勝手の力が抜けない (投稿3件)[1〜3]


1:くま子さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
タイトル通り、勝手の力がどうしても抜けません。弓構えの時から既に力が入っているらしいのですが、自分では全然実感がありません。しかも異常なほど力が入っているらしく、立ちが終わったあとは必ずといっていいほど手首・腕が痛みます。肩をおさめる事を意識したり、打ち起こしを低くしたりいろいろ先輩に言われてやっているのですが、あまり効果がないようで…(涙)無理やり力を抜こうとすると、失矢してしまいます。たぶん力が入りすぎることが原因だと思うのですが、9キロの弓を使っているのに的に届きません。1ヶ月くらい前は普通に的に届いていたのに…何を直すべきでしょうか?どうか教えてください。

2:未熟者さん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
打起こす前に羽引きをしていますか?羽引きをして力を肘に移してから、そのまま肘で打起こすと良いと思います。その後も、力は体の中心に持っていくような心持ちでやったらどうでしょうか?

3:さるこさん
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
手に力が入ってしまうんですよね、その場合、打ち起こしは低くするべきなのですか?
勝手な意見ですが、その場合、打ち起こしは、水平から45度、体から離した位置にあるほうが、肘でひくことができて手には力がはいらないと思います。打ち起こしが低い場合、体から近くなってしまい、手でひかざるを得なくなってしまうのではないですか?
私も、手に力が入り気味なので、そこがちょっと気になりました。間違えていたら訂正おねがいしますm(__)m


ホーム > 弓道座談会 > 2009/06まで 技術・体配編 > 勝手の力が抜けない (投稿3件)[1〜3]

(c)デビール田中 : 問い合わせ