弓手が押し負ける (投稿7件)[1〜7]



1:アーモンド小魚さん
DoCoMo/2.0 SH01B(c500;TB;W24H16)


引分け途中から弓手で押せている感覚がなくなり、目線を過ぎたあたりから押し負けはじめ、会についてからは完全に押し負け、弓手手首が上を向いてしまいます。

会で弓手手首が上に向かないときも、離れの瞬間に手首が上を向いて、的の10時〜1時方向に外します。


以前、前屈みで引分ける癖があり、そのときも弓手が押し負ける現象が起きたのですが、背面の筋肉や肩甲骨を使って引く意識を持ってしばらく引いていたたら弓手がすごい押し込めるようになりました。

ですが、また弓手の押し負けがぶり返してしまいました。
友人にも見てもらいましたが、前屈みにはなってないそうです。

弓手手の内の小指の締め、親指と中指を離さない、親指の付け根で押す意識を持って引いてもだめでした。

弓手が押し負けるのはまだ引き方が悪いからですか?それともただ単に筋肉不足なだけですか?

2:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.162 Safari/535.19
 がおすけサン=田中マイケルサン=極潤サン=ゆあサン=サルゴン八世サン=海鮮問屋サン=なまものがかりサン=アントニオ大前サン=しょうサン=アーモンド小魚サン=上二段活用サンですね?
 HNを頻繁に取り替えたり、違うケータイ(そちらの方からも同じことをやっていますね)から以前のHNを使ってみたりして自作自演してもダメですよ。IDが同じですぐわかります。 [34892・34893]はタイトルだけでピーンときましたよ、HNを替えてなりすましてもダメ。IDを見てごらんなさい。
 なぜ一つの解決まで待てないのですか?そんな根性では弓が上達するはずがありませんよ。高校生ならわかるでしょ、三子じゃないんだから。 

3:アーモンド小魚さん
DoCoMo/2.0 SH01B(c500;TB;W24H16)

>>鷹司カオルさん

使ってないHNもいくつかありますが……

HNを何度か変えて投稿していたのは事実です。HNは気分で変えていました。


そうですね。一つのことを解決する前に新しいことを聞くのはよくないですよね。
しかし、直そうとしても、「ここが悪いから直らない」、「直し出してからここが悪くなった」ということが増えてゆき、負の連鎖ができてしまうんです。

だから、あれもこれも、という風になってしまっていました。

これだけは何があっても絶対に直す、というものを数多くある僕の射癖から絞り、以前できていた所ができなくならないように細心の注意をはらい、直ってから次の射癖の矯正に取り組むということを徹底します。

大切なことを気付かせていただきありがとうございました。よく反省します。

しかし、本当にわからなくなってどん底に落ちたらまたこちらの掲示板に書き込ませていただくので、その時はまた助言よろしくお願いします。

もちろんHNは何かに統一します。(当然のことですよね)

4:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.162 Safari/535.19
 お早うございます。(*^o^*)オ(*^O^*)ハー
>使っていない・・・ 
 そうですか、それはごめんなさいね。でも返信頂けてよかったです。安心しました。そうですよね。お気持ちや射の状況はよくわかりますよ。くどくなりますからここでこうしろああしろとは言いません。ほかの人への私のレスを見ていただければ申し上げたいことなどがわかると思います。

 コテハンに決めていただければ継続的なことも分かり、皆さんからの親身あるアドバイスも寄せられ、自然とあなたの意欲も増してくるものと思います。

 私も前便では言い過ぎてしまったようで返信を見るのがこわい気持ちでしたが、こうしてお会いできてよかったです。

5:鷹司カオルさん
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.162 Safari/535.19
 追伸ってのも変ですが・・・
>目線を過ぎたあたりから押し負けはじめ 
この辺からは弓力が増してきますからね。やんわり握っている(これは良いことです)手の内が負けてくるのですね。しかしただ単に負けてくるというのでしたら誰でもが同じですが、一つコツがあるのです。コツとは正に骨。親指中手骨を押し込むようにしながら内竹右角を押しにかかることです。(一説にはここの角と「見合う」ことから親指根を角見と言うのがある程です) 当然、弓を開くに連れてここの力も大きくしていく必要があります。ここのコツとしては、ここの骨=中手骨が弓力で起こされないように先手をかけて寝かせるようにしていくことです。
 また、人差し指は第二関節を曲げて上に引き上げる形をとると更にいいでしょう。素手でその形を作ってやってみただけで親指の肉球が強く締まるのがわかると思います。私はそのようにしています。

 せっかくの機会ですので以上追伸としておきます。頑張ってください。

6:1さん
削除されました。

7:1さん
削除されました。


→本スレッドへ返信投稿
返信タイトル:
Re:弓手が押し負ける
名前:
[ヘルプ] ※必須※
メール:
[ヘルプ]
URL:
的顔:
[ヘルプ]




















内容:
[ヘルプ]
投稿コード:
[ヘルプ] ※必須※
画像の数字を半角数字で書き写して下さい。
メール、URLは記載されると公開されます

ホーム > 弓道座談会 > 技術・体配編 > 弓手が押し負ける (投稿7件)[1〜7]

(c)デビール田中 : 問い合わせ