猿腕なのでしょうか? (投稿3件)[1〜3]



1:しまさん
DoCoMo/2.0 N04B(c500;TB;W24H16)
こんばんは
私の弓手は会の時に肘と手がほぼ一緒(肘が少し下)の高さなのです
普通?では肩と肘が同じ高さだとおもっています
鏡で見て普通?のやり方でやると弓手自体をまげないと普通のやり方ができません

私の弓手は猿腕なのでしょうか?
猿腕であればどのようなタイプなのでしょうか?
あと猿腕はある程度矯正ができるのでしょうか?

全然まとまりのない文章で申し訳ありません
よろしくお願いいたします。

2:さん
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; MALC)

文面のみなので、実際見てみないと何とも言えませんが、猿腕の定義と矯正の仕方を書いておきます。

ある書物には、「猿腕とは腕を真っ直ぐ伸ばしても真っ直ぐ伸びない状態いう」とありました。

猿腕に一番多いタイプが、肘が180度以上曲がるタイプだそうです。

このように大きく曲がってしまう場合は矯正が必要ですが、軽い場合は、自分のひじに合った引き方がベストです。

文面を見ると、しまさんの場合は手と肘が同じ高さにあるようなので、普通の状態で上押しがかかっています。

少し下押しのイメージと、下筋の意識を強めに持つと良いそうです。

その他、逆に肩より低くなるケースや、弓手肘が前に出る、腕自体が伸びない、というケースもあるので、

自分の肘がどの動作の時にどうなっているか、弓友の方に、また指導されている方に、是非見てもらってください。

長文失礼いたしました。

3:しまさん
DoCoMo/2.0 N04B(c500;TB;W24H16)
ありがとうございます
本などを見てよくわかりました
ありがとうございます


→本スレッドへ返信投稿
返信タイトル:
Re:猿腕なのでしょうか?
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 猿腕なのでしょうか? (投稿3件)[1〜3]

(c)デビール田中 : 問い合わせ