向に改善に向かう事ができません。今年中に参段の審査を受けたいと思うのですが手の内がこの状態、更に弓返りなども180°になるかならないか.....。
一人で悩んでも仕方ないと思い投稿させていただきました。
よろしければ回答お願いします

2:凛さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
実際には見てみないと分かりませんが、少しベタ気味だという事なので、もしかしたら手の内を握っているのかもしれません、
角見のかけ方も甘かったり、それ以前に前に押そうという力が小さいのかもしれません。
大三での手の内の入り具合を見て入り過ぎないようにして見てもいいかもしれません。
私の県では弐段から弓返りは重要なので、そちらの参段審査も多分重要でと思います。
頑張ってください。


■[216] 弦音が悪い (投稿13件)

1:みどりさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_7; ja-jp) AppleWebKit/533.20.25 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.4 Safari/533.20.27
竹弓を使用していますが、弦音がやさしいという言い方はおかしいかもしれませんが、大きく爆発しているような音なのですが何が原因なのでしょうか? 引き方が悪いのだと思うのですがどこが悪いのかわかりません。よろしくお願いします。

10:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; SO-02F Build/14.3.B.0.310) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.109 Mobile Safari/537.36
上手くなってくると弦が関板正面ではなく側面を擦るようになってきますよ

なので詰籐も若干擦れます

弦が関板と正面からぶつからないのでヒュンというような風を切る音がでますよ

11:蒼桜さん [url]
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B440 Safari/600.1.4
ごっぽん さん 以前もお世話になりました!

そんな音をだせるように なりたいですね〜!

12:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; SO-02F Build/14.3.B.0.310) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.109 Mobile Safari/537.36
ただ弓によっては15cm程度の弓と中仕掛けの距離にしても関板と弦が離れていてもとから弦音がならない弓もあります

あとは弦自体ですね
例えば、響は高い音がなりやすいです
金龍は響よりも柔らかく打音っぽいです
使う人は少ないでしょうがffひむかはバンとかバシッという音がでやすいです
鋭い射が出来ればどの弦でも高い音は間違いなく出せるので安心してください

13:蒼桜さん [url]
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B440 Safari/600.1.4
今 私 響つかってます!響にしてから 心なしか音が高くなったような気がします。うまくなった気分ですw
綺麗で鋭い離れ だせるよう 頑張ります!


■[217] 打起しの仕方、棘上筋 (投稿26件)

1:未熟者さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; MAFSJS; rv:11.0) like Gecko
私は、打起しの角度は45度を目安に、横から見たときに腕が垂直ではなく孤を描くように、遠くに持っていくように打起す、と教わっています。

しかし最近肩の痛みが強く受診したところ、棘上筋の炎症を起こしていると言われました。
また、普段の打起しの動作をやってみせたら、まさしく棘上筋を痛めるやり方だと言われました。

先生曰く、もっと腕を上げて、肩甲骨が回旋するようにしないと、引分けてくるときに棘上筋を痛めて当然だそうです。要は、肩甲骨が使えていないから、腕で引くことになり、負担がかかるとの事です。

たしかに、60度かそれ以上上げると肩甲骨が回旋し、前鋸筋もうまく使えて引分けが楽になりました。
でも、肩が上がっているようにみえて、これでは確実に指導者から注意されそうです。

また、孤を描くように、遠くに打起すと、上記がやり辛いこともわかりました。

一人一人骨格や筋肉のつき方も違うので、アレンジしてやればいいのかなとも思うのですが…。
それか、きちんとやれば45度でも、遠くに打起しても、痛くならないものなのでしょうか。

来月審査なのに肩が痛くて引けずかなり焦ります。

23:未熟者さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; MAFSJS; rv:11.0) like Gecko
aid lightさん

>上腕を前上に張り(肘を上腕の方向に張り伸ばし〜肘を屈曲(あくまでも弓力によって受動的に、二頭筋を使わず)します。

私はここの部分で、大三で右手が引かれるのを肘〜上腕三頭筋〜右脇で受けることができず、上腕二頭筋を使ってあたかも弦を引くかのようになってしまうので、肩を痛めたのかなぁと思います。


いさん

縦線を意識するとき、三重十文字が崩れないように、頭を上から引っ張られているような感覚で引くのがそうだと思ってやっているのですが…。
どうも引分けてくると体が後ろに倒れそうになるときがありました。かといって、重心をこころもち前にしてみたり、斜め上に伸びるように意識してみてもうまくいかず、逆に引きが小さくなったりします。
これは肩甲骨が連動せず腕だけで引いていたからなのか…。
大三で顔が背中側に傾く癖があるようなので三重十文字は崩れているわけなんですけれども…。

24:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:36.0) Gecko/20100101 Firefox/36.0
首から背骨にかけてのラインが猫背の方向に曲がった姿勢で立っています。

(理想)
足の握力が十分あれば、体重のコントロールを足の平に分担してもらえるので、膝の自由度が増します。よって膝を突っ張ることなく自立できますので股関節の自由度も増し、腰の位置を自分でコントロールできるようになる。

これに加えて、両肩を結ぶ線と首の成す十文字を構築してしまえば三重十文字の完成で、これを保ちながら足を踏み開けば、踏み開いた姿勢そのものが自動的に三重十文字を維持してくれる。

(現実)
履いてる靴の問題+日常生活における姿勢+過去から現在までの運動=現在までの自身の履歴

とすれば、これは人によりバラバラです。よって人によってはあっさりできたり、1年程度は苦労しないといけなかったり。結局自分の体重をコントロールする筋肉がないと、三重十文字を保って足を踏み開くことができない。

****************************************

ほとんどの人は弓を引くための筋力を得るのに時間をかけるしかありません。10年ぐらいでしょうかね。ぼちぼちやっていくしかない。

で、首近辺の曲がりの問題ですが

1.顔を下に向けて、両腕を軽く伸ばした状態で両手を肩の高さまで上げてみる。
2.逆に天井を見ながら同じように腕を上げてみる。

この二つの動作を比較すると手の平の向きが真逆になることが分かると思います。姿勢と腕の動きの連動が呑み込めたのであれば

A.自分の理想とする会を何も持たない状態で作ってみて、この時出来た縦線を緩めないように8節を逆回しにして採り弓の姿勢を作り、その時の胴体の形や力加減を覚えてしまう。
B.いわゆる8節図を正確に再現することで、三重十文字を構築する。つまり、
(1)両手の小指薬指を軽く握り、親指を軽く反らせる。
(2)両拳を腰に当てる。この時拳の間隔狭く下に位置すると首がつま先側に倒れる。逆に広く高めにすれば首は反る。現状では今より広く高く(1cm程度)した方がよいかもしれません。
(3)両肘を軽くつま先方向に押し出すような力をかけつつ、頭全体を上に伸ばすようにする。

で、首の曲がりはある程度改善すると思います。意識してない人は、執り弓の姿勢における弓と矢の握り方が下手で、(1)の条件が成立せず、首を曲げてることが多いです。

25:麸さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
読めば読むほど体力不足ですね。
腕力はあるのでしょうが、それを支える肩や腰ができてないのでしょう。
小柄な女性で15kなら、男で言えば23kぐらいを引くくらいの少数派だろうか。
指導者に習うにしても、それを鵜呑みにすることも出来ません。なぜなら多くの指導者は、体力的にきつい弓を引くという選択を殆どしてませんから。
例えば「力を抜く」と言われても、力の加減の感覚がまるで違ってきます。せいぜい力まないくらいかもしれませんし、まったく力を抜く必要がないかもしれません。 

とりあえず読んでて思ったのは縮み肩です。
細かい動きよりも、腕の働きを肩を軸に動かすのでなく、腕に合わせて肩も動かし、縮まないように気をつけるのがいいのではないでしょうか。
もしくは3〜4kほどキロ数を下げるか。

26:未熟者さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
今日、10日ぶりに引いてきました。
皆さんのアドバイスを参考に、いつもより2kg弱い弓で引いてみたところ、肩が痛くありませんでした!
指導者には、肩を痛めたおかげて射形が良くなったと言われました。複雑な心境です…。
悪癖(首が曲がる・退き胴・腰が据わらない・頬付けが付かない)は相変わらずでした。

徐々に慣らしながらまた矯正に励みたいと思います。


■[218] 離れについて (投稿3件)

1:永久初心者さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
離れの左右のタイミングが違うと指摘されました。同時に綺麗な離れを出すにはどの点を気をつけてどの様な練習をすればいいでしょうか

2:ガラナさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.115 Safari/537.36
雨露離の離れ という言葉があります

・葉にのった雨露が次第に満ちて、すっと落ちる様を表す

まずは体の十文字が正しいか
伸び合い・詰め合いのバランスが偏っていないかを確認されてみては如何でしょうか?

肩線など中心部分が歪んでいたりすると、当然伸び合う方向も変わってしまいます

それと私なりの意見で申し訳ないのですが、離れのタイミングを合わせようとして手先に意識が集中すると、余計に引っかかったり緩んでしまう恐れがあります

なので決して手先で離れを出すのではなく、十文字の縦線から左右に押し開くように伸び合うことが大切と感じますね

胴体→肩→腕 の順番に伸びていくイメージでしょうか(分かりづらくて申し訳ありません)

参考になれば幸いです

3:永久初心者さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_10_2) AppleWebKit/600.3.18 (KHTML, like Gecko) Version/8.0.3 Safari/600.3.18
ガラナさん
回答ありがとうございました。
教えていただいた事に気をつけ、いつか雨露離に近く事の出来るよう練習します!


■[219] 伸び合い (投稿4件)

1:弓道男児さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
早気気味なのを直そうと思い、伸び合いを意識してみようと思ったのですが伸び合いがいまいちよくわかりません。
ただ伸びろ伸びろと思うのとは違うのですか?また矢束を伸ばすのではなく筋を伸ばすのですか?

2:chivuさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:24.0) Gecko/20100101 Firefox/24.0
ちょうど別のスレで「引くとき動き」の話をしたので
ご参考になるかわかりませんが、私の個人的な考えを述べさせていただきます。

結論として私は「筋をのばす事」と思います。
「伸びろ」と思うことは間違いではないと思います。ただ、何をどのように伸ばそうとしているのかが問題だと思います。

では、何(どこの筋肉)をどのように? 間違いなく、胸筋または背筋だと思います。
「会」の状態で、背骨を軸として、体の後ろ側へ左右に開く動き(私は「背割り」または「胸割り」という言葉で習いました)をすることが 左右の「伸び合い」 だと思います。

また、背骨を軸とするため背骨自身が安定する必要があります。
糸を上下で引っ張って伸ばすように、背骨(糸)を踏み込んだ状態(下から引っ張る)で、背筋を伸ばす(上から引っ張る)動きをすると思います。たぶんこれが、上下方向の「伸び合い」だと思います。

ちなみに、左右の「伸び合い」ですが
”背筋を締める動き「背割り」”か”胸筋を広げる動き「胸割り」”どちらが”動かしやすい”かは人によって異なるようです。
(東洋医学でいう所の「陰気の人」「陽気の人」の違いらしいのですが詳しくは説明できません(笑)
なので、練習の際にでも、どちらが”楽”かを試してみるのもおもしろいかもしれません。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0)
お早うございます。
 わたしはchivuさんと考えがよく似ていますね。特に体の開き方=前開後閉、胸開き・胸割り・背割り(わたしは背折と言っている)などです。これらは「弓道師弟問答」で江上先生がよく言っておられますね。基本的な体の使い方だと思います。
 
 一言で言えば「筋を伸ばす」ことその通りだ思います。具体的にどのように取り組むかは個に帰するでしょうが、的のある弓道では私は「肩幅を広げる」ことに取り組むのが分かり易いし矢筋の課題からも理に叶っていると考えますね。馬手は引かれるままですし弓手は的に押しますから体が非常にリラックスしてまいりますよ。前腕などに余分な力を入れると疲労が出てしまいますからね。引き線を体に近づけること。言い方を替えれば弓の中に入るとか弓体一致とか言うんじゃないかしらと思います。ですからまず「三角肩」はだめですね。疲れるし引けないし・・・。
 「伸合い」なのですから左右が均等に⇔でければいけません。正しく伸び合うためには体の関係する骨格が全てこの⇔に寄与しなくてはいけませんから極まるところは詰合も延び合いも帰一するのだと思います。左右同一で、左のあるべき姿は必ず右にもなければなりません。例へば「弓は少しく伏せること」は「馬手をやや捻ること」にたいおうしているようにです。これは残身における両手にも言えることですよね。

 横に逸れそうなのでこの辺にて・・・。

4:蒼桜さん [url]
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B440 Safari/600.1.4
こんにちは!投稿させていただきます!

現在 翔12キロ を 使っている高校1年女子です。
最近になって 伸び の 感覚がわかりはじめ、会もついてきて、矢勢も心なしかでて、離れも綺麗になったと思いました。
しかし 押手の伸びは できているのですが、勝手の 伸びがまだ 足りないと言われました。勝手の伸びは どう 伸びればいいのでしょうか…。


■[220] 阿波研造 今しがた『それ』が射ました (投稿5件)

1:岩地蔵さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.115 Safari/537.36
弓と禅には
今しがた『それ』が射ました。
と出てきます。

自然の離れの事だと思いますが、
『それ』を意図的に召喚する事は出来ないのでしょうか?

2:どん引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/32.0.1700.107 Safari/537.36
しぜんの離れも有れば、悟りの離れも有る。
また、じねんの離れも有る。

しかし、まずは矢筋に真っ直ぐな矢飛びを実現させること。


云っとくけど、映像にある阿波さんの矢飛びは汚すぎ。
矢の並進運動を起こしている素人の矢飛びだよ。

3:岩地蔵さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.115 Safari/537.36
どん引きさんありがとうございます。
阿波研三先生の動画は見た事があるのですが、1種類しか見たことがなく、矢飛び等全体的なものを見てみたいと思っていました。
動画のURLを教えて頂けませんでしょうか?

4:岩地蔵さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.115 Safari/537.36
そもそも『それ』ってどんな状態なんでしょうかね。

5:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; SO-02F Build/14.3.B.0.310) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.109 Mobile Safari/537.36
『それ』が何かということは自分で気がつかなければならないと阿波研造氏は弓と禅の中でヘリゲル氏に言ってますね
満を持して引けるなら分かってくるのではないですか?


■[221] 馬手の親指の爪が痛いです (投稿2件)

1:やばいさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
蝶は和帽
弓は15キロを使っています
私は学生なのですがテストあけ久しぶりに弓道したら馬手の親指の爪が痛くなってきて爪の一部が黒くなってきました。
取り掛けのしかたが悪いのはわかりますが
どうわるくなったのかわかりません
どうしたらなおるかわかる方いましたら教えていただけないでしょうか
よろしくお願いします

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:36.0) Gecko/20100101 Firefox/36.0
親指先が強く圧迫される=帽子の内側に強くこすり付けている+中指が帽子を強く押さえている
のパターンが多い。

猫背の姿勢で足を踏み開き、親指(右手か左手かわかりませんが)を強く反らせる意識で引いている?


■[222] 袖丈は何センチですか? (投稿3件)

1:未熟者さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 8_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B466 Safari/600.1.4
女性で襷さばきをされたことがある方、ご覧になられてましたら教えてください。

審査に向け襷さばきを練習していますが、袖丈が長いせいか、単に下手だからか(確実に両方)、袂が矢に引っかかります。とくに右手で襷の端を取りに行くときです。

指導者からは短くすればいいと言われましたが、あまりに短くても襷をかけ辛いし見栄えも良くないので、闇雲に短くできません。
誰かに和服を借りることもできないので悩んでいます。

私の身長は153cmです。和服の袖は、そもそも53cmのものを内側に折って躾縫いして50cmで練習しています。折っているので重く厚くなり扱いづらいです。

参考にしたいので身長と袖丈を教えてください。よろしくお願いします。

2:こだまさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.115 Safari/537.36
うろ覚えですが、和裁での袖丈の割り出し方では「身長÷3」が基準で、普段着はそれから-2〜-4cm程度だったと思います。
(ちなみに私は162cmで、プレタの49cmで丁度いいです)
手を真っ直ぐに下げた時に、袖口どまりが脈を測るあたりにきて、かつ指先が袖の丸みに触れる位置が、具合がいいそうです。
ただし、袖の形は袖丈と袖幅のバランスもあります。闇雲に袖だけ詰めると正方形に近くなり見た目がおかしく感じます。

3:モーリンさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)
私は156pです。腕はかなり短いです。
袖丈は、弓道用の着物は47センチに仕立てています。
その長さだと、右腕を肩の高さまで上げないところで、袖が腿に付かない長さです。

普段の着物は50〜52pです。
襷がけもなれてきますと多少、お袖が矢に当たっても、簡単には矢は落ちなくなります。
普段の着物を弓道で使用する場合、おはしょりやら袖の長さやら、少し扱いずらい面もありますが、慣れてしまえばなんてこと無くなります。

そうは言っても審査の時、絶対に落としたくないので、弓道用として仕立ててしまっています。


■[223] 筋交の三つがけでの引き方 (投稿9件)

1:海月さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; L-05E Build/JDQ39) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.2 Mobile Safari/534.30
タイトルの通り、筋交の三つがけでの引き方についてです。

私は弓道を高校からはじめた高一です。

はじめから弦枕は一文字や三日月というより斜めに(筋交といわれる形)になっていました。
それでもまだまっすぐに近かったのですが...

弓の引き方の癖のせいか、完全にもとの弦枕にクロス(ばってんのように)する形に大きく斜めになってしまいました。

特に弦枕の下の方に大きく跡がついています。

馬手が起きない、切り離れ等の射癖のせいかと思うのですが...

たまに、なにをどう引いても引き分けの途中で弦が外れてしまう事があります。

そうなると恐怖でまともに引けなくなってしまいます。

弦枕の下の方から外れていってしまう感覚なのですが...(先輩などに見ていただくと、射に問題はないからふしぎだ、捻るしかないと言われます)。

外れてしまうのは、かけの癖と関係があるのでしょうか?

そうならば、筋交のようになってしまった時、どのように引けば途中で弦が外れずに引けるのですか?

6:ふみふみさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; SH-01F Build/SA090) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/30.0.0.0 Mobile Safari/537.36
あなたの引き方に合わせて「カケの枕が変形」した訳ですから、今更 引き方が・・・・と言う訳でもないような?

恐らく、修理に出すのが億劫なんでしょうが、
早く直して射癖をなおしたほうが近道と思いますよ。

あまりに変形しているのなら、最早「筋交い」なんて
格好の良いものではありませんし。

7:海月さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; L-05E Build/JDQ39) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.2 Mobile Safari/534.30
皆さんありがとうございます。

高段者の先生にみていただくことができて、その時に弦枕を見ていただいたのですが、問題ないとの事でした。

ふみふみさんのおっしゃる通り私の引き方で弦枕が変形したわけですが、弦枕が斜めになってしまうということは、どのように引いてしまっているということなのでしょうか。

本などにも載っていないし、自分の射もまだよくわからないので皆さんのご意見を聞けたら嬉しいです。
(生徒の人数が多く、高段者の先生にはあまり細かく見ていただけないのです。)

8:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
手首でひねった、手繰り引きを連想します。

9:aid lightさん [url]
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:36.0) Gecko/20100101 Firefox/36.0
二本がけと一本がけ(かけ帽子に人差し指もかけるか?ということでしょうか)ですが、ゆがけによってやりやすさが違うと考えます。
懐(親指と人差し指の間の部分)が広く、捻り皮が硬く厚いものは二本がけしにくいです。
個人的には二本指での取り懸けがよいと思います。弓力が弱ければ何とかなりますが、中指のみでおさえるように取り懸けると、力みや中指の痛みにつながりやすいと思います。
2本指を帽子の曲面に合わせ、包む(帽子に指を強く押さえつけるのでなく、曲げる形をたもつ最小限の力のみかける)ようにしたほうが力みにくいです。

打起以降親指を下に向け手繰ると筋交いとなりやすいです。


■[224] 弱弓のねらいについて (投稿5件)

1:モーリンさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)
いつもお世話になっております。
弱弓の使い方についてご意見お聞かせください。
13キロの弓を用いたとき
口割を口角にし、矢摺籐の真ん中あたりに的中心が来るようにねらいをつけていました。
厳密に矢が水平かはわかりませんが、矢先が高いと言われたことはありませんでした。

ただ今10.5キロの弓を用いていますがこのねらいだと矢が的に届かず、矢先を少し上げています。
弱い弓だから仕方がないと思い、引き分けまではまっすぐ、会で矢先を少し上げ離すという方法をとっていたのですが、それは13キロに戻したとき、弓手が高くつく癖がついては嫌だと思ったからです。
もちろん、手の内、引き分け、会の張り伸び、離れの均衡が十分ならば弱弓でもまっすぐで届くのかもしれませんが、しばらくは13キロには戻れない状況の今、どのように引けばいいのか、ねらいをどうしたらいいのか悩んでいます。
矢先を上げて中っても、なんだか違うように思うし、矢が的下にばかり行くのもどうかとも思います。
いっそ、口割も上げてしまおうか、矢を軽い箆に作り直そうか(現在23.5グラム)
いやいやもっと引いてしまえばいいのか?
いやいや手の内が悪いからで、この弓でまっすぐ届くまでは修練するのか・・・・
みなさんでしたら、どのように考えて行かれますか?

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
>弱弓でもまっすぐで届くのかもしれませんが

矢の重さと狙いと引き方が同じで、弓の強さが弱くなれば、超能力でも使わない限り矢は下に飛びます。

矢の平行を維持したまま、弓を弱くして矢を的まで届かせたいのであれば、矢を軽くするのと同時に引き方を変える必要がありますが、できますか?

3:モーリンさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)
矢の重さと狙いと引き方が同じで、弓の強さが弱くなれば、超能力でも使わない限り矢は下に飛びます。

至極当然のことですよね。

今はもう少し強い弓を引けるように、時間をかけるしかないのでしょうか。
矢師さんに矢を軽くしたいとお願いしたところ、「家の矢はバランスが良いので、軽くしなくても飛びます」と言われています。

最終的に11キロの弓が引けるようになったとして、矢の適切な重さは何グラムがいいのでしょうか。
質問ばかりで申し訳ありません。

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
弓の張力に対する調整は、通常は重さではなくシャフトの硬さで行ったはずです。シャフトの材質が同一であれば、硬さを出すために肉厚なパイプ(竹)を使うので重くなるので、弱い弓用のシャフトは軽くなる傾向にはありますが。これに加えて、羽の幅,形とか羽の種類で調整する(遠的矢とか)。

矢で工夫するなら矢師に相談するしかないと思います。昔縁があった方たちもそうしてましたし(高価になりますが)。

さらに弓の成りで矢が上に飛びやすいか下に飛びやすいとか変わりますし、材質で矢飛びがが変化しますので、10.5k平行の狙いで的まで届くかは張力だけでは判断できませんので、弓師に相談するとか(時間と価格の問題)。


市販品の道具の組み合わせでやるなら、狙いを上げた方が手っ取り早い。もしくは足の踏み幅を広げて、縦線の伸びを切らないように引ききれば、矢は上に飛びますが現在所持している道具で、平行の狙いで届くかどうかはよく分かりません。

5:モーリンさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)
いさんさん、ありがとうございます。

今できる、足踏みの幅を広げ、縦線を切らさない方法で、少し矢先は上げますが、最小に抑えられるよう頑張ってみます。
春になったら軽い竹矢を作って試してみようと思います。

暖かくなるころにはもう少し強い弓を引けるようになっていたらうれしいです。
ありがとうございました。


■[225] 顔向けについて (投稿4件)

1:光芒さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
顔向けについて
僕は、首回りが固いのか、顔向けがあまりできません。顧問の先生に顔向けが甘いとよく言われます。深くしすぎると、十分な伸び合いができず、固くなってしまいます。
顔を払ったりはしません。
やはり、無理な顔向けはやめた方が良いと思いますか?

2:中仕掛け人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
浦上栄先生の教え
『物見とは、やよとて人の呼ぶ時に、いると答えて見むく姿よ』
という教歌があります。
浦上栄先生は正しい物見を教える時に、人の左側に立たれ ○○さんと呼び、ハイと自然にこちらを見る時のように向くんです。と教えられたそうです。
日置流では左眼の瞳が目尻に、右眼の瞳が目頭に来るのがよいとされています。
仮に90°首を左に向けると、左肩が圧迫され また無理に行うと体が的側にオープンになる。当然押手は窮屈になりますよね。
光芒さんの顔向けの角度がどれくらいか、文面からは判りません。また上記はあくまでも日置流の教えです。
光芒さんがいまどういう流派で引かれているかも判りませんが、あくまでも参考に。

3:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
力づくで入れるとあちこちにねじれが生じて引きにくくなります。
ただし、あまりに浅い場合は姿勢の不正を疑った方がよろしいかと。

4:光芒さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
返信ありがとうございます。
先生に直された顔向けだと首から音がするので、やりすぎなのでは?と思っていました。
ちなみに僕は学生弓道で正面打起こしです。流派はわかりません。


■[226] 肩根の沈め方 (投稿6件)

1:海月さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; L-05E Build/JDQ39) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.2 Mobile Safari/534.30
大三をとる時に大切な事として、肩根を沈める、というのをよく聞きます。

しかし、肩根を沈めるということがどういうことか、よくわかりません。

まず、肩根とはどこの事なのでしょうか。
人によって、少し違う気がします。

つぎに、肩を沈めようとすると腕は的とは反対方向、弓手を伸ばしている方向と逆に動いていてしまいます。

それは、肩甲骨ごと後ろにスライドしてしまっていたからなのかな、と思ったのですが...

上のやり方は違うなと思い、弓手肩、脇にかけての厚みを薄く伸ばし続けることで肩を下げようとしたのですが、それだと引き分けで伸びきる余裕がなくなってしまい...

色々考えてみたのですが正直、今の私には何一つ分かりません。

どなたか、知恵をかしていただけませんか?

3:tomochinさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
執弓の姿勢がすべてかも。

4:海月さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; L-05E Build/JDQ39) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.2 Mobile Safari/534.30
お二方、ありがとうございます。

では肩というのは、大三でどうこうできるものではないのですか?

5:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
肩の動きって肩甲骨・鎖骨・首の角度に影響されませんか?でもって、肩甲骨の動きは背骨の曲がり方に影響を受けたり。

足を踏み開くと、足の平を含む筋力が強くないと、自分の体重に逆らって姿勢を大きく変化させるのは難しい。

姿勢がある範囲に制限された状態では、肩の位置が姿勢による制限を受けるので、自由に変化させるのは難しくなります。

6:海月さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; L-05E Build/JDQ39) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.2 Mobile Safari/534.30
お返事遅くなってしまいすみません。

大三での事ばかり気にしていたので、執り弓や打ち起こしから肩の動きに気を付けようと思います。

ありがとうございました。

お礼が遅くなってしまって申し訳ないです。


■[227] 的前だけでの早気 (投稿2件)

1:あみこさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
こんにちは
9sの弓を使っている中二です

結構前から早気で困っています
素引き&巻藁だと会を長く保てるのに
的前だと早くなっちゃいます
頬づけがついたらすぐに離してしまいます

たぶん筋力はある方なので筋力の問題ではありません
精神的なものですね泣

来週無指定の審査があるのでできるだけ早く治したいんです汗

この早気の克服法ありますか?
知っている方がいたら教えてください

2:ズミさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/37.0.2062.124 Safari/537.36
こんにちは。
僕のお勧めは、
@狙いを的約一個分前につける。
A前鋸筋を意識しながら矢筋に伸びる。
B両肩根を開くイメージで伸びながら、狙いをいつものところに合わせる。
C離す。
というのを考えながら引くと会がもてるかもしれません。
僕はこれで0秒から10に延びましたし、的中も上がりました。


■[228] 離れでの弓手 (投稿1件)

1:みーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySOL21 Build/9.0.F.2.128) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
弓道を始めて2年目です。最近、離れで弓手の親指が上に上がってしまいます。中指と離れてしまっているのでひとつも押せず滑走しかしません。どうしたら、中指と接しながら的方向に押しきることができるでしょうか。


■[229] 手の内(弓を握っている) (投稿2件)

1:もふさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
 私は手がかなり小さく、握りが細い弓(直心Uカーボン)を使っていても、手の内がうまく作れません。
その結果、弓を握りすぎていて、弓返りがしません。(角見もきいていません)
大三の時点で、爪揃えは崩れてしまいます。
会では親指が浮き、あまり押せていません。
離れの後の手の内は、小指が離れていることもあります。

 角身がきいていない、手の内がきちんとできていないこともあり、離れの後、押手の手首が左に折れてしまいます(無意識のうちに押手を振ってしまっているのかもしれません)。

 手のかなり小さい私が、手の内をきちんと作るためにはどうしたらよいでしょうか?


 読みにくい文章になってしまいましたが、アドバイスよろしくお願いします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
「手がかなり小さく」と言ってもこれだけでは小さい程度が何とも分かりません。具体的に、「中指の先から親指の先まで、手のひらを机上に押し付けて開いてみて何センチなの」でしょうかね? それから、弓の握り部分の角見が当たる辺りの一回りの長さを教えてくれませんか? 私の場合は手の方が21cmで握りの方は11.3cm程です。もちろん握った時の中指先と拇指球筋との間には0.5〜1cm弱の隙間は空きますよ。

 この他の、離れの後の手首が左に折れてしまうことなどなど、今の時点での本スレとの関係は何とも言えません。推し量ることは難しいように思いますが・・・。


■[230] タイトル無し:本スレッドは削除対象です (投稿1件)

1:みーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySOL21 Build/9.0.F.2.128) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
小指をしめながら離れができません。どうしたらよいでしょうか


■[231] 会での押し手 (投稿3件)

1:みーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySOL21 Build/9.0.F.2.128) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
会にはいったとき押し手の手の内はどこを締めながら押していけばいいのか最近わからなくなりました。離れの時の手の内の状態もどうすればいいのか分かりません。離れで指がバラバラになりつのみなんかひとつもきいてないような状態です。どうすればよいのでしょうか?

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
手の平の意識に関して言えば、締めるではなく勝手に締まる。胴体や腕、手の平の位置決めと全体的な力の配分の結果、締まる。

寒いときに崩れるのは、寒さに負けて背中が丸まっているのが原因だったりします。縦横十文字はお題目ではなく、大まかにでも達成してないとまともに弓は引けませんが、チェックしていますでしょうか?

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 大三に捌いた状態で弓の回転が45°は捻れていると思います。まずこれが出来ていませんと和弓の話はかち合いませんよ、大丈夫ですか。もちろん捻りの力はかかっていても馬手に弦を取っていますから捻られ状態は見えません。大三の捌きを戻してみれば元に戻るはずです。つまりは角見(副次的には三指も)その捻りに対抗していたはずですからね。
 このことは会の状態まで、回転か大きくなり強くなって続いていくのです。三指と角見で弓の回転に対抗して踏ん張るのです。この極地とも言うべきものを頑張って持続していくことこそ大事なのです。
 私はこの状態で、弓手のどの筋肉でもいいからその時に感じた部所を詰め目ることにしています。絶体にそこは不動のまま押し切るんだという気持ちと、残身の大の字をイメージして気合の発動に至るのです。


■[232] 肩の痛み (投稿20件)

1:まどかさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MAGWJS)
高校2年生の弓道歴1年半です。
半年前から肩の痛みがでたんですが、最初形が悪いと思ったのですが直しても痛みは続いてます。

肩の付け根あたりと肩甲骨が痛みます

先生からは練習不足と言われましたがすればするほど痛みます

的に当たったあとは特に痛みます。でも弓道を続けていきたいので無理してやってます
普通の生活の中でも最近痛み出しました。

猫背になっているのもあると思うのですが意見お願いします。長くなってすみません。

17:あやさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D257 Safari/9537.53
>>sakocさん
ご指導ありがとうございます。
大三の形を模索したいと思います。

肩も意図的に下げようとしていたところがあったので、今後は無理に下げないようにします。
ありがとうございました。

18:azxcさん
Mozilla/5.0 (PlayStation Vita 3.36) AppleWebKit/537.73 (KHTML, like Gecko) Silk/3.2
同じような人がいて良かった。
今自分も全く同じような症状が出ています。
でも大会が一週間後にあるので部長が休ませてくれないのです。やはり、それをおしきってでも休むべきですよね?
また、整形外科に行ったら痛みの改善ストレッチ方法とか教えてくれるでしょうか?

19:ごっぽんさん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.4.2; SO-02F Build/14.3.B.0.310) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.89 Mobile Safari/537.36
弓を控えて肩のストレッチに3日(経験を踏まえて )は最低でも費やした方が良いのですが、最善は1週間です。休まずとも何かしらお手伝いは出来ると思うので部活的には休まない方がいいかもしれません
休めそう(弓を引かなくて済む)にないなら矢数を減らして負担を押さえ、随時炎症箇所のアイシングをこまめに行うべきです
また、賛否両論ですがストレッチは行わない方が良いという意見もあります
肩にしろ肘にしろ炎症は休息を以て治すのが近道です

20:sakocさん [url]
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
肩を痛めてまで練習しその大会に出るだけの価値があるならば引けばいい。
もし今後azxcさんの肩の痛みが悪くなっても誰も責任なんか取りません、自分で納得することが大切です。

症状がよくわかりませんが、痛い時は@痛くない範囲で動かすA思い切って休むことが大切です。
整形外科は、疲労骨折や肩板断裂などひどい状態でないか確認するために受診するのには有意義です。無理ができない説明にもなります。

またストレッチ(頭の後で腕を組み筋肉を伸ばす類のもの)は運動後におこない、運動前には行わない方がよいです。関節の可動性が過亢進するためです。


■[233] 5分引き、7分引きのやり方 (投稿1件)

1:小人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/40.0.2214.111 Safari/537.36
弓を慣らす時に5分引き、7分引き等、小さい引き尺から離すと思います。

そのやり方を具体的に教えてほしいです。

私は正面打ち起こしなのですが、普通に取りかけて、小さい引きにもっていけません。

打ち起こしや、大三はどうするのでしょうか。

弓構えの状態から相当勝手を流さないと引けないように思います。

宜しくお願いします。


■[234] 会での押し手 (投稿1件)

1:みーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySOL21 Build/9.0.F.2.128) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
会にはいったとき押し手の手の内はどこを締めながら押していけばいいのか最近わからなくなりました。離れの時の手の内の状態もどうすればいいのか分かりません。離れで指がバラバラになりつのみなんかひとつもきいてないような状態です。どうすればよいのでしょうか?


■[235] 弓手の緩みと押しきり (投稿4件)

1:きるとんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySOL21 Build/9.0.F.2.128) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
弓道を初めて約2年の高校生です。
ここ半年の離れで弓手の手の内が緩みかろうじて親指と中指がくっついていてほかはバラバラでひとつも押せていません。意識の問題なのかと思い巻藁では意識してバラバラにならないようにできるのですが、的前に立つと結局バラバラになってしまいます。矢も上か前にしかいきません。矢飛びもおそいです。離れもどうやって出したらいいのか分かりません。あと、ゆがえりはしていません。
中りなんて全然ないし早気な気もします。どうすればよいでしょうか?

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
筋力に比して弱い弓を使っていると「意識」である程度離れが変化しますが、作ってるだけになりがちです。

押すとは言いますが、離れで弓が暴れるってのは屈む力の不足です。手の平の力で言えば小指の締めが足りてないことが多い。

力は連動しますので、体の一部が反りすぎていると、全身の反る力が支配的になり屈む力が不足します。これを「作って」回避するパターンとしては、会において反る力を緩めて屈む力が働く余地を作ってしまう等(会で伸びを緩めて手先の力で小細工する)。

色々なパターンで反る力が過剰な状態になりますが、よくあるのが猫背の姿勢で構えて、打ち起こしで泥縄的に胴体を伸ばそうとして失敗するってのがありますが、心当たりはありますか?

3:きるとんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySOL21 Build/9.0.F.2.128) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
その事に関してはしっかりとできていると思います。ものすごく意識すると今日小指をしめれたのですがあ会のことなど他のことをかんがえるとできなくなってしまいます。あと、勝手がしたにさがっているといわれました。パッと離れをだすのもわかりません.....

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
ものすごく意識しないと小指が締まらないのであれば、反る力が過剰な状態です。
親指の押す力も小指の締める力も弓構えのときから離れの瞬間まで連続して生じ続けるものですから。

1)足を動かして自分の股関節の位置を確認し
2)その股関節の中心の位置を大まかに把握する。
3)足踏みを開いた状態で体の側面を鏡などを用いて観察する。
4)股関節の中心を通る地面に垂直な線をイメージして、この線がくぶぶしの前に来るか後ろに来るかをチェックする。

以上の手順を踏んだ結果、線がくるぶしより踵寄りに位置する姿勢で足を踏んでいるなら、8節が進むと自然に反る力が過剰になるか、棒立ちになるかです。


■[236] とにかく早気で押せない (投稿1件)

1:きるとんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SonySOL21 Build/9.0.F.2.128) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
弓を始めて2年ほどです。
もうずっと早気です。数えてもらって2秒ほどです。そのせいで最近では押しきることや小指をしめる時間すらありません。だから、残心では弓手がばらばらで虎口で押しきれていません。どうしたら会を持つことができてなおかつ、しっかりとおしきれるでしょうか。それとも、押しきりと会は別物でしょうか?よろしくお願いします。


■[237] 弓手の人差し指の付け根が痛い (投稿11件)

1:未熟者さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 8_1 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B410 Safari/600.1.4
いつもお世話になっております。

ここ最近、弓手の人差し指の付け根が、当たるのか、擦れるのか、よくわからないのですが、アザができて腫れるようになりました。

場所は、人差し指の第三関節と天紋筋の間で、手の平側ではなく、側面です。

11月に強い弓に変えたのですが、痛くなったのは最近です。
原因は何が考えられるでしょうか?
自分では、手首が回内しているのかなと思うのですが、うまく直せません。

8:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
>顔向きが甘い

物見を入れる前の姿勢が悪い証拠です。腰の位置を数ミリつま先側に、背骨から首にかけてを軽く伸ばした状態で物見を入れると多少ましになるかもしれません。

9:未熟者さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 8_1 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B410 Safari/600.1.4
いさん

打ち起こしまでは良いらしいのですが、大三に移行する時に顔向きが戻るんだそうです。利き目が左目だからなのか、単なる首の筋力不足?でしょうか。

10:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
腰の位置が踵寄りになっている時点で体を反らせる力が働きにくくなりますから、ええことあらしまへん。反る力は腕を開く力と連動してますから、反れない=手で引っ張る。

大三で右腕に強い力をかけないと形が崩れてしまうような状態でしょうか?

11:未熟者さん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 8_1 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B410 Safari/600.1.4
いさん

そこまで力をかけてはいないと思いますが…。

そういえば握りを薄くしたら人差し指の付け根は痛くなくなりました。
みなさんありがとうございました。


■[238] 手の内の空間 (投稿2件)

1:のりすけさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D257 Safari/9537.53
高校1年です!
弓は12を使ってます( ´ー`)
早速なのですが、会まではいいといわれているのですが、手の内が離れで崩れ、残心のときの手の内の空間がなく、上に突き上げてしまいます。そのため、前にいってしまいます。ベタ押しになるということです。。
昨日の大会ではぜんぶ、三時に飛んで行きました。矢所はさだまっています。なにか、直すためにはいい方法はありますか?あったら教えてください!お願いします(・・;)

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
会で顎が浮いているのであれば、姿勢を修正する。足を踏み開く前の姿勢が猫背で、そのまま足を踏み開き、自分の頭と同じ高さの景色を見ながら自然に物見を入れると、顎が浮いた姿勢になりますので。


■[239] すくい離れ (投稿5件)

1:マモさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12A405 Safari/600.1.4
最近、友人がすくい離れで悩んでいます。
1人の友人は
・大三から引分けにかけて肩が詰まっている(特に押手)
1人の友人は
・離れが小の字離れになっている
という射癖があります
何か私が友人にアドバイスできることはないでしょうか。
少しでも気になる点がありましたらアドバイスお願いします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 タイトルの「すくい離れ」と症状の関係がよく説明されておらずでアドバイスの仕様がありません。
 >何か私が友人にアドバイスできることはないでしょうか。
と言っても他人の受け売りのアドバイスほど覚束ないものはありませんよ。この手のスレ立てを時々目にしますが・・・如何なものですかね。

3:マモさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12A405 Safari/600.1.4
わかりました。ありがとうございます。
私は、弓道初心者なので、弓道のことは全てが手探りなんです。だから、すくい離れもどうしてそんなことになるのかがわかりません。だから参考になるかと思って、その友人の特に目立つ射癖をあげてみました。
私の発言でお気を悪くされたのなら、本当にすみませんでした。でも、このような場で色々なアドバイスを受けることで私自身の知識のプラスにもなりますし、友人の悩みを解決できる可能性もあると思っています。そして、ここに書かれていることは全て可能性の話だと解釈しています。私は射型も見たことのない人のアドバイスすることも、相当覚束ないことだと思います。それでも皆さんがここで質問するのは、いくつかの可能性を知りたいからではないのでしょうか?
すみません、全て一個人の勝手な考えです。
回答していただいて、ありがとうございました。

4:九州弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/39.0.2171.95 Safari/537.36
弓道初心者のかたであれば、なおさらご友人にアドバイスするのはいかがなものかと思います。
かような離れになるのはいくつか可能性が考えられるかと思いますので、指導してくださっている先生にお任せするのが一番だと思います。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
4:さんの仰る通りです。
 あなたが同輩の世話を焼く必要はないしそんな資格もありません。
 まずはコテハンで謙虚に座談会に臨んでください。


■[240] 離れの弓手 (投稿2件)

1:たかのりさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D257 Safari/9537.53
高校から弓道はじめました。
矢がどうしても前にとんできます。
先輩からアドバイスをいただいているのですが、私は猿腕のため、会までさしが入っているのですが、離れで緩み弓手がぶれてしまいます。
それと、弓手が突き上げてしまいます。これにより、前にとび、矢がとびません。
改善点をお願いします!!

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
一般的に言われる猿腕だと、腕を突っ張れば弦の軌道に肘が入り込んで払ってしまう。これを避けるために色々工夫するんですが、やり方間違えると押しが効かなくなります。

腕全体を射手から見て時計回りにねじりながら引き分けると、小指が効かなくなって離れがバタバタする。

練習で克服するしかないのですが
1)うまい人(学生じゃだめですよ)の引いている姿を見て、両肘の描く軌道を頭に叩き込む。
2)両腕を伸ばして手のひらを合わせる。腕を45度程度上に上げて、そこから両腕が一直線になるところまで開く動作をする。
3)この時の自分の肘の描く軌道を鏡を使って観察し1)と比較する。

弓を引くとは言いますが、実際の運動は両腕を左右に開くのがメインで肘から先はバランスを保つ力をかけてるだけ。

「押す」との表現で誤解しやすいのですが、左腕は突っ張る必要がありません。なので肘が飛び出すところまで腕を突っ張らずに引けるように練習する。

これには両肩を結んだ線と首との間の十文字が確立されていること。さらに弓からの圧力に胴体が負けてねじれないような腰の位置決めと足の踏み方をしてること(一般的なのは三重十文字タイプ)。


■[241] 初段審査について (投稿20件)

1:りっちゃんさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.4.2; ja-jp; SonySO-02F Build/14.3.B.0.310) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
私は無指定の審査で1級をとり、今日初段審査を受けました。
矢所は乱れませんでしたが、本来なら前者の弦音で取りかけをするのですが、勘違いして前者の会で取りかけをしていました。
このミスで落ちますか

17:ふとんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/39.0.2171.95 Safari/537.36
こんばんは。
私も神奈川でやってますがそこまで厳しいか?という印象を持ってます。
なんで、とにかく練習!
ちゃんと見てもらいながら死ぬ気で練習したら学生だったらすぐ上手くなって受かるはずです!
こんなこと言うのもあれですが、もちろん県によって難易度違いますけど初段落ちるってことは技術・体配レベルがそこまで達していないってこと、人の射が見れるとは思えないので、そういった意味でも技術向上に集中したほうがよいかと思います。

18:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
段級審査は絶対評価であり、競争試験ではありませんね。その人が初段に値するかどうかという、全国どこに行っても通用する単純な評価なだけに、目安としては非常に分かりやすいものです。
だから、「初段以上の人は自由に個人利用できる」という公営道場もあります。これは段位が公平な、実力を示す目安だと世間が認めている証拠です。
部のルールとして、初段になる前に矢を買うとハケ矢ですぐボロボロになる、初段にもなっていない人が他人の射をいろいろ言うと混乱もありうる、などあるのでしょう。安全面や経済面、練習の効率などの理由で分かるような気もします。
少なくとも、そのルールによって、ただ初段になればよいと審査を受けまくる人が出ることは想定していないはずですよ。
私は、審査員の眼力はそんなに曖昧なものではなく、2回続けて不合格だったら、今はどんなにあがいても初段はもらえない実力なのだと思います。
先生が言うように、今は焦ってもしょうがない。今年の秋までにうまくなって初段に余裕で合格し、三年の春に弐段を目指せば同級生に十分追いつくでしょう。

19:liveさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.4.2; ja-jp; SonySO-02F Build/14.3.B.0.310) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
皆さん、ありがとうございました
無指定審査はもう申し込みをしたので、その審査日本番に向けて今出来ることを精一杯頑張りたいと思います。
回答をしてくださった皆さん、本当にありがとうございました

20:コテハン考え中さん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TC;W24H16)
欠陥システムですが、その学校の内情を知らない地連からすると「審査に積極的な真面目な学校だな」と思っているかもしれないですね、分かりませんけど
高校のときは審査料を親に出してもらっていたので、いろいろと考えるところがあるスレッドでした


■[242] 早気が治らない (投稿4件)

1:どらねこさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.1; ja-jp; HTL21 Build/JRO03C) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
失礼いたします。私はただいま高校2年生で、弓道始めてだいたい1年半くらいが経ちました。
つい最近のことです。引分けの途中で離してしまうようになってしまいました。理由は射型を変えたからだと思うんです。まぁ、それはいいとして、そのせいでいつも団体メンバーに選ばれていたのですが、今回初めて外されました。先生も呆れてしまったのか、アドバイスもしてくれなくなりました。ものすごく悔しいです。どうやったら会を保てるようになるのかぜひ教えていただきたいです。もうほとんど癖ですぐ離してしまうようになってしまったので、少しでも早く治してまた団体メンバーに選ばれたいです。
ちなみに...
・弓の重さ→14`
・会が急激に短くなったのは3年生が引退したあと。

回答よろしくお願いします。

2:まっくすさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; F-01F Build/V33R64B) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
弓道続けて12年、引き離れとのお友達歴も12年の私が来ましたよ(゜∀゜)
最近ようやく普通に口割まで引いてこられるようになりましたが過去MAXで目割、平均鼻割という壮絶な弓人生を送ってます。

どらねこさんの射を見ていないので、あくまで私の場合ですが以下二点の見直しで大分改善できました。
@両肩を張ろうとして必要以上にいからせていた。
A大三の際の馬手が本来来るはずの額の上でなく、手先だけで後頭部辺りまで引いてしまっていた。

肩をいからすことによって肩線の位置が通常より高くなっていたこと、手先の力だけで引き尺を取りすぎた為引ききるまで耐えられなかったことが原因だったと考えています。

どらねこさんにどれほどマッチするかはわかりませんが、参考にしてもらえればと思います。
自分も引き離れで何度も萎えそうになりました。弓道向いてないんだ、辞めちまおうかと何度考えたことか。
貴方も今それに近い心理状態と、勝手に推察します。
とにかく諦めないでください!前向きに頑張ってればいいことあります!

以上、早気や引き離れの為に弓を諦めたという話を聞くととても悲しい気持ちになるまっくすが長文・駄文をお届けしましたm(_ _)m

3:どらねこさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.1; ja-jp; HTL21 Build/JRO03C) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
まっくすさん、ありがとうございます!返信かなり遅くなりました。言われてみれば確かに両肩が上がってしまっています。先生にも最近言われました。今後気を付けて頑張っていきたいと思います(*´`)

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 和8弓の射に肩を張る・いからぜるのがそもそもの間違いです。そんなことをどこで聞いたんですか!? 和弓は洋弓とは違って引くものではなく開くものです。開こうと働きかけていく体の方が開いてしまっていては弓を開くことはできません。執り弓の姿勢、いや、弓矢を手にすることからやり直してください。というのは、弓手右手を腰に執るのに肘を前から後ろに開こうとしている(つまり、肩を開いていく)様子が目に浮かびますね。その結果弓・矢を前腕と直角に持てていないと思います。執り弓の姿勢では両肘は真横に位置させて肩を下げ、いかるのではなく寧ろスボめる・猫背(首猫背ではない)気味の方がその分以後の開きによく働きます。
 開いてしまっている体ではもう弓を開くことはできませんからその結果として離してしまうパターンから早気に陥ってしまっていると思います。

 執り弓の姿勢からもう一度点検してください。


■[243] 大三、引分けについて (投稿3件)

1:マモさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12A405 Safari/600.1.4
初めて書き込ませていただきます。
長文になりますが、お付き合いください。

私は大三の時に、押手が下がり、妻手の肘が無駄に張りすぎてしまい、引き分けの時も体で引けず、とてもしんどい状態です。
引分けは、大三から肘がおりてこず、上前おさまりになっています。矢は全てはきます。
綺麗かつ、引分けやすい大三の作り方と、引分けの時の体の割り方、肘のおさめかたのアドバイスをお願いします。
他にも気になる点や、アドバイスがあれば是非よろしくお願いします。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:35.0) Gecko/20100101 Firefox/35.0
>私は大三の時に、押手が下がり、妻手の肘が無駄に張りすぎてしまい
右足、左足方向で規定される「左右のアンバランス」が原因であることが多い。物見の入れ方を首の筋肉で調整してしまい、首が曲がっているとか。

>綺麗かつ、引分けやすい大三の作り方と、引分けの時の体の割り方
頭の先からつま先までの位置決めの正確さと、適度な筋力の使用(執り弓の姿勢から3重十文字を整えて足を踏み開く慎重さ+それを達成できるだけの足腰の強さ)。

>肘のおさめかた
一般的なかけを使用しているのであれば、3重十文字が成立する胴造りを保ちつつ、素直に腕を動かして弦を掴めば、そこそこのところに収まります。

多分・・・
3重十文字を基準に考えた時、両肩を結んだ線が踵側にずれた姿勢で立つ癖があり(背中が丸まってる)、顎を締めろと言われて顎を鎖骨に近づけるように首を動かした後打ち起こしてるような気がします。

3:マモさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12A405 Safari/600.1.4
成る程…!!!
丁寧に教えていただきありがとうございますっ!
早速明日から実践していきたいと思います!
よかったらまたアドバイスよろしくお願いします


■[244] 会で肩が抜ける。。。 (投稿3件)

1:れさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/39.0.2171.99 Safari/537.36
弓道を高校で2年ほどやっている者です

最近矢数をかけて練習している時
大体60本あたりから肩がどうしようもなく抜けてきてしまい困っています
会の6秒くらいから力が入らなくなりそこから力を入れることができなくなります

引き方に原因があるとは思うのですが見当がつきません
たすけてください。。。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 そもそも「肩が抜ける」ってことあるんですか!? 抜けるためには引かれることが必要ですよ。しかし会に至る途中では押されこそすれ引かれることはありません。肩は入っていればとても安定して「支点」を形成します。れさんの場合は初めから肩が抜けている・入っていないのだと思います。抜けていても60射くらいまでは力で応えているのでしょうが其れくらいからは応えきれなくなって「どうしようもなく」なって来ているのではないでしょうか。
 「引き方」云々の前に、大三でしっかり肩を前に入れて支点を構築していくことが大事であると思います。

3:れさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/39.0.2171.99 Safari/537.36
お〜そうなのですか
肩がもともと抜けているのかもしれませんね
弓道を初めて1年目くらいになってから肩が入りすぎていると指導されていたり
40本ほどなら全く問題なく引けているので勘違いしていたのかもしれないです;
周りに見てもらいながら直していこうと思いますです
ありがとうございました


■[245] 勝手の悩み (投稿3件)

1:弱虫ビーバーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SH-06E Build/SC040) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
勝手に沢山悩みを抱えてる高校生(弓10.5使用)です。

@私はとりかけの時点で手の甲が三角形にならないように中指と人差し指をそえています。
引き分けから会にかけて特に目通りを過ぎた辺りから人差し指だけ伸びてしまいます(無意識)。意識して曲げれないこともないのですが手先に力が入っているのではないか不安になります。
どうしたら伸びなくなるか、また鉤爪のとりかけの方がいいのでしょうか?

A会の時点で矢筈が弽と接してません。(引き分けから離れにかけて)。表現が難しいのですが、弽で弦だけを引き、その弦に矢筈がはまって引いている感じです。どうして離れてしまうのでしょうか。

Bこれらと関係しているか分かりませんが矢口が数ミリほど開きます。ひどいときには大きく開くと言うより浮いてしまい離れが怖いです。これら@Aと関係してるといえますか?

最近は勝手ばかり気にして弓を引くことが楽しいと思えなくなってきています。
少しのアドバイスでもいいのでお力になってもらえると嬉しいです(;_;)

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:34.0) Gecko/20100101 Firefox/34.0
>人差し指だけ伸びてしまいます
引き分けにおいて、胴体に反る力を過剰にかけている。別の言い方をすれば、引き分けでそっくり返らないと引き分けが始動しない姿勢で構えている。

3:弱虫ビーバーさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.2.2; ja-jp; SH-06E Build/SC040) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
言われてみれば引き分けのときに少し顔が反ってしまう癖がありました。明日の練習で試してみます。ありがとうございます!


■[246] 早気・前離れ・かけほどきについて (投稿3件)

1:Setunaさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B436 Safari/600.1.4
自分で色々調べたりもしてみたのですが、どうしても理解できない点が複数ありましたのでよければご教授願います。

中学2年です。入賞経験は私しかなく、射場がとても騒がしいので練習に集中できる状態ではありません。1人騒がしい中鍛錬を詰む毎日です。

前置きが長くなりましたが、本日ご教授願いたい事項は、
1. 早気 2 . 前離れ 3.かけほどき
以上3点です。どうしてもわからない箇所がありますので、ご教授願います。

まず早気についてですが、私はあまり会がありません。自分の精神力が足りないということは重々承知しています。しかし、伸ばさなくてはと意識すればするほど短くなってしまい、ついには前に人がいないと保つことができなくなってしまいました。冬は日の入が早いため、部活時間がとても短く、
1日回れて3立といったところです。
少ない矢数で、どのような練習に取り組めばよいでしょうか?

次に前離れです。
弓具店の方に勧められるまま12キロの弓を購入しましたが、150センチに満たない小柄な体格ですので、まだあまり大きく引き分けることができません。自主トレなどにも取り組んではいますが、もしかしたら引き分け方に問題があるのかもしれないとも思います。
矢線上に離れを出すためにはどのように取り組めばよいでしょうか?

最後にかけほどきについてです。
以前弓道連盟の範士の方に指導して頂いた時、かけほどきね、とさらっと言われたのですが、
どういう状態からくる物なのかがよく分かりません。
キチキチという音は拇指と中指の間から起こる音のことでしょうか?

とても長くなってしまい申し訳ありません。
要点をまとめると、
・少ない矢数で早気を改善するための効果的な練習法
・矢線上に離れを出すための引き分け方
・かけほどきとは具体的に何の事なのか
以上3点です。
見ていただきありがとうございました。
是非ご教授願います。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:34.0) Gecko/20100101 Firefox/34.0
前離れは、胴体が伏せていると起きやすくなる。
会が保てない状態は胴体の反る力が過剰にかかっていると発生しやすい。

猫背気味の姿勢で構えて、弓構え後に泥縄的に伸びようとしている可能性があります。

3:Setunaさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12B436 Safari/600.1.4
>いさん 様
返信ありがとうございます。
成る程!猫背と良く言われます。
顧問の先生にも直すようにと言われ、正座の時は気をつける様心掛けていたのですが、よく引き分ける際に気づき背筋をのばす事が多いと思います。

早速、明日の練習で気を付けてみようと思います。

ご指導ありがとうございました!


■[247] 前腕の力 (投稿7件)

1:さとしさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
こんばんは。
弓道では前腕の張りが必要だと思います。
特に大三で困っているのですが、人によっては大三で前腕を張れという人、張るなという人がいます。
やはり程度の問題ですか?
張りすぎると腕力だけで引いている感じになってしまいますし、張りがないと射が小さくなってしまうように感じます。
大三はどこの筋肉で取れば良いのでしょうか?(特に弓手)
よろしくお願いします

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:34.0) Gecko/20100101 Firefox/34.0
普通に肘を伸ばす動作で使う筋肉ですかね。
ただ、腕に意識が行くと縦線を維持する筋肉が弛緩して崩れちゃうので、意識のもっていきかたに工夫が要ります。

辺にあちこちねじれていると、大三に移行する際にあちこち引っかかって力み、腕に意識が行って胴体が崩れての悪循環にはまりますので、注意が必要です。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
 大三からは弓手を伸ばすことになります。では弓手の何処が伸び得るかということになりますが、徒手でやってみれば分かると思います。腕の根元・肩根です。
 その前提として肩根が上がっていては1ミリたりとも伸びません。上がった状態から肩根を下げて弓手を(ボクサーのボデー狙いの気持ちで)突き出してみてください。5cm位は伸びますよ。実際には弓力と拮抗していますからそんなに伸びませんが、伸びの原動力は出来ていますから離れは全然違って素晴らしくなります。ですから大三に捌く時は先ず肩根を沈めて押しの支点を作ることから始める必要があります。徒手でこの支点作りをやってみるといいと思います。すぐコツがつかめますよ。その感覚を掴めないうちは大三を執る意味はないと言っても過言ではありません。

6:さとしさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
お二方アドバイスありがとうございます。
参考にさせていただきます。

もう一つ質問なのですが、大三の矢束は三分の一ですか?それとも半分ですか?

7:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:34.0) Gecko/20100101 Firefox/34.0
引き方に依存。
首がつま先側に倒れて、腰が反りかえった胴の状態では広くしないと安定しない。
足の踏み幅を狭くして、3重十文字を整え開けば狭くなります(矢が下に飛びますが)。


■[248] 弓手が会に入った時に入る (投稿3件)

1:皐月さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; 102P Build/GRJ90) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
現在弓の重さが13キロなのですが、引き分けから会にかけて弓手の収まりが遅く、大三のときはベタ押しで会に入った時に上押しになります。
先生に相談したのですが、大三を少し広くとることを進められました。実際、広くとってみたのですが、やはり弓手の収まりは遅いままです。
具体的にどうすればいいのか、わかりません。
また、それと同時にからだのバランスが崩れてしまいます。
どうすればなおりますか?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
「弓手の収まり」・・・という表現が具体的にはどのようなことか推し量ることが出ません。肩のことですか? 弓手肩は大三で先ずもって前に入れるべきものと理解し取り組んでいます。これをしないと押し・開く時の受けの根本たる支点が構築出来ないからであり、同時にこれを為すことにより弓は自然に開かれていくからです。

 >ベタ押しで会に入った時に上押しになり

ということも解せません。ベタ押しで弓力をまともに受ける会になってから上押しに入るなんて不可能ですよ。モシカシテ、手首だけ水平方向に押しにかかるのですか?

 弓力の弱いものに替えて(表記の単位は同じkgですが「重い」ではありません。力です)、一からやり直した方がよろしいようですね。

3:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:34.0) Gecko/20100101 Firefox/34.0
大三でベタなのは執り弓の姿勢から胴造りにかけて、反る力が緩んだ姿勢で行うとなりやすい。弓構えにおいて、両腕の成す曲線が長楕円を描いてませんかね?腰がつま先側に、肩がかかと側にずれた姿勢で弓を掴んでしまうとベタになります。

そこから手の内を何とかしようとして「上押し」と思い込んでる力をかけて引いているような感じがします(手首をこねてる)。

変な姿勢で弓構えとると、上半身の形がロックされてしまい、修正ができなくなる(頭がつま先側にずれた姿勢)。このまま物見を自然に入れると、顎浮きの形になるので左右のバランスはぐちゃぐちゃになりますが、思い当たる点はありますかね?


■[249] 立ち位置の見方 (投稿5件)

1:すっぽんさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_0_2 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) GSA/4.2.2.38484 Mobile/12A405 Safari/9537.53
こんにちは。
現在大学で弓道をやっています。

部員に、立ち位置を見てと頼まれるのですが、的の中心を定めることができず、困っています。
後ろから見て、自分が的の中心と思うところに相手の足の親指の先を誘導してあげるのですが、そこが的の中心とは全然違う、ということがよくあります。
人の立ち位置もろくに見れないのかと叱られたこともあり、解決策を聞いても、そんなの見ればわかるだろとしか言われません。

こういう場合はどうすれば良いでしょうか。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
皆様本年もよろしくです。
 さてすっぽんさん、拝見いたしまして素朴に感じたのは「その方の三重十文字は大丈夫か?」といことです。体が捻じれる癖があっては意味がありませんからね。
 「後ろから見て」とは馬手側・控え席側・本座側からのこととおもいますが・・・。

 こうして見てはいかがでしょう。
 @【用意するもの:スチール製のメージャー】まず、床板の並び目と壁とが平行で的が見えていない所で壁を背にして50cm程離れて立ってもらいます。(もちろん爪先を板目に合わせてです)そして両手をパーにして真横に広げてもらい、壁と爪との距離を左右とも測ります。(多少の誤差は差し引きますが・・・)
A三番の射位で@の格好をしてもらいます。その位置で大前〜大後の的を狙うように足踏みを替えてもらいます。馬手側から見て各的線に両手を結ぶ線が合っているかを見ます。
 B上の@・Aは大丈夫としても引き分けて力が入ってくると狂いが出てくることも考えられますので、@は素引きで、Aは三番立ちの位置で三番的だけに的付けしてもらいます。


 馬手側からそれぞれの的付けを複数で見合えばヒントが出てくると思います。マァ、これも某の愚案ではありますが。

3:Moonさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
最もシンプルで一般的な、確認方法です。

@射位で、左右両爪先と的中心を見通して、一直線上になること。
Aこの位置で、(的正面方向に射手の後方から見て)会における矢乗りが的中心の縦軸上にあること。

矢乗りとは、矢の方向が的の中心線軸上にあることで、顔向けが正常なら射手の狙い(的付け)は弓の左側で半月になります。

両爪先が的と一直線で、会で矢が的中心縦軸上(狙いの高さは弓力で違って当然)にあれば、射形が崩れることもありません。

中りのみ意識して練習していると、鷹司カオルさんの云うように次第に十文字の崩れることがあります。


その他に、上記2点のチェックで正常なのに矢所が一定方向に外れると、これを補正しようとして射形が崩れる要因となります。

原因は、
@カケの良否、特に弦枕周辺に起因する場合(カケの良否判断は厄介で、範士先生でも後ろ狙いになったりするほど影響します)。
A矢の重さと弓力の不適合で、矢が重すぎるほど的前(的の右側)につき、これを補正するため後ろ狙い(的中心から左側)となります。

当初の質問で、両爪先を的中心に揃えられない理由が解せませんが、目線位置を床に近づけて低くすれれば良いかと。

他に、『立ち位置を見て』との表現は、射手相互間の間隔を確認してという意味にも取れます。正規の立ち位置より前寄りだったり後ろ寄りだったりすると、迷惑をかけるので立ち位置の確認と補正依頼かもしれません。

日常使用する道場であれば、一立、二立、三立……と、各立ち位置のマーカーを用意して、使用時に等間隔でセットすると良いと思います。

長文失礼しました。

4:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
この「立ち位置」とは、やはり前か後ろにずれていないかという意味だと思います。両足爪先を結んだ線が的に向かっているかを確認するのは難しいことではなく、人に頼む必要もありません。
そうだとすれば、その「立ち位置」を1cm単位の誤差を出さずに、簡単に見極める方法はないと思います。
射込み練習の時は前後の射手と等間隔に立つようにするし、試合や審査では大前の立った位置が基準になり、各射手が前の射手との距離で自分の位置を決めています。
弓倒しで前の射手の後頭部を直撃さえしなければ、多少の誤差はあっても、的線に沿って両足爪先が揃っていれば、理論上不都合はないはずでしょう。
どの道場でも、安土と射場が合理的な位置関係にできていれば、的をかける位置と同様の計測で床に目印がなされていると思います。そこにマーカーを置いて練習し、自分の感覚で憶えるしかないと思います。

5:コテハン考え中さん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TC;W24H16)
電柱とか、室内の机の脚とか、なんでもいいですが自分でその中心上に自分を置くことができるんです?
他人が的から前後に立っているか分からないなら、自分がどうなってるかも分からないんじゃないかと思うんですがいかがでしょうか
どの程度のずれなら許容されるのか(2センチならよくて3センチならダメなの?)もよく分かりませんが、陸上のトラックの線とか、長い距離でまっすぐなのが分かる実物はあると思いますし
身近な横断歩道の線や石畳などは若干まがってるかもしれませんが、そのへんのを参考に調整してみては


■[250] 的中 (投稿15件)

1:弓道部員さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 7_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/537.51.2 (KHTML, like Gecko) Version/7.0 Mobile/11D201 Safari/9537.53
弓道を志して四年目の高校1年生です。
もうすぐ予選会があり大変焦っています。
的中数が安定しません。
残り一週間どう練習すべきですか?
またよく真下か右真横に飛びます。原因を教えてください。キロ数は10.5です。

12:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:33.0) Gecko/20100101 Firefox/33.0
弓を始める前の筋力の分布が弓に適した人間は、的中が高いところで安定しやすく、適していない人間は、適した筋力の分布を手に入れるまで時間がかかります。

姿勢に対するしつけが効いてくることもありますし、子供のころから運動をしていたかどうかとか色々です。

13:天龍さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; MALNJS; rv:11.0) like Gecko
>ななみさん
弓道を始めて一年も経っていないからこそ差が出ています。あと一年もすればその差は目立たなくなります。問題はそれまで辛抱できるかです。
ななみさんの苦悩は、才能の差はどうしようもないのではないか?というところにあると思います。それはハードな専門性の高いスポーツの上級レベルや、高度な学問に言えるのであって、高校二年間の初級段階でそれを考える必要はないと思います。
問題は練習の仕方です。手当たり次第に色々な人の意見を聞く人がいますが、それでは上達しません。
今は、ワンポイントのアドバイスを得て、それを身に付けるにはどんな心持で引けばよいか、それを自分の頭で考えて試行錯誤してみる、そういう練習をする時期です。それなのに、その課題が終わる前にまた他の人の意見を聞く、さらにまた聞く、その繰り返しで確実なステップアップが出来ようはずがありません。時間と労力の無駄になります。
上達が早かった人を恨むのではなく、その人はいったいどんな取り組み方をしているのか、そこを観察をしなければなりません。
勉強だってそうでしょう?先生に何でも質問して、きれいにノートをとって、遅くまで机の前に座っていてもだめで、常に勉強法を考えてひらめきをものにする、その頭の良さで差が出るのです。

14:ななみさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.4.2; ja-jp; SonySO-02F Build/14.3.B.0.310) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
高校一年生の者です。
私は、会を保つと弓手が震え始め手首が負けてびくついて来ます。
うまい人は会でぴたりと止まり、狙いを定めたところに伸びています。
どうしたら会でぴたりと止まれますか?
ちなみに今は12キロの楓を引いています

15:元学生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET4.0C; .NET4.0E; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
なぜ震えるか考えてみましたか?
逆にどうしたら腕を震えさせれますか。何もしなければ震えません。何もしないとは力が入ってない状態。では、どこまで力を入れたら震えますか?少しぐらい入れても震えません。力いっぱい入れたら?寒い中なら体が縮こまって震えませんか?

一つの原因として自信の筋力に余力がなく力が入りすぎではないでしょうか。
会でぴたりと止まるのでなく、会は伸び続けてます。会を保つ時点で、引くことを止めて力任せに腕を止めようとしている気がします。

教本の弓の抵抗力を読んでください。弓を引くには2張の弓が引ける力が必要と書いてます。つまり、12キロを的前で引くには24キロが全力で引けるかどうかです。素引きで24キロが会まで引けなければ単なる練習不足です。15キロぐらいの弓で素引きが出来るぐらい八節を練習しましょう。
また、これからも12キロで練習続けますか?それなら、矢も12キロ用に軽い矢を勝って下さい。矢が弓に対して重すぎては的に届きませんし、1年生だと引きすぎ対策で余計に長い矢になってませんか?長い分、更に重いので、ますます的に届きません。12キロに甘んじることなく、体を鍛えて、力を入れなくても引けるようになれば、自然と震えは止まります。




→新規スレッドを作成
タイトル:
※必須※
内容が一目で分かるようなタイトルをおねがいします。
また、投稿前に同じ内容が過去ログに無かったかもご確認ください。
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 2461件中 201〜250件目

(c)デビール田中 : 問い合わせ