かけの帽子について (投稿7件)[1〜7]


1:元バンブー使いさん
はじめまして。
最近自分のかけの帽子が、使いすぎて中の木が見えてきてしまいました。弓具店さんに修理に出そうとも思いましたが、自分のかけだから自分で直そうと思いました。
そこで質問なのですが、鮫肌と鹿の革のどちらを張ったほうがいいのでしょうか?また、どのように張ったらきれいに仕上がるかということも教えて頂きたいです。

2:弓引き社会人さん
費用の面だけで自ら補修と言うのはどうでしょう??下手をすると、使えないカケになって、新しいカケを購入する羽目に・・・なんて事がありますので、あくまで自己責任ですよ。

捻り革の糸を丁寧に取って、同じ形にカットした鹿革を縫いつけて直す・・・と言うのは、まず素人には無理ですので、削れた枕の部分に少し大きめに鮫皮を当てて補修した方が良いでしょう。(これも確か過去スレにあったよなぁ・・)
もちろん、補修用鮫皮などは弓具店に売ってますから、お店で詳しく伺った方がよろしいかと思います。カケ師のお店なら尚可って所ですかね。

と書きましたが、カケ師に見て頂くのが一番です。カケの傷み具合で、カケ師はあなたの射を見ることができます。カケの使い方、引き方など、良いアドバイスがもらえるかもしれません。(それはそれは貴重なアドバイスです。)
自分でも、時折、弦枕の減り方を見て(と言ってもほとんど減らないんですけど・・)、馬手の力加減を調整したり、矯正したりします。

3:KAITYUUさん
弦枕が減ってしまったのでしょうか。
それとも中指とあたる帽子の先の部分が減ったのでしょうか。
元のカケの程度にもよりますが、あまり高級なものでないなら自分で修理していくことも可能です。
弦道にはさめ皮。先には鹿革(使用不可になったカケを切る)が良いのでは。
弓引き社会人さんがおっしゃるようにカケ師に見てもらうのが一番いいとは思いますが。

4:元バンブー使いさん
帽子の先の部分が痛んでいます。
鹿の皮を張ったほうがいいとのことですが、丸くなっているところはどのようにして張ったらきれいに張れますか?

今度暇があったら弓具店に店に行ってみます。

5:ああるさん
弓具店にお願いするのが一番だと思いますが、参考までに僕が実践した補修法を。

弓具店で見かけた「補修用鹿革(長径3センチほどの楕円の鹿革)」を買ってきて、取りあえず帽子に当てます。帽子の形に合わせて湾曲させると、どこかしらにヒダが出来ますので、それを切り取って、接着剤で張ります。

具体的な形の取り方を文にするのは非常に難しいので割愛させて頂きたいのですが、
ポイントとしては、ヒダをなるべく少なくして(僕の場合は二カ所)、帽子と中指の触れる部分にはヒダを作らないようにすると良いと思います。

費用は鹿革の三百円程。半年ほど使っていますがまるで問題ありません。

鹿革は、柄のないものであれば握革の切れ端で代用できます(そうして使っていたこともあります)。
接着剤は、木工用ボンドを使いましたが、後に師範にお話を伺ったところ、「ボンドでは堅くなるだけだから、米粒で貼るのがよい。」とのことでした。

6:百夜 ◆WR1hQljoさん
私もああるさんと同じように補修用の鹿革をカケ帽子に貼り付けて修理したことがあります。
弓具店の方にたずねたところ接着剤はGクリヤーが良いとのことでしたので、Gクリヤーを使いました。私の場合は革は切ったりせずに革が帽子の形になじむようにゴムハンマーでコツコツ叩きました。素材が革なので立体的な部分でもある程度なら伸縮性でカバーできるようです。一箇所だけ小さなヒダができてしまいましたが、使用には問題ない程度でした。

弓具店の方に見てもらえば直し方なんかも教えてくれますし、一度カケをお店に持っていくことをお勧めします。

7:桜愛さん
いきなりすみません(ノ_<。)
弦枕が減ってきた場合はどのように修理すればよろしいのでしょうか?ある先生に教えて頂いたのは、握り皮を貼り付けて直すという方法でしたが、やはり鮫皮の方がいいのでしょうか?

よろしくお願いしますm(__)m


ホーム > 弓道座談会 > 2009/06まで 弓具・設備編 > かけの帽子について (投稿7件)[1〜7]

(c)デビール田中 : 問い合わせ