前腕と上腕のなす角度 (投稿2件)[1〜2]


1:太郎さん
SoftBank/1.0/820P/PJP10/SN357006011066897 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
自分は妻手の前腕と上腕のつくる角度が小さく、会で潰れて見えます。

張りなどを意識してるつもりですが肩も上がりさらに潰れて見えます。
見ばえも悪いし離れも出にくいので困っています。
アドバイスお願いします。

2:ジャスミンさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
僕の経験談ですが、勝手の肩が上がるのは、矢束を広げる(つまり弦を的と反対方向へ引く)意識が少ないのだと思います。引き分けの途中から引くのを加減して狙いに集中するとか、会の形を整えようとすると引く意識が弱くなり、勝手を下ろすだけになりがちです。

また、弓は開くに従い弓力が増して扱いにくくなるので、弓力の比較的かからない引き分けはじめに、思いっきり胸・背中・肩を含めて全身で開く意識を持ってみてはいかがでしょうか。慣れるまでは力み過ぎになるかもしれませんが、肩の伸びや勝手の張りを感じてから余分な力を抜いても遅くはないと思います。


ホーム > 弓道座談会 > 2009/06まで 技術・体配編 > 前腕と上腕のなす角度 (投稿2件)[1〜2]

(c)デビール田中 : 問い合わせ