三十三間堂申込の対応 (投稿8件)[1〜8]



1:都学ゆみひきさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/27.0.1453.116 Safari/537.36
自分は都内の大学の弓道部で弓をひいています。

来年の一月に開催される三十三間堂の大的大会に同期と参加しようと思い、先日京都府弓道連盟に申込書を送付しました。
ただ、地元の地連への登録が前後してしまったものが数名おり、申込ができているか不安になったため京都府弓道連盟に電話で問い合わせを行いました。

すると、「不備があったり、参加者が定員に達していて参加できないときにのみ折り返し連絡をするので、連絡がなければ大手をふって当日いらしてください。」
と言われました。
申込者が多いのでそういう対応なのだろうと納得しました。

しかし、大会要項や申込書にはそのようなことが書いてありませんでした。申込ができているか不安になり自分のように問い合わせをする人も多いかと思います。
そこで、電話で対応していただいた方に
来年以降は要綱に
「申込書に不備があったり、参加できないときにのみ、折り返し連絡をします。参加料振り込みをしたうえで連絡がなければ正常に受理されています」
というような一文を入れてはどうか?と提案させていただきましたが、
「君は事務作業の大変さがわかっていない」などと言われたうえで、
「そういった質問には答えられません」といわれ、電話を一方的に切られてしまいました。

さらにいえば担当していただいた方のお名前もお聞きしていません


弓道連盟の対応はどこの地連でもこのようなものなのでしょうか?
自分もアルバイトでとはいえ電話応対をしていたことがありますので、かかってきた電話を一方的に切ったり、名前を名乗らなかったりということは考えられません。そのうえ、「事務作業の大変さを」云々などと言われるとは心外です。


弓道連盟の学生に対する(あるいは学生でなくても?)対応の悪さが改善されればとおもい、書き込みをいたしました。


皆様はいかが思われますか?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0; .NET4.0E; .NET4.0C; InfoPath.3)
都学ゆみひきさん こんにちわ。
 ほんとにあなたの仰る通りだと思います。向こうの方の思い上がりもいいとこですよ。電話で名乗るのは当たり前のマナーだと思います。普通なら受話器をとった時に口癖のように出てしまいますものね。そういう社員躾ができていないんだね。
 もう今の時代はインターネットで申し込み・受付・受諾などをやっている時代かと思いきやそういうところもあるんだね。これを見ている方々なんとか働きかけていけないもんですかね。
 都学ゆみひきさん、来年会場に行ったら提案してみたらいかがですか? これを見ている関係者の方がいらしたら、来年へ向けての善処をお願いします。

3:Y.K.さん
Opera/9.80 (Windows NT 5.1) Presto/2.12.388 Version/12.16
窓口が違ったのでしょう。

今回のご意見はメールかFAXが良かったんでしょうね。

私も仕事でバイヤーしてますが、意見あるときは受注担当者じゃなくて営業担当者に連絡します。

今回の電話担当の方も、「記録を残す意味で、ご意見はメールまたはFAXのみでお願いしております」とか言って機械的に済ませばよかったのです。


ところで申し込みの受付確認は取れたのですか?

4:元学生さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET4.0C; .NET4.0E; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
都学ゆみひきさんのお言葉どおりなら、先方の社会人として寛容さの無い対応ですね。
ただ、文面から感じるのは先方を怒らせていませんか。

先方は常識のない対応かも知れませんが、お金をもらっているアルバイトと無報酬で県連事務をやっている事を同等に比較してもいいのかどうか。お客の立場で主張してませんでしょうか。
県連の事務をされる方ならきっとそれなりの高段者の先生でないかな。
電話で相手の顔も見えないやりとりだからかもしれませんが、ご自身の地元の道場でしかもそんな県連に貢献している先生に同じことを面と向かって言える?

いつもは先生と慕われている中、顔も見たこと無い遠方の学生さんから事務の不手際のように初対面で言われたらなんと答えるでしょうね。お客さん扱いした丁寧な対応を予見できますか?

悲しいかな、弓道はどうしても年齢+段位主義の面は否定できず同様の対応はどこの地連でもありうると思います。ここはひとつネットで非難するのでなく、広い心を持って冷たい対応しかできない可愛そうな先生が居られるんだなと反面教師にしてはどうでしょうか。

5:天龍さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; WOW64; Trident/6.0; MALNJS)
これは、相手側の立場に立って考えると、次のようになると思います。

あなたは、匿名で安全地帯から、相手の所属については固有名詞をさらして、一方的な言い分で個人批判を展開しています。
まるで、デパートの客が店員の態度にクレームをつけているようです。
大会参加者はわずかな参加料で華やかな場で遊ばせてもらう人であり、相手は奉仕で大変な運営を担ってくれている人である、ともいえます。
ましてや僭越にも、伝統と権威ある大会の要綱の文面にまで言及して、クドクドとからまれれば電話を切りたくもなります。

そんなに腹に据えかねたなら、住所氏名を明記して手紙ででも抗議すればよいのではないでしょうか。
いくらなんでもネットにさらすという手段はフェアじゃないと思います。

6:都学ゆみひきさん
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/30.0.1599.101 Safari/537.36
みなさまご意見ありがとうございます。

鷹匠カオルさんや元学生さんのご意見で、少なくとも先方の対応が一般的ではないとわかり安心いたしましたが、たしかに、窓口違いなどということは合ったのかもしれません。
ただし、先方の連盟の連絡先が他にわかるようになっていなかったこと、「大会に関するお問い合わせ」先として連絡した電話番号が書いてあったことから、同じ電話で提案をさせていただきました。

天龍さんのご意見に関しましては、たしかに「京都」という固有名詞を出すことはなかったかもしれませんが、学生でない連盟の開催で大規模な学生対象の全国大会となりますと、選抜か大的かしか自分は存じ上げません。また参加者が不特定多数となると大的大会しか無いと思いまして、固有名詞を出す出さないに差を見出しませんでした。

また、もちろんでは有りますが、先方との電話の際にはこちらの所属と氏名は名乗りました。


部の先輩から連盟の対応はなかなか忙しいのか、悪いことが気をつけるように、とは言われておりました。
毎年毎年このようなことがあるのはどうなのだろうと思い、また当該連盟にかぎらず、そのようなことが他の連盟であれば、ぜひ対応をご一考していただきたいとおもいWeb上で投稿した次第です。

ちなみにY.K.さんの、受付確認はとれたのかというご質問ですが、最初の投稿にあります対応をされただけで、ちゃんとした確認はとれておりません。ただ、参加できないという連絡も来てませんので、申し込みはできているものと思います。(配達や振り込みが正常に行われていればですので、正直不安は残っておりますが。)


鷹匠カオルさんや天龍さんのおっしゃいますように、今後、別の何らかの方法で連盟側に提案ができればと思います。


みなさまありがとうございました。

7:Y.K.さん
DoCoMo/2.0 SH903i(c100;TB;W24H16)
受付確認出来てないのはいくらなんでもマズイです。

根気強く再連絡しましょう。
受注確認できないってのがどんなに恐ろしいことか、私は存じ上げておりますので。

8:GONZOUさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.2; rv:26.0) Gecko/20100101 Firefox/26.0
>>6:都学ゆみひきさん
>大規模な学生対象の全国大会

あれ?
三十三間堂って学生対象の全国大会じゃなくて、
高段者限定の大会に、その年、成人を迎える人に限り特別枠で参加を許可される大会じゃなかったっけ?

少なくともぼくはこのように認識していましたが、認識が間違っていましたらごめんなさいです。


→本スレッドへ返信投稿
返信タイトル:
Re:三十三間堂申込の対応
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 雑談・その他 > 三十三間堂申込の対応 (投稿8件)[1〜8]

(c)デビール田中 : 問い合わせ