弓と矢の組み合わせ (投稿16件)[1〜16]



1:i.kさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefox/3.6.6 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
こんばんわ。
私は現在、直心Vバンブー、伸、16キロ、
2015シャフトのジュラルミン矢、99センチ(筈、矢先含む)
を使用しています。

最近になり、矢に、弓のキロ数に対して、
適切なものがあることを知りました。
それまで、男子は2015シャフト、
女子は1914シャフトと聞いていました。

射に影響するのでしょうか?
お願いします。

2:KKさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; InfoPath.2; .NET CLR 1.1.4322; .NET4.0C)
射に影響が有るか無いかと言うとあると思います。

1914と2015の違いはシャフトの太さですから
太さが変われば強度(しなり)や重さも変わります
近的遠的により条件も変わるでしょうが影響はあると思います
規定がある訳ではないので自分が納得できる物を使うのが良いと思います。

たぶんですが20キロ以上の弓を引いている人は
1914を引いたらしなり過ぎて怖いと思います

3:四角錐さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.125 Safari/533.4
よく言われている事ですが、強い弓でノバリが弱い矢を使うと、後ろに飛ぶことが多いです。弱い弓に強いノバリだと前矢が多く出ます。(この強い・弱いは弓力に対する相対的な強さ)

矢に関しては、書かれているように弓力に合わせたノバリと重さの矢を使うべきで、性別云々はナンセンスも甚だしい。一種の迷信でしょう。(弓道未経験者にはこの説明でも良いのかも知れませんが。)

女子でも15キロ以上を引くのであれば2015を視野に入れるべきでしょうし、男子でも13キロくらいなら1913で十分。逆に女子だからといって18キロくらいの弓で19系を使うと、よほど上手に引かないと矢が散ります。

また、遠的では、20キロくらいの弓で19系を使うとシナリが大きくなりすぎて気持よく飛んでくれません。的に当たる直前まで蛇行運動が続くのが見て取れます。


弓に関しても、カケに関しても、同様に
男子(用)は〜
女子(用)は〜
という表現を見ますが、全くいい加減かつ無責任な表現ですね。本来は、体にあった道具、道具にあった道具を選ぶべきなのですよ。

4:狭山人さん
KDDI-CA3D UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.3.352 (GUI) MMP/2.0
突然失礼します
確かに、高校の部活などでは、最初から女子は弱弓、男子は強弓を引くものと決め込んで(?)女子19系、男子20系などとしているところは多いですね。
でも、私の感想では13Kg以下では20系(私の場合は2014)は矢飛び、矢どころともに芳しくなく、16Kgの現状では調子がよいのをみると、矢の性能と弓力とは大いに関係がありますね。

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
箆の太さ・箆張りもさることながら、重量と重心(釣合)も考えなければなりません。

16キロならば、太さはジュラなら2015で良いと思いますが、重さを27グラム程度にし、釣合を3cm〜4cm程度矢尻側にすると良いと思います。

6:i.kさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefox/3.6.6 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
皆さま返信ありがとうございます。
やはり、男性用、女性用は間違いだったのですね。

箆張りやシナリやノバリはよくわかりませんが、

重量と重心(釣合)というのが気になります。
計りがないので、正確な重さはわかりませんが、
2015シャフトで32〜33gのようです。
また、重心を変えるには、どうしたらいいですか?
タカハシ弓具のポイントアダプタ、ポイントウェイトというのを使うべきですか?
お願いします。

7:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
矢の重さは概ね弓力+11gです。
16キロの弓ですと、27g前後が妥当だと思います。

ジュラ矢は錘を入れなくても矢尺によっても違いますが、30g程度あると思います。

釣合を変えるには、ポイントアダプタなどの錘を使用します。
自分はスエカネ弓具のインサート錘を使いました。

弓力に対して重い矢は矢飛びは悪くなりますが、的中は安定します。また、矢が重いと弓の復元も遅くなる為、角見の効きが悪くてもあまり影響が出ません。

なので、考え方だと思います。矢飛び重視なら、2014の矢のほうが軽くなると思います。

しかしながら、自分は学生時代に2015(30g)で釣合も工夫せずに出来上がったそのままを16キロで引いていましたが、的中はまあまあでした。
気にしなければ気にならないかも知れませんが、道具もシビアに調整すればそれなりに助けられる場面も出てくると思います。

8:i.kさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefox/3.6.6 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
では、シャフトを軽くして、
釣り合いを前にすればベストでしょうか?

9:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
現在の矢が確かに32〜33gだとすると、釣合を矢尻側に持ってくるために錘をつけると更に重くなると思います。

まずは現在の矢の重さを正確に測り、錘を加えた重量があまりにも重くなるようでしたら、2014を検討したほうが良いと思います。

また、現在矢飛びがそれほど悪くなく、中りも安定していると言うことなら、とりあえず今の矢に錘を付けて様子をみても良いと思います。

10:四角錐さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.125 Safari/533.4
私の経験から一言。

重心を前に持ってきすぎると、矢が歳差運動しながら飛んでいきます。結果、矢飛びが非常に悪くなります。(うまく離れれば真っ直ぐ飛んでいくんですがね。)

では、筈側に錘を入れるとどうなるかというと、ノバリが弱ければ飛んでいる最中のシナリが収まらなくなります。(両端に錘が仕込まれている健康器具のようになってしまいます。)

矢の重さとノバリの強さ、重心はすべて関係しているので、どれかが欠けてもバランスの悪い矢に仕上がります。あえてバランスの悪い矢で稽古するという方法もありますが。

ちなみに、私は18キロの弓に対して2015の矢、100cm32g先端5cm寄りの重心で使っていました。重くて飛ばない分は、離のキレでカバー。うまく引ければ、弦音と的中音が連続して聞こえました。

今は...そこまでのキレは復活してません。悲しいことに。

11:i.kさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefox/3.6.6 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
返信ありがとうございます。

ということは、
重心を前に持っていくと中りが良くなる、
というわけでもないんですか?

12:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
矢尻側に重心があることを元釣合、筈側にあることを末(うら)釣合といいます。

昔から一寸元釣合といい、一寸とは3cmちょっとですので、矢の中心から矢尻方向におよそ3〜4cmで釣り合いが取れるように錘を入れると良いです。
あまり先に重心を持っていくと失速します。

矢の先側に重心があるのは、後輪駆動より前輪駆動の車のほうが走行安定が良いのと同じ理屈です。
末釣合にする場合は射流しなど矢を遠く飛ばすためだけです。

13:i.kさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefox/3.6.6 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
返信ありがとうございます。

お話きく感じですと、
釣り合いはいじらないほうがいいですか?

14:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
今の矢をそのまま使用するのなら、錘を入れると更に重量が増して矢飛びが却って悪くなるかも知れません。

でも、何事もやってみることも大事なことなので、錘を入れるのは金額もそれほどでも無いですし、自分でできることなので入れてみたらどうですか?
矢飛びが却って悪くなったら外せば良いですし、その経験は後々にも役に立つと思います。

矢を新調するなら、矢の重さ、重心を含めて弓のキロ数にあったものにすれば良いと思います。

15:i.kさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefox/3.6.6 ( .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C)
ありがとうございました。
試したら報告します。

16:ゆーみんさん
DoCoMo/2.0 SO906i(c100;TB;W30H23)
11〜13キロで2015使ってます。

多少、太くて頑丈な方が長持ちしますし、技術で何とかなると思います。

逆は難しいと思いますよ。


→本スレッドへ返信投稿
返信タイトル:
Re:弓と矢の組み合わせ
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 弓具・設備編 > 弓と矢の組み合わせ (投稿16件)[1〜16]

(c)デビール田中 : 問い合わせ