技術・体配編 [551〜600]


■弓道座談会[技術・体配編]とは?

【デビ】弓を引く上での技術・体配関する話、射癖の相談、審査対策など。


■スレッド一覧

過去ログ


■[551] 中る射とは? (投稿12件)

1:& ◆DnH5AADAさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
高校二年の男子です、
高1から弓道を始めたのですが、なかなか当たりを覚えることができません、
先輩などからは当てはまだいらないと言われますがハッキリ言ってやはり当ては欲しいです。
ただ当て射をしようというのでなく、できるだけ綺麗な射で会も持って当てたいのですが、
何かヒントをいただけませんか⁇
指導者や先輩からは射はとても綺麗と言われるのですが…

9:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
「射ハ綺麗」と言われ他に褒める所が無い場合に口にする常套手段ですよ。真に受けてるべきではないのにね。射ハと言っても会までの形だけのことであって発に至るあるいは発そのもの力の運用が出来ていないのですから上手くいくわけが有りません。
 しかし高校生も二段を取ってからの取り組みは当て射から抜けて良い者になってきますがね。でもすぐ引退ですからね。

10:九州弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
ヒントでも、ということでしたので…。
基本は「頬付け」「胸弦」「的付」この3つです。この3つを揃えれば矢は同じ所に飛びます。(正確には同じ所に飛ばす準備ができる…かな?)
そして、最後にもう一つ。
矢筋に離れること。
会で矢筋に伸びていって、そのまま矢筋に離れる。

的にとらわれず。焦らず。慌てず。黙々と感覚を研ぎ澄ませましょう。

11:古さんさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
指導者からは当てはいらないと言われるだけで他の先輩からですね、そういうことを言われるのは…
指導者の方針はあくまで勉強の合間の息抜きと、考えているのでそこまで厳しくはないのですがとてもすごい方なので、そこは変えたくないですね…
練習体制として何か良いご提案はありませんか?

12:リー・ヨウさん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
引き続き質問なのですが、

引き分けから会にはいると弓手がだんだんと下がってきて元の狙いに戻そうとしても動かず、
引き分けのときに弓手を遅くもってきたり
いろいろしてみましたが、早けになったりして全くうまくいかず、射型は崩れるばかりで困っております、
先輩からはだいさんが悪いなど言われるのですがなにかご意見頂けませんか?


■[552] 小指骨折 (投稿3件)

1:レマン湖さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
足の小指を骨折しました。手術は必要ないレベルです。
医者には激しい運動は控えろと言われ、長時間立っているのもダメと言われました。

弓は引かない方がいいですか?
できれば引きたいです

2:医療系弓引きさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
骨折ですか。大変ですね。
手術が必要ないレベル、ということは骨折はしているものの、偏位などはないということでしょうか。

文面から判断すると、まず、跪坐をしなければいけない坐射はもっての外でしょうね。
次に立射ですが…
基本中の基本である足踏み、胴造りがきちんとできない可能性もありますし、なんといっても折れた骨がうまく繋がってくれず、あとあと後遺症を残す可能性があるかもしれません。

おそらくは長くても、1〜2ヶ月のことでしょう(診ているわけではないので主治医の先生に必ず確認してください)。いま我慢せずに弓を引いて後遺症を生じてしまったら、一生満足な弓が引けなくなることだってあるかもしれません。
今は弓を引かず、見取り稽古をするなり、教本を読んで座学に努めるなりしてはいかがですか?

ジャンプするには、一度かがめないといけないでしょう。いまは一度かがめているところだと思ってください。

3:レマン湖さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
あなたの言うとおりでした。
今日医者に行ってきましたが、やはり今治さないで無理すると、悪化していつまでも痛みが引かなくなり、最悪手術しなければならないと言われました。
あと10日の辛抱らしいので、それまでは座学に努めます。


■[553] 弓手の押しについて… (投稿10件)

1:ウロさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; niconico)
 どうも初めましてウロと申します。

 早速質問なんですが、弓手の押しについて教えていただきたいのです。
 押しについてのスレを見ていますと、つっかえ棒のような弓手にしてはいけない。少し余裕をもたせる。と書いてありました。
 僕はいつも大三で少し弓手に余裕を持たせ、引き分けから会までに弓手をできる限り押しています。
 そこで質問なんですが、会の状態で押しを生み出すには伸ばしきった状態では駄目ということですか?会の状態で少し腕を曲げないといけないのですか?
 乱文ですがよろしくお願いします。

7:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.4; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
肘をつっかえ棒=突っ張るというのは所謂「パチンコ弓道」というものです。
弓手を固めて馬手でストレス無く離すと的中がある程度出るので、弱い弓ですとこのように引いている学生が割りといると思います。
六連星さんのおっしゃるとおり、強い弓ですと、弓手を突っ張ると押手の肩が上がってしまい、適正に引き分けが出来なくなると思います。

ちなみに自分は猿腕なのですが、弓手を突っ張ると必ず矢が後ろに飛び、矢勢も出ません。
腕の形によって外見では突っ張っているかどうかは判らない場合もあり、逆に曲がっているのが良いかどうかも判りかねますが、概ね会では余裕のある弓手が鋭い離れを出すのだと思います。

8:ウロさん
DoCoMo/2.0 F01A(c100;TB;W24H17)
昨日今日と、弓手に余裕を持って引きました。
矢に少し威力がでた感じがしました。
それで、今弓手肩が少し痛いのですが、良い傾向ですか?

9:名無しさんさん
Mozilla/5.0 (iPod; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
私は少し猿腕です
11キロの弓を引いてる高校生です。
私は会で肘を曲げているのですがどうゆうふうにして的におしたらいいのか
自分で試してはみるのですが
自分にしっくりくるおしかたが見つかりません
どのように的にのばしたら、押したらいいのでしょうか?

乱文すいません

10:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
名無しさんさんこんばんわ。
私は貴方とは逆のいわゆる逆猿です。会での腕の見え方が自分から見て「く」のように曲がっているのです。(曲げているではなく曲がっているのですよね。伸直できないですと言った方が正確かも)
 これは女性の方に結構見られるようですが、皆さんよく研究してらして肘を返すというかして「的に向かって真っ直ぐに押す工夫をしているようです。離れの一瞬でまた肘を返して元に戻せるようですね。よく観察すれば貴方の周りにも案外おられるかと思いますよ。相談してコツを教えてもらうといいかと思います。
 私の腕=逆猿の場合はそういう器用なことは不可能ですから肘を回外し、少しでも押す線を的心線に近づけるようにしか出来ませんがね。


■[554] なぜ弓を射る方法に座射と立射があるのですか? (投稿3件)

1:何故太郎さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
素朴な疑問にどなたかお答えください・・・

なぜ、弓を射る方法に座射と立射の2種類があるのでしょうか?

座射と立射の違いは、座って矢をつがえるか、立って矢をつがえるかの違いだけですよね・・・
座射ではなく、あえて立射をする意味は、時間節約のため、と言われれば、そうか〜と思うのですが、では、なぜ立射ではなく、あえて座射をするか、と聞くとあまり納得いく回答が得られません。

丁寧だから、でしょうか。。
座って矢をつがえるということおが、礼儀正しくするということだからでしょうか。
でも、なぜ座って矢をつがえることが、礼儀正しくすることにつながるか、よくわからない・・・

それと、膝がすこし悪いときに、立射で審査を受けるとあまり好印象を得られないとも聞いたのですが、それがなぜなのかも、わかりません・・・膝が悪いひとは、審査を通らないですか?

どうぞよろしくお願いいたします。

2:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
手元に弓道教本第一巻しかないのでその範囲でしか復習できませんでしたが…


座射と立射の違いは、屋外でできるか否かってだけみたいです。どちらも根本的な趣旨は同じ。
同じ屋内でも座射と立射のどちらを指定されるかは、周りの人(特に審判員)が見やすいかどうかで選ばれるのではないでしょうか。
現在の射礼制定の目的も、「流派を異にする多人数が同時に射礼を行う場合」にケンカにならないようにするためです。
丁寧さとか礼儀正しさはあくまでも後付けで、結局は周りの人が落ち着いて見れるかどうかってことではないでしょうか。座射ではほとんど弓引く本人しか立ち上がってないようなものですからね。だいぶ周りは見やすいと思いますよ。

立射で審査を受けるときは事前に申告して審査員から承認が必要でしょう。そうすれば、観客からは何か言われても審査結果にだけは悪影響が出ないはずです。

3:何故太郎さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
Y.K.さん、ご返信いただき、ありがとうございます!教本第一巻に載っているんですね。勉強不足で申し訳ございませんでした。

審判員が見やすいかどうか、は納得できました。審査で立射のひとは本座に下がるのも、少しでも見やすくするためかもしれませんね。


■[555] 縮みなど… (投稿6件)

1:壱之立大前さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; SH-12C Build/S7170) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
こんばんは。
私は弓道を始めて六年目の大学生(正面打起し)です。
今、色々な癖に悩んでいます。
先ず、大三から引き始める時に勝手の引きが強すぎて口割り迄スムーズに下ろせず、上唇以上に収まる事がよくあります。そうなると矢線が下を向いて仕舞い、餅つき離れで中て仕舞います。その為、確り口割り迄矢を合わせて矢線を真っ直ぐに揃えようとすると勝手を縮ませながら口割りに合わせて仕舞い、縮みプラス矢所が後ろに固まります。

私は今大学三年生で今年は私達の代の仕切るリーグ戦を9月に迎えます。
的中率としては20射16〜18中程度中っていますが、挙げさせてもらった癖のある射で中て仕舞っているので師範の先生や同期からアドバイスを頂いているのですがなかなか直すこど出来ません。後輩達も私を慕ってくれてよく私を見ながら練習してくれています。

今年のリーグ戦では今まで指導してきて下さった師範の先生、先輩、同期、私を慕ってくれている後輩、そして私の為に確りとした射形、安定した的中率でリーグ戦を戦って行きたいです。
私の様な癖で苦しんだ方、また克服された方がいらっしゃいましたら是非アドバイス頂きたいです。よろしくお願いします。
長々申し訳ございません。

3:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
確かに今から直すってなると全日まで調整するのは厳しいかもしれないので、目標は秋のリーグ戦に限定しなきゃならんですね。


フォームについて確認なんですけど、
・猫背じゃありませんか?
・取りかけはどうしていますか?つまみ引きですか?それとも添え指の脇から親指先が飛び出るくらい深くしていますか?
・馬手はどのくらいひねることにしていますか?
・弓構えで羽引きしていますか?
・大三を取るとき右肘の張り方はどうするよう意識していますか?
・大三で矢はどこを向いていますか?
・大三で馬手はどのくらい流していますか?

まず自分が気になったのはこの辺です。

4:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:22.0) Gecko/20100101 Firefox/22.0
過労気味では?
胴体部分をコントロールする力が楽に出ますか(鏡を見ながら自分の取りたい姿勢を簡単に作ることができる状態)?

5:壱之立大前さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; SH-12C Build/S7170) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
》Y.K.さん

・猫背じゃありませんか?
→猫背です。

・取りかけはどうしていますか?つまみ引きですか?それとも添え指の脇から親指先 が飛び出るくらい深くしていますか?
→取懸けは添え指の脇から親指先が飛び出ない程度に軽く乗せて、つまみ引きにならないように手首の丸みを意識しています。

・馬手はどのくらいひねることにしていますか?
→馬手の手の甲が天井を向く程度に確り捻っています。

・弓構えで羽引きしていますか?
→両肘を軽く張った結果として少し羽引きする程度です。

・大三を取るとき右肘の張り方はどうするよう意識していますか?
→足踏みの右足の位置と馬手の二の腕の位置を平行に重ねるイメージでその収まった方向に肘を張っています。

・大三で矢はどこを向いていますか?
→やや後ろです。

・大三で馬手はどのくらい流していますか?
→かけの人差し指、中指が物見を入れている鼻頭の延長線に来る位置です。

分かりにくい表現を多々して仕舞っていると思うのですが、どうかアドバイスよろしくお願いします。

6:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
>>5
>猫背です。
まずこれは絶対直さなきゃダメです。
これのせいで矢を後ろに向けないと張り合いを作れない状態になっているような気がします。

大三で矢の向きが
>やや後ろです。
これも真っ直ぐに直しましょう。そのためには、大三で右肘を張る方向をもっと真上に向けて馬手を体に近づける必要があると思います。まるで地面を吊り下げるように。
そう考えると、
>足踏みの右足の位置と馬手の二の腕の位置を平行に重ねるイメージでその収まった方向に肘を張っています。
この方法はご本人には合っていないと思います。どうしてもこれで引くなら、馬手のひねり方を手の甲の向き斜め45度に抑えないと引きにくいと思います。それでも馬手は体から遠くて矢の向きが後ろ向きっぱなしの可能性大。

おそらく今は、前から後ろに引き寄せるような感じかもしれません。上から下に開きながら下ろすってフォームが良いと思うんです。
それで、
>馬手の手の甲が天井を向く程度に確り捻っています。
これを活かせると思います。
ここからは弓道教本第一巻の射法八節図のマネです。手の甲の方向と全く同じ上方向にひじを張るんです。これは猫背じゃ絶対にできません。肘を上に張りにくかったら、
>つまみ引きにならないように手首の丸みを意識しています。
ここの手首の丸みをもっと平らにしなきゃいけないかもしれません。ここで手首丸すぎると、結局手首の張りが強すぎて引き尺過多となり口割りに届きません。手首平らに近づけてつまみ引きになりそうなら、馬手の指の形を電車吊り革にぶら下がるときと同じ丸い形にすれば防げます。
そこから先の『肘で引くイメージの仕方』は教本の八節図を見たほうが早いです。

馬手の空間が以前よりもせまくなるかもしれませんが、これで張り合いを殺さずに矢の向きを真っ直ぐに保ちながら口割りまで下ろすってことに近づけると思いますよ。
たぶん肘・腰・背中がすごく痛くなると思います。できるようになるまで我慢ですから、練習後のストレッチを欠かさず行って体の故障を防いでください。


ただ、結局は私個人の案であって現場の指導方針とは違うかもしれません。このフォーム変更を採用するか、やるにも今すべきかどうかは周りの人とよく話し合ってください。


■[556] 馬手の角度 (投稿6件)

1:ベッキーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
会に入った人を、その人の右肘が正面に見える位置で見たときの話です。

僕は床と並行のラインを0度として、75度ぐらいまで馬手を立たせてます。しかし、離れが横に出てしまいます。まるで馬手の捻りを緩めて、前に出してから離れてるように見えるのです。そして矢所は後ろが多いです。

会に入るまでに馬手はどれくらいの角度まで立たせればいいのですか、教えてください。

もし角度は関係ないのでしたら、何かこの離れを治すためのアドバイスください。

ちなみに大離れです。

3:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
連投失礼します。

弦と親指の十文字が崩れていて、馬手親指先が下を向いている可能性もあります。このままムリヤリ離そうとして緩みが出るって感じで。

4:Y.K.さん
DoCoMo/2.0 SH903i(c100;TB;W24H16)
すみませんまたまちがってました。

>>2
誤)時計回り
正)反時計回り


大変失礼しました。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
こんにちわ。
>@水平に対し75度くらいまで馬手を立たせます・・・
 これでは手繰りの類ですよ。骨格の正しい使い方では有りません。このように会に収まるのは異常です。前腕・手首で引っ張っているツマミ引きのイメージがしてきますよ。「離れが横に出る」と言う表現がよく分かりませんが、どうやら横と言うのは『前』のことらしいですね。これでは前離れとなり筈を前に振っているのですから矢先が後ろに向くのは当然ですね。

>A会に入るまでに馬手はどれくらいの角度まで立たせればいいのですか・・・
 立たせるという意識など無用の長物です。
弓道でよく言う「離そう」とかベッキーさんの言う「立たせよう」という意志の表れは誤りです。骨格の正しい(つまり自然な)詰め合いを考えなければなりません。水平に対して75度では不自然です。水平に対して75度(垂直−15度)、こんなに立っていたのでは離れの指パッチンは内転は無論外転も窮屈になり弛みが大きくなります。教本二その他に多く見られるように40度(垂直−50度)が、このどちらにも(内転の方が弛みは少ないが)無理なく移ることが出来るでしょうね。
 この(裏的・控え席側から見ての対水平)40度というのは、大三に捌いた時の同前腕の傾きですからこれが弦道を通って会に入るのですから当然40度のままが自然というものですよ。
 他の見方をすれば、打ち起こしが45度、その後カケ手を拳一つ額前に執りますから40度になるでしょう。これ位が体の前面を開くのに一番無理のないところですからこれを75度に立てて引き収めるというのはいささか無理があるというものですよ。
 第一、75度も立たせてしまっては、(頬付けも正しく執れば肘の位置が肩より前になりませんか?それでは肩が前に入りませんし肘が横より後ろに収まりませんでしょ?その結果、引き束が十分でなく又肩が入らないため引きの支点となるべき肩が宙受けになってしまい安定していないと思いますよ。いかがですかね。(教本一・二参照)

 なお、ここで言っている角度はあくまでも控え席側から第三者が見たものであり、射手の目から見たものではありませんことはお分かりですよね。

6:ベッキーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
分かりやすいアドバイスありがとうございます
足踏みや猫背についてはもう一回見直してみたいと思います。
あとはあくまで自然に引き分けられるように大三や角度を見直してみたいと思います」


■[557] 早気の矯正 (投稿8件)

1:ihcikustatさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.71 Safari/537.36 Sleipnir/4.3.0
初めまして
いつも眺めていただけだったのですがですが、初めて投稿してみました。

現在高校で弓道をやっているのですが、チームメイトが早気が多く、本格的に早気の矯正メニューを取り入れようと思っています。
今までも時折練習にいれてはいたのですが、なかなか効果が出ず、また早気の割合が高いため本人たちも焦りがないといった状況です。

そこで、皆様が実践して効果があった
自分たちの道場ではこのような練習をしている

というものがあれば教えていただけないでしょうか。


また、これは自分のことなのですが、
現在18k並の弓を引いていて、
この夏にできれば20kチョイ(部にあるはかりが20kまでなもので、、、)の弓が引きたいと思っているのですが
やはり20kを超えるとなると四つがけにしたほうが良いものなのでしょうか。
経済的にかけを購入するのは厳しいのですが、、、
肩入れは普通にできるのですが、三つがけでは勝手が若干心もとないと感じています。

5:ihcikustatさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36 Sleipnir/4.3.1
またまた返信ありがとうございます。
まあ、やってみないとわからないし、ちょうどメトロノームは持っているので今度ためして見ます。

6:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:22.0) Gecko/20100101 Firefox/22.0
会が保てない状態の人間が一定以上の割合で発生してしまうのであれば、教え方に問題があるのかもしれません。

楽に引いて楽に保つには、
1.反る力を楽に発動させることができる。
2.胴体が左右にねじれにくい足踏みをしている。

例えば背骨から頭にかけて伏せる方向に曲がった姿勢を許容していると、1の条件から外れて、足を踏み終わった後に体を反らせて帳尻合わせをしようとしますので、腰が抜けて2の条件が成立しなくなる。

立った時の姿勢や弓矢の持ち方がおかしくても、弓を引くときの姿勢はねじれてしまいますが、このあたりは指導していますかね?

7:ASUさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
こんにちは
大学で弓道をやっているものです
早気とは関係のない話題ですが20kgで四つの件ですが私は現在でこそ20kgを四つで引いていますが三つでも十分大丈夫でしたよ
勿論個人差もあるでしょうし、私自身は腰折れしてしまい弓力に耐えれなかったため買い替えましたので耐久性の問題もあるとは思いますがひとまず使ってみて大丈夫だと思いますよ

8:ihcikustatさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36 Sleipnir/4.3.1
>いさん
返信ありがとうございます。
姿勢はあまり気にしたことがなかったです。
確かにあまり体配にきを配ってない人もいるかもしれません。
今度練習の時に注意して観察してみます。

>ASUさん
返信ありがとうございます。
確かに個人差があるところですよね。
ひとまず三つで巻き藁してみることにします。


■[558] 上押しをかけるべきですか? (投稿5件)

1:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
いつも矢所が的の1個上辺りに集まります
友達に見てもらうと平行に引けてる方で注意して見ないと分からないぐらい微妙に矢先が高いらしいです
矢先を下げようとすると口割れまで下がりそうになるのであまりしたくありません

弓は直心Uの15s
矢は2015
皆さんはどう思われますか?

2:アブさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
>口割れまで下がりそうになるのであまりしたくありません

厳しいことをいうようですが、〜そうなのでしたくないとかいってないで口割が下がらないように狙いを下げてください
狙いが間違っているのを押しや離れで何とかしようとすると変な癖が間違いなく付きます

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
和弓はその形上長下短からして「左上押し右下弦」と言われています。上押しも籐頭から七八寸上の弓の重心(目付節)辺りに押しかけるのが安定した弓返りの為には良いということです(「現代弓道口座」p.271〜274、p318参照)。
また、弓返りのためだけでなく、foolishさんの相談事項の 
>矢所が的の1個上辺りに集まり
と言うことにも大いに関係が有ります。それは最初に申し上げました和弓の形が原因で、強い下弦のほうが先に帰る・復元するので下弦の方が矢筈を先に押す為矢先が上を向いてしまうからです。だから矢を少しでも水平に近づけて出そうと握りの位置を上から下へ向かって押す『上押し』の方法が執られているのです。(「弓道入門」石岡・川村共著 p.98〜100 参照)

 流派によってはこのようにはせず『中押し』を執っているのもありますが、それはその流派の考え方や発達の違いからで、手の内の働かせ方が同じものでは有りません。

4:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
どうしてもうまくいかないときは道具の調整も必要です。


一番安く済むのは『弦』。

まずは矢番え位置が低すぎないか確認。

それでもダメならば、重量の重い弦や離れやさしくなる弦に、わざと変える。
実際これでうまくいった例を見たことがあります。高価なザイロン製700円以上の弦だと離れ鋭すぎて矢が跳ね上がってしまうけども、安価なケブラー製600円以下の弦に変えたら離れ落ち着いて矢所が的の高さに収まったっていう例。
直心12kgに普通の千本弦で東西対抗戦に出る人もいます。

道具頼ってると陰口叩かれるのは嫌でしょうから、これは最後の手段にどうぞ。

5:いさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:22.0) Gecko/20100101 Firefox/22.0
上押しをどのように解釈されているのかわかりませんが、「手首を曲げる力を使う」のであれば、ろくなことになりませんのでやめといたほうが・・・。

思いつくところを挙げれば

1.腰から頭までの姿勢が反り気味で引いているとか、足踏みを広めにとっていると矢は上にいきやすい。
2.首が長めの体型ってことはないでしょうね?
3.右手側が離れで下に切りやすい引き方(つぶれた勝手・起こし方が足りない・手で引っ張っている)とか


■[559] 勝手の肘の痛み (投稿2件)

1:南海さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)

少し前から勝手の肘が痛みます。

会に持ってくるまではよいのですが、
会の形をとると痛みます。

昨日はゴム弓6回目
今日は3回目で痛むように日に日に
痛くなるまでの回数が早くなります。

また、弓など何も持たないで
会をとるのも痛いです。

医者には行ったのですが
骨には異常ないですね。と言われ
湿布をもらいかえされました。

一応3日ぐらい休むと痛みは消えて
またいっぱい引けるようになるのですが
それも2日ぐらいすると
痛みが繰り返されます。

改善方法とか
なにか意見あったらお願いします。

2:ふみふみさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.7; ja-jp; SonyEricssonSO-03D Build/6.0.A.5.14) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
骨に異常がない、という事なので筋肉や腱の問題という事が解りました。ならば、それを専門とする医者や、整体に行く事。

それしかありません。


■[560] 離れが後ろに… (投稿4件)

1:弦枕さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; INFOBAR A01 Build/S8020) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
少し前に投稿したのにも関わらずまた投稿してしまいすみませんΣ(ノд<)

前回の投稿で馬手が離れの時に強いという投稿をしてその投稿の追記のようなものです、

強い上に矢筋よりもかなり背中側にいって、その後に矢筋にもどっているようです…

今、真っ直ぐ離そう!!
と意識したり、後ろに壁作って貰ったりしているのですがなかなか直りません…
他に直し方があれば教えてください…(*_*)こ

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
 どうも「馬手が強い(#36896)」状態が続いているようですね。前には弓手で離すという意識をしたら解消され始めたと有りますから馬手の強さに対抗して弓手も強くしたのかもしれませんが、しょせん長続きはしないでしょうね。離れで「かなり背中側に行ってその後で矢筋に戻ってくるというのはあまりにも馬手が後ろへの力が強くてその反動で戻ってくるのだと思います。今は「真っ直ぐに離そう」としているらしいのですが、そもそも「離そう」としている限りは上手くなりませんよ。離すことを意識してはなりません。あくまで弓射は「離れる」なのです。離そうとしなくても離れるようにならなくてはいけません。弓をやっていない人が弓のパントマイムをすると馬手をパーに開きますね。つまり意識的に馬手に力を入れそれを開放する(開く)のが素人です。発説図の離れの項には「気合の発動により(胸郭を広く開き)矢を発せしむ」と言っています。つまり会で伸びあっている中で気合の発動により離れるのが弓道です。気合の発動で体が反応して離れが起きるようになるまで的前に立っても意味はありません。「離そう」と言う意識は棄てることです、ね。

3:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
たしか前のスレッドだと、弓手が前に出て斜めに胴造りが崩れてしまったりする場合があるとのことでしたよね。これを先に直さないとダメです。


自分の予想だと、
1.猫背で引いててしかも馬手ひねりが戻って平付けになっている。(棒立ちで大三だと矢が後ろを向いている?)
2.退き胴。しかも重心が左足つま先,右足かかとに乗ってる悪い退き胴。(あごが浮いて大三だと矢が上を向いている?)

これらの状態で張り合いを作るには、弓手は手の内入りすぎの状態(手首で弓をねじりながら押す)を作り、馬手はグイグイたぐりながら肘を背中に強く引き付けるように引くしかないかなと思います。一言でいえば、引くときに体が反時計回りに回転する動作が入る。

まずは背すじを伸ばし、重心は両足の均等な位置に乗るようにし、馬手ひねりが戻らないように気をつける。これだけでだいぶ良くなると思いますよ。

4:Y.K.さん
DoCoMo/2.0 SH903i(c100;TB;W24H16)
すみませんまちがえました。

誤)反時計回りの動作
正)時計回りの動作


失礼しました。


■[561] ミレニアム射法とは (投稿8件)

1:つかじしゅうじさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB6.5; msn OptimizedIE8;JAJP)
こんばんは。はじめまして。みんなの弓道という本をご存知ですか?その中にあるミレニアム射法(今は名前がなくなってしまっていますが)。両肩を入れた状態で固めてしまってしまう射形なのですが、矢の方向に力がかけやすいということだったので取り入れてみることにしました。しかし、自分の射がもともと馬手肩が抜けてしまうせいか難しい。入れてもただ型を合わせただけで矢の方向に力がかけられない状態です。もしもミレニアム射法を知っている人がいましたらぜひ、詳しく教えてください。おねがいします。

5:鷹司カオル さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.99 Safari/533.4
皆様どうも。再度お邪魔しますね。
私も一愛好者として継承されている方々の多いことを強味に感じ嬉しいです。
 確かに狭山人さんの仰るとおり後ろ肩の人には難しいかもしれませんが、だからこそ取り組まなければ成らない意味のある射法であると思います。そこで”ひとつのコツ”を更に発展させてもう一つ前に戻ってみるとなお良いと思います。つまり、弓と矢を手にしたと気からです。「執り弓」の姿勢で入場する時からです。

 もっと厳密に言えば、執り弓の姿勢の前の弓と矢の持ち方からで、これは手と直角に成るように手にします。こうすることで手を腰骨に執った時肘が後ろへ逃げるのを防ぐことが出来ます。大事なことは肘を真横に位置するようにすることです。肘を真横に張るのは肩を前に入れるためです。肩が前に入っているかを自分で診るには鎖骨の上に窪みが出来ているかどうか手で確かめるといいです。以後この形を崩さないことです。また八節の節々で確認していくことです。
 例えば、胴造りでは狭山人さんの如く、打起しの後では二の腕で肩を前に引っ張る?如くです。
 

6:狭山人さん
KDDI-CA3D UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.352 (GUI) MMP/2.0
>鷹司カオルさま
確かにその方が合理的かつ一貫性がありますね。
執り弓の項では 「体配は飾りではない」という言葉を実感します。また八節の移りに従って意識が変わるのも当然ですね。
大変勉強になりました。ありがとうございます。

7:U.B.さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
ミレニアム射法とは何ですか?
できれば詳しく知りたいです。

8:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
 お早うございます。
 今までにここでよく話題に上っていますよ。私も何度かレスしましたので。タイトル通りに検索してみてください。参考書物としては以下の通りです。
@「みんなの弓道」
A「技を極める弓道」
共に高柳先生著です。図書館にあると思いますよ。 


■[562] 肘が入らず、手首がちがち (投稿2件)

1:猫好きさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0)
弓を引くときに、妻手の手首の力が入っていると指導され、力を抜くと、妻手はつぶれてしまいます。
挙句の果てに、疲れてくると、肘が入らない始末。泣
誰か助けてくださーい。

2:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
肘が入らないというのは弓手のことですか?
もしそうなら、胴造りで体の重心がかかと側によって棒立ちになっているんじゃないでしょうか。
このフォームだと馬手手首に力を入れないと引き尺取れませんし、肩も後ろに抜けているようなものなので弓手肘入れるにはかなりの筋力が必要です。

まずは足踏み広めに取って重心を足親指付け根においてみてはどうでしょう。体が前に傾く分、大三から弓手肘入りやすくなります。


■[563] 上伸び (投稿3件)

1:ベッキーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
大三から引き分けるときにとく上伸びをしろと言われるのですが、どういう感覚ですか?
多分詰め合いをするための言葉だと思うのですが、例えなど使って分かりやすく教えて頂けると幸いです。
あと、その時大三は高い方がよいですか?
私の大三は、正面から見ると頭と馬手が接してる感じです。

2:流星さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
背筋を伸ばせ、ということではないでしょうか
大三は額から前に一拳、上に一拳がよいです

自分の引き分けのやり方は肘を横に持ってくるように引き分けていき、目の当たりから背伸びをするようにもってきています
そのとき常に肩甲骨を背中の中央でつける、というイメージをもってます

3:ベッキーさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
分かりやすい説明ありがとうございます
大三についてはそれを参考にします
上伸び(背伸びするように引く)かけるタイミングなどはこれから練習して決めようと思います


■[564] 会で肩を押す?手の内の捻り方は?胸を割る? (投稿5件)

1:高校生弐段さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.7; ja-jp; SO-02D Build/6.0.A.5.12) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
少し前に投稿させていただいたばっかりなのにまた投稿して恐縮なのですが、スミマセン・・・
前回の投稿で引き分けにおける肩甲骨の使い方が分かり、今練習しているところなのですが、会の時に、肩(肩甲骨?)を左右に伸ばすのか分かりません。
よく「弓手を押せ」と言いますが、あれは肩から的方向に押すことなのでしょうか?自分の感覚からいうと、会の時に肩から押すと筋肉によって体から肩が浮くように感じます。なので今は引き分けてきてから手の内の親指だけを押すことに専念しています。
そしてその手の内ですが、稲垣源四郎先生の本などに捻りの重要性が書かれていますよね?他の本もそうですが・・・
その捻りはどこでかけるのでしょうか?手首から捻るのは違う気がしますが中ります。
もうひとつ、離れで胸を割ると言いますが、どんな感触でしょうか?全日本を何度も優勝している本多範士の動画をみると、離れで体が前にすごい割り込んでいます。学生弓道とかのうまい人も割り込んでいます。あれは自分で意識して割り込んでいるのでしょうか?

長文でしかも分かりにくい文でごめんなさい・・・よろしくお願いします!


2:あさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.94 Safari/537.36
いろんな流派の師範の書いた複数の本を読むと混乱するよ
自分の流派や引き方に合った本1冊(か1人)に絞ったほうがいいかと。。

3:高校生弐段さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.7; ja-jp; SO-02D Build/6.0.A.5.12) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
返信遅くなりスミマセン・・・

たしかにいろいろな本や流派をまぜこぜにしてる気がします・・・
顧問の先生に自分の学んでいる流派を聞いてみたら、小笠原流と言われました。小笠原流は作法が主な気がするのですが調べてみます。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
その後如何ですか。

>@会の時に、肩(肩甲骨?)を左右に伸ばすのか分かりません。
それはそうです。肩甲骨には左右にその幅を広げも筋肉は無いと思います。普通の生活でそのような必要が無いことからも分かります。可動性は必要がある動きに限られているといっていいでしょう。その可動域を特別な訓練によって発達させた者はいますがね。弓道では丹田を張り力を充実させることにより弓力に反発させるようにして肩甲骨を左右に張らせる事は出来ます。またそれにはいつか申し上げました「前肩下巻」がその主たる任務を果たします。言わば「両肩下巻」のようなものです。

>A体から肩が浮くように感じます。なので今は引き分けてきてから手の内の親指だけを押す
引き分けてきてからでは肩は沈められず従って@のように土台となる肩甲骨を下巻きして
押すことは出来ません。肩は弓を手にした時から沈め、節々でそれを確かめつつ進めていかなければなりません。引き分けに移るときより親指は寝かせ(るようにし)てその根で、廻ってくる内竹右角に備えて推していかなければなりません。

>B捻りはどこでかけるのでしょうか?手首から捻るのは違う気がします
『引き分けてくる時に自然に捻りがかかってくる』、掛けるのではなくかかってくるという方が正しいと思います。もちろん、手首は真っ直ぐのままです。捻りは「捻り」であって「捻る」のでは有りません。大三から引き分けに入りますと弓が時計回りに回って、その為に親指根が押されてまいります。一方手の内はもう決まっているので滑らせることは禁物です。するとここに弓の回転を阻止しようとする手の内の手の面との間に捻り(連れ)が生まれます。これが弓を捻るように働いていき、離れでの弓返りを助けます。この「連れ」が無くては弓は返りません。

>C離れで胸を割ると言いますが、どんな感触でしょうか
胸が割れるから離れることが出来るといっていいでしょう。前から見れば、背骨を折り目にして体を縦に折り開くようものです。これは丹田の充実で左右に偏りなく折れていかなくては成りません。後ろから脊柱をポンと軽く押されたよう感じとなればしめたもの・良いでしょう。

5:高校生弐段さん
Mozilla/5.0 (Linux; Android 4.2.1; N9500 Build/JOP40D) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.64 Mobile Safari/537.36
>鷹司カオルさん
ありがとうございます。
今は、できる限り肩甲骨で引きつつ体を弓に割り込ませるように引いています。弓手馬手が釣合い張っているような感覚でやっています。
手の内は、以前から控え過ぎなのか親指自体の内側が固くなってしまっています。おそらく大三で控えているのを引き分けのときに捻っているのかなとおもいます。

離れについての説明ありがとうございます!前からかなり気になっていました!


■[565] 取りかけの時 (投稿3件)

1:ガネゴンさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
高校1年生で弓道部に入部しました
最近ようやく巻き藁に入ったのですが
さっそく壁にぶち当たりました・・・
アドバイスお願いします

取りかけしてからのことなんですが

ふしぬきにあまりうまく
はまらなく
引いてる最中にふしぬきから
こぼれてしまうことがあるんですけど

どうやれば治せますか?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
>「ふしぬきにあまりうまく
はまらなく
引いてる最中にふしぬきから
こぼれてしまうことがある」

 とはどういうことを言っているのかイメージが湧きません。「ふしぬき」って弦枕のことですか何ですか?

3:流星さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
高校の部活に所属してるのならば先輩や講師としてきてもらっている先生に聞くのが筋かと思います。
特に、その問題は聞けばすぐ解決するはずです

上の方が弦枕のことですか?といっているので
それと解して言わせていただきます

手の甲を空にむけるように(猫の手のイメージで)
捻ってみてください
手の甲と人差し指のところの関節にあたるはずです


■[566] 早気と払い (投稿8件)

1:笹原さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.1; ja-jp; SC-03E Build/JRO03C) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
こんにちは都内の高校で弓を引いています。
僕は早気で、会が1〜2秒だったのですが、
最近頬を強くうようになったのがきっかけで、会まで持ってくることもできなくなってしまいました。(頬付けの直前ぐらい)それでも強く払うので、ますます矢を引き込めず早くなり、その結果緩んでますます強く払うようになる、という悪循環に陥っています。
部活の仲間に見てもらったりしても、なかなか上手くいかず、もうどうしていいか分かりません。
よろしければアドバイスをよろしくお願いいたします。

5:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
離れを我慢するために縮ませるしか方法がないってことは、取りかけがつまみ引きの形になっていて握力が追いついてないかもしれません。

取りかけのときの指の形は電車バスの吊り革にぶら下がるときの曲がってる指の形と同じです。それに親指先をひっかければ、つまみ引きにならない取りかけのできあがり。そこからひねり戻らないように気をつければ結構引きやすくなるかもしれませんよ。

あと早気を考えるときに体の姿勢ってけっこう重要で、胴体を反らせながら引く癖がついている場合はついつい手も一緒に開こうと動いてしまうんです(ラジオ体操で体を反らせるときって手が一緒に開きませんか?)。
この状態で弓力に耐えようとすると、指先がんばってつまみこんで右腕つぶして引き足らずの状態になるしかないです。もしかしてその動作が『縮み』となって表われているのか?

というわけなので、体の重心がかかと寄りになって棒立ちになっていないか、引きながら体や首が段々反ってこないかも確認したらよいと思います。
そうなっていたら重心をちょっとつま先側にずらす、頭がつま先側に飛び出すくらいでちょうどよいかもしれませんよ。お好みでうまく調整してください。

6:笹原さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.1; ja-jp; SC-03E Build/JRO03C) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
アドバイスありがとうございます。
だんだんよくなってきました。

7:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
改善の兆候が見えたようで良かったです。
姿勢を維持するための筋肉、会で伸びるための筋肉もだいぶ弱ってると思うので、足腰・背中・わき腹などが痛くなってくるかもしれません。これは仕方がないことなので、あせらずゆっくりなおしていきましょう。

8:笹原さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.1; ja-jp; SC-03E Build/JRO03C) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
はい、ありがとうございます。


■[567] 早気について。 (投稿10件)

1:快晴さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0; YJTH3)
いつも拝見するばかりでしたが、今回初めて質問させていただきます。
こちら大学で弓を始めたものですが、かれこれ1年以上早気です。ひどいときは目割よりさらに上のデコあたりで離していました。

今現在離れをおこなわないものが効果的というのをよく掲示板で拝見し、実践しているのですが、確かに離れをしないと思い込むと何秒でも持って、そこから伸び会うことができるようになったのですが、いざ数日ぶりに久しぶりに離してみようと思うと、どうしても会をもとうという意識があせりのようなものにかわってしまい、口割について1秒ぐらいで離れてしまいます。
普通に引くときと、明らかに感覚が違っているんです。
今現在馬手は物凄い力が入っていて握りこんでいるような形です。馬手の捻りはまったくかかっておらず、完全に手で引いている感じです。また下半身も意識しないとフラフラのときが多いです。

恐らく精神的なものが強いと思うのですが、どうすればよいでしょうか・・?

7:王道の狛狗さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:17.0) Gecko/20100101 Firefox/17.0
これは精神的なものが原因ではなくて、馬手手の内或は取り懸けの不良が原因だから、
早気とは言わないのでは?
(結果的には精神的にもドキドキしていると思いますが…)

会が短い射に安易に「早気」という言葉を当てはめてしまう指導者が多いと感じます。
そして、精神的な問題で片付けようとします。
言われた本人は当然自分の気持ちが問題だと落ち込んでしまい、本来の技術的な解決に向かう意欲を削いでしまいます。

快晴さん、技術的な糸口が見つかって良かったですね。
今の懸けが二段の懸け溝で不安があるなら、以下のような方法もあるのでは?

1)初心者が使う親指だけのチョン懸で矢束まできちんと引き、離す

2)或は和帽子を使って同様のことをする

いずれにしても弓の力を馬手拇で感じながら、肩線をきちんとし、伸び合うことは会得できると思います。
その先に、自分の懸けに戻るのもいいかと。

環境が許せば、巻き藁よりも
初心者同様に真ん中の的に立つことを勧めます。
暴発しても自分の矢が地面を擦って傷つくだけですので、気が楽になります。
矢を壊しても、それは馬手解決の授業料だと思いましょう。

8:aid kightさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:22.0) Gecko/20100101 Firefox/22.0
ユガケは修理するのが一番です。近隣の弓具店や征矢弓具(HPを参照下さい)に問い合わせてはどうでしょうか。
修理中は和帽子やチョンがけ・押手がけを右手にさすでもよいと思います。

練習は、丹田呼吸・手の内・目遣いにこだわって練習されるとよいでしょう。弦枕は、上述の通り修理するか、もし自信があれば不要な部分を薬練や皮で埋めてはどうでしょう。もちろん弦枕に合わせて中仕掛けもつくって下さい。

重要なのは、言い訳できないように環境・道具を整え決断しやるのみです。たとえ会が浅くとも、自分でやると決めた射技をやりぬいてください。

9:快晴さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0; YJTH3)
有難うございます。今日修理に出してみようと思います。

また、馬手の力を抜き、極力力をかけずに引き分ける練習をしているのですが、どうしても鼻のほんのちょっと下まで降りるか降りないかぐらいまでで動きがとまってしまいます。またなぜか矢飛び、矢勢が悪いです。引き尺はちゃんととれていると思います。

口割につけて会をもとうと意識すると、どうしても力が入ってしまい、それでも口割に降りてこずに悪循環となってしまいます。口割まで降りてこなくても馬手の力は抜いたほうがよいのでしょうか・・?

また数か月前に一度弓の重さを下げて練習したことがありそれでも失敗したのですが、弓のキロ数を下げるのも行った方がよいのでしょうか?現在引いているものは1年間使っているもので、素引きでも全然軽い方です。

10:aid lightさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:22.0) Gecko/20100101 Firefox/22.0
力を抜くのは大切ですが、最小限の力必要です。たぐりや力を抜くあまりに捻りの不足、親指が下を向くなどがありませんか?

また口割は頬付けの下限です。鼻割から口割の間で、矢束がとれ・肘が浮いてなければどこでもいいと思います。

矢勢が悪いのは、引きっぱなしで離れなくなった為かもしれません。やはり射を拝見しない限り細かい事にかけてはお答えするのは難しいです。
ぜひビデオや看取り稽古を活用してください。

弓力は、下げて徐々に強くするのがいいと思います。弱い弓でできない事が強い弓でできるとは思えませんから。ただ弱すぎる弓は力圧を全く感じれないのでやはりそれ相応の弓力は必要です。


■[568] 手の内について (投稿2件)

1:風さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B146 Safari/8536.25
手の内の作り方について悩んでいます。
自分は、手の内の作り方が下手で、いつもベタ押しになってしまいます。
コツなどありましたら、教えてください。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
 中・高生ですか?弓歴も分かりませんので説明の程度をどの辺にして良いものやら悩みますよ。今試しに貴方の仰る「手の内の作り方」で検索しましたところ、16件ほどのスレッドがありましたよ。そういう基本的なことは教本や参考書で見たり過去レスをよく見ていけば、ここでスレ立てして返信を待つよりよっぽど効率的だと思いますよ。なぜなら、それらを読む内にイメージも湧き骨が分かってくるでしょうし、すぐに誰かに頼って教えを請うのではなく自分から読んで探していくという学習態度が構築されていくからです。
 そうすれば、今の「手の内の作り方」といった漠然としたことでは無く、その中のここがよく分からないので、とか、親指が立ってしまってベタ押しになってしまうなどと、もっと焦点を絞った質問レスを立てて実に成るものと思いますがね。


■[569] 馬手が強い (投稿3件)

1:弦枕さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; INFOBAR A01 Build/S8020) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
最近離れで馬手の方が強く、バランスが崩れた離れになり矢所が安定しないので、どのようにしたらよいのか教えてください…(^_^;)

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
弦枕さんこんばんわ。
なるほど、そういう高校生を時々見ますね。
馬手が強いとは馬手で弦を引っ張っているんだと思います。残身は形こそ大離れのようになりますが離れで解放される弓手の伸びよりも馬手の飛ぶ勢いがアンバランスに速いというものだと思います。馬手前腕の力を抜くことと摘み引きを止めることですね。気持ちが弦を引くことに偏っているからですよ。矢筋も何もあったものではないでしょう。ぶった切る離れではないでしょうか。それでは矢所が安定するはずがありません。
 「心を総体の中央に置き」まして、左右のバランスに気をつけて引いてください。離れは弓の中に割って入る気持ちとなり、気合の発動により離れられるように(初めのうちは)してください。やがて無意識のうちに気合でバランス良く発が出るようになるでしょう。

3:弦枕さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; INFOBAR A01 Build/S8020) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

またまたすみません
強いと言うのは弓手で離すと言う意識をしたら解消され始めたのですが
肘から後ろ側に動き
弓手が前に出て斜めに胴造りが崩れてしまったりする場合にはどんな練習法が効率的ですか?


■[570] 手の内 骨法陸について (投稿5件)

1:オリーブさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
こんばんは。オリーブといいます。
高校で弓道をやっています。

手の内のひとつの骨法陸というものについて聞きたいです。
自分でも少し調べたのですが、天文筋と弓を直角にする、中押しをする、ということしかわかりませんでした。
どんな手の内なのでしょうか。
骨で引く、ということと関係がありそうなので気になりました。

よかったら教えていただけますでしょうか。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
 こんにちわ。高校生ですか。研究ご熱心ですね。私はとくにその尾州竹林流を収めたものではございませんので、その言葉「骨法陸」(陸ロクと読むだろうと思いますが)はよくは知りませんが、にある昭和61年7月「弓道」誌から魚住文衛先生が講義を連載されていますね。(今は散逸して6冊しかありません。)「現代弓道講座にもちょうど同じような内容が載っています。また、下記のURLにも見えていますが、それ以上の詳しいことは知りません。要は口伝の内かもしれませんね。
 でもこれらの記事から推して、オリーブさんの仰られる通り「中押し」の手の裏(うち)のことではないかと思います。

 http://www.syaho.com/sb.cgi?cid=7&page=0

 尚、
>天文筋と弓を直角にする
のではなく、弓と手の平の下部とのなす角度が直角に近くする。ことだろうと思います。
(同誌平成5年5月号 今村先生の連載記事より。これは先生の「弓執る心」にも出ているとます。)

 お役に立てず・・・しました。お詳しい方お後よろしくお願いします。

3:オリーブさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
鷹司カオルさん
ありがとうございます。
そういう直角だったんですね!!
中押しのことについてはそういう考え方でいいということでしょうか。

いろいろ本なども読んで調べてみますっ。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/28.0.1500.72 Safari/537.36
 オリーブさん、本は色々読んで下さい。スレ主さんの中には教本も読んでいないかと思われるような内容でUPされる方も居ますが、誰のためでもない先ずはご自分の為です。研究される中からご自分に合ったものが見出せたり、ご自分で考えていたことを先哲の書の中に見出したときはこの上ない喜びですよ。
 掲示板では図などの資料は提示できませんが、今回のことについてまた何か新しいことが分かりましたらどうぞ教えて下さいね。
 でわでわ。

5:オリーブさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
はいっ。
たくさん調べて自分に合ったもの、自分がしたいことにいちばん近いものを見つけます!!


■[571] 胸弦 (投稿8件)

1:みかんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
何度もこのサイトにお世話になっている者ですが、今回は胸弦について相談に来ました。


胸弦が付きません。巻藁でも的前でも。

OBの方は引き分けのはじめから肘を後ろにもってこい、と仰られましたが、それでは口割りまで矢が降りてきません・・・。


教本を何冊か見てみると、「体を弓に割り込む」というのが、大事なのは分かりましたがそれが、どういう意味なのかよく分かりません。ただ、胸を突き出すのとは違うみたいですし・・・。


なので、「割り込み」というのがどういう意味なのか、と、どうすればできるのかという2点を教えていただければ幸いです。お願いします。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.1 (KHTML, like Gecko) Chrome/13.0.782.112 Safari/535.1
【log#1028a】
 和弓では弓と外に位置する体(力と狙いの根源)をできる限り的線・矢線に近づけることが要求されますね。ですからこれを「割り込む」というような表現をします。


射手は弓を寄せつつ相寄り合うことが必要です。
 長方形の図を描いてみてください。縦10cm横1cm位が実感が掴めそうです。その頂点を左上から下へぐるりとA.B.C.Dとしてください。対角線の交点をOとし上辺ABの中点をUとしてください。
 これは馬手側から見た姿勢です(A:肩、打ち起こし時の姿勢を線分ABとし、肩は会ではUに移ります。B:足、O:腰、線分ODの延長線上OD'に打ち起こし時の、カケがあることにします。)
 
 打ち起こし時の姿勢AB(腕DD')から引き収めるに従ってAはUへ出ます(この時上半身は垂直UO)。この過程において、弓へ姿勢を寄せる気持ち(図の線分BO)と握り(≒弓&カケ)を体に寄せてくる気持ち、線分D'O)とを体の中・気持ちで相殺させてDまで引き収めてくるのです。

 どうでしょうか。ややこしいかもしれませんがこれまでの表現になりますね。

6:みかんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
詳しいお返事ありがとうございました。

相殺という言葉は分かりやすかったです。
参考にしてみます。

7:みかんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
今日、胸弦が付くようになりました!

OBの方にも射を見てもらっとところ、勝手が力みすぎてちゃんとした方向に引くことができてなかったみたいです。

あとは、緩むことさえどうにかなればいいんですけど・・・

8:rozさん
Mybrowser(iPhone6)
気持ち次第ですよ♪


■[572] 緩み離れ (投稿3件)

1:下手侍さん
KDDI-PT36 UP.Browser/6.2.0.17.2.4.1.1 (GUI) MMP/2.0
離れの瞬間、肘のほうから緩んでしまい、時にあづちに届かない時があります。
治し方などみなさんのご意見をお聞きしたいです!

2:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
おそらく右肘が緩むということだと思うのでそのつもりでレスします。

矢筋に引き続けて、右手の指を閉じたまま親指の腹で弦を払うように離れを出す。
こうやって練習すればだんだんと良くなります。
ちなみにこれ、猫背とかつまみ引き、三重十文字五重十文字が崩れているととてもやりにくいので気をつけてください。

3:下手侍さん
KDDI-PT36 UP.Browser/6.2.0.17.2.4.1.1 (GUI) MMP/2.0
ありがとうございます!早速やってみたいと思います。
そのほかにもご意見ありましたらよろしくお願いします。


■[573] 座射 四矢の捌き方 (投稿7件)

1:しょうゆさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; BTRS100501; GTB7.5; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; YTB730; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E; .NET CLR 3.0.30729; BRI/2)
自分は今まで矢の置き方を矢尻を体の右側に置き矢が斜位で半分づつ位になるように教わりました。
ですが全弓連のHPで競技規則(案)を見ると体の前方(板付が中央)と書かれていました。
でしたら座射でも矢の置き方は立射と同じということでしょうか?

4:通りすがり。さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
従来の置き方を止めて、立射、座射とも同じにすることが今回の改定案の内容。

これが正式に決まれば、矢の置かれる位置は案の通り同じですよ。弓道の熟練者も規則を読むようにと補足にも書かれてますから、よく案を読んで見てはいかがすか。

5:大中黒さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MALNJS)
競技規則(案)では、簡便法として座射でも立射と同様に板付が体の中心にくるように矢を置いてもよいと書かれているだけで、原則は今まで通りで変わらないと私は思います。
ただ、団体戦の時はチームとして統一が必要となると考えます。

6:流星さん
Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
そうなんですか!
立石と同じようにおいたらとるとき筈が遠いからめんどくさそうですねσ(^_^;)

7:しょうゆさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; BTRS100501; GTB7.5; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; YTB730; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E; .NET CLR 3.0.30729; BRI/2)
別にいままでのやり方を変える必要はないということですね。
ありがとうございました


■[574] 会での息 (投稿4件)

1:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
会での息についてお聞きしたいのですが…

私は引き分けで少しずつ息を吐き、会では息が止まっています

そうすると丹田に力が入る(そうであってほしい…)感覚があります
息を止めているせいか会が持てません

皆さんはどう思われますかアドバイス頂けると幸いです

過去に似たような記事があったらすいませんm(__)m

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
foolishさんこんにちわ。
その呼吸法で基本的に良いと思いますよ。

 一言申し上げるなら、止めている必要はありません。それでは詰まってしまうでしょう。漏れる程度に自然に?漏らす方がいいですよ。
 
 私はこうしています。大三へは息を吸(+)いながら入ります。ここからの引分けは緩やかな呼気(−)で息の苦しくなるのを調節をし、会ではほんの少しずつの出入りとなります。止めてはいません。・・・会では腕の麻痺するのを待ちますし沈思黙考です。離れでは気合の発動とともに鼻から適量の息を噴出となります。残身で大きく息を吸い、弓倒しで大きく吐きます。

 ですからfoolishさんの呼吸は間違っていませんが苦しくならないよう少しずつ漏らすようにしていけば会でも余裕が出てくると思いますよ。

3:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
慶司カオルさんいつもアドバイスありがとうございます

もうひとつ、関係ない話題なのですが…
打ち起こす直前の手の内を教えて頂きたいのですがこの時は天文筋に弓の右角(弦を張らない方)にあてるものなのですか?
仮にこの方法が正しいとしてこの方法を実践すると打ち起こしがしにくいのですがそういう
ものなのでしょうか?
分かりにくい文章ですいませんm(__)m

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
打起し直前の手の内とは即ち弓構え時の手の内のことでしょ。この時はやんわりと弓を包むようにしますが、要点は天紋筋に弓の外竹の左角を当てます。・・・教本一の八節図「手の内の整え方」に図入りで載っていますよ。
 尚、「外竹左角」とは弦側を手前にして見てのことですよ。つまり自然に手のひらに持ってきたとき天紋筋と小指付け根との間に弓が収まるように当てるのですよ。

>弓の右角(弦を張らない方)
との表現がよくわかりません。張らない方から見ると左右逆になりますからね。

>打ち起こしがしにくい
それはそうでしょう。握りすぎになってしまいますよ。

 尚、弓構え時の手の内では弓の左側木が虎口に入り、外竹の右角は小指の根に来ます。大三へ捌くと弓が45度天紋筋に位置している外竹左角を中心に回転し、小指の先端関節に外竹右角が来た所で止めます。

 尚、こういう問題は文ではなかなか的確に表現しにくくまた読む方もわかりづらいと思いますので今度はメールで呼びかけてくれればこちらからも図入りで説明できると思います。ad.は初めから公開してますから。


■[575] タイトル無し:本スレッドは削除対象です (投稿1件)

1:新米さんさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0)
1.新潟県
2.新津地域学園弓道場
3.2013年5月6日(日)
4.初段
5.1:射法八節を書きなさい
6.2:「銅造り」について書きなさい
7. 無指定から4段のうち第2グループが弐段まであったのですが共通かどうかは不明
  無指定初段の出題内容は不明

1.新潟県
2.新津地域学園弓道場
3.2013年6月9日(日)
4.初段
5.学科問題1:危険防止の留意点について弓具面を述べよ
6.学科問題2:射法八節を列記し、「足踏み」について述べよ
7.学科問題の事前公表はなし
 出題文を回答用紙に書き込む指示あり
 無指定初段の問題は不明
 1つ目の問題は九州弓人さんと同じ意見で昨年の事故のことがあるかもしれません。

ちなみに今年2度目で何とか初段取れました。


■[576] ミレニアム射法 (投稿17件)

1:黒糖さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
こんにちは高校で弓道をやっています。二年生です。

ここ数ヶ月調子が悪すぎていて、いろいろ調べているうちにミレニアム射法というものを知りました。

説明をしっかり読み、ゴム弓からやってみました。的前で引いてみたところ、矢勢が増して的に中るようになりました。

その射を完璧にできていません。
まだまだまねっこというレベルです。まねっこすらできているかどうか…。
ミレニアム射法について載っている本も射場から借りてきました。
まねっこではなく、この射をものにしたいんです。合わなければ肩を壊しかねない、連盟の方にはあまり好かれていないというのは知っています。

そこで、ミレニアム射法について知っている方にこの射について教えていただきたいのです。
コツや注意点、長所、短所など、知っていることがあれば教えてください!!


長文失礼しました。

い!

14:ふみふみさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.7; ja-jp; SonyEricssonSO-03D Build/6.0.A.5.14) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
何に対して間に合うのかが良く解らないのですが・・・・

同じに学年の人達に負けたくない気持ちもわからなくはないですが、一番大切なのは自分の学校が他校に負けない事ですよね? そのなかで、貴方ができる事はなんでしょう?

まさか、自分の学校の同じ学年の友人に勝つ事が目標なんて小さな事、考えてないですよね?

15:黒糖さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
ふみふみさん、ありがとうございます。

間に合うというのは新人戦までということです。私は今、二年生なので今年の新人戦が最後です。
新人戦ではやっぱりAチームに入りたいです。

学校全体で勝ちたいです。もっと言えば私はAチームに入りたいです。そして、そのチームで勝ちたいです。

新人戦は三人団体。枠は小さいです。
みんなそのチームを狙っています。

みんな狙っているといっても、お互い落としあったり、足を引っ張りあうというわけではないです。


ごめんなさい。言葉がまとまらないです。

16:弐号機さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; SH-10D Build/S4180) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
初めまして、弐号機と言います

自分もついこの前まで高校で弓道をやっていたので、その焦る気持ちはよく分かります

特に高校は大会のスパンも短く、一度調子を落とすとなかなか戻らなくてそのまま本番…てこともよくありました

ただ新人戦までというならその前に夏休みがあり、練習量はある程度確保できると思います。
なので夏休みまで、あるいは夏休みの前半くらいは自分の射を探すくらいの気持ちでいいのでは?

それまではいろいろ先ほどの鷹司さんにミレニアム射法について教えを請うなり、本を読むなり、先輩から技術を盗むなり
とにかくいろいろ吸収してみるのがいいと思います
そしてその上で取捨選択し、射の方向性を決めて夏休みにしっかり練習すれば自然と的中もついてくると思います

紫弓さんが、鷹司さんがどうのと言ってますが
2年生なら自分に合ってるかどうかくらい分かるでしょう
合ってなければ諦めればいいだけです
最初から聞かなければ何も分かりませんし、
自分の射が定まってないなら、どんなことでも聞く価値はあると思います

17:黒糖さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
弐号機さん、ありがとうございます。

夏休み…そうですね。
夏休みまでに自分の射を見つけても遅くないですよね。
いや、遅くないわけではないですけど、新人戦には間に合いますよね。
次の大会は1週間後にありますが、それまでにどうにかするとかではなく、もっと長く考えて頑張ります。


■[577] 会の時に馬手の隙間の形が台形になってしまいます (投稿2件)

1:ひなさん
Mozilla/5.0 (Nintendo 3DS; U; ; ja) Version/1.7552.JP
会の時、馬手の隙間の形が台形になってしまいます。
先生からは引きすぎだ、とのことでしたが実際どうしたらいいのでしょうか?

2:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
そのフォームに特に問題はありません。大丈夫ですよ。

ちからこぶの筋肉を使って手首でグイグイ引っ張るとか、右手握りこんでカケ壊したりしなきゃOKです。
ただ、正面打起しなのに今回のフォームのせいで頬付けが口割りまで下りないっていうのなら、直さなきゃダメです。


■[578] 肩甲骨 (投稿7件)

1:翡翠さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
弓を引く際肩甲骨を動かしてはいけないという話を聞いたことがあります。
また、肩甲骨を寄せてきて引くことが大事という話を聞いたことがります。
私の学校では肩甲骨を寄せながら引いて来るように指導されています。

実際どちらが正しいのでしょうか。

あと、「弓道 肩甲骨」で検索するとミレニアム射法についての検索結果が出るのですが、関係があるのでしょうか…?

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
ハイ、おそらく同じことだと思います。
横に横に肩幅を広げていく、ような気持ちで弓・弦の力に対抗していきます。そして、離れた時の残身を案山子のように執ることです。その際、ただ腕を一文字に飛ばすというのではなく、体幹に力のみなぎった感じがいいですね。

5:紫弓さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
 まず、実際に動かさない指導はあります。その可能性は探るべきだと思います。また、どちらが正解かと問うのはナンセンスでしょう。何を主に行い、統一性を持たせるのかが大切でしょう。
 確かに、肩甲骨上下の寄せ方を決め、巻き込みの有無を決めるのが一般的です。ですが、動かさない方法もあります。正確には、腕を上げ下げする分は動きますが寄せる動きとは違います。肩を上から下に落とすだけです。なので、会での馬手肘の位置も、捻る射と捻らない射の中間になります。最初は上ずった射に感じるかと思います。
 この射は長く引く上で必要になる可能性の高い技術の一つだと考えてます。前肩に巻けなくなったら開く事も出来ないんですから。背中で引くって事はこれも意味している事を認識しても良いでしょう。

>>顧問の指導では
 これを受けられる環境であるなら、「どっちが正しい」とか「同じ意味ですか」という疑問を持つのはやめましょう。これは実際に教えてくれる先生にも失礼ですし、他に指導を仰いだ方にも責任や誤解がでます。その前に、身近な先生に聞いてからでも遅くないし、間違いや失礼を生み出す事が少なくなるでしょう。期待からの苦言です。
 

 

6:翡翠さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
>鷹司カオルさま
分かりました。
参考にさせて頂きます。
ありがとうございます。

7:翡翠さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
>紫弓さま
マナーについてのご指摘ありがとうございます。
まだまだ未熟なものですので、色々知りたいという興味からの質問でした。
ご返信、大変ありがたく思います。


■[579] 右肘が入らない。そもそも入れる必要があるのか? (投稿30件)

1:高校生弐段さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.7; ja-jp; SO-02D Build/6.0.A.5.12) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
タイトルの通り右肘が肩より前にあります。肩甲骨で引くことや体を入れるなどしても肩の線より拳ひとつより少し小さいくらい前にあります。弓を始めてからずっとそうです。

また、僕の指導者の先生(五段)は、右肘は肩の線より少し前にあるべきと言い、そう教えられてきました。なので僕の学校の部員はみんな肘は少し前にある気がします。

的中は7〜8割くらいなのでそんなに悪くはありません。しかし教本などを読んでも、肩より前に肘を置くと書いてあるどころか少し後ろに置くと書いてありました。
この肘を肩より前に置くのは、そういう流派なのでしょうか?指導してくださっている先生が体調崩されて会うのが難しいので投稿させていただきました。
長文で読みにくい文ですが、よろしくお願いします。

27:紫弓さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
 私も先生の肘は前腕より中心に来やすいと思います。
 見方は違いますが理由は、体格。神永先生は櫛形が出来かつ肘間接が入っていても一般的な元矧ぎの位置より前にあること。一般的な体格に比べ、腕が短いor前腕が上腕の比にくらべたら長い為、更に矢束を取ろうとすれば、肘が立ちます。
 なので、例に挙げるならそれをしっかり言うべきだと思います。それを言わずに本で引き合いに出したと言うなら誤解を生み出す元です。それはやめて欲しいです。

>>スレ主さんへ
 様々な射法を理解するなら、まず一つ形を作りましょう。そうすれば、焦点がきまってきます。自分がどんな弓引きになりたいか、環境をどうすれば良いか考えて行動しても良いと思います。

28:高校生弐段さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.7; ja-jp; SO-02D Build/6.0.A.5.12) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
>>紫弓さん
つまり体格によって見え方が違うということですか?

自分はできるだけ先生の射を真似するようにしています。ただ、やはり3年間程度でやれることには限界があるようです…
将来はどこかの流派に入りたいと思います(正面なので本田流などに)。

29:紫弓さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
>>高校生二段さん
 私の指摘させてもらったのは、他の確認できる点があるという事です。写真ですから、実際の撮影の角度で勘違いがおきやすいです。
 なので、少しずつ確認出来る物を増やしていけば良いと思います。

 3年間悔いの残らないようにがんばってください。

30:高校生弐段さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.7; ja-jp; SO-02D Build/6.0.A.5.12) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
>>紫弓さん
ありがとうございます。がんばります!


■[580] 緊張と早気 (投稿10件)

1:n.aさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB7.4; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; .NET4.0C)

私は、現在高2で弓道部に所属しています。
私は早気になってから3カ月ぐらいがたつのですが、最近とても悩んでいるのが口割れがつかないことです。(矢がおりてこない)
ここ2週間ぐらいのことです。
鼻の上でとまってしまい、下ろそうとしてもおりてこず、そこで5秒ぐらいとまって離れてしまいます。緊張するともっと上で離れてまいます。友達に「まだ、あと少し」
といってもらうとおりてくるのですが。。。
9月には弐段の審査があるのでそれまでに治したいのですがいい練習方法などありますか?
また、私は遠的がとても好きで8月ぐらいに遠的の大会があるのですが早気でも遠的はできますか?

よろしくお願いします。

7:n.aさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; KYL21 Build/018.0.3a90) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
2:高校生弐段さん
ご意見ありがとうございました!
はい。福岡の大会です!!
私も、すごく頑固です。。。

会持てるように頑張ります
福岡の大会がんばってくださいっ(`・∀・´)

8:n.aさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; KYL21 Build/018.0.3a90) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
4:あおいさん
ご意見ありがとうございました。
日々コツコツ練習するのがたいせつなんですね。
早速自分の射形を見直してみます!!
ありがとうございました。

9:n.aさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; KYL21 Build/018.0.3a90) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
5:あさん
ご意見ありがとうございました。
私は、すごくせっかちで、いろいろと焦ってしまうところがあるので、ゆっくり時間をかけて直していこうと思います
ありがとうございました!!

10:n.aさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.0.4; ja-jp; KYL21 Build/018.0.3a90) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
2番が当てはまると思います。。。

貴重なご意見ありがとうございました。


■[581] 弦音について (投稿4件)

1:しまさん
DoCoMo/2.0 N04B(c500;TB;W24H16)
こんばんは
最近なのですが弦音がおかしいのです
離れをした時また小引きで離れをしたときに普通でしたらキャンやカンみたいな短い音だと思うのですが弦音がしたあとにビィーンと音がします
何が原因なのでしょうか?教えてください

2:通りすがりさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
弦音がした後にその様な音が鳴るなら
単純に把の高さが低いだけではないでしょうか?

関板から弦が浮いていますか?

3:しまさん
DoCoMo/2.0 N04B(c500;TB;W24H16)
早速の返信ありがとうございます
大体弦2、3本分くらいは空いています
ちなみに弓ハは15センチ+αくらいです

4:しまさん
DoCoMo/2.0 N04B(c500;TB;W24H16)
原因がわかりました
弦が完全に伸びきっていたみたいです


■[582] 手の内について (投稿9件)

1:blueさん
DoCoMo/2.0 F02C(c500;TB;W24H16)
私は普段緊張すると手汗がすごく出てしまいます。
今の時期は冬以上にひどいです。

弓を引くのに支障がなければ別にいいのですが
汗で角見が全く効かず、弓返りも無くなり、腕を打つようになりました。


汗の量が多いので筆粉では逆効果になってしまいます。

皆さんの周りの手汗のひどい方は
どのように対処しているのでしょうか?

6:blueさん
DoCoMo/2.0 F02C(c500;TB;W24H16)

コメントありがとうございます。

天弓のは以前使ったことがありますが…使い方が下手なのかあんまりでした……。


私も印伝派なのですが
逆に1回汗ですべると模様ごと空回りしてしまい手の内がすごく入ってしまいました…。

グリップは
大会ではアウトですよね(汗)

7:茶々さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.6; ja-jp; N-04D Build/A1002811) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
印伝の握り皮なんてやめた方がいいですよ。
滑るし、高い。

グリップは試合では使えるはずですが、確認された方がよいかな。

8:あおいさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
私も印伝派です

値段は高いですが、
私の場合は天弓を使う回数が減りましたし
(湿度での変化が少なく思いました)

滑ると感じたことはないですね
個人差もあると思うし、私は好きで使っていたので
やめた方がいいという意見には賛成できません。

9:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
手汗に悩んでいる人に牛皮の握り皮を紹介したらうまくいったことがあります。
宮城県仙台市の後藤弓具店で売っています。


■[583] 手の内の震え (投稿3件)

1:ザキオさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
こんにちは。

私は今、手の内について悩んでいることがあります。

昔から、手の内が控えていることが癖としてあり、角見が回りきっていません。大三で角見が回らず止まってしまうことで角見の関節が盛り上がり、弓を握ってしまいます。その盛り上がりをさせないようにとっても角見が回らず、この場合は大三の途中で腕が止まってしまいます。

ちなみに、自分の手は少し変わった形をしていて、親指の第一関節が90度程度も反ります。角見の関節も、力を抜いた状態で若干盛り上がっています。これが関係するかどうかはわかりませんが。

どうしたら手の内を入れて利かせることができるか悩んでいます。皆さんの意見を是非聞かせていただきたいです。宜しくお願いします。

2:ザキオさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
すみません。補足します。


タイトル通り、手の内が入りきらないことで手の内の震えが止まりません。

宜しくお願いします。

3:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
1.握りが太すぎる
このまま引くならば、わざと天文筋から外竹角をはなさなきゃいけなくなります。当てゴムを小さいものに交換しましょう。もしも外竹側にも何か貼って盛っているのならそれも外すといいかもしれません。

2.爪揃えができていない
特に弓構えで中指薬指が入りすぎると親指滑っていかず手の内控え気味になりそうです。弓構えでの手の内整え方は弓道教本第一巻で確認しましょう。

3.反り胴,退き胴,弓が照っている
遠的でもないのにこうなっていては弓押しにくく親指も奥に入っていかないでしょう。体の重心は両足親指付け根に置くくらいがちょうどよいかもしれません。大三取るときに弓を押し開きやすくなっていいですよ。

4.手の内ベタ押し
中指付け根と手首をつなぐ骨、これと弓の直角を意識すれば、手の内回りやすくしかも虎口で押す感覚が得やすい感じです。


自分が思いついたのはこんな感じですがいかがでしょうか?


■[584] 矢が飛ばなくなりました (投稿3件)

1:六花さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; SBM007SH Build/S0020) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
同じような質問が既にあったらすみません。

一週間ほど前から、矢が全然飛ばなくなり、矢道にハケるようになりました。

言われることとしては、
・前の方で会の状態にある
・妻手の手先に力が入っている
・離れで、弓手が上押し気味からベタ押しになり、妻手の軌道が上を通っている

などです。
自分でもなるべく大きく引くように、会で横に伸びるように、などの意識はしているのですが、うまくいきません。

どなたか少しでもいい方法がありましたらお願いします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
お早うございます。
「矢が飛ばなくなった」という厳然たる事実からして以前より弓の力が矢に乗らなくなったと言えますね。ではその原因です。
@「前の方で会の状態にある」・・・これはどういうことかはっきり言って分かりませんので除外します。
A妻手の手先に力が入っている・・・手先で引いても十分に引き切れるものではありません。引き足らずの感がします。
B「離れで、弓手が上押し気味からベタ押しに」
 和弓は上長下短で上が弱く下が強いですから「左上押し右下弦」と言われるように弓手で上押しをかけなければなりません。その上押しが肝心の離れで効かずベタ押しになっていては矢に十分な推進力を与えることはできません。
C「妻手の軌道が上を通っている」・・・ということは上離れですから、カケ=矢筈を離れ時に上げてしまっているのです。これでは矢が下向きに発射されますからね。ハケるのは当然でしょうる。

 まず、引分けるにも腕の力を抜き、背筋群の力で両ヒジを開いてくるようにすると良いと思います。また、手先の力でなく弦はカケ枕に任せて(カケを少し捻れば弦は枕から外れませんよ)、肘で引いてくるようにしましょう。

3:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
自分が以前参加したスレッドです。
おそらく今回も使えます。
http://ecoecoman.com/kyudo/bbstec/2013052322191549.html

特に今回は、棒立ちのままつまみ引きしていて、会で馬手肘が肩よりも上または前で止まっているような気がしますがいかがでしょうか?


■[585] 手汗に悩む (投稿4件)

1:ハインラインさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.21.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.5 Safari/533.21.1
 私は手汗がすごくて、普段何もしてなくても常に手が濡れています。そのため、弓の握りとカケが汗でびしょびしょになってしまい困っています。特にカケは汗が表面にまで浸透してしまいます。筆粉を使っても、全く改善されません。何か良い手汗対策があれば教えてください。

2:とめきちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6.6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; InfoPath.2; .NET CLR 1.1.4322; .NET4.0C; .NET CLR 3.0.30729)
多汗症は弓道をするのには困りますよね

下カケをタオル地の物にするとか、重ねて使い、小まめに換えるくらいしか思い浮かばないですね

弓手では、脇汗用のスプレー式の物を使うとか聞いた事ありますが、利用方法がメーカーの想定外のような気がしますので掌が荒れたりとか問題が起りそうですね

合成弓なら握り皮の下にガーゼ等を巻いて吸水性を良くするとかどうなか?
ただ下地のガーゼや握り皮は早めに交換した方が
良い気がします、お財布には優しく有りませんね

3:ゆうさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.3; ja-jp; SBM007SH Build/S0020) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
握り皮は印伝のものにしてみたらどうでしょうか?
私も手汗がひどくて、普通の握り皮は1週間もせずにダメにしてしまいましたが、
印伝の握り皮に変えてから一年たっても劣化していませんよ(´`*)
撥水性があるみたいです。

カケに汗が浸透してくるのは、中指の部分ですよね?
これも私がやっているのは、中指の腹の部分にボンドで握り皮(普通のやつ)を貼ることです。
最初は少し変な感じがするかもしれませんが、すぐに慣れますよ。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
お早うございます。
 私もよくやっていた頃には手汗には悩みました。出てくる分にはしょうがないと半ば諦めもありますが、それによって滑ることは放っておけないので工夫しましたよ。
@巻く前の握り革にポンチなどで穴を開けてから巻く。
A弓の握り革の上に紐を巻く。これは紐の太さだけ間隔を開けて巻きます。
Bカケの内側に紐を(Aのように間隔を開けて)並べて貼り付けます。
C下ガケは百均shopにある手袋(軍手ではない)がピッタリですよ。カケに合わせて整形するもしないも良し。通気性がある布地なので汗対策には良いし、左用も難なく右で使えますので1セットで二度使えてお財布にも優しいですよ。汚れても素材が色変わりしにくく洗えば「新品」ですよ。
 
 以上私の対策です。筆粉・甲イカなど使ったこと・必要はありません。


■[586] 膝を生かすとは? (投稿11件)

1:シルダさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
高校で弓道をやっているものですが、
タイトルにあるように「膝を生かす」行為そのものがわかりません。

いままで、そんなこと意識すらしたこともなく
先輩からも指導されず大会などに出ても注意を受けなかったのですが、ネットで偶然この言葉を見つけました。

「膝を生かす」という行為が、どういう所作を指すのかわかりやすく解説していただけると幸いです。

8:イリシャムさん
KDDI-CA3F UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.4.314 (GUI) MMP/2.0
シルダさんは膝を生かした結果として何に繋がるのかを聞きたいんじゃないですか?

9:通りすがりさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/6.0)
単純に初めて聞く言葉だから教えて欲しいとは書いていますが、「何に繋がるのか」なんて聞いてませんよ。
(今の時点では)


本来は即応の意味から膝を生かしていたと思いますが、今となってはただの作法ですよね。
突き詰めれば弦調べ・「の」調べも微妙ですし。

10:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
イリシャムさん、鋭敏なるご推察恐れ入いります。せっかくそこまでお気づきなら教えて差し上げてはいかがですか?
 私にはそう読めませんのでその筋は控えておりますw。

 只、膝を生かしませんとただでさえ窮屈な姿勢の時ですから順待のあいだに隙が生じやすくなりますからね、膝を活かすのも一つの便法かと思っています。

9:通りすがりさん、確かに『弦調べ・「の」調べも微妙です』・・・武市先生は「射道芸術の探修」の中で「・・・現代弓道の精神から考えても、「射芸」の範疇に入れるべき射業だとは、決して言えない」(p.133)と書いていますね。しかし現在の公約数的な連盟の中では認めていますがね。

11:シルダさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
返礼遅くなりまして申し訳ありません。
PCの調子が悪かったもので・・・

>あおいさん
回答ありがとうございます。
今後審査も受けようと思っているので、気をつけていきたいと思います。

>鷹司カオルさん
>イリシャムさん
>通りすがりさん
自分の補足がないせいで、意図のわかりにくい質問となってしまって申し訳ないです。
自分の意図としては、まずどういうものかをお尋ねしたかったのですが・・
教本を読み返し、部活仲間とともに体配を確認したいと思います。
「何に繋がるか」については、ここの過去ログなども参考に、あれから少しわかった気がします(^O^)

みんさまの大変わかりやすいご回答ありがとうございましたm(__)m


■[587] 妻手がたたない (投稿5件)

1:跳べないブタさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB7.4; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; .NET4.0C)
高校二年生です。
弓は14kg(伸)を使ってます

実は、だいぶ前からなんですが、
自分は妻手をたてることができません

友達に見てもらったところ、目通りあたりまではできていて、
肘の位置も大体良いらしいのですが、
肘から先が下にストンと落ちているらしいんです。

どうにかなりませんか?!(>_<)

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
跳べないブタさん こんにちわ。

>妻手をたてることができません
ということは、妻手が立っていない・寝ている・水平のままということですか?それでいて
>肘から先が下にストンと落ちている
というのはどうも解せません。「立っていないが肘から先がストンと落ちている」のイメージが湧きません。
 もう一度わかりやすく説明してください。

3:ほっこりパンダさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.1-update1; ja-jp; T-01C Build/TER018) AppleWebKit/530.17 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/530.17
妻手が立たないのところはあってます
肘から先がっていうのは、具体的に説明しようとした結果、そういう表現になってしまいました…

まぁ、要するに肘の位置は合ってるけど、妻手が立っていないということです。

あと、妻手肩を上手く前に出せてないらしいんですが、関係ありますか?

4:あおいさん
Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
はじめまして、あおいです。

大三から肩甲骨のあたりの筋肉を使って
下ろすというより胸を開くように引いてはどうでしょう

妻手肩を出すというのは初めて聞きました
どういう状態のことですか?

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
>4:胸を開くように

 あおいさん、良いことにお気づきになりましたね。洋弓は引くもの、和弓は開くものです。肩甲骨辺りの筋肉を使うことも正解です。初心者はとかく腕で引こうとして矢筋を狂わせます。

>妻手肩を出すというのは
 出すと言うのは自分の体を中心とした言い方で弓道では入れると言います。なぜかと言えば弓と弓士を一体として考えるので弓に近づけることを入れると言います。ですからこの場合は肩を入れると言うべきででしょう。
 両肩とも入れて自らが弓の中に入って中から弓を開くようにしなければ胸も開けませんし、弓手方も安定して開の支点となりません。


それから、文面から行くと1:と3:は同じ方ですかね?

>1:妻手をたてることができません
妻手は立ててはいけませんよ。立てては「手繰り」になりますよ。勘違いしているのなら別ですが日本語としておかしいですよ。


■[588] 離れのタイミング (投稿8件)

1:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
離れでたまに懸けの中で弦がが引っかかってしまい矢が蛇行して飛んでいきます

自分なりに考えた結果
妻手と弓手でタイミング合っていないような体感があります

どうしてこうなるのか教えて下さい
アドバイス頂けると幸いです
長文・乱文失礼しました

5:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
よく友達に平付け気味で妻手が潰れてるまでいかなくても妻手の空間が狭いと言われます

今は目通りを過ぎたら妻手の捻りに注意しています

平付けが直ればこのようなことは無くなりますか?

6:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
>平付がなくなれば・・・
いやまだまだ、道は長いようですね。

 最初に立ち返り一つ一つを見直していったほうが良いみたいですよ。弓の参考図書を一冊は持っていますか? どの本でもいいから徹底的によく読んで自己を叩き直してください。

7:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
今日、確認してみたところカケの帽子を握りこんでいるのがわかりました
握りこみすぎてカケの形が変わっていました
自分のカケを調べてみたところ帽子のところが折れていました
これはもうカケを変えるしかないんですか?
先輩からおそらく頼めば貰えるのですが、愛着があるので変えたくないです…(泣)

カケは堅なのか柔なのかわかりません
弓は15sを使ってます

8:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
 やはり思った通りでしたね。
>帽子を握りこんで、形が変え、帽子を折って

いては良い離れが出る道理がありません。しかし折れているといってもカケはプラスチックなどとは違って折れて分離した訳ではないので使いようでうまく働いてくれると思います。私も何度自分で修理したことか。(何しろもうすぐハーフセンチュリーですからね) イャ、閑話休題。
 私の4:の後半の様に気をつけてやっていくうちに治ってくると思いますよ。付け加えて忠告するならば、取り懸けでは親指を反らせてその腹を弦に宛てがうようにする事ですね。そしてできれば、中指の先端関節を帽子に掛けるようにしてみてください。 

 それからカケの堅か柔かの別は、その硬さや見た目ですぐで分かりますが、指導者が特別に柔から始めさせる意図がない限り堅だと思います。又、帽子の中には木が使われています。カケの中で親指を反らせても隙間はあるはずです。


■[589] 離れで左右の腕があがってしまう (投稿6件)

1:ちゃちゃさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
高校二年、初心者の女子です。

今回困っているのは私ではなく、同じく初心者である友人です。

友人は離れのとき、左右の腕がどうしてもあがってしまいます。

それに会の時、腰から上が、お腹は前に胸は後ろに沿ってしまってます。

そのせいか滑走が多く最近、的中率が悪いです。

どうにかして直そうと指摘してるんですが、伝え方や直し方が分からず、困っています。

この原因または直し方が分かる方は教えてください。

3:ちゃちゃさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
長文
ありがとうございます!

参考になりました!

明日、伝えてみます!

4:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
ちょっと遅かったか…
私からも提案(長文注意)


胴造りが反り返って体の重心が両足のかかと側に片寄っている?
おそらく、身体を反らせながらエキスパンダーをグイグイ引っ張るようなフォームになっていると思います。

足踏みのつま先の向きは基本通り60度になっているでしょうか?そうならず両足つま先向きが平行になっていると重心がかかと側にずれやすいです。
足踏み整えた上で、両足親指付け根に重心を乗せるくらいがちょうどよいと思います。これで両肩・腰・足のラインをそろえる三重十文字をつくって、そこから崩れないように頭のてっぺんや背中を押さえてあげればいいのではないでしょうか。

弓構えでは胸を反らせることのないように両肩を軽く前に出して大木を抱えるようなフォームにする(いわゆる円相の構え)。右手はちょっとひねって親指と弦が直角になるようにする(たぶんこの直角ができていない?)。

物見でアゴが浮かないようにさせ、打起しでは弓を遠くにすくい上げるようにする(反り対策)。ここで反るようなら打起し後に一度息を吐いて肩を下げさせるとよいと思います。

大三ではひねりを崩さず右手はおでこの上で、距離はこぶし一つ分。ここで弓が身体から横に遠すぎると、先に書いたようなエキスパンダーをグイグイしているような引き方になる。
ひじをかかとに下ろしてくるイメージで、右手を肩の上に乗せるように引く(これはひねり不足の平付けではできない)。


身体の反りはこれでだいぶ良くなると思います。
慣れない筋肉を使うし弓力もいつもより強く感じるので本人かなり辛い思いするはずです。特に腰が痛くなるかも。できるようになるまでの我慢です。

5:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
すみません忘れてました…

つまみ引きになっていないかも見てあげてください。つまみ引きだと右手手首が内側に折れて引きづらくなり、胸弦つけるためについつい身体を反らせがちです。


連投失礼しました。

6:ちゃちゃさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)

長文ありがとうございます!!

友達が腰痛める理由もおかげさまでわかりました!

明日伝えます!!(^^)


■[590] 矢所 前 (投稿18件)

1:つばめさん
DoCoMo/2.0 N02C(c500;TB;W24H16)

今年から弓道を始めた高校一年のつばめです。

最近、10kg→11kgの錬心に弓をかえました。

弓をかえる前はそこそこの的中だったのですが、かえた後は2時の方向にしか矢が飛ばなくなってしまいました。
友達や先輩に狙いを見てもらっても、合っているそうです。

顧問も経験者ではなく、困っています。

一般的に前に飛ぶのは何が原因なのでしょうか?

アドバイスお願いします。

15:強弓引きさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; MDDR; .NET4.0C; .NET4.0E)
弓手の親指の付け根の指を的に向かって
真っ直ぐになる様にしてください。
また、狙いをつけたら弓手を肩から開くようにしてそのタイミングで離れをしてください。
右手だけで離すと前矢になりやすいです。

16:つばめさん
DoCoMo/2.0 N02C(c500;TB;W24H16)
なるほど、おっしゃる通り弓手を意識してひいてみると、的になんとか中るようになりました。

ありがとうございました。

17:気合さん
DoCoMo/2.0 F02C(c500;TB;W24H16)
一般的には的の前に行く原因のほとんどは妻手が緩みながら離れ(妻手が戻りながら)しているからです。そうなる理由は多くあり、直すのもけっこう大変です。私も悩んでいた時期がありましたが、私の場合は妻手側の伸び合いがおかしかったからです。前腕と肘を裏的にグーとしながらやると、うまく行きました。逆にそっちばっか、やると弓手の押しがあいまいになり妻手離れ→的の後ろにいきやすいです。よう大切するに両側のバランスがです

18:心臓さん
Mozilla/5.0 (iPod; CPU iPhone OS 6_1_3 like Mac OS X) AppleWebKit/536.26 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Mobile/10B329 Safari/8536.25
物見と角見を意識してみては、
どうでしょう?

自分も肩が詰まっていますが、
物見と角見を意識したら
中る様になりました

多分ですが、角見の時に
親指の付け根で押せてないか
あまり、小指が逃げてると思います


■[591] 弦が耳にあたります (投稿4件)

1:ムラさん
KDDI-SH3E UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.358 (GUI) MMP/2.0
はじめまして ムラと申します よろしくお願いいたします 弓道をはじめて一年経ちますが 最近 矢を放った時に 弦が耳にあたるようになってしまいました 先輩にいろいろアドバイスを頂き やってみたのですが直らず昨日は出血してしまいました どうしたらいいかわからず悩んでいます 何か直す方法があったら教えて頂きたいのですが よろしくお願いいたします

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
初めまして。お早うございます。一度でもそうなると中々トラウマになって影響されますから嫌ですね。ムラさん、矢所はどんな変化となりましたか?耳を打つようになったことと関連して色々な変わりようが出てくると思いますがね。
 思うに、物見を深く入れすぎるようになり耳がなかに入り過ぎるようになったかもしれませんね。物見・顔の向け様が同じとしたら三重十文字が正しくなくなり特に肩線が後ろを向いてしまい離れた弦が耳を払うようになってしまっているかもしれません。また、上のようならば矢所は後ろが多いはずですが如何ですか?
 因って、引き方は同じとすれば
@物見
A三重十文字
辺りを検討してみては如何でしょう。

3:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; YTB730)
鷹司カオルさんの記述の通りだと思います。
私は別の観点から考えます。
ハイスピード撮影の動画を見ると、離れの直後、弦は必ず射手の顔を避けるように一旦外に出て、次にその反動で弓手に接近するように内側に入り、最後は弓の右側をかすめるように外に出ながら矢を分離しています。
これは、矢がお尻を押されて、一瞬でものすごい急加速をするために、大きくしなるからです。この時最初のしなりが上述のように右から始まらないと、もろに射手の顔を直撃します。
しかしカケは、弦が弦枕を越えて出てゆく時、出口は右に空いているため、必ず審査員席側に弾かれて出るようにできています。
従って、この原理を信じて基本通りの離れをきちんと出せば、普通耳は打ちません。現に最近までそんなことはなかったのでしょう。
恐るおそる緩み離れをしたり、十分矢束を取れずに耳の真後ろに弦があったりすれば、理屈どおりの弦の振る舞いが起きず痛い思いをするのだと思います。
十分引いて、カッと元気に離す。これしかないのですが、今は怖くて難しいと思います。耳を包帯か何かで十分保護して練習したらどうでしょうか。

4:ムラさん
KDDI-SH3E UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.358 (GUI) MMP/2.0
丁寧な回答ありがとうございます。
早速、実践してみたいと思います。また何か困った時には相談させていただきたいと思います。
ありがとうございました。


■[592] 離れの改善 (投稿17件)

1:めんこさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; INFOBAR C01 Build/S2270) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

初段、15キロ、響、弓道歴2年目のめんこと言います。

離れについてなんですが、顧問から離れを改善しろと言われました。
今の自分の離れは
力任せに離れて振り回している、
力んで離れのきれが良くない、
小手先で離れている、
肘の位置が変わってる
と指導されます。

胸の中筋からしっかり離れろと指導されるのですが、いまいち実践できていません。力を抜こうとすると軽く伸びが緩み、的の直前で矢が落ちます。

どのようにすれば、力任せにならないのでしょうか?きれのよい離れをできるのでしょうか?

14:めんこさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.5; ja-jp; INFOBAR C01 Build/S2270) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1

Y.K.さん、ありがとうございます。
引き尺は大丈夫なので、恐らく前者だと
思います。それで、肘がゆるむというのは
どういう感じなのですか?親指腹で弦をなでる
ように離れたところ、顧問には離れ良くなった
と指導をいただけました。
ありがとうございました。

茶々さん、ありがとうございます。
一度自分の射形を足踏みから見直してみたいと思います。ありがとうございました。

外れ者さん、鷹司カオルさん、ありがとうございます。
結局、ゴムと弓道の根本の共通性はあるのでしょうか?

15:Y.K.さん
DoCoMo/2.0 SH903i(c100;TB;W24H16)
>>14
先に書いた件の「肘がゆるむ」というのは、右腕が平泳ぎのように動くとか、肘の力が抜けて馬手が矢の向きに一瞬戻ってから離れるということです。

体の重心前にずらしたら前離れになったということですがだいたいこんな動き方をしたのではないでしょうか?矢があらぬ方向に飛んで危険なので、すぐ直ってよかったです。

16:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.31 (KHTML, like Gecko) Chrome/26.0.1410.64 Safari/537.31
共通性について、外れ者さんよりのご回答をお待ちしているところです。私にはわかりません。

17:X8iC7oMさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:21.0) Gecko/20100101 Firefox/21.0
悩みに悩んで、行き着いた回答です・・・

なんで、わかんないのか・・・・
あれだけのアドバイスをされてる方が・・・・

これからは、眺めるだけにします・・・・


■[593] 早気について。 (投稿2件)

1:直心さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
早気もどき?で悩んでいます。
今はまだましになってきたのですが、会が2秒くらいしか持てません。
巻き藁でも同じ状態で、以前は口割りについた途端離れてしまっていました。
会をカウントダウンで数えてもらうとその時は結構会を持てるのですが、ずっと続けていればこの方法って効果ありますか?
以前カウントダウンやってもらった時は5秒や10秒も震えながらも持てたので精神的なものだとは思うのですが…。
文章めちゃくちゃですいません;

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
直心さんこんにちわ。
 モドキドコロではありません。立派な早気です。精神的で最たるものが弓では早気です。教本の逸話を読みましたか? 「2秒というのも実際は1秒ではないかな?秒を数えるのに「1、2、・・・」と数えてしまいませんか?どうですか?・・・さて閑話休題。数を数えていて何になりますか?せいぜい前腕の尺側手根屈筋による摘まみ引きの我慢比べですよ。悩みに突き当たっている今、弓の参考本でいいから図書館で借るなどして弓の基本から勉強し直したほうがいいかもしれませんよ。

又は、「早気」で検索してご覧なさい。いっぱい出てくるでしょう。それを読んでいくのもいいかもね。


■[594] 斜面から正面へ (投稿5件)

1:ありもりこさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
こんにちは。弓道をはじめて、今年で三年目に突入しました。
正面です。

斜面経験者の後輩に正面を教えているのですが、大三から「左肩が入らない」と安定していないようです。

私は斜面の経験がないので、どう教えればいいのかわかりません。
何かポイントがあれば教えて頂きたいです。

2:茶々さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.6; ja-jp; N-04D Build/A1002811) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
わからないのなら、どうしてあなたが指導する必要があるのでしょう?わからないのに指導なんてしてはいけません。

指導者に指導は任したほうがいいと思います。どうしても指導したいのなら、指導者がその子を指導しているのを側で聞き、知識を付けてから指導するのが良いと思います。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.110 Safari/537.36
ありもりこさんこんにちわ。
斜面の経験(が正面の学習を阻害しているということ)は彼の問題ですから関係ないですよ。あなたの引く正面を習いたいと言っている以上は、自らの今までの斜面の経験から正面への移行は彼が自分で修正・取捨・変更していく学習でしょう。あなたが彼に正面を押し付けようとしない限りは彼に任せるべきと思います。
彼が「ここは斜面では・・・」と持ちかけてきても、その内容には「私は斜面のことは分かりません」で当然ですよ。

4:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
>>1
大三を取るときに右肘の張り方がわからず胴造りが反時計回りにねじれてしまうとか、打起しの時に体が反るか重心がかかと側にとか、物見が照っているせいで右肩上がって左肩が逃げてしまうとか、いろいろ検討はつきますよ。
まずは姿勢,重心の位置,足踏みの広さを確認ですね。

5:ありもりこさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
茶々さん、コメントありがとうございます。ご意見参考になりました!次の機会に指導の先生に話をしてみようと思います。


鷹司カオルさん、コメントありがとうございます。ご意見参考になりました!これを踏まえて考えていきたいと思います。


Y.K.さん、コメントありがとうございます。ご意見参考になりました!姿勢、重心の位置、足踏みの広さを次の部活で確認してみようと思います。


大変ありがとうございました。
長文失礼しました。


■[595] 手の内の親指の押す方向 (投稿1件)

1:foolishさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; SonyEricssonSO-01C Build/4.0.1.C.1.31) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
最近、押し方を変えて弓の縁を親指の付け根の骨?のような所で押しています。

そして、親指を反らそうとしているのですが
・反らせると中指から離れ浮いてしまい…
・浮かないように意識すると親指が弓力に負け 曲がってる気がします
顧問に相談したところ握りの太さ合ってないしか言われず…

また、師範代の方の親指は横から見て滑り台?のようになっているのに自分のは親指が伸びきり平らです。

手の内の親指に関して教えて頂けると幸いです

長文・乱文失礼しました。


■[596] ギリコに関して (投稿6件)

1:ほっこりパンダさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)
こんにちは、弓道歴2年の高校生です。

現在、私はギリコを引いた本数にもよるのですが、だいたい週2〜3回使っています。

使ってるうちにつるつる滑って弦が抜けそうになります。

目標としては、ギリコを使わずに引けるようになりたいと、思っています。

弦枕が浅いとは、言われたことはありませんので、どうにかできないでしょうか?

3:ほっこりパンダさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.1-update1; ja-jp; T-01C Build/TER018) AppleWebKit/530.17 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/530.17
返信ありがとうございます

ギリコの使い方が下手なのかギリコを使って何本か引くと
会に入って、弦が指を押す(?)ように指が滑ってしまうんです。

だからです。ベタベタするぐらい、たくさんつけたが良いんでしょうか?

4:茶々さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.6; ja-jp; N-04D Build/A1002811) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
ベタベタするくらいではなく、滑らない程度です。滑るようになったら少量つける。私は、30から50射に一度はつけますかね。それと練習前に少量。

つけすぎると逆に滑っていきますから、注意が必要ですよ。

ぎり粉を使った直後は、滑る感覚がなく、暫くしてから滑る感覚がある。ということですが、ぎり粉を使わないで引いた場合は、滑る感覚が無いのですか?

5:通りすがりさん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.0; Trident/5.0)
私は全くギリ粉を使いません。
高校生の初心者のころ2〜3回使いましたが、馴染めなくてそれきりです。

@勝手の手首と手の内の力をしっかりと抜く。
A勝手の捻りが適切に掛っている。
B矢筋に沿いつつも下弦を意識する。
C引き分けは胸や腰で開くことを意識する。

とりあえず上記4点に注意すればギリ粉を使わなくとも十分に引くことはできます。

ある意味当たり前のことをやるだけですが、「ギリ粉を使わずに引くのは無理」と言う人が圧倒的大多数です。
なので技術的にはかなりハードルが高いと思いますが、不可能ではないです。

ギリ粉を使う人にとって、私のユガケの親指はツルツルです。

雑に引き分けたら、失敗してスッポ抜けたりしますが、キチンと引けていれば全く滑る感覚もなく、むしろ安心して勝手に任せて引く事ができると思います。

道は険しいと思いますが、頑張ってください。

6:ほっこりパンダさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB7.4; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; .NET4.0C)
>>>茶々さん
返信、どうもです
そこは、やはり、普通に何本か引くと滑ってしまうのですが、少なくとも、ギリコを意識的に使う前までは、なくても割と引けてました

>>>通りすがりさん
返信、どうも
やっぱ、勝手ですか・・・(..;)
指導者からも、勝手を雑に引きやすいとは、言われたので、意識してみます。


■[597] 小指に力が入らないのに薬指にばかり力が入る (投稿3件)

1:竹里 ころもさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3)
 弓道を始めて二年目に突入した後輩が、なかなか打ち切りにならず、弓がほとんど回らずに腕をはらうことがあります。最初はただ単に握りすぎているのでは、と思いこのことをアドバイスしたのですが、よくよく見ると小指がかるく浮いていて、薬指に力が入ってしまっているようでした。
 そこで薬指に力を入れずに小指に力をもう少しいれてはどうか、と言ったところ、それができずに苦労しています。どのようなことが原因で薬指にのみ力が入ってしまうのでしょうか。また、どのようにすれば問題が解消されるのでしょうか。
 このままでははらうことが増えてしまい、離すときに体がよけるなどの悪癖がついてしまうかもしれません。部活内ではアドバイスに限界を感じたので、アドバイスの方、よろしくお願いします。

2:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
勝手な想像ですが、もしかして弓が照ったり手の内ベタ押しになっていませんでしょうか?大三を取るときにも矢が上を向いているような気がします。
さらに腕をはらうということは、胴造りの重心が左足つま先側右足かかと側にずれていて左肩前出すぎの右肩後ろに逃げているというフォームで馬手もひねり甘くて平付けになっている感じもします。
心当たりありませんか?

3:竹里 ころもさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3)
返信ありがとうございます。いちばん顕著に思えたのはべた押しでした。
今のところ、はらうことはなくなったのですが、離れたときに馬手が前に出ているので逆にどうしてはらわないんだ…という感じです。
今でも打ち切りにならず、弦が手前で止まってしまっているので、とりあえずはそこまで握らなくても落弓しないこと、離れを前に出さないことを指導方針にしてみたいと思います。

その他、薬指に力が入るが小指には力が入らない現象を改善できそうな意見がございましたらよろしくお願いします。


■[598] 会での感覚 (投稿5件)

1:アルパカさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
このあいだ離れについて質問しました。

顧問の先生に教えていただいた
会で張り続け、押手で押して離す
というアドバイスの「会で張り続ける」という部分が感覚的な意味でわかりません。

会での張りや伸びに力は必要ですか?
そして、正しく引いてきたとき、会ではどんな感覚なのですか?

2:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
この様子だとまだ矢が的の下に落ちているようですね。

本来はできるようになるまで顧問の先生にずっと稽古をつけてもらわないといけないんです。あれから一週間ですが、もしかして先生もさじを投げてしまったのでしょうか?



これは自分の方法であり先生の指導方針とはちがうかもしれないので、かる〜く読み流して頂ければ。以下のことを実行する前に顧問の先生からもう一度よく教わってください。本来は現場指導が一番なんです。

会の張りや伸びにある程度の力は必要だと思います。さすがに力の維持はすれども脱力はしないのではないでしょうか。
弓道教本第一巻114ページの引き分けに関する記述で「体を弓の中に割って入る気持ちが必要である」とあります。例えば、古くて重たくなった引き戸とかふすまの隙間に指をつっこんで左右に力を入れてこじ開けるときの感じだと思います。
こんな感じで引き分けしたら会に入ったときも同様に、的方向に押しつつ裏的方向に弦を引きながら両肩の線と矢を近づけ続ける意識で弓と体を左右に開き続けるんです。張り合いがうまくいくとこんな感じでしょうか。最初の内は、角見を効かせてこぶし一つ前に出すように押したほうがいいかもしれません。両肩の線を矢に近づけるという記述は巻末の射法八節図にも書いていますよ。

ただ、割り込みがすぎると矢こぼれしそうで怖いと思いますし矢を近づける意識が強すぎると猫背になるかもしれませんからほどほどが肝心ですし、馬手が右肩の前に付きやすいので馬手が肩の上に乗るように胴造りや大三の位置に注意しなくてはなりません。


まず最初に足踏み狭くて引きづらくなっていないか、物見で首から上が変な方向に倒れたりアゴが浮いていないか、弓手手首は真っ直ぐか、馬手親指と弦の直角は崩れていないかの確認を先にやった方がよいでしょう。

3:アルパカさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
ありがとうございますっ!

引き戸、ふすまのイメージすごいわかりやすかったです。
今日も部活があるのでさっそくやってみます!!

私は今まで力一杯的の方向に押していたのだと思います。勝手も力んでしまっていました。
また質問になってしまうのですが、
極端に言ってしまえば、会では張りを維持できるくらいの力加減でいいということですか?

4:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.15
>>3
>極端に言ってしまえば、会では張りを維持できるくらいの力加減でいいということですか?

こればっかりは本当に顧問の先生に聞かないとダメです。会ではどんどん力を強くするべきとか、無理せず弓力を受けるだけでよいとか、このへんは指導者によって違うからです。
実は自分も勉強不足ゆえはっきり回答できないので…悪しからず。

5:アルパカさん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.3.4; ja-jp; P-01D Build/GRH78) AppleWebKit/533.1 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/533.1
わかりました!
ありがとうございますっ!
しっかり顧問の先生に聞いてみます。


■[599] 会で右肘が下がる (投稿3件)

1:高校二年女子さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; P-02E Build/JZO54K) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
私は弓道を始めて今年で二年目になります。

最近になって、体が傾いてしまうようになり、それを直したら今度は右肘が下がってしまうようになりました。

人によっては下がった方がいい、というひともいるのですが、私の学校には師範の先生がおらず、正解が分かりません。

教本でも右の二の腕が地面と平行になっている写真の方がよく見られると思いました。(それは私だけの感想かもしれませんが…)

右肘切り下げという言葉を聞きますが、右肘は下がっていた方がいいのでしょうか

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.94 Safari/537.36
こんばんわ。正解、正常です。
会で右肘が下がるのが正しいです。
会では、右拳(カケ手)は肩より拳一つ分上で肘は拳一つ分下が基本です。部活の高校生は肘が肩と同じ高さの人が多いですが、それではカケを矢筋に抜くことは出来ません。それもその筈、そのまま肘をコンパスの芯のようにしてカケ手を上又は前に飛ばして離れますものね。その結果掃き矢や後ろ矢が出てしまうのです。
 離れの時は肘を袴腰の方・右下へ引くようでなければ矢は正常に飛びません。自信を持って稽古に励んでください。
 「右肘切り下げ」とは初めて聞きますね。単に「切り下げ」と言えば普通は離れ時に弓手を下げてしまう射癖です。

 教歌を一つ紹介しておきます。

「拳しより 肘の先まで 水走り
    低く見ゆるは 強き肘なり」

 ・・・引き込んで「会」にはいった時の勝手の形を言ったもので、右拳から肘の先までの形は、ちょうど「水走り」になるように、肘尻が低くなるのが良いわけで、これを強い肘形(ひじなり)と言うのである。・・・右手の収まりの形は、右拳が右肩より約十センチ高く、右肘尻は右肩より約十センチ低く、会において右肘尻の働く運動方向は、四十五度斜め後方下である・・・」
「現代弓道講座E」より
            

3:高校二年女子さん
Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 4.1.2; ja-jp; P-02E Build/JZO54K) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/534.30
ありがとうございました!

これからまた、頑張っていきたいと思います。


■[600] 審査でのテーピング、押し手カケ (投稿7件)

1:ビーさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_5) AppleWebKit/537.31 (KHTML, like Gecko) Chrome/26.0.1410.65 Safari/537.31

回覧ありがとうございます。
私は次に参段を受験する高校生なのですが、質問です。
タイトルの通りなのですが、審査でテーピングをつけていたり、押し手カケをつけているのは減点対象だったり、印象が悪かったりしますか?
押し手カケなら大丈夫なのでしょうか?
回答よろしくお願い致します。

4:テツさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB7.4; .NET CLR 1.1.4322; YTB730)
私も個人的な見解ですが


テーピングや押し手かけは
 
  「私は下手です」

  「マメを作る手の内です」

と伝えているようにも受け取れます。


私は教え子には審査前からは押し手カケは外して練習するように指導しています。

5:Qやんさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.31 (KHTML, like Gecko) Chrome/26.0.1410.64 Safari/537.31
わたしも審査などで押し手カケを使用するのは良くないと先輩等から伺っていましたが、その根拠をよくわかりませんでした。
てっきり礼に失する等の作法上の問題なのかと思っていましたが、天龍さんやテツさんの言うような理由は思い至りませんでした。参考になりました。ありがとうございます。

6:九州弓人さん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.31 (KHTML, like Gecko) Chrome/26.0.1410.64 Safari/537.31
私もテツさんと同意見です。

押し手がけは押し手の保護のためにあるものですが、それは同時に手の内の拙さや矢の必要以上のひねりなど、射癖を周りに教えているようなものです。

後輩たちの練習を見るときなどにも外すようによく指導しますが、なかなかやめられないようですね。出来れば日頃から着けずにすむように手の内の修練を積むといいと思います。

7:ビーさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_5) AppleWebKit/537.31 (KHTML, like Gecko) Chrome/26.0.1410.65 Safari/537.31
手の内を変えたら押し手カケが必要なくなりました。
やっぱりあまり良くないという証拠になってしまうんですね><

回答ありがとうございました。




→新規スレッドを作成
タイトル:
※必須※
内容が一目で分かるようなタイトルをおねがいします。
また、投稿前に同じ内容が過去ログに無かったかもご確認ください。
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 2501件中 551〜600件目

(c)デビール田中 : 問い合わせ