技術・体配編 [2251〜2300]


■弓道座談会[技術・体配編]とは?

【デビ】弓を引く上での技術・体配関する話、射癖の相談、審査対策など。


■スレッド一覧

過去ログ


■[2251] 矢所 (投稿12件)

1:シエルさん
SoftBank/1.0/920SH/SHJ001/SN358027014264544 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
矢所が「的一つ分8時の方向、もしくは的一つ分9時の方向、もしくは11時の方向」です。1番多いのが「的一つ分8時の方向」です。たまに的の下や前です。原因としては何があるでしょうか?
私の射型は関係なく、矢所がそこになる一般的に考えられる原因を挙げて頂ければ、自分で一つ一つ確かめます。些細な事でも構いません。教えてください。お願いします。因みに、男子高校生で、直心U伸の18キロを弾いてます。この弓を使い始めてから一年と少し経ちました。
他に必要な情報があったらおっしゃってください。

9:七夜さん
KDDI-TS3D UP.Browser/6.2.0.13.1.5 (GUI) MMP/2.0
私もにおちさんと同意見です。

弓力を制御しきれず、左右のバランス、つまり押手と勝手のバランスが崩れていると思います。

8時や9時、11時という事は勝手が押手よりも緩んでるのではないでしょうか?

10:シエルさん
SoftBank/1.0/920SH/SHJ001/SN358027014264544 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
におちさん、七夜さん、ありがとうございます。

はい、掃矢です。

弓力が強いとのことですが、確かにそれはあるかもしれないです。
上半身に力が入ってしまうのは、そのせいでしょうか?
一年間弾いていても弓力に馴れていないという事でしょうか?
矢所がそこになったのは最近で、少し前までは矢所は、矢と矢が擦れる音が聞こえるくらい、しっかり纏まっていました。
的中はまちまちでしたが。射型を変える前までは的中は5割くらいでした。最近になり突然矢所が変わりました。

11:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
以前は矢所が定まっていたけど的中が5割というのもちょっと解せませんが、射型を変えてから激変したのであれば、そこに原因があるのでしょうね。

今の高校生で18キロの弓というのは強いほうだと思います。しかし、体型が標準的であれば、普段ある程度矢数をかけていれば、問題なく引きこなせるはずです。

射形を変える前は上半身には力が入っていなかったのでしょうか?
上半身に力が入るというのは、射が息合いに合っていない事と、手先で引くことに終始して体、特に背中の力を使えない場合が多いように思います。

どのくらい前に射形を変えたのか分かりませんが、今の射形が指導者により直されて正しいものであるならば、以前使っていなかった筋肉を使ったり、手の内の押し方が変わったことなどにより、一時的に射が安定していないのかも知れません。

12:シエルさん
SoftBank/1.0/920SH/SHJ001/SN358027014264544 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
そうですか。
もう少し矢数をかけて頑張ろうと思います。
ありがとうございました。


■[2252] 手でひく (投稿2件)

1:雅さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
はじめまして。
弓道を初めて4年目です。
しかし、「手でひいている」と先輩方から指摘され、どうにか直そうとしているのですが直りません。
手でひいているので、下筋と勝手の右肘でひく感じと教わりましたが、分かりません。
どうしたら、肘でひけますか?
今、手でひいているため

手でひく→矢口あく

緩み離れ

の悪循環に陥っています。
先輩には叩かれ、「マジ下手だな」とか言われて落ち込んでいます…。
昔からの癖なので、本当にどうにかしたいです。
矢所は今全部12時抜けです。

よろしくお願いいたします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
雅さん、はじめまして鷹司です。
『手で引くのを治したい』とのことですね。
まぁ、文面だけですからよく分かりません(先輩さんの仰る『下筋・右肘』も?です)が、四年目ということでしたら『背中』で引くことを覚えていけるのではないでしょうか。(尤も、部活などでは背中の背の字も言わん方がいいと思いますがね。)この図を見てください。頭がoで両肘を円相にして上げた弓構えの図です。
  <o> 弓は持たずに徒手での補強運動をします。この図から肘を後ろ下に引き下ろすのです。引き下ろした状態が肩の位置となります。(左手を伸ばせば『会』の腕になります。右手はそのままで肘や肩が入った馬手になります。引き収めではこの形を目指すのです。)
 このままでは負荷がありませんので、ゴムを両手で持ち先の徒手運動を行います。(このときのゴムですが、一番良いものは、貨物トラックなどでよく使っている黒いゴムです。よく道に落ちていますね。あの‘ごみ’を一つ掃除してあげてGETして活用すると良いでしょう。(私よく掃除するんですよ。笑)
 さてここからが本題です。この弓構えの形から、『自分は肘から先がないんだ』と思って、肘から先の手首や指にはゴムを握る以外の力は棄てて、ゴムに引かれるままにして引き収めてきます。握るゴムの長さで負荷はどうにも変えられると思います。このようにして肩から先、つまりは腕の筋肉を使わずに肩や肩甲骨を中心とした背筋を鍛え、弓射の時にも使えるようにしていくと良いと思います。ゴムで要領がつかめたら弓の素引きに移っていってもいいでしょう。

 こうしてこの冬に鍛えていけば、腕や手の筋肉より背筋の方がはるかに強いですから容易に射が見違えるほどよくなると思いますよ。(結果的には先輩さんの言う肘でひいているようになります。下筋は伸び・押しに使います。)

 『12時』は良いですよ。うらやましいくらいですw。 がんばってください。


■[2253] すごい打ちます (投稿6件)

1:とんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; FunWebProducts-AskJeevesJapan; GTB6; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)


初めまして

今年の夏に遠的練習をしてから、少しずつ髪を擦るようになりました。
それだけではなく、今月に入ってからは顔を思いっきり打つようになり、痣まで出来てしまいました。

顧問の先生は「弓手の肩が抜けている」と言われたのですが、それは顔を打つのと何か関係があるのでしょうか?

その後、顧問から教えてもらった通りに弓手の肩を入れたら一時期は顔を打たなくなりましたが、最近はまた意識しても打つようになってしまいました。


どなたか解決方法を教えてください。

3:とんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; FunWebProducts-AskJeevesJapan; GTB6; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)

弦禰さん、本当にありがとうございます。

確かに私は顧問がいながらも、聞こうとしなかったりしますから、なかなか自分に技術が身に付かないです。

やっぱり自分って甘ったれてるなって思いました。


日々の練習では弦禰さんが言った通りに、周りの仲間から見てもらったり、また顧問に聞こうと思います。


本当にありがとうございました!!

4:ゆんさん
DoCoMo/2.0 P04A(c100;TB;W24H15)
射をみないと一概に言えんので参考までに


弓手肘や弓手手首といった弓手に近い部分を払うときは弓手に欠陥があるのですが、顔などを払う場合は弓手だけでなく、妻手に欠陥があることが意外に多いです(特に妻手親指の向き)。

5:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
妻手を捻って大きく引けば払いません。あと顔向けが浅いと髪の毛を払う場合があります。

6:とんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; FunWebProducts-AskJeevesJapan; GTB6.3; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)

返信遅くなってすみません(汗

久しぶりにパソコンを開いたもので、ここを見ればそのあともアドバイスを書いてくれていて、本当に感謝しています。

その後から、あまり顔は打たなくなりましたが、気を抜けば打ってしまいます。
今日も打ってしまいましたし・・・。


もっともっと弓道を研究して、楽しく続けていきたいです!!


■[2254] 肩の入れ方 (投稿6件)

1:たかさん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)

こんにちは。
弓に割り込むイメージで練習をしているのですが、
肩が上がらないように弓に割り込むにはどのようにすればできるでしょうか。
是非教えて下さい。

3:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.15) Gecko/2009101601 Firefox/3.0.15 (.NET CLR 3.5.30729)
体を正面から観察して、肩と顔の距離が短いときに「肩が上がる」逆を「下がる」と表現するものと仮定します。

結局首が伏すほうに曲がれば「上がる」で反る方向に曲がれば「下がる」となってしまう。

例えば「割り込む」を「胸を突き出す」と考えれば首が伏す方向に曲がり「肩が上がる」

4:たかさん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)

お二方ともありがとうございます。
鷹司さん、弓の『張り顔』とは何でしょう?
知識が少なくてすみません。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
たかさん 、どうもどうも。
『張り顔』とは弓に弦を張った形です。横から見た曲線の膨らみ方とでも言いましょうかね。竹弓の場合は始めの形を紙などに写しておいて狂わないように管理すべきと言いますが、グラス等の繊維弓ならまずは大丈夫です。
 ここでの場合は、特にそんな意味ではなくて単に『弓を引き分けていく』とでも言えばよかったのですがね。すみません。
 
 繰り返しになりますが、とにかく手先で弓を開いていってはいけませんよ。肩を上げる元ですからね。肩を入れて肘を体から遠ざけるようにもっていってくださいね。

6:たかさん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)

とても丁寧な説明ありがとうございます。
はい、今日から部活再開なのでやってみます。


■[2255] 筋トレ (投稿4件)

1:人参さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
私は高校で弓道をやってるんですが、
事情によりしばらく道場で弓をひくことができなくなってしまいました。

復帰してからあまり弓のキロ数を減らしたくありません。
なので、弓道に必要な筋力をつけるにはどうしたらいいですか?

素引き、ゴム弓以外にありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

2:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
ランニングでしょうね。

3:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
ミ ットモナイですよね、弓力を落とすのは。
ス タミナを温存するのと同じように
タ シカニ力を保っておきたいですよね。
1 番いいのはやはり素引きじゃないですか。
K g(キロ)数もそのままだし。
さ っと弓を取って練習できますからね。
ん 〜ン!こんなところですかね。誰でも
? ?でいろいろやっていますよ。
失礼しました。


4:人参さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
ありがとうございました

頑張ります


■[2256] 弓手の親指 (投稿4件)

1:下手の横好きさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322)
会の状態での弓手に親指は反っていたほうがいいのでしょうか?、それとも寝ていたほうがいいのでしょうか?
 称号の先生でもいろいろ意見が違いまして、悩んでいます。
 皆さんの意見を聞かせてください。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
自分の師範の先生がおっしゃるには、下に曲がっていなければまっすぐでも反っていても良いとの事です。
ちなみに自分は反っています。

3:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
中指と拇指の腹が離れてなければ,どっちでも良いと思います。

4:下手の横好きさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322)
お二方、ご教授いただき、ありがとうございました。
 個人的には反っていたほうが自分にあっているような気がしますので、そのまま続けます。


■[2257] 矢が的の前の方にいきます・・・><どうしたらいいですか? (投稿4件)

1:高1さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
高1で弓道をはじめました・・
最初は顔に当たったりしてて
押しが足りないとか離れとかでした・・
今は会の時左の手から矢が必ず落ちてしまいます・・・
また、かけを弓にかけるときも
どうしても矢を持ってる感じで突然矢が
とんでいったりして顔に当たったり・・
もう 離すのが怖いので目ばっちり
つむってしまいます・・
後 矢が前に飛ぶのは離れがわるいのでしょうか?

2:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
教わり方というのは大事です。
上達が早い人は、今自分には何が一番の問題点なのかをしぼって教わり、それを徹底して直します。上級者の射を観察するにも自分の課題の箇所を集中的に見て技を盗もうとします。
失礼だけど、高1さんはその点が問題なのではないでしょうか。気になることを何もかも無秩序に並べ立てても、的確な指導は得られません。
矢こぼれの件にしても、上手い人は大三から会まで、前腕とカケの形が全く変わらず引き取ってくると思います。その技に気付くだけで解決するはずです。
上級者の射を、穴の開くほど見ましょう。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
矢が前に飛んでいくのは、複合的な要因によるように思います。まだ初心者の段階ですので、一つ一つの動作を丁寧に基本に忠実にやってみましょう。

会の時に矢が落ちることを「矢こぼれ」とか「箆こぼれ」などど言います。また、突然矢が飛んでいくということは暴発を起こしていると思われます。
カケをつけた右手は手の甲が上に向くほど捻っていますか?多分平付けといって手の甲が前を向いているのだと思います。
平付けですと、矢が押さえられないことと、カケの親指の溝に上手く弦がはまらない為、正しい離れが出来ません。
手の甲を捻る時は手首で捻るのではなく、腕全体で捻るように心がけてください。
馬手の捻りが出来ていれば暴発はしません。

4:まんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
指導されている先生はいないのでしょうか?原因は1つではありませんので、指導されている先生の指示を受けられてはいかがでしょうか。顔や腕を払う場合ですが、手の内と妻手に原因があるのでは??矢が前に行くのは、技術だけではなく道具にも原因がある場合がありますよ。


■[2258] 引き分けから会での伸び (投稿3件)

1:ぽぽぽさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
こんにちは。
私は弓道している高校1年生です。
ちょっと自分の射で悩みがあって投稿しました。

以前私は緩みのくせがありました。それを直すために私は鼻の辺りまで矢が降りたくらいから全力で引いて、そのまま離れまで至るというような射に改善しました。そのおかげで緩みは克服することができました。しかし、鼻の辺りから本当に全力で引き分けを行うので会がどうしても1〜2秒になってしまうのです。同級生は会に入るまでちょっと加減をして会で全力を出すといいよというのですが、私の場合、緩みのくせがあったので手加減して引くと肘が収まらずに緩んでしまうのです。

そこで皆さんにお伺いしたいのですが、引き分けから会にかけての力の入れ具合を、皆さんはどのようにしていますか?
いろんな意見を聞いて参考にしたいので、皆さんよろしくお願いします。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
加減をした場合、肘は収まらなくても矢束分引けているのでしょうか?

単純に弓が強くて引き納まらないように感じましたがどうですか?

ちなみに自分は大三以降力の入れ具合は変えずに力まないように会まで引き分けてきます。

3:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
大三から会までパワーを全開とまでは行かなくとも一番出します。腕の筋力は形を整えるため、肩から体幹の大きな筋肉は引き分けるためです。
会に納まると骨格が支えますのである程度省エネ運転に変わります。そこから体のバランスチェックの時間になるので、その間に詰まった息を一旦抜きます。その時体が緩みがちなのでそれに堪えるために一定のパワーは出し続けています。
決まった手順でチェックが終わったら、離れのために息を腹に吸い込みながらパワーを上げて行き、胸の鎖骨の下あたりの張りを静かに最大に持って行きます。後は自分のタイミングで離れを出します。
あくまでも自分の場合ですよ。


■[2259] 弓手肩の外転と肘の内転 (投稿7件)

1:凛として弓道さん
KDDI-CA3C UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
弓手を安定させるには肩の外転と肘の内転を行うと安定すると聞きました

弓手をより強い物にするにはこの方法はどう思いますか

また他に方法があればお願いします

皆様方のご意見をお願いします。

4:かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
>凛として弓道様

弱い弓を引きますと、間接をどのように筋肉で締めても回転をさせても、それなりの射が出来るように思います。
でも、強い弓なら力の連結で最も弱いところから順に、疲労感やブレなどの現象が現れてくるように思います。

色々な考え方が有るのでしょうが、私の場合は強い弓を引いて、より安定できるやり方を探ってきました。
2寸伸びを内側にし、4寸伸びを外側にして2本の弓を重ねると、36キロの弓力になります。
これを使って、角見も利かせて素引きをします。
そして、会では40秒ほどのホールドをします。
この間、一度か二度は息継ぎが必要ですね。

この状態で、最も疲労感が無くブレない状態が、良い筋骨の使い方ではないのでしょうか。
不思議なことに、何回もやっていますと、からだがその楽で安定した状態を勝手に見つけてくれるようです。
それを覚えて、普段の射に用いています。

ご参考になれば、幸いです。

5:凛として弓道さん
KDDI-CA3C UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
皆様方ご意見有り難う御座います!

やはり安定は大切ですね。

6:ぽにょぉさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
本題からそれるかもしれませんが、、

>弓手を安定させるには肩の外転と肘の内転を行うと

これは実際には出来ない動作だと思います。。
肘を入れる(立てる)は肘の内転になるのですが、これは肩関節からの内転で行うことになりますので、、
ですので肩(=肘)の内転+尺骨(=手首・手の内)の外転の組み合わせになるかと思います。
これとは全く逆に肩・肘を外転、尺骨を内典させる方法もあります。。

各人の骨格や引き方等で向き不向きがあるかと思いますので、いろいろ試行錯誤してみると良いかと思います。
個人的には近的では肘をわずかに内転させ、尺骨はほとんど外転させずに弓を少し伏せる方法&胴造りに落ち着いております。

7:ああるさん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1; U; ja) Presto/2.2.15 Version/10.10
実践者です。
僕個人の意識としては、肩甲骨の外転(肩甲骨下部を胴体に沈みこませる)と、肘(=肩関節?)の内転の組合わせです。

意識の仕方にも個人差があると思いますので、やはり試行錯誤が大事ですね。


■[2260] 身体で引く (投稿5件)

1:ぷんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)

こんにちは。

高校1年生です。
弓道は高校に入って今年の5月頃から始めました。
弓を引くようになってからずっと悩んでいたことです。

先輩に射型を見てもらうと身体で引けてない、とよく言われます。
うまく言えないんですが、体の前で引いている(腕で引いてる)ということだそうです。

最近は、自分でもそれを感じるようになっていて、練習中とても腕がダルくなります。


また、先月の審査終了後に先生から意見をいただいた際、もっと引きなさい、おさまりが悪い、といわれました。

これについても、自分でも感じるようになっているのですが、なかなか上手くできません。

練習では、会で勝手の肘が浮いているような感覚があります。でも、見てもらっても
肘の位置はいいと言われます。


また、最近では肩の線を矢の線に近づけることを意識して引いているのですが、そのせいなのか頬をよく打つようになって、怖さで離れの際に目をつぶってしまい、
引っかかるような離れになっています。

どうすればいいでしょうか?
アドバイスお願いします。
(長々とすみません)

2:ゆんさん
DoCoMo/2.0 P04A(c100;TB;W24H15)
身体で引くとはあなたにとってどんなイメージでしょうか?

3:ぷんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)

自分的には、
身体を胸から割るようにする動作に伴って弓を押し開く、
という感じのイメージです。

4:麩さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10.4; ja-JP-mac; rv:1.9.1.5) Gecko/20091102 Firefox/3.5.5
>最近では肩の線を矢の線に近づけることを意識して引いて
原因はコレ。
正直、肩を前に出す意識で引くときは弓力に結構余裕のあるときじゃないと、かえってよくない。
今は肩をしっかり左右に拡げて弓の中に入ってくようにする事で、矢に近付ける方が善いでしょうね。

5:ぷんさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; YTB720; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)

>麩さん
ありがとうございます(^^)

言われてみれば、肩を開くことより
ただ単に、近づけることに意識がいってしまっていたと思います。

次の練習からそれを頭に入れて、やってみたいと思います。


■[2261] 妻手(カケの手が…) (投稿12件)

1:風さん
KDDI-SH34 UP.Browser/6.2.0.13.4 (GUI) MMP/2.0
こんにちは。
最近ではないのですが、引き分けの時妻手つまりカケの手がつまんでいる、引き分けの時つまみながら引いているといわれます。
なぜか上手く取りかけができません。
カケの中で手がすべる感じもあります。


直し方やアドバイスがあったら教えて下さい。
お願いします。

9:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
馬手を捻ることが出来ないようですと、平付けになっているようです。
右肩が上がるのは、原因ではなく結果として上がっているのではないかと思います。
馬手が平付けなので、不安定で不安なので肩が迎えにいっている感じで上がるのではないでしょうか。

多分ですが、最初はきちんと馬手の捻りが出来ていたのではないですか?それが段々と平付けになって不安定な為に指先が伸びてつまむような感じになり肩が上がってきたように感じます。
一般的な三つカケは弦枕が一文字というまっすぐな形ですので、平付けですと弦枕の上の部分だけで弦を引っ掛けているので暴発しやすいですし、弦に引っ張られる感じが強くなるため、つまむような感じになりやすいように思います。

捻ることが出来ない場合、カケが原因となっていることもあります。尤も最初は出来ていたということだと違うかも知れませんが。
カケは一般的な弦枕がある堅帽子だと思いますが、もしカケが合っていないということでしたら、弦枕が無い柔帽子(和帽子とも言う)のカケに変えてみることも良いかも知れません。
柔帽子のカケは値段も安いですし、弓力がおおよそ15キロ以下くらいなら離れもよくなりますので、試してみる価値はあると思います。

10:風さん
KDDI-SH34 UP.Browser/6.2.0.13.4 (GUI) MMP/2.0
あの平付けってなんですか?

11:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
平付けとは、取り懸けた馬手の手の甲が上を向かず、前(脇正面)に向いている事です。
一般的なカケで正面打ち起こしの場合は馬手を捻って手の甲が上を向いていないといけません。

12:風さん
KDDI-SH34 UP.Browser/6.2.0.13.4 (GUI) MMP/2.0
なるほど。

でも手の甲はしっかり上向いていますね。


■[2262] 妻手肩の入り (投稿4件)

1:大三事さん
DoCoMo/2.0 SH03A(c100;TB;W30H20)
弓歴1年の正面の初心者です。

最近引分けるとき、妻手肩が前に出てきてしまい会で肩のラインがズレています。
治そうと肩がでないよう抑えても出てしまいます。

周りの同輩や師範の方のアドバイスを試しても変化無しでした。

引分けは肘を真横に引くようにしていますが、収まりは悪くなく、詰まっているわけでもないと思います。
しかし鏡で見るとやはり違和感があります。
弓手が抜けているわけではないのですがそう見えるそうです。


ちなみに骨格は撫で肩以外は普通で、前はきちんと肩のラインはそろっていました。


治すにはどうしたらいいかかなにかアドバイスよろしくお願いします。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
馬手の肩根が前へ出るのは大三の時でしょうか?引き分けの途中で出てくるのでしょうか?

大三時に既に肩根が前へ出ているとすれば、大三で肘を張った際に一緒に上がるのではないかと思います。
この場合は極端に張り上げるのではなく、あくまでも肘の内側を軽く上に吊り上げるような感じにすれば良いのではないかと思います。

大三以降で肩根が出るようでしたら、馬手で引く意識が強いのではないでしょうか?横に引いているということですが、あくまでも意識は弓手先行で、水平に矢筋方向に胸を開いて引き分けてみてください。特に大三の後の初動は最低10センチ程真横に引いて下さい。

矢が目通りの辺りにきたら両肩根を弓に割りいれるような気持ちで引き分けてくれば両肩根が揃うのではないかと思います。
また、もし馬手が強いのであれば、どちらかというと左肩根を弓に割りいれるように意識したほうが良いのかも知れません。

あと、馬手は釣竿の先をイメージしてあくまでも弦に引かれる感じで、会の時に馬手の腕先がしなった釣竿のようにアーチを描くように気をつけてみてください。

師範の先生に見ていただいておられるようなので、上記のことは既に試してみているかも知れませんが、それでも改善されないのであれば、弓が強い場合や、カケが合っていない為手首に力が入ることが原因で起きている現象かも知れません。

3:大三事さん
DoCoMo/2.0 SH03A(c100;TB;W30H20)
におちさん
詳しいアドバイスありがとうございました。
今日におちさんのアドバイスを基に自分なりに考えて練習してみたところ、だいぶ肩線はマシになったと思います。
的中も少し上がりました。
僕は引分けから肩が出る症状だったのですが、肘を使う意識が強すぎて、肩が使えてなかった気がします。
ありがとうございました。

4:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
改善されつつあるようで良かったです。

あと、引き分け時に肩が上がるということなら、引き分け時に両肩甲骨の下部を近づけるように(肩甲骨をハの字から逆ハの字になるように意識して)締めてみると良いかも知れません。
射法によっては、肩甲骨を広げるように指導する場合もありますが、いずれにしても背中の使い方を覚える上で、最初は肩甲骨を締めてみると良いと思います。その時、横に締めるだけだと横線だけが強くなるので、縦線を意識して斜め45度方向に締めるようにやってみましょう。


■[2263] 弓返りを目指してますが... (投稿14件)

1:100射さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
はじめまして。
早速ですが、最近、この掲示板の書き込みを参考にしつつ弓返りの研究をしていて、90度くらいまわっています。
が、その際に、側木につけた三指がくっついたまま弓に持っていかれてしまいます。そのせいか角見の利きが甘いようです。
三指の締めがたりないのでしょうか。
アドバイスをお願いします。

11:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
かっチャンさん、よろしくです。「お教え」などとんでもございません。
 紹介しましたサイトの件ですが、これは、私がまだ未熟で申し上げましたように少し弓が落ちますのでね、ここに出ている『締め戻し』等についてお教え頂ければと思いまして挙げさせて頂いた次第です。(youtube の学生上級者の方のように弓手をピタッと決めたいのですが、・・・。)このサイトで言っていることは、やはり最後には三指を『握る』、弓をしっかり保持する、ということですよね。正法流の教本(『弓の道 正法流入門』p115)でも、離れは『人差し指をただ握り込むだけである。』と言っています。まぁ、親指の下に入れてしまってはいけないでしょうけれどもね。三日月の手の内の形ぐらいになるんですかね。
 ですから、会では手の甲側の指伸筋を利かせて三指で弓を引っかくようにし、離れの瞬間に手の内側の屈筋で握るようにしています。これが速すぎると打ち切り射法のようになって弓返り不足になる(弓の落下も無くなりますが)し、・・・理想的には270度で止めたいのですがね・・・上手くいかなくて困ります。これが私の限界ですw。

おはずかしい。(汗)

12:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
PS. かっチャンさん、申し訳ありません。後段のことについて書き損じてしまいました。

>矢が弦離れをした後に、手の内で弓が跳ね返り弓返りが始まる

 全く仰るとおりだと思います。部活時に離れで手を開いて握り直している子の弓手を、デジカメで高速度撮影したことがあります。本人は全然そのつもりは無い(無理からぬこと)ですが。それを見ますと、完全に矢を送って(負荷が無くなって)から弓が手の中で‘踊り始め’クルリと回りますね。それを手が掴みに追っていってました。彼は完全に弓摺籐ならぬ握り籐になってしまうので、私と一緒に目下弓の落下を少しでも少なくするよう励まし合ってやっている訳ですがね。

 弓の落下と的中に関しては、感じとしてで
はっきり言えませんが直接は関係ないようですがね。『送ってからのこと』であるからと思います。確証は勿論ありません。
 でも‘落ち’ては格好悪いですからね。良射を目指します。お世話になります。

13:七夜さん
KDDI-TS3D UP.Browser/6.2.0.13.1.5 (GUI) MMP/2.0
確か弓返りの練習方法は、法政大学さんの『確実に上達する弓道』に書いてあった様な…

曖昧ですみません…
お持ちの方は確認していただけると幸いです。

14:かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
鷹司カオルさん 、お手数をおかけして申し訳ありませんでした。
私なんかも、残身で弓が落ちるので、つい尋ねてしまいました。
本多流なんかでは、中指の締りが解けて、今度は小指などを締めにかかるそうですから、神業ですね。
私も、鷹司カオルさんをお手本に精進いたします。
有難う御座いました。


■[2264] 胴の強い弓の扱いについて (投稿4件)

1:弓太郎さん
DoCoMo/2.0 F904i(c100;TB;W24H17)
薩摩弓で胴の強い弓を譲り受けました。成りも美しく気に入っているのですが、胴が強く反動がかなりあります。このような弓はどのようなに引いたらよろしいのでしょうか? 宜しくお願い致します。

2:かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
弓太郎さん、初めまして。
初心者のかっチャンと申します。
冴えの有る弓は反動も大きいと伺ったことがあります。
弓太郎さんの弓は、とても良い弓なのかも知れませんね。
成りが美しいのなら、弓の構造上のバランスも良いのでしょうね。
弓は弦を張っている期間などのコンディションで、裏反りの状態が変わります。
しばらく弦を外していた弓なら、裏反りが大きく反動が大きい場合があります。
もし、そうならば半月から1ヶ月もするうちに、裏反りが弱くなって落ち着いてきますよ。
そして、反動が和らぐと考えられます。

あと、胴が強くて、上下端が弱い弓は、反動が少ないのが一般的かな、と思いますが、個別なことですので余り自信がありません。

もし、どうしても反動が大きいのなら、次の3つを提案させて頂きます。
1、弓の反動は、弓師さんが設定された弓把の辺りが一番弱く引きやすいと思うのですが、手の内の高さを少し上下に変えて引いてみて下さい。
もし、引きやすいところが別のところだった時には、弓道具店さんなどに相談をされて、弓把の高さを変えてもらっては如何でしょうか。
2、反動の大きい弓を使いこなされるには、手の内や胴造りなどの射法の強化が必要になります。
胴造りによって体幹からの力の流れを手の内に伝えますね。
その力を弓に伝えるのが手の内です。
3ヶ月なり、半年といった中長期の計画で、この弓を使いこなせるようになられたら、弓太郎さんは大きく成長をされるのではないでしょうか。
3、どうしても相性の悪い弓というのがあると思います。
もし、この弓を使いこなせるようになるまでに、幾つかの試合や審査などが有るでしたら、今は慣れた弓に戻られた方が良い場合がありますね。
それでも、射法が練習で日々強化されていくでしょうから、今回の弓はきっと近い将来使いこなせる時期が来るのではないでしょうか。

こんな事しか思い付きませんでしたが、弓太郎さんの弓道に、もし少しでもお役にたれたら幸いです。

3:弓太郎さん
DoCoMo/2.0 F904i(c100;TB;W24H17)
かっチャンさん、初めまして。弓太郎です。 かっチャンさんの弓の知識の深さと適切なアドバイスに感謝します。 私は現在、カーボン入りの竹弓を使っています。 竹弓と比較すると扱いは楽で、手の内においても、多少うまくいかないときもそれなりの矢所にいってました。 今日、この胴の強い弓を道場で引きました。 かっチャンさんのアドバイスにあるように、胴造り、手の内がしっかりできていないと弓に力が伝えられないようです。
そこに注意をして引いて、何回か良い射が出るようになりました。
今後もずっと弓を引いていきたいので、このような竹弓を扱えるように努力していきたいと思います。
かっチャンさん、アドバイス本当にありがとうございました。

4:かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
弓太郎さん、私は初心者ですから、書き込みは100射して1本中れば大喜びのです。
少しでもお役に立てたのなら、私もうれしいです。
有難う御座いました。
よかった、よかった。


■[2265] 勝手の詰まり (投稿2件)

1:クロさん
DoCoMo/2.0 SH905i(c100;TB;W30H20)
こんばんは,クロと申します。

今勝手の詰まりで悩んでいます。
会において勝手の力を抜き弦にとらせる意識をもって引いているのですが手先にすごく詰まってる感じがあります。
そのためすぐに離してしまいます。

このような感じになるのは正しいのでしょうか?
今早気なのですがそれも関係しているのでしょうか?

もしも悪いなら解決法も教えていただけると幸です。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
クロさん、はじめまして鷹司です。
OMさん達のアドバイスの前に前座を勤めさせていただきます。

 やはりマイナスの感じになるのは正しいとはいえないと思います。勝手の力が抜けていないからでしょうね。クロさんのカケの形がおそらく物をツマむような山の形になっていると思います。これでは力負けしていって早気になるのも無理ありません。
 大三では肘を『フ』の字型に振り上げて弓力を受け、離れるまでは能動的な力を入れてはいけません。矢筋を狂わせてしまうからです。部活の子達にはこれを『手首無く』と言っております。引き収めて伸び合うには背筋を使います。肩甲骨の下部を寄せる感じです。
 この方がどこにも無理を感じることなく安定して会を深め、骨格を詰め合って伸び合うことが出来るでしょう。会を安定させることで早気の原因を1つは除去できると思います。

 早気のいけない理由を私的にはこう考えます。会に入ったばかりですと腕にいろいろなベクトルの力が混在しています。会を持っている内に目的以外の『雑力』はだんだんと淘汰?されて矢筋に向いた必要なものだけが残ります。これを勝手で感じ取ってください。いわゆる『自由が利かなくなった状態』とでも言いましょうかね。自由が利く状態では離れで癖が出てしまいますから、一射絶命の境地まで『雑力』と戦うと考えた方が良い、と思い、私も目指しています。

 お後がよろしいようで。皆様お願いします。


■[2266] 弓道を独学で (投稿20件)

1:ひろさん
DoCoMo/2.0 SH01A(c100;TB;W24H16)
すみません、はじめまして、大学生のひろと申します。
私は高校時代にアーチェリーをやっていまして、これから弓道をやろうとしている者です。
実はこの間、家の近くの大学の道場の近的場が、大学の学園祭かなんかで一般解放されていたので、ものの試しに私がアーチェリーと弓道を足して2で割ったようなフォームで矢を弓で射ったら、皆中(5→3→4)という結果が出ました。もう一度やってみても同じ結果でした。(5→4→4)因みにこの体験射撃は有料で回数制限がありました。的は得点的でした。
この場合、弓道は独学でスタート出来ますか?
また、今後的中率をかなり上げて大会に出たいと思ったとき、大会にはどこかの流派に所属していて、かつ段位を取得しない限り参加は不可能ですか?
すみませんがよろしくお願いします。

17:名も無き者さん
DoCoMo/2.0 N901iS(c100;TB;W24H12)
誰も勘違いはしていません。
何故なら、私設の道場であれば独学など問題外だからです。
皆様は公営の道場を前提にアドバイスされているはずです。
もし職員の方がまったく経験が無くとも、道具を持っていればできると仰ったのであれば、あまり感心はできません。
その方は弓道やアーチェリーで起こり得る事故を軽んじています。
その施設で事故が起きた場合、他の利用者にも迷惑をかける事になります。
ひろさんがなさる事を規制はしませんが、他を思いやる気持ちも無くさないでほしいです。
気持ち良く始められるとよいですね。

18:takaさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
名も無き者さまのレス

>>もし職員の方がまったく経験が無くとも、道具を持っていればできると仰ったのであれば、あまり感心はできません。

これは全くその通りで、近頃は都内および近県の公設弓道場の多くは、利用者登録に際して

1 全弓連の会員ID
2 全弓連の段位認許状(現有段位確認)

これを必要としているところが多くあります。また現有段位が、その道場の定めている
基準に達しない場合、「実技の披露」を
求められる場合があります。稀ではありません。私の知るところで3、4個所あります。

近頃は、公設の道場とはいえ、常駐職員が市町村職員ではなくて、外部へ業務委託しているケースが多いので、その職員さんの発言内容がどの程度の責任を背景としてなされたものであるかわかりません。

とはいえ、弓引きからみて「道具を持っていれば出来る」というのは、暴言に近いものの言い様であるとの印象はぬぐえません。

個人使用と言いましても、その地域を根城にしている人とのニアミスは避けられないので、うまくやっていく努力は必要と思います。

健闘を祈ります。

19:七夜さん
KDDI-TS3D UP.Browser/6.2.0.13.1.5 (GUI) MMP/2.0
皆様は弓道をされるに関しては大歓迎されていると思いますよ。

ただ『安全に』これに尽きます。

20:青さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.14; Mac_PowerPC)
ひろさん、はじめまして。

私の所属している連盟はまさに、ひろさんの仰っているような場所が道場となっていますので、ご参考になればと思います。

市の総合体育館内の弓道場で、受付業務などは民間の業者がおこなっています。
主に土日が団体貸し切りの練習日です。
平日や夜(ココは11時までできます)は個人利用ができます。

ただし、
大原則として『有段者であること』。
初心者の方や未経験の方は一人での練習を許可していません。

先に記述したように、道場の入り口となる体育館の受付が民間の業者(バイトやパートの人)なので弓道に詳しくありません。そのため、当連盟も受付の方との認識を同じくすることに苦労しました。

ただ、みなさんが仰っておられるように、「習いたい」ということは大歓迎しています。今年の初心者教室は修了しましたが、連盟の会長や師範に個人的に指導してもらっている方もいます。
その方が上達も早いですし、大会や昇段審査などの情報もたくさん入ってくると思います。
ぜひ一度、ひろさんの近くの連盟にお声をかけてみてはいかかでしょうか?

楽しく弓道を続けていかれることを陰ながらお祈りしています。


■[2267] 猿腕 初心者 (投稿6件)

1:アメさん
SoftBank/1.0/932SH/SHJ002/SN353700021553613 Browser/NetFront/3.5 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
こんにちは!

初心者の男子高校生です。

そして猿腕です(逆猿)。
対処法として かいがい してます(汗

それで普段一生懸命できるだけ押し手を押すようにしてるのですが,その際に押し手肩があがってしまいます。

どうすればいいのでしょう((泣

他にもたまに押してが浮いたりや矢が前に飛ぶなどいろいろあるのですが…

知ってる限りでいいのでアドレスをくださいませんか?(泣)

3:逆猿さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.15) Gecko/2009101601 Firefox/3.0.15 (.NET CLR 3.5.30729)
逆猿というのは、会の状態において、左のてのひらより左の肘の方が高い位置にあるという認識でよろしいですか?

そうであれば、私も逆猿腕です。(弓道始めて4年目です)

確かに、骨格的に押肩が上がり易い骨格だと思いますし、肩を下げた場合は狙いが下がりすぎて掃き矢、あるいは的の下に矢が集まるということが多いです。

逆猿の程度にも寄りますが、上手に引く一番のポイントは逆猿であることを気にせず、左右バランスよく引くこと、引分けや会において矢が水平を保ち続けること、緩まずにまっすぐ離れをきることだと経験的に思います。

押肩が上がるのは八節の何処からですか?

打起しの頂点で肩が上がっているようなら、肩が上がらないように打起しをしてみましょう。

正面打起しだとすると、大三をとる時に押肩が上に上がっていたり、お腹側あるいは背中側にずれたりしていませんか?引分け中にずれたりしていませんか?

先輩や先生、同級生に一度みてもらって、ずれているようなら修正してみましょう。

肩を結んだラインというのはとても基本的なところですけれど、これが上手に出来ると、下筋や背筋を上手に使った射ができるようになります。

この二つの力を組み合わせて、矢をまっすぐ押し出してあげると、肩も上がらず、強く押せると思います。ただ、修正しようと力むと逆効果なので、力まないように気をつけてくださいね。



背中の筋肉は僧帽筋と広背筋(そうぼうきん、こうはいきん)って言います。下筋は上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)って言います。

体の何処を使えばよいか、わかる助けになるかもしれないので、もし興味があったら、さっきの筋肉の名前を保健の先生か、病院にいったときにお医者さんや看護師さんに聞いてみると教えてくれると思います。

4:アメさん
SoftBank/1.0/932SH/SHJ002/SN353700021553613 Browser/NetFront/3.5 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
逆猿さん
ありがとうございます!

えー 肩が上がるのは大三です。

ほとんど逆猿さんのいうとおり矢が下に集まったしすることが多いです(泣)

逆猿さんのおかげでやる気に満ちました!

あと 弓を買うにあたってオススメの弓とかありませんかね?(^-^;

5:逆猿さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.15) Gecko/2009101601 Firefox/3.0.15
アメさん
逆猿です。返信が遅くなりました。

弓ですが、実際に引いてみるのが一番です。

弓の強さはバネで調べることが出来ますが、独特の硬さ(フィーリング)は実際に引かないと分かりません。

弓具屋さんで許可を取って大三まで開いてみるのがいいと思いますよ。

僕は直心2スーパーカーボンを使っていますが、それでもひどいゆるみ離れがでたり、矢が下に向きすぎていれば掃き矢します。

といっても、14kgの弓で、矢もわざと重いものを使っているので当たり前といえば当たり前なのですけどね。

6:アメさん
SoftBank/1.0/932SH/SHJ002/SN353700021553613 Browser/NetFront/3.5 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
ありがとうございます!

自分に会うのを探したいと思いますム


■[2268] 会での震え・・・。 (投稿4件)

1:雷電さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
20年ぶりに弓道を再会して4か月になります。久々の的前で非常に楽しく弓道をさせていただいておりますが・・・。
矢数をかけるにつれて会での震え(馬手、勝手とも)が出現し狙いの妨げになってしまいます。力の入りすぎかとも思うのですが、その“震え”への対応を教えていただければありがたいのですが・・・。どなたかよろしくお願いいたします。

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
自分は震えたことがないので、具体的なアドバイスにはならないかも知れませんが、震えにはつくらいの原因があると思います。
1.練習不足または筋力の衰え。
2.射法が理に適っていない。
3.精神的なもの。
4.肩の故障。

1.の場合は、弓のキロ数を落とすか、更に矢数を掛けて筋力を鍛える事で改善されるかと思います。
2.の場合は丹田に気を溜め、なるべく下半身に力を落とし、肘で引くことを意識してみる。
3.の場合は、これが原因で震えてる方を知っていますが、効果的な対処法はちょっと分かりません。
4.は医者に相談し無理の無いように引く。

いずれにしましても原因も様々かと思いますので、上位の先生に相談なさるのが適切だと思います。

3:雷電さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
におちさん
適切な返答有難うございます。
確かに20射からだんだんと震えが強くなってきている感じなので筋肉の衰え・・・認めたくないですけど・・・あると思います。
じっくりとあせらず肘で引いていくようにしていきたいと思います。
またいろいろ教えてください。
有難うございました。

4:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
筋肉の衰えなら稽古で鍛えれば大丈夫だと思いますよ。

あせらず、出来たら練習できない日は弓があれば自宅で素引きをすると良いと思います。弓が無ければゴム弓でもある程度効果があると思います。


■[2269] 右肘のちぢみ (投稿8件)

1:ヴォネガット・ハインラインさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/531.9 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.3 Safari/531.9
 会に入ると徐々に右肘が前に緩んできて、妻手がたってしまいます。おそらく会で肘が収まっていないのが原因だと考えています。しかし、どうやって引き分けたらしっかり肘が背中の方に回るのかが分かりません。後ろから見ると肩よりも右肘が少し前に出ている状況です。会の状態を正面から見ると右肘が下がってしまっています。離れを下に切ってしまう癖を指摘されるので、肘の張りがないのも原因の一つではないかと思います。何とか治したいと試行錯誤を重ねていますが、なかなか解決には至りません。道場の人たちも後ろに的がある気持ちで引けと教えてくれるのですが、なかなか感覚がわかりません。私は左利きなのですがそれも関係しているのでしょうか。もしアドバイスがありましたら教えていただけるとうれしいです。

5:しろくまさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.3; OfficeLiveConnector.1.4; OfficeLivePatch.1.3; .NET CLR 2.0.50727)
こんにちは。
会で肘を収めるための方法としては、「理想の会から大三にもどる」という動作をすると良いと思います。何事もイメージが大切なので、まずは妻手の軌道をイメージして引いてみてください。
ここで大切なのは、いきなり弓を引かないことです。まずは、徒手でイメージ通り引けるようなったら次はゴム弓で。ゴム弓で引けるようになったら、実際に弓をもって引いてみてください。
参考になれば幸いです。

6:アバウトさん
DoCoMo/2.0 P905i(c100;TB;W30H19)
しろくまさんの言われた八節を逆行する方法を強くおすすめします

肘を下げるようにおさめるのでなく、肘を後ろにまわすようなおさめ方がしたいんですね(正面打ち起こしで三つ懸かな?)

じゃあ肘が下がらず、後ろにまわっている会を目標として、八節を逆行して大三を考えてみます
大三での右手の肘から先の形が、そのまま会の右手の肘から先の形に影響します
ですから会で肘を下げずに後ろにまわしたいのでしたら、大三で手先を下げ、肘を上げ、手先を体に近付け、肘を体から遠ざけるような右手の形にすればいい訳です
細かい具合は徒手で八節を何度も逆行して自分で考えてみてください

この関係で弓構え時の腕の形(円か楕円か)や打ち起こしの高さも会での右手のおさまりにかなり関係してきます
分からない場合、私でよければ教えます

あと下に離れる癖は、肘を下げず後ろにまわせるようになれば直ると思います

7:アバウトさん
DoCoMo/2.0 P905i(c100;TB;W30H19)
肝心なところを間違えてました

ですから会で肘を下げずに後ろにまわしたいのでしたら、大三で手先を下げ、肘を上げ、手先を体から遠ざけ、肘を体に近付けるような右手にの形にすればいいわけです
に訂正します

訂正前のような大三をとると肘が前におさまり、後ろにまわらなくなります
既に練習で試していたら本当にすいません

8:ヴォネガット・ハインラインさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/531.21.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.4 Safari/531.21.10
みなさんどうもありがとうございました。おかげでそんなにひどく下がらなくなってきました


■[2270] 弦枕の深さ (投稿7件)

1:左利きさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
高校一年のものです。

最近離れの抜けが悪く、勝手の形や肘で引くこと、ひねり等いろいろと試行錯誤しています。

そこで思ったのが、「弦枕の溝が深くて引っかかるのかもしれない」ということなんですが、皆様は溝の深さはどの程度が適切とお考えでしょうか?

ちなみに自分のカケのを計ってみたところ約4、5cm程でした。

できるだけ道具のせいにはしたくないのですか…


皆様よろしくお願いします。

4:左利きさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
鷹司カオルさんありがとうございます!

やはり深いですよね…
今まで暴発が怖くてそのままだったんです。
近くの弓具店で溝を浅くしてもらえるので思い切って浅くしてみます。


ありがとうございました。

5:アバウトさん
DoCoMo/2.0 P905i(c100;TB;W30H19)
左利きさん

弦枕がそれで深すぎるかどうかは、中仕掛けの太さで変わります
4ミリの弦枕で4ミリの中仕掛けで射る場合と、2ミリの弦枕で2ミリの中仕掛けで射る場合を考えてみてください
適切な深さは変わりますね(だからといって中仕掛けの太さだけを変えて調節するのはおすすめしません。理由は聞かれれば答えます)
弓具店に行ったら自分で弦枕の深さを調節する方法を教えてもらってきて、細かい調節は自分でしてください

深い場合は
・離れが荒れる
・会が安定する
・もたれ気味になる
・しがみにくくなる
浅い場合はこれと逆です(実際は親指の腹の厚さも↑に関わってきます。細かい話は聞かれれば答えます)

しかし、浅くし過ぎると指を起こす力が強いので暴発を恐れてしがむ(手先で握りこむ)ので逆に離れが荒れることもあるので注意してください

6:アバウトさん
DoCoMo/2.0 P905i(c100;TB;W30H19)
鷹司カオルさん

百発百中のAさんとBさんがいたとします
弓手をAさんの使い方、馬手をBさんの使い方をしたら中りますか?中りませんね
無争かけのツルツル丘型弦枕と尾州竹林のたすき掛け、それに特に印西派で強調される捻りと本多流で強調される離れ際の捻りをとく行為
自転車にバイクの部品をつけても意味がなく、ただの重りにしかなりません
あちこちから特徴的なものを拾って来ても、もともとのコンセプトが違うので中らないと考えますがいかがでしょうか

7:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
いゃー、アバウトさんありがとうございます。
 実際、いろいろ情報を集めてはいいと思う所を取り入れてそのような結論に達している訳ですがね、弓歴の浅い方に対してはいきなり古株の手だったかも知れませんね。左利きさん、すみませんどうぞ取捨選択で・・・。

 しかし、レスで触れたように自分にはこの上なく合っていていいんですよ。ほんとにツルツルにするには勇気もあったし信じれなかったのですがやってみると適度な捻りで引けるので踏ん切った次第です。紐掛け(初めは違う方式で帽子の起こしをやったけれどやはり紐掛け式に決着)法も帽子の撥ね起こしを助けるということでやりました。
 実はこの他にも、帽子にしがまないように(纏ガケせぬように、切り指先だけの鈎の手の内になるように)帽子と人差し指のところ(中)に仕掛けをしています。別にそうなる射癖がある訳ではありませんがね。ハイ、ちょっと慣れないと窮屈かも知れませんが、『自由が利く』と(その長所を強調される向きが多いですが)、矢筋以外に向く雑力が出易いことになり中りを邪魔すると考えるんですがね。寧ろ極論すれば、馬手はギプスで固定するくらいがいいという気持ちです。
 ここで成果を申し上げるのは大人げもありませんから遠慮させていただきますが、満足のいくものを得ています。カケは学生時代夜学部でしたので正式に習うことなく『徒に』も一式揃えた時のもの(カケと弦巻だけ現存)でボロガケすが流石『かけがえの無い』存在になりました。

 今改めて振り返りみてみますと、諸流派の特長(アバウトさん談)を取り入れてきたことに我ながらの感が致します。

 いやいや、座談に甘んじてだらだらと長くなってしまいました。お許し下さい。今後ともお付き合いください。失礼しました。


■[2271] 押し手の強化 (投稿2件)

1:きたがわさん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)

押し手を強くするにはどのような練習をすればよいでしょうか?

教えて下さい。

2:七夜さん
KDDI-TS3D UP.Browser/6.2.0.13.1.5 (GUI) MMP/2.0
私は、ひたすら押し手で壁を押して鍛えていました。
やり方は、至ってシンプルで弓を押す要領で押すだけです。
回内しているなら回内し、回外しているなら回外して行います。

こんな練習でも、結構大変ですよ。

参考になれば幸いです。


■[2272] 弓手の開き (投稿10件)

1:あんみつさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
離れの時、弓手の指が開いてから握り返しているので残心で弓が落ちている、と指摘されました。(残心の時、握り皮ではなくて矢摺り等を握っている)
弓返りしていますが、角見が効いているとは言えないと指摘して下さった方に言われました。
自分では弓手が開いて握り返している意識がないのと、見えないのとで、どうやって直して良いのかわかりません。
意識し過ぎるとぎっちり握ってしまい、弓返りしなくなってしまいます。
何か良い練習方法は無いでしょうか?
よろしくお願いします。

7:アバウトさん
DoCoMo/2.0 P905i(c100;TB;W30H19)
横レス失礼します

関板を叩く位置についてですが、右側を叩くとOKな理由を教えてください

また、角見が効いていると聞こえないほど音が小さくなると言われますが、本当ですか

とても疑問に思っています

8:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
アバウトさん、はじめまして鷹司です。
 さて、お尋ねの件ですが、私は以下の二点より確証というと大げさですが理解しています。(角見のせいか三指の捻りのせいかまでは分かりませんが、弓返りはピタッとします。)

@ 自分の弓の関板の色の剥げ方
A 実際にやってみた弦の後

 勿論これらは私の角見が利いているとしての話であって、ネットですから実際の所を見ていただけないのでその点は何ともしがたいのですがね。S61頃からやっており、人並みの段は頂いております。
 
@についてはこういうことです。私は弓(実技ですが)をカシュー漆で塗っていますが、関板の部分の色右半分が剥がれてきてずっと不思議に思っておりました。半年ほど前になりますが、ネットのブロクか本かでこの件についての記事を見まして「これでよい・角見が利いている」からだなと思った次第ですが、肝心の出典をメモしてなかったものですから挙げることが出来ませんが・・・。

Aについてはこうです。実際に紙を貼ってやっていますが右にだけ跡が付きます。ハ(の高さ)は15cmとしているのに、関板の右側木の方まで付く跡もあります。

 何故、右の方に付くかといえばこうです。
離れた弦は角見などによって捻られた弓体に対して左から近づき右を掠める形で当たるからです。(当然弓が不動にしてそのまま当たれば弦の下に跡が付きます。ベタ押しですね)


 次に『音』ですが、ベタ押しならば弦が弓体を叩きその為振動は急激に無くなります。
しかし右に逸れた弦は弓体にカスったにせよ振動は止まらず手にも伝わってきます。聞こえるか否かは、音源が一本の弦でもあり共鳴する箱が無くて弓だけですから大きくならず、その時の周りの状況や本人の聴力と関係してきます。

『角見が効いていると聞こえないほど音が小さくなると言われますが・・・』ではありません。

角見が利いていれば音が違って『弦の振動音』?(小さくて聞こえない程だが)となります。

つまり、利いていれば「バシャではなく」小さくて聞こえない程であるけれども『弦の振動音』となりますよ。ということです。
 
音は振動であるの再確認ですね。

9:アバウトさん
DoCoMo/2.0 P905i(c100;TB;W30H19)
鷹司カオルさん
レスありがとうございます
あいさつ遅れました、はじめまして

音についてですが、完全に私の勘違いでした
角見が効けば弦音がしないというふうにとってしまいましたが、納得しました

関板に関しては明日書きます
私から聞いておいてすみませんが複雑な話だけに長くなりそうなので

10:アバウト(PCからさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
ゴルフ用具にインパクトマーカーというカーボン紙のようなものがありまして、私はこれを使って常に同じ位置にあとがつくように練習したことがあります

弓返りの条件について指周りの締め付けの力が重視されがちですが、それよりも重要なのは胸の開きの力を弓がまわる方向にそのまま伝えることだと思います
しかし、問題を簡単に考えるためにまずは手の内(特に手先)に注目して書いてみます

会では手の内に適度に静的な捻りが加わっているのが、弓に負担をかけずかつよく中るカタチです
離れの際に手首を折ったり、手を開いたりすると射の再現がかなり難しくなり、また静的な捻りに比べて同じ一ミリのずれでも矢所で大きなずれになるからです(打ち切り射法は後者の理由のみで中りません)
ここひとつ加えておきますと、手首を折ったり開いたりするのは(中りにくいですが)矢所は後ろに寄るので角見が効いているのと錯覚しやすいです

この中る手の内で弓を引くと離れた瞬間に手の内の捻りから弓が解放され、もとの形に戻ろうとして回転します
弓が僅かに回転してるところに弦がまっすぐ当たるので、関板を叩く位置は左にくると思うのです
右を叩いて弓が返る場合ですが、捻りを加えずに引いて弦が関板を叩いてから手首を折るとこうなると思っています
右を掠めると振動がかなり小さくなり、矢勢は極端になくなるとおもいます

左を叩いて弓が返り、角見が効いていないという場合について
まず、弓が変形するような無理に静的な捻り(巻き込み)を加えた場合も関板が左を叩きます
あんみつさんは、角見をきかせようとして手の内のみに注目、そして頑張って捻り過ぎたのではないでしょうか
捻りすぎていると弓がアンバランスになり、無理な射でしか的方向に飛んでいかない弓になります
そうすると今度は弓が人に影響を与え、無意識に弓のアンバランスを射で補おうとし、射に特定の傾向がでてきて、結果中らない射になります
上に書いた通り、角見を効かせるために重要なのはそれよりも胸の開きの力を弓がまわる方向に伝えることです
これができるようになるよう、何射しても同じ関板の位置を叩けるように練習するのがおすすめです


■[2273] 矢が前に飛ぶのですが・・・ (投稿5件)

1:さやさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
今年から弓道を始めたばかりの初心者です。
数ヶ月ほど前からになるんですが
矢が前にしか飛ばなくなってしまったんです。
最近は特にひどくて、隣の的に中るのなんて
当たり前のようになってしまってます・・・

センパイや周りの人に
見てもらって言われるのは
「離れのとき馬手が戻る(緩む?という意味ですか?)」
「前離れ」
「角見が利いていないのでは?」
「弓手が弱いんじゃ?」等々なのですが・・・

ちなみにねらいはあっていて、
射型も特に問題はない。むしろ綺麗なほうだと言われました。
12月に審査があるし、センパイたちにも迷惑をかけていると思うのです。

何か良い解決策があれば教えてくださいm(_ _)m

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.32 Safari/532.0
さやさん、はじめまして鷹司です。
 実際にさやさんの射を拝見してないので(当然ですが)詳しくは言えませんが、さやさんが挙げられている各点についての検証法の一例を紹介しますのでやられてみては如何でしょうか?

 >@「離れのとき馬手が戻る(緩む?)」
 友達に見てもらいます。どこを見てもらうかといえば、弓から先に出ている矢の長さが会から離れるまでの間に短くなるか長くなるかです。長くなるようでは緩んでいる証拠です。短くなっていって離れたいですね。
 >A「角見が利いていないのでは?」
 自分で判断できます。まず準備として、弓の上の関板の下部(弦が当たる部分)に白い紙テープを貼ります。次にそこに対応する弦の部分を黒いマジックインクで塗ります。そして何回か行射します。当然、紙に弦の跡がつきますね。その弦の跡を見れば判定できます。(判定法については11/17に返信しますので実際に二日間やってみてください。と言いますのは、すぐ前のスレ主の方にも全く同じ検証法を提案しており、やはり11/17に返信することにしていますのでね。)
 >B「前離れ」
 友達に、カケの前方10cmくらい離れた所に団扇などを持っていて貰って行射します。もし前離れしていればカケが団扇を突くはずです。もちろん団扇との距離は少ないほうが良いのです。
 しかし、『前離れ』と『前矢』との関係は私は寧ろ逆で、前に離れると後ろ矢になるのではないかなと思っていますがどうなんでしょうかね。まぁ、いずれにせよ治した方が良いことにかわりはありませんからやってみるとよいでしょう。
 
 では、11/17に弦の跡の見方について返信します。がんばってください。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
緩み、前離れの場合は弓手を正しく押していれば、普通は後に飛ぶことが多いです。
角見の件は、鷹司カオルさんにお任せするとして、馬手が平付けになっていないか確認してみてください。
平付けは、通常会の時に真上を向くはずの手の甲が前を向いている現象です。平付けですと、離れがスムーズに出ないので、前矢が出ることがあります。
もし平付けでしたら、弓構えで親指と中指人差し指で弦を挟み込んでカケの捻り皮をしっかり弦に押し付けて手の甲を上に向けて、大三で十分下弦を取って手の甲が上に向いた状態を離れまで保持して下さい。

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.32 Safari/532.0
さやさん、やってみましたか?
(におちさん、でしゃばりですみません。)
 では弦の跡の見方です。
さやさん、関板に貼った紙に黒い跡がついたことでしょう。弓の内側から見て、右・左ほぼ弦の辺りの内どの辺りに付きましたかね。    
 左側ということは先ず考えられません。右側に寄った所に多く付いていればOKです。

 でも実はこの実験だけではこれが角見に拠るものか捻りに拠るものかまでは分かりません。(ちょっと『公約』がズレてしまいましたが・・・)おそらく相乗効果によるものと思われます。

 どちらにせよ、角見・捻りのどちらも弓射
には欠かせませんから、ときどき紙を張り替えて練習の成果を見、更なる精進への反省の材料にすることが良いでしょう。

 試しに、角見や捻りを全然利かせないで弦
を30cm位引いてやってみて御覧なさい。弦の跡は弦の真下に付くことでしょう。
 また、気をつけていれば弦の音の違いも分かると思います。角見・捻りを利かせないと弦が関板を打つ音が「バシャ!」と鳴るはずです。また角見が利いていれば音が違って『弦の振動音』?(小さくて聞こえない程だが)となります。
 普通の行射でも、弓返りが270度位で理想的に納まった場合(現代弓道講座Ap219)は弦の振動が手に伝わってくる筈です。・・・この振動を感じたくてよく稽古したものです(笑い)。失礼しました。

 なお、このレスは似通った原因によると見られる?すぐ近くのスレッドにも全く同じ内容で返信しますので、さやさんお含みおきの程お願いします。

5:さやさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
鷹司カオルさん、におちさん
答えてくださってありがとうございますm(_ _)m

すぐにお返事出来れば良いのですが
ちょうど上記の質問をした次の日から
テスト週間に入ってしまっていまして・・・
テスト週間とテストの間は
部活が出来ないのです・・・

タイミングが悪くて申し訳有りません(汗
と申しますより、時期を考えてから
質問すべきだったのかもしれません。
本当にすいませんでした!

なので、部活が始まったら
また報告しに来ようと思います!

本当にごめんなさい(汗


■[2274] 弓手が離れで下がってしまいます。 (投稿4件)

1:優子さん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)

こんばんは、高校生です。弓手に様々な癖があり悩んでいます。
一つは、離れをすると下に大きく下がってしまうことです。
二つ目は、離れの瞬間に弓手のひねりがとれて、スパッと離れず指揮者の様になってしまう時があります。

一つずつゆっくり直して行きたいと思うので練習法やアドバイスをいただければありがたいです。

よろしくお願いします。

2:優子さん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
すいません、弓手と勝手を間違えて書き込んでしまいました。勝手のアドバイスをお願いします。

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
離れの際に馬手が緩みながら離れて、残心の時に肩根の線より下がっているということで良いでしょうか?

上記を前提とすると、会の時に馬手が止まっているのではないでしょうか?
会の時に馬手が止まっていると、矢筋方向へ離れが起きず、緩みながら離れるので、瞬間的に肘が戻る為に手先が大きく旋回して離れていきます。(指揮者のよう?)
また、気合の発動だけでは離れない為、手先で意図的に離れを出さざるを得ず、結果むしりとるような離れになって残心の時に手先が下がるのだと思います。

以前にも同様の書き込みがありましたので繰り返しになりますが、大三で弓手の手の内、馬手の捻りと下弦を取ったことを確認したら、引き下ろすのではなく、横へ引く(広げる)事を意識しながら会まで持って行き、会の時はひたすら矢筋方向へ伸びることだけを考えてみてください。
雨露離の離れといいますが、押し引き出来ない限界の状態になって離れが出れば緩むことはありません。
また、矢束いっぱいに引いているかも注意してください。

4:優子さん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
参考になりました。
伸びあいを大切にして行きたいと思います。
ありがとうございました!


■[2275] 弓の強さ (投稿8件)

1:たかひらさん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)

現在、高校1年で、9キロの弓を使っています。
12キロの弓にあげようか迷っているのですが、どうでしょうか。
2月には大会に出場するので、的中率をあげるためには、やはり強い弓のほうがよいですかね?

また、あげるなら早めにあげたほうがよいですか?

教えて下さい。

5:七夜さん
KDDI-TS3D UP.Browser/6.2.0.13.1.5 (GUI) MMP/2.0
個人的にですが、手始めとしては丁度いいと思います。

最終的には男子が最低15k。
女子は最低13〜14kで十分じゃないですかね?


ちなみに私は男ですが、グラスファイバーの並寸15kを引いています。
参考までに。

6:たかひらさん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)

お二人ともありがとうございます。
弓の強さを3キロあげて、早気になったりしないですか?

7:七夜さん
KDDI-TS3D UP.Browser/6.2.0.13.1.5 (GUI) MMP/2.0
私は弓を上げた時は、当分巻き藁をやっていたので早気にはなった事はないですね。

8:たかひらさん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)

なるほど、ありがとうございます。
僕もそうしてみようかと思います。


■[2276] 手首の振り (投稿8件)

1:太郎さん
SoftBank/1.0/820P/PJP10/SN357006011066897 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
自分は離れで弓手が折れてしまいます。
後ろに振るだけでなく、上にも折れます。
癖として残ってしまっていて、自分では真っ直ぐ的に押し込んでいるつもりなのですが、どんなに意識しても一向に良くならず、同じようなことを過去ログで確認したところ、試してみましたが変化はありませんでした。
かなりブレるので、手の内の形も崩れます。
付け通り飛んで行くので尚更わかりません。
すみませんが原因と対処法をどなたか教えてはいただけないでしょうか?
説明下手で申し訳ありません。

5:太郎さん
SoftBank/1.0/820P/PJP10/SN357006011066897 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
ありがとうございます。
今は皆さんのアドバイスを参考に練習して、上に折れるのはなくなってきました。

加えて質問なのですが、離れの瞬間は、親指を的に押し込む意識した方が良いのか、三指を締めた方が良いのかあいまいになってしまっています。

離れに至るまで会で意識することや離れの瞬間について教えて頂けたら嬉しいです。

6:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.25 Safari/532.0
太郎さん、はじめまして。
私見として見てくださいね。
 私は離れの時間(瞬間として考えるのではなく矢を十分に送る、むしろ残身まで含めた時間)と実感した方が(そう心がけただけでも)射は安定すると思いこう表現しております。
 さて、離れの時の弓手については新たに何をするということはありません。離れの前の弓手は既に(心的には)残身に至っています。この辺のことを岡崎教士はこう言っておられます。『・・・私は会・引き分け・残身・離れという順に八節があると思い・・・』(「弓道」誌 S61.12月号「弓と取り組む」より) 心的には、会に入っても尚引き分けて伸び・詰めを極めて射を完成して残身を表出?した上で離れるという気持ちでしょうか。
 私は会では弓手に諸々の力を加えているわけですから離れではその力の為すがままにします。新しく何かしようとすればそれは『離れを弓に知らせ』ることになり射が乱れます。
 馬手の方も心持は全く同じですが問題はその心です。馬手の役目は二つ。緩めぬことと矢筋に離れることだと思います。先の範士も『会に入っても尚引き分け』と言って緩みを戒めています。ここでは二つ目のことについて私見を紹介したいと思います。それは手首・肘の力を抜いて弦に引かれるままにすべきことです。そのためには右肩を入れて背筋で伸び合い、沈めた左肩から伸筋である下筋を利かせていくべきです(詰め合い)。
      『引かれるまま』とはこういうことです。
三三三三  これを図と見てください。この字の一画目と三画目は矢筋      を意味します。そして二画目が肘から先の引く力の方向=力の向き具合です。このように平行線になっていれば矢筋通りに離れることを意味しますが、右の方が矢筋に触れるとカケが上に飛んだり前に飛ぶだりすることになります。これを立体的に見て、筒を貫く一本の矢をイメージして貰えればわかるかと思います。
 離れはこの矢を筒の面に触れぬように引き抜く感じです。もちろん、気合息合いにより、中筋から左右に体を割ってこそ離れは完成します。  長文、お許しください。
 

7:かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
会では大きな弓力が体にかかりますし、離れではそれ以上の急激な力がかかります。
手首は比較的に力の弱い連結部分なので、弱ければ強化する必要があります。
僕も普段から手首の左右上下について、負荷をかけて鍛えています。
また、弓手・手首・肘・肩などの連結において、曲がっていればいるほど、弓力を支えるのには大きな力が必要です。
体から弓手を押し出す力に、ひずみが出ないような詰め合いが必要です。

僕は会でも、円相の形が基本だと考えています。右肩を脇表面の方に突き出せば、円相は崩れます。
その結果、馬手の手の甲がやや上を向くように捻っている場合には、カケの親指が離れの際、的の方を向きにくくなり、前離れと同様の結果を生じます。
手首から肘までの部分には2本の骨がありますが、親指側の骨の方が長いので、小指側に比べて親指側への曲がりは、少ないのです。
馬手拳が矢筋方向に引くことは大切ですし、その結果、弦も矢筋に出て行くことが大切です。
右肩を入れて、肘が肩線より背後に出るような構えでは、弦はカケの親指の腹を擦って出て行くことになり、正直な矢飛びは出難くなります。

8:太郎さん
SoftBank/1.0/820P/PJP10/SN357006011066897 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
皆さんアドバイスありがとうございます
手の内、手首に関しては大分良くなったと思います。
が、離れで肘の回内が完全に戻り、その反動で手の内も、という感じになってしまいました。

肘を動かないようにさせると、肘がかなり入る方なので肘を打ちます。

矢所も安定せず矢飛び弦音も以前より冴えなくかなり悩んでいます。

どこからどう手をつけたら良いか、何方か再度申し訳ありませんがお願いします。


■[2277] 離れの音 (投稿2件)

1:ぴちょんさん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
高校から弓道を始めたのですが、ずっと離れの音?が悪くて困っています。
離れをした時にカキーンという金属の嫌な音がします。本を読んでも先輩に聞いてもわかりません。
大きな音で恥ずかしいのでちょっとしたことでもいいので書き込みお願いします!

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
離れの音は弦音(つるね)といいます。

弦音は、離れの時に主に弦が上関板を打つ時に出ます。

金属音の弦音の原因として思い浮かぶものは、
@そもそもそのような弦音が出る弓である。
A矢が箆じないしていて、離れの時に矢摺籐を強くこすっていく。
B離れがスムーズに出ていない。引きむしるような離れになっている。
C角見が効いていない。

他の人にその弓を引いてもらって弦音が同じだったら、弓のせいだと思います。
また、腕や顔を打ったり髪を払うことがありますか?そのような場合は角見が効いていないために弦音が悪いのだと思います。箆じないと離れは他の人に見てもらえば分かると思います。


■[2278] 離れの一定化 (投稿8件)

1:騎虎さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
こんばんは 皆さんの意見を求めてここに書き込みました

早速なのですが、私はこの頃矢どころがぶれています。ぶれているといっても練習では的の前端から後ろ端くらいのブレで収まっています。しかし、試合となると的から外れるくらいのぶれになってしまいます。
先輩や先生に見てもらったところ、押し手は全く問題なく、離れの方向が微妙に違うんじゃないかといわれました。しかしそれも見た目では見分けがつかず、なんとなくそう思ったらしいのです。
でも、確かに自分の感覚でも離れが違うような気がしていました。

そこで皆さんに聞きたいのですが、離れをいつも同じ方向に出す、いつも同じ方向に伸びるようにするために、何か意識してることはありますか?

5:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
伸びる方向は矢筋ただ一つ、離れは離そうと意識しないことが重要だと思います。

離れが毎回違う原因としては、大三以降の弦道が毎回微妙に違うのではないでしょうか?
弓手は視界に入るので、毎回同じように会まで持ってこれますが、馬手は視界から外れているためどうしても感覚だけになります。
一般的に引くという意識が強いため馬手先行になり勝ちですが、弓構え以降、矢は常に自分の体及び床と平行でなくてはなりません。
矢が常に平行であることを意識し、会においては口割りの位置が毎回違わないか確認をしてから伸びあいを意識し、離れを待つようにしてみたらどうかと思います。
そうすれば、離れの出る方向や馬手の軌跡は毎回同じだと思います。

6:かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
弓手は弓を的へ真っ直ぐに押してやる。
馬手は手先、手首、前腕の力を抜いて矢筋方向に伸び合いながら離れる。
この時、馬手の人差し指は矢軸に沿わせておき、離れでもその位置が変わらないようにする。
馬手の捻りは、人差し指が矢に沿うだけで、それ以上は不要です。
離れに於いては、伸び合いだけで離れが出ます。
この時、離れを出す為の特別な動作や、弓手を捻って殊更角見を利かせるとか、馬手の捻りを変化させる等、してはいけません。
離れが毎回大きく変化し、的中が安定しないのは、離れにジタバタするからです。
無駄な力や働きを離れで加えると、その方向や程度に毎回大小の変化があって、狂いが出ます。
詰め合いを土台として、無駄な力や働きを排した伸び合いだけで離れが出れば、的中の狙いを変えてしまうことは、激減します。
離れは単純なものです。
それを複雑にしてしまうから、いけません。
一心に伸び合えば、離れは弓任せ、的中は矢任せです。
もし、前記の状態で、弓返りがしないのなら、手の内がいけません。
前矢になるなら、弦輪で入木の状態を調整しましょう。
矢色が付くなら、馬手の手の内の研究ですね。
正直な矢飛びを目指して、巻き藁練習が一番です。

7:ぬふぬふさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/85.8.5 (KHTML, like Gecko) Safari/85.8
離れだけ考えては駄目だと思います。
同じ離れを出すためにはその前の過程が重要です。 におちさんと重複しますがいつも同じ道を通って会に納まらない限り同じものは出ません。多少寄り道しても似たような物は作れますがそれが大きく躓くと絶対に出来ないと考えていいでしょう。 試合と練習は何が違うのか? これを見つけたら大きな壁が越えられると思います。足踏〜離れまで見直してみましょう。

8:名無しさん
DoCoMo/2.0 SO905i(c100;TB;W24H18)
そうですね、引き分けから会の状態のとき引き分けた方向に力をかけ続けることですかね。必ず押しは的に一直線に向かって押さないようにしてます。上記したように引き分けた方向に、そして押しは弓に負けない程度の強さをかけてます。後は離れの際必ず矢の線上に離れないことも実際考えながら引いてませんが自由練習中は心がけてます。


■[2279] 引っ掛かりとゆるみ (投稿6件)

1:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
おはようございます
今日は後輩の事で質問があります
全体的には射形はきれいなのですが離れの時にゆるみと引っ掛かりが同時になる子がいます
こういう場合はどうすればよろしいでしょうか?

3:しまさん
DoCoMo/2.0 N706i2(c100;TB;W24H16)
ありがとうございます

肘は収まりはありますが伸びる意識をさせてみます

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.27 Safari/532.0
しまさんどうも、鷹司です。
 2:におちさんがとても大事なことを教えてくださいましたね。私もその通りだと同感です。形には見えない『極意』だと思います。
 私からも1つ。におちさんのご指摘の中にも大きく見れば含まれることかもしれませんが、今私が気をつけていることを紹介して久しぶりのご挨拶とさせていただきます。
 引き込んでくる原動力=大本は背筋で、直接的にはやはり肘ですね。でもここで気をつけるべきことは手首や肘に力を入れないことです。弓の力に対して手首は単に受けるだけ肘は矢筋に張るだけです。私はこれを『手首無く』と部活の子に言っています。つまり肘は背中の線の方に入れますが(教本二のP141、神永先生の写真)、弦に任せるままです。特に離れを迎えるときにはよーく確認します。
 におちさんの『矢筋の延長線上に妻手も伸び・・・・肘で引くように意識・・・・肘がきちんと収まって・・・』というのもこういうことではないかと勝ってに共感したしだいです。におちさん、ありがとうございました。

5:夕凪さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
私も、ゆるみで困っていたのでにおちさんのお言葉にとても救われました。
友達に、どんどん追い抜かれているので冷静に自分の射をみつめることができませんでした。会で、横に引くことを意識して、よく伸び合いたいと思います。
さっそく練習でやってみます!
しまさん。後輩さんのご指導で大変だと思いますが、がんばってください!
ありがとうございました。

6:こげさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
私も今これで悩んでます。
会までは順調に引けても、最近は離れで妻手が引っ掛かってしまい弓を引くのが怖くなってました。確かに妻手が止まっていた気がします。伸び方に注意して今日やってみます(*^_^*)


■[2280] 不動の押し手 (投稿9件)

1:藤野さん
DoCoMo/2.0 N04A(c100;TB;W24H16)

どうすれば
不動の押し手にできるでしょうか?

是非教えて下さい。

6:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
「不動の押し手」とは意識づけの表現であって、実際に万力で固定したように微動だにさせないと言う意味ではありませんね。
発射時に、必要な押し手の反射的な動きがなければ、和弓の場合矢は右に逸れてゆくというのは有名な現象です。
押し手は体幹から離れている分弱いのに的中には一番重要な箇所です。発射時に必要な働きと動きを誤差なく出来るように、角見など習熟が必要で特に意識すると言う意味で、特別な技術を指してはいないと思います。

7:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>藤野さん
>押し手は不動の押し手にする
それは、そのOBの方のイメージであり、固有のお言葉だろうと思われるので、七夜さまの仰るように、その先輩に問うたり教えを請うのが一番のような気が致します。

もっと言えば、単に頭で言葉を弄ぶのではなく、その先輩が引いている所を見ることが一番だろうと思います。


少し厳しいことを言ってしまえば、30項目もの的中の「極意」を先輩から賜りながら、放置して自分のものにしようとしていない、全く活かせていないように見受けられるのが残念です。

何故その先輩に問わなかったのかな、そして教わらなかったのかな?


「不動」「毎回同じにする」何れも言葉で表せば簡単なことですよね。
でも、其れ等は単にイメージの問題であり、一つの結果を現した言葉に過ぎないことを承知すべきだろうと思うのです。

其れ等を常に追い求めること・・・そして其れ等の結果に至るまでの過程……そのことこそが稽古だろうと思うのです。

>どうすれば
>不動の押し手にできるでしょうか?
>是非教えて下さい。

だからそんな簡単な一言で、傍から教えられることではない気が致します。
練習に練習を重ねて、体得して行くべきものだと考えるのです。


>押し手が離れの瞬間に動いてしまうと、その動きが毎回少し変わるので
天龍さまも書いておられますが、単に「動く」ことが悪いので「止める」「固定する」と考えない方が好いように思います。

8:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
個人的には・・・
「働き」が毎回少しずつ変わるので、押手が離れの瞬間に「毎回違うように」動いてしまう
・・・と言う風に読み変えたいのです。
「動く」ことそれ自体が悪いと考えるのではなく、「毎回違う動きをする」ことが悪いのだ!と。

当然ながら、これ等は私共の意見ですから、その先輩の方のご意見とは異なることは充分に考えられますよ。

9:かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
不動という言葉を射に用いていることから考えれば、かなりの修練を積まれた方なのでしょう。
不動とは無念無想と同義でしょうね。
人は現在に過去や未来を思い浮かべて比較をし、最悪や最善などを想起するものです。
だから、ジタバタするのです。
心の在り様は射に現われ、射は心の在り様を現しているのです。
ところが、不動の場合は過去や未来に思いを馳せないので、現在という認識さえもないのです。
心は有るから動く(変化する)のです。
心が無ければ動きようが有りません。
これを不動と言います。
単に動作のことを言ったのではありません。
もっと言えば、弓手というからだの部分の認識も有りません。
そういったものが会前後の状態で、悟りの境地でもあります。

さて、射法八節なりの積み重ねで出来上がったままの詰め合いに、一心に伸び合う中で離れが出ます。
未熟なうちは離しですから、矢を発射するための動作と離しに伴って弓手の手首を捻ったりいろんな事をするものです。
そういった意味で考えてみると、この言葉は「それまでの射法の積み重ねこそ重要である」ということを強調した言葉のように思われます。


■[2281] 馬手の中指 (投稿2件)

1:風の子さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
取りかけをして

大三から引き分け〜〜〜

からずっと
カケの中の中指が痛いです。。

そのため

親指と中指でおさえることができません

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
手に力が入ってしまって握ってしまっているか,カケの皮が薄くなっているのかもしれません


■[2282] しぼりと押し (投稿2件)

1:由宇さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
中学二年生の由宇といいます。
中一のときから弓道を始めました。
今でもまったくの初心者です。

今、非常に悩んでいるのが、「しぼり」と「押し」についてです。
顧問の先生からは、「しぼりと押しが出来ていればなぁ・・・」と毎日のように言われています。
今の状態での矢所は的の真下に行きます。
矢が下がるのは押しがちゃんと出来ていないからと顧問の先生から言われます。
私的には押しているはずなんですが、やはり押せていないそうです。
押せていないこともあって、さき手(左手)が下がってしまい的の真下に行くそうです。
どうしたらしっかりと押す事が出来るようになるでしょうか。
あと、しぼりもイマイチ分かんなくて、初段を持っている友達にしぼりの仕方を聞くんですけど、やっぱりイマイチ分かんなくて・・・。
「しぼり」と「押し」について、出来れば詳しく教えて欲しいです。
お願いします。

2:天平の弓引きさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)
由宇さん、大変ご苦労されているようですね。

ちなみに、顧問をしていらっしゃる先生は「このようにしてみなさい」ということはおっしゃらないですか?


■[2283] 鳩胸… (投稿4件)

1:飛来さん
DoCoMo/2.0 N01A(c100;TB;W24H16)

こんにちは。
飛来です。

僕は鳩胸なんですが、

顧問の先生も、
『俺も昔、鳩胸やって、中ってたけどなおした。』

とおっしゃっておりました。

鳩胸だとどのような影響があるのでしょうか?

是非教えて下さい。
よろしくお願いします。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.15) Gecko/2009101601 Firefox/3.0.15 (.NET CLR 3.5.30729)
胸が突き出ている+頭は地面に垂直=背骨が踵側に倒れた形

背骨が傾いていると、肩甲骨も傾く。腕と肩甲骨の動きは連動しますので、引き分けの軌道が変なことになる。

腕を自然に伸ばした状態で引き分けると、弓が照る(弓の先っぽが踵側に倒れた会に向かって引き分けが進む)。

頭が弦の軌道にすっぽり入り込むので、耳を打ったり、後頭部を強打したり。

なので、腕や手首をねじって引き分けの軌道を修正して引いていることが多く、関節ねじったり、手先に力がこもったり。

3:たかさん
Opera/9.64 (Windows NT 5.1; U; ja) Presto/2.1.1
ええと、まず鳩胸が何を意味しているのか
確認させてください。
医学的には鳩胸は胸骨が前面に凸な形で突き出る変形であって、脊柱は変形しません。自然な湾曲をとります。

弓道で言う出尻鳩胸は、胸椎の前湾、腰椎の
後湾を強くして、お尻、胸を突き出す姿勢のことですね。

どっちのことを指しているのでしょうか。

4:天龍さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
お尻をカックンと後に残すようにすると、必然的に胸を張り出す姿勢になります。審査員席側から見ると、一見立体的に整った射形で良く引けているように見えます。弓の中に胸を割り込むように出来やすいので、安定的に良く中る選手が多いと思います。
ただ、腰から下はほとんど棒立ち状態で、臀部、大腿、ひかがみなど下半身の筋力は動員しておらず、上半身のみの射になっています。
若くて上半身のみの筋力でも十分な内は良いかもしれませんが、いずれ限界が来ます。もちろん基本的な胴造りではありません。
その立ち方は、比較的楽で安定感もあり、的中もあるので、本人も指導者も放置しがちですけどね。


■[2284] 2段で必要な練習でしょうか? (投稿7件)

1:あんみつさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
現在2段の社会人です。
先日、先生(女性)がたすき掛をしているのをみんなで見ていて「いいね。早くあんな風に練習出来るようになりたいね」とその日一緒に練習していた仲間と話してたところ「今からたすきの練習もしておいた方がいい」と先生に言われました。

私と仲間の数人は来春に3段を受ける予定なので今は射形中心の練習をした方がいいのかなと思うのですが、みんなは憧れの着物で練習・・・に心を奪われているようです。

働いている人ばかりなので一応自由参加みたいな感じで話が進められていますが、参加するには着物を用意しなくてはならないし・・・、私だけ参加しないのも・・・まずいかな・・・と思ったり、でも実際2段の私に本当に必要なのかなと迷っています。

4:弓彦さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
早くから和服での体配を教えて頂けるとは、うらやましい限りです。

私の道場には襷さばきを指導できる人がおられないので、
女性で四段を目指す方は困ってしまいます。
よその道場で襷の勉強会があるとなると、弐段でも初段でも、
そこへ行って、機会があるうちに習っています。

教えていただけるときに習っておけば、四段受審前に
慌てることも無いと思いますよ。

着物も、化繊の「洗えるおしゃれ着物」が呉服屋で数千円で
買えますので、小紋の地味目のものを選べば練習には充分だと思います。
膝丈で切ってしまえば弓も引きやすいようですよ。

5:麩さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10.4; ja-JP-mac; rv:1.9.1.5) Gecko/20091102 Firefox/3.5.5
段位なんか関係ない。
和服で射形練習すればいいじゃないですか。
たとえあなたが初段であっても(すでに弐段ですが)全く問題ないです。

体配も弐段が定めの座をとる練習に参加してはいけない理由はない。
一つ的の練習に参加してはいけない理由もない。

人数が足りない時に初段に本座返りに強引に参加させた事もあったなぁ。

それに今から慣れとけば初射会でやれるじゃないですか。

6:ぬふぬふさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/85.8.5 (KHTML, like Gecko) Safari/85.8
自由でしょう。 道具の準備にもそれなりのお金もかかるし覚えることも増えますからね。
ただ今からやっても全然OKだと思いますよ。
直前になってアタフタするよりも今の内から余裕を持って準備の方がいざって時に有利になると思います。

7:あんみつさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
みなさんありがとうございました。
とても参考になりました。時間など都合があえば参加してみたいと思います!


■[2285] 腰の安定 (投稿3件)

1:さざえさん
DoCoMo/2.0 N703iD(c100;TB;W24H12)
離れの瞬間に腰が動かないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
胴造りが出来ていないのでは?

重心は両土踏まずの前方に落とし、両ひかがみを張り、腹式呼吸で丹田に若干力を込め、体の力が下半身に降りるように気を付けてみてください。

あとは、三重十文字が崩れていないかもチェックしてみたら良いかと思います。

3:さざえさん
DoCoMo/2.0 N703iD(c100;TB;W24H12)
ありがとうございます!
下腹を意識して頑張ってみます!


■[2286] 指先 (投稿2件)

1:風の子さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
指先の力がぬけません

どうしても
会の時に、つまんでいるように見えます

指先の力が抜けず
ゆるみ離れにもなっています。

どうしたらいいでしょうか??

2:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
取り懸けが浅すぎるということはありませんか?
取り懸けは浅すぎると指先に力が入り、深すぎると離れません。適正な深さが必要です。
親指の先端を中指の第二間接に軽く押さえ、カケの中では親指を反らせて大三以降、親指の先が的を向くようになっているか確認してみてください。

また、カケが自分の手に合っていないということはないでしょうか。

馬手の手の内に「鉤(コウ)の手の内」というのがあります。鉤(カギ)の手のように人差し指、中指を第二関節で折り曲げて親指を押さえるのですが、試してみたらどうでしょうか。

自分は四つなのですが、取り懸け時に薬指の第二間接で親指を押さえてから、弦を馬手親指と人差し指の根元の捻り皮の部分で挟み込むようにして馬手を内側へ捻り、大三時に十分下弦を取って引き分けて来ます。馬手は肘より先を釣竿の先のイメージで拳が引っ張られながら肘で引く様にしています。元々カケが控えの柔らかい離れの出やすい物なのですが、離れは軽いと言われます。

馬手の手の内をいじると思わぬところで離れたりしやすいので、道場の中央で練習してみてください。


■[2287] 大きな射をするには… (投稿5件)

1:タラコさん
SoftBank/1.0/830SH/SHJ001/SN353686024165887 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
「射が小さい」と最近よく言われます。
大きな射をするにはどうしたらいいのでしょうか。

2:蓮香さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
私も一時期よく言われてました

私は大三から引き分けにいくときに大きく引くようにしました
勝手が耳の後ろを通るイメージですね

後は打ち起こし、大三の位置を少し高くしてみてはどうでしょう?

射を大きくしようとすると肩とかに力が入りやすくなるので気をつけてくださいね

基本的には射法八節通りにすれば問題ないかと思います

失礼しました

3:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1) ; MEGAUPLOAD 2.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
大三を取ってから、引き下ろすのではなく、矢筋方向に横へ横へ引いてみてください。特に大三から目通りまでは、真横へ押し開く様に。
目通りを過ぎたら両肩根を矢に近づけるような意識で。
くれぐれも手首に力が入らないように気をつけてください。
弓が強く感じるようでしたら、少し弱い弓に替えてみるのも手ですよ。

4:タラコさん
SoftBank/1.0/830SH/SHJ001/SN353686024165887 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
ありがとうございます。
耳の後ろにもっていくイメージはしているのですが、なかなか上手くいかなくて。
打起こしと大三の位置を高めにするように意識してみします。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.27 Safari/532.0
タラコさん、はじめまして鷹司です。
>打起こしと大三の位置を高めにするように意識して
高さはご自分の力の架け具合に丁度いいところを探してください。ここでは高さより引き分け方が問題ではないでしょうか。
におちさんの仰るように『引き下ろすのではなく、矢筋方向に横へ横へ引いて・・・特に大三から目通りまでは、真横へ押し開く様に』というのが一番大事です。どうしても初心の内は『下ろしてくる』ということに意識が行ってしまい射が小さくなってしまいがちです。下ろしてくると三角形を描きますからこれはほんとに、横に引き分けた場合の半円より面積も小さいわけですし、見た目にもちぢこまって見えるわけです。
 また、実際に引き収めたときの矢束の点からも、横に横に引いてきたときの方が無理なく自分の矢束に収めることができます。
 横に横に開いてきて(意識しなくて)も弓矢は下がってきます。下げることを意識すると射が小さくなりますよ。
 
(におちさん、一部表現をお借りしました。)


■[2288] 手首の力 (投稿3件)

1:ごっちさん
SoftBank/1.0/830SH/SHJ001/SN353686024165887 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
最近、自分の射型が分からなくなってきてしまいました
大三から引分けにかけて手首に力が入っていると言われるのですがどうすればいいのでしょうか

2:蓮香さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
引分けるときに、上腕に意識をおいてみては?
イメージ的には肘を曲げて手を上にし腕を上下させる感じですね

・・・分かりずらいですよね
え〜とですね ←こんな感じです
これで腕を上下させてその時に上腕を意識する感じです

手首に力が入って曲がるようならゆがけと手首の間に矢を入れて曲がらないようにしたりとか

それで練習するのはすごく恥ずかしいですけど、こういう練習する人私の所では結構います

意味の分からないこと書いてすみませんでした
少しでも役に立てれば嬉しいです

3:ごっちさん
SoftBank/1.0/830SH/SHJ001/SN353686024165887 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
ありがとうございます
ゆがけと手首の間に矢をはさむのは私がいる部では誰もしていないので思いつきませんでした
挑戦してみようと思います


■[2289] 大三での (投稿4件)

1:飛来さん
DoCoMo/2.0 N01A(c100;TB;W24H16)

いつもお世話になったおります。
飛来です。


大三での肘についてなのですが、大三で、会の状態と同じくらい肘を返して、そのまま引き分け、会にいくのか、

それとも、大三ではあまり肘を返さず、引き分けている間にだんだん返していくのか、

どちらが会で伸びやすいでしょうか。

是非教えて下さい。

2:七夜さん
KDDI-TS3D UP.Browser/6.2.0.13.1.5 (GUI) MMP/2.0
その疑問は私も思います。

私個人的には、後者だと思っております。
引き分けている間に肘を返し、その勢いと言いますかそれを利用して引いた方が、大きく引けると思います。
又、力も引き分ける最中にあまり使わず引けるので、会でも伸びれると思います。

というのが私の意見なのですが…
実際、どうなのでしょうか?

駄文失礼致しました。

3:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
自分の場合は大三で半分入れてやるので後者です。

人それぞれかと。

4:飛来さん
DoCoMo/2.0 N01A(c100;TB;W24H16)

お二方とも
ご意見ありがとうございます。
明日からまた研究しながやり、何か分かればまた書きたいと思います。


■[2290] 弓手の離れと残身について (投稿2件)

1:大学弓引きさん
SoftBank/1.0/930SH/SHJ001/SN353689021910602 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
こんばんわ、いつもお世話になっています

弓手の離れと残身についての質問です。



私は離れで左肩がゆるんでしまい残身を見ると右肩に比べ上がっています。

しかし、この前の大会の優勝した方の離れは会の形が崩れず肘が伸びて離れがでていました。

また私と違い弓が的の方に倒れていませんでした。



私とこの人の違いは下筋を使えているかだと思い

そこで、自分の手の内を見直し大三で手の内の5重十文字が完成するように直角にし掌根をつけるようにしました。


そうすると以前に比べ会で肩が下がっていて下筋がやや感じられるようになりました。


このような直し方で大丈夫でしょうか?


また中押しが出来た場合、残身で弓は的のほうにあまり倒れないのでしょうか?


乱文で申し訳ありません。

2:ぬふぬふさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/85.8.5 (KHTML, like Gecko) Safari/85.8
>このような直し方で大丈夫でしょうか?
方向は間違ってないと思います。 ただそれ以上は射を見てみないと何とも・・・
弓構での肘の張り方、手の内
大三での張り、馬手の動き
なども注意点に入ると思いますので出来ていても再チェックすると道が開けるかもしれません。

>また中押しが出来た場合、残身で弓は的のほうにあまり倒れないのでしょうか?
離れの瞬間の弓手の動きが左右されるのかなぁ〜
中押し・下押しが出来ていれば弓が倒れる方向に進むのは少ないのかなと感かえられます。 私は小指が緩む癖があるので下が出る時が多々あります。あと手を開いてしまうので弓が1拳落ちます。 以前指導された言葉で重要だと思ったのは“意識”でした。弓手をしめるのではなく意識的にしめる事が大事と指導を受けました。 それによって改善の方向に進んでいます。 


■[2291] 並から伸びに重さをかえる時 (投稿3件)

1:ヴェーダさん
KDDI-CA3C UP.Browser/6.2_7.2.7.1.K.2.232 (GUI) MMP/2.0
こんにちは!
ヴェーダです。
最近、弓のキロ数を変えようと思っています。
身長が170センチメートルあって、今まで並の10キロを使っていて、他の弓に変えようと探したら、並の11キロと伸びの12キロぐらいしかありませんでした。

どちらを選んだら良いでしょうか?

アドバイスをよろしくおねがいします。

2:通りすがりのへたれさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
まず歳yそに、同じ強さの弓を二つ持ってひいてみて、それで引ければ、自分にとってちゃんと引ける弓らしいです。
身長170pなら、伸びが良いと思います。
12の伸びが良いと思いますよ

乱文失礼しました。

3:ぬふぬふさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/85.8.5 (KHTML, like Gecko) Safari/85.8
自分の感に頼ってもいいのじゃないでしょうか?
両方とも引けるチャンスがある環境なら交互に引いてみて何かを感じた方を使ってもいいと思います。


■[2292] 角見とは…? (投稿4件)

1:カズさん
SoftBank/1.0/815SH/SHJ002/SN353694011168526 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
どうやら私は角見を勘違いしていみたいです。
大三を取る時の手首の方向を変える時に変に絞っているようで、物凄い力で親指が下に引っ張られます。
よって会で親指が舌を向いてしまいます。
その状態で虎口で弓を押し、先程の強烈な絞りが解放される事で弓が返ります。
しかし文章を読むと親指の付け根の内側の固いところでで弓の右側を押すのだと書いてありました。
やはり私のやり方は間違っているのでしょうか…?

2:麩さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10.4; ja-JP-mac; rv:1.9.1.4) Gecko/20091016 Firefox/3.5.4
>しかし文章を読むと
の文章が何をさしてるのか知りませんが
ここのHPを読んでて、やたら虎口の巻き込みと角見ばかり強調するのはどうだろう?とはよく思ってました。
正面の射に対して、虎口を巻き込むやり方はちょっと難しいので、人には勧めませんし、だからといって否定もしません。
私は普段そんな手の内はやってませんが、試しにやってみたら出来たので、(初心者の頃にへたくそにやってた、数年して諦めて正面と相性のいいやり方に変えてた)やりかたは分かってるつもりです。
昔の私の事であり、現在わたしの周りにいる多くの方がそうなのですが、
虎口を巻き込んだ状態で角見をあてる位置で弓を押す事にこだわって、天文筋に正確に弓の角を当てる事を疎かにする人が多いです。
四〜五段ぐらいの人でも掌に、会で掌根に弓が当たってる痕が全くない人もいます。
虎口の巻き込み過ぎなんですが、それで親指の付け根で押すとしっくりと押してるって感覚になるので、それで頑張ってしまいます。
斜面の方の掌を見してもらった時、あんまり虎口を巻き込んだ痕がなかったので「ああ、成る程」と勘違いに気付きました。
虎口の巻き込み、角見、天文筋この3つが会の時にできていないといけないのですから、天文筋に意識を置いてやってみると、親指が下に引っ張られることがなくなりました。
この3つが揃って中押しです。
正面の手の内で中押しが楽にできるようになってたから、試しにやったら出来たんでしょうね。
ですから親指の付け根の内側というか横側かな?

3:カズさん
SoftBank/1.0/815SH/SHJ002/SN353694011168526 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
≫麩さん
そうですね、高段者には当たり前すぎるのかこのホームページでも『天文筋』という単語があまり登場しないように思います。
しかしながら幸い私も麩さんのおっしゃるように天文筋を意識してやっていまして、会では天文筋と虎口と親指の内側以外は弓には殆ど触れていない状態です。
見たことはないですが確かに斜面の方はあまり巻き込まなさそうですね。
ただ私は虎口というよりは親指の付け根の下の肉のぷよぷよしている辺りも巻き込もうとしていたので次からは”虎口を”巻き込むように意識したいと思います。

4:におちさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
大三で手の内を八割方入れますが、この時は手の内はゆるゆるで力を入れず、巻き込みも考えないで大三を取ります。考えることは、天文筋をずらさない、虎口で弓を回す、出来たら妻揃いが出来るようにくらいでしょうか。
大三を取ってから手の内を締めてきます。大三で虎口で弓を回していれば、虎口の巻き込みが出来てきます。
この時の締める方向ですが、三指の腹で右側木を左側に捻るように力を働かせてください。握るように力を入れてしまうと、力を込めているだけで押手の力が弓に伝わりません。
この状態で会まで持って行き、手の内の締めが緩まなければ、角見は効くようになるはずです。
また、虎口で弓を回して締めてきているわけですので、弓の右内竹の角が親指の付け根の横側に当たっている筈です。離れの瞬間にこの部分が弓の右内竹を押し開くのが角見の働きになります。

しかしながら、手の内は一生の課題と言う位難しいものですので、字面で理解するのには限界があります。きちんとした指導者に見てもらうのが良いと思います。


■[2293] 矢ha水平なのに狙いが・・・ (投稿4件)

1:くろさわさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
会に入った状態の時に自分の目から見ると,矢の先が的ではなく的の少し前の矢道を狙っているのです。他の人に見てもらっても,ちゃんと矢は水平で口割りも合ってる,との事なのです。これが半年くらい続いています。
とある人が言うには弓を変えたせいだと言っていましたが,変えた当初はしっかり的を狙えていました。このままじゃまともに狙えません。
お願いします。助けてください!

2:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
弓手が下がっていませんか? 妻手よりも弓手が先に下りてしまっているのかもしれません。

3:弦禰さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
>他の人に見てもらっても,ちゃんと矢は水平で口割りも合ってる,との事
他人から見て戴いた客観的事実の方を「正」と信じるべきです。
稽古とは、見て戴いたことに基づいて射技を組み立てて行かねばなりません。

>会に入った状態の時に自分の目から見ると,矢の先が的ではなく的の少し前の矢道を狙っている
そもそも、会の状態で自身の目で、矢がどの方向を向いているのか、何処を狙っているのかは解らないはずです。

従って、弓を習い始めて何年〜何ヶ月かは解りませんが、今までの狙いの付け方に誤りがあった考えた方がいいのではないでしょうか。
(矢先で狙いを付けていた・・?)

また、引分け〜会の状態に於いて、自身の矢(矢先や箆)を見ることはよくないことです。

4:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
会で下を狙っている様に見えるのは矢が自分の目線より下にあるためだと思います。従って問題ありません。


■[2294] 妻手の窓が (投稿3件)

1:遥さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
私は高校2年生です
ずっと悩んでいて、このサイトを見つけたので、どうか聞いて下さい。

だいぶ前から、押手の肩が下がり、妻手の窓が狭くなっていて、会の時にかなり違和感を感じます。

会に、違和感を感じているので、離れもスムーズにできず、困っています

もう部活引退まで、1年もないので、できるだけはやく治したいです。

何か方法はないでしょうか?
教えてください。

2:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.15) Gecko/2009101601 Firefox/3.0.15 (.NET CLR 3.5.30729)
多分、背骨を軸に上半身がねじれて、右肩がつま先側に、左肩がかかと側にねじれている状態。

・足踏みで言えば、左が閉じて右が開き気味に踏んでるとか。

・胴造りで言えば、3重十文字から外れた市井で足を踏み開いたせいで、猫背気味の知り抜け気味の姿勢になってるとか。

・弓構えで言えば、右ひじ伸ばし気味、左ひじ曲げ気味にとってるとか。

・物見・打ち起しで言えば「顎を締める」つもりで首を曲げて額が的方向に突っ込んでるとか、右手優先を意識しすぎて胴体がねじれていたり。

色々です。

3:遥さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
返信ありがとうございます

いさんに書かれたことを、なっていないかどうか確めたいとおもいます!!


■[2295] 押し手の・・・ (投稿3件)

1:飛来さん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP) AppleWebKit/531.9 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.3 Safari/531.9.1

高校で弓道をやっています。

最近、
押し手の手の内にとても力が入ってしまいます。

肘で引こうとはしているのですが、
大三から会にかけてどんどん力が入っていってしまいます。
その結果、押し手が弱くなってしまいます。

どうすれば手の内に入る力を少なくし、
強い押し手になりますか?

是非教えてください。
よろしくお願いします。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.27 Safari/532.0
飛来さん、はじめまして鷹司です。

>押し手の手の内に・・・大三から会にかけてどんどん力が入っていってしまい・・・押し手が弱くなってしまいます。<

 飛来さんはとても良い事に気が付いたと思います。並ではありませんね。
 なるほど、ゴム弓などで弓手を伸ばし手の内に力を入れて握りその力を強くして行いけば行くほど、『ただそこで弓を持っているだけ』の感じになりますね。ゴムを元に戻しても腕の感じは何も変わりませんものね。これでは弓射上からして何の意味も無いわけですよね。握りが強まっただけのことですよね。
飛来さんのスレを読みながらやってみてよく分かりました。
 さて、『押すにはどうするか』という事ですが、私は2点あると思います。

@ 弓手肩を沈めること。これは単純に下げることではありません。以前、誤解されたことがありますのではっきり言いますが、骨格を下げると縦横の十文字が崩れますので胴造りはそのままに肩を下へ向けての『圧を架ける』(沈めると言う)ことです。見た目には何も変わりませんが、このように沈めていくとどんどん伸ばす力の感覚が湧き(会が深まる)、肩から腕の骨格を詰め合わせること(竹の管に紐を通して引っ張りピーンとさせるように)ができます。
A この詰めあった骨格を更に伸ばしにかかることです。これは、弓手腋の下の筋肉を沈める方向に押し付け、前腕には上向きの力を内在させて伸びあうことです。あくまで内在であって、上へスルスル上がって行ってはいけませんがね。

 以上押すことの要点を揚げてみました。また何か気がついたらアップしてください。  

3:飛来さん
DoCoMo/2.0 N01A(c100;TB;W24H16)

丁寧な説明、どうもありがとうございます。
明日からの部活でやってみたいと思います。


■[2296] 肩に力が入る (投稿3件)

1:正射必中さん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
私は会に入るとどうしても肩に力が入ってしまいます。引き分けや会に入るとき息抜きをしてるのですが、周りからは肩がガチガチだね、と言われます。何かアドバイスなどありましたら教えて下さい。

2:かっチャンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; msn Optimized IE build03;JP; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; msn Optimized IE build03;JP)
弓力を支える為に、体幹に近い肩には肘や手先よりも力がかかって当然です。
ただ、「過ぎたるの無きこと」が大切ですね。
また、涼やかな表情で弓を引けば、余分な力も抜けて見栄えが増すでしょう。

3:正射必中さん
DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
かっチャンさんのご意見参考になりました。
ありがとうございます。

一つわからないことがあるのですが
「過ぎたるの無きこと」とはどのような意味でしょうか?


■[2297] のじないについて (投稿3件)

1:弓道2年目さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
引き分けにはいると、矢が内側に曲がりながら引いてしまいます。

妻手の握る位置が深いから少し高くしてみたり、などの方法でやってみたわいいものの、どうしても曲がって飛んで行き、3時方向のところで外してしまいます。

どうやったらのじないがでるのかと、治し方についても教えていただきたいです。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.27 Safari/532.0
弓道2年目さん、はじめまして鷹司です。
 引き収めてくる時に馬手の人差指で矢を手前側に押さえ込んで曲げてしまっているのですね。力んでくるとよくあるものです。
 まずイメージされてくる射形としては、馬手の肩が前に入っていませんね。ですから同じく肘が入らず(背中の方まで行っていない・教本二のp.142の神永先生の演じられている写真)のようになっていると思われます。友達に見てもらってください。
 次に、こうなっているために馬手拳が肩の前面に位置していますから人差指が矢を押し易くなってしまっていますね。
 肘を背面の方へ回して肘を入れるようにすれば、人差指も矢に当たる角度が緩やかになりますから、押すことも自然に解消すると思います。馬手肩を(弓手肩と同じように)前に入れると肘を後ろに回し易くなりますよ。

 この「箆じない」と「3時方向」との直接関係はありません。尤も、矢通間における矢色の出方(右にクネった時に安土に達するかあるいは左にクネった時に・・・ということ)は、射手・離れ方・弓・矢等の条件が同じであれば一定と考えられますがね。
 
 とにかく、どちらの肩にせよ前に入っていないことは諸々の悪癖・悪現象に繋がりますので、是非とも早く治し正方に精進されることをお勧めします。また何か思いついたらアップしてください。

3:弓道2年目さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; GTB6; .NET CLR 1.1.4322)
分かりやすい説明ありがとうございました。

さっそく教本を読んで精進したいと思います。

また、のじないで何かあったらアップします。


■[2298] 弓手のベタ押し (投稿3件)

1:Yuckeyさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; .NET CLR 1.0.3705; InfoPath.1)
弓手のベタ押しがなかなか直りません。
自分の「直そう!」という意識が弱いせいかもしれないですが、長い間の悪い癖が全然直りません。

ベタ押し解消法等ありましたら、教えてください。

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.27 Safari/532.0
Yuckeyさん、はじめまして鷹司です。
 『長い間の』ということですが学生さんとしても相当前からやられていらっしゃるでしょうか? その辺が分かりませんが、まぁ勘案して聞いてください。私も中・高生の部活を看ていて何度も言うのですがベタ押しはなかなか治りませんね。
 経験から言うのですが、一度今の弓の倍以上のもの(無ければ二張り一緒に)を引いてみることも良いかもしれません。というのは、私が弓と出会ったのは学生時代に下宿していた所の大屋さんから今の倍以上強い弓を頂いたことからです。基礎も何も分からず本だけで『いじって』いたのですが親指の付け根(角見)だけは利かせましたね。というよりそうしなければ(虎口の柔らかい所で受けていたのでは)引き分けることが出来なかったわけです。ですから『自然に』と言えばオーバーですが間借りなりにも弓は回っていましたね。やはり弓を親指の根元の方に7/10は当てていかないと掌心に食い込んできてベタ押しになってしまいますよ。
 ですから、先ずは手の内を大三で定める時に、回ってくる弓の内竹右角を親指の根(角見)でしっかりと受けて回転を止めなければ゜なりません。その時に止めないで虎口の中に弓をどっぷりと入れてしまうからベタ押しになってしまうのです。(ちなみに、『角見』とは、弓の内竹右の角と見合わせる箇所と言うのが語源と聞きます。)
 ベタ押しでも弱い弓ならば引き分け出来ますが、それを良いことにしていてはこれからの精進は望むべくも無いと思います。初めは親指の根の所が痛いかもしれませんが、握りの所に更に革を巻くなりのを工夫して対処されると良いでしょう。
 以上私流です。恥を忍びつつ。

3:麩さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10.4; ja-JP-mac; rv:1.9.1.4) Gecko/20091016 Firefox/3.5.4
ベタ押しは幾つかパターンがあるけど、最初になりやすいのが、角見の説明をされて、そこだけを真にうけた時かな。
角見で弓を受けようとして、角見の一点で弓の力を受けようとして受けきれず、手の内が崩れてベタになるというパターンですね。
上押ししすぎによる崩れなんだけど、崩れてベタになるから、しっかり上押ししないとって気になって、結局崩れるというループ。
中押しに直せばいいのだが、方法としては握りを角見と掌根の二カ所で受けるようにするという事。
掌根に受ける力は少しでいい。加減は自分の感覚でさぐってほしい。
つまりは弓の角を天文筋にあてるというのを、最後まできちんとやっているか、という事なんですけどね。
これができるかできないかで、驚く程手にかかる負担は減ってきます。


■[2299] 妻手のつぶれ (投稿5件)

1:ぽんぽこさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
どうやっても大三で妻手の手首が持ち上がらず、手の甲から肘にかけて真直ぐになってしまいます。

そのまま引分けるとカケが耳を過ぎた辺りで下にストンと下ろすような形になり、
妻手がつぶれて、会では肩とカケの距離が近い感じになります。

指導者からも注意を受けているので、何度も自分で研究したのですが未だ直りません。

本や指導者の言葉を聞いて自分で試している事がありますが、

1.取懸けの時は親指が弦と90度になるようにする
(これがカケ口十文字なのかな?)

2.中指の第一関節を親指にかけていましたが、指導者から中指・人差し指を親指にしっかりかけるようにしました。

3.肘を軽く張って羽引きをした後、軽くカケを手前に回転させる
(これをする事で、人差し指に弦があたり、親指が的に向くような気がします)

なのですが、意味を取り違えているでしょうか?

この妻での癖は1年位悩んでいます。
どうか良きアドバイスをお願い致します。

2:麩さん
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10.4; ja-JP-mac; rv:1.9.1.4) Gecko/20091016 Firefox/3.5.4
>親指が的に向くような気がします
弓構えが身体が近くない?
肘が伸びきらない程度に、拳が身体から遠くで構えます。弓構えで親指は的に向けない。
打起しも身体から遠くに。
で、拳が身体から遠くにある状態を維持するよう心がけたまま、大三へ移行。
幅を、多分いまの三分の二ぐらいの広さに抑えてみては?

勝手な想像だが、左に偏った小さい弓構え、矢先が的正面側に偏った打起し、頭の上に近い所での広すぎる大三がイメージされます。

3:いさん
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.15) Gecko/2009101601 Firefox/3.0.15 (.NET CLR 3.5.30729)
1は肉体の親指に対してそのような感じ、2はかけの帽子による、3は手先をこねてる感じ。

3の動作は理想を言えば弓構えの時に自然とそうなるのが良いと思います。
手先をいじることで、肩近辺から首筋にかけて、引きやすい形に整えることができると言えばそうなのですが・・・

やなこと言えば、縦線の構築が不十分で肘が垂れた弓構えを泥縄で修正しているだけ。足や腰の位置や力加減は修正されてないので、引き分けで腰や腹から胴がねじれて、勝手が勝ったり(たぶんこっち)馬手が勝ったり。

4:クシシュトフ・キェシェロフスキさん
KDDI-TS32 UP.Browser/6.2.0.9.1 (GUI) MMP/2.0
大三や会で妻手の形が手詰りになっていませんか? 手に力が入ってしまうとそうなりやすいです。

5:ぽんぽこさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
みなさん、アドバイスありがとうございます。
麩さんの書いて下さった事ですが、弓構えよりも大三の位置が体に近く、その分、打ち起も肘が曲った状態で真上に上げていたような気がします。
頂いた内容を参考に基本からやり直してみようと思います。
ありがとうございました!


■[2300] おさまりについて (投稿6件)

1:ちょこさん
DoCoMo/2.0 P08A3(c500;TB;W24H15)
最近、顧問の先生におさまってないうちに離れている、もっとおさまりを感じろと言われました。

自分なりに大きく引いておさまろうとしましたが、なかなか上手くいきません。

どなたか、アドバイスをくれたら嬉しいです!よろしくお願いします。

3:DEWさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
大きく引くを意識しすぎて妻手肩が抜けてるのかな?
「妻手の引き取りラインは耳の後ろを掻くように」を今一度意識してみる・・・とか。

4:ちょこさん
DoCoMo/2.0 P08A3(c500;TB;W24H15)
パパンプさん、失礼しましたm(_ _)mたぶん先生は弓の中に体が入っていないと仰っていたんだと思います。


DEWさん、ありがとうございます!早速やってみたら妻手に力が入って肘も後ろになってしまいました(;_;)

5:パパンプさん
SoftBank/1.0/814T/TJ001/SN356358010553818 Browser/NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
>>ちょこさん

了解です。

大三から会に至る過程に問題があると仮定して解決案を提示します。

大三からは両肘を水平に拳一つ分程横に引き、後は背中の腰の辺りに妻手肘を引き納める様な感じで、弓手は肩が負けないように(変に入れたりしない、肘の回内くらいでしょうか)押し開いてみてください。多分引いて行く中で勝手に肩甲骨が回って背中が使える様になるかと。

また、それを行う際に身体の正面に向かって行く様な感じで引くと体が入って行く感じが取れるかと思われます。

以上の案を試してみて下さい。また、「おさまること」が出来ている方が周囲にいらっしゃったら、ご自分の射と比べて何が違うのかを研究してみて下さい。新たに気付いた事等がありましたら些細な事でも返信していただけると有り難いです。

6:DEWさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
>妻手に力が入って肘も後ろに

なるほど。
ちょこさんにとってはイメージしづらい言い回しだったかもしれませんね。すみません。
もう少し早めに妻手拳を体に近づけるという感じの意味だったんで、逆の効果でしたね。

ということで、まず私の話は横に置いといて、体の使い方はパパンプさんのアドバイスを参考にしてみてください。

加えて余裕があればでいいので、弓構え〜会に至るまで常に矢が的に真っ直ぐ向いているかどうか+大三で肩線がずれてこないか、確認してみてください。




→新規スレッドを作成
タイトル:
※必須※
内容が一目で分かるようなタイトルをおねがいします。
また、投稿前に同じ内容が過去ログに無かったかもご確認ください。
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 2485件中 2251〜2300件目

(c)デビール田中 : 問い合わせ